Monthly Archives: March 2012

Patrick Keiller: The Robinson Institute / Tate Britain Commission 2012

Duveen galleriesに設置される、テートの収蔵品に呼応した作品創りをアーティストに依頼するアート・プロジェクト・Tate Britain Commissionの今年の作品は、アーティストで映像作家のPatrick Keiller(パトリック・キーラー)のインスタレーション「The Robinson Institute(3月27日〜10月14日)」。

30年以上に渡り、キーラーはイギリスの都会と田舎のランドスケープの映像に、文学的逸話、歴史的エピソード、時事問題、経済批評などに突飛なユーモアを交えたナレーションを加えた様々な映像作品を創り続けている。このインスタレーションは、イギリス各地を彷徨い歩くRobinson(ロビンソン)という名の架空の人物との偶然の出会いを古い映画撮影機で撮影した、キーラーの代表作品シリーズにインスピレーションを得たという。

イギリスの風景、政治、経済、歴史を考察するというこの「The Robinson Institute」は、時に超現実的でバラエティに富んだ、数世紀に渡る120以上の作品を集めている。ロビンソンのイメージは、主にテートのコレクションから選ばれた作品や、歴史家、地理学者、地図製作者、地質学者の研究と共に見ることが出来る。7部に分かれたインスタレーションでは、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーアンディ・ウォーホルアンドレアス・グルスキージャクソン・ポロックデニス・オッペンハイムといった、内外の著名アーティストの作品の横に、1795年にヨークシャー州に落ちた隕石や、政府の修正法案、ビアトリクス・ポターの作品、SF映画「宇宙からの侵略生物(Quatermass 2)」の映像など、ちょっと趣向の変わった作品が並んでいる。

作品自体や作品のチョイスは面白いけれど、同じパートにある作品同士の繋がりとその意味が、外国人である私にはよくわからなかった。各パートに、イギリス人知識人でなくても、誰でも分かる説明があればいいのに、と思う。

Artist and independent film-maker Patrick Keiller created an unique installation called “The Robinson Institute” (Mar 27  –  Oct 14) at the Duveen galleries for Tate Britain Commission 2012, an art project which invites an artist to develop a new work in response to the Tate Collection.

Over the past 30 years Patrick Keiller has developed a range of films which combine expressionless images of British landscape, rural and urban, with a narration which draws together wide-ranging literary anecdotes, historical episodes, current affairs, economic critique and offbeat humour. “The Robinson Institute” is inspired by Keiller’s best known films in which his fictional creation – an elusive scholar named Robinson – wanders the English landscape and records his chance encounters on an old cine camera.

The exhibition is the reflection of the British landscape, politics, economics and history and it brings together more than 120 diverse and often surreal artworks and objects from across several centuries. Robinson’s images are shown alongside other artworks, mainly from the Tate’s own collections, as well as works by historians, geographers, cartographers and geologists. The seven-part installation includes renown international artists such as JMW Turner, Andy WarholAndreas Gursky, Jackson Pollock and Dennis Oppenheim, together with unusual objects such as meteorite that fell in Yorkshire in 1795 and a parliamentary amendment, as well as Beatrix Potter and clips from the Hammer’s sci-fi horror Quatermass 2.

Individual works are impressive and the choice of works are interesting, but it is not easy to understand the connection between each work and messages behind, for me as a foreigner who don’t know about UK fully. I wish there were an explanation at each part of the installation that helps me understand what it is about (or did I miss it??).

IFO (Identified Flying Object) by Jacques Rival @ King’s Cross

オリンピックを前に急ピッチで改装が進むキングス・クロス駅の北に置かれた、ブランコが中に入った9mもの巨大な鳥かご「IDENTIFIED FLYING OBJECT (IFO)」(UFOをもじったネーミングか)は、フランス人アーティスト/建築家であるJacques Rival(ジャック・リヴァル)の作品で、キングス・クロスのアート・プログラム「RELAY」の一環。King’s Cross ウェブサイトによると、IFOは急速に変わりゆくキングス・クロスを体現。夜はライトアップされ、クレーンで吊るされる夜もあるそう。また、設置期間の2年間(2011年11月17日〜2013年11月17日)、様々なイベントに使われるという。

IDENTIFIED FLYING OBJECT (IFO)“, a 9-meter giant birdcage with a two-seater swing chair inside set on the north of King’s Cross train station, is a commission by French architect/architect Jacques Rival and is part of RELAY, the first dedicated art programme at King’s Cross. According to the King’s Cross website, IFO reflects the transience of King’s Cross and the rapid changes it is undergoing. IFO gets illuminated at night and is hang from the cranes on selected nights. It also hosts with a series of pop-up activities throughout two years period from Nov 17, 2011 to Nov 17, 2013.

HOMA Restaurant @ Stoke Newington Church Street

今週は珍しく晴れ続き、久しぶりにStoke Newingtonまで足を伸ばして、HOMAでランチした。白い壁にカントリー風木製テーブル&椅子、吊り下げられたレトロなランプシェードも可愛い。ランチとディナーの狭間だからか、客は私たちだけで、静かでとてもリラックスした雰囲気。

メニューには、種類はそう多くないが、オーガニックで地元産の旬の食材を主に使用した、イタリアン&地中海風の料理が並ぶ。コーヒー豆はブロードウェイ・マーケットにある名店・Climpson and Sonsのもの。環境にも配慮、テイクアウト用のフォークやスプーン、食材のパッケージは、再生品で、使用後は堆肥にできるもののみを使用しているそう。

あいにくランチタイムが終わったところで、オーダーできるのはピザのみ。ピッツァ・マルゲリータ+追加のアンチョビが、何故かチョリソ・ピッツァ+目玉焼きに化けたのがご愛嬌だが、生地はパリッとしていて、トッピングもフレッシュ、味は悪くない。半熟の卵はピッツァにはやはりあわないと思うのだが、申し訳なさ気なスタッフによると、フランス人が時々卵のトッピングをリクエストするのだそう。お詫びでドリンクが無料になったのも、誠実な対応で好感度大。

It has been sunny these days, so we stretched our destination to Stoke Newington and had lunch at HOMA. The interior is very cute, with white walls, rusty wooden tables & chairs, and retro lamp shades. It was in between lunch and dinner time, and we were the only customers there, and we enjoyed its peaceful and relaxing space all by ourselves.

Their menu is rather small, but their Italian and Mediteranean dishes are made of fresh and seasonal ingredients, and organic and locally produced sources wherever possible. Their coffee is from renown Climpson and Sons in Broadway Market. They also care environment and use only recycled compostable food packaging and catering disposables, such as takeaway fork and spoons.

Unfortunately, only pizza was available when we went after lunch time was over. For some reason, we got chorizo pizza with egg on top, instead of pizza margherita with extra anchovies (interesting misunderstanding). But it was not bad after all, as pizza crust was crunchy and the toppings were fresh. I am afraid to say that egg didn’t go well with pizza, but French people sometimes request egg topping, according to an apologetic staff. It was also nice of her to made our drinks complimentary – very favorable response to the mistake.

Pizza Patate (White Pizza with Sliced Potatoes, Rosemary & Brie £8.5) and Chorizo (Tomato, Mozzarella, Chorizo, Red Peppers & Red Pesto £10.5)

Team GB Uniforms for London 2012 Olympics Designed by Stella McCartney

今日、言わずと知れたポール・マッカートニーの娘で人気ファッション・デザイナーのステラ・マッカートニーがデザインした、ロンドン・オリンピックのアディダス製イギリス代表公式ユニフォームが公開された。ユニオン・ジャックをモチーフにしたスタイリッシュなデザインのユニフォーム、早速「too blue」との批判が続出。ご存知のように、イギリス国旗は赤白青の三色を使用。ユニフォームの他の部分やソックス、靴に赤色が使われているが、肝心の国旗デザインは青白のみ、まるでスコットランドの国旗のようだという声が多い(写真中)。多くの人も指摘している、イギリスのリアリティTV番組・Xファクターロゴに似た男性アスリートのウェスト周り(写真上の右側)と、ジャケットのリボンベルト(写真中の両端)は??だが、過去7回のイギリス代表ユニフォームと比べても、今回の日本代表ユニフォームと比べても洗練されてると思う。イギリス人は何でもかんでも批判する癖があるから仕方ないけど。

The London 2012 Olympic uniforms for GB team, designed by British fashion designer Stella McCartney (a daughter of Paul McCartney) for Adidas, is unveiled today. However, this stylish design with Union Jack motif comes under fire as ‘too blue’. As you know, Union Jack consists of three colours; blue, white, and red. Though Stella uses red in some parts of the uniforms, socks, and shoes (2nd photo), red is apparently missing from the flag part, and it looks more ‘Scottish’. British likes to criticise everything, but I think it is quite cool in compare to past seven games (bottom photo) and Japanese team uniform for London 2012; except reality TV show X-factor‘s  logo around the waist of male athlete (right on the 1st photo), like many others pointed out, and a ribbon belt for the women’s jacket which is unnecessary and unpractical (both ends on the 2nd photo).

Drought and Hosepipe Ban in England

雨の多い国というイメージのイギリスで、まさかの水不足が起こっている。1976年にも熱波が襲来、ひどい干ばつに見舞われたらしいが、この2年間24ヶ月のうち19ヶ月が平均以下の降雨量に留まり、川の水位も記録的に低い。天気予報によると、近日中に水不足を解消するに足りる降雨量も見込めず、今年の春・夏は、深刻な干ばつになることが危惧されている。そのため4月5日より、ロンドンに水を供給するThames Waterテムズ・ウォーター)を含む、イングランド南部の7つの水道会社管区で「hosepipe ban」と呼ばれる水の使用制限が行われる予定。期間中は、ホースや類似の用具を使って散水したり、家庭用プールやビニールプールに水を貯めたり、噴水を使用することは禁じられ、違反した場合は1,000ポンド以下の罰金に処せられる可能性もあるそうだ。

ちなみにロンドンにはビクトリア時代の古い水道管が多く残っており(過去のエントリー参照)、テムズ・ウォーターには、毎日何百万リットルもの水を無駄にしているとされる、水道管の水漏れの修理にかかる時間の長さも、水不足に拍車をかけているという批判も(デイリー・メール記事)。

England and Wales are officially in draught, after an exceptionally dry two years, with below-average rainfall for 19 of the past 24 months. Groundwater which keeps rivers flowing is close to the lowest levels ever recorded in many regions. Sufficient rain to boost low groundwater and river levels is unlikely in the coming weeks, and it is anticipated that there would be a severe drought in spring and summer this year, like 1976 heatwave. As a result, seven water supply companies in South England, including Thames Water which covers greater London, are bringing in ‘hosepipe ban‘ from April 5. During the hosepipe ban, it will be prohibited to draw water through a hosepipe or similar equipment, or fill or maintain a domestic swimming pool, paddling pool or ornamental fountain, and offenders could be fined up to £1,000.

At the same time, Thames Water is criticized its slowness in repairing pre-historic Victorian pipe (see my past entry), leaking and waisting millions of litres a day, to make the situation worse (Daily Mail article).

Muji’s “Product Fitness 80″ @ Design Museum

ロンドン(デザイン・ミュージアム:3月9〜18日)と東京(ATELIER MUJI:3月1〜20日)で同時開催中の「Product fitness 80もの八分目)」展。「腹八分目」が健康に良いように、ものづくりにも過剰さを抑え無駄をなくす「もの八分目」が必要じゃないだろうか。東北大震災から1年、ものの「適性(フィットネス)」を見直し、必要な大きさや量を超えて肥大化した「もの」を適正なサイズ、量、素材等に戻そうという、無印良品のものづくりの姿勢を伝えるために企画された。

デザイン・ミュージアムの企画展ではないからか(無印良品が場所代を払ってると思う)、全然力が入っていない。他の展覧会に比べて会場も狭くて天井も低く、窓もなくて薄暗いと、開放感が全くない(元々この部屋は展示室じゃなくて、倉庫だったんじゃないかとみている)。いくら過剰を排除すると言っても、展示品も解説も小振りで地味過ぎ。これじゃ発信したいメッセージも伝わらない。写真で見る限り、東京の展覧会の方がまだ格好いい。2014年にCommonwealth Instituteで新装オープンを目指すデザイン・ミュージアムの金づるになっただけかも、という気がする(ガーディアン紙記事)。偶然にも、1階下の「Terence Conran: The Way We Live Now」は、ミュージアム移転に1700万ポンド寄付したというコンラン氏の展覧会だし(金額で負けたか)。こんな陰気くさい場所でやるぐらいなら、ロンドンにある無印良品の大型店舗でやった方が安上がりだし、ましだったなんじゃないかと思う。

A Japanese retail company Muji‘s “Product fitness 80 (もの八分目)” exhibition is currently held in Tokyo (@ATELIER MUJI: Mar 1-20) and London (@Design Museum: Mar 9-18). On the one year anniversary of the Japanese earthquake and tsunami, Muji rethink the way in which design impacts on the way we use energy. The title “Product fitness 80″, like physical fitness, comes from a Japanese proverb “Eating moderately (literally “stopping eating at 80% full”) keeps the doctor away.” The exhibition addresses the question, “what would happen if we use 20% less materials and energy in the actual process of making products?” This exhibition represents a Muji’s approach on manufacturing – removing waste and excess and making their products in adequate size and amount.

Since the show is not planned by Design Museum (Muji assumingly paid to rent the space), it is sort of sidelined. In compare to other two exhibitions, the space is small with low ceiling and dark with no windows (I believe this room was originally a store room or something). Although concept is ‘fitness’ without excess, the products and its descriptions are too little and too modest. The show in Tokyo looks much better on its website. It seems to me that this is like a rip-off by Design Museum who probably needs more fund for moving to a larger Commonwealth Institute building in 2014 (Guardian article). Coincidentally, “Terence Conran: The Way We Live Now” exhibition downstairs is about Sir Conran, who donated £17 million for the museum’s renewal. It would have been better and cheaper to host the show at one of the London’s Muji stores, in compare to this dungeon like space.

↓ 最上階で開催中のDesign of the Year 2012(→過去のエントリー:2009 / 2010)。写真不可のため展覧会の写真はなし。見飽きた感のある、デザインのごった煮的展覧会。

↓ “Anything goes” kind of exhibition that I felt a bit fed-up, “Design of the Year 2012” on the top floor (→past entry: 2009 / 2010). There is no photos allowed, therefore, I couldn’t take any photos.

Terence Conran: The Way We Live Now @ Design Museum

日本と同時開催中のデザイン展示会「Product fitness 80もの八分目)」のスポンサーであるMUJI(無印良品)で買い物をし、そのレシートを持っていくと入場料が無料になるというので、久しぶりにデザイン・ミュージアムに行った。意外とこじんまりしていた「Product fitness 80」(明日詳しく書きます)より、昨年11月16日〜4月12日まで開催している「Terence Conran: The Way We Live Now」がなかなか面白かった。

この展覧会は、イギリスにおけるモダン・デザインの先駆けで、デザイン・ミュージアムの開設に貢献、今もデザイン界の重鎮として多大な影響力を持つテレンス・コンラン氏の80歳の誕生日を記念して企画。コンラン氏がキャリアをスタートさせた戦後の欠乏期、戦争の痛手から立ち直り、その象徴としてFestival of Britainが開催された50年代、インデペンデント・グループIndependent Group)とポップアート運動の起こった60年代、デザイン・ブームの80年代、そして現代まで、コンラン氏がイギリスの現代の暮らしに与えた影響と、彼のデザインアプローチやインスピレーションを紹介している。

「plain, simple, useful(簡素、シンプル、便利)」を哲学とするコンラン氏のデザインは、過剰装飾・派手な色の多用がトレンディだった80年代を除き(今見返すとあの頃の悪趣味さを実感)、時代や流行が変わっても飽きがこない、温かみがあって良質のものが多い。彼の作り上げたレストランは少し時代遅れの感も否めないが、それ以外は、さすがイギリスのモダンデザインを作り上げたコンラン氏だけあると納得させる、見応えのある展覧会だった。

We went to the Design Museum, as entrance is free with a shopping receipt from MUJI, who is a sponsor of an exhibition “Product fitness 80“, coinciding in Tokyo and London. More than a small scaled “Product fitness 80” (I will talk about the details tomorrow), “Terence Conran: The Way We Live Now” (Nov 16. 2011 – Apr 12) was more interesting and worth to see.

This exhibition is planned to mark Sir Terence Conran’s 80th birthday. Sir Conran is a father of British modern interior design and still one of the most influential figure of design industry. The exhibition explores his impact on contemporary life in Britain, as well as his design approach and inspirations, tracing his career from post-war austerity through to the Festival of Britain representing the recovery from the war in the 1950s, the birth of the Independent Group and the Pop Culture of the 1960s, to the design boom of the 1980s and on to the present day.

Sir Conran’s design with his philosophy “plain, simple, and useful” has warmth and good quality, and is never been outdated, except the products produced in 80s when excessiveness and flashiness was trendy (I always feel quite embarrassed to see 80s stuffs). Also his group of restaurants are a bit passé, but otherwise, I enjoyed this exhibition overall.