Monthly Archives: November 2012

Speakeasy Espresso & Brew Bar @ Lowndes Court, off Carnaby Street

昔、学生だった頃、友人とSpeak Easyというアメリカン・カフェによく通った。先日、カーナビー・ストリートを歩いていたら、横道に同名の店を発見。懐かしさと、「Espresso」という言葉につられて、このお店・Speakeasy Espresso & Brew Barに足を踏み入れた。

今年9月にオープンしたSpeakeasy Espresso & Brew Barは、セントラル・ロンドンのクオリティ・コーヒーショップのネットワークであるCoffeesmiths Collectiveのメンバーで、1階は新鮮な手作りサンドイッチやケーキがカウンターに並ぶエスプレッソ・バー、地下はBrew Bar(brew=コーヒーを淹れる)になっている。Brew Barでは、訓練を受けた知識豊富なバリスタが、ドリップコーヒーやサイフォンモカエキスプレスなど家庭用コーヒー器具を使って、お好みのコーヒーを淹れてくれる。Coffeesmithsによって焙煎されたエスプレッソ・ブレンドに加え、イギリスの有名焙煎業者(ロースター)から仕入れたコーヒー2種類が週代わりで登場。なんと、年に100種類以上の違ったコーヒーが味わえる計算だ。

コーヒーも食べ物も美味しいんだけれど、壁にかけられた絵だけがちょっとね。。。

When I was a student in Japan, I often met up with my friends at an American cafe called “Speak Easy.” I found the place with the same name the other day, when we were on Carnaby Street. I couldn’t resist to take a look at it, with a little bit of sentiment and the word “espresso” in its name.

Split over ground floor and basement, Speakeasy Espresso & Brew Bar is two coffee bars in one: espresso bar upstairs; and a Brew Bar downstairs, where you can enjoy any kind of coffee from filter to syphon and to other home coffee making equipments such as macchinetta, brewed by highly trained and knowledgeable baristas. Opened in September this year, Speakeasy is a part of Coffeesmiths Collective, which is a network of quality coffee shops in Central London. In addition to their espresso blend is roasted by Coffeesmiths, they have two new single estate coffee from some of the UK’s best roasters every week – which means that you can sample hundreds of different coffee each year. Other than quality coffee, they also serve freshly made sandwiches and salad as well as cakes.

Good coffee and good food, but I don’t like the painting hanging on the walls…

Town Hall Hotel @ Patriot Square, Bethnal Green

This Bright Fieldから南へ数分歩くと、エドワード様式の立派な建物が見えてくる。これは2010年にオープンしたTown Hall Hotelで、シンガポール人ホテル実業家のLoh Lik Pengが、以前は区役所として使われていた、1909年建造のこの建物を改装。大理石の床や柱、立派な階段を備えた吹き抜けのロビーの片隅には、ミッド・センチュリー風の椅子が並ぶなど、アールデコ装飾とモダンなインテリアを融合した、優雅なデザインホテルに生まれ変わった。また、ホテル内のパブリック・スペースには、繊細な木版画や鉛筆描きの壁画、ペルシャ絨毯から作られたmoose(アメリカヘラジカ)の頭など、イースト・ロンドンのアーティストの作品が飾られている。

ロンドンに住んでいる人には宿泊する機会がないかもしれないけれど、ホテルには、ポルトガル人シェフ・Nuno Mendesがプロデュースした、ミシュラン一つ星のViajanteともう少しカジュアルなCorner roomという、二つの人気レストランが入っており、多くのグルメたちが訪れる。

部屋については泊まった事がないので、ご興味ある方は、批評家のレビュー(Telegraph/Guardian)と、デザインホテルサイト・Mr & Mrs Smithをチェックしてみて。でも、ホテルのあるエリアは、お世辞にも柄の良いエリアではなく、世界のおもちゃのコレクションを有するV&A Museum of Childhoodと、以前にブログでも取り上げた、いくつかのカフェやレストランしかないので、ロンドン初心者にはあまりお勧めできないかも。

Walking down several minutes to the south from This Bright Field, you will see Town Hall Hotel, opened sometime in 2010 and housed in a grand Edwardian building in Bethnal Green. Singapore hotelier Loh Lik Peng has transformed this former council hall with Art Deco detailing (history of the building) into this elegant boutique hotel, keeping the old charms but adding modern fixtures. The atrium is classic and impressive, with designed marble floors and marble pillars as well as imposing staircases, and also has some contemporary feel with mid-century style chairs for guests to relax. Inside of the hotel’s public spaces, you can see artworks by East London artists, such as delicate woodcuts, murals in pencil, and a mounted moose head made from Persian carpet.

For people who live in London, including us, may not have a chance to sleep in. However, this hotel houses two popular restaurants which are produced by renowned Portuguese chef Nuno Mendes, michelin-stared Viajante and Corner room, that attract many foodie Londoners.

I can’t write about the rooms as I’ve never slept there, so check the critique’s reviews (Telegraph/Guardian) or Boutique hotel site Mr & Mrs Smith if you want to stay. However, the location is not central or sophisticated at all,there is nothing but V&A Museum of Childhood and some hip neighborhood cafés & restaurants, and I am not sure if I want to recommend this hotel to a foreign guest who comes to London for the first time…

80席を有するCouncil Chamber(区議会室)は、上映設備を備え、レクチャーや劇場などイベント会場として使用される。

Council Chamber contains equipment for film screening and can be used as a lecture or theatre style venue for up to 80 people.

Council Chamberの隣のAnte-Chamber

Ante-Chamber, next to Council Chamber

Cambridge Heath Roadに面した、Viajanteレストランへの入口

Entrance to Viajante on Cambridge Heath Road

ホテルの南側にはモダンな建築と赤い煙突

Modern architecture and industrial chimney on the south side of the hotel

This Bright Field @ Cambridge Heath Road, Bethnal Green

今年の夏にオープンした、The Bright Fieldカフェ&レストランは、OmbraHackney BureauHurwundekiなどに続き、イースト・エンドのCambridge Heath Roadに近年誕生したヒップなカフェの一つ。以前お花屋さんだった場所にできたこの店の名前は、Spitalfieldsについて書かれたWilliam Taylorの本のタイトルから取られており、その名「Bright Field」のごとく陽当たりがよく明るい店内は、気取らずシンプルで居心地がいい。店の真ん中に陣取っているオープンキッチンで作られる、朝食&ランチ(月〜金)、ディナー(木〜土)、週末のブランチと、新鮮でハイクオリティだけどイースト・ロンドンお手頃価格の食事は、オープン数ヶ月にして既に大人気。ゆっくり食事したいなら、混雑する時間は避けた方がベター。

食べ物の写真はここ

The Bright Field café/restaurant opened in this summer of 2012, where used to be a florist, I believe. This is a recent addition to the Cambridge Heath Road on East End, where some hip eateries opened recently such as Ombra, Hackney Bureau and Hurwundeki. With its name taken from William Taylor book about Spitalfields, this bright casual-chic café, equipped with a spacious open kitchen visible by customers, has been very popular because of their fresh & high quality food for breakfast & lunch (Mon-Fri), supper (Thu-Sat), and weekend brunch with affordable East End price. If you want to dine relaxingly, avoid the busy time.

photos of their food

カンバーランド・ソーセージ、粒マスタード、トマト・レリッシュHampshire

産watercress(オランダガラシ)入りサンドイッチと、ベーコン、オーガニックの卵から作られたマヨネーズ、アボカドのサンドイッチ(各£6)。美味しかったけれど、お腹ぺこぺこだったので、もう少し大きかったら嬉しかった。

Cumberland sausage, grain mustard, tomato relish, Hampshire watercress sandwich and Sweet cured bacon, organic egg mayonnaise, avocado sandwich (£6 each). Those sandwiches were good but I wish it would be a bit bigger – we were quite hungry!

Food Filosophy Greek Deli @ George Street, off Baker Street

以前はめぼしい店もなく退屈な通りだったBaker Street(Marylebone RoadとOxford Streetの間)近辺に、最近カフェやレストランが新しくオープンしている。ご多分に漏れず、その多くはチェーン店であるが、中には独立系の店もある。Baker Streetを西に入ったGeorge Streetにある、このキュートなギリシャ・デリ&カフェのFood Filosophyもその一つ(名古屋レストランと同じ並び)。手作りのフレッシュなギリシャ料理やサンドイッチ、サラダなど朝食やランチの他(テイクアウトも可)、ギリシャ風スィーツをいただきながらの午後のお茶タイムにも最適。また店内では、ギリシャから輸入した食料品も買える。

Recently many new cafés and eateries have opened on/near Baker Street, between Marylebone Road and Oxford Street, where used to be dull area with nothing much. Most of them are chains, unfortunately, but there are few independent places. One of them is this cute Greek deli & café Food Filosophy on George Street, off Baker Street. They serve a selection of fresh home made Greek dishes, sandwiches and salads for breakfast, lunch, and juice and a cup of tea or coffee for the afternoon break, for eat-in or takeaway. You can also buy quality Greek food products as well.

ランチはお好みのギリシャ料理の盛り合わせ

A plate of mixed Greek dishes of your choice for lunch

William Kentridge: I am not me, the horse is not mine @ Tate Modern

書くのを忘れていたが、テートモダンの「William Klein + Daido Moriyama」展と「A Bit Splash」展を観に行った時、Tanksで最近始まった、南アフリカ出身のアーティスト・William Kentridgeウィリアム・ケントリッジ)のヴィデオ・インスタレーション「I am not me, the horse is not mine」も見た。反アパルトヘイト運動に従事していた弁護士の両親のもとヨハネスブルグで育ったケントリッジは、素描を使ったアニメーション作品などで、時にアパルトヘイトや植民地支配を取り上げている。

I am not Me, the Horse is not Mine」は、ケントリッジがデザインと演出を手がけた、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の上演作品・ドミートリイ・ショスタコーヴィチのオペラ「 The Nose)」から派生した作品で、Tanksの1室のぐるりの壁に、1920〜30年代のソビエト連邦の映像やロシア・アヴァンギャルドの悲惨な結末など、ロシア・モダニズムをテーマにした8つのビデオ(各6分)を同時投影したもの。ロシア構成主義のグラフィックデザイナーの幾何学的抽象作品のパロディーである、切り絵風の人物を使ったアニメーションや、ロシア革命を含む1920〜30年代の写真・映像と、次から次へと変わっていくスクリーンは、見ていて楽しいけれど、正直意味不明。なのでテレグラフ紙の記事を読んでみたが、それでも分からない。意味を考えずに鑑賞するのが正解かも。

I forgot to write, but when we went to see “William Klein + Daido Moriyama” and “A Bit Splash,” we also saw the new video installation “I am not me, the horse is not mine” (till January 20, 2013) by South African artist William Kentridge at the Tanks at Tate Modern. Kentridge grew up in Johannesburg with his parents who were lawyers involved in the anti-apartheid movement, and he often addresses apartheid and colonialism through his animated films using charcoal draw.

I am not Me, the Horse is not Mine” started out as the Metropolitan Opera’s production of Dmitry Shostakovich’s opera, The Nose, which Kentridge designed and directed. It is an eight-channel video installation, projected simultaneously across the walls. Each 6-minute film is played on a continuous loop and contributes layers to a story that references Russian modernism, from Soviet film of the 1920s and 1930s to the calamitous end of the Russian avant-garde. The images change rapidly between animation featuring paper cutout of human figures, parodying the geometric abstraction of Russian Constructivist graphic designers, and old photos and films from the 1920s and 1930s, including of Russian Revolution. It was fun to look at, but I didn’t get what it means. I read the Telegraph article, and I still don’t get it…

Meerkat Polka Band Play Corrie Theme Tune

このビデオ「Meerkat Polka Band Play Corrie Theme Tune(ミーアキャットポルカバンドによるCorrie(イギリスの人気ドラマ・Coronation Streetの愛称)主題歌の演奏)」は、イギリスの価格比較ウェブサイト・comparethemarket.comのテレビ広告シリーズ「Compare the meerkat」の新作。このコマーシャルは、http://www.comparethemeerkat.comの創始者・Aleksandr Orlov(アレクサンドル・オルロフ)という、ロシア貴族のミーアキャットが主人公で、彼の家族や召使い、友人なども登場する。

「Market」と「Meerkat」をかけたこのCMキャンペーンは、2009年1月のオンエア後、ミーアキャットたちのコミカルな演技?とロシア語訛りオルロフのキャッチフレーズ「Simples(注:文法的には間違い)」で大成功。comparethemarket.comは、イギリスで訪問者数4番目の保険会社のウェブサイトとなり、売上げは倍増、2010年にはマーケットシェアが76%にまでなった。現在アレクサンドルは、約80万人のFacebookファン、5万5000人のTwitterフォロワーを持つ人気者。フォトサイト・Flickrで、家族写真も見られる。かなり面白いCMなので、YouTubeの comparethemeerkat.comチャンネルでチェックしてみて。

This funny video of “Meerkat Polka Band Play Corrie Theme Tune” is the latest advert from TV advertising campaign “Compare the meerkat” for a British price comparison website comparethemarket.com. The adverts feature Aleksandr Orlov, a fictional Russian aristcratic meerkat and the founder of http://www.comparethemeerkat.com, together with his servant, family and friends.

The campaign was launched in January 2009, playing on the similarity between the words “Market” and “Meerkat” and with Orlov’s catchphrase ‘Simples’. It has achieved a great success since then and also has contributed to a commercial success for comparethemarket.com to become the UK’s 4th most visited insurance website, and the site’s overall sales doubled. By 2010 the site had increased its market share by 76%. As of today, Aleksandr has more than 800,000 Facebook fans and around 55,000 followers on Twitter, as well as his Flickr gallery for family portraits. The adverts are quite funny, so check out the videos on YouTube’s channel of comparethemeerkat.com.

A Bigger Splash: Painting after Performance @ Tate Modern

テートモダンで「William Klein + Daido Moriyama」を観た後は、1950年以降の絵画とパフォーマンスの関係を考察した、もう一つの特別展「A Bigger Splash: Painting after Performance」へ。展覧会の名前は、デイヴィッド・ホックニーの1967年の作品「A Bigger Splash」から取られており、最初の展示室には、この作品と共にジャクソン・ポロックの「Summertime」が展示されている。アクション・ペインティングの画法で知られるポロックがキャンバスはアクションの場と考えたのに対し、ホックニーは絵画は「架空世界への舞台入口」ととらえており、現代アートの2人の巨匠の違った絵画へのアプローチの対比が興味深い。

展覧会は2部に分かれており、前半では、アクション・ペインティングから始まり、ヘルマン・ニッチュをはじめとするウィーン行動派のパフォーマンスアート、1960年代後半〜70年代の四次元絵画、美とジェンダーに対するステレオタイプへの抗議が高まった70年代に活躍した、シンディ・シャーマンなど「transformer(変形・変化させる人)」たちの作品と、1950年代から80年代初期にかけてのパフォーマンスとアートの関係を探る。後半9室は、アクション・ペインティングやドラァグ、舞台芸術など、前半展示されたアーティスト達の実験的作品にインスピレーションを受けた若い世代のアーティストの作品が展示されている。アーティストは展示順に、Edward Krasinski(写真2枚目)、Marc Camille Chaimowicz(同3枚目)、Joan Jonasジョーン・ジョナス、同4枚目)、Guy de CointetKaren Kilimnikカレン・キリムニック)、IRWINJutta Koether荒川 医、(写真5枚目)Lucy McKenzie(写真最後)。

感想?つまらないの一言。最初のホックニーとポロックの2作品とシンディ・シャーマンの変装写真以外、何も感じないし何も伝わってこない。前半の先駆者達の作品は、私の目には悪趣味に映る物が多いけれど、既成概念をぶち壊そうという気迫が少なくとも感じられるが、後半の若手アーティスト達の作品には、妙に落ち着いていてパワーもエネルギーも感じられない。テートの展覧会では久しぶりのハズレ。

After “William Klein + Daido Moriyama,” we saw another special exhibition running now at Tate Modern, “A Bigger Splash: Painting after Performance,” which explores the relationship between performance and painting since 1950. The exhibition takes its name from David Hockney‘s “A Bigger Splash” (1967, top photo), which is displayed together with Jackson Pollock‘s “Summertime” in the first room, showing two different approaches to painting: a canvas as a field of action for Pollock; and as a theatrical entrance into its fictional world for Hockney.

The exhibition is divided into two parts: the first half studies the relationship between performance and painting from the 1950s to the early 80s. The first part includes action paintings, works by Viennese Actionists using bodily actions, four dimensional painting (late 1960s – 70s), and works by “transformer” artists such as Cindy Sherman during the 1970s when stereotypical ideas of beauty and gender were challenged. In the second part, each room is devoted to a single artist/group of younger generation, whose approach to painting is inspired by their predecessors’ experiments in art form, such as action painting, drag and the idea of the stage set. Total of nine rooms are used for international artists, in order of Edward Krasinski (2nd photo), Marc Camille Chaimowicz (3rd), Joan Jonas (4th), Guy de Cointet, Karen Kilimnik, IRWIN, Jutta Koether, Ei Arakawa (5th photo), and Lucy McKenzie (bottom).

My opinion about the show? Boring. I didn’t feel anything, except the two key works by Hockney and Pollock, and Cindy Sherman’s photos of herself transformed into different characters. Many experimental art or performance art are not to my taste, but the pioneers of these art forms had at least enthusiasm to destroy the convention and to create a new style of art, and I could feel it, but works by younger counterparts don’t carry any passion and spark. It was one of the worst exhibition I have seen at Tate in recent years.

by Edward Krasinski

by Marc Camille Chaimowicz

by Joan Jonas

by Ei Arakawa

by Lucy McKenzie