Monthly Archives: August 2012

The Filling Station (KXFS) @ King’s Cross

初めてこのThe Filling Station (KXFS)を見かけたのは夜だった。グリーンの大きなネオンサインと赤くライトアップされたファイバーグラスの壁が、まだ再開発途上で何もないこのエリアからKXFSを浮かび上がらせている光景は、幻想的で、不思議とノスタルジックを感じさせた。

キングスクロス駅の北、York Way(ヨークウェイ)とRegent’s Canal(リージェンツ運河)が交わる場所にある、古いガソリンスタンドを改装したKXFSは、期間限定のレストラン&イベントスペース。約2年後、この建物は再開発の一環で、住宅に生まれ変わるらしい。 →KXFSの詳細

KXFSは今年5月にオープン。中には、ハックニーにあるトレンディなレストラン・Bistrotheque(ビストロテーク)経営者の手による「Calexican(カリフォルニアの健康オタクが好む食材とメキシコ料理が融合した造語)」レストランのShrimpy’s(シュリンピーズ)と、6月〜9月限定営業の屋外バー(KXFS forecourt bar)がある。Shrimpy’sで食事したことはないけれど、9月末で営業が終了する前に、KXFS forecourt barのピッツァを是非紹介したいと思い、このブログを書いている。ここのピッツァは、イースト・ロンドンの幾つかのウィークエンド・マーケットに出店している、Home Slice Pizzaが作っている。メニューは週変わりの3種類のピッツァ(丸ごと£9.00 / スライス£3.00)しかない。飲み物はアルコールのみ、水道水の他はミネラルウォーターもコーヒーもない。支払いは何故かクレジットカードオンリーで、現金不可。スタッフは無愛想だし、全般的にサービスがいいとは言えないんだけれど、それでもここのピッツァ・マルゲリータは食べる価値あり。

The first time I saw The Filling Station (KXFS) was at night. With the light green large neon sign and fibreglass screen lit up in red, it stood out in the dark redevelopment area on construction, next to the Regent’s Canal in the north of King’s Cross station. It was beautiful and I felt nostalgic somehow.

KXFS, converted from old gas station adjacent to York Way and the Regent’s Canal, is a temporary restaurant and event space. It is said that this structure will remain for two years before the site is redeveloped for housing. →more details of KXFS

Opened in late May, KXFS houses cozy ‘Calexican‘ restaurant Shrimpy’s, created by people behind Bistrotheque in Hackney, as well as al-fresco KXFS forecourt bar which opens  from June until the end of September. I haven’t tried Shrimpy’s, but I wanted to tell how surprisingly good pizza at KXFS forecourt bar is, before the bar close down. The pizza is prepared by Home Slice Pizza who sells pizza on some weekend markets in East London. They have only 3 kinds of pizza (£9.00@whole / £3.00@slice). Topping changes each week) at KXFS. Overall service is not really great: they oddly accept only card and no cash (so as Shrimpy’s); they have only alcoholic drinks except tap water; and staffs were not really friendly. But even with those obstacles, I can’t resist their pizza Margherita! →information of forecourt bar

折々イベントも開催される屋外バーエリア。平日昼は人影もまばらだけれど、週末は昼夜問わずドリンクを楽しむ人で賑わう / Forecourt bar & event space. It is quiet on weekday, but is lively during weekend, day & night

マルゲリータ・ピッツァ£9.00。お皿ではなく段ボールのピザ箱で出てくる / Pizza Margherita £9.00. It is served in a cardboard box, not on a dish

奥にあるレストラン・Shrimpy’sは、カジュアルなバーエリアと違ってスマートな客が多い/ Shrimpy’s with a bit more posh clientele from casual forecourt bar

KXFSの隣はリージェンツ運河がゆったり流れる / Regent’s Canal next to KXFS

Festival of the World @ Southbank Centre

今年の夏のロンドンオリンピック・パラリンピックにあわせ、サウスバンク・センターでは、Festival of the World(6月1日〜9月9日)が開催されている。スポーツや芸術が若者の夢や向上心を刺激すると考えた、近代オリンピックの創立者であるピエール・ド・クーベルタン男爵にインスピレーションを得たというこのフェスティバル、芸術は人々の人生を変えられることを証明するのを目的に、アート、音楽、ダンス、詩、文学、コメディなど世界の文化イベントの他、マーケットや「urban beach(人工ビーチ)」など、様々な催しが行われている。明日29日から始まるパラリンピックと同時に、障碍を持つアーティストたちの作品を紹介するイベント「Unlimited(8月30日〜9月9日)」もスタートする予定。

Southbank Centre has been hosting Festival of the World this summer from June 1 to September 9, coinciding with the London 2012 Olympics/Paralympics. The festival is inspired by the founder of the Olympic movement, Baron Pierre de Coubertin who believed that the arts and sport could raise the aspirations of young people. During the period, Southbank offers a variety of international cultural events such as art, music, dance, poetry, literature, and comedy, as well as markets, urban beach and more to demonstrate how art can transform lives. Corresponding with the start of Paralympic Games tomorrow on August 29, ‘Unlimited‘ (Aug 30–Sep 9) will showcase art and culture commissions by disabled and deaf artists.

中でリラックスしたり遊んだりできる、かまくら型のユニークな「London Earth Creature」は、エコ建築のスペシャリスト・Small Earthの作品。

London Earth Creature” is the unique playscape for play & relax, designed and built by eco-build specialists Small Earth.

廃材を使用して大規模作品を創っているロンドンベースのアート集団・Robots>>>>の「Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down(下を見なければ全てが美しく見える)」。2011年のFestival of Britainで使用した木材や鉄を再利用している。

“Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down” by the London-based arts collective Robots>>>>, who build large sculptures from recycled and reclaimed materials, have made these figures predominantly from wood and steel used at Southbank Centre’s 2011 Festival of Britain.

世界から集められた布地で作られた、15mの高さの「Under the Baobab(バオバブの木の下で) 」は、Pirate Technicsが制作。

15 metres tall “Under the Baobab” is made from stacks of fabric rings using material from around the globe, created by Pirate Technics.

Trey WatkinsとCameron Brownの二人のアーティストの作品「Perspectives(視点)」。一見、無造作に置かれたアルファベットだけれど、一定のアングルから見るとメッセージが浮かび上がる。

Perspectives‘ designed by artists Trey Watkins and Cameron Brown. At first they appear to be random letters, but when you see them from certain vantage points they line up to reveal hidden messages.

たくさんの緑色のバスケットを使った、韓国人アーティスト&デザイナー・Choi Jeong Hwaチェ・ジョン・ファ)の「Time after Time(何度も何度も)」。

Korean artist and designer Choi Jeong Hwa‘s “Time after Time“, using thousands of green carrying baskets.

Red Market: Pop-Up Street Food Market @ Old Street

Old StreetとGreat Eastern Streetが枝分かれする角の空き地で、夏限定のフードマーケット・Red Marketが現在開催中。昨年は夜のみのナイト・マーケットだったこのマーケット、今年は7月6日に始まり最初の2週間は週末のみだったけれど、7月21日〜9月2日の平日は昼12時から夜11時まで終日オープンしている(土曜は午後5〜10時、日曜は休み)。

グラフィティ・アートで覆われたビルに囲まれた2万平方フィート(約1858平方メートル)の広場には、ハンバーガーやイタリア、オーストリア、ハンガリー、地中海風メゼ、ジャパニーズなど、世界のストリート・フードを売る屋台がぐるり並び、昼はランチを求める人たち、夜はフード&ドリンクを楽しむ人々で賑わう。→写真:Time Out / Red Gallery / Zagat

クローズまで間もないけれど、折りにつけ、パラリンピックのパブリックビューイング、映画上映、ライブ・ミュージック等のイベントも開催されるので、興味がある人はマーケットのサイトを要チェック。

Pop-up street food market Red Market is currently running on an empty space where Old Street and Great Eastern Street meet. This market opened only at night last summer, but this summer it opens from 12 noon to 11pm daily on weekdays from July 21 to September 2 (Saturdays: 5-10pm, close on Sundays), though first two weeks from July 6th opened only on weekend.

There are world street food vendors such as hamburger, Austrian sandwiches, Hungarian, Mediterranean meze, and Japanese in this 20,000 ft² (=1858 m²) space, surrounded by buildings colorized with various graffiti art. The market attracts hungry stomachs looking for lunch and snacks during the day, and hip creators enjoy food & drinks at night. →photos: Time Out / Red Gallery / Zagat

Not much time left until its closing, but if you are interested, check their website for special events such as public viewing for Paralympics, film screening, and live music etc.

子供が遊べる小屋と大きなクッション、おもちゃが置かれた砂場 / children’s playground with kid’s house and sand area equipped with toys and big cushions

ベルギー人アーティスト・Roaのグラフィティ(過去エントリー参照)の前の置かれたピンポン台で遊ぶ人たち / People playing ping-pong in front of graffiti by Belgian artist Roa (see past entry)

A Day in Cardiff, Wales

オリンピック女子サッカー準々決勝を見に行った際、せっかくの機会なのでカーディフに1泊し、翌日市内観光した。

人口約32万人のカーディフへは、ロンドン・パディントン駅から西へ電車で2時間ちょっと。カーディフは石炭の積み出し港として発展し、1955年にウェールズの首都となった。イギリスを構成する4つの「国(country)」のひとつであるウェールズは、ケルト系の文化・言語と強いアイデンティティを持つ。ウェールズでは、ウェールズ語が英語と並んで公用語とされ、道路標識や公文書は2言語で表記されている。中北部を中心に人口の21.7%(2004年調べ)がウェールズ語を話すことができるらしいが、カーディフ市内ではウェールズ語は文字では見るものの、全く耳にはしなかった。

When we went to see the Olympic women’s football quarter final in Cardiff, we stayed over night and enjoyed sightseeing the day after.

It takes just a little bit more than two hours to go to Cardiff by train from London Paddington station. Cardiff became prosper as a major port for the transport of coal in the early 19th century, and became the capital of Wales in 1955. Wales is one of the four ‘countries’ in UK, and it has retained a distinct cultural identity and is officially bilingual with English and Welsh. The Welsh Language Board indicated in 2004 that 21.7% of the population of Wales were able to speak the language, but I had never heard anybody speaking Welsh in Cardiff, though I saw the signage written in two languages.

カーディフの主な見所はカーディフ城とカーディフ・ベイ地区。市中心部にあるカーディフ城は、紀元1世紀に造られた古代ローマ人の砦に起源し、ノルマン征服後に再び要塞が築かれた。現在の建物は、19世紀に石炭の輸出で富を得た第3代ビュート侯が、建築家ウィリアム・バージェスに設計を依頼、ネオゴシック様式の外観を持ち、豪華絢爛なアラブルームやステンドグラスが美しいウィンタースモーキングルーム等、さまざまな意匠をこらした部屋が見学できる。

Major tourist attractions in Cardiff are Cardiff Castle and Cardiff Bay. Cardiff Castle is situated in the heart of the city centre. The castle is a medieval castle and Victorian architecture Gothic revival mansion, transformed from a Norman keep erected over a Roman fort. The castle substantially altered and extended during the Victorian period by John Crichton-Stuart, 3rd Marquess of Bute, and the architect William Burges.

豪華絢爛のアラブルーム / Gorgeous Arab Room

ウェールズのシンボルで、国旗にもあしらわれている赤い竜 / The red dragon (Y Ddraig Goch) , incorporated on Flag of Wales

カーディフ城の隣にある公園・Bute Parkの外壁には、熊やたぬきなど様々な動物の像があしらわれている / You can see statues of various animals on the walls of the Bute Park, next to the Cardiff Caslte

**********

カーディフ・ベイは石炭の積出港・旧波止波周辺地域を再開発した地区で、セーリングやウォータースポーツが楽しめる淡水湖や、アートセンター、ホテル、レストランなどが集まる新しい観光スポットになっている。中心部から10〜15分おきに出ているバス6番で約10〜15分ほど。

Cardiff Bay is the new tourist destination where old Cardiff docklands have been redeveloped in the last decade, and home to a large freshwater lake for sailing and water sports as well as restaurants and hotels. It is about 10-15 minutes by bus no.6, running every 10-15 minutes, from the city center.

Welsh National Opera(ウェールズ国立オペラ団)の本拠地で、バレエやダンス、ミュージカル、コメディなどが催される、Wales Millennium Centre(ウェールズ・ミレニアム・センター)。愛称「Armadillo(アルマジロ)」。正面には、センターがウェールズ出身の作曲家、カール・ジェンキンスに委託して作られた曲名「Creu Gwir Fel Gwydr O Ffwrnais Awen(ウェールズ語 / 英語では In These Stones Horizons Sing)」くりぬかれている。

Locally nicknamed “the Armadillo”, the Wales Millennium Centre is home to the Welsh National Opera and has hosted performances of opera, ballet, dance, comedy and musicals. On its facade, you can read “Creu Gwir Fel Gwydr O Ffwrnais Awen” in Welsh, or In These Stones Horizons Sing in English, which is the name of a work for chorus and orchestra composed by Welsh composer Karl Jenkins, which was commissioned for the opening of the Wales Millennium Centre.

1897年に建設されたPierheadは、Bute Dock Companyがあった建物 / The Pierhead, built in 1897, was formerly the headquarters of the Bute Dock Company.

1992年に再建された歴史的建造物のノルウェー教会は、現在コンサートや展覧会などを行うアートセンターとなっている。

The Norwegian Church Arts Centre, is a rescued historic wooden church that was rebuilt in 1992 and is as a venue for small concerts, art exhibitions, conferences, meetings and celebrations.

宿泊したPark Plaza Hotel Cardiffは、モダンで広々として居心地のいいホテルで、値段もそんなに高くない。目の前はナイトクラブが集まる通りだけれど、部屋はとても静かで、外の騒音は聞こえない。

Park Plaza Hotel Cardiff where we stayed was a modern and chic hotel with a moderate price and has spacious rooms. It is situated in front of the street with full of night clubs and bars, but the room was very quiet and we didn’t hear any noise from outside.

Franco Manca Pizza @ Westfield Stratford City

ロンドンで美味しいピッツァを探すと必ず出て来るのが、このFranco Manca(フランコ・マンカ→参考:Time Out / Young & Foodish / Zagat)。ロンドン南部Brixton(ブリクストン)にある本店の他、西部のChiswick(チズィック)にも支店があるが、どちらも家から遠いので、ずっと行きそびれていた。それが最近、Westfield Stratford Cityにもテナントとして入っていると知り、オリンピック・パークに来た折り(過去のエントリー)に試してみた。

ウェブサイトによると、Franco Mancaのピッツァは、本場ナポリからやってきたピザ職人の手によって、最低20時間かけてゆっくり発酵させたサワードウを使って、レンガ製薪窯で作られる。トッピングがのった部分だけでなく、小麦粉のナチュラルなアロマが詰まった、ふんわり柔らかく膨れた「Cornicione(コルニチョーネ。イタリア語でピザの端)」も、とても美味しいので、残さないで食べて欲しいとのこと。出てきたピッツァは見た目も麗しく、期待は最高潮に。ナポリの南・サレルノで7月・8月のみ収穫された、缶入りでも冷凍でもないフレッシュなトマトから作られたソースは甘くて美味しい。イタリアのチーズ職人の指導を受けて、イングランド南西部のサマセットにあるAlham Wood Organicsが生産したモッツァレラチーズも柔らかくとろけて、トマトソースとのハーモニーもいい。噂どおり、味は悪くない。悪くないが、期待値があまりにも高かったため、はっきり言って思ったより普通。最近ピッツァの美味しい店を幾つか発見、それらと比べて特段美味しいと思えなかった。混んだショッピングモールというセッティングも心理的に影響したかもしれない。Time Outによると、現在は経営者が変わっているとのこと。それでもロンドンで一番美味しくリーズナブルだと言っているが、もしかしたら味が少し落ちてしまったのかも。

以前はロンドンで美味しいピッツァを探すのに苦労したものだが、今はどこで食べるか迷うほど。ロンドンのピッツァも随分進化したなと嬉しく思う。

Every time I look for good places for pizza, this Franco Manca comes up on search (reference: Time Out / Young & Foodish / Zagat). Other than their original Brixton venue, there is also one in Chiswick, but both of them are too far from us and we had not have a chance to eat so far. However, we happened to know that they opened the new eatery at Westfield Stratford City, so we tried it when I went to see the game at the Olympic Park (see my past entry).

According to their website, their pizza is made from slow-rising sourdough (minimum 20 hours) and is baked in a wood burning brick oven made on site by specialised artisans from Naples. The flour’s natural aroma and moisture is locked in the pizza crust, so even the edge (‘cornicione’ in Italian) is excellent and shouldn’t be discarded, according to them. In fact, the pizza came out from the oven looked very nice, and our expectation reached to the maximum. The sauce made of tomatoes from Salerno (south of Naples), which are picked only July and August and are not canned or frozen, was very fresh and sweet, and had a great harmony with melted Mozzarella cheese produced by Alham Wood Organics in Somerset. Yes it was not bad, but the pizza was just slightly above average – maybe we expected too much or we were psychologically affected by its setting in a shopping mall eating with lots of people. We found several places for good pizza recently and even compared to those, Franco Manca’s was not so special. According to Time Out, the management has changed from the original founders, and taste might have changed, though Time Out believes that Franco Manca is the best and the most reasonably priced pizza in London.

It used to be quite hard for us to find the good pizza in London several years ago, but now we have handful in our list and sometimes we can’t decide where to eat. We are very happy that London’s pizza scene has been improved since!

ピッツァ・マルガリータにアンチョビとケイパーをトッピング / Pizza Margherita plus extra anchovies and capers

Westfield Stratford City

オリンピックのシンクロデュエット決勝を見に行った帰り、オリンピックパーク横にある、昨年9月オープンのヨーロッパ最大のショッピングモール・Westfield Stratford Cityに立ち寄った(過去エントリー参照)。オリンピック開催中だけあって、人混みがすごい。でも、観客がオリンピックにお金を使い過ぎて財布のひもを締めているせいか不況のせいか、各店舗内は意外と空いている。買い物は我慢できても空腹は我慢できないのか、フードコートはさすがに席の奪い合い状態。ショップはありきたりのチェーン店が多いけれど、フードコートは、マクドナルドやスターバックスと言った大型チェーンだけでなく、世界各国の料理を取り揃え、Rosa’sComptoir Libanaisなどの人気店も入居している。

結局この日は観戦疲れ・人疲れして全部見れなかったので、パラリンピック終了後、人気の少ない平日に一度ゆっくり見て回りたい。

I stopped by at the Europe’s biggest shopping center, Westfield Stratford City (see past entry), after attending the synchronized swimming duet final during the Olympics. There was a lot of people, but inside of the stores was rather empty, probably due to the recession or visitors trying to save money after spending a lot for visiting the Olympics. However, there was a war over empty seats here and there at its food court, as people cannot live without eating. The majority of shops at Westfield were boring chains, but it’s worth trying their food court where you can eat wide range of western and ethnic food at London’s popular eateries such as Rosa’s and Comptoir Libanais, not only at mega chains like McDonald’s and Starbucks.

I couldn’t fully enjoy the mall because I was exhausted from watching the game and the large crowd, but I will try again when is less busy during weekdays after the Paralympics.

Westfieldのフードコート。この奥には、オリンピック・パークが見渡せる展望台がある(展望台からの眺め)/ Food court at Westfield, next to the observation platform from where you can overlook the Olympic Park (view from there)

Liberty(リバティ)のオリンピック期間限定ショップ(8月13日〜9月9日)/ Liberty pop-up store, opens during Olympic & Paralympic period (August 13 – September 9)

ストラトフォード駅とWestfieldの間にある、250mの長さのチタン製モニュメント「Stratford Shoal(ストラトフォードの魚群)」。このチタンは何と日本製(読売新聞)/ 250 metre-long titanium sculpture “Stratford Shoal“, placed in between Westfield and Stratford Station.

最寄りのストラトフォード駅 / nearby Stratford Station