Monthly Archives: June 2011

Public Sector on Strike 6/30

今日、政府の年金改革に反対する、大規模な公務員のストが全国的に行われた(BBCニュース/写真/インディペンデント/デイリーメール)。約2万人がロンドンでのデモに参加、全国80ヶ所でも抗議デモが行われた。その結果、学校や出入国審査、裁判所、刑務所、運転免許センター、ハローワークなど、公共サービスに支障が出た。組合側によると、約75万人の組合員がストに参加したというけれど、政府発表によると約10万人(5人に1人)とのこと。お互いに都合のいい数字を発表してるということか。イングランド及びウェールズでは2万1000の学校のうち約1万1000もの学校が休校または一部休校となり、何と110番(イギリスでは999)通報を受ける警察スタッフの90%以上までが、ストのため職場に来なかったと言う。

政府は、国の膨大な債務を減らすために支出を800兆円削減せねばならず、その痛みは皆で分かち合わないといけないと主張、公務員の仕事と福利厚生のカット、公的年金受給年齢の引き上げ(65歳→66歳)、公務員の年金負担増、そして年金額削減を計画している。現在、教師の年金を賄う為に、イギリスの全家庭が各1万3500ポンドを負担している。またデイリーメール紙によると、私企業で働く人々が公務員が受け取る年金額と同じだけ年金を受け取る為には、給料の3分の1を支払わなければならない計算になるという。何だか不公平な話だが、日本と同様、ここでも公務員は優遇されているようだ。

誰でも貰えると信じてるモノを貰えなくなるのは腹が立つだろうけれど、スト権があるにしろ、国民の血税から給料を貰っている身で、このように国民に多大な負担をかけるスト決行は、ちょっといただけない。よっぽどヒドい労働状況に置かれ、絶望から行動を起こすと言うなら同情するけれど、公的援助もなく厳しい不況を乗り越えていかないといけないその他の労働者に比べて恵まれた労働環境にあるのに、少し身勝手なように思うのは私だけ?

Large scale public sector strike hits UK today for protesting government’s state pension reforms (BBC news/photos/the Independent/Daily Mail). 20,000 took part in the main demonstration in central London and protests were held in around 80 towns and cities across the country. Public services, such as schools, passport controls, courts, prisons, driving test centres, and job centers, has been disrupted. Unions said about 750,000 workers joined the strike, though the government said about 100,000 or one in five civil servants walked out. 11,000 out of 21,000 (or at least 40%) schools across England and Wales, were closed or partially closed. Even over 90% police staff who handle emergency 999 calls walked out!

The government insists everyone must share the pain as it cuts £80 billion from public spending to reduce Britain’s huge deficit. The government plan is cutting civil service jobs and benefits, raising the state pension age from 65 to 66, increasing the public sector workers’ contribution to pensions and reducing their retirement payouts. The official figures showed that every working family in Britain is currently liable for £13,500 to cover teachers’ pensions – massive 90% increase over the past decade. Private sector workers have to bear with much higher burden than civil workers and must pay a third of their salary to match civil worker benefits (Daily Mail article). It sounds a bit unfair to me.

Of course everyone hates to loose benefit you are expecting to receive. But I just can’t agree with such a large scale disruption, causing public a huge inconvenience even they have a right to, because they are paid by tax payers’ money! I understand these actions if they are unreasonably taken away their rights to have basic quality of life, but it seems to me that they are quite privileged, in compare to private sector which have been going through the tough time without the government’s backup.

“The Volticism” Exhibition @ Tate Britain

テート・ブリテンで開催中の「The Vorticists: Manifesto for a Modern World」展(6月14日〜9月4日)、ヴォーティシズムについて何も知らなかったにも関わらず、スタイリッシュなポスターやそのキャッチフレーズ「現代世界へのマニフェスト」を見て、かなり期待して観に行った。

ヴォーティシズム(渦巻き派/渦巻派)は、20世紀初頭にイギリスに興った、美術および詩に関するモダニズム・ムーブメント。1914年、ヴォーティシストたちは彼らの考えたアバンギャルド・スタイルを広める為、ロンドンを拠点に活動と共にするために結成したグループで、2冊の機関誌「Blastブラスト)」を発行しロンドンで展覧会を1回開催した後、第一次世界大戦の勃発に伴い運動は消滅した。この展覧会は、ロンドンとニューヨークで行われた先にも後にも2回きりの展覧会に焦点を当て、パーシー・ウインダム・ルイスジェイコブ・エプスタインアンリ・ゴーディエ=ブジェスカの作品や写真、書類など、100点以上の作品を展示している(主な作品の写真)。

キュビスム未来派の影響を受けたヴォーティシズムは、機械時代のフォルムとエネルギッシュな形象の組み合わせと、大胆な線描とどぎつい色使いを特徴とする。運動以前のエドワード朝のスタイルからは180度の転換だけれど、未来派のダイナミックさと野心、キュビズムの洗練さには及ばず、何だか中途半端。活動期間が短すぎて、自らのスタイルを完成させる時間がなかったのか。

I had a good expectation for “The Vorticists: Manifesto for a Modern World” Exhibition (June 14 – September 4) at Tate Britain before visiting it, though I didn’t know anything about it, but just seeing the poster and its subtitle of “manifesto for a modern world” – I thought it was something dynamic, full of energy and modernistic.

Vorticism was a short-lived modernist movement in art and poetry, based in London in the early 20th century. In 1914, the Vorticists was formed to work closely together  to promote the avant-garde style that they had formulated. They published two issues of the literary magazine ‘Blast‘ and had one exhibition in London in 1915, but the movement broke up largely due to the onset of World War I. Focusing on the only two Vorticist exhibitions, held in London and New York, this exhibition brings together over 100 key works, including photography and literary ephemera, as well as influential pieces by Wyndham Lewis, Jacob Epstein and Henri Gaudier-Brzeska (photos of the exhibiton).

Grew out of Cubism but more closely related to Futurism, it is said that the Vorticists’ style is a combination of machine-age forms and energetic imagery, with an array of bold lines and harsh colours. It may be a drastic change from the previous Edwardian period, but I didn’t feel the same dynamism and ambition of Futurism and sophistication of Cubism from their works, and it was not hot or not cold. Maybe they didn’t have time to grow their style into perfection.

The Vorticists」展の作品ではないのだけれど、テート・ブリテンで気に入った、Cerith Wyn Evansケリス・ウィン・エヴァンス)のシャンデリア。

This is not in “The Vorticists” exhibition, but my favorite work of the day by Cerith Wyn Evans.

“Treasures of Heaven” Exhibition @ British Museum

中世キリスト教の重要美術品を集めた大英博物館の新しい展覧会「Treasures of Heaven: saints, relics and devotion in medieval Europe」(6月23日〜10月9日)が先週始まった。大英博物館のコレクションに加え、バチカン、ヨーロッパの教会の宝庫、アメリカやヨーロッパの美術館など40以上の団体から集められた、キリストや聖人、殉教者の遺物を納めた聖骨箱など、150以上もの貴重な美術品が展示されている(展示品写真)。大英博物館によると、イギリスでまとまった数の宗教美術品が一堂に見られるのは、イコンの破壊が広く行われた16世紀の宗教改革の時以来だそう。

展示されている主な遺品は、Crown of Thorns(キリストのかぶせられた荊冠)の一部だとされる3本の刺、十字架の一部、聖ブラシウスの足(写真)、聖母マリアの母乳、聖ヨハネの髪の毛、最も古いものの一つであるキリストの自印聖像など。それらが納められている、銀や金細工の施された聖骨箱の素晴らしいこと。後期ローマ帝国時代に始まり約1000年に渡る中世に作られたこれらの美術品は、それ以降の時代の精巧さに比べて少し荒削りだったりするけれど、深い信仰心と職人たちの情熱が伝わってくる。ドーム(クーポラ)を模した少し薄暗い展示室も雰囲気満点。静謐な心持ちになれる。

British Museum‘s new exhibition, just started last week, is “Treasures of Heaven: saints, relics and devotion in medieval Europe” (June 23 to October 9), featuring over 150 sacred treasures of the medieval age. In addition to the British Museum’s own pre-eminent collection, the important relics of Christ and the saints and other artifacts were drawn from more than 40 institutions including the Vatican, European church treasuries, museums from the USA and Europe (photographs of treasures). British Museum website says that religious treasures have not been seen in significant numbers in the UK since the Reformation in the 16th century, when iconoclasm was widely observed throughout England.

Relics featured in the exhibition include three thorns thought to be from the Crown of Thorns, fragments of the True Cross, the foot of St Blaise (photo), the breast milk of the Virgin Mary, the hair of St John the Evangelist, and the Mandylion of Edessa (one of the earliest known likenesses of Jesus). How graceful and exquisite the ornate reliquaries containing those relics are! Those religious treasures, produced during Middle Ages which started from the late Roman period and lasted 1000 years, are not necessarily as elaborate or fancy as those of the later periods, but you can feel strong faith and passion of the craftsmen of the age. The dome-shaped dark exhibition room, is solemn and serene, and make everyone feel calm and peaceful.

Free Outdoor Screenings of Wimbledon & Film @ Bankside Mix

6月20日から7月7日まで開催の2011年のGreat British Summerイベントは、ロンドン市内3カ所(Bankside Mix / Cardinal Place / New Street Square)でのウィンブルドン選手権と映画の屋外無料上映。先週土曜日にBankside Mixを通りかかった時は、フェデラーの試合を中継していたので、黄色・オレンジ・白のユニオンジャックが描かれたバンの前に置かれたデッキチェアは、満席ではなかったけど、なかなかの盛況。7月3日にウィンブルドンが終わったら、グリース、ノッティングヒル、ソーシャル・ネットワーキングの3作品と、最終日7日は現在投票受付中の5作品の中から選ばれるコメディ映画が上映される。

This year’s Great British Summer offers you an opportunity to enjoy free outdoor screenings of the Wimbledon Tennis Championships and films at three locations in central London (Bankside Mix / Cardinal Place / New Street Square), from June 20 to July 7. When we passed by the Bankside Mix last Saturday, a van painted in orange, yellow and white Union Jack was screening Federer’s match, and sun deck chairs in front of the van were quite occupied though not completely full. After the Wimbledon Championships is over on July 3, three films (Grease, Notting Hill and Social Networking) will be screened and one of the comedy films, currently going through  online voting process, on the last day of the screenings.

Design Store Chain Habitat will be sold to Argos Owner!!

今日のニュースによると、イギリスのデザイン家具ショップのチェーン、Habitat(ハビタ。過去のエントリー1/2/3)が破産。 Argos(アーゴス)やHomebase(イギリスの大手ホームセンター・チェーン)を所有するHome Retail Groupが、Habitatブランドとトッテナムコート・ロード店、キングス・ロード店、フィンチリー・ロード店の計を3店舗を、2,450万ポンドで買収すると言う。この3店舗以外の全国30店はしばらく営業を続け、買い手を捜すそうだが。。。ここ数年、セールばっかりやってるなあと思っていたら、やはり経営状態は思わしくなかったようだ。

不況のせいもあるけれど、BBCニュースによると、サー・テレンス・コンランによって1964年に設立された当時は斬新であったモットー、「good design, affordable for all(良いデザインを手頃な値段で)」と言うコンセプトは、IKEAをはじめとして、今やいろんなお店が真似るようになってしまったことも原因の一つだそう。Habitatには度々お世話になっていたので、将来なくなってしまったらとても悲しい。。。

According to today’s news, British design furniture chain, Habitat (past entry 1/2/3) goes into administration. Home Retail Group, owner of Argos and Homebase, will buy the Habitat brand and three central London stores (Tottenham Court Road, King’s Road and Finchley Road) for £24.5m. The remaining 30 UK stores will trade as usual while the administrator talks to potential buyers. Habitat has been having ‘sale’ all the times in these years, and it is true that the chain hasn’t been doing well.

Not only the recent recession is the reason for their failure, but also the store’s concept “good design, affordable for all” was innovative and original when Sir Terence Conran set up the chain in 1964, but now other stores also take the same strategy and some, like IKEA, even sell ‘design’ products cheaper. I will be quite sad if the Habitat stores will disappear in the future…

Bishopsgate Kitchen @ Spitalfields

2年間の工事の後、700万ポンドをかけたBishopsgate institute(ビショップスゲート・インスティテュート)の改修プロジェクトが最近終了した。1895年に設立されたBishopsgate Instituteは、カルチャー・イベントや大人向けの各種コース、図書館、アーカイブ・コレクション、コミュニティ・プログラムを提供する文化施設で、リバプールストリート駅とスピタルフィールズ・マーケットの近くに位置する。

その中に、レストランやサンドイッチ・チェーンを展開するbenugo(ベヌーゴ)が運営する新しいカフェ/バー/レストラン、Bishopsgate Kitchen(ビショップスゲート・キッチン)が、Brushfield Street(ブッシュフィールド・ストリート)側に、今月初めにオープンした。通りに面した一面のガラス壁から太陽光が入る、明るくてトレンディな店内は、歴史的建造物の一部と上手く調和している。店は朝食からディナーまで一日中オープン。メニューは、地元で穫れた旬の「イギリス最高の食材」を使った料理が並ぶ。フードメニューは、「boards」と「plates」があり、boardsは、タパスとかおつまみ、ハムやサラミ、チーズ類など。1ボードが£4.50で、3ボードだと£13(£12だったかな?)。platesはいわゆる主菜で、そんなに種類は多くないけれど10皿弱ある。曖昧な表現で申し訳ないけれど、後からウェブサイトで確かめればいいやと思って注意してメニューを見なかったのだが、今日の時点では、ウェブサイトにメニューがのってなかった。

ウェブサイト曰く「素朴でシンプルかつ本物の、旨味が詰まった、ヨーロッパ料理に影響を受けた料理」らしいが、主菜類はちょっとクリエイティブすぎて想像がつかないし、一皿にいろんなものを詰め込み過ぎている感も。メニュー以外にも、朝はbenugoベーカリーから運ばれてくる焼きたてのペーストリーやマフィン、ランチタイムはフレッシュなサンドイッチやサラダもいただける。また、La Marzocco(ラ・マルゾッコ)エスプレッソマシンで淹れた美味しいエスプレッソやオリジナルブレンドのフェアトレードのコーヒー、そして茶葉でいれた紅茶類で、まったりカフェタイムもいいかも。

After two years of building work, the Bishopsgate institute‘s £7 million restoration project has been completed recently. Established in 1895 near the Liverpool Street Station, the Bishopsgate Institute is a cultural institute and offers cultural events programme, courses for adults, historic library and archive collections and community programme.

There is a new café/bar/restaurant, Bishopsgate Kitchen, opened early June and operated by benugo, facing on the Brushfield Street. With all-glass walls, the space is bright and trendy, perfectly incorporated in this historical building. It is open all day from breakfast to dinner, and its menu is said to be developed sourcing local, seasonal ingredients, reflecting the best of British produce. Their food menu consists of ‘boards’ and ‘plates’ – the boards are like tapas dishes or nibbles including charcuteries and cheese. One board costs £4.50 or three boards for £13 (or 12?). The plates are mains and several (less than 10) are available. I didn’t pay attention at the menu well as I thought I can check their website, but the website doesn’t show the menu at this moment…

According to the website,”the food is rustic, simple, honest and flavourful and the European influenced menu”, but as far as I read through their menu, their plates are a bit too creative to visualize and too many things are put on one plate (it’s just my impression). Other than the food menu, pastries and muffins from the benugo bakery in the morning, and freshly prepared sandwiches and salads at lunch time are available. You can also have a nice cup of espresso brewed with La Marzocco espresso machine and their own blend fairly traded coffee and loose leaf teas.

ラタトゥイユポーチドエッグのせ(£8.50)とハモン・セラーノ(£4.50)、ウズラの卵が入ったチョリソスコッチエッグ(£4.50)。ハモン・セラーノはちょっとドライ過ぎ。それにスライサーではなくて、ナイフでハンドカットして欲しかった。サクランボのピクルス?酢漬け?は何とも不思議な味。

Porched eggs on the top of Ratatouille (£8.50), Serrano ham (£4.50) and Scotch eggs made of Chorizo and quail eggs (£4.50). Serrano ham was a bit too dry. I also wish it was hand-cut, not with a slicer. The taste of cherry pickles? was quite unusual – I have never eaten before something like that.

United Artists of Italy @ Estorick Collection of Modern Italian Art

イズリントンにある小さなイタリアンアート美術館、Estorick Collection(エストリック・コレクション)の新しい展覧会「United Artists of Italy」(6月22日〜9月4日)は、22人のイタリア人フォトグラファーが撮影した、20世紀イタリア人アーティストの写真約85枚を、1階の2部屋に展示している。Mario Giacomelli(マリオ・ジャコメッリ)、Mimmo Jodice(ミンモ・イョーディチェ)、Gianni Berengo Gardin(ジャンニ・ベレンゴ・ガルディン)など、イタリアを代表する写真家が1960年代以降に撮影した、ジョルジョ・デ・キリコルーチョ・フォンタナ 、ジョルジョ・モランディといったアートの巨匠たちのポートレートは、奥さんや家族と一緒の写真、自分の作品と共に写った写真、おどけた表情、制作から離れくつろぐ姿など、偉大な作品を作り上げたアーティストたちの素顔が垣間見せてくれる。ただ、そのアーティストやその作品を知らなければ、少し退屈かも。。。

Islington’s small Italian art museum, the Estorick Collection‘s new exhibition “United Artists of Italy” presents some 85 portraits of twentieth century Italian artists, taken by 22 leading Italian photographers since 1960s. The portraits of Italian maestro such as Giorgio de ChiricoLucio Fontana and Giorgio Morandi, by photographers including Mario Giacomelli, Mimmo Jodice and Gianni Berengo Gardin, spotlight artists in real life. You may gain more insight in artists and their art by looking at them being intimate with their wives and families, making funny faces and postures, relaxing away from their work, and being photographed with their artworks. But you may get a bit bored if you don’t know the artists and their works at all…