Monthly Archives: May 2010

Concrete and Glass Exhibition @ 20 Hoxton Square Projects Gallery

今日、通りがかりに、ホクストン・スクエアの北側にある20 Hoxton Square Projectsに立ち寄った。20 Hoxton Square Projectsは、2007年に新進気鋭の現代アーティストに活動の場を提供する目的でオープンした、共同プロジェクト用スペース。今日が最終日だったConcrete and Glass(5月13日〜27日)は、音楽と現代アートを融合したイベントで、最初、その展示スペースにはう〜ん。。。という感じの作品ばかりが目についたが、実は奥の部屋に秀作が隠れていた。

We passed by Hoxton Square today and dropped in 20 Hoxton Square Projects on the north of the square. Launched in 2007, 20 Hoxton Square Projects is a collaborative project space, operating as a platform for emerging contemporary artists. We saw the music and art event Concrete and Glass on its last day (May 13 to 27),  and at first, I thought it was another weird but dull ‘contemporary’ art exhibition, but the hidden gems were literally hided in the small rooms on the back of the gallery.

Clarisse d’Arcimolesの作品「The Good Old Days」。今年3月に取り壊されたHollowayにある計571室の公共住宅「Market estate」で、76人のアーティストが取り壊し前日の3月6日に、60年代に「ユートピア」のビジョンを体現して建設されたこの住宅へのオマージュとして、建物全体を使って行ったアート・イベント、Market Estate Projectの参加作品。1967年に最初の住人の一人として移り住み、そこで40年以上の歳月を過ごしたJimmy Watts(ジミー・ワッツ)氏のポートレートとして、Market estateに詰まった彼の「古き良き日々」を再現している。70年代のキッチュな家具に古い写真等が飾られた、今にも元住人のWatts氏がひょっこり帰ってきそうなこの部屋には(帽子やコートがかけられた玄関まで忠実に再現)、彼の人生とその思い出に溢れていて、彼のことを全く知らないにも関わらず、見ているだけで何だか胸が熱くなる。

The Good Old Days” by Clarisse d’Arcimoles is a part of Market Estate Project, taken placed at Market estate, a 571-flats council estate has just been destroyed in Holloway, North London, on the day before its demolition. On March 6, right before the bulldozers moved in, 76 artists transformed the entire estate into a creative playground, and made of the formerly public and private living spaces a rich final memory of the estate, once represented a Utopian vision of modern urban planning in the 1960’s. In this work, d’Arcimoles has taken a portrait of Mr Jimmy Watts, one of the first resident to have moved into the Market estate in 1967 and spent most of his life in the estate until the demolition. Reconstructing memories and his “good old days”, the old man’s former residence filled with 60–70’s kitsch furniture and old photographs (she also made detailed entrance with his hat and coat hanging as well), was so real and touching and made me feel sentimental, though I don’t know anything about him.

SUKI CHANのビデオ・インスタレーション「Sleep Walk Sleep Talk (2009)」。現代社会における「freedom(自由)」を探求するロンドンのアート・プロジェクト、Free to Airの最初の委託作品で、「freedom of speech(発言の自由)と「freedom of expression(表現の自由)」を探求している。2つのスクリーンに同時に映し出される、無機質な夜のロンドンのオフィス街の光景と、仕事の後、大都会で束の間の自由時間を満喫する人々の姿を対比させた映像は、「自由」という概念を強く表現できていない気はするけれども、スタイリッシュで魅惑的で、目が離せない。上映時間は結構長かったけれど(15分くらい?ネットで探してもどこにも上映時間が書かれていないので正確なところは不明)、通常ビデオ作品は最後まで見る忍耐力がない私が、退屈することなく最後まで観た。

SUKI CHAN‘s two-screen video installation, “Sleep Walk Sleep Talk (2009)” is the first commissioned project of Free to Air, a series of exhibitions and events that will extend across London over a four-year period, exploring ideas of freedom of speech and expression in contemporary society. I didn’t see a strong correlation between her work and “freedom of speech and expression”, but London’s office block and fast-blinking lights and speeding commuters at night and the transitory freedoms people find in an urban metropolis after work, projected on two screens, was so stylish and mesmerizing, and I couldn’t take my eyes off the screens. Usually my patience doesn’t last with long video installations, but I saw all of this work without being bored (I am not sure how long, probably 15 min or so – I couldn’t find anywhere how long it is).

上記の展覧会とは関係ないけれど、ホクストン・スクエアに設置された、現代アーティスト・Marc Quinn(マーク・クイン)の作品。向かいにあるホワイト・キューブ・ギャラリーで開催中の「Marc Quinn: Allanah, Buck, Catman, Chelsea, Michael, Pamela and Thomas」展の一環。マーク・クインは、エレファント・パレードにも参加している。

Sculptor Marc Quinn‘s works, sitting in the middle of Hoxton Square (though nothing to do with 20 Hoxton Square Projects). These giant orchids are a part of “Marc Quinn: Allanah, Buck, Catman, Chelsea, Michael, Pamela and Thomas” at White Cube Gallery across the street. Marc Quinn also participates in Elephant Parade London 2010.

Reblog this post [with Zemanta]

Canela Brazilian / Portuguese Café / Bar @ Covent Garden

コベントガーデンに程近い、Upper Saint Martin’s Lane中程にあるラウンドアバウト近くにある、ポルトガル/ブラジリアン・カフェ/バー、Canela(カネラ)。このコヴェント・ガーデン店の他、カーナビー・ストリートにもお店がある。

黒木のインテリアでまとめられた小さな店内はシックでカジュアル、アットホームな感じで居心地がいい。フード類は、黒豆と肉を煮込んだシチューをご飯にをかけた、国民食とも言えるFeijoadaフェジョアーダ)やPão de queijoポン・デ・ケイジョ、チーズパン)、チョリソなどと言ったポルトガル料理や、サンドイッチ、サラダなど。デザートは、今やロンドンのいろんなカフェで見かけるPastel de Nataパステル・デ・ナタ)のほか、CanelaならではのBrigadeiro(ブラジルのチョコレート・ボール)、Quindimキンジン)など、ちょっと変わったものもいただける。

Canela is a Brazilian / Portuguese Café / Bar near a roundabout on Upper Saint Martin’s Lane in Covent Garden. They also have a branch near Carnaby Street as well.

Ccasual-chic interior of the café, decorated with black wooden tables and wine shelves, is cozy and you’ll feel comfortable like at home. Their Portuguese/Brazilian-inspired food ranges from the national dish Feijoada (a stew of beans with meats, served with rice), chorizo, and Pão de queijo (cheese breads), to more ordinary sandwiches and salads etc. On their desert menu, you find Pastel de Nata (custard tarts), now quite popular throughout London, or more rare Brazilian sweets such as Brigadeiro (chocolate balls) and Quindim.

温めてクリームをかけていただく、Banana cinnamon cake(バナナとシナモンのケーキ)に、Galão(ガラォン、ポルトガル風グラス入りカフェオレ)を注文。エスポレッソにシナモンスティックがついてくるのが、Canela風。でもブラジル人のウェイトレスのお姉さんにケーキの注文を忘れられていて、せっかくのコーヒーが冷めてしまったのが残念。

We ordered warm Banana cinnamon cake is served with cream and cinnamon powder, espresso, served with cinnamon stick, and Portuguese style caffè latte Galão. It was a shame that a Brazilian waitress forgot my cake and Galão got cold while I was waiting…

Reblog this post [with Zemanta]

Elephant Parade London 2010

May Day Bank Holiday(メーデー明けの月曜日。イギリスの祝日)の5月3日から始まった、Elephant Parade London 2010(エレファント・パレード・ロンドン2010)。アーティストやデザイナー、セレブたちによってペインティングを施された、実物大の赤ちゃん象260体がロンドンのあちこちに設置されている。

ロンドンの屋外でのアート・イベントとして過去最大となるエレファント・パレードは、絶滅の危機に瀕しているアジアゾウを救うためのチャリティ・イベント。ロンドンの前はオランダでも開催された。同様の慈善アート・イベントとしては、東京でも何度か行われた、2002年のCow Parade Londonカウ・パレード)がある。

参加者は、デザイナーのTommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)、Paul Smith(ポール・スミス)、Diane von Furstenberg(ダイアン・フォン・ファステンバーグ)、Julien MacDonald(ジュリアン・マクドナルド)、Matthew Williamson(マシュー・ウィリアムソン)、Lulu Guinness(ルル・ギネス)、アーティストのMarc Quinn(マーク・クイン)そしてSir Terence Conran(テレンス・コンラン)など。またイギリス王室の一員である、マイケル・オブ・ケント王子ご夫妻も参加されている。時には、歩き疲れた観光客や飲食の椅子代わりになったりしているけれど、これらのカラフルな子象たちは、愛嬌のある表情に可愛いポーズで、道行く人々の目を楽しませている。→もっと写真を見たい方はこちらをクリック。

6月22日までは、バッキンガム宮殿、国会議事堂前のパーラメント・スクエア、コヴェント・ガーデン、サウスバンク等、ロンドンの主な観光地の周辺に置かれるが、その後チェルシーにあるChelsea Royal Hospital(チェルシー王立病院:イギリス兵のための老人ホーム。RHSチェルシー・フラワー・ショーの会場にもなっている)に集められ、6月23日から7月2日まで一般公開。7月3日にはSotheby’s(サザビーズ)でオークションにかけられる。主催者は200万ポンドの売上を見込んでおり、その売上金は主催者のElephant Familyとアジアで活動する20のイギリスの保護団体に分配される予定。

ミニチュアの象は、デパートのSelfridgesや80 Regent St、36 Carnaby Street, and Greenwich Central Marketのお店の他、エレファント・パレードのオンラインショップで買える。

Elephant Parade London 2010 started on May 3, a May Day Bank Holiday, and 260 colorful life-size baby elephants, painted by artists, designers and celebrities, are located over central London during the event period.

Elephant Parade is a conservation campaign, similar to Cow Parade London in 2002, and aims at raising awareness of the urgent crisis faced by the endangered Asian elephant. This is London’s biggest outdoor art event on record, and the elephants have ‘paraded’ in Netherlands before London.

The participating artists include designer Tommy Hilfiger, Sir Paul SmithDiane von FurstenbergJulien MacDonaldMatthew WilliamsonLulu Guinness, Sir Terence Conran, and artist Marc Quinn, as well as HRH Prince and Princess Michael of Kent. Though sculptures are sometimes used as a resting point for exhausted tourists or a place to have a snack, but generally passersby appreciate these work of art, adore its cute face or gesture, or enjoy taking a picture. → For more picture, click here.

The elephants will stay at around major London landmarks including Buckingham Palace, Parliament Square, Covent Garden and the South Bank until June 22, and will be put all together in Chelsea Royal Hospital (retirement home and nursing home for British soldiers and the site of the annual Chelsea Flower Show) for public viewing from June 23 to July 2. On July 3, all of the elephants will be auctioned at Sotherby’s, aiming to raise £2 million to help the Elephant Family charity and 20 UK conservation charities working in Asia.

Mini elephants are available at Selfridges, 80 Regent St, 36 Carnaby St and Greenwich Central Market or at the elephant parade online shop.

私が見た中でのお気に入り。My favorite one among what I have seen so far.

Reblog this post [with Zemanta]

A Hot Sunny Day in Southbank

先週末からロンドンは良い天気続き。今日も真っ青な空に太陽が燦々と降り注ぎ、最高気温も30度近くまで上がった。ロンドンでこんな気持ちのいい晴れの日は滅多にないので、天気を満喫しに、久しぶりにサウスバンクに行った。

ランチは、ロイヤル・フェスティバル・ホールにあるRiverside Terrace Caféで。フレッシュな食材を使ったサンドイッチやスープ、軽食類は、ファーストフードにしては、なかなかいける。広々としたホール内にもテーブルはあるけれど、天気のいい日は、これまた広々とした外のバルコニー席がいい。外にはバーカウンターもあり、カクテルやアルコール類もいただける。

It’s been a nice and hot day in last few days. The highest temperature went up around 30ºc today as well with tropical blue sky and bright sun, so we went to Southbank to enjoy the sun.

We had lunch at Riverside Terrace Café in Royal Festival Hall. Fresh home made sandwiches, soup, and light meals at the café are not bad at all, as a quick bite. There are many tables in the hall but it is better to sit outside on a spacious balcony when it’s sunny. There is also a bar counter to serve cocktails and alcohol drinks.

ロンドン・アイの向かいにあるJubilee Gardens(ジュビリー・ガーデンズ)では、天気のいい日にはロンドンのどんな小さな公園でも見かけるように、人々が日向ぼっこ+日焼けをエンジョイ。

Many people were sunbathing in the Jubilee Gardens across the London Eye, like any other small or large parks in London in the sun.

ジュビリー・ガーデンの横に設置された、チャンネル4系テレビ局E4が主催するUdderbelly(Udderは牛の乳房、bellyはお腹)のステージ。今年2年目となるUdderbellyでは、スタンダップ・コメディ(イギリスの一人漫才・漫談)やキャバレー、コンサート、ダンス・ショー等が、2ヶ月に渡って行われる(5月13日〜7月18日)。空気で膨らませた、逆さまの紫色の牛は、何だかヘンだけれど妙に可愛い。会場内には、カフェやパブ等が出店していて、ショーがない時も人で賑わっている。

A stage of E4 (digital TV channel of Channel 4)  Udderbelly sits next to the Jubilee Gardens. In its second year, Udderbelly hosts two months of  a variety of shows such as stand-up comedy, cabaret, music, dance and family shows (May 13 – July 18). The inflatable giant upside-down purple cow is quirky and cute. There are café and bars inside the tent and you can enjoy drinks and food even while no show taking place.

サウスバンクの風景を車体に描いたアイスクリームを売る屋台。

Ice cream van painted with the Southbank skyline.

Reblog this post [with Zemanta]

Look Mum No Hands! Cycle Café @ Clerkenwell

長く寒い冬が終わり、ようやく最高気温が20度を超えた近頃、心なしか自転車に乗ってる人が俄に増えたような気がする。

Old StreetとGoswell Roadの交差点の少し東にあるLook Mum No Hands!(「ママ、見て!手放しで自転車に乗れるよ!」という意味だと思う)は、自転車修理ワークショップと駐輪場を備えた Cycle Café(サイクル・カフェ)で、4月にオープンしたばかり。以前に書いたLock 7とともに、Time Out誌のロンドンのベスト・サイクル・カフェの1つに選ばれている。広々としたカフェの中は、自転車やパーツ、ロードレースの写真がそこかしこに飾られ、奥のスクリーンには、5月8日より開催中の自転車レース、ジロ・デ・イタリアが放映されていた。ジロ・デ・イタリアと言えば、2008年のレースはMの母親の家の前を通るコースになっていて、ちょうどその時イタリアにいた私たちは、矢のように通り過ぎていく世界の第一線で活躍する選手たちを目の当たりにし、興奮したことを思い出す。

Look Mum No Hands!は、Old Street、Clerkenwell Road、Theobald’s Roadなどと名前を変えながらセントラルとイースト・ロンドンをつなぐルートに面しているので、通勤途上ちょっと一休みしたいサイクリストたちには打ってつけのロケーション。味に定評のあるSquare Mile CoffeeのコーヒーやSUKI Teaの紅茶の他、ハムや野菜の盛り合わせ、サンドイッチ、ケーキ等の軽食もある。ビールやワイン等のアルコールもあるけれど、飲んだ後に自転車に乗る時は、車の往来が多い道なので、くれぐれもご注意を。

Finally long and cold winter is gone and the maximum temperature have crossed over 20ºc, and I see more cyclists in the city recently. Look Mum No Hands!, just opened in April, is a cycle café/bar with bicycle repair workshop and bike parking in the premise. The café, together with Lock 7, is listed as one of the best cycle café by the Time Out.

This spacious café is filled with bicycles, bike parts, and photos of road races, and was showing Giro’ d’Italia taking place from May 8 when we were there. M’s mum’s house was on the route of 2008 Giro d’Italia. We happened to be there at that time, and we had an honor to watch bullet-speed world class cyclists passing just in front of us – it was my first and only experience to see a cycle race.

Look Mum No Hands! is located on the busy route connecting central and East London and changing its name to Old Street, Clerkenwell Road, Theobald’s Road and so on, and it is a perfect location for cyclists on commute to take a little break. The café serves delicious Square Mile Coffee and SUKI Tea, as well as some light meals and snacks such as sandwiches, cured meats or veggie platters, and pastries and cakes. Beer and wines are also available, but be careful when you hit the road after you have some, as Old Street is a quite busy road with full of cars.

Reblog this post [with Zemanta]