Free Papers in Hackney & East London

近年、ヒップでエキサイティングなエリアとしてのイーストロンドンの評判が上がるにつれ、ローカルなニュースやカフェ、レストラン、バー、アート&カルチャー、イベント情報などを掲載した新しい無料情報紙が次々誕生している。写真は最近この辺でよく見かける3紙。

Hackney Citizenは、独立系の無料月刊紙で、いつ創刊したかの記載はないけれど、2009年6月にFacebookページが出来たことを考えると、その頃だろう。2010年7月には従来の年4回から毎月の発行になり、現在、毎月第一週にハックニー内の駅、カフェ、ショップ、マーケット、図書館などに置かれる。

East End Reviewについては、この12月号が3号目とまだ新しく、イーストロンドンの音楽やアート、シアター、本、映画、ファッション、フード&ドリンクを紹介するということぐらいしか、情報がない。でも、発行者がHackney Citizenと同じくCitizen Media Ltdなので、この2紙は姉妹紙なんだろう。

Dalstonistは、近年開発著しいDalstonとその周辺エリアに住む18〜34歳の若者をターゲットに、ローカルカルチャー、音楽、イベント、ナイトライフに関する情報を掲載。オンラインメディアとしてスタートしたが、最近季刊で印刷版を発行、2013/14年冬号が記念すべき第一号だ。

3紙ともカラーで紙面デザインもいい。イーストロンドンの今を知るのに便利。

As East End’s reputation as a hip & exciting district in London has gone up steeply in recent few years, some free papers have come out to tell readers about local news, cafes & restaurants, art & culture, and events. The three papers in the photo above are the ones I often see at many places across the area.

Hackney Citizen is Hackney’s independent, free monthly newspaper. I can’t find when they started, but I guess it was June 2009 when they joined Facebook. From July 2010, it became a monthly publication from its quarterly print editions, distributed in the first week of every month at Hackney’s markets, train stations, and in cafes, shop, businesses and libraries.

I can’t find much information on internet about East End Review, rather than talking about arts and culture in East London, such as music, art, theatre, books, film, and fashion, as well as food & drink. And this December issue is the third edition of them. But the publisher, Citizen Media Ltd, is the same as of Hackney Citizen, so I assume they are sister papers.

Dalstonist offers news about local culture, music, events and nightlife for 18-34 year olds (I am out of their target readers…) in emerging area of Dalston and the surrounding area in Hackney. They started as online paper but now they launched their first quarterly print publication for winter 2013/14.

All three papers are printed in colour and decently designed. Perfect source to get more in depth information of East End.

Kiosk Takeaway Sandwich Shop @ King’s Cross Station

キングス・クロス駅に隣接するGreat Northern Hotelのテナントで、西側コンコース側にあるテークアウト用サンドイッチショップ・KIOSK。ヒップなデザインが目を引くこのお店は、その場でスライスしたローストターキー(七面鳥)やポーク、ソルトビーフ等をこだわりのパンに挟んだグルメサンドイッチが売り。朝11時前まではクロワッサンやマフィン、ポリッジ、そしてブレックファスト・サンドイッチと朝食用メニューがある。こだわりついでに、コーヒーもMonmouth coffeeのもの。パッケージデザインもいい感じ(ウェブ参照)。まだここのサンドイッチは食べた事がないのだけれど、もしキングス・クロス駅から電車に乗る事があれば是非一度トライしてみたい。

KIOSK, built into the ground floor of the Great Northern Hotel and opened to the Western Concourse at King’s Cross Station, is a hip take-away shop that grabbed our eyes when passing by. They sell hot roast meat sandwiches with freshly hand-carved turkey, pork or salt-beef in between artisan breads, as well as breakfast favorites such as bacon or sausage sandwiches, croissants, muffins and porridge. Monmouth coffee is also available to go. I love their package design! (see their website).I haven’t tried their ‘gourmet’ sandwiches yet, but it’s on my to-eat list if we have a chance to travel from King’s Cross station one day.

StreetSmart: Helping the Homeless Charity

毎年11〜12月にかけて多くのレストランで、テーブルに置かれた、またはお勘定と一緒に出される、ホームレスのためのチャリティ・StreetSmartの小さなカードを目にする。このカードには、チャリティの趣旨と、参加レストランでのお勘定に、£1の寄付が付け加えられる旨が書かれている。2012年度には合計80万5000ポンドもの寄付が集まったそうだ。

ホームレスの方々を助ける事は素晴らしいことであるし、£1余分に払うのも嫌ではない。ただ、へそ曲がりの私が気になるのは、寄付が自動的に付け加えられること。カードには、寄付は「voluntary(任意)」なので、もし寄付をしたくなければ「just say so!(ただそう言えばいい)」と太字で書いてあるけれど、誰がそんなことできる?誰だってケチに見られたくないし、弱者救済の寄付にノーと言える勇気がある人なんて、ほとんどいない。そもそも£1お勘定に上乗せされていたとしても、その事に気付く人も少ない。その辺を考慮しての上手い戦略だ。また、この寄付はホームレスのチャリティ限定なので、ホリデーシーズンに寄付を必要としている他の慈善団体に対して不公平な気もする。私としては、誰に、どうやって、いくら寄付するかは自分で決めたいというのが本音。表立って言えないけれど、同じような考えの人はたくさんいる。

それに、寄付を徴収するレストランは集めたお金を送るだけで金銭的負担もないのに、社会貢献している的イメージ向上になるのも気に食わない。もしレストランもそれ相応の寄付をするのであれば、自分の寄付金額以上に貢献できる事になるので、私としても上記の事はそれほど気にならなくなるのだが。色んな理由で何となくモヤモヤするのは、私の器が小さいのかな。

Every year during November and December, you may see a small card of StreetSmart, a charity for the homeless, on your table at many restaurants or it comes together with your bill. The card explains the idea of the charity and a £1 donation is added by the participating restaurants to your bill. In 2012, £805,000 was raised to help fight homelessness across the UK.

Great cause – I know it and I don’t mind to pay extra £1 to my bill. However, I don’t really fancy the idea that £1 is automatically added without asking you. In the card, it is said that it is voluntary and you just say so! in bold if you don’t want to contribute, but who has a courage to say no to a waiter? Nobody want to look cheap or dares to go against the great charity. Some wouldn’t even notice the extra charge if you don’t have a habit to scrutinize the bill. Also all the money goes to homeless charity, so you can’t choose where the donation goes to, and this system is unfair for other charities that also desperately need money for the holiday season. I prefer to choose to whom I donate, and how and how much I give on my own, instead of this little card tell me to do so… Please don’t blame on me about this, as many others think the same but just don’t say so publicly.

In addition I don’t like the fact that some restaurants join this scheme just to look good that they care about people in need, without contributing anything themselves rather than just sending off the money collected from their customers. I would feel more comfortable to donate if restaurants, who earn more money during this season, also add up like 50p or £1 on top of the donation from the customers, as my donation would contribute to raise more money to the charity.

 

 

Most Viewed News: Alien-like creature seen in Bristol harbour

マンデラ氏の死去、サッカーのW杯ブラジル大会の組み合わせ抽選会、昨日の強風の被害といった見出しがメディアを賑わす中、さっき見たテレグラフ紙ウェブサイトの「most viewed(最もクリック数の多い)」ニュースNo.1は、ブリストル・ハーバーに出没した謎の光る生物。専門家でさえ見たことのないこの珍動物は一体何なのか?テレグラフ紙によると、可能性としては、

  • 珍種のサルパ(海洋性原索動物)
  • クラゲ:発光遺伝子を持つクラゲの種類は多いそう
  • エイリアン:多くの目撃者は、この物体をエイリアンに例える
  • アート・インスタレーション:何人かの海洋生物学者は、この光る物体は生物には見えず、人工物ではないかと疑っている
  • バンクシーの作品:ブリストル出身の覆面グラフィティ・アーティストの仕業だという人も
  • ただのいたずら(prank)

もし真相が分かったら、また報告します。

Among all the important news of the day such as Nelson Mandela’s death, 2014 Fifa World Cup draw, and strong storm hit UK yesterday, the most viewed news on Telegraph web is about ‘alien’ like creature spotted in Bristol Harbor. According to the Telegraph, this rare creature that even experts haven’t seen before could be:

  • A rare type of marine salp
  • A jellyfish: many species of jelly fish carry luminescent and fluorescent genes
  • An alien: a number of witnesses likened it to an alien
  • An art installation: some marine biologists are unconvinced this was a living thing but artificial
  • A Banksy work: some people have suggested that Bristol-born Banksy might be behind this
  • A prank

If I find out the truth, I will let you know on my blog.

‘The Da Vinci Code mural’ at ‘Cocteau Chapel’ @ China Town

ジャン・コクトーが描いた壁画のあるNotre Dame de France(ノートルダム・ド・フランス)教会のことを知ったのは最近のこと。ロンドンの住人の間でもほとんど知られていないフランス系の小さな教会のことが、日本のガイドブックに載っていたと、ロンドンに旅行に来ていた旧友が教えてくれたのだ。思うと、偶然が重なって、この教会に行き着いた。春にコート・ダジュールを旅行した際、マントンコクトー・ミュージアムと、コクトーが1957年に壁画を描いた、ヴィルフランシュ=シュル=メールにあるサン=ピエール礼拝堂を訪れたのが最初。その後、何年も前に友人に譲ってもらったのに開かずにいた、ダン・ブラウンダ・ヴィンチ・コードを何故か読み始めたのだが、ダ・ヴィンチ・コードで、コクトーがシオン修道会歴代総長の一人として取り上げられ、このロンドンのノートルダム・ド・フランス教会が一時舞台となっていたことは、全然知らなかった。そして、20年以上ぶりに会う友人からの情報。特段、コクトーファンでもないのだが、この数ヶ月の間にコクトー関連の出来事を幾つも経験したことに、少し驚いている。

この「コクトー・チャペル」は、チャイナタウンとレスタースクエアの間の小さな通り、知る人ぞ知るPrince Charles Cinemaのすぐ側にある。中に入ると、多くの男性が頭を垂れて座っている。最初、なんて信心深い人たちだろうと思ったのだが、よく見ると場所柄か、ホームレスか酔っ払いが、入場無料の教会で居眠りしていただけだった。

ロンドン駐在のフランス文化アドバイザーに請われて、コクトーが教会内に壁画を描きにロンドンにやってきたのは、1959年11月。戦時中の爆撃による教会の修復工事中に、たったの9日で壁画を完成させたそうだ。聖母マリアに捧げたという壁画は、受胎告知キリスト磔刑被昇天の3枚のパネルで構成され、入口正面のメインの祭壇ではなく、左側の防護用ガラスに覆われた小さなスペースにある。中程にあるキリスト降誕を描いたモザイクはコクトーの作品ではなく、ロシア人アーティストのBoris Anrepのもの。コクトーがアルファベットの「M」を配したパネルでモザイクを覆ってしまったため、2003年のクリーニングの最中に再発見されるまで、教会自身もその存在を何故か知らなかったという。残念なことに、現在「M」パネルは祭壇から外され、物置のような近くのスペースに飾られている。

防護ガラス越しではかなり見にくいのだけれど、近年いたずら書きされ修復せざるをえなかったことを考えると、仕方がないのかもしれない。黒い太陽の周りに光の輪が加えられ、コクトーの署名の下に、自身の署名かどうか分からないが「T_A*」と書かれていたそうだ。幸い表面に埃がたまっていたため、最悪の事態は逃れ、昨年修復が終わった。

コクトーの壁画には、通常カルトのシンボルである黒い太陽や青いバラなど、通常の教会では使われないシンボルやサインが描かれている。また、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐の中で、キリストの腕とキリストの横にいる人物(ヨハネというのが通説だが、マグダラのマリアとの説も)が「M」を形作っているように見えること、そしてMがマグダラのマリアの暗示しているようにもとれることなど、ダ・ビンチコードを読んだ後では、全てが謎めいているように思える。そのため、コクトーの壁画への落書きが、シオン修道会または、敵対するオプス・デイのメンバーだとする陰謀説も根強い。

何を言っているかさっぱり分からないと言う方、ダ・ヴィンチ・コードを読んで、その後West End Extraの記事が取り上げている陰謀説を読むと、色々想像が膨らんで面白いですよ。

→コクトーの壁画の詳細と落書きされた様子はInternational Timesサイト
I happened to know about this mural with coloured line drawing by Jean Cocteau in a small church of Notre Dame de France, from my friend from Japan visiting London. Several things related to Cocteau that I’ve experienced in few months are pure coincidences to me. First, I went to Côte d’Azur in Spring and visited Cocteau Museum in Menton as well as Chapelle Saint-Pierre (Saint Peter’s Chapel) in Villefranche-sur-mer, restored and decorated by Cocteau in 1957. After the trip, I started to read Dan Brown‘s famous The Da Vinci Code, many years after a friend of mine gave it to me, without knowing Cocteau is mentioned in the novel as one of the Grand Masters of Priory of Sion and his mural at “Cocteau Chapel” in London. Then my friend whom I haven’t met over 20 years told me about the chapel.

“Cocteau Chapel” is located on a quiet side street between China Town and Leicester Square, next to the Prince Charles Cinema. When I entered the chapel, I saw quite a lot of people sitting with their heads down on church chairs. I thought how religious they were, but I was wrong. They were probably homeless or drunk, just getting a sleep in a church with free entrance.

Cocteau came to London to paint the murals in Our Lady’s chapel with a request by France’s cultural adviser in London, during a restoration of the church due to wartime bomb damage. He finished this work just 9 days in November 1959. Cocteau’s mural is not behind the mail altar, but in a small corner on the left, protected by glass windows. The murals, dedicated to the Virgin Mary, are consist of 3 panels: the Annunciation, the Crucifixion and the Assumption. Mosaic of the Nativity on the altar is not by Cocteau, but by the Russian artist Boris Anrep. Cocteau covered the mosaic with his ‘M’ panel, and the Church didn’t know about the mosaic for some reason, and rediscovered it in a 2003 cleaning operation. Now Cocteau’s panel was removed for the respect to Anrep, and is hung nearby space, sadly surrounded by some junks.

I couldn’t see the mural well through the protecting glasses, but probably it is necessary as the mural had to go through restoration due to the recent vandalism: someone painted a light circle around the black sun, and added “T_A*” under Cocteau’s signature. Luckily the dust accumulated on the surface protected the mural from total destruction.

This Cocteau’s mural include some unusual symbols and signs, and stir  speculation of its meaning, such as the blue rose at the bottom of the crosswhich is a well-known occult symbol as is the black sun. ‘M’ altar panel may refers to Leonardo da Vinci’s Last Supper with M-shape made by the arms of Jesus and the figure on his right, or initial of Mary Magdalene. The vandalism over the mural also caused conspiracy theories suspecting that it was done by a member of Priory of Sion or Opus Dei.

You don’t know what I am talking about? It is too complicated to explain here, so if you are interested, please read The Da Vinci Code and then the West End Extra’s article about conspiracy theories.

→Also see International Times website for detailed descriptions of the mural and photos before the restoration.

コクトーの自画像(右下)/ Cocteau’s Self-Portrait (bottom right)

Italian Restaruant Week: Obikà Mozzarella Bar @ Charlotte Street, Tottenham Court Road

先週からの続きで、イタリアンレストランがテーマです。

Obikà Mozzarella Barは、DOP(イタリアにおける原産地名称保護制度)を受けているMozzarella di Bufala Campanaカンパニア地方で水牛の乳から作られるモッツアレッラチーズ)と伝統的イタリア料理を楽しめるレストラン・チェーン。「Obikà(オービカと発音)」は、イタリア語で「Ecco Qua”(さあ、どうぞ)」を意味するナポリの方言「obiccà」が語源だそうだ。六本木ヒルズや東京ミッドタウンにも店舗があるので知っている人もいるかもしれない。

Obikàの第一号店は、2004年にローマにオープンした。モッツアレッラ・バーというユニークなコンセプトが受けて、現在アメリカ、イギリス(ロンドンに4店舗)、日本等、イタリア国外にも展開している。

最初にObikàに行ったのは、セルフリッジズにロンドン第一号店が開店したばかりの頃(ウェブサイトには現在この店舗は載っていないので、まだあるかどうかは不明)。お洒落な店でモッツアレッラをつまむという新しい経験が印象に残ったが、最近できたCharlotte street店に行ってから、その好印象がしぼんでしまった。売りのモッツアレッラは美味しかったけれど、イタリアン・デリで高品質のモッツアレッラを買って、オリーブオイル、塩、こしょうで味付けすれば、同じものを家でも食べられる。そのスタイリッシュなインテリアと対照的に、注文したパスタは、近くにあるチェーン店のZizziStradaと変わらない、可もなく不可もないファミレス的な味。パスタソースは手作りではなく、大量生産品ではないかと疑っている。日本でも人気みたいだが、この程度で、どうやって競争の激しいイタリア内で生き残り、世界進出できたのか不思議。

Continuing from last week’s Italian restaurants series.

Obikà Mozzarella Bar is an Italian restaurant chain, based on Mozzarella di Bufala Campana together with traditional Italian recipes. Obikà (pronounced Oh-bee-KA) comes from obiccà, the Neapolitan dialect meaning “Here it is.”

The Obikà Mozzarella Bar was first opened in Rome in 2004. With its unique concept of ‘mozzarella’ bar, the chain has expanded to outside Italy such as US, Japan and UK (four in London). 

We first went to Obikà at Selfridges just after its opening (I am not sure if it is still there, as it is not listed on their website). It was new experience and exciting to eat fresh mozzarella in a nice ambience. But our good impression about Obikà turned sour after we second time experience at newly opened venue on Charlotte street. Their mozzarella was good, but you can have good ones at London’s any Italian deli and you can make your own cheaper at home. On the contrary to its sleek interior, their pastas were mediocre, not different from other Italian chains such as nearby Zizzi or Strada, and the taste of the sauces were not fresh but mass produced. I don’t know how they could manage to survive in Italy with harsh competition and make themselves world-wide??

Italian Restaurant Week: Bocca di Lupo @ Archer Street, Piccaddily Circus

ロンドンのウエスト・エンドで人気のあるイタリアンと言えば、Bocca di Lupo。オーナーはイタリア人じゃなく、イタリア料理を愛するイギリス人シェフ2人。でも二人のイタリア料理の腕と情熱は本物、彼らの作るイタリアの様々な地方の郷土料理は、下手なイタリア人シェフのお店より断然美味しい。なので、14席しかないこの小さな名店の予約を取るのは平日でも至難の業。木曜日の夜10時頃、予約なしで行って座れたのは幸運だった。でもこの日が最初で最後、その後何度か予約を試みたが、都合のいい時間に席は取れずに早8ヶ月が経った。試しに今日予約状況をチェックしてみたら、次の予約可能な日は、なんと1月2日の夕方6時前か9時45分以降。12月24日から1月2日まで店を休む事を考慮しても、びっくりだ。彼らの料理を食べたいなら、「Bocca recipe book」というレシピ本を買って自分で作った方が早いかもしれない。

8ヶ月前に何を食べたかハッキリは覚えていないが、レシートを見ると、トマトソースベースのタリオリーニオレッキエッテ、そしてErbette(フダンソウ)、Agrettiおかひじき)、そしてアーティチョーク(写真下)を注文したみたいだ。注文の詳細は覚えてなくても、どの一品も美味しかったことは記憶に残っている。お店曰く、メニューは旬の食材の変化につれて頻繁に、多い時で一日に2回も変えるそうなので、私たちの食べた品はメニューにないかもしれないので参考にならない。食後のデザートは、お店のメニューから選んでもいいが、向かいにある姉妹店のGelupoで美味しいジェラートをいただくのもお薦め。

ちなみに、「Bocca di Lupo」は「オオカミの口」と言う意味で、「in Bocca al Lupo(オオカミの口の中に)」は「頑張れ、幸運を祈る」というイタリア語の表現。なのでIndependent紙の解説が正解で、Evening Standardが間違い。言われた方は「crepi (il lupo)(オオカミなんかやっつけてやる)」(=大丈夫、頑張るよ)と返す。ご興味のある方がBocca di Lupoの予約が取れるよう、in Bocca al Lupo!

West End’s popular Italian is certainly Bocca di Lupo. This restaurant is not Italian owned but is operated by two Italian-loving British chefs. Their love in Italian cuisine is real. Their food, mixture of regional dishes across Italy, is as good as, or even better than many other Italian counterparts. No wonder why it is so hard to book a table at Bocca di Lupo with only 14 tables, not only on weekend but also weekdays. In fact, we were lucky that we got a table without reservation on Thursday night at 10pm, when we could dine there for the first and only time. Since then I checked their website every now and then, trying to book a table but always failed. I checked today from curiosity for next available reservation for dinner and is on January 2nd, either before 6pm or after 9:45pm (they close the restaurant from Dec 24 till Jan 2). Crazy! Maybe a good idea to buy their “Bocca recipe book” and cook yourself if you want to try their food.

I went there 8 month ago (time flies!) and I cannot remember exactly what we ordered – tomato sauce-based Tagliolini and Orecchiette, and side dishes of Erbette (Chard), Agretti and Brased artichokes, according to the receipt (photo below), but I do remember all the dishes were good. Nevertheless our experience doesn’t matter as they change their menus almost every day, sometimes twice a day to keep up with the changing seasons, they claim. If you fancy ice cream, you can have delicious gelato at sister shop Gelupo across the street after dining at Bocca di Lupo, as well as their own desert menu.

By the way, “Bocca di Lupo” means “mouth of the wolf” in Italian as Independent review says, and “in Bocca al Lupo (into the mouth of the wolf)” for good luck. So Evening Standard review is wrong. The answer to the phrase is “crepi (il lupo) (may the wolf die!)” “in Bocca al Lupo” for your try to book a table at Bocca di Lupo!