Monthly Archives: October 2011

Autumn Half Term Break (again)

今年の秋はいつになく多忙。少し前にも休んでいたので(この時は事前に告知していないことに今気づきました)、またかという感じですが、しばらくブログをお休みします。11月2週目より再開予定ですので、また後ほど!

We have a lot of things happening this fall. Therefore, I will take a break from blog, once again this autumn – now I realise that I didn’t notify in advance when I took a break last time in September! I will start writing again from the second week of November (hopefully…) – see you later to all!

うちのフラットの敷地内をうろうろしている猫。飼いネコか野良か分からないけど、とてもフレンドリー。

A cat hanging around our building. I am not sure if someone’s cat or a loner, but she (he?!) is very friendly.

Gerhard Richter: Panorama @ Tate Modern

テート・モダンの展覧会「Gerhard Richter: Panorama」(10月6日〜翌年1月8日)を観に行った。ドイツ人画家のゲルハルト・リヒターのこの大規模回顧展では、60年代に始まった50年近いキャリアの中から、写真を元に描いた具象画、スクイージーを用いて描いた抽象画、ポートレート、風景画、歴史的事件がモチーフの絵画、そしてガラスや鏡を使った作品、ドローイング、写真など、多様な技術とアイデアを用いたバラエティに溢れる作品を集めている。

リヒターは、多くの相反する作品を創り続けている。モノクロやグレーの抽象画に対し、色を多用した作品。丁寧かつ秩序だった落ち着いた作品に対し、自由でのびのびした筆遣いのもの。感情を抑制した静物画や印象派を思わせる美しい風景画、家族を描いた繊細な肖像画に対し、ナチスドイツ時代の家族のポートレートや、ドイツ赤軍(バーダー・マインホフ)メンバーの刑務所でのミステリアスな最後の死に顔、そしてアメリカ同時多発テロ事件など衝撃的な歴史的事件。カラーストライプを描いたシャープな作品(参考写真)は別として、カラフルな抽象画は好みではないけれど、感情や意見を声高に押し付けてこない、繊細な筆致で描かれた美しい写真のような具象画には、とても心動かされる。今年秋イチオシの展覧会です。

→参考記事:テレグラフインディペンデントファイナンシャルタイムズ

We went to see the Tate Modern’s new exhibition “Gerhard Richter: Panorama” (October 6 – January 8, 2012). This major retrospective of the German artist gathers a diverse range of Richter’s works with various techniques and ideas throughout his nearly 50-year of career since 1960s, including realistic paintings based on photographs, colourful and monochrome abstractions such as the squeegee paintings, portraits, landscapes and paintings of historical events, as well as glass constructions, mirrors, drawings and photographs.

Richter has produced many different kinds of works, which are often contradicted each other: monochrome grey works vs. multicoloured abstracts; well exercised and ordered realistic paintings vs. abstracts with unpredictable and free flow of blush strokes; impersonal still-life, impressionistic landscapes and delicate portraits vs. emotion provoking historical subjects such as family portraits under Nazi Germany, ‘mysterious’ deaths of the Baader Meinhof group at the jail, and 9/11 terrorist attacks. I am not a big fan of his colourful abstract paintings, except monochrome ones and color stripes such as this), but I was very moved with his photorealistic paintings with subtlety and tranquil beauty with delicate brush strokes, without screaming out his opinions and emotions. Very impressive, and must-see exhibition of this fall – highly recommended.

→ Related articles: Telegraph, IndependentFinancial Times

Barn [Scheune], 1984  (scanned image from Tate postcard)

Demo, 1977  (scanned image from Tate postcard)

Candle [Kerze], 1982 (scanned image from Tate postcard)

Seascape (Sea-Sea) [Seestück (See-See)] , 1970  (scanned image from Tate postcard)

Frieze Art Fair 2011 @ Regent’s Park

今年で9年目を迎える、ロンドン最大のアートの祭典・Frieze Art Fair 2011(フリーズ・アートフェア)が今日から始まった(〜16日まで開催)。33カ国から集まった173のギャラリーが持ち込んだ、1,000人以上のアーティストたちの作品を一度に観ることが出来る(昨年のブログ参照)。

London’s biggest art event, Frieze Art Fair 2011 started today (til 16th, Sunday). It houses 173 galleries from 33 countries, showcasing contemporary art works of more than 1,000 artists (see also last year’s blog entry).

ゲルハルト・リヒターの「Strip 2011」。彼はこのフェアで最も作品が高く売れるアーティストで、現在彼の回顧展がテート・モダンで開催されている。この作品は既に売約済みで、そのお値段は不明だが、最低でも110万ユーロは下らないそう(参考:Evening Standard)。

Strip 2011 by Gerhard Richter, the most expensive artist in the fair, whose retrospective is currently running at Tate Modern. The work is already reserved, with estimated price of at least €1.1 million (see details at Evening Standard article).

Cornelia Parker(コーネリア・パーカー)の「30 Pieces of Silver」(参考:Evening Standard

Cornelia Parker’s 30 Pieces of Silver (see details at Evening Standard article)

ジュリアン・オピーの作品 /Julian Opie’s work

Warm Broad Glow” by Glenn Ligon

↑ 私のお気に入りの作品たち/These are the works I like in the fair.

会場内には、Gail’s Caféの他、HIXLocanda LocatelliSketch(VIPルーム内)といった有名レストランのブースも。

There are drinking & eating booths including Gail’s Café, as well as London’s popular restaurants such as HIXLocanda Locatelli, and Sketch (VIP room).

Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990 @ V&A

9月24日から始まったヴィクトリア&アルバート博物館の「Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990ポストモダニズム:スタイルと破壊)」(9月24日〜翌年1月15日)を観た。ポストモダニズムとは何か、それはどのように発生したかを探求するこの大規模展覧会では、「Less is more(より少ないことは、より豊かなこと)」をモットーに、機能第一で装飾や無駄を一切排したモダニズム建築への反発から始まり、建築のみならずアート、グラフィックス、音楽、ファッションの分野で70〜90年代のポップカルチャーを席巻したポストモダニズムの代表作品250点以上が、一堂に会している。

ポストモダニズム絶頂期に青春を過ごした身、展示物一つ一つに懐かしさを感じる反面、なんて悪趣味な時代だったんだろうと思う。最悪だったのはポストモダニズム絶頂期の80年代半ばか。装飾過多かつ原色多用、奇抜。バブル経済と相まって、いい意味でも悪い意味でも自由闊達、何でもありのイケイケの時代だった。でも経済停滞で元気のない今を思うと、希望と欲望に溢れた、いい時代だったんだなあ。

We went to see the V&A‘s new exhibition “Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990” (September 24 – January 15, 2012), exploring what postmodernism means and where it came from. Started as a counter reaction against “less is more” stoic modernism architecture, postmodernism idea soon spread to the realm of pop culture such as art, graphics, music and fashions. The exhibition showcases more than 250 objects in a variety of genres to show us what is postmodernism all about.

I lived through the postmodernism era, and the show made me feel a bit nostalgic and sentimental, but at the same time made me realize how terrible the style of the period was! May be the worst time was the mid 1980s, when was the hype of postmodernism. Exaggerated, gaudy, and eccentric. So much freedom and no-holds-barred, in a good way and a bad way, together with an economic boom. But when I look back, in compare to now in deep recession, it was a very good time – full of desires, enthusiasm and hopes.

Andy Warhol, Dollar Sign (1981)

Jamie Oliver x Young’s “Sustainable” Frozen Fish Range

またまたジェイミー・オリヴァー登場。テレビ番組、コマーシャル、レストランと、うんざりするぐらい、そこらじゅうにジェイミーがはびこっている。11年続いた大手スーパーマーケット・チェーン、セインズベリーの広告塔役が今年のクリスマスシーズンに終了すると思ったら、早速、シーフード食品メーカーのYoung’sという新しいパートナーを見つけたみたい。

9月発売開始のこのジェイミーの冷凍シーフード製品、今安売り中なので、試しに買ってみた。彼の初の冷凍食品シリーズは現在、fishcake(フィッシュケーキ:魚入りコロッケみたいなもの)5種、fish finger(フィッシュ・フィンガー:マックのフィレオフィッシュの細長い指サイズ版)1種、そしてfish pie(フィッシュ・パイ:パイクラストを使わない、魚入りパイ)3種の計9商品。セールスポイントは、伝統的食材のhaddock(ハドック)やcod(タラ)に変え、 これまであまり利用されていなかったpollock(ポラック)やwhiting(ホワイティング)など、「sustainable(持続可能)」な魚を使用していること。ヘルシーな食生活普及のため、イギリスのみならずアメリカでもお節介を焼いてきたジェイミー、新たな布教活動に取り組むのはいいが、お味の方は残念な仕上がり。味がなく、魚のうまみが感じられない。お値段は安いが、サイズも小さい。あのジェイミー様をもってしても、安価でクオリティの高い食品を作り出すのは容易くないと言うことか。

Here is Jamie, the king of food, again. He is all over the place, from TV program and advert to his spurning restaurants. He will be leaving Sainsbury’s advert with his last appearance for this Christmas, after 11-year partnership with the supermarket chain. But he already found a new partner, Young’s seafood, so you won’t miss him.

Jamie’s frozen fish range, came out in September, have been on offer and I purchased some to try. His first range of branded frozen seafood makes up of 9 products at this moment; 5 fishcakes, 1 fish fingers, and 3 fish pies. The selling point of the range is that those have been sourced from sustainable and under-utilised alternatives to traditional haddock and cod, including pollock and whiting. Goody-goody Jamie who is obsessed with healthy eating, preaching people in UK as well as USA to eat well, is doing another good deed; sustainable and healthy. OK, his ambition is great, but the tastes were rather disappointing. Bland. No flavour, no taste of fish. Small price but small size. To make a good & healthy food for cheap doesn’t seem to be easy, even for mighty Jamie.

Hackney Bureau (Andor Bureau) @ Mare Street, Hackney

今日、Ombraに行ったら定休日だったので、向かいにあるHackney Bureau (Andor Bureau)でランチした。塗装の途中で力尽きてギブアップしたかのような外観だけれど、中はusedのテーブル&椅子のシンプルな内装にアートギャラリーが融合した、典型的イースト・ロンドン風インテリア。客もアートっぽい人たちや若者が多い。

その見た目通り、メニューもシンプル、朝食が数種、ランチはサラダとサンドイッチ数種ずつがあるだけだ(日替わりメニューもあり)。また、ペイストリーやケーキ類も何種類かある。今は午後7時までの営業だけれど、将来は11時まで営業時間を延長し、ディナーも提供する予定だそうだ。サンドイッチ単品で£5と値段は少々お高めだけれど、オーガニック・ベーカリーのE5 Bakehouseから仕入れたパンと新鮮な材料を使ったサンドイッチはフレッシュでなかなか美味しいし、使用しているセカンドハンドの食器も趣味がいい。La Marzoccoで淹れたコーヒーも文句なし。このカフェ、なかなかの拾い物かも。

Ombra was closed when we went there today, so we had lunch at Hackney Bureau (Andor Bureau) across the street. The exterior looks half-finished, like they gave up painting half-way and ran away. However, its typical rusty + grungy East End style interior with used tables and chairs is less scary and also the space is used as an art gallery as well.

As it looks, its menu is also simple; just few kinds of breakfast menu and few kinds of sandwiches + some daily dishes during lunch time, as well as some pastries and cakes. At this moment the café closes at 7pm but it is planning to open for dinner in the future. The sandwich costs £5, which is a bit pricy for a sandwich, but the bread from an organic bakery E5 Bakehouse and fresh ingredients can justify the price. The choice of its second hand dishes and cups & saucers are in good taste. Finally the espresso made with La Marzocco is very good. A lucky find at the end.

モッツァレラチーズとトマトのホットサンドとイタリアン・サラミ、トマト、ロケットのサンドイッチ(共に£5.00也)/Toasted mozzarella and beef-tomato sandwich and Italian salami sandwich with tomato and rocket (£5.00@)