Tag Archives: イギリス

Maze Grill by Gordon Ramsay @ Grosvenor Square, Maifair

ゴードン・ラムゼイ。元サッカー選手でテレビにもよく出演するセレブリティ・シェフ。イギリスに13軒、世界に20軒レストランを展開し、トータルで14ものミシュラン星を持つ。メイフェアのMariott Hotel Grosvenor Square内にあるMaze Grillは、様々な種類の牛の肉と部位を揃え、客の好みの焼き方で炭焼きしてくれる、肉を得意とするお店。その割に何故か寿司もメニューに並んでいるが、肉と寿司を一緒に出すのは、日本人的には邪道に思える。

Maze Grillのハンバーガーは、二切れのオニオンリング以外付け合わせなしで£14するが、肉を得意とするだけに美味しいに違いないと信じていたのに、期待外れだった。パテは熱々じゃなく、調理してからしばらく放置されていたのではないかと疑っている。好みの問題なのだが私はケチャップ派で、トマトレリッシュは元々好きではないけれど、ここのは甘すぎ。付け合わせのオニオンリングは衣が厚すぎて、ヘンな味のドーナツを食べているみたい。食前に出されたパンは美味しかったが、ハンバーガーの前にパンをサーブするのも変な気がする。

サービスは丁寧でフレンドリーだが、ワイン(ちなみにお高めのワインばかりで手頃な値段のものはない)から始まり、スターターはどうだのデザートはどうだの、ちょっと押し付けがましくて、何も注文しないと罪の意識を感じさせる態度。一応万年ダイエット中なんですけど。

お勘定は、1人£2のカバーチャージ、StreetSmartへの寄付£1、チップが自動的について、水、バーガー2人前、シーザーサラダ、コーヒー、紅茶を注文して〆て£59(約1万円)。せめて料理が美味しければ、天下のゴードン様のレストランに文句は言わないんだけれどね。

ランチからディナーまでノンストップで営業しているMaze Grill、通常のランチタイムを過ぎても、店内はかなり混んでいた。やはり彼の名声のおかげか。自慢のステーキを注文すれば良かったのかもしれないが、付け合わせなし肉のみで£28〜130(メニュー)もする。買い物ついでに立ち寄っただけで特別な機会でもなかったし、ハンバーガーだってイギリスではレストランでも出されるれっきとしたお肉料理だから、手を抜いてもらっては困る。

Gordon Ramsay. Ex-footballer turned celebrity chef and TV personality who owns or runs 13 restaurants in UK and another 20 worldwide (list) with total of 14 Michelin stars. His Mayfair outlet at Mariott Hotel Grosvenor Square, Maze Grill, specialises in quality meat and offers a wide selection of different breeds and cuts of beef cooked over a char grill at the guest’s specification. For some reason, sushi is on their menu but I believe they shouldn’t mix those two but just focus on meat. 

Therefore, Maze Grill’s hamburger, £14 with no extra except two onion rings, must be good. That’s what we expected. However we were disappointed. The patty was not hot, seemed like being left over the kitchen counter for a while. I didn’t like their sugary tomato relish, but this may be just my personal preference – I just prefer ketchup. And the onion rings were battered too much and quite disgusting. Oh, their bread was good, though it was a bit strange to serve bread for a hamburger.

The service was friendly but a bit pushy, like if we want wine (they don’t have any bottle with moderate price), starters, and desert, and made us feel cheap by not ordering extras (or it’s my imagination). But we are on diet, theoretically, and just wanted to have a plate of burger and some salad, and go.

Total cost of this lunch for 2 burgers, caesar salad, bottled water, tea and espresso, with £4 cover charge, £1 donation to StreetSmart, and gratitude automatically included, is £59, which is about $100. This is famous Ramsay’s restaurant I wouldn’t complain, as long as food is good, but it wasn’t.

Nonetheless, the restaurant was quite busy, even much after regular lunch time. Another advantage of Maze Grill is all-day dining. Largely thanks to Gordon’s name? Maybe we should have chosen their famous steaks. But it was a normal lunch, not for a special occasion, and it’s quite pricey starting from £28 up to £130 (menu). 

Argos Renewed Digital Store @ Old Street

11月26日、イギリスの生活用品小売大手のArgos(アーゴス)の、デジタル化したシステムを導入した新しいコンセプトの6店舗のうちの1店が、オールドストリート駅近くにリニューアルオープンした。アーゴスの象徴である時代遅れのラミネートされたカタログ、申込書と鉛筆、そしてオモチャのような在庫確認の器械は、iPadに取って代わった(旧システムは以前のブログ参照)。

アーゴス新店舗での買い物は、より簡単&迅速に。まず、商品説明ビデオや消費者のレビュー等が見られるアプリケーションを搭載したiPad、または店内の無料WiFiを使って自分のスマホやタブレットで商品を選ぶ。以前はレジで代金を払った後、味気ない待ち合いスペースでかなり待たされて商品を受け取らなければならなかったけれど、今は商品が用意されると、注文時に自分でインプットした合言葉が呼ばれるので、カウンターで代金支払い・商品受け取りが同時に出来る。また、前もってオンライン、または店内でスマホやタブレットで注文・支払いを済ましておけば、60秒以内に注文品が受け取れるFast Track collection serviceも導入された。

以前の安っぽくてアナログな店内に比べ、新店舗はハイテクで清潔。フロアには申込書や鉛筆等も落ちてないし、入口に山積みされた分厚いカタログもない。最初訪れた時は新しいシステムが分からず戸惑ったけれど、フレンドリーなスタッフがすぐさま助けてくれた。12月24日まで、£40買い物すると£5のヴァウチャーがもらえるキャンペーン中。

店は格段に良くなったけれど、チープなロゴと冴えない赤&ライトブルーの組み合わせは、モダンなデジタル店舗に合わない気がするけど。

UK’s catalog retail giant, Argos, transformed their analogue style and dull shop space and opened its first of six digital concept stores on Nov 26 near Old Street station. No more laminated catalogues, small pencils and paper slips, and toy-like stock checker machines (see my post for old system) – all are replaced by iPads.

How to shop at new Argos is easier and quicker. Customers use iPads with  applications such as product videos and customer reviews, or personal mobile devices via free in-store WiFi. The collection counter and annoying waiting system has gone as well. Previously, after paid at the cashier, you had to sit down and wait quite some time in a waiting space like a doctor’s office, facing the same way  to the collection counter. Now instead, after ordering via an iPad kiosk and choosing a memorable word to distinguish your order, then till staff use that word to call up the order, allowing shoppers to pay for goods and receive them at the same time. Customers purchasing goods online or via mobile devices can enjoy a new Fast Track collection service, so you can get your purchase within a matter of 60 seconds since you walk in the store, Argos claims.

Now the store looks more high-tech and clean. No pencils or paper slips on the floor. I went to shop at the new store for the first time and was a bit confused, but friendly staffs always offered a helping hand. Much better than before, though I still don’t like their (cheap) logo and color combination of red and light blue…
Until December 24, you can get £5 voucher when you spend £40. Good incentive to try their new digital stores.

argos ad

Artigiano Espresso Bar @ Paternoster Square, St Pauls

tea‘というティーハウスが閉店、その場所にArtigianoエスプレッソバーがオープンした。これは紅茶大国のイギリスが、どんどんコーヒーに侵略されつつある兆しか。

ロンドンに2店、Exeterにももうすぐ開店するというArtigianoは、コーヒーの品質にこだわりを持つ、らしい。コーヒー豆は、コーンウォールにある小さな焙煎業者・Origin Coffeeから仕入れ、通常のブレンドに加え、「旬」のブレンド、そしてドリップ式コーヒーを提供。エスプレッソマシンは予想通り、カスタムペイントされたLa Marzocco Linea。手作りの「こだわり」のサンドイッチやパイ、サラダ、ケーキやペイストリー等もある。エスプレッソバーのくせに、何故か地ビールやワインの種類も豊富なのだけれど、それは商売。イギリス人の好物を知っている。

ただでさえ日照時間の短い11月、太陽光の入る1階席に座りたかったのだが生憎満席。平日3時なのにスーツ姿の人が多いが、オフィスにいなくていいのか?仕方なく少し薄暗い地下のテーブルに座ったが、心理的効果が味覚に投影されたのか、Mのゴートチーズとトマトのバゲットサンドとポテトとリーキのスープはは不味くはないが特別美味しくもなく、私のベーコンと卵のサンドイッチはハッキリ言ってハズレ。紅茶とコーヒーもどこがこだわり一杯?という感じ。

tea‘ tea house is gone, and now Artigiano Espresso Bar moved in. Does this symbolize that coffee is taking over tea-drinking nation of Britain?

Independent coffee shop with two venues in London and one coming soon in Exeter, Artigiano says they care about quality of coffee. The coffee is sourced from Origin Coffee roaster from Cornwall. In addition to the regular coffee blend, a seasonal espresso and filter is also on offer. Espresso machine? Custom-painted La Marzocco Linea as you may predict. There serve also ‘artisan’ food  such as sandwiches, soups, pies, salads and some cakes. For some reason, another British’s favorites, craft beers & wines are available. It’s a business!

Ground floor seating is nicer with some precious sunshine in dark November, but was full with people in business suits at 3pm on weekday. They don’t have to be in the office? Downstairs is furnished in the same style, but felt more depressing for some reason. Maybe just psychological. However, this may or may not affect the taste of food and drink. M’s baguette with goat cheese and tomatoes and potato & leek soups were ok but not exciting, and my bacon and egg sandwich and were boring. Their ‘quality’ tea & coffee? Not so impressive…


“London’s Best Coffee” App

このブログの貴重な情報源の「London’s Best Coffee」アプリ。私もアプリを見つけたMも、本当は教えたくないけれど、既にインストール済みの人もいるだろうし、そのうち見つける人もいるだろうから、出し惜しみせず紹介します。

150以上の独立系カフェや屋台、ロースター(焙煎業者)を登録したこのアプリ、ロンドンで美味しいコーヒーが飲めるカフェを探すのにとても便利。使い勝手もいいし、常に情報はアップデートされ、新しいカフェも素早く追加される。カフェ情報は、住所と開店時間のみならず、使用するコーヒー豆、エスプレッソマシン、ドリップ式、サイフォン式、プレス式などのコーヒーの抽出方法までリストアップするというこだわりよう。お気に入りのカフェを評価したり、他の人たちにシェアすることも出来る。

お値段は£1.99、Google playiTunesで入手可能。

I am not sure if M, who found this app, or I really want to share this app with you, as this is one of the important sources of my blog. But probably some of you already have it or you would find it sooner or later anyway.

With over 150 best independent cafés, stalls and artisan roasters registered, “London’s Best Coffee” app is excellent tool to find a café serving speciality coffee near you in London. The app is regularly updated and new cafés are quickly added. It includes reviews, photos, maps and news, and easy to use. Even I can use it. The information of the cafés is very detailed – not only address and opening hours but also the type of beans, espresso machines, and even available brew methods each café uses. You can rate your favourite places and share with others.

Available at Google play and iTunes for £1.99.

Caffeine: The Coffee Lover’s Magazine

イーストロンドンの人気上昇と同時期、ロンドンでは、クオリティの高いコーヒーの需要も増加。ご存知のように、お茶文化はイギリスの誇る伝統で、10年ほど前までは美味しいエスプレッソを探すのは至難の業、今人気で私も好きなフラットホワイトなど存在しないに等しかった。それが今では、至る所で美味しい一杯がいただけるようになった。

そんな中、2013年に新発行されたのが、ロンドンやイギリスのその他の街の独立系カフェにスポットを当てたコーヒー好きのための無料誌・Caffeine(カフェイン)。オンライン、アプリ、印刷版があるが、私のお薦めは印刷版。全ページカラー印刷でレイアウトや写真のセンスも良いし、紙の優しい手触りも匂いも好き。コーヒーの蘊蓄、ロンドンの人気カフェや新規開店が満載の紙面からは、編集者のコーヒーへの愛と造詣がひしひしと感じられる。印刷版は、ロンドンの独立系コーヒーショップに置いてあるので、見かけたら是非手に取ってみて(写真は最新号で6冊目となる2013/04年12/1月号)。

As well as the growing popularity of East London, demand for quality coffee has been increased in recent years in London. As you know, tea is British proud tradition, and it was hard to find a decent cup of espresso in London about 10 years ago, and nobody knew about now well-liked and also my favorite Flat white. But today you can find it everywhere!

Founded early this year, Caffeine is a free magazine for coffee lovers, focusing on the independent coffee scene in London and other parts of UK. It is available online or print edition as well as their app. But I like their print version – it is all in color and well-designed, and I love the touch and smell of the paper they use. You can tell that the editors of this sleek magazines are really into coffee, and you learn a lot about coffee and London’s café scenes. Interested? Go and pick up your copy at London’s independent coffee shops (Photo above: their 6th & latest Dec/Jan 2013/04 issue).

Snapshot of the most beautiful espresso machines they found

Free Papers in Hackney & East London

近年、ヒップでエキサイティングなエリアとしてのイーストロンドンの評判が上がるにつれ、ローカルなニュースやカフェ、レストラン、バー、アート&カルチャー、イベント情報などを掲載した新しい無料情報紙が次々誕生している。写真は最近この辺でよく見かける3紙。

Hackney Citizenは、独立系の無料月刊紙で、いつ創刊したかの記載はないけれど、2009年6月にFacebookページが出来たことを考えると、その頃だろう。2010年7月には従来の年4回から毎月の発行になり、現在、毎月第一週にハックニー内の駅、カフェ、ショップ、マーケット、図書館などに置かれる。

East End Reviewについては、この12月号が3号目とまだ新しく、イーストロンドンの音楽やアート、シアター、本、映画、ファッション、フード&ドリンクを紹介するということぐらいしか、情報がない。でも、発行者がHackney Citizenと同じくCitizen Media Ltdなので、この2紙は姉妹紙なんだろう。

Dalstonistは、近年開発著しいDalstonとその周辺エリアに住む18〜34歳の若者をターゲットに、ローカルカルチャー、音楽、イベント、ナイトライフに関する情報を掲載。オンラインメディアとしてスタートしたが、最近季刊で印刷版を発行、2013/14年冬号が記念すべき第一号だ。

3紙ともカラーで紙面デザインもいい。イーストロンドンの今を知るのに便利。

As East End’s reputation as a hip & exciting district in London has gone up steeply in recent few years, some free papers have come out to tell readers about local news, cafes & restaurants, art & culture, and events. The three papers in the photo above are the ones I often see at many places across the area.

Hackney Citizen is Hackney’s independent, free monthly newspaper. I can’t find when they started, but I guess it was June 2009 when they joined Facebook. From July 2010, it became a monthly publication from its quarterly print editions, distributed in the first week of every month at Hackney’s markets, train stations, and in cafes, shop, businesses and libraries.

I can’t find much information on internet about East End Review, rather than talking about arts and culture in East London, such as music, art, theatre, books, film, and fashion, as well as food & drink. And this December issue is the third edition of them. But the publisher, Citizen Media Ltd, is the same as of Hackney Citizen, so I assume they are sister papers.

Dalstonist offers news about local culture, music, events and nightlife for 18-34 year olds (I am out of their target readers…) in emerging area of Dalston and the surrounding area in Hackney. They started as online paper but now they launched their first quarterly print publication for winter 2013/14.

All three papers are printed in colour and decently designed. Perfect source to get more in depth information of East End.

Kiosk Takeaway Sandwich Shop @ King’s Cross Station

キングス・クロス駅に隣接するGreat Northern Hotelのテナントで、西側コンコース側にあるテークアウト用サンドイッチショップ・KIOSK。ヒップなデザインが目を引くこのお店は、その場でスライスしたローストターキー(七面鳥)やポーク、ソルトビーフ等をこだわりのパンに挟んだグルメサンドイッチが売り。朝11時前まではクロワッサンやマフィン、ポリッジ、そしてブレックファスト・サンドイッチと朝食用メニューがある。こだわりついでに、コーヒーもMonmouth coffeeのもの。パッケージデザインもいい感じ(ウェブ参照)。まだここのサンドイッチは食べた事がないのだけれど、もしキングス・クロス駅から電車に乗る事があれば是非一度トライしてみたい。

KIOSK, built into the ground floor of the Great Northern Hotel and opened to the Western Concourse at King’s Cross Station, is a hip take-away shop that grabbed our eyes when passing by. They sell hot roast meat sandwiches with freshly hand-carved turkey, pork or salt-beef in between artisan breads, as well as breakfast favorites such as bacon or sausage sandwiches, croissants, muffins and porridge. Monmouth coffee is also available to go. I love their package design! (see their website).I haven’t tried their ‘gourmet’ sandwiches yet, but it’s on my to-eat list if we have a chance to travel from King’s Cross station one day.