Category Archives: information

‘Street Museum’ Mobile app by The Museum of London

今日のBBCニュースで取り上げられていた、Museum of London(ロンドン博物館)のiphone用無料アプリ「Street Museum」をダウンロードした。Museum of Londonは、60年代から70年代にかけて、シティ・オブ・ロンドンの爆撃で破壊されたエリアを再開発したバービカン・センターの一部で、先史時代から現代に至るまでのロンドンの歴史を展示している。

Street Museumは、ロンドンの歴史を物語る写真や絵画のオンライン・カタログ。1666年のロンドン大火からカーナビー・ストリートに代表される1960年代のスウィンギング・ロンドンまで、博物館所蔵の何百枚もの写真や絵画にアクセス、ロンドンの日常の街角や歴史的出来事を垣間みることができる。

使い方は簡単。アプリを開くと出てくる地図でお目当ての場所を見つけるか、携帯端末に内蔵されているGPSで近場にあるイメージを探し、地図上にあるピンをタップするか、「3D View」ボタンをタップし、カメラを見たい場所に掲げると、その場所の古いイメージが出てくる。そして、そのイメージをタップすれば、その場所の歴史的トリビアを読むことができる。

既に、10万人がこのアプリをダウンロードしたそうだが、今日のBBCニュースで取り上げられたので、さらにダウンロード数は増えるだろうな。

I downloaded a free iphone app ‘Street Museum‘, created by the Museum of London, after I saw the BBC News picked it up today. The Museum of London documents the history of London from the Prehistoric to the present day. It is located close to the Barbican Centre, as part of the Barbican complex of buildings created in the 1960s and 70s as an innovative approach to re-development within a WWII bomb damaged area of the City.

‘Street Museum’ is an online catalogue of photos and paintings from London’s history. From the Great Fire of 1666 to the swinging sixties, you can have an access to hundreds of images from the museum collections that showcase both everyday and momentous occasions in London’s history.

It is easy to use – select a destination from the map or use your GPS to locate an image near you. Or press ’3D View’ and hold up your camera to the present-day location, and the old image of the same place appear on your screen. Then tap the old image for historical facts.

Already 100,000 people have downloaded this app, and after today’s BBC news coverage, many more will probably download it.

Enhanced by Zemanta

Royal Mail “Simply Drop”: Recycling for Cash

Simply Drop envelop

最近、携帯をiPhoneに換えたので、古い携帯をロイヤル・メール(Royal Mail・イギリス郵政公社)の「Simply Drop」でリサイクルすることにした。Simply Dropは、要らなくなった携帯、デジタルカメラ、MP3プレーヤー、インク・カートリッジをリサイクルするシステムで、Greater London Authority Recycle for London(ロンドンを管轄する大ロンドン庁のリサイクル部門)やMet Police National Mobile Phone Crime Unitロンドン警視庁携帯犯罪班)、その他リサイクル団体と協力体制を取っている。しばらく前に郵便局に行った時に見かけて、新しい携帯が来たら利用しようかと考えていた。ドラッグストアチェーンのBootsでも、携帯をリサイクルするとポイントがもらえるのだが、私の型番だと300ポイント(£3相当)。Simply Dropだと£8、Mの分とあわせて£16になるというので、ロイヤル・メールにした。ちなみに、インク・カートリッジは、スポンサーとなっているDogs Trustという慈善団体に寄付している。

リサイクルの仕方は簡単。

1.ウェブサイトで登録
2.登録すると、ロイヤル・メールから送られてくる送料無料の封筒に入れて投函
3.ロイヤル・メールで精査の後、報酬が支払われる

進捗状況は、ウェブページでチェック可能。報酬の受け取りは、ペイパル口座への振込、郵便局で現金受け取り、郵便為替の郵送の中から選べ、また報酬を5つの慈善団体の1つに寄付するという選択肢もある。私はペイパルでの支払いを希望(寄付しません、ごめんなさい!)した。リサイクルして、お金ももらえて、良いこと尽くめ。でも今週木、金曜日とまた郵便局がストになりそうなので、送った携帯がちゃんと届くか、ちょっと心配。

I switched my mobile to iPhone recently, so I sent out M’s and my old phones to the Royal Mail‘s “Simply Drop” program. Simply Drop is a recycle scheme for unwanted mobile phones, digital cameras and MP3 players, as well as household inkjet cartridges, and you can earn money by recycling, though it depends on the model. Royal Mail Simply Drop works with the Greater London Authority Recycle for London team and the Met Police National Mobile Phone Crime Unit, as well as well-established recycling organizations. I saw the scheme when I went to a post office a while ago, and thought about using it when I get my new mobile. A drug store chain Boots gives Advantage Card points when you recycle your mobile with them, but I could get only 300 points (equivalent to £3) from Boots. I chose Simply Drop because we could get £8 each, £16 for both of us. As for inkjet cartridges, I donate to Dogs Trust recycling program, with which I become a shelter dog sponsor.

How to recycle your mobile is simple.

1.Register your item on the web
2.Send your item in a prepaid envelope sent by Royal Mail when you register
3.Get your payment

You can track your item on the web. Payment can be made either by deposit into your PayPal account, by cash payment from a local Post Office via a text message confirmation, or by Postal Order via post, or you can donate your reward to one of the five charities. I chose PayPal payment (sorry I don’t donate to a charity). Feel good by recycling unwanted item, and receive cash – perfect system! But it will be another big Postal Strikes, again, on this Thursday and Friday – hope our mobiles will arrive safely.

Reblog this post [with Zemanta]

Long Goodbye to thelondonpaper

The London Paper: final version

ロンドンのフリーペーパーの1つ、「thelondonpaper」が本日9月18日付配布をもって、廃刊となった。2006年9月4日の創刊から3年。トレードマークの紫色のジャケットと帽子を着用したアルバイトによって、地下鉄駅の周りで月曜から金曜まで無料で配布。7月には、ライバル紙・London Liteをしのぐ、50万部以上の発行部数を誇っていたが、この不況で広告収入が減少。£1290万ポンドの赤字(税引き前)を計上したのを受け、先月、オーナーのNews International社が廃刊を発表していた。ガーディアン紙によると、上海で無料紙を発行するBros magazineより、買収提案があったらしいが、News International社が拒否したそうだ。Brosは、thelondonpaperのスタッフの1部を引き継ぎ、英語メインで、中国語と日本語のセクションを設けた週刊無料紙を企画していたという。

セレブのゴシップ記事が多すぎるのは玉にキズだったけれど、カラーや写真を多用した紙面で、ロンドンの出来事やイベント、ニュース、トレンド等が手軽に読め、またブログのネタ集めにも重宝していたので、廃刊は本当に残念だ。

One of free papers in London, thelondonpaper, will be discontinued after today’s last distribution. Credit crunch hit the paper’ advertising revenue, and its closure was announced last month by News International after it recorded pre-tax losses of £12.9m – 3 years after its launch on 4 September 2006. Thelondonpaper was handed out outside Tube stations from monday to friday by vendors wearing their trademark purple uniform and hat. The paper had a distribution of 500,348 copies in July, about 100,000 more than its rival London Lite. According to the Guardian article, News International refused the offer by Shanghai company Bros magazine, who wanted to run thelondonpaper as weekly with sections in Chinese and Japanese, retaining some staff.

Despite of too much celebrity’s gossips, thelondonpaper offered easy-to-read local news, events, trends and information with lots of images and colour. I find the paper very useful to find the topics for my blog as well, and I will miss it…

The London Paper: final edition

Reblog this post [with Zemanta]

Post & Go machine @ Old Street Post Office

Royal Mail Post & Go machine

今日、久しぶりにOld Street駅近くの郵便局に行った。入口には、新しいセルフ・サービスの機械「post & go」が3台。計量台で自分で封筒や小包の重さを量って、発送方法を選び、送料を支払うと、印字式切手がプリントアウトされて出てくる。赤字に悩むRoyal Mail(ロイヤルメール・イギリスの郵政サービス)の合理化の一環で、2009年5月に41台のpost & goが、試験的に特定の郵便局(5/14付Royal Mailニュースより)に導入された。でも、このOld Street郵便局は、3台とも故障中?でクレジットカードが使えず、現金のみ。バンクホリデー(祝日)開けで窓口対応には長蛇の列が出来ているにも関わらず、誰もセルフ・サービス機を使っていない。比較的新しい機械なので、使い方を知らない人が多いのか、局員が列に並んでいる人に声をかけては、使い方を教えて使ってもらおうとしていたが、数人が利用しただけだった。

私は窓口で対応してもらう用事だったので使わなかったが、用事が済んだ後、試しに触ってみた。大きいスクリーンで意外と使いやすそうだったが、国内郵便料金は、ファーストクラス(First Class)、セカンドクラス(Second Class)、重量の重い小包のためのスタンダード・パーセルズ(Standard Parcels)、そして翌日配達・追跡サービス・補償付きの配達特別配送(Special Delivery)と、サービス内容が色々あって分かりにくい。特にファーストクラスセカンドクラスは、Letter(手紙)、 Large Letter(書類や本等、厚みのある封筒)、 Packet(小包)とサイズによって3つのカテゴリーに分かれており、重さによって値段が変わる。基本的に、ファーストクラスは1〜2日内配送、割安のセカンドクラスは3日以上かかるらしいが、経験では配達日に違いはあまりないので、私は重要な物以外はセカンドクラスを使っている。ちなみに国際郵便はもっとシンプル。航空便2kg(書籍類は5kg)までは、Letter(手紙扱い)か、100g以上だとLetterより安いSmall Packet(小包)。2kg以上はパーセルフォース(Parcel Force)扱いとなる。Small Packetの方がパーセルフォースより安いので、重さはなるべく2kgにおさめるようにしている。値段は、ヨーロッパとその他の国々で違い(ヨーロッパが割安)、LetterとSmall Packetはは20g毎に値段が上がる。このような郵便局のサービス内容に通じていないと、機械の前で立ち往生してしまうので、結局長時間待たなくてはいけなくても、窓口で対応してもらいたいんだろう。ちなみにBBCによると、ロンドンの郵便局での平均待ち時間は約15分、ひどいところは30分近く待たねばならないらしい。しかも最近はリストラで、かなり郵便局の数が減らされているので、ロンドンの郵便局の評判は悪い。しかも、今は組合とRoyal Mailが、給料カットとリストラを巡って対立、ストが頻発しており、現在、配達業務等で支障が出ているようだ。

私は郵便局の窓口で一日を過ごしたくないので、郵便物は家でキッチンスケールで計量して、切手を貼って持っていく。そのままポストに投函してもいいんだけれど、ある程度価値のあるものを送る時は、窓口で無料のCertificate of Posting(発送証明)を取っている。あまり知られていないサービスだけれど、発送証明をもらっておくと、万が一郵便物を紛失された場合、補償してもらえることがある。有料サービスに比べると、調査に何週間もかかるし、補償される可能性も100%ではないんだけれど、ないよりはマシという感じでもらっている。特に、国際郵便の登録郵送補償付き「International Signed-for」が郵便料金に追加£3.70+(補償額によって値段が変わる)とお高めだし(国内郵便の同様のサービス「Recorded Signed-for」は£0.75)、悪評高いイタリアのPosta Italiane等と比べイギリスと日本の間の郵便事情はなかなか良く紛失も滅多にないので、安めの物を送る時はついケチってしまうのだった。

I went to Old Street Post office today after a long time, and found 3 new bright red “post & go” machines inside. A part of Royal Mail modernization plan, “trials of the Fast Drop and Business Point service in selected branches and 41 Post & Go machines were installed, allowing customers to weigh parcels and print a postage label without going to a counter position” (Royal Mail News on May 15). But 3 machines at Old Street Post Office were broken?, and handwritten “only cash” signs were sticked at the card readers. There was a long line for waiting after Bank Holiday, but no one was using the machine. Maybe many people didn’t know how to use it as the machines were introduced recently, and a postal worker tried to persuade people to use it and to teach them how to use it, but only few had a courage to do so.

I didn’t use it as I had things that I could do only at the counter, but I tried to touch it from curiosity. It seemed easy to use with a big screen, but there were several options (First Class, Second Class, Standard Parcels for a heavy package, and Special Delivery for guaranteed delivery with compensation) for domestic delivery services, and a bit overwhelming if you don’t know much about these services. Especially First Class and Second Class have 3 categories depend on its size (Letter, Large Letter, and Packet), and prices are different according to its weight as well. Normally First Class is delivered in 1-2 business days and Second Class takes 3+ days, but I don’t see much difference in my experience, and usually use Second Class except an important letter. International mails are a bit more simpler. Airmail Letter and Small Packet (cheaper than Letter if over 100g) are for a package up to 2kg (up to 5kg for printed papers), and Parcel Force is for over 2kg. Small Packet is a lot cheaper than Parcel Force, so I try to use Small Packet whenever it’s possible. Mail to Europe is much cheaper than other countries, and price goes up every 20g for Letter and Small Packet. If you don’t know well about these services of Royal Mail, you may prefer to wait on a long line than to get lost in front of the machine. The average waiting time in queues at post offices in London is usually up to 15 minutes, according to BBC News, and you could wait up to 30 minutes at a busy branch. Recently Royal Mail has closed down many branches across the country and this caused a lot of anger among their customers. Moreover, postal workers unions are opposed to the Royal Mail plan, of pay and job cut, and frequent postal strikes affect the delivery of the mails.

I don’t want to spend all day at the post office counter, and I always weigh my package and put appropriate stamps before I go to a post office. I can post it in a post box but I go to the counter to get Certificate of Posting when I send something of a value. Not many people know this service, but you can get compensation when the mail goes missing. The compensation process take many weeks in compare to paid registered mail, and you may not get anything, but it is better than nothing. International Signed-for (registered mail) cost additional £3.7o+ (domestic Recorded Signed-for is only £o.75) to Airmail or Surface Mail, and the Royal Mail service is pretty much functional, in compare to the infamous Posta Italiane, so it is worth to get Certificate of Posting, since it is free!

Old Street Post Office

Reblog this post [with Zemanta]

New Design of UK Pound Sterling Coins

2008 Pound Sterling CoinPound Sterling Coins

イギリス造幣局(The Royal Mint)は1968年ぶりに硬貨のデザインを刷新、その流通が2008年に始まった。イギリスの硬貨は、1ペニー、2ペンス、5ペンス、10ペンス、20ペンス、50ペンス、1ポンド、2ポンドの8種類で、2ポンドを除く7種類に新しいデザインが登場。昨年からお財布の中に見つけたら取っておいて、全種類集めたらブログで書こうと思っていたのだが、2ペンス硬貨だけがなかなか手に入らない。先日ようやく最後の1枚をゲットした。新デザイン募集の告知は2005年8月に出され、4000もの応募の中から選ばれたのは、26歳のロンドン在住グラフィック・デザイナー、Matthew Dent氏の作品。「the Royal Arms(英国の紋章)」がモチーフのこの新硬貨は、1ポンド硬貨に紋章を、そして1〜50ペンス6枚を並べると紋章の全体像見えると言う洒落たデザインだ。ちなみに反対側に変更はなく、女王の頭部が描かれている。

ちなみにイギリスの通貨は「UKポンド(UK pound)」又は「ポンドスターリング(Pound Sterling)」で、国際通貨コードは、GBP。日本では、何故かオランダ語読みで「ポンド」と呼ばれているが、イギリスでの発音は「パウンド」である。ポンドという名称は、かつて1トロイポンドの高純度の銀を通貨単位として使用していたことに由来する。通貨記号は「£」だが、これは、ポンドの旧名称が「libra」(ラテン語で天秤)であったため、「L」の筆記体からきた。補助単位はペニー(penny)、複数形はペンス(pence)で、1ポンド=100ペンス。ちなみに、スラングでは、ペニー/ペンスは数字+P(ピー)、ポンドはQuid(見返りとか代償という意味のラテン語の「Quid Pro Quo」に由来)。また良く聞くのは、5ポンドはfiver(ファイバー)、10ポンドはtenner(テナー)。1000ポンドはgrand(グランド)/Gと呼ばれ、お給料や高額のものを指す時に使われる。

The Royal Mint renewed the design of the UK coins which hadn’t been changed since 1968, and its circulation has started in 2008. There are 8 kinds of coins in UK (1 penny, 2 pence, 5 pence, 10 pence, 50 pence, 1 pound, and 2 pounds), and the seven except the 2 pounds coin were redesigned. I have been collecting the new coins one by one from the change I got, but it had been months to find 2p coin (maybe it’s not much circulating yet). But finally I got it recently!! The open competition for a new design was publicised in August 2005, and among 4,000 entries, Mr. Matthew Dent, 26-year-old graphic designer who live in London, won the competition. The new design employs the Royal Arms, and its whole has been split among all six denominations from the 1p to the 50p, with the £1 coin displaying its entirety. The new design is elegant and sophisticated, using an old traditional motif with modern twist. The other side of the coins is the same Queen’s head.

The currency of UK is the pound sterling or often simply called the pound, and its ISO code is GBP. The name ‘pound‘ came from the fact that £1 worth of silver coins were a troy pound in mass for a long time. The pound sign ‘£’ derives from the blackletter ‘L’, an abbreviation of Librae in Roman £sd units (librae, solidi, denarii) used for pounds. The decimal is penny/pence (plural), and £1 = 100p. In a slang, penny/pence is called number + P, and a pound is ‘quid’ (likely from the Latin phrase ‘Quid pro quo‘ meaning an exchange of goods). £5 is often called ‘fiver’, and ‘tenner’ for £10. Grand/G (£100) is quite common when you talk about a salary or a real estate.

Reblog this post [with Zemanta]