Category Archives: Made in UK

Routemaster Letter Rack by Susan Bradley

Exif_JPEG_PICTURE

テート・ブリテンのショップで、ロンドンの旧式ルートマスターをかたどったレターラック・Routemaster Letter Rack(£20)を買った。イギリス人デザイナーのSusan Bradleyがデザイン。彼女の製品は全て、イングランド内で作られているそう。コーティングを施した鉄製で、そのまま置いても使えるし、壁にかけられるようにもなっている。可愛くて私たちのお気に入り。

We bought this London’s iconic Routemaster Letter Rack (£20), designed by British designer Susan Bradley, at the Tate Britain shop. All her products are proudly made in England, which are rarity nowadays. The letter rack is made of coated steel, and can be free standing or wall mounted. Very cute, and we love it!

Exif_JPEG_PICTURE

Marks & Spencer Diamond Jubilee Collection

6月2〜5日に予定されている、エリザベス女王ダイアモンドジュビリーの祭典(王室公式サイト)にあわせて発売された、マークス&スペンサーの商品たち。缶入りのショートブレッドやチョコレート、マシュマロをチョコレートでコーティングしたTeacake、ペーパーナプキン、紙皿等々。イギリス国旗、女王の横顔、またロンドンの様々なアイコンをあしらった、レトロでキュートなパッケージは、クリスマス商品(参照ブログ記事)も手がけたイラストレーターのPhil Hankinson(フィル・ハンキンソン)氏がデザインした。期間限定商品で、イギリス土産にもぴったり。

さて、4日間のイースターホリデーの直後ですが、明日から少しブログをお休みします。23日から再開予定ですので、よろしくお願いします:)

These are the Marks & Spencer’s products, celebrating Queen’s Diamond Jubilee weekend (June 2 – 5 →official website of the British Monarchy). These cute retro packages with Union Jack, Queen’s silhouette, and London’s various icons, are designed by an illustrator Phil Hankinson who was also in charge of M&S’s Christmas products (past entry). Treats such as shortbread and chocloate in tin boxes, teacakes (chocolate coated marshmallows), as well as party wares such as paper napkins and dishes – these limited period products are also perfect for souvenirs from Britain.

I will have a break from blog until May 22, though just after 4-day Easter weekend.  See you soon :-)

Natural Bristle Cushion Brush by G B Kent & Sons

獣毛のブラシが髪にいいと何かで読んだので、John Lewisオンラインショップで、G B Kent & Sons(Kent Brushes:G.B. ケント)のヘアブラシを買った。1777年創業のG.B. ケント社は、ジョージ3世から9代の治世に渡って王室御用達証を得てきた、由緒あるブラシメーカー。製造過程の多くは手作業で、今も「メイド・イン・イングランド」にこだわるお手頃なブラシも生産しているが、伝統的技術を使い、職人が手作業で仕上げる100%ハンドメイド製品は、その品質・使い心地に高い評価を得ている。

ケント社は、bristle(ブリッスル:動物の硬い毛)を使ったブラシと、品質へのこだわりに定評がある。インドや中国の業者から最高品質の天然豚毛ブリッスルを仕入れ、柄に使用される木材は持続可能な森林から伐採された、美しさ、木目、色、加工しやすさを鑑みて厳選されたもの。そしてゴム製のクッションは柔らかさと強さ、デリケートな頭皮への心地良さと共に、何年もの使用に耐える耐久性を持つ。無理にひっぱることなく絡まった髪をやさしくとかすため、毛先は注意深く丸くされている。

会社の歴史や詳細

私が買ったものは高価な手作り製品ではなく、ミディアムサイズ(19.5cm x 5cm)の天然黒色ブリッスルのゴムクッション・ブラシ、CSFM(£25)。製品説明には、「ブリッスルは、髪を清潔にし、艶を与え、頭皮を刺激する」とある。そのカーブのかかった柄は持ちやすく、手にフィットする。弾力性に富むブリッスルは気持ちよく頭皮をマッサージするのだが、何せ剛毛・多毛の持ち主なので、頭のてっぺんから後頭部まではいいのだが、そこから下は表面しかブリッスルが届かない。確かにブラッシングすると艶は出るのだが、しすぎるとちょっと油っぽくなり、ブリッスルが届かない毛先の辺りは静電気が起こって髪がフワフワ浮いてしまう。このブラシは、毛質が細くて毛量の少ないイギリス人のために作られたものだからだろうか。ブリッスルの感触は心地良いし、いいブラシには違いないのだと思うが、残念ながら、どうも私の髪質には合わないらしい。。。

I bought a G B Kent & Sons‘ hairbrush on John Lewis online shop, as  I read that animal hair brush makes hair healthy and shine. Founded in 1777, G B Kent & Sons, also known as Kent Brushes, is a manufacturer of high quality brushes in England, and has been granted of Royal Warrants for nine reigns from George III. The company continues to retain the craftsmanship and produces some of their brushes by hand with traditional methods (100% handmade range), as well as more affordable ones. And those are still proudly “made in England”.

Kent are renowned for their bristle brushes and their passion for high quality. The bristle is sourced from the finest bristle merchants in India and China. Timbers are chosen from sustainable forests throughout the world, selected for their beauty, grain, colour and suitability to be shaped, drilled and polished. Rubber cushions are selected for softness and strength, comfortable for delicate scalps but strong enough to be durable and withstand years of use. Plastic quills have carefully rounded ends to tease their way through tangled hair without pulling or tugging.

more details of the company

What I bought was not an expensive handmade one, but a medium sized (19.5cm x 5cm) pure black natural bristle cushion brush CSFM (£25). The bristle cleans hair, promotes shine and stimulates the scalp, according to Kent’s description. Its curbed handle nicely fits my hand and is easy to grip. The bristle is hard enough to stimulate my scalp comfortably. However, my hair is too thick and too many, and the brush doesn’t go all the way from the back of my head to down the edge… I can brush only top and side of my head, but not the bottom of my hair. Probably the brush is made for British fine hair type… The brush does make my hair shinier, but brushing too much make my hair a bit too greasy and causes static electricity. It is nice looking brush and the bristle feels great, but it doesn’t really work out for my hair type…

Marks & Spencer Scottish Shortbread Tin

最近、マークス&スペンサーストアブランドのパッケージデザインが可愛い(また追々紹介します)。ちょっとレトロなデザインのクリスマス用缶入りビスケット各種(参考:gumo gazette)もよくできていて、プレゼントやパーティの手みやげに最適。この、ロンドン名物2階建てバスをモチーフにした缶入りビスケットは、スコットランド発祥の伝統菓子・Shortbread(ショートブレッド)3種27個入りで、お値段は£8。イラストを描いたのは、イラストレーターのPhil Hankinson(フィル・ハンキンソン)氏。そのレトロでクラシックな画風は、チェコスロバキアの絵本作家・Miroslav Sasekミロスラフ・サセック)の名作「This is London」(1959年)を彷彿させる。中のビスケットを食べ終わっても、小物入れとして使えそう。ロンドンのお土産にもぴったり。

Recently package design of Marks & Spencer‘s store brands has improved (I will talk more later). Retro-feel Christmas biscuit tins is well-done (reference: gumo gazette), and is good for a present and gift. This tin box with London’s famous double-decker contains a selection of 27 shortbreads in 3 varieties, and costs £8. The package was designed by illustrator Phil Hankinson, and the his style resembles the old classic “This is London” (1959) by Czech illustrator and auther, Miroslav Sasek. You can re-use the tin box after finishing all biscuits, and this is a great souvenir of London as well.

London Landscape Greeting Cards by The Art Rooms

先日、サーチ・ギャラリーに行った時に買った、グリーティング・カード(各£2.99)。ロンドンの風景のシルエットと、鮮やかな原色カラーを組み合わせた、シンプルだけど洗練されたデザインがとても素敵。このLandscapesシリーズには、ロンドンの他、ヨークシャー、スコットランド、湖水地方のものがある。作っているのは、2007年創業のThe Art Rooms社。「Inspired by the UK. Designed in the UK. Made in the UK.(イギリスにインスピレーションを受け、イギリスでデザイン。イギリス製)」を謳い、グリーティング・カード、プリント、台所用品やギフトを扱っている。同じくロンドン各地の風景を扱ったポストカードマグカップテーブルマット、コースターもあり、ロンドン土産として喜ばれそう。ミュージアムショップやデザイン系雑貨を扱う店の他、オンラインストアでも買える。

These are the greeting cards (£2.99@) we purchased at the Saatchi Gallery. The design of combining a silhouette of London landscape with block of bright color is simple yet sleek. This landscapes series of greeting cards also includes Yorkshire, Scotland, and Lake district, as well as London. The The Art Rooms, which produced the greeting cards, was founded in 2007 and designs and creates greeting cards, prints kitchenware and gifts, with a concept of “Inspired by the UK. Designed in the UK. Made in the UK.” There are also postcardsbone china mugstable mats and coasters with London’s landscapes, and those are perfect souvenirs from London. You can buy them at selected stores or at their online shop.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information *今日はポスター特集です / all about charity posters today

Knitting & Handmade etc.

先日、Daily Candyをチェックしていて見つけたウェブサイト「Grannies Inc」。イギリス人Granny(おばあちゃん)が、100%イギリスで紡いだメリノウールを使って編んでくれる、カスタムメイドの毛糸の帽子、マフラー、リストウォーマー、スヌード(筒状ネックウォーマー)、ヘッドバンドをオーダーできる。さまざまなスタイルやパターン、編み方、色が選べ、リボンやぼんぼんなどのアイテム追加も可能。暇を持て余している編物好きのおばあちゃんたちに、生き甲斐+金銭的余裕を与え、しかも自分も儲かるなんて、なんて素晴らしいアイデアだと感動した。→参考記事

I found the website “Grannies Inc” the other day on Daily Candy daily newsletter. This online shop sells “design your own” “one-of-a-kind knitwear” “Granny-made in the UK” such as beanie, scarf, wrist warmer, snood and headband, using 100% British spun merino wool yarn. You can make your own design from different styles, textures, colors and added features. I thought it is a great idea to give knitting loving grannies meaningful work + extra income, and the shop makes a profit from it – it’s a win-win game! →related article

近年イギリスでは、エコ・ムーブメントや使い捨て文化への反動、不況、古き良き伝統への回帰、クリエイティブ指向などが相まって、ハンドメイドが流行中(関連記事)。イズリントンにある手作りワークショップ「The Make Lounge」はいつも大盛況。これまたイズリントンのCross Streetにあった人気の毛糸のお店・Loopも、今年6月にはアンティーク・マーケットで有名なCamden Passageに引っ越し(SMUGの隣)、3フロアに店舗拡大した。手作り品を売るアメリカのオンライン・コミュニティEtsyのイギリス版ブログも、盛り上がってるみたい。私も実は隠れ手作り大好き人間。友達には言っていないけどね:)

In recent years, all things handmade became trendy in Britain, due to the green movement, a backlash against our throwaway culture, recession and a nostalgic longing for creativity (related article). Handmade workshops at The Make Lounge in Islington are booked well (often sold out). A cute little yarn shop Loop, also in Islington, moved from Cross Street to Angel’s antique market Camden Passage (next to SMUG) this June , and now has a bigger space with three floors. An American ecommerce website selling handmade items Etsy‘s UK blog gets into swing. I love sewing and knitting too, and it’s my secret hobby that I’ve never told my friends :-)

Enhanced by Zemanta

Modernist T-Towels: Kensal Green and Trellick Tower

コヴェント・ガーデンにあるLondon Transport Museum(交通博物館)で買った、「People Will Always Need Plates」のModernist T-Towelsティー・タオル)。デザインが素敵なので買ったから、お皿拭きには使わない。イギリス製でコットン100%のこのティー・タオルは、スクリーン印刷の鮮やかなカラーで、Trellick Towerトレリック・タワー)とKensal Green(ケンサル・グリーン)の街並がデザインされている。ほかの図柄も欲しかったのだけれど、9種類あるモダニスト・デザインコレクションのうち、この2種類しか売っていなかった。ノッティング・ヒルの北にあるトレリック・タワーは、1972年に完成したロンドンを代表するモダン建築で、建築家・Ernő Goldfinger(エルノ・ゴールドフィンガー)によって設計された、ブルータリズム様式の公共住宅。ロンドン北西部に位置するケンサル・グリーンは、これと言った特徴のあるエリアではないけれど、クイーンのフレディ・マーキュリーが火葬された場所で、著名人が多く眠るKensal Green Cemeteryがある。

I bought these Modernist T-Towels (Tea Towels) by People Will Always Need Plates at London Transport Museum in Covent Garden. The 100% cotton tea towels is proudly made in UK, and feature Trellick Tower and houses in Kensal Green in rich screen-printed colours. I got them for its design, so I won’t use them for drying dishes. I wanted to buy other design as well, but the shop had only these two design among 9 modernist design collection. Trellick Tower is a 31-storey block of public housing in north of Notting Hill, designed in the Brutalist style by architect Ernő Goldfinger and completed in 1972. Kensal Green on northwest London is not exciting area, but there is the Kensal Green Cemetery which is one of the finest Cemeteries in London and is known that Queen’s Freddie Mercury was cremated there.

ロンドンの交通の歴史を物語る、London Transport Museum。2005年からの改修工事の後、2007年11月にリニューアルオープンしたコヴェント・ガーデンの博物館のほかに、Acton(アクトン)にある Depot(倉庫)にもコレクションを展示している。ここのショップがなかなか、センスの良い品揃えを誇っている。買い物袋のデザインもモダンで、これを手に入れるために買い物したくなる。オンライン・ショップもあって、海外発送もしてくれる。コヴェント・ガーデンのど真ん中にあって交通の便もいいし、ロンドンに数多あるチープな店で粗悪品を買うぐらいなら、ロンドン土産はぜひここで。

London Transport Museum conserves and explains London’s transport heritage. The main museum in Covent Garden was reopened in November 2007 after two years of refurbishment. Its Acton Depot also holds the majority of the Museum’s collections which are not on display in the museum. The museum shop has a good selection of products, and its modern and stylish shopping bags is another reason to shop there. The museum has an online shop as well and delivers to worldwide (→details). The museum is located in the heart of Covent Garden, so grab London’s souvenirs there, rather than shopping trashes at cheap and ugly stores around London.

Reblog this post [with Zemanta]