Category Archives: food

Lina Stores Italian Deli @ Brewer Street, SOHO

Lina Storesは、Sexショップに囲まれたソーホーのど真ん中、Brewer Streetで、1930年代よりイタリアの食料品を扱う老舗店。私たちがロンドンに来てから約10年、リトル・イタリーと呼ばれるクラーケンウェルのTerroniGazzano’s、そして今は閉店してしまったエンジェルのOlga storesとともに、Mがイタリアの味が恋しくなる度に足を運ぶ店の一つ。この1、2年の間に、Lina storesはお化粧直しをして、家族経営の飾り気のない食料品店から、ポッシュでレトロかつ洗練されたデリに生まれ変わった。今はビニール袋の代わりに、ペパーミントグリーンと白のストライプの可愛い紙袋を使い、軽食を食べたりエスプレッソを飲める立ち飲み用テーブルも加わった。

ここには、イタリア料理に必要なベーシックなものは大体揃っている。カウンターには美味しそうな生ハムやサラミ、オリーブ、チーズや手作りパスタソース、そしてフレッシュパスタやラビオリなどが並ぶ。天井まで届く棚には、イタリアから輸入したドライパスタや、缶詰めや瓶詰めの食品、ビスケット等がずらり。改装費を穴埋めするためか、値段は上がったような気がするけれど、それでもイギリス人経営の店よりは、イタリアの食料品に関してはリーズナブルだと思う。この日も、Mは大きな紙袋一杯の食べ物を買い満足顔。パンはフレッシュで美味しかったけれど、ほうれん草とリコッタチーズのラビオリは何故か少し漂白剤の香りが。味も思ったより美味しくなかった。一度、Gazzano’sで買ったトルテリーニでも、少し悪くなりかけていたのか、食後にMが腹痛を起こしたことがあった。フレッシュパスタは新鮮さが大事だけれど、あいにくカウンターで売られているものは賞味期限も生産日も書かれていないから、見分けるのは難しい。

Lina Stores has been selling Italian food since 1930s on Brewer Street, in the middle of SOHO’s red-light district. Since we arrived in London about 10 years ago, Lina stores is one of several Italian groceries M shops every now and then when he needs his fix, as well as Terroni and Gazzano’s in Clerkenwell and Angel’s Olga stores which now closed. The store got make-over some time in last 1 or 2 years, and has changed from no-frill family-run grocery to posh deli with retro feel. Now they use cute peppermint green x white striped paper carry bags (you can see it in a photo on the bottom) instead of a plastic bag, and a standing table is added for a quick snack or a cup of espresso. Good job.

You can find almost all basic items for Italian cooking. The deli counters holds gorgeous looking prosciutto and salamis, olives, cheeses, homemade pasta sauces, as well as fresh pastas and ravioli. Floor-to-ceiling cupboards are filled with imported products from Italy such as dried pasta, tin and can food, biscuits and others. As they paid the bill for this nice renovation bill, the price seems to have gone up a bit, but still more reasonable than other British-owned shops for Italian food. We bought a large bag full of food the other day. The bread was very good, but the ravioli with spinach and ricotta smelled like chlorine, and taste was disappointing. This sort of things happened when we bought tortelloni from Gazzano’s and M got stomach problem after eating – I guess filled pasta have to be very fresh, but there is no date of produce and how can we know??

Scores on the Doors: Food Hygiene Rating

それまで冬にしては暖かい天候が続いていたが、2月になって急激に冷え込んだイギリス。でも、昨日はエリザベス女王の即位60周年を祝うDiamond Jubilee(ダイアモンド・ジュビリー)、そして今日はチャールズ・ディケンズの生誕200周年記念と、お祝いムードに包まれている。

これらの祝事とは全く関係ないが、上の写真は、Food Standards Agency(FSA/ 食品基準庁)が地方公共団体と組み、レストラン、パブ、カフェ、テークアウト店、ホテル、スーパー、食料品店など食べ物関連ビジネスを対象に行っている、Food Hygiene Rating Scheme(FHRS / 食品衛生評価スキーム。スコットランドではFood Hygiene Information scheme / FHISと呼ばれる)の結果を示すステッカー。「0(至急改善を要する)〜5(大変良い)までの6段階評価で示される。Scores on the Doors」とも呼ばれるように、結果は店のドアやウィンドウに貼られたステッカーや証明書で知ることが出来るが(ステッカーや証明書をディスプレイする事が奨励されている)、2010年10月に立ち上げられたウェブサイトでも検索可能。今まで全く気づかなかったが、今日、ランチを食べに行ったレストランで初めて目に留まった。

このスキームは義務ではなく、地方公共団体は参加するか否か決める権利があるので、必ずしも全ての市町村で実行されている訳ではなく、独自のスキームを取り入れているところもあるが、FSAウェブサイトによると、FHRSを行う市町村は2012年夏には約95%に達する見込みだそうだ。

このような衛生状態の評価システムは、約10年ちょっと前、ロスに滞在している時に初めて見た(参考サイト)。ニューヨークも2010年に同様のシステムを導入している(AFP記事)。アメリカのシステムは、数字ではなくAからCのアルファベットで評価され、ステッカーは評価ごとに色分けされ大きく印字されているので、遠くからでもよく見える(写真:NYC / LA)。だから、ロンドンでは今まで気づかなかったんだ。

It’s been freezing cold from the beginning of February, after mild winter weather in UK. However, (some) people are in party mood, beating freeze, with celebrations of Queen’s Diamond Jubilee yesterday, and today, 200th anniversary of Charles Dickens’ birth.

The photo above is nothing to do with either celebration, but is the sticker showing the hygiene standards of restaurants, pubs, cafés, takeaways, hotels as well as supermarkets and food shops, rated by the Food Standards Agency (FSA) in partnership with local authorities under the national Food Hygiene Rating Scheme (FHRS. Food Hygiene Information scheme or FHIS for Scotland). The business is rated under a 6-tier system: from 0 (urgent improvement necessary) to 5 (very good). As it is called “Scores on the Doors“, you can see the rating on a sticker in the window or on the door or a certificate on display (businesses are encouraged to display these stickers and certificates at their premises), but you can also search online at the FSA website, launched in October 2010. I’ve never noticed this, but  for the first time, I paid attention to the sticker on the door of the café we had lunch today.

It is not mandatory for local authorities to take part, so this is not practiced in all the areas and some local authorities choose to run their own ‘local schemes’. But by summer 2012, it is expected that approximately 95% of UK authorities will use the FHRS (FHIS in Scotland).

I saw this sort of sanitary ratings first when I visited Los Angeles about 10 years ago (more information here). New York City also introduced similar system (NY Times) in 2010. American system is rated with alphabet, from A to C (LA scheme / NYC scheme), and display with color-coded big letter, so that I can see it even from far (photos: NYC / LA). That’s why I have never noticed in London, with these small numbers!

Marks & Spencer Scottish Shortbread Tin

最近、マークス&スペンサーストアブランドのパッケージデザインが可愛い(また追々紹介します)。ちょっとレトロなデザインのクリスマス用缶入りビスケット各種(参考:gumo gazette)もよくできていて、プレゼントやパーティの手みやげに最適。この、ロンドン名物2階建てバスをモチーフにした缶入りビスケットは、スコットランド発祥の伝統菓子・Shortbread(ショートブレッド)3種27個入りで、お値段は£8。イラストを描いたのは、イラストレーターのPhil Hankinson(フィル・ハンキンソン)氏。そのレトロでクラシックな画風は、チェコスロバキアの絵本作家・Miroslav Sasekミロスラフ・サセック)の名作「This is London」(1959年)を彷彿させる。中のビスケットを食べ終わっても、小物入れとして使えそう。ロンドンのお土産にもぴったり。

Recently package design of Marks & Spencer‘s store brands has improved (I will talk more later). Retro-feel Christmas biscuit tins is well-done (reference: gumo gazette), and is good for a present and gift. This tin box with London’s famous double-decker contains a selection of 27 shortbreads in 3 varieties, and costs £8. The package was designed by illustrator Phil Hankinson, and the his style resembles the old classic “This is London” (1959) by Czech illustrator and auther, Miroslav Sasek. You can re-use the tin box after finishing all biscuits, and this is a great souvenir of London as well.

Jamie Oliver x Young’s “Sustainable” Frozen Fish Range

またまたジェイミー・オリヴァー登場。テレビ番組、コマーシャル、レストランと、うんざりするぐらい、そこらじゅうにジェイミーがはびこっている。11年続いた大手スーパーマーケット・チェーン、セインズベリーの広告塔役が今年のクリスマスシーズンに終了すると思ったら、早速、シーフード食品メーカーのYoung’sという新しいパートナーを見つけたみたい。

9月発売開始のこのジェイミーの冷凍シーフード製品、今安売り中なので、試しに買ってみた。彼の初の冷凍食品シリーズは現在、fishcake(フィッシュケーキ:魚入りコロッケみたいなもの)5種、fish finger(フィッシュ・フィンガー:マックのフィレオフィッシュの細長い指サイズ版)1種、そしてfish pie(フィッシュ・パイ:パイクラストを使わない、魚入りパイ)3種の計9商品。セールスポイントは、伝統的食材のhaddock(ハドック)やcod(タラ)に変え、 これまであまり利用されていなかったpollock(ポラック)やwhiting(ホワイティング)など、「sustainable(持続可能)」な魚を使用していること。ヘルシーな食生活普及のため、イギリスのみならずアメリカでもお節介を焼いてきたジェイミー、新たな布教活動に取り組むのはいいが、お味の方は残念な仕上がり。味がなく、魚のうまみが感じられない。お値段は安いが、サイズも小さい。あのジェイミー様をもってしても、安価でクオリティの高い食品を作り出すのは容易くないと言うことか。

Here is Jamie, the king of food, again. He is all over the place, from TV program and advert to his spurning restaurants. He will be leaving Sainsbury’s advert with his last appearance for this Christmas, after 11-year partnership with the supermarket chain. But he already found a new partner, Young’s seafood, so you won’t miss him.

Jamie’s frozen fish range, came out in September, have been on offer and I purchased some to try. His first range of branded frozen seafood makes up of 9 products at this moment; 5 fishcakes, 1 fish fingers, and 3 fish pies. The selling point of the range is that those have been sourced from sustainable and under-utilised alternatives to traditional haddock and cod, including pollock and whiting. Goody-goody Jamie who is obsessed with healthy eating, preaching people in UK as well as USA to eat well, is doing another good deed; sustainable and healthy. OK, his ambition is great, but the tastes were rather disappointing. Bland. No flavour, no taste of fish. Small price but small size. To make a good & healthy food for cheap doesn’t seem to be easy, even for mighty Jamie.

Takeaway/Delivery Food Revolution

先週末のThe Sunday Times(サンデー・タイムズ)付録の雑誌「STYLE」の記事によると、イギリスでは今、テークアウト&デリバリー革命が起きているという(タイムズのオンライン記事は有料なのでリンク不可)。少し大げさな表現だけれど、かつてデリバリーやテークアウトと言えば、ピザやチャイニーズ、ケバブと言ったチープで不健康な食べ物というイメージがあったが、不況の影響か、最近ハイクオリティ・フードも市場に参入してきた。The Ivy、Le Caprice、Scott’sなどを展開する高級レストラングループのCaprice Holdingsは最近テークアウトをも始め、その値段はレストラン価格の3分の1ほどだという。また、日本食の有名店・Nobuも、持ち帰り用手作り寿司ボックス(12人分£528.75!)を今月から始める。コンテンポラリー・アジアン・レストランXOは、近くにあるデリXO to GOで、温めるだけの持ち帰りメニューを扱う。

また、9月12日にスタートしたばかりのHousebites.comは、近くに住むシェフが自分のキッチンで調理した食べ物を配達してくれるというユニークなサービス。郵便番号を入力すると、配達可能エリアのシェフが調理中のメニューが写真付きで出るので、オーダーしたい料理と希望配達時間を選び、オンラインで決済。後は注文が届けられるのを待つだけ。シェフと言っても、プロの料理人から、料理が得意な素人まで様々。顔写真をクリックすると、プロフィールと利用者のレビューが見られる(今は始まったばかりでレビューはほとんどない)。試しに自分の郵便番号を入れてみる。始まったばかりのサービスだからか、出てきたのはシェフ3人だけ。でもその中の1人のパエリアが美味しそう。

でも、プロの味まで家にいながら味わえるようになると、特に冬なんか、ますます出不精になりそうだなあ。

I read the article about recent changes in take-out/delivery food market in UK on the last weekend’s Sunday Times ‘STYLE’ magazine (I can’t link the article as the Times charges you to read online article). Before, takeaway food meant cheap and often unhealthy food such as pizza, Chinese and Kebab, but now high quality food is also available on the market, as byproduct of the recent recession. Caprice Holdings fine-dining chain that owns The Ivy, Rivington Grill, Le Caprice and Scott’s, now offers their food for takeaway, with the the price of a third of the restaurants’. Posh Japanese Nobu launches takeaway Tedukuri (=make your own) Sushi Box (£528.75!! For up to 12 people) this month. Contemporary pan-Asian restaurant XO sells “Ready to Heat” food at a nearby deli XO to GO.

On the other hand, Housebites.com, just started few days ago, offers a unique system to connect customers and chefs in the local area. The system is simple; enter your postcode, browse and choose from the menus by chef in your area as well as delivery slot, and pay online. That’s it. Just wait your food to arrive at your doorstep. These ‘chef’ can be experienced professional chef or just a great cook providing delicious meals to friends and family. Click a photo, and you will get the chef’s profile and customers’ review, though there in almost no reviews now because the service is just started. I put my postcode as a test. I got 3 chefs around my area – paellas cooked by one of them looked delicious.

I am already a stay-at-home type, and if I can have even meals prepared by professional at home, I would never go out!!

Pasta, the Most Favorite Food in the ‘World’

昨日発表された、17カ国で行われたオックスファムの調査によると、パスタが肉やご飯類、ピザを敗って、世界で最も人気のある食べ物No.1の座に輝いたそうだ。ちなみにイギリスは、ステーキ、パスタ、チキンの順。オーストラリアではチョコレートが第一位で、唯一甘いものがランクインした国だと言うのが興味深い。世界約200カ国中たった17カ国、しかも中近東や多くのアジア諸国を含まない調査の結果を元に、「世界で」最も人気がある食べ物と言うにふさわしいか疑問だが、確かにパスタが嫌いと言う人には未だに会った事がない。BBCの記事によると、パスタが安価で融通が利き、便利だからだと言う。そして簡単に持ち運びが出来て保存が利くことが人気の理由だと言う。

イギリス人レストラン批評家のGiles Coren(ジャイルズ・コーレン)は、パスタのことを「過大評価された、gloppy(ふにゃふにゃした、柔らかい)物体で(彼は「アルデンテ」を知らないのか?)、お子チャマ向けの食べ物」、そして「貧乏な人たちの食べ物で洗練されていず、パンと同じようなもの」だと、こき下ろしている。パスタがお子様の食べ物だなんて、フランス人しか言わないと思ってた!こう言う物言いをするから、私は一般的にイギリスのレストラン批評家が嫌いなのだ。彼らはとにかく、辛辣で傲慢、意地悪であればあるほどカッコいいと思っているか、その発言によって注目を集めようとしている気がしてムカつくのだ。彼が言うのがある種のパスタ、ハインツの缶入りパスタとか、テスコのVALUEブランド(テスコブランドの中で割安のもの)のパスタにパスタソース、とかなら分かる。それにイギリスで美味しいパスタ料理を出す店が少ないのも確かだ。

大のパスタファンの私は、彼のコメントは断じて看過できない。私はパスタはとてもクリエイティブな料理だと思う。地方によって家庭によって、数えきれないぐらい多くの種類のパスタソースがあり、材料や調味料を選んでオリジナルのソースを作ることも出来る。パスタと一口に言ってもイタリアには約600種類のパスタがあり、どのソースにどのパスタを合わせるのかも重要なのだ。一般的にパスタは安いけれど、高品質のものは値も張るし、白トリュフなど高価な材料を使うパスタもあるので、貧乏人の食べ物と言うのも無理がある。パンと同等、という下りだが、ソースなしの素パスタを食べるなら、パンもパスタも同じ炭水化物だけれど、そんな人はほとんどいないだろう。

話は逸れるけれど、パスタを食べると太ると信じているイギリス人は多い。確かに大皿で生クリーム入りの似非カルボナーラ(本物のカルボナーラは生クリームを使わない)などを食べたら太るだろうけれど、新鮮でヘルシーな材料を使ったパスタを適量食べる分には問題はない。そもそも、イタリア人に比べ、イギリス人の方が肥満度が高いのだから、彼らの好物のラードを使ったパイやチップス(ポテトフライ)を避ける方が賢明だと思うんだけど。

Pasta is ranked on the top of the list of the most favourite food in the ‘world,’ beating meat or rice dishes and pizza, in a new global survey by Oxfam announced yesterday. In UK, pasta came second after steak, and chicken is the third. Interestingly the most popular food in Australia is chocolate, and it is the only country with sweet on its ranking. I am not sure if it is right to call the result as “world’s favorite foods”, by conducting the survey in only 17 countries among 200 countries in the world, missing out all middle eastern countries and most east Asian countries. However, I have never met anyone hates pasta, and the result would be the same if they do more large scale survey. Pasta is popular across the globe because it’s cheap, versatile and convenient, according to the BBC article. It’s easy to transport and has a long shelf life.

But British food critic Giles Coren described pasta as “overrated gloppy stuff” (doesn’t he know ‘al dente’?!) that appeals only to children. He said, “it’s poor people’s food. It’s unsophisticated. It’s the same as bread”. I thought only French think that pasta is for a kid! This kind of comment is the reason why I don’t like British food critics in general, including him and AA Gill. For some reason, they believe that more sarcastic, arrogant, and obnoxious the better, so they can get attention (or they want to believe that they are superior than us). He seems to think about only certain kinds of pasta – Heinz pasta in a tin or Tesco value range spaghetti with Tesco value Bolognese sauce. It is true that there aren’t many restaurants in UK who make great pasta dishes and this doesn’t help to overturn his comment either.

I am a big pasta lover and can’t overlook his horrible comment. I believe that pasta can be creative and sophisticated. There are almost indefinite kinds of sauces inside and outside Italy, and you can create your original by picking ingredients and seasoning. There are 600 different types and shapes of pasta in Italy and a choice of pasta for a specific sauce is important. A pack of pasta in a supermarket may be cheap, but good quality pasta costs and so as ingredients (ex. pasta with white truffles can cost you a fortune). It is like a bread? Sure, those are both carbohydrate, if he eats only boiled pasta with no sauce.

One last comment. Someone believe that pasta makes you fat, just eat smaller portion and use fresh & health ingredients, rather than eating ‘fake’ Carbonara with cream (cream never be used real Carbonara) from a big bowl. In fact Italians are not as fat as British in average. Also ladies, I have to tell you that Japanese food and Sushi rice (rice is also carbohydrate) contains some sugar and high sodium in soy sauce, if you believe it is very healthy.

The East India Comapny @ Conduit Street

遠い昔、世界史で習った東インド会社が約135年ぶりに復活、2010年8月にロンドンのリージェント・ストリートに程近いConduit Street(コンデュイット・ストリート)に、初のストアをオープンさせた(BBC記事)。アジアとの貿易を目的に、エリザベス女王一世の勅命によって、1600に設立された東インド会社は、賛否両論はあれど、250年以上に渡って東方交易において勢力を誇り、軍事的にもインドの大半を牛耳ってきたが、1857年のインド大反乱により、その長い歴史を終えた。その後東インド会社は株式配当償還条例終了まで、イギリス政府の代理として細々と紅茶貿易などを続けたが、1874年に正式にその幕を閉じた。

復活とはいっても、2005年にインド人ビジネスマンがその名称を買い取り、高級食料品を売るブランドとして、再出発させたもの(→East India Company のウェブサイト。オンラインショッピングもできる)。先日書いたGrouponで、「期間限定ギフトボックス(£49.30)が£19.90」というdealを買ったので、そのピックアップと、クリスマス用ギフトの買い物をかねて、初めてそのお店に行ってみた。ロゴはオリジナルを使用、パッケージもインテリアもエキゾチックで高級感溢れ、なかなか洗練されている。扱う商品は、紅茶、チョコレート、コーヒー、ワイン、ジャム、マスタード、ビスケットなど。最高級の材料を使っているのが自慢だ。ギフトボックスやHamper(バスケットやカゴに入った詰め合わせ)などもあり、贈答やお土産にも喜ばれそう。トウガラシや胡椒、、マスタードなどのスパイスを加えてひねりを利かせた、チョコレートやビスケット、キャンディーも興味深い。試食もでき、「え、こんな組み合わせ?!」と思うものでも、意外と美味しかったりする。

でも家に帰って写真を撮ろうとしたら、£8するというギフトボックスの糊付けが甘くて、箱を開けた途端バリッという音が。。。中の詰め物も少なすぎて、箱の中で商品がぐちゃぐちゃ。チョコレート・ボックスも、箱についているバンドが弱く、紙袋の中で箱が開いてしまい、チョコレートが袋の中に散乱していた。デザインはいいんだけれど、詰めが甘い。改善を祈る。

Long time ago, I studied about the East India Company in my high school’s world history class. After 135 years, it is back – and opened its first store in August 2010, on Conduit Street near Regent Street in London.  This controversial Company was established in 1600 by the Royal Charter granted by Queen Elizabeth I, for the purpose for pursuing trade with the East. The Company had been a global trading power for over 250 years and had  maintained a big military presence in India, until the Indian Rebellion of 1857 which led it loose all its administrative powers. The Company continued to manage the tea trade on behalf of the British government until the East India Stock Dividend Redemption Act came into effect on 1 January 1874, and the Company was dissolved under the terms.

In 2005, the company was purchased by an Indian-born businessman and started its business, focused on luxury food products (→the East India Company store website. you can shop online as well). I purchased “£19.90 for a Limited Edition Festive Gift Box (£49.30)” deal at Groupon (I wrote few days ago) , so I visited the London store for the first time to pick up the box and to buy some Christmas gifts. Its interior and packages are exotic and gorgeous. The store sells tea, chocolate, coffee, wines, jams, mustard and biscuits, as well as a range of gift boxes, hampers and trunks. Their products use highest quality ingredients, and some of its unconventional use of exotic spices such as chilli, nutmeg, peppercorn and mustard for biscuits and chocolates, is quite intriguing. There are some sample, so no risk of regret your purchase after you come back home and have a bite. Some combination may sound quite strange, but be open-minded and try something different – some are surprisingly tasty.

One set-back, though, is the quality of its package. When I opened the £8-worth gift box, it made crunchy noise and the glue came off… There is not much stuffing and products inside displaced all over the box. Bands of two chocolate boxes are loose, and the boxes opened and all the chocolate came out, scattered inside the shopping bag. The design is very sophisticated, but the package must be improved to secure all the contents stay in its place!

購入した商品。ギフトボックス(真ん中左下の青いラベルのクッキーは別売り)とチョコレートの詰め合わせ2箱(紙袋の中に散乱していたものを綺麗に入れ直した)。見にくいけれど、ライオンがデザインされた金色の紋章を配した紙袋も素敵。

Our purchase of the day: Limited Edition Festive Gift Box (biscuits, on the bottom left with blue and white package, sold separately) and two chocolate boxes (I put all the chocolates nicely, picking them up from the shopping bag). You may not see well, but the shopping bag has gold emblem with a lion motif.

Enhanced by Zemanta