Monthly Archives: April 2010

On Vacation

しばらく留守にします。5月17日にブログ再開予定ですので、しばらくお待ちくださいね:)

I will be away from London for a while – will resume my blog on May 17, if nothing bad happen ;-)

Modernist T-Towels: Kensal Green and Trellick Tower

コヴェント・ガーデンにあるLondon Transport Museum(交通博物館)で買った、「People Will Always Need Plates」のModernist T-Towelsティー・タオル)。デザインが素敵なので買ったから、お皿拭きには使わない。イギリス製でコットン100%のこのティー・タオルは、スクリーン印刷の鮮やかなカラーで、Trellick Towerトレリック・タワー)とKensal Green(ケンサル・グリーン)の街並がデザインされている。ほかの図柄も欲しかったのだけれど、9種類あるモダニスト・デザインコレクションのうち、この2種類しか売っていなかった。ノッティング・ヒルの北にあるトレリック・タワーは、1972年に完成したロンドンを代表するモダン建築で、建築家・Ernő Goldfinger(エルノ・ゴールドフィンガー)によって設計された、ブルータリズム様式の公共住宅。ロンドン北西部に位置するケンサル・グリーンは、これと言った特徴のあるエリアではないけれど、クイーンのフレディ・マーキュリーが火葬された場所で、著名人が多く眠るKensal Green Cemeteryがある。

I bought these Modernist T-Towels (Tea Towels) by People Will Always Need Plates at London Transport Museum in Covent Garden. The 100% cotton tea towels is proudly made in UK, and feature Trellick Tower and houses in Kensal Green in rich screen-printed colours. I got them for its design, so I won’t use them for drying dishes. I wanted to buy other design as well, but the shop had only these two design among 9 modernist design collection. Trellick Tower is a 31-storey block of public housing in north of Notting Hill, designed in the Brutalist style by architect Ernő Goldfinger and completed in 1972. Kensal Green on northwest London is not exciting area, but there is the Kensal Green Cemetery which is one of the finest Cemeteries in London and is known that Queen’s Freddie Mercury was cremated there.

ロンドンの交通の歴史を物語る、London Transport Museum。2005年からの改修工事の後、2007年11月にリニューアルオープンしたコヴェント・ガーデンの博物館のほかに、Acton(アクトン)にある Depot(倉庫)にもコレクションを展示している。ここのショップがなかなか、センスの良い品揃えを誇っている。買い物袋のデザインもモダンで、これを手に入れるために買い物したくなる。オンライン・ショップもあって、海外発送もしてくれる。コヴェント・ガーデンのど真ん中にあって交通の便もいいし、ロンドンに数多あるチープな店で粗悪品を買うぐらいなら、ロンドン土産はぜひここで。

London Transport Museum conserves and explains London’s transport heritage. The main museum in Covent Garden was reopened in November 2007 after two years of refurbishment. Its Acton Depot also holds the majority of the Museum’s collections which are not on display in the museum. The museum shop has a good selection of products, and its modern and stylish shopping bags is another reason to shop there. The museum has an online shop as well and delivers to worldwide (→details). The museum is located in the heart of Covent Garden, so grab London’s souvenirs there, rather than shopping trashes at cheap and ugly stores around London.

Reblog this post [with Zemanta]

Royal Mail Stamps: 350th Anniversary of the Royal Society

先日、トラファルガー・スクウェア近くの郵便局に国際免許証を申請に行った。イギリスでは特定の郵便局(リスト)で国際免許証を発行していて、発行手数料は£5.50。その中の一つ、トラファルガー・スクウェア支店(24/28 William Iv Street)は、近年発行の記念切手も多く扱っているので、これを機会に記念切手を多数手に入れた。

そのうちの一つが、2010年2月25日発行の「350th Anniversary of the Royal Society(王立協会350周年記念)」ファーストクラス切手(4月6日に値上げされ、現在41ペンス)10種。1660年設立の王立協会は、現存する最も古い科学学会で、イギリスにおける科学者団体の頂点にあり、これまでに数多くの著名な科学者がその会員に名を連ねた。その中から、世界的に有名な科学者を10人選び、各々の研究内容のカラフルなイメージを上部に、そして下部にモノトーンの肖像画・写真を配し、クラシックだけれど洗練された、モダンで印象的なデザインに仕上がっている。

左上から、現代科学の創始者・ロバート・ボイル、物理学者で光学に関する研究のパイオニアのアイザック・ニュートン、避雷針を発明したベンジャミン・フランクリン、ワクチンを発明したエドワード・ジェンナー、「プログラム可能」な計算機を考案したチャールズ・バベッジ、進化理論の創始者・アルフレッド・ラッセル・ウォレス、消毒薬を用いた手術の開発者・ジョゼフ・リスター、原子物理学の父・アーネスト・ラザフォードX線回折法の草分け・ドロシー・ホジキン、そして気象学者のニコラス・シャックルトン

We went to a post office near Trafalgar Square to apply an international driving permit. In UK, selected post offices (list) issue an international driving permit and Trafalgar Square branch (24/28 William Iv Street) is one of them, and the charge for a permit is £5.50. The branch also has a large collection of recent issued special stamps sold there, therefore we bought a lot of special stamps on this occasion.

350th Anniversary of the Royal Society“, a set of 10 x 1st class stamps (each stamp value of 41p, since its price went up on April 6)  issued on February 25, 2010, features ten of the many prominent Fellows of the Royal Society, who have contributed to the development of modern science. Founded in 1660, the Royal Society is a learned society for science and acts as the UK’s Academy of Sciences, and is the oldest such society in existence. With colorful images of the scientists’ area of research on the top and monotone portraits on the bottom, design of the stamps is classic but modern, and quite sophisticated and impressive.

(Left to right from the top): Robert Boyle, founder of modern chemistry; Sir Isaac Newton, physicist and optical pioneer; Benjamin Franklin, inventor of the lightning conductor; Edward Jenner, inventor of vaccination; Charles Babbage, developer of programmable computers; Alfred Russel Wallace, pioneer of evolution theory; Joseph Lister, inventor of antiseptic surgery; Ernest Rutherford, founding father of nuclear physics; Dorothy Hodgkin, pioneer of x-ray crystallography; Sir Nicholas Shackleton, pioneer of climate research.

Reblog this post [with Zemanta]

Towpath Café: a pit stop for cyclists and pedestrians @ Regent’s Canal, Hackney

ハックニー区内にあるDe Beauvoir Town(ディ・ボーヴォワール・タウン)のRegent’s Canal(リージェンツ運河)沿いに最近オープンしたカフェ「Towpath」。Towpathとは、昔、馬が平底の荷船(barge)を引く(tow)ために、川や運河に沿って作られた小道。今は、馬ではなく、散歩やジョギングする人たちや自転車通勤・通学する人たちで賑わっている。このTowpathは、開店早々、運河を行き交う人たちが一休みする場所として人気で、今日のような天気のいい日等は日向ぼっこする人たちでいっぱい。小さなお店だけれど、朝食、簡単なランチも出来る(メニューはカウンターの横の看板に書かれている)。椅子やテーブル、そしてアンティーク風のお皿も可愛い。これからの季節にぴったりのカフェだけれど、雨の日や寒くて天気の悪い冬はどうするんだろう?と人ごとながら心配になったりする。

Towpath is a newly opened café along the Regent’s Canal in De Beauvoir Town, Hackney. Towpath is a path beside a river or canal, originally used as a pathway for horses towing barges. Now the towpath is crowded with not horse but cyclists, people taking a walk, and joggers. This small café is already popular among them for a little break during their trip, and is quite busy on a nice sunny day like today. You can have a breakfast and light lunch, as well as cakes and desserts with nice cup of tea or coffee – check the menu on a blackboard. Their tables and chairs are cute, and antique dishes are quite nice. Towpath is a perfect café for coming pleasant spring and summer days, but how do they make a business on a rainy day or during cold and depressing British winter??

グリルしたチェダーチーズとマルメロとチリのジャムのサンドイッチ、クッキーの添えられた、柔らかいチーズケーキのような味のレモンのプディング(イギリスではケーキ類・デザートをプディングと呼ぶ)、そして。フィレンツェの有名焙煎店・Piansaのコーヒー豆を使ったカプチーノ。

Grilled cheese sandwich made with Montgomery’s cheddar and came with an quince-and-chilli jelly with the consistency of honey, simple lemon pudding (pudding=any desert in British English) which tastes like soft cheese cake, and cappuccino made with coffee beans imported from famous Piansa roastery in Florence.

Reblog this post [with Zemanta]

Kensington Palace & Orangery

先日、入場券を2枚持っていた友人にご招待いただいて、ケンジントン宮殿に行ってきた。この日は風は少しあったけれど、春らしい日差しの気持ちの良い日で、宮殿も心なしかいつもより綺麗に見えた。ロンドンは天気が悪いととても陰鬱な感じのだが、お天気だと打って変わって魅力的に見えるから面白い。

ケンジントン・ガーデンズ内にあるケンジントン宮殿は、17世紀からイギリス王室の居住地となっていて、生前のダイアナ妃が新婚時から離婚し、若くして事故で亡くなるまで、ここに住んでいたことで知られている。今は、グロスター公爵リチャードケント公爵息マイケル王子夫妻など、王位継承権とはほど遠いマイナーな王族が住んでいて、ハリー王子の非公式の住居にもなっている。現在、2012年完成を目処に、1200万ポンドをかけた改修工事が行われており、敷地内は、所々掘り起こされていたり、植物の植えられていない更地があったりする。

宮殿の一部は一般公開されており、今年3月26日から2012年6月30日まで、Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)や William Tempestなど、トップ・ファッションデザイナーたちの作品をインスタレーションした「Enchanted Palace」展を開催している。各部屋には、デザイナーたちが制作したドレスや帽子を使ったアート作品やインタラクティブアートが設置され、音響効果とともに、以前その部屋に住んでいた王族のメンバーにまつわるストーリーを物語る。入口では地図と部屋の案内、そして鉛筆を渡され、各部屋をまわりながら、その部屋にゆかりのある7人のプリンセス(王女)の名前を探して、書き込んでいくと言うゲームつき。思い描いていた伝統的な装飾品や家具、衣装の展示等は、不可思議なアート作品に隠れてあんまり見れず。学校のイースター・ホリデー中だったので、小さな子供たちがあちこちにうろうろしていて、宮殿というより、ディズニーランドの魔法の館といった趣。通常の入場料£13.75を払ってまで見たいと思わないけれども、現在も使われている宮殿の一部を見れたのはいい経験だった。イギリスのプリンセスたちに関する知識も増えたしね。

Last week, I visited the Kensington Palace with my friend who had two tickets and offered me one of them. It was a bit windy but pleasant day with warm spring sun, which made the palace look more magnificent than normal. London can be quite depressive when it is cloudy or rainy, but interestingly it looks beautiful when it is sunny.

The Kensington Palace has been a residence of the British Royal Family since the 17th century. It was the official residence of Diana, Princess of Wales since her marriage to Charles, Prince of Wales, even after her divorce until her accidental death in 1997. Now it is the official residence of less known members of the Royal family (The Duke and Duchess of Gloucester; the Duke and Duchess of Kent; and Prince and Princess Michael of Kent), but also used on an unofficial basis by Prince Harry. Currently the palace has been under £12 million renovation project that aims to complete by 2012, and I saw some grounds without plants and grass or some rough areas around the palace buidling.

Some rooms inside the palace are open to the public, and the palace currently hosts a temporary exhibition “The Enchanted Palace” (26 March 2010 to 30 June 2012), featuring the work of top fashion designers such as Vivienne Westwood, William Tempest and Stephen Jones. Each room tells a story about one of its former Royal residents, complete with sound effects, interactive exhibits and quirky artworks. A visitor is given a map with information of the rooms and a pencil, and looks for a name of seven princesses who used to live in the palace, while walking through the rooms. I expected to see the Royal palace with traditional and glorious decoration and furniture, but all these are hidden behind weird installations. It was during the school Easter holidays and small kids were all over the place, and the palace looked like the Magic Kingdom in the Disneyland, rather than the Royal palace. Though I am not sure if it worths an adult admission of £13.75, but it was a good experience to visit the Royal palace which is still in use. I also learned more about British princesses.

宮殿のゲートのデザインをあしらった、オリジナルのお土産類。丸い缶に入ったビスケット類は各£3.99、板チョコは£2.99。紙袋もクラシックな壁紙デザインで素敵。

Original souvenirs, with the design of the Palace gate. £3.99 for biscuits in a can, and £2.99 for a chocolate bar. The classic wallpaper design on the bags is also quite nice.

宮殿見学の後は、敷地内にあるOrangeryでお茶。1705年にアン女王の命により建設されたOrangery(オランジェリー:オレンジの木を栽培する温室)では、朝食ランチ、ケーキ類のほか、アフタヌーン・ティー(£14.85〜£33.75。2010年4月19日現在)が気軽に楽しめる。また紅茶類も豊富で、フレーバーを決めるのに迷ってしまう(ティーバッグとルーズリーフがあるので、こだわりのある方はメニューをチェックして)。温室だっただけあって、天井が高く陽当たりが良くて、とても気持ちがいい。天気がいい日は外にもテーブルが並ぶ。前に広がるお庭も、綺麗に手入れされている。

After visiting the palace, we had a cup of tea at the Orangery, which Queen Anne built in the grounds of Kensington Palace in 1705. You can enjoy afternoon tea (£14.85〜£33.75) as well as breakfastlunch, and cakes. The Orangery also offers one of the finest tea selections in London with over ten different flavours to enjoy. Sitting in this former greenhouse with high ceiling and nice sunshine coming through large windows is quite nice and relaxing. On a sunny day, it is a good idea to get a table outside, overlooking a peaceful garden.

Reblog this post [with Zemanta]

The Battersea Pie Shop @ Covent Garden

コヴェント・ガーデンの喧噪のど真ん中にある小さなパイ・ショップ、「Battersea Pie Station」。Market Buildingの地階の角にひっそりと存在している。外から見たら、あんまりぱっとしないけれど、その店内は、白のタイル壁に白いライト、大理石のテーブル、木製の椅子で明るくセンス良くまとめられていて、狭さを感じさせない。でも建物内は観光客でごった返しているのに、中は人気があんまりない。外から見ると入口が暗い感じだからか、イギリスのパイに馴染みがないからのか、ちらっと除いてそそくさと出ていく観光客も多く、思わず引き止めたくなる。ロンドンの食文化はずいぶん多様化・進化しているにも関わらず、外国人観光客の「イギリス料理は美味しくない」という思い込みは未だに根強く、結局多くは、面白みのないチェーン系レストランや、無難なチャイニーズやイタリアンに落ち着く。せっかくイギリスに来てるのに、もったいない。

Battersea Pie Stationsのメニューは、ステーキ肉をギネスビールで煮込んでパイに包んで焼いたステーキ&ギネスパイ、牛肉と牛の腎臓を使ったステーキ&キドニーパイといった伝統的なパイのほか、インド風のベジタリアン・ローガン・ジョシュ(伝統的なマトンカレー。でもマトンの代わりに野菜を使っている)など、ちょっと工夫を凝らしたパイなど7種類のパイ(イート・イン£5.00/テイク・アウト£4.50)と、マッシュポテトやベイクド・ビーンズ(トマトソースで甘く煮た豆。イギリスの国民食の一つだけど、私は苦手)、グリーンピースなど、6種類のサイドディッシュやソース(£1.00〜£2.75)が並ぶ。さくっとしたパイ皮やフィリングはなかなか美味しいけれど、ちょっとドライで、食べている途中、やたら喉が渇くのがちょっと難点かも。

Battersea Pie Station is a small pie shop in the heart of chaotic Covent Garden. It is located in the corner of lower ground floor of the Market Building, surrounded by ugly tourist traps. Iit looks boring outside, but inside, decorated with white tiled walls, matching white lamp shades and simple wooden chairs, is very cozy and cute. There was only few people in the shop, though the building was full of tourists. Some timid tourists came in but left quickly – maybe because the entrance is a bit dark or they are fearful of British pies, but I tried so hard to refrain from shouting at them not to leave. I often encounter a foreign tourist’s strong belief that “British food is bad”, even after a while London became one of the culinary capital of the world. It is a shame that many of them end up in a safe but boring chain restaurants or easy-to-understand Chinese and Italian restaurants in a touristy area.

Battersea Pie Station offers 7 kinds of pies (Eat in £5.00/Take away £4.50); traditional pies such as steak & Guinness pie (steak cooked with Guinness beer) and steak & kidney pie, as well as unique pies including vegetarian Rogan Josh pie. You can also add a side of your choice from British’ favorites (£1.00〜£2.75), such as mash potato, peas, and baked beans (sweet beans cooked with tomato sauce – personally I am not a big fan of it).  Its crispy pastry, tender filling, and tasty gravy were quite nice, but the pie and mashed potatoes were a bit dry and I had to drink a plenty of water to swallow.

壁には、店名になっているBattersea(バタシー)の旧発電所の写真。

There is a photograph of Battersea Power Station on the wall, which the name of the shop came after.

Reblog this post [with Zemanta]

Air Traffic Chaos: UK Airspace Closed by Iceland Volcano Eruption

今日、チューブ(地下鉄)に乗っている時、「本日、全てのロンドンの空港が閉鎖されています。でも理由は聞かないでください、私も聞いていません」という、ふざけた車内アナウンスが流れた。またテロ/テロ未遂か、と少し不安になったが、駅を出た後(ロンドンのチューブでは携帯は圏外で使えない)、iphoneでニュースをチェックしたら、アイスランドで火山の噴火があって、その火山灰が気流に乗って北ヨーロッパに飛んできているので、イギリスの全ての空港が閉鎖、フライトも正午から土曜日午前7時(金曜2:45pm現在。イングランドとウェールズに限り。スコットランド、北アイルランドは午後7時より再開)まで全てキャンセルになった。スカンジナビア諸国、アイルランド、ベルギー、オランダも空域を閉鎖。シャルル・ド・ゴール空港をはじめ、フランスの多くの空港も閉鎖されたそうだ。→ヨーロッパ各国の様子はこちらで。

*現在のヨーロッパの空港・フライト運行状況は、ここをクリック(金曜午後19時現在)

*明日土曜日のロンドン発着のブリティッシュ・エアウェイズのフライトは全てキャンセル(金曜午後20時現在)

*ライアンエアーは、月曜日13時 まで、ヨーロッパ北部の全てのフライトをキャンセル(金曜午後20時現在)

*イギリス空域の閉鎖は、日曜午後7時まで延長(土曜午前4時現在)

*イギリス空域の閉鎖は、月曜午前7時まで延長日曜午後3時現在)

*現在のヨー ロッパの空港・フライト運行状況は、ここをク リック(日曜午後18時30分現在)

*イギ リス空域の閉鎖は、月曜午後7時まで延長(月曜午前2時現在)

*イギ リス空域は、火曜日午後10時より飛行可能。

理由は、火山灰が飛行機のエンジンの中に入り込み、灰が中に溜まるとエンジンが詰まってしまうので、このような状況の中を飛ぶのは非常に危険だとのこと(BBC解説より)。自然災害によって、このように大規模にフライトがキャンセルされたのは「unprecedented(前代未聞)」の出来事だそう。NATS (National Air Traffic Services:イギリス航空管制公社)は、飛来してきた火山灰を収集・分析し、状況を判断して、明日7時以降のフライト状況が決定するそうだが、European air traffic control organisation(ヨーロッパ航空管制協会)によると、さらに2日は空の交通の混乱が続く可能性がある(BBC報道より)とのこと。

フライトがキャンセルされた場合、EUの法律によると、航空会社は、乗客に対して、予約をキャンセル・返金または、新たにフライトを予約するという選択肢を与えないと決められている。European Consumer Centre for Services(欧州消費者サービスセンター)によると、もし乗客が後者を選んだ場合、航空会社は、次の便までの食事や飲み物、ホテル(必要な場合)、空港とそのホテルまでの交通、そして2本の無料通話を、乗客に提供することと定められている(詳細はGuardian記事参照)。航空会社が要求されなくてそこまでするかは怪しいけれど。でも、近くのホテルは一杯で、明日まで空港で過ごすはめになった人もいて、大変だなあと思う。旅行保険は、自然災害によるフライトのキャンセルによる損害をカバーするものもあれば、しないものもあるそうなので、保険の契約の際は、面倒だけれど、小さい字で書かれた長ったらしい規約を読んでおいたほうがベター。

Today, there was a crazy announcement when I was in Tube – “currently all the London airports are closed, but don’t I ask me why ’cause I don’t know” (I am not sure if this is the exact words, but something like that). I was worrying if another terrorism or something bad happened, and checked my iphone for the information. There was a volcanic eruption in Iceland and all no-emergency UK flights have been cancelled from noon until Saturday 7 am at earliest (as of Friday 2:45pm, for England and Wales. Scotland and Wales will resume the service from 7pm), due to the ash cloud is drifting with the high altitude winds throughout northern Europe. Scandinavian countries, Ireland, Belgium, and Netherlands are in the same situation, and many airports in France have been closed, including busy Paris Charles de Gaulle Airport. → See photos of other European countries here.

* Click here for current situation of European Airports and airspace as of Friday, 19:00

*All the British Airways flights from & to London is canceled for all day tomorrow, Saturday

*Ryanair has cancelled all of its flights across northern Europe until Monday at 13:00 BST

* UK air restrictions extended till 7pm on Sunday (as of Sunday 4am)

* UK air restrictions extended till 7am on Monday (as of Sunday 3pm)

* Click here for current situation of European Airports and airspace (as of Sunday 18:30 pm)

* UK air restrictions extended till 7pm on Monday (as of Monday 2am)

* UK airspace now open from 10pm on Tuesday.

The reason for this large scale flight cancellations is that the ash could pose a very serious hazard to aircraft engines: if volcanic ash particles are ingested into a jet engine, they accumulate and clog the engines with molten glass (see details in BBC website). This is unprecedented and the first time in living memory that “an act of God” natural disaster created such giant no-fly zones. NATS (National Air Traffic Services) is collecting and analyzing the ashes in the air, and will decide when it will be safe to resume air traffic. However, the European air traffic control organisation has said flights could be disrupted for another 48 hours (BBC report).

If your flight is cancelled, your airline is obliged to offer you a choice, under European law: you can either cancel your booking and get a refund, or rebook on a new flight. If you choose rerouting, the European Consumer Centre for Services says you should be entitled to meals and refreshments, hotel accommodation (if necessary), transport between airport and accommodation, and two free telephone calls (see details in the Guardian article) – though I am not sure if airlines offer all these services without request from their customers. Some people have to stay overnight at the airports, because all the hotels nearby are fully booked – what a pity. Some travel insurance seems to be willing to pay for the damages, but some others won’t cover because the cancellation is due to a natural disaster, not manmade – that’s another reason to read lengthy small prints in your contract before you sign it.

Reblog this post [with Zemanta]