Category Archives: entertainment

New Penguin Beach @ London Zoo

リージェンツ・パーク内にあるロンドン動物園の「Penguin Beach」が、200万ポンドをかけた改修工事の後、本日8年ぶりに再オープン。計66羽のフンボルトペンギンマカロニペンギンケープペンギン、トビペンギンが、新しい住処にやってきた。→写真はここ

新しい施設は、砂浜と岩場、餌やり中にエサの魚を追いかけて泳ぎ回る様子を観察できる水中観察エリア、そして子ペンギンが泳ぎを練習できるプールを備えた孵化場がある。新しいプールは、ペンギン用のものとしてはイングランド最大で、広さは以前の約4倍、深さも2mと約2倍になった。将来は、約200羽のペンギンをここで飼育する予定。オープンと同時に始まった展示では、ロンドン動物園のペンギン学者が働く、南極の基地のレプリカが見られる。

子供連れはもちろん、ちょっと疲れたなあ、キツいなあと思った時は、愛嬌あふれるペンギンたちの姿を見て、癒されるのもいいかも。

After eight-year closure and £2 million revamp, the new Penguin Beach at London Zoo in Regent’s Park reopened its door to public today. Sixty-six Humboldtmacaroniblack-footed and rock-hopper penguins have moved in to their new territory, and seem to be very happy. → zoo’s photo gallery

The new facility has a sandy beach and rocks, and an underwater viewing area where visitors can watch the birds diving for fish during feeding time, as well as a nursery with a chick incubation unit and a pool where baby penguins can learn how to swim. The new pool is the largest created for penguins in England, which is four times bigger and three times deeper at 2m, than the old one. The Penguin Beach will eventually house 200 penguins. The exhibit also features a replica of the field station in Antarctica, where London Zoo’s penguinologist works.

You can take kids here, or you can come to see these adorable and funny creatures to cheer you up, when you are a bit low or stressed out – it’ll be much cheaper than seeing a therapist and possibly more effective.


Ennio Morricone @ Royal Albert Hall

4月10日、ロイヤル・アルバート・ホールで開催された、イタリア人作曲家・エンニオ・モリコーネのコンサートに行ってきた。最も偉大な映画音楽作曲家の一人とされるモリコーネは、これまでに何と500曲以上もの映画やテレビ音楽を作曲。代表作は「続・夕陽のガンマン」や「荒野の用心棒」、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」等、長年コンビを組んだマカロニ・ウェスタンの名監督・セルジオ・レオーネの作品だが、「エクソシスト2」、「アンタッチャブル」、そして「ニュー・シネマ・パラダイス」など、有名映画の音楽も担当している。映画界における長年の功労を認められ、2007年にはアカデミー賞名誉賞を受賞(5回のノミネートにも関わらず、音楽賞自体は受賞していない)。1928年に名誉賞が創設されて以来、この賞を受賞する2人目の作曲家となった。

モリコーネはイギリスでも名が知られているらしく、このコンサートも最上階の立ち見席(立ち見席でも£40もする)を除いて、チケットは売り切れ。私たちは数日前にチケットを買ったものだから、後ろのコーラス席しか席が取れなかったけれど、このコーラス席がなかなか掘り出し物。オーケストラ(The Roma Sinfonietta Orchestra)の裏側で、ステージに近く、演奏が間近に見える。指揮をしていたモリコーネの顔も見れたし、すぐ斜め前ではコーラスを務めたThe Crouch End Festival Chorusが歌っていて、迫力満点。この日は、セルジオ・レオーネの作品をはじめ、モリコーネの代表作を披露、アンコールも数曲ついて、拍手、口笛、地団駄と満員の観客も大喜びで、かなり盛り上がった。

私たちがロンドンでモリコーネのコンサートに行ったのは2度目。前回も同じくロイヤル・アルバート・ホールで、2007年11月のモリコーネの75歳の誕生日の記念コンサートだった。モリコーネも今年で82歳。矍鑠としていて、歳を感じさせない指揮ぶりだったけれど、もうロンドンではコンサートは見れない気がする。ちなみに私たちがロイヤル・アルバート・ホールに行ったのも、この2回のみ。家から遠いから、スケジュールを気にかけていなかった。椅子は座り心地が悪いし、前の席とのスペースも小さいけれど、やっぱりロンドンを代表するホールは、格式があっていい。今年は、ロンドンの夏の風物詩・プロムス(The Proms)にでも行ってみようかな。

We went to Italian composer Ennio Morricone‘s concert at Royal Albert Hall on April 10th. Considered as one of the most influential film composers, Morricone has composed and arranged scores for more than 500 film and television productions. Morricone is known for his characteristic film scores of Sergio Leone‘s Spaghetti Westerns such as A Fistful of DollarsThe Good, the Bad and the Ugly and Once Upon a Time in the West, but also wrote film scores for other popular movies like Exorcist II: The HereticBrian De Palma‘s The Untouchables, Giuseppe Tornatore‘s tear jerking Cinema ParadisoHe received the Honorary Academy Award in 2007 for his magnificent and multifaceted contributions to the art of film music, but he has never won any Academy Awards for Best Music, though he has been nominated for five times. He was the second composer to receive this award after its introduction in 1928.

It seems that Morricone is pretty much loved in UK as well, and the tickets were sold out as of the day before the concert, except standing seats on the top floor (and it cost £40!). We bought our tickets few days before the concert and there were only few Chorus seats left. However, these seats we got were not bad at all. It was on the back of the orchestra (The Roma Sinfonietta Orchestra) and we could see the performance quite well. Morricone was facing to us and the Crouch End Festival Chorus, the Choir of the night, was singing just in front of us. In the concert, Morricone performed his classic film soundtracks, including some of Sergio Leone’s spaghetti westerns, as well as several encore scores such as tear-jerking New Cinema Paradise. The concert was quite successful and audiences were excited – clapping hands, whistling, and stamping at the end.

This was the second time that we went to Morricone’s concert. The last time was at the Royal Albert Hall as well, in November 2003, for his 75th birthday memorial concert. He is going to be 82 years old this year, and though he was in a quite good shape but I am afraid that we may not be able to see him here in London again. This was also the second time to come to the Royal Albert Hall, as the hall is a bit far from home and we didn’t check the schedule much. But the hall is magnificent and love to come back more often, though their seats are not comfortable and the legroom is small for modern men’s body size. Maybe try to come for annual summer concert series the Proms this year.

休憩の合間は、お決まりの飲み物(アルコールが主)。会場は満員なのに、カウンターには1人ずつしか担当がいなくて、長蛇の列。列に慣れているイギリス人らしく、皆、忍耐強く待っている。Mは、ソビエト時代の食料品店の列のようだと、いつも文句を言う。

A long queue for a drink during an intermission. Though the hall was full, there was only one person working behind each counter. People were patiently waiting for their turn, as British are quite used to queuing. M always complains that it is like a bakery during Soviet Union era.

Reblog this post [with Zemanta]

BBC Concert Orchestra – Discovering Music: The Rise of Minimalism

BBCのTVやラジオの番組の無料観覧に申し込む、なんて今まで全く思いつかなかったのだが、以前友人が誘ってくれた、BBCラジオ収録用クラシック音楽のコンサートに同行させてもらい、無料でこんなにちゃんとした音楽を楽しめるなんて、なかなか使えるなと感心したのだった。チケットの申し込みは、ウェブサイト、電話、ファックス、テキストメッセージ、そして郵送で受け付けている。でも同じことを考える人はたくさんいるもので、すでに定員に達してる番組も多い。メーリングリストに登録すれば、興味のある番組やイベント情報がメールで送られてくるので、お目当ての番組には速攻申し込むのが大事。BBCは定員以上の数を受け付けるので、必ずしも席が確保されているわけではなく早い者勝ち、当日は1時間以上前に到着して、並ばなければならない。

昨日も、その友人に譲ってもらったチケットで、サウスバンク・センター内のQueen Elizabeth Hall(クイーン・エリザベス・ホール)で行われた、BBC Radio 3の「Discovering Music」シリーズの「The Rise of Minimalism」収録に行ってきた。Discovering Musicシリーズは、毎回違ったテーマの音楽を解説する番組で、この日も約2時間半に渡り、指揮者のCharles Hazlewoodが、BBC Concert Orchestraの生演奏や録音した曲を交えながら、ミニマル・ミュージックの歴史やその代表的な作曲家と曲目を詳しく解説。Mがフィリップ・グラススティーヴ・ライヒのファンで、コンサートには何度か行っているのだけれど、この日までミニマル・ミュージックについては基本的な知識しかなかった。ミニマル・ミュージックの特徴である、微妙な変化を加えながら延々と続くリズムの反復に、時にふっと意識がなくなったりした瞬間もあったけれど、解説付きだと、そのジャンルや曲に対する関心も増すもので、とても興味深く聞いた。またこの収録に際して作られた、代表的な作曲家を詳しく解説した20ページに及ぶパンフレットも、ミニマリズムのスタイルでかっこよくデザインされている。

BBC Concert Orchestraによる演奏曲目は、フィリップ・グラスの「The Hours(めぐりあう時間たち)」のサウンドトラック(抜粋)や「Two Pages」、エリック・サティの「ヴェクサシオン(嫌がらせ)」(抜粋)、モートン・フェルドマンの「Structures’ for string quartet」、スティーヴ・ライヒの「ヴァイオリン・フェイズ」など。そしてトリは、この日のメインである、約40分に渡るテリー・ライリーの「In C」。まだオンエアの日程は決まっていなそうだが、放送日が分かったら、是非もう一度聞きたいと思っている。

I had never thought and had no clue about participating a BBC TV or radio program as an audience. But my friend took me to one of the classical music concert recording for BBC radio a while ago, and I was kind of impressed that we could enjoy such a decent live music concert for free. Application of free tickets can be done via online, by phone, fax, text, or mail. Tickets for popular programs can be sold out quickly, so it is a good idea to join their mailing list that send you program and event information via e-mail, and apply the ticket of your choice right away. BBC issues tickets more than its capacity, so you have to come to a venue more than 1 hour earlier of the start and be on the queue to secure your seat on the day of the recording.

I went to another recording of BBC Radio 3’s “Discovering Music: The Rise of Minimalism” program yesterday at Queen Elizabeth Hall in Southbank Centre, since my friend couldn’t make it and gave me the ticket. “Discovering Music” series explores pieces of music in detail. During the 2.5-hour recording, conductor Charles Hazlewood explored the history of Minimalist music and main composers and their works, with performance by the BBC Concert Orchestra and recorded music in between. I went to Philip Glass and Steve Reich concerts sometimes, since M is a big fun of these two minimalist composers, but I had very basic knowledge about minimalist music before this recording. The repetition-based minimalist music with slow transformation sometime made me loose consciousness few times, but it was quite intriguing with detailed explanation of the music and live performance followed. Also the 20-pages program brochure made for the recording with detailed information about minimalist composers, is well designed with the minimalist style.

The list of music in the recording includes; Philip Glass‘s Suite from the movie ‘The Hours‘ (excerpt) and ‘Two Pages'; Erik Satie‘s ‘Vexations‘ (excerpt); Morton Feldman‘s ‘Structures’ for string quartet; Steve Reich‘s ‘Violin Phase'; and ended with the day’s main music, Terry Riley‘s ‘In C‘. The broadcast of the program is not decided yet, but I would love to listen again if I can get the date.

コンサート前の様子。演奏中は撮影禁止。席は選べないけれど、運良く前から4列目のど真ん中に座れ、迫力満点。

A photo before the concert. Photo is prohibited during the performance. I couldn’t chose the seat but we were lucky enough to get the seats in the middle of 4th row.

テリー・ライリーの格好は(写真上)、ミニマリズムと言うより、アメリカ西海岸ヒッピー。。。

Terry Riley (the photo above) looks more like an American west coast hippie than a minimalist…

Reblog this post [with Zemanta]

Handel’s Messiah @ English National Opera

English National Opera(イングリッシュ・ナショナル・オペラ/ENO)で、ヘンデルメサイアMessiah)を観た。イエス・キリストの生涯を描いたオラトリオの名作・メサイアは、もともとオペラの楽曲ではないのだが、気鋭の演出家・Deborah Warner(デボラ・ワーナー)によって、現代社会を舞台に、ダンスを取り入れたユニークなオペラ作品に仕上がった。衣装も小物も現代風、時折舞台後方のスクリーンに宗教画が映されたり、キリスト教の儀式に使われる小道具が劇中に出てくる程度で、キリストの物語にも関わらず宗教色は強くない。ティーンエイジャーの妊娠はマリアの処女懐胎、天使が羊飼いにキリスト降誕を告げる場面は、お遊戯会で子供たちがその場面を演じる形に、キリストの刑シーンは、若者の喧嘩に変えるなど、原作と繋がりを持たせようとしているが、ちょっと無理があるかも。キリスト教の学校に行っていたので、ある程度の知識はあるのだが、舞台上で起こってることと音楽とどう繋がりがあるのか分からず、後でタイムズ紙のレビューを読んで、ああそういうことだったのかと得心した。

問題は、子役たち。6歳の男の子が常に舞台に出て来て歩き回ったり、握手して回ったりと、彼のせいではないのだが、ちょろちょろされると気が散る。また、学芸会のシーンでは、ウィーン少年合唱団の少年のように澄んだ歌声のソロはとても良かったけれど、それ以外はガキどもが飛んだり跳ねたりしていたり、その姿を親がカメラやビデオカメラを手に撮影しまくったりと、かなり目障りだった。メサイアでは、オペラ歌手以外に、ダンサーを含む44人ものエキストラが使われていたという。セットを出し入れしたり、ただ単に立っていたり寝転がってるだけの人もいて、山も枯れ木のにぎわいじゃないけれど、たくさん人を配置すればいいってものでもないような気がするのだが。

でも、ヘンデルやバロック音楽が好きなので、音楽は楽しめた。ヘンデルを得意とする指揮者のLaurence Cummings(ローレンス・カミングス)率いるオーケストラの演奏はそつがなかったし、ソプラノ、アルトの女性歌手たちの声も素晴らしかった。また、スクリーンに投影された現代社会を表わすビデオ映像(人々がエレベーターを行ったり来たりする場面や工事用クレーンのシルエットなど)や、最終パートで舞台一面に並べられた透明な棺桶など、Tom Pye(トム・パイ)が担当したシンプルでモダンな舞台デザインも、なかなか上出来。今回、イブニング・スタンダード紙割引で、何と£71の席が£10になったので、充分観に行った価値はあった。でもこれが定価だったら、ちょっともったいないと思うかも。

We saw Handel‘s Messiah at the English National Opera (ENO). Messiah was not written for opera, but the director Deborah Warner transforms this oratorio masterpiece into an unique opera work, setting in modern urban life and taking in dance elements. The opera seems to reduce religion to a minimum – costumes and stage sets are modern, except the religious arts occasionally projected on screens and some ceremonial objects used in some scenes. The director tries to make a connection between the original story and this opera, but the attempt unfortunately doesn’t not really work well and quite cheesy: the Virgin Birth becomes teenage pregnancy, the meeting of shepherds and angels is turned into a school nativity play, and Christ’s scourging and Crucifixion translate into a fight among youths. I went to a Protestant school and know a bit about the life of Jesus Christ, but I barely understood the relationship between the music and what was going on on the stage. I figured out the meaning of some scenes after I came back home and read the review by the Times.

The biggest problem for me was the kids in the opera – I know it is not their fault but it was just annoying. A 6 year-old boy was almost always on the stage, walking around, running or sitting down, and it was very distracting. The scene of school play was really irritating as well, except a song by a boy with beautiful clear voice: the kids jumped up and down and the parents took a pictures or filmed with camcorders. It is reported that the opera uses 44 extras other than singers, including dancers. Some people just stand up or lie down – is it really necessary to put useless people on the stage??

However I I like Handel and Baroque music and enjoyed the music a lot: the Handel specialist conductor Laurence Cummings led the orchestra beautifully and voices of the two female soprano and alto singers were truly graceful. The modern and simple stage sets designed by Tom Pye were interesting, such as video footage of modern society (people going up and down on an elevator, or silhouettes of moving cranes) and transparent coffins placed all over the stage at the final part. We got a ticket, original price of £71 for only £10 with Evening Standard promotion – so it was really worth going. But I  would be upset if I paid £71 for the opera…

Reblog this post [with Zemanta]

Confluence: Akram Khan & Nitin Sawhney @ Sadler’s Wells

 

ダンスがメインの劇場、Sadler’s Wells Theatre(サドラーズ・ウェルズ劇場)で開催中のSvapnagata Festivalの演目、「Akram Khan & Nitin Sawhney: Confluence」を見た。友人が、一緒に見る予定だった人が突然来れなくなったというので、講演の前日に誘ってくれたのだ。前から数列目と言うとても良い席で、パフォーマンスを目の当たりにできた。

Svapnagata(サンスクリット語で「Dreaming(夢見ている)」の意) Festivalは、2週間に及ぶインド音楽とダンスのフェスティバル。Confluence(26〜28日)はそのトリを務める公演で、世界初演となる。Confluence(合流、群衆、集合)は、Zero Degreesゼロ度・2005年)やBahok(バホーク・2008年)でも共作した、バングラデシュ系イギリス人のダンサー/振付師であるAkram Khanアクラム・カーン)とインド系イギリス人の作曲家・Nitin Sawhneyニティン・ソーニー)がコラボ。彼らのルーツである南アジアの文化的・精神的影響を探る作品だ。

ゼロ度は、私たちの好きなイギリス人アーティスト・アントニー・ゴームリーが製作した人形を舞台で使っているというので、同じくサドラーズ・ウェルズで見たのだが、その時に、カーンのダンスに初めて出会った。Confluenceでも彼の魅力は充分生かされ、北インドの古典舞踊カタック(Kathak)の踊り手でもあるカーンの、しなやかで力強いダンス、流れるような手の動き、ぶれない高速旋回、そして足に鈴をつけて踊るカタックの見事なステップが、半透明のスクリーンに幽玄的にぼんやりと浮かび上がる、スクリーンの後ろで演奏するミュージシャンたちの奏でるソーニーの美しい音楽と見事にマッチしていて、観客を魅惑・熱狂させた。古典舞踊とコンテンポラリー・ダンス、そして伝統的音楽と現代音楽を融合させた、素晴らしいパフォーマンスだった。残念だったのは、1時間ちょっとという短い公演時間。もっと見たかった!

I went to see “Akram Khan & Nitin Sawhney: Confluence“, a part of Svapnagata (meaning ‘dreaming’ in Sanskrit) Festival, two-week festival of Indian music and dance, at the Sadler’s Wells Theatre which specialises in dance. My friend asked me to join her the day before, as she got a spare ticket because her friend couldn’t make it. She got great seats which were only few rows away from the stage and we could see the performance up close.

Confluence (Nov 26 to 28), which was the festival’s climaxes and its world premiere, is a joint creation by Bangladeshi-British dancer/choreographer Akram Khan and Indian British composer Nitin Sawhney, who also previously collaborated in Zero Degrees and Bahok. In Confluence, Khan and Sawhney explore their cultural and psychological mix of influences.

I went to see Zero Degrees at the Sadler’s Wells because British Artist Antony Gormley was also involved in the creation, and it was my first experience with Khan’s mesmerizing dance. Khan, also a dancer of Northern Indian classical dance Kathak, showed us his elastic but powerful dance, streaming hand movements, stable high-speed turns, and beautiful steps of Kathak and the sound of the bells worn around his ankles, and these perfectly matched with Sawhney’s beautiful music on its simple stage. The scenes that silhouettes of musicians who were playing behind the screen came to dimly appear through the thin screen was pretty mysterious. It was a stunning performance which mixed classical Indian dance / contemporary dance and traditional music / modern music, and excited the audiences. I wish the performance was a bit longer (it was only 1 hour and 15 min)!

photo: Morley von Sternburg

photo: Morley von Sternburg

Reblog this post [with Zemanta]