Category Archives: hotel/accommodation

Town Hall Hotel @ Patriot Square, Bethnal Green

This Bright Fieldから南へ数分歩くと、エドワード様式の立派な建物が見えてくる。これは2010年にオープンしたTown Hall Hotelで、シンガポール人ホテル実業家のLoh Lik Pengが、以前は区役所として使われていた、1909年建造のこの建物を改装。大理石の床や柱、立派な階段を備えた吹き抜けのロビーの片隅には、ミッド・センチュリー風の椅子が並ぶなど、アールデコ装飾とモダンなインテリアを融合した、優雅なデザインホテルに生まれ変わった。また、ホテル内のパブリック・スペースには、繊細な木版画や鉛筆描きの壁画、ペルシャ絨毯から作られたmoose(アメリカヘラジカ)の頭など、イースト・ロンドンのアーティストの作品が飾られている。

ロンドンに住んでいる人には宿泊する機会がないかもしれないけれど、ホテルには、ポルトガル人シェフ・Nuno Mendesがプロデュースした、ミシュラン一つ星のViajanteともう少しカジュアルなCorner roomという、二つの人気レストランが入っており、多くのグルメたちが訪れる。

部屋については泊まった事がないので、ご興味ある方は、批評家のレビュー(Telegraph/Guardian)と、デザインホテルサイト・Mr & Mrs Smithをチェックしてみて。でも、ホテルのあるエリアは、お世辞にも柄の良いエリアではなく、世界のおもちゃのコレクションを有するV&A Museum of Childhoodと、以前にブログでも取り上げた、いくつかのカフェやレストランしかないので、ロンドン初心者にはあまりお勧めできないかも。

Walking down several minutes to the south from This Bright Field, you will see Town Hall Hotel, opened sometime in 2010 and housed in a grand Edwardian building in Bethnal Green. Singapore hotelier Loh Lik Peng has transformed this former council hall with Art Deco detailing (history of the building) into this elegant boutique hotel, keeping the old charms but adding modern fixtures. The atrium is classic and impressive, with designed marble floors and marble pillars as well as imposing staircases, and also has some contemporary feel with mid-century style chairs for guests to relax. Inside of the hotel’s public spaces, you can see artworks by East London artists, such as delicate woodcuts, murals in pencil, and a mounted moose head made from Persian carpet.

For people who live in London, including us, may not have a chance to sleep in. However, this hotel houses two popular restaurants which are produced by renowned Portuguese chef Nuno Mendes, michelin-stared Viajante and Corner room, that attract many foodie Londoners.

I can’t write about the rooms as I’ve never slept there, so check the critique’s reviews (Telegraph/Guardian) or Boutique hotel site Mr & Mrs Smith if you want to stay. However, the location is not central or sophisticated at all,there is nothing but V&A Museum of Childhood and some hip neighborhood cafés & restaurants, and I am not sure if I want to recommend this hotel to a foreign guest who comes to London for the first time…

80席を有するCouncil Chamber(区議会室)は、上映設備を備え、レクチャーや劇場などイベント会場として使用される。

Council Chamber contains equipment for film screening and can be used as a lecture or theatre style venue for up to 80 people.

Council Chamberの隣のAnte-Chamber

Ante-Chamber, next to Council Chamber

Cambridge Heath Roadに面した、Viajanteレストランへの入口

Entrance to Viajante on Cambridge Heath Road

ホテルの南側にはモダンな建築と赤い煙突

Modern architecture and industrial chimney on the south side of the hotel

London’s One Room Hotel: “A Room for London” Art Project @ Southbank Centre

Southbank Centre(サウスバンク・センター)の上に乗っかった船。これは、London 2012 Festivalの一環のアートプロジェクト「A Room for London」、テムズ川を見下ろす一部屋だけのホテル。London 2012 Festivalは、北京オリンピック終了後の2008年9月より4年間に渡って行われている文化芸術プログラムCultural Olympiad(カルチュラル・オリンピアード)のハイライトとして、6月21日から9月9日まで、ロンドン・オリンピックの開催中、無料コンサートやアート展など、約1000ものパフォーマンスやイベントが催される他、フェスティバル前にも様々なカウントダウンイベントが行われる予定。

この「A Room for London」は、ジョゼフ・コンラッドの1899年出版の小説「Heart of Darkness(闇の奥)」に出てくる、テムズ川を出発しアフリカのコンゴに至る旅に使われたriverboat(川船)にインスピレーションを得て、David Kohn ArchitectsとアーティストのFiona Bannerが制作した。一晩限り、二人まで宿泊可能で宿泊料は£120〜、公的プロジェクトだからか、メディアも注目する期間限定の特別ホテルなのに、値段はかなり控えめ。あいにく昨年9月9日に始まった1〜6月の予約は開始12分で満室になったけれど、7〜12月の予約は来週19日正午に始まる。メディアでも取り上げられているので応募多数と予測されるけれど、想い出作りに、運試しに申し込んでみるのもいいかも。

予約詳細はこちら

A classic boat appeared on the top of Southbank Centre, overlooking the river Thames – this is an arts project “A Room for London” and it is a part of the London 2012 Festival. The London 2012 Festival is a huge cultural celebration, coinciding with the Olympic and Paralympic Games in London, and a culmination of the a four-year programme of cultural events “Cultural Olympiad“, started in 2008 just after Beijing Olympic. From June 21 to September 9, 2012, there will be 1,000 performances and events such as free concerts and art exhibitions, as well as countdown events before the Festival opens.

Inspired by the riverboat captained by Joseph Conrad while in the Congo in 1890, later recreated in his novel Heart of DarknessDavid Kohn Architects and artist Fiona Banner created this unique art project. General public can rent out this space for £120〜 for up to two people for one night only. The price is quite reasonable with the premium to stay at the special art project with  limited period and public attention – probably because it is a public event for everybody. Unfortunately the riverboat is sold out during January–June, just 12 minutes after going live on September 8th last year, but bookings for the period of July to December will go on sale online at 12pm on January 19 next week. The competition is expected to be high, but you can try your luck!

booking details are here

Mr & Mrs Smith – Boutique & Luxury Hotel Specialists

Mr & Mrs Smith

Mr & Mrs Smith book

The Telegraphテレグラフ)紙とMr & Mrs Smithとの共同で、70以上のイギリス・ヨーロッパ・中東のデザインホテルに、1泊分の値段で2泊できるというプロモーションをやっている。イギリスも少しずつ日も長くなり春めいてきたので、このプロモを使って、ロンドンの北西のCotswolds(コッツウォルズ)を旅行する計画を立て、無事お目当てのホテルの予約が取れた。この旅行については、旅行の後にご報告します。

創業2003年、ロンドンをベースにするMr & Mrs Smithは、チェーンではない小規模な、ラグジュアリー&ブティック(「boutique」、欧米では洗練された、いわゆる「デザインホテル/デザイナーズホテル」を指す。日本のラブホテルを想像しないように!)ホテルを専門とする、旅行関連の出版とホテル予約サービスを手がける。Mr & Mrs Smithは、匿名で宿泊し、独自にホテルを調査・評価し、お眼鏡にかなったホテルをリストに載せており、その数はイギリス・ヨーロッパを中心に世界中で500を超える。リストには、スパ、プチホテル、コテージ、別荘レンタル等、お手頃価格から高級ホテルリゾートまで幅広い。ホテル予約は、メンバーにならなくてもできるが、メンバーになると(年間£15/ £99/ £299の3段階ある)、いろいろな特典やサービスが受けられる。また、ホテルガイド(写真下)も出版している。

The Telegraph has a promotional offer for ’2 for 1 nights’ at more than 70 stylish boutique hotels in the UK, Europe and the Middle East, teaming up with Mr & Mrs Smith. It is getting warmer in UK and the daytime is becoming longer, therefore we planned a trip in Cotswolds and got a reservation of the hotel on the top of our list. I will give you a report about the hotel and trip on the blog, after we come back from the trip.

Founded in 2003 and based in London, the award-winning Mr & Mrs Smith is a travel publisher and hotel booking service, specialising in boutique, individual and small luxury hotels. Mr & Mrs Smith has been independently researching, visiting and anonymously reviewing hotels, and holds a web directory of over 500 hotels and self-catering properties in the world. The listed accommodations includes spas, cosy inns, chic chalets and stylish rentals from budgets to luxury ranges. You can make a reservation without membership, but you can get offers and benefits with their three-level membership schemes (£15/ £99/ £299 a year) . Mr & Mrs Smith also publishes hotel guide books (the picture below) as well as their web service.

Reblog this post [with Zemanta]