Tag Archives: ファッション

Onesie, the latest fashion trend in UK (hope not but it’s true…)

昨日、クーポンサイト・ LivingSocialで、ベビー服のカバーオールに似た「Onesie(ワンジー)」と呼ばれるこれらの奇妙な服がたくさん出品されているのを見た。その後、在英日本人向けの無料情報誌・ジャーニーで、イギリスで今ワンジーブームが起きていると読んでびっくり(参照記事)。Mail Onlineによると、イギリス人成人の8人に1人がこのワンジーを所有しているというので、さらにびっくり。時々、パンダやオオカミの顔がデザインされた帽子を被っている人(子供じゃなく大人)は見かけるが、ロンドンではまだワンジー姿の人たちは見たことない。ワンジーは、イングランド北西部で特に人気があるようだ。

元々ワンジーは部屋着として作られた。ラクチンそうだから家で着るのはいい。それが、femalefirst.co.ukウェブサイトによると、ブラッド・ピットピやリタ・オラなどのセレブ達が、ワンジー姿でお出かけするのをパパラッチされたせいか、街着としても人気急上昇。しかも、Latedeals.co.ukという旅行ウェブサイトの調べによると、30歳以下のイギリス人成人の3人に1人が、旅行着としてワンジーがお気に入りと答えたらしい。

イギリス人は、ロリータやコスプレの日本人や、野球帽にブカブカ短パン姿のアメリカ人を馬鹿にしていると思っていたが、彼らも今やこの有様。ちなみに、ワンジーで結婚式をあげたカップルもいるそうな(Daily Mail)。どうしちゃった、イギリス人?!幸い、趣味が悪いと思っているのは私だけではないようで、メディアでもワンジーは結構こき下ろされている(Guardian / Daily Mail)。正直、10歳以下の子供なら可愛い。百歩譲ってティーンエイジャーも許す。でもオトナのワンジー姿はちょっと痛すぎ。

I saw those funny looking all-in-one sweat suits on LivingSocial, a deal-of-the-day website, and then I read an article that these clothing “Onesie”, which look like a rompers / babygrow / babygro or whatever, is fashionable now in UK, and one in eight adults now own it (Mail Online). I’ve often seen people (not kids, but adults!) wearing wool hats with an animal face such as panda or wolf which is quite silly for me for over 20s, but I’ve never seen anyone in Onesie in London. In fact, the onesie seems to be more popular in the North West of UK.

OK. It must be very comfortable and you can wear it at home, as originally designed to be worn in your private space. But you don’t go out with pyjama, no? According to femalefirst.co.uk, onesie has  become a “hot fashion must-have”, due to A-list celebrities including Brad Pitt and Rita Ora who have been seen with Onesie in public. In a recent poll by last minute holiday firm Latedeals.co.uk, one in three of UK adults under 30 now favour Onesie as their ‘travel in’ outfit… 

I thought savvy British always make fun of ridiculously dressed Japanese Lolita or Americans in buggy shorts and a baseball cap. Even a couple got married wearing Onesie (Daily Mail)! What happened to Brits?! Thankfully, I am not the only one who hates the trend (Guardian / Daily Mail). Honestly, Onesie is cute for kids under 10, probably can be stretched to teenager, but not for grown-ups – too hurt to see them…

British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age @ V&A

「Austerity Games(緊縮オリンピック)」と呼ばれた第二次世界大戦後直後の1948年ロンドンオリンピックから再びロンドンでオリンピックが開催される2012年まで、約60年間のイギリスのデザイン300点以上を集めた、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の目玉展「British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age」が、3月31日から始まった(オリンピック最終日と同じ、8月12日に終了予定)。

展覧会は、「tension between tradition and modernity(伝統と近代性の葛藤)」「subversion in British culture(イギリス文化における破壊)」 「design innovation and creativity(デザインの革新と創造)」の、3つのテーマに分かれている。戦後のイギリス・デザインは、戦争の痛手からの再生に始まる。急進的な未来のビジョンを提示した1951年のFestival of Britainや、イギリスの伝統的価値を世界に見せた1953年のエリザベス女王の戴冠式が同じ時期に行われという、伝統と現代性が共存した時代を経て、1960〜70年代にデザインにおける「革命」が始まる。スウィンギング・ロンドンパンクが興り、ファッション、音楽、インテリア、映画など様々な分野で新しく台頭したデザイナーたちが、イギリス文化を根底から変え、その流れが1990年のCool Britannia(クール・ブリタニア)で結実した。また、産業デザインやテクノロジーのパイオニアであったイギリスのデザインが、過去半世紀の間に、伝統的製造業から、金融、小売、クリエーティブ産業など革新的な分野に舵を切ったことも見て取れる。

シンプルだけれど印象に残る交通標識、キッチュな家具や壁紙、パンクミュージックのレコードカバー、奇天烈なファッション、ミニクーパー、コンコルド、モダン建築の模型、果ては90年代以降のイギリス・アート界の寵児、ダミアン・ハーストの作品まで、有名なイギリスのモダンデザインがここに勢揃いしている。何でもありでまとまりがなく、各デザインの説明が簡単すぎるのが短所だけれど、デザインを通じて過去約60年間のイギリス社会の急激な変化と変遷が一目で分かる。イギリス人のみならず外国人でも楽しめる展覧会だと思う。

写真参照サイト:Financial Times / Mirror

British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age” is a new exhibition of Victoria & Albert Museum, showing over 300 British post-war designs over 60 years, from 1948 ‘Austerity Games’ to 2012 London Olympics (Mar 31 – Aug 12: the same day of the last day the Olympics).

The show explores three themes: the tension between tradition and modernity; the subversion in British culture; and design innovation and creativity. Post-war British designs started as reconstruction from the devastated war, embracing both progressive view of the future, presented at the Festival of Britain in 1951, and the traditional values shown at the Coronation of Queen Elizabeth II in 1953. Then revolution in design occurred in 1960s–70s; new talents in fashion, music, interiors and film, manifested in such as ‘Swinging London’ and Punk, transformed the cultural landscape in UK, which has led to ‘Cool Britannia’ in the 90s. The show also explains the change in British design culture which was a pioneer of industrial design and technology, from traditional manufacturing to innovative financial, retail and creative services over the last half century.

Simple but well-designed traffic signs, kitsch furniture and wallpapers, Punk record jackets, eccentric clothing, Mini, Concorde, architectural models, and even works by Damien Hirst of YBA – popular post-war British designs are all there. Although the exhibition looks a bit chaotic and doesn’t show us each design in depth, it is still exciting, not only for British but also for foreigners as well. Through designs in different areas, “British Design 1948–2012″ gives us a glimpse of rapid transition and transformation of British society since the WWII.

See more photos:Financial Times / Mirror

Londonist: Think London, Londoner, Londonist

ブログに書くネタの情報収集をする時、よく行き当たるのがこの「Londonist」ウェブサイト。既にご存知の方も多いかもしれないけれど、私自身もう少しこのサイトのことを知りたいと思って、ちょっと調べてみた。

Londonistは、「website about London and everything that happens in it」(自身のfacebook infoより)、ロンドンとロンドンで起きる様々な出来事をカバーするウェブサイトで、ニュース、イベント、レビュー、アート、カルチャー、ファッション、レストラン&バー、交通、スポーツ、そしてロンドンの歴史や将来まで、何でも来い。そのトピックも、メジャーなものだけでなく、エキセントリックだったり、ちょっと変わった出来事、面白いエピソード、誰も知らない裏話など、ロンドンの違った側面も紹介している。

このサイトは2004年に、一都市に特化した、ニューヨーク発祥のブログネットワーク(Gothamist・ニューヨークの愛称、ゴッサム・シティから取られたと思われる)の一員として立ち上げられた。2006年には、イギリスで最も影響のあるトップブログ50位の一つにランクされ(Hospital Clubより)、2010年にはガーディアン紙の「Top London Blogger」にも選ばれた。同じ2010年には、Gothamistの手からLDN Creativeに移り、Gothamistから独立した提携先となった(Wikipedia / Londonistより)。

ウェブサイトは、良くいえばシンプル、悪くいえば特徴のないデザインだけれど、情報量は豊富。その素晴らしい情報収集力、そしてその情報アップのスピードは、多くの印刷メディア、ロンドンローカルの情報サイトを凌駕している。1万5,605人(本日付)もの人たちが、Londonistのfacebookページで「like」する、ロンドンの住人に支持されているLondonist。私にとっては、雲の上の存在だけれど、ブロガーとして少しでも近づければ、嬉しい。

When I surf over the internet, looking for information for my blog, I sometimes find it within Londonist website. Probably many of you already know about it, but I myself want to know more about it so I researched a bit, and write about it to salute their effort to brighten up us Londoners’ rather boring life otherwise.

Londonist is a comprehensive “website about London and everything that happens in it”, according to its facebook info. It covers news, events, reviews, arts, culture, fashion, restaurants and bars, transports, and sports, as well as history and future of London – literally anything. The website not only deals with mainstream topics but also talks about the other side of the city – eccentricities, quirks, secrets, and surprises.

Londonist was founded in 2004, as a part of US-based Gothamist‘s city-centric blog network. By 2006 it was “ranked in the UK’s 50 most influential blogs” (the Hospital Club), and was awarded the Guardian’s “Top London Blogger” in 2010. In the same year in 2010, Londonist was transferred to the London-based startup LDN Creative and became an independently-operated affiliate of Gothamist (Wikipedia / Londonist).

A look of the website is simple and rather generic, but all what you want to know is likely there. They seem to have loads of excellent informants – their up-to-date information comes out very fast and covers all around the city, beating many print media and London local news sources. Massive 15,606 people  (as of today) “like” the Londonist on its facebook page. It is an achievement!

Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990 @ V&A

9月24日から始まったヴィクトリア&アルバート博物館の「Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990ポストモダニズム:スタイルと破壊)」(9月24日〜翌年1月15日)を観た。ポストモダニズムとは何か、それはどのように発生したかを探求するこの大規模展覧会では、「Less is more(より少ないことは、より豊かなこと)」をモットーに、機能第一で装飾や無駄を一切排したモダニズム建築への反発から始まり、建築のみならずアート、グラフィックス、音楽、ファッションの分野で70〜90年代のポップカルチャーを席巻したポストモダニズムの代表作品250点以上が、一堂に会している。

ポストモダニズム絶頂期に青春を過ごした身、展示物一つ一つに懐かしさを感じる反面、なんて悪趣味な時代だったんだろうと思う。最悪だったのはポストモダニズム絶頂期の80年代半ばか。装飾過多かつ原色多用、奇抜。バブル経済と相まって、いい意味でも悪い意味でも自由闊達、何でもありのイケイケの時代だった。でも経済停滞で元気のない今を思うと、希望と欲望に溢れた、いい時代だったんだなあ。

We went to see the V&A‘s new exhibition “Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990” (September 24 – January 15, 2012), exploring what postmodernism means and where it came from. Started as a counter reaction against “less is more” stoic modernism architecture, postmodernism idea soon spread to the realm of pop culture such as art, graphics, music and fashions. The exhibition showcases more than 250 objects in a variety of genres to show us what is postmodernism all about.

I lived through the postmodernism era, and the show made me feel a bit nostalgic and sentimental, but at the same time made me realize how terrible the style of the period was! May be the worst time was the mid 1980s, when was the hype of postmodernism. Exaggerated, gaudy, and eccentric. So much freedom and no-holds-barred, in a good way and a bad way, together with an economic boom. But when I look back, in compare to now in deep recession, it was a very good time – full of desires, enthusiasm and hopes.

Andy Warhol, Dollar Sign (1981)

Figures & Fictions: Contemporary South African Photography @ V&A

V&Aで4月12日から7月17日まで開催中の「Figures & Fictions: Contemporary South African Photography」を観た。この展覧会では、南アフリカに住み、活動を続ける17人の写真家によって、写真文化が花開いたアパルトヘイト終了後の2000年から2010年に撮影された作品を展示されている。

悪名高いアパルトヘイトが導入された国民党の支配下の1948年から1994年の間、写真は国家によって人種分類を管理するために利用されたが、同時に人種差別法と人種隔離政策下の人々の生活や抵抗の記録としても使われた。現代の南アフリカ人写真家は、新しく生まれ変わった南アフリカ、高い犯罪率と大きな貧富の差を内在しつつも、経済発展と強まる政治的パワーを享受する、民主的で多様な文化を持つこの国に生きる人々を写し出している。Figures & Fiction展に展示されている作品は、階級、政治、人種やジェンダー・アイデンティティ、日常生活、家族、ファッション、宗教、旧植民地としての歴史、そして弱まったとは言え未だに存在する過去の権力(=金持ちエリート白人)など、様々な観点から現代南アフリカの姿を描きだす。

カリスマ的なネルソン・マンデラを筆頭に、自由と平等を求め、少数派の白人による抑圧と戦う多数派の黒人たちといった、ステレオタイプのイメージとは全く違った、変化の途上にある現代南アフリカの息吹を感じられる、カラフルで興味深い展覧会。

I saw an exhibition “Figures & Fictions: Contemporary South African Photography” (April 12 – July 17) at V&A. The exhibition presents the work of 17 South African photographers who live and work in the country and the photographs on display were taken between 2000 and 2010 in post- apartheid period, when vibrant and sophisticated photographic culture has emerged.

Under National Party rule from 1948 to 94 and the implementation of notorious racial segregation, photography was used by the State to manage racial classification, but also served to document resistance and record the lives of people under racial laws and social segregation. The post-Apartheid photographers depict people in ‘new’ South Africa; culturally diverse, and vibrant democratic country with emerging economic and political power, yet facing high crime rate and big gap between rich and poor. The photographs on display addresses the variety of issues that post-Apartheid South Africa facing; class, politics, racial and gender identities, everyday life of people, family, fashion, religion, colonial history, and less dominant yet still existing ‘old power’ in the society.

Colourful and interesting exhibition that you can feel vibe of modern South African in transition. Forget about stereotypical image of the country where majority black South African led by charismatic Nelson Mandela, fighting with unreasonable oppression for freedom and equality!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information