Monthly Archives: April 2011

Two Days to the Big Royal Wedding

ウィリアム王子とケイト・ミドルトンの結婚式が2日後にせまり、ロンドンはすっかりお祭り気分。ユニオン・ジャックがあちこちにひるがえり、便乗商品が店頭を飾り、新聞・雑誌の紙面を賑わせている。お土産物からハンドメイドまで、大体はお祝いムードあふれるものだけれど(テレグラフ紙記事:写真右端をクリックすると他の写真も表示される/ Visit London official shop / Etsy / John Lewis)、中には意地悪なものも(Royal Wedding Sick Bag: 乗り物酔い用の袋)。コベントガーデンでは、水を差すようにユニオン・ジャックをあしらった商品の販売が禁止され、テナントの怒りを買っている(イブニング・スタンダード記事)。

でも私たちは明日から旅行。幸か不幸か?ロイヤル・ウェディングも、庶民のストリート・パーティも体験出来ない(ま、世界中のテレビで中継されると思うけれど)。その間ブログもお休みします。多分5月9日に再開すると思いますので、またその後覗いてみてくださいね。

The Royal Wedding of Prince William and Kate Middleton is only two days to go. London is in a festival mood, Union Jack flying all over the town and the wedding memorabilia cover shops and media spreads. The Royal Wedding gifts are mostly favourable (Telegraph article: click the right edge of the photo to see more / Visit London official shop / Etsy / John Lewis), but some are a bit mean (Royal Wedding Sick Bag). Contrary to the trend, traders at Covent Garden are outraged at “ludicrous” new regulations banning them from selling items displaying the Union Jack (Evening Standard article).

We will be on a trip from tomorrow, so we won’t be able to experience the Royal Wedding and any of street parties expected to be held in London, fortunately or unfortunately – but we won’t miss a lot as the wedding will be aired all over the world for sure. I will be off from the blog for a while and will resume probably from May 9th – so please come back later!

ウィリアム王子の代わりにハリー王子をあしらった、ジョーク系マグカップ / A mug with Prince Harry, instead of Prince William

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

  • Charity Box for Japan Exhibition @ Milano Salone 2011 / ミラノ・サローネでのデザイナーによる義援金箱展
  • OLIVE: 震災被災地での生活を助けるデザインやアイデアを集めるデータベースwiki / Wikipedia-style website that provides useful information for quake survivors

2012 Olympic Tickets Application Deadline

連日晴れマークで真夏並みの暑さだったイースター・ホリデーが終わり、いつものように、白い空に肌寒いロンドンに戻った。

本日付のニュースによると、今日は6週間に渡る2012年ロンドン・オリンピックのチケット申し込み期間の最終日で、イースターホリデーの先週末から駆け込み需要が殺到しているのだそう。特に現場で観たいスポーツなどはないのだが、私たちも面白半分に、開幕式と閉幕式にウェブサイトから応募してみた(写真下。参照番号2桁は念のため黒塗り)。競争率が高すぎて当たらないと思うけれど、ダメもとで。

17日間の会期に行われる26種目650セッションにのぼるチケットの価格は、2012年にちなみ、最高価格が£2,012で最低価格が£20.12。人気の競技・イベントは、開幕・閉幕式、陸上、水泳、ボート、自転車競技(最後2つはイギリスの得意種目)など。マイナーな競技でも決勝は高い需要があるという。660万枚のチケットは、需要が供給を上回った場合は抽選で割り当てられ、申し込みをした人たちには、6月24日までに当否の連絡がくる予定。

何事にもシビアな目を持つイギリス人のこと、もちろん批判もある。各価格帯に割り当てられたチケット数は公表されておらず、チケット確保のため、必要数以上申し込んでいる人もいるという。当選したらクレジットカード(スポンサーであるVISAカードのみ使用可)から自動引き落とし。不要なチケットの払い戻しは来年まで待たないといけない。ツイッターには、「全てのチケットが当たったら破産する」とのつぶやきが溢れているそうだ。

Hot and sunny Easter Holiday is over now, and London gets back to normal cool spring with usual white sky.

According to today’s news, the six-week application period for 2012 London Olympic tickets will be over at the end of today, and there has been a last minute surge in ticket sales since last Easter weekend. We don’t have any game in mind to see live, but applied the tickets for the opening and closing ceremonies via London 2012 official website, for fun (photo below. I blackened 2 digits for safety). Probably we won’t get it as demand is extremely high, but just trying.

6.6million tickets are available for 650 sessions across 26 sports and 17 days, with prices from £20.12 to £2,012, to be associated with year 2012. Tickets on strong demand are for ceremonies, athletics, swimming, rowing and track cycling (last two are UK’s strongholds). However,  there has also been heavy demand for finals for less popular events. Applications for over-subscribed events will go into a ballot, and applicants will be told whether or not they are successful by June 24.

However, nothing is criticism-free in UK. There is no guidelines available about how many tickets are allocated in each price band, and people apply more than they want to secure the tickets. Successful applicants will be charged on their registered credit cards (only VISA, the sponsor of the olympic) after ballot, but can’t return unwanted tickets to the organisers until next year. There are full of comments on Twitter from such people worrying that they would be in a financial trouble if they would win all the tickets they applied. Good luck to them…

Festival of Britain @ Southbank

ロンドンはこのところ晴れ続き、最高気温26度と、ロンドンとしては真夏並みの毎日。明日からのイースターホリデーもお天気だそうで、サウスバンクで明日から始まるFestival of Britainにはもってこいの良い陽気になりそう。

イギリスの文化と創造力を祝うFestival of Britainは、今年で60周年を迎える。フェスティバルが始まった1951年のロンドンは、第二次世界大戦の傷跡もまだ生々しく、再開発が必要だった。そんな中、フェスティバルはイギリス人に戦争からの復興と、破壊された都市の再構築における、より品質の高いデザインの発展と促進のために企画された。

主催するサウス・バンク・センターでは、9月4日の終了まで4ヶ月に渡り、ミュージシャンのレイ・デイヴィスの「Melt Down」やYBAアーティスト、トレイシー・エミンの「Tracey Emin: Love is What You Want」展など、
著名アーティストや思想家たちのパフォーマンスやトーク、イベントなどが開催される予定。

It’s been incredibly nice in London these days with a year-worth of sunshine and maximum temperature of 26° like a summer time. The weather is supposed to remain good and dry during upcoming Easter weekend, which is perfect for the opening of Festival of Britain from Good Friday tomorrow in Southbank.

The Festival of Britain, celebrating  British culture and creativity, marks its 60th anniversary this year. The first festival was held in 1951 just after Word War II, when much of London was still in ruins and redevelopment was badly needed. The Festival was an attempt to give Britons a feeling of recovery and progress and to promote better-quality design in rebuilding of British towns and cities following the war.

This year, Southbank Centre hosts a variety of performances, new outdoor environments, talks and events by some of Britain’s leading artists and thinkers, including rock musician Ray Davies‘s ‘Melt Down‘ and  “Tracey Emin: Love is What You Want“, for four months until September 4.

川の側のQueens Walkでは、ヴィンテージ水着の展示や貝で出来た洞窟など、アーティストたちによってカスタマイズされた、イギリスのビーチにつきもののカラフルなBeach Hut(ビーチ小屋)が並ぶ(写真はオープニング前)。海鳥の保存協会が啓蒙活動を行う、Mark Dion製作のMobile Gull Appreciation Unit(カモメへの理解のための移動式ユニット)も、ご愛嬌(写真)。

On the Queens Walk next to the Thames, colourful Beach Hut, typical on British beaches, customised by artists to contains something different, such as n exhibition of vintage beachwear and a shell grotto. Mark Dion’s Mobile Gull Appreciation Unit, which plays host to different seabird preservation societies, is a bit freaky but cute, and guaranteed to catch people’s attention (photo).

同じくQueen’s Walkに作られた、70mの長さのURBAN BEACH。水着姿で日焼けに勤しむ人々で一杯のパリ・プラージュと違い、子供の砂場と化している。

70-metre beach “URBAN BEACH” on the Queen’s Walk. The beach becomes a kids playground, in compare to French counterpart of Paris Plage, which is more like an outdoor tanning salon.

きつねはペット、それとも害獣?わらブロックで出来た作品「Urban Fox」は、そんな問題を提起。すごく悲しそうな表情にキュンとくる(写真)。この作品メイキングのビデオはここをクリック。

Is fox pet or pest? “Urban Fox” created out of straw bales brings up such a debate. The fox looks very, very sad (photo). Click here to see it being build.

レベル2の外のテラスに展示された、アート・インスタレーション(アーティスト、作品名は不明)。詩?が書かれたたくさんの紙が天井から吊るされ、その天井に貼られた何本のワイヤーには、紙飛行機が。

Art installation outside Level 2 on the Riverside Terrace (I can’t find who made this and what is the title). Strings of papers with poetry? are attached from the ceiling, and paper aeroplanes are on the wires coming out of the ceiling.

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

*情報がほとんどなくなってきたので、残念ですが、今回で最後とします。また情報がありましたら、不定期でお知らせします。

* Due to less and less number of charity information available recently, I stop this as of today. However, I will put up any information when I find.

Spuntino @ Rupert Street, SOHO

ソーホーのSex Shopの集まるエリアに3月にオープンしたばかりのSpuntino(スプンティーノ)に行った。オープンから間もないのに、既に多くのブロガーが取り上げている(Urban Spoon参照)。それもそのはず、同じくソーホーにある「bacaro(バカロ:ベニス風ワインバー/タパスバー)」の人気店・PolpoPolpettoのオーナーの3番目の店なのだ。スナックやおつまみという意味のイタリア語「Spuntino」という名の通り、小皿料理を出すのは最初の2店と同じだが、違いはSpuntinoはアメリカン・ダイナーだということ。といっても、アメリカの田舎町のダイナーというより、ニューヨーク辺りにありそうな洒落た感じのバー&レストランだ。店内は狭く、十数席のカウンター席、そして5〜6人座れば一杯になる奥の小部屋だけだ。

店のウェブサイトは、名前が小さく刻まれた錆びついたその外観と同じく、住所と開店時間、そして「No telephone, no reservations(電話無し、予約不可)」とあるだけの、味も素っ気もないものだけれど、店の中に入ると、フレンドリーなスタッフと、食事とお喋りを楽しむ人々で賑わっている。

料理は生粋のアメリカンというより、イタリア料理とのフュージョンで、もう少し洗練された感じ。シンプルでレトロな食器も店の雰囲気にマッチしている。今回はマカロニ&チーズ(£8)、スパイシー・ソーセージとレンティル豆、ラディッキオを煮たもの(£7)、それとサイド・ディッシュの「Greens(何の野菜だろう?)」(£5)。上にパン粉をのせて焼いた熱々のマカロニ&チーズ。ソーセージのスパイシーさとレンティル豆のあっさりした味の絶妙なハーモニー。ソテーされた新鮮な野菜も、ちょうど良い歯ごたえ。どの料理もうまく出来ている。美味しい。道理でブロガーたちの評判もいいはずだ。

ただ、カウンター椅子の座り心地の悪さが難点。長居は出来ない。人気店なので、飲食の済んだお客さんに退散してもらうための店側の策略か?アメリカン・ダイナーらしく、フィルター・コーヒーのみで、イタリアン・コーヒーがないのも、Mは残念そう。

We went to Spuntino, just opened in March in the middle of SOHO’s sex shops. Many food bloggers already talked about this small bar & restaurant (see Urban Spoon), simply because Spuntino is the third project of the owner of SOHO’s popular ‘bacaro’ (Venetian wine bar or tapas bar), Polpo and Polpetto. All three venues serve small plates, but as the name of the shop ‘spuntino (snacks in Italian)’ suggests, the difference is Spuntino is an American-diner, though it’s not hard-core diner in small American town but more like casual chic ‘enoteca‘ in somewhere like Nolita in Manhattan. The place is teeny tiny and has only a dozen of counter stools and few more seats in a small back room.

Spuntino’s website is neither favourable nor welcoming, with harsh message of “no telephone, and no reservations” together with bare minimum information of its address and opening hours, on a rusty background, similar to their storefront with almost invisible name scratched on it. However, the inside was quite lively with people enjoying food & drink and friendly staffs.

Their food is more like nouvelle American with Italian touch, rather than authentic American. Simple and retro cutleries go well with the atmosphere of the place. We ordered Mac & Cheese (£8. I didn’t understand that Mac = maccaroni. For some reason, I thought it’s a burger, like Big Mac), Spicy sausage, lentil & radicchio (£7), and ‘Greens (£5. I don’t know what). All the plates were delicious – pipping hot Mac & cheese baked with breadcrumbs on the top, spicy sausage and mild taste of lentil in perfect harmony, and flawlessly sauteed greens. Well done, and no wonder why bloggers love this tiny place.

Almost perfect, but I don’t like their hard and uncomfortable stools… Maybe the conspiracy of popular Spuntino, so that the customers won’t stay too long. M’s complain is they have only filter coffee, but not espresso – what does he expect, it is an American diner!

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Figures & Fictions: Contemporary South African Photography @ V&A

V&Aで4月12日から7月17日まで開催中の「Figures & Fictions: Contemporary South African Photography」を観た。この展覧会では、南アフリカに住み、活動を続ける17人の写真家によって、写真文化が花開いたアパルトヘイト終了後の2000年から2010年に撮影された作品を展示されている。

悪名高いアパルトヘイトが導入された国民党の支配下の1948年から1994年の間、写真は国家によって人種分類を管理するために利用されたが、同時に人種差別法と人種隔離政策下の人々の生活や抵抗の記録としても使われた。現代の南アフリカ人写真家は、新しく生まれ変わった南アフリカ、高い犯罪率と大きな貧富の差を内在しつつも、経済発展と強まる政治的パワーを享受する、民主的で多様な文化を持つこの国に生きる人々を写し出している。Figures & Fiction展に展示されている作品は、階級、政治、人種やジェンダー・アイデンティティ、日常生活、家族、ファッション、宗教、旧植民地としての歴史、そして弱まったとは言え未だに存在する過去の権力(=金持ちエリート白人)など、様々な観点から現代南アフリカの姿を描きだす。

カリスマ的なネルソン・マンデラを筆頭に、自由と平等を求め、少数派の白人による抑圧と戦う多数派の黒人たちといった、ステレオタイプのイメージとは全く違った、変化の途上にある現代南アフリカの息吹を感じられる、カラフルで興味深い展覧会。

I saw an exhibition “Figures & Fictions: Contemporary South African Photography” (April 12 – July 17) at V&A. The exhibition presents the work of 17 South African photographers who live and work in the country and the photographs on display were taken between 2000 and 2010 in post- apartheid period, when vibrant and sophisticated photographic culture has emerged.

Under National Party rule from 1948 to 94 and the implementation of notorious racial segregation, photography was used by the State to manage racial classification, but also served to document resistance and record the lives of people under racial laws and social segregation. The post-Apartheid photographers depict people in ‘new’ South Africa; culturally diverse, and vibrant democratic country with emerging economic and political power, yet facing high crime rate and big gap between rich and poor. The photographs on display addresses the variety of issues that post-Apartheid South Africa facing; class, politics, racial and gender identities, everyday life of people, family, fashion, religion, colonial history, and less dominant yet still existing ‘old power’ in the society.

Colourful and interesting exhibition that you can feel vibe of modern South African in transition. Forget about stereotypical image of the country where majority black South African led by charismatic Nelson Mandela, fighting with unreasonable oppression for freedom and equality!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information