Category Archives: science

Northern Lights in UK

Northern lights(オーロラ)が今夜、ロンドンでも見れるかもしれない!?

通常、極域近くにしか現れないオーロラだが、約11年のサイクルで太陽の活動が高まり、「太陽風」と呼ばれるプラズマ粒子が地球上により強力に降下することによって、より緯度の低いエリアでもオーロラが発生するのだそうだ。ここ数日がその時に当たり、日曜夜からスコットランド、北イングランド、北アイルランドでオーロラが観察されており(→写真:テレグラフ記事)、水曜日まで、一定の条件が揃い、かつ運が良ければ、ロンドンを含む南イングランドでも見られる可能性があるそうだ。地球磁場の活動状態によるが、澄んだ空と暗闇が必要。田舎の方が都会より可能性が高く、明るい月夜は難しい。概して午後10時頃から午前2時頃、北の方角に発生するので、その時間帯に北の方を観察するのが(場所によりけりだそうだが)、オーロラに遭遇するチャンスが高くなる。

オーロラは、北スコットランドでは珍しくないそうだが、南イングランドではなかなか見られず、最後にロンドンで観察されたのは1939年とのこと。可能性はあまり高くないみたいだ。

Beautiful northern lights, Aurora or the Aurora Borealis, can be seen in London tonight?!

Normally taking place close to the Arctic, but every 11 years or so, an increase in solar activity causes unusually powerful explosions of particles, to make aurora able to be seen further south. Now is the time. Since late Sunday, aurora has been observed in Scotland, northern England and northern Ireland (→photos: Telegraph), and can be seen until Wednesday, possibly as south as London, with luck and under certain conditions: right magnetic activity which is highly variable; clear skies; and darkness without bright moonlight. Higher probability in the countryside than the city. For the best chance, look to the north which is the direction aurora is usually seen, though it depends where you are, around midnight from 10 pm to 2 am.

Aurora is not uncommon in northern Scotland, but fairly rare in south England and last appearance of this size was in 2003, and the last recording sightings of aurora in London was in 1939.