Tag Archives: 文化

Festival of the World @ Southbank Centre

今年の夏のロンドンオリンピック・パラリンピックにあわせ、サウスバンク・センターでは、Festival of the World(6月1日〜9月9日)が開催されている。スポーツや芸術が若者の夢や向上心を刺激すると考えた、近代オリンピックの創立者であるピエール・ド・クーベルタン男爵にインスピレーションを得たというこのフェスティバル、芸術は人々の人生を変えられることを証明するのを目的に、アート、音楽、ダンス、詩、文学、コメディなど世界の文化イベントの他、マーケットや「urban beach(人工ビーチ)」など、様々な催しが行われている。明日29日から始まるパラリンピックと同時に、障碍を持つアーティストたちの作品を紹介するイベント「Unlimited(8月30日〜9月9日)」もスタートする予定。

Southbank Centre has been hosting Festival of the World this summer from June 1 to September 9, coinciding with the London 2012 Olympics/Paralympics. The festival is inspired by the founder of the Olympic movement, Baron Pierre de Coubertin who believed that the arts and sport could raise the aspirations of young people. During the period, Southbank offers a variety of international cultural events such as art, music, dance, poetry, literature, and comedy, as well as markets, urban beach and more to demonstrate how art can transform lives. Corresponding with the start of Paralympic Games tomorrow on August 29, ‘Unlimited‘ (Aug 30–Sep 9) will showcase art and culture commissions by disabled and deaf artists.

中でリラックスしたり遊んだりできる、かまくら型のユニークな「London Earth Creature」は、エコ建築のスペシャリスト・Small Earthの作品。

London Earth Creature” is the unique playscape for play & relax, designed and built by eco-build specialists Small Earth.

廃材を使用して大規模作品を創っているロンドンベースのアート集団・Robots>>>>の「Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down(下を見なければ全てが美しく見える)」。2011年のFestival of Britainで使用した木材や鉄を再利用している。

“Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down” by the London-based arts collective Robots>>>>, who build large sculptures from recycled and reclaimed materials, have made these figures predominantly from wood and steel used at Southbank Centre’s 2011 Festival of Britain.

世界から集められた布地で作られた、15mの高さの「Under the Baobab(バオバブの木の下で) 」は、Pirate Technicsが制作。

15 metres tall “Under the Baobab” is made from stacks of fabric rings using material from around the globe, created by Pirate Technics.

Trey WatkinsとCameron Brownの二人のアーティストの作品「Perspectives(視点)」。一見、無造作に置かれたアルファベットだけれど、一定のアングルから見るとメッセージが浮かび上がる。

Perspectives‘ designed by artists Trey Watkins and Cameron Brown. At first they appear to be random letters, but when you see them from certain vantage points they line up to reveal hidden messages.

たくさんの緑色のバスケットを使った、韓国人アーティスト&デザイナー・Choi Jeong Hwaチェ・ジョン・ファ)の「Time after Time(何度も何度も)」。

Korean artist and designer Choi Jeong Hwa‘s “Time after Time“, using thousands of green carrying baskets.

British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age @ V&A

「Austerity Games(緊縮オリンピック)」と呼ばれた第二次世界大戦後直後の1948年ロンドンオリンピックから再びロンドンでオリンピックが開催される2012年まで、約60年間のイギリスのデザイン300点以上を集めた、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の目玉展「British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age」が、3月31日から始まった(オリンピック最終日と同じ、8月12日に終了予定)。

展覧会は、「tension between tradition and modernity(伝統と近代性の葛藤)」「subversion in British culture(イギリス文化における破壊)」 「design innovation and creativity(デザインの革新と創造)」の、3つのテーマに分かれている。戦後のイギリス・デザインは、戦争の痛手からの再生に始まる。急進的な未来のビジョンを提示した1951年のFestival of Britainや、イギリスの伝統的価値を世界に見せた1953年のエリザベス女王の戴冠式が同じ時期に行われという、伝統と現代性が共存した時代を経て、1960〜70年代にデザインにおける「革命」が始まる。スウィンギング・ロンドンパンクが興り、ファッション、音楽、インテリア、映画など様々な分野で新しく台頭したデザイナーたちが、イギリス文化を根底から変え、その流れが1990年のCool Britannia(クール・ブリタニア)で結実した。また、産業デザインやテクノロジーのパイオニアであったイギリスのデザインが、過去半世紀の間に、伝統的製造業から、金融、小売、クリエーティブ産業など革新的な分野に舵を切ったことも見て取れる。

シンプルだけれど印象に残る交通標識、キッチュな家具や壁紙、パンクミュージックのレコードカバー、奇天烈なファッション、ミニクーパー、コンコルド、モダン建築の模型、果ては90年代以降のイギリス・アート界の寵児、ダミアン・ハーストの作品まで、有名なイギリスのモダンデザインがここに勢揃いしている。何でもありでまとまりがなく、各デザインの説明が簡単すぎるのが短所だけれど、デザインを通じて過去約60年間のイギリス社会の急激な変化と変遷が一目で分かる。イギリス人のみならず外国人でも楽しめる展覧会だと思う。

写真参照サイト:Financial Times / Mirror

British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age” is a new exhibition of Victoria & Albert Museum, showing over 300 British post-war designs over 60 years, from 1948 ‘Austerity Games’ to 2012 London Olympics (Mar 31 – Aug 12: the same day of the last day the Olympics).

The show explores three themes: the tension between tradition and modernity; the subversion in British culture; and design innovation and creativity. Post-war British designs started as reconstruction from the devastated war, embracing both progressive view of the future, presented at the Festival of Britain in 1951, and the traditional values shown at the Coronation of Queen Elizabeth II in 1953. Then revolution in design occurred in 1960s–70s; new talents in fashion, music, interiors and film, manifested in such as ‘Swinging London’ and Punk, transformed the cultural landscape in UK, which has led to ‘Cool Britannia’ in the 90s. The show also explains the change in British design culture which was a pioneer of industrial design and technology, from traditional manufacturing to innovative financial, retail and creative services over the last half century.

Simple but well-designed traffic signs, kitsch furniture and wallpapers, Punk record jackets, eccentric clothing, Mini, Concorde, architectural models, and even works by Damien Hirst of YBA – popular post-war British designs are all there. Although the exhibition looks a bit chaotic and doesn’t show us each design in depth, it is still exciting, not only for British but also for foreigners as well. Through designs in different areas, “British Design 1948–2012″ gives us a glimpse of rapid transition and transformation of British society since the WWII.

See more photos:Financial Times / Mirror

Debrett’s Guide for the Modern Gentleman

Mが最近買った本で、なかなか面白いと思ったのがこれ。イギリスは紳士の国、と信じている人も多いけれど、イギリスでもマナーや常識のない人たちの行いに呆気にとられる事が多々ある。まあそれはどの国でも一緒かもしれないし、文化的な違いもあるだろうから、適当に流しているけど。この本は、できればそんな方々に是非一読していただきたい本。またイギリス暮らしで知っておきたい知識が満載なので、イギリスに住む外国人にもお薦め。

Guide for the Modern Gentleman」は、1769年創業の出版社、Debrett社が発行。20世紀の中頃から、伝統的なイギリスのエチケットを著した本の数々を出版している。時代錯誤のマナーではなく、仕事、身だしなみ、家まわり、シティ・ライフ、余暇、車、旅行、グルメ、現代の騎士道など、現代生活に必要な情報やアドバイスを、微に入り細に入り、ウィットとユーモアを交えて掲載している。クラシックでエレガントなフォント、可愛いカラーの挿絵や古い本に出てくるような白黒の木版画のイラスト、そして手触りのいいマットな紙と、本の装丁も素敵。

この本は男性をターゲットにしているけれど、Debrettは女性向けに「Etiquette for Girls」、そして一般向けに「A-Z of Modern Manners」も出版している。またウェブサイトでも、日常生活のエチケットや結婚式など、いろいろな情報やアドバイスが無料で見られる。

This is the book M bought recently and it is quite interesting. Many foreigners may still believe that UK is a country of ‘gentlemen’, but I often encounter a person stunningly without basic manner or common sense. I just let it go because there are always obnoxious people in any society and I may have misunderstood something as a foreigner. But this is the kind of book I really want them to read. Also this book is useful for foreigners who live here to learn how to behave here in UK.

Guide for the Modern Gentleman” is published by Debrett, a specialist publisher founded in 1769. Dating from the mid 1900s, Debrett’s has published a range of guides on traditional British etiquette. This book doesn’t teach you old-fashioned manners, but it covers all aspects of life for the modern man such as work, maintenance including tailoring and grooming, home, city life, time off, sports, motoring, travel, food & drinks, and new ‘chivalry‘, and gives us all kinds of information and advice in details, with wits and humors. The book itself is nicely done, with a classic elegant typeface and cute color illustrations and black & white woodcut prints published on a nice soft matt paper.

This book targets men, but also women can get a lot of general knowledge from it and learn what men care. “Etiquette for Girls” is also available for women and “A-Z of Modern Manners” for general audience. Debrett’s website offers a variety of information as well on all occasions of life such as everyday etiquette and wedding, and it is free ;-).

Enhanced by Zemanta

Robert Kusmirowski: Bunker @ Curve Art, Barbican Centre

バービカン・センターのCurve Artで開催中の、ポーランド人アーティスト・Robert Kusmirowskiの作品「Bunker(塹壕)」(9月30日〜1月10日、入場無料)を観た。1973年生まれのKusmirowskiは、戦争体験者ではないが、世界大戦や冷戦等、「過去」にこだわった作品を作り続けており、Bunkerは使われなくなった、第二次世界大戦中の塹壕を再現した作品。「Curve」という名の通り、ギャラリー全体がゆるやかにカーブしていて、先に何があるか見えないので、何が待ち構えているか分からないスリルを感じる。薄明かりの中、腐食した水道管やボイラー、錆びた発電機や古い機械類、古びた缶や食料、そしてサバイバルのための道具等の中を歩いていく。使われなくなった線路がギャラリー端から端まで貫いており、寝室やトイレ、交信室や事務室なども妙にリアルだ。年代が経っているような効果を出すため、彼の膨大なコレクションからの古い品物に加え、ゴミ捨て場や解体場等で見つけたオブジェを使用。塹壕を見学したり、写真書類等を調べて、細部にまでこだわって再現したそうだ。この空間にいると、タイムスリップし、戦時中の落ち着かない、常に死と隣り合わせの恐怖を感じ、不安になる。良くできた作品だけれど、長くいると気分が滅入る。

We went to see “Bunker” by Polish artist Robert Kusmirowski at Curve Art in Barbican Centre (Sep 30 to Jan 10, entrance free).  Bunker is an recreation of a disused WWII era bunker. Although Kusmirowski was born in 1973 and had never experienced World War II, he obsesses with the ‘past’ and have created installations based on WWII and the following cold war. As its name suggests,  Curve Art gallery doesn’t have any straight line, and I was thrilled as I couldn’t see what was waiting ahead. In dim light, we walked through corroded pipes and boilers, rusted generators, electrical gauges and other obsolete machines as well as old cans and survival supplies. Abandoned rail track runs through entire gallery, and bedroom and toilet, communication room look very real. In order to create decay and aging effects, Kusmirowski has used found objects from his own large collection, as well as items collected from junkyards and demolition sites. He visited existed bunkers and studied documents and photography to ensure that smallest details are realistic. In the gallery, I felt as if I had been transported through time to WWII period when people were constantly facing fear of death, and it made me nervous. Bunker is well-done artwork, but it is quite creepy.

Bunkerは、200以上のイベントを企画し、ポーランドの文化をイギリスに紹介する、「POLSKA! YEAR」の一環のアート作品。「POLSKA(ポルスカ)」は、ポーランドの国名で、野原を意味するそうだ。POLSKA! YEARは、2009年春から始まって、2010年まで続く。このブログを書くにあたって、初めてこのイベントの存在を知った。そう言えば、テート・モダンで開催中の「How It Is」も、ポーランド人アーティスト・ミロスワフ・バウカの作品だった。

2004年に東欧諸国10カ国が欧州連合(EU)に加盟してから、イギリスはアイルランドとともに、東欧の新加盟国からの移民を無制限に受け入れたので、ポーランドを中心に東欧からの移民が大量に流れ込み、現在ポーランド生まれのポーランド人は約50万人にものぼるという(古くからのポーランド系イギリス人を含むと約100万人)。ポーランドの食材店やバー等も見かけるし(でも何故かあんまりレストランは見かけない)、スーパーにもポーランド食品のコーナーもある。うちの近所にも、ポーランド人の教会があり、日曜のミサの後は、ここはポーランドか?と思う程たくさんのポーランド人が出てくる。近年の不況のせいで、人口流入のスピードはダウンしているというけれど、今でも年々たくさんのポーランド人がやってくる。働き者で知られた彼らの労働力や、彼らの購買力なしでは、イギリスはもう機能しないかもしれない。

Bunker is a part of POLSKA! YEAR in the UK, which comprises over 200 projects presenting the most interesting achievements of Polish culture to British public. ‘Polska’ is Poland in Polish, and is derived from the word Polanie or “people of the fields.” POLSKA! YEAR started in spring 2009 and continue through 2010. I have never heard of this event until I started to do a little research about this blog entry. I guess “How It Is” by Polish artist Mirosław Bałka at Tate Modern is also a part of it as well.

Since the 2004 EU enlargement, there has been an massive influx of migration from 10 new member states of former eastern bloc to UK and Ireland, due to its liberal immigration policies and restrictive policies adopted elsewhere, and Polish is the biggest in number among others. Currently the Polish-born population in the UK is around half a million, and the total of Polish British is estimated about 1 million. Now I see many Polish grocery stores and bars (but not many restaurants), and supermarkets has a large corner of Polish foods. There is a Polish church in our neighborhood, and the area looks like a Polish town after the Sunday mess. Although east European immigration levels falling due to the recent economic downturn, but still large number of Polish are coming every year. Polish are known as a hard worker and now are a big consumer power as well, and British economy may not function without them anymore.

Reblog this post [with Zemanta]

New Medieval & Renaissance Galleries opens @ Victoria & Albert Museum

7年もの年月と3170万ポンドをかけてようやく完成した、ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)の新しいMedieval & Renaissance Galleries中世ヨーロッパルネサンス・ギャラリー)が今日12月2日にオープンした。私は、華やかでいて素朴なタッチの、この時代のアートが好きなので、このギャラリーのオープニングを楽しみにしていた。計10室のギャラリーには、ローマ帝国の没落からルネッサンス時代の終わりまで、紀元300年から1600年頃までの美術品約1800点を展示。繊細な彫刻や本等の小さなものから、教会の内部、ステンドグラスや階段等、イングランドで作られた美術品からスペイン、フランス、ドイツ、イタリア等の芸術品まで、幅広いコレクションからは、当時のヨーロッパの芸術と文化を垣間見ることができる。ゆっくり観ていると一日がつぶれそうな、見応えたっぷりのギャラリーだ。ルネサンス時代の芸術はよく知られているけれど、文化が停滞した「暗黒時代(the dark ages)」と呼ばれる中世にも、宗教美術等を中心に、素晴らしい芸術が存在していたのだなと感心。

The Victoria & Albert museum (V&A) opens its new Medieval & Renaissance Galleries today, after spending 7 years and £31.7m of cost. I was looking for its opening, as I like lavish but realistic and simple medieval art.  The 10 galleries occupying 2 floors are filled with more than 1,800 objects from AD300 to 1600; the fall of the Roman Empire to the end of the Renaissance period. From small objects like sculptures and books to large artifacts such as church interiors, stained glasses and staircases, a wide variety of the collection range from the objects from Spain, France, Germany and Italy, to abundant works of art made in England, and it tells the story of European art and culture of the periods. You can spend many hours just looking at these beautiful masterpieces in the gallery. Renaissance art is widely known but I was impressed that magnificent artworks and crafts, especially religious art, also existed during the middles ages, often called “the Dark Ages,” – a period of cultural decline.

9月頃、まだ工事中だったギャラリーを見学する機会があった。既にいくらか展示品が置いてあったものの、まだ足場や木枠がそこら中に置いてあって、こんなに素晴らしいギャラリーに仕上がるとは全然予想できなかった。さすがV&A、イギリスを代表する美術館の一つだけあって、素晴らしいギャラリーに仕上がっている。1,800もの美術品が置かれているのに、すっきりレイアウトされていて広々としており、心が落ち着く。他の多くのイギリスの美術館・博物館のように、このギャラリーも入場料無料。Heritage Lottery Fund(歴史的建造物等の国民的遺産を保護するための、宝くじ収益金)から£975万ポンドの援助があった他は、全て寄付金でまかなわれたそうだ。さすが、芸術や歴史的遺産の保護に熱心な国民性だけある。本当に素晴らしいギャラリーなので、中世やルネッサンス美術に興味がなくても、機会があればぜひ行ってみてください!

We had a chance to observe the galleries under construction in September. There were some works already there but there are wooden frames and construction materials all over, and I never thought it would be transformed to such a magnificent and elegant galleries. That’s V&A – everything they do is always impressive! It is amazingly spacious, though the galleries contain almost 2,000 artifacts, and truly tranquil. And the admission is absolutely free (though some amount of donation is suggested), as many other British museums and galleries! Other than £9.75m grant from the Heritage Lottery Fund, the cost of making the galleries was covered by donations. It is highly recommended to visit the gallery, no matter if you are interested in Medieval & Renaissance art or not – it is spectacular, and I liked it a lot!

Reblog this post [with Zemanta]