Tag Archives: イズリントン

Italian Restaurant Week: Paesan @ Exmouth Market

長らくブログを読んでくださいっている方はご存知かと思うが、私たちはよくイタリアンを食べに行き、時々ブログにもそのことを書いている。最近イタリアンネタがたまってきたので、今週はイタリアン特集を。

初日の今日は、お洒落なExmouth MarketにあるPaesan。店名は、イタリア語で田舎者、農民を意味する「paesano」の省略形、「cucina povera(貧乏人のための料理、農民の台所)」を謳う。ここの「シンプルでつつましやかな」料理は、イタリア人が大好きなおふくろの味を再現しているとのこと。

確かに、内装に木やセカンドハンドの家具を使ってラフな感じを出しているけれど、流行に敏感な人の集まるExmouth Marketだけあって都会的で今風。イタリアのあちこちを車で巡って、小さな田舎町で本場の田舎料理を堪能した身には、ここは本当の「cucina povera」ではなく、ロンドンに数多存在するお洒落な中流階級向けのトレンディなレストラン。値段も高くはないが安くもない。メニューにある「ヴィンテージ」カクテルやシャンパンにいたっては、料理の方向性と矛盾している。イタリアの本物の「paesan」料理の足元にも及ばないのに、そのもったいぶった態度が気に食わない。この手の料理なら、Ombraの方がずっと美味しい。

If you are a long-time reader of my blog, you know we like Italian food and wrote quite some times about Italian eateries. This week, I will write about Italian restaurants we’ve been in last few months.

First is Paesan on hip Exmouth Market. They call themselves as “Paesan (shorted version of “paesano,” Italian for “countryman”)” and their food as “cucina povera (“cooking of the poor” or “peasant kitchen”).” Their “simple & humble” food is inspired by people’s favorite family dishes in Italy.

The restaurant creates rusty feels but sleeker and more urban. We traveled across Italy and enjoyed real paesanty food, but the restaurant is not true “cucina povera” but London’s another fashionable restaurant for middle class  with middle class pricing. And a list of fancy ‘vintage’ cocktails and champagne contradicts the concept of “cucina povera”. I just don’t like such phoniness and pretentiousness, and their food was not a standard of real great Italian paesant cooking. I rather go to Ombra for this kind of Italian food – they do the better job than Paesan.

日替わりパスタのオレッキエッテとソテーしたwild greens

Pasta of the day with orecchiette, sauteed wild greens

It’s not Princi, it’s VIVO!

Vivoは、エンジェルのUpper Streetに新しく出来た(8月頃だと思う)、イタリアン・ベーカリー&カフェ&バー。イタリア語で「活気のある」という意味のVivoの長さ14mもある花崗岩製フードカウンターには、四角くスライスしたピッツァ・アル・タッリョ、ラザーニャ、パスタサラダなど各種サラダといった、イタリアから輸入した材料で作ったイタリアのお惣菜をはじめ、イタリアのスウィーツやペイストリーなど、美味しそうなものがずらりと並んでいる。ランチやディナーなどちゃんとした食事も出来るし、カフェとしてナポリ風コーヒーとドルチェを楽しんだり、おつまみと一緒にイタリアン・ワインを傾けるのもいい。

ここまで読んで、そして写真を見て、どこかで見たことがあるような?と思った方。もしかしてそれは、ソーホーにあるPrinciでは?カウンターで出来合いの料理を注文するというコンセプトも同じ、インテリアもそっくり、そして料理の種類もほぼ一緒。Princiのパクリとしか思えない(店員は後ろめたそうに違うと言い訳していたけど)。でも、Princiはロンドンに1軒しかないし、わざわざソーホーに行くより、近場のエンジェルの方が便利。それに食べ物もフレッシュで美味しいし、何より、いつも混雑していて騒がしく、席を探すのも難しいPrinciに比べ、時間を気にせずゆっくり食事できる。だから私的には偽物でも全然OK!

Vivo Bakery-Café-Bar is a new casual Italian eatery on Upper Street, Islington. It opened in August, I believe. Vivo (“lively, vivacious, soulful, vibrant” in Italian) offers all day a selection of Italian prepared dishes using the regional Italian ingredients, such as pizza ‘al taglio’ (rectangular slices), lasagne, a variety of fresh salads, as well as a range of Italian desserts, pastries and sweets. You can see them all showcased on 14-m long granite food counter. You can eat lunch or dinner, have a cup of Neapolitan coffee & dolce, or drink Italian wines with nibbles.

Now I want to ask you a question – does Vivo remind you of something? May be Princi in SOHO? Indeed, their concept of cafeteria style is the same, their interior looks alike, and their range of food is almost identical. Maybe they copied Princi or maybe not. But I don’t care, and probably other customers. There is only one Princi in London so far, and it is much easier for us to come to nearby Angel. Their food is authentic and great as Princi, and it is more relaxed, not like as Princi where is always packed of people and noisy.

Melanzane alla Parmigiana(なすのチーズ焼き:右)とパスタサラダ

Melanzane alla Parmigiana (right) and pasta salad.

OPEN HOUSE Pop-Up Shop by John Lewis @ N1 Shopping Centre, Islington

House by John Lewisという新しい家庭用品・家具ブランドの販促のために、大手デパートチェーンのジョン・ルイスが10月18日、イズリントンのN1 shopping centreに「Open House by John Lewis」というpop up shop(期間限定ショップ)をオープンさせた。

House by John Lewisは、最新のデザイン製品を手頃な価格で提供する、新しい自社ブランド。IKEAやHabitatと同じコンセプトで、見た目も似ている。IKEAは郊外に店舗があるから客の奪い合いにはならないかもしれないけれど、繁華街に店舗を持ち、既に経営危機にあるHabitatにとっては、強力なライバル出現だ。以前、色々お世話になったHabitatには同情するが、弱肉強食の社会、力と金があるものが勝つのが世の習いだから仕方ない。

11月10日まで、Open Houseは店内のコーヒー&ジュースバーと共に、毎日朝10時から営業している。店ではまた、映画上映(火曜日)、ストリートフード料理教室、カクテル等のドリンクがタダのOpen House Party(毎金曜日)など各種イベントが催され、全て無料。日曜日は、ボードゲームで遊ぶことも出来る。さすがイギリスが誇るジョン・ルイス。太っ腹だ。

On October 18th, Department store chain John Lewis opened a temporary pop up shop, ‘Open House by John Lewis’, in Islington’s N1 shopping centre, to promote its House by John Lewis homewares and furniture range.

House by John Lewis is a range of modern but affordable products for a contemporary home. Look exactly like IKEA or Habitat. IKEA shops in suburbia don’t have to go on a turf war with John Lewis, but already troubled Habitat stores on high street must see it as a new powerful competitor. As once a fun, I feel very sorry for Habitat, but this is life.

Open House, as well as a coffee and juice bar in the shop, is open from 10am every day until November 10. The shop also hosts free events regularly, such as Tuesday night film screening, a street food workshop, and Open House Party every Friday with free drinks. On Sundays shoppers can enjoy board games and Bloody Marys. How generous they are!

地下の映画上映用スペース。デッキチェアはあまり座り心地が良くなさそうだが、まあ無料だし文句は言えないか。

Film screening space downstairs. The deck chairs look a bit uncomfortable but it is free at the end and can’t demand too much.

House by John Lewis製品は、John Lewisのウェブサイトで購入可能。最寄りのジョン・ルイスや提携スーパー・Waitroseでの商品受け取りは送料無料。

House by John Lewis products are available on John Lewis’ website. Click & collect service from John Lewis and Waitrose supermarket is free.

Sweet Thursday Pizzeria & Wine Shop @ South Gate Road, De Beauvoir Town

   

Mは大のピッツァ好き。見た目のいい(これも肝心)ピッツェリアを見ると、チェックしないではいられない。先日North Gate roadを愛車のベスパで走っていた時も「pizzeria & wine shop」の文字を見かけ、このSweet Thursday前で即座にブレーキ。数日後、味試しに店を訪れた。

入口にはワインショップがあり、奥がレトロモダン風インテリアのピッツェリアになっている。一番奥のグループ用の大テーブルは、中庭に面していて陽当たりもいい。オーナーはこのDe Beauvoir地区で生まれ育ったイギリス人で、イタリア人ではないが、オープンキッチンで働くスタッフは皆イタリア人。しかも、年季の入ってそうな中年のピッツァ職人がいて、期待が高まる。

ここのピッツァは、ナポリから取り寄せた食材と伝統的な方法で作るナポリスタイルで、イートイン&テークアウトどちらもオッケー。メニューにのっているピッツァの他、自分で好きなトッピングを組み合わせることも出来る。私たちはマルゲリータにアンチョビをトッピングした、いつもの一品を注文。窯から出て来たばかりの熱々ピッツァは見た目も味も素晴らしい。生地はもちっとしていて、美味く溶け合った完熟トマトソースとモッツアレラも美味。でもこれは最初の訪問の話。2回目に行った時は、例のピッツァ職人は見当たらず、味も落ちている。寿司と同じで、ピッツァも簡単そうに見えるけれど、おいしいピッツァはピッツァイオーロ(ピッツァ職人)の腕次第なのだ。今度行く時は、彼がいるか外からコッソリ確かめてからにしなければ。

ワインは飲んではいないが、メニューや店先に並ぶワインを見る限り、セレクションもなかなか良さそう。ハウスワインも、シチリア産オーガニックワインをリーズナブルな値段で出している(1リットル入りカラフェ: 白£16.50 / 赤£20)。またメニューになくても、店で売っているワインなら、少額のコルク代を払えば店内で飲める。ピッツェリアの客は、同日ならワインショップで売っているワインが10%割引の特典も。ワインテスティング等のイベントも開催しているので、ご興味のある方はどうぞ。

M is a big pizza fan. He has to take a look, every time he finds a good looking pizzeria. When we were driving through North Gate road, he immediately spotted this “pizzeria & wine shop” Sweet Thursday and stopped his vespa right away. After few days later, we visited Sweet Thursday to try their pizza.

Front is the wine shop and pizzeria space, decorated in funky retro-modern style,  on the back. There is a big table for a larger group, facing a nice & quiet small garden. Owners are not Italians but De Beauvoir natives, but the staffs seen in the open kitchen were all Italians, including an experienced-looking middle age pizzaiolo.

They serve Napoli style pizza for eat-in or takeaway, made using the ingredients from Naples with traditional pizza making techniques. You can either choose topping from their menu or create your own. We ordered classic margherita with extra anchovies topping, as we always do (we are very conservative about pizza). It was looking good, and tasted good – chewy dough with mozzarella melting nicely into sweet tomato sauces. It was nice, at least on the first visit. We went there for the second time, the master pizzaiola was nowhere to be seen. And pizza was not as good as the first one… I realize that pizza looks easy to make, but pizzaiolo’s skill is definitely needed for a great pizza. And the same for sushi, just an small addition. So please don’t believe that YO! sushi or Tesco’s sushi is authentic and as good as the counterparts in Japan! Anyway, we have to check if the pizzaiola is there next time we go.

As for wine, they seem to have good selection of wines, and even their house wines are organic from Sicily (1 litre carafe: £16.50 for white / £20 for red). Apart from their menu, you can also have any bottle at their wine shop with a small corkage fee. If you eat at the restaurant, you can have 10% off the price of wine in their shop that day. They also host wine tasting events as well, if you are interested.

Longroom@St John’s Street, Smithfields

 

Longroomは、クリエイティブ産業が集まるクラーケンウェルに3月にオープンした、お洒落なパブ。ビールが売りだけれど、スミスフィールズ食肉市場に近いという立地から、「quality meat(良品質の肉)」も謳う。メニューはシンプルで、Gail’s bakeryのパンを使ったサンドイッチに、グリルチーズかhot salt beefの盛り合わせ、サラダ、サイドディッシュ、そしてデザート1種のみ。パブだからとあんまり期待していなかったけど、トーストしたサンドイッチ(Lincolnshire Poacher £7.50&Craft Beer rarebit £7)は意外に美味、味をしめて後日再来店、スープ半分サンドイッチ半分の「worker’s lunch」セット(£7.50)を注文。サンドイッチは期待通りの味だったが、スープが水っぽく具がほとんど入っていなかったのがマイナス点。そして女性ならともかく、男性なら2人前必要なのでは、と思うほど量が少ない。コーヒーも、近くのWorkshop Coffeeのコーヒー豆を使っていながら、バリスタかコーヒー豆、エスプレッソマシンの何が悪かったのか分からないが、とにかくお粗末な味。サクッとサンドイッチだけ食べて帰るか、パブとしてビールを飲みに行くのが無難。

Longroom is another good looking pub in Smithfields, opened in this March. Yes, this is a pub and their specialty is beers, but they claim that they also serve ‘quality meat’, as it is located just a stone away from the Smithfields meat market. Their food menu is rather short in compare to their drink menus, and basically what they have is several kinds of sandwiches with bread from Gail’s bakery and sharing boards of grilled cheese or hot salt beef, as well as few salads and sides and only one desert. Their toasted sandwiches (Lincolnshire Poacher £7.50 and Craft Beer rarebit £7) were surprisingly good. Another day we ordered their “worker’s lunch” (1/2 soup & 1/2 sandwich £7.50). Again the sandwiches were good, but their soups (onions and broccoli) were diluted and barely contained any piece of ingredients. The portion was small, not for ‘workers’ who definitely need to eat double of it. And the coffee from nearby Workshop Coffee were disappointedly bad. We were not sure what was bad, the barista, coffee beans, or espresso machine… Go for sandwich, or beers only.

The Attendant Café @ Foley Street, Fitzrovia

The Attendantは、1890年頃に建てられた男性用公衆便所という、飲食店では考えられないロケーションに今年2月にオープンした、ユニークなカフェ。1960年代から50年以上、使われないで放置されていたものを、10万ポンドと2年という歳月をかけて計画・改築、徹底的に清掃を行い完璧に清潔にしたという。昔の管理人部屋はキッチンとして生まれ変わったが、鋳鉄製の凝った外観、ヴィクトリア朝時代のフロアタイル、またカウンターブースに改造されたDoulton & Co社製のポーセリン便器など、オリジナルの特徴も残している。

→before&afterの写真:Daily Mail

このカフェは、提供するフードやドリンクの品質にも注意を払う。ミシュラン星付きのレストラン・Pollen Street Socialで働いていたというシェフが、青果卸売市場のNew Covent Garden Marketや、Ivy House Farmなど厳選された業者から仕入れた高品質の食材を使い、腕を振るう。コーヒーはCaravan Roasteryの豆を使用。バリスタの一人に見覚えがあると思ったら、オールドストリートのカフェ・Salvation Janeで以前働いていた人だった。

元公衆便所(しかも男性用)と思うと、ちょっと生理的には微妙なところだが、雰囲気はいい。小さなお店だから混んでいる時間は席取りが難しそう。ミシュラン星レストラン出身のシェフの作った「グルメ」サンドイッチもこだわりのコーヒーも、取り立てて美味しいと言う訳じゃないけれど許容範囲。しかし私的に問題なのは、店内にトイレがないこと。このカフェに行こうと思っている方(特に女性)はご注意を。元トイレにトイレがないなんて趣味の悪い冗談みたい。この事に気付いたのが、フラット・ホワイトを飲み終えてほっこりしていた時。Mはまだ食事中だったので、一旦外に出て他のカフェを探し、トイレを使わせてもらうために再び飲み物を買う羽目になった。小さかろうが場所がなかろうが、利尿作用のあるのコーヒーや紅茶を出すお店で、トイレがないのは信条的に許せない。考えてみたら、スタッフ用トイレはある筈だから、お客にも開放すべきじゃないかと思う。しかしロンドンには、この手の「お客様は神様」と考えないカフェが多い。そして私はそんな傲慢なカフェには、どんなにお洒落でも美味しくても、基本行かないことに決めている。

The Attendant café is housed in an unlikely location for eateries – a toilet. Built around 1890, this former men’s public toilet had been abandoned since the 1960s for more than 50 years, before this tiny café opened in February this year. After two-years of planning and £100,000 restoration, the place was jet-washed and now is thoroughly ‘clean’. The old attendant’s office has become a kitchen. They have kept some original features such as the cast-iron exterior, Victorian floor tiles, Doulton & Co porcelain urinals converted into sitting booths.

→before&after photos: Daily Mail

In addition to its unique history and appearance, the café also care about the quality of food. Their sandwiches are created by a chef who previously worked at Michelin-star Pollen Street Social, using quality produce from New Covent Garden Market and carefully selected producers such as the Ivy House Farm. They buy their coffee beans from Caravan Roastery. We spotted one of the baristas who used to work at Salvation Jane, an Old Street venue for good coffee. 

The Attendant certainly has a character. Their michelin-level ‘gourmet’ sandwich was OK as well as their coffee, but not exceptional. But that’s not a problem. My problem was there is no toilet!! This is a warning for a potential customer, especially ladies. It is a bad joke – a toilet without toilet.  I realised it after I had my flat white, and had to go out and looked for another café, buying another drink to use their toilet. Coffees and teas are stimulant, and I have a strong belief that all cafés for eat-in should have a toilet, no matter how small it is. There should be one for staffs, so why don’t they share with customers?! In fact, there are so many cafés  in London that don’t offer a toilet to their customers, and I refuse to go to this arrongant café without toilet.

Timberyard Cafe @ Old Street

人気カフェ・Look Mum No Hands!のすぐそば、オールドストリート沿いに数ヶ月前にできたTimberyard。広々としていて明るく、今風のインテリアでリラックスした雰囲気。地上・地下2フロアを有するこの大きなスペースで、人々は読書をしたり、コンピューターに向かったり、ミーティングをしたり、友人とお喋りしたりと、思い思いに時を過ごしている。Timberyardでは、特別にセレクトした生産者から食材やクオリティの高い紅茶、コーヒーを仕入れている。ラ・マルゾッコJabberwockyブレンドのエスプレッソを入れ、そして紅茶を頼むと最も美味しく飲めるよう、最適時間をセットしたタイマーが一緒に出てくる。まさに優等生的なカフェだ。

私の初めての来店時は、非の打ち所はなかったのだが、私より一足先にランチしに来ているMは、ここのサンドイッチは普通、感動するほど美味しくはないと言う。私はお茶しただけなので何とも言えないのだが、確かにカウンターに並べられた食べ物を見ただけでは、特にそそられない。よっぽどお腹が空いて死にそうな時ならともかく、グラノーラとかポリッジ、キッシュとか食べないし、サンドイッチもここののようにパンにハムとかチーズとかを挟んだだけのものより、トーストした温かいサンドイッチの方が好き。スウィーツも、ブラウニーとかクッキーとか焼菓子系ばかりで、ケーキ好きの私の食指は動かない。私的にはこのカフェはお茶利用のみ、かな。

Another picture-perfect cafe on Old Street, few steps away from popular cafe Look Mum No Hands!. Hip, spacious, bright, and laid-back. In this large two-storey space, people enjoy reading, working, chatting, relaxing, meditating or whatever they want to do. Timberyard is a model cafe, offering speciality tea, coffee and artisan food sourced from carefully chosen producers. They brew their Jabberwocky blend espresso with La Marzocco with love, and serve teas with timer to ensure the perfect infusion.

Nothing to complain during my first trip to Timberyard. However, M who went there alone before (without telling me!), told me that their sandwich was OK, not great. I can’t judge myself, as I’ve never had food there. I like the place. Their tea & coffee are decent. But I am not sure about the food, judging by just looking at it. I don’t eat granolas, porridges, quiches and salads. I prefer toasties instead of just ham & cheese in between ‘artisan’ bread. And I am not a big brownie or cookie eater, unless I am starving. It is just my personal preference, and I rather enjoy just a cup of tea and ambience there.

地下エリア / Downstairs seating area