Tag Archives: 旅行

One Sunny Day in Greenwich

5月も終わり近いというのに季節が逆行、寒くて曇り空ばかりの日が続くロンドン。ちょっと古い話になるけれど、春らしい日が続いた約2週間前のある日、ロンドン南東部のグリニッジに足を伸ばした。グリニッジ平均時の基準都市として名前は知っていたけれど、長年ロンドンに住んでいるにも関わらず、この世界遺産となっている街に行ったのは恥ずかしながらこれが初めて。あいにく午後遅く着いたので、有名なグリニッジ天文台カティーサーク号等中には入れず、周囲の散策だけで終わってしまった(恥)。見所全て説明すると長ったらしくなるので、詳細はリンクをクリックして、Wikipediaを参照してください。

It is almost the end of May, but it has been cold and cloudy in London these days. Where is the spring sun?! About two weeks ago, the city had experienced brief moment of sun and warm days, so we went to Greenwich, South East London. I know the name of the town since I studied Greenwich Mean Time at school, but we’d never been there during all these years of living in London, and incredibly this was the first time for us to visit this World Heritage Site (I know it’s a shame). Unfortunately we couldn’t go inside of the historical monuments such as Cutty Sark and Royal Observatory, as we arrived late afternoon, but just walked around the Greenwich Park. Another embarrassment… It would be too long if I explain all the places of interest, so please click a link and check Wikipedia for more details.

現存する唯一のティークリッパー船、カティーサーク号。中国からイギリスへ紅茶を運ぶのに使われた。保存のため大規模な修理と整備を行っていた2007年に火災が起き作業に遅れが出たが、2012年4月に一般公開が再開された(詳細)。

Cutty Sark, a British tea clipper ship that carried tea from China to UK. The ship was badly damaged by fire in 2007 while undergoing conservation, but the vessel has been restored and was reopened to the public in April 2012.

グリニッジ子午線(経度0度)における平均太陽時mean solar time)を指すグリニッジ平均時を定めたグリニッジ天文台1990年にケンブリッジに観測機関が移転した後は、National Maritime Museum(国立海事博物館)の一部として、天文観測や航海用具などを展示している。

Royal Observatory, known as the location of the prime meridian. After the observatory moved to Cambridge in 1990, a part of the buildings is used as a museum of astronomical and navigational tools, which is part of the National Maritime Museum.

経度の基準(0度)を示す、昔のグリニッジ子午線

Old Prime Meridian line, indicating longitude 0°

グリニッジ天文台の門に取付けられた、24時間時計のShepherd gate clockと、ヤードフィートなどイギリスで使われている長さの単位の指標

The Shepherd gate 24-hour clock and standard lengths on the wall of the Royal Observatory

グリニッジ・パークの丘からの風景。カナリー・ワーフO2アリーナが見渡せる

View from a hill in Greenwich Park, overlooking Canary Wharf and O2 Arena

Greenwich Hospital(グリニッジ病院)として使われていた、Old Royal Naval College旧王立海軍大学)(写真上3枚)

Old Royal Naval College, formerly Greenwich Hospital (3 photos above)

Queen Mary Court内のチャペル(写真上2枚)

Chapel, housed in the Queen Mary Court (2 photos above)

The Royal Standard of England @ Beaconsfield, Buckinghamshire

バッキンガムシャー州Beaconsfield(ビーコンズフィールド)にあるThe Royal Standard of Englandは、サクソン人の住居が後に「alehouse」(イギリスでよく飲まれるエールビールを出す酒場)となった、900年以上の歴史を持つイングランド最古のパブと言われる。元々は、1213年から営業していた「The Ship」という宿屋だったのが、1663年にチャールズ2世が、イングランド内戦中に父・チャールズ1世を支えた国王派を匿った褒美として、「イングランド王旗」という意味の「The Royal Standard of England」という名前を使用する事を許した。ちなみに、チャールズ2世は愛人の一人とここに滞在したそうだ。→歴史の詳細はお店のウェブサイトで(非常に長い歴史なので私も全て読んでません)

このパブは、ただ古いだけではなく、美味しい伝統的イギリス料理と、バラエティ豊かなお酒類を供するお店としても知られる。地元の小規模ブリュワリーで醸造された地ビールだけでなく、珍しいベルギービールやドイツビールも取り揃え、ワインやウィスキーのリストも充実してるとなると、酒飲みにはたまらない。また、飲み食い前の運動、食べ過ぎ・飲み過ぎた後の腹ごなしとして、店の駐車場をスタート地点とした「pub walk」も楽しめる。

900年もの長い歴史を思うと驚きはしないが、このパブには2つの幽霊が出没するらしい。イングランド内戦中の1643年に、国王派に仕えていた太鼓係の少年が議会派によって殺されたという駐車場では、太鼓を叩く音が聞こえるという噂。もう一つは、バーの壁から壁を歩くという幽霊で、処刑された騎士党の幽霊という説と、1788年に悪名高いEarl of Barrymore(バリモア伯爵)が起こした事故で亡くなった旅行者だという説の2説がある(英語詳細)。幸か不幸か、私はどちらも目にする事はできなかったけど。

The Royal Standard of England, located in Beaconsfield, Buckinghamshire, is thought to be the England’s oldest Freehouse/pub, which has evolved from a Saxon dwelling into an alehouse and has been there for over 900 years. Originally known as The Ship dating from 1213, the Inn has been known as The Royal Standard of England since 1663, when the restored monarch King Charles II allowed its name to change as a reward because the building had offered his father Charles I‘s supporters a safe haven during the English Civil War. King Charles II is thought to have stayed there with one of his mistresses. → see its (torturously) long & detailed history on their website

This award-winning pub serves freshly cooked traditional English food and a wide range of both lagers and real ales from small local breweries as well as rare Belgian and German beers (menu), together with good selections of wines and whiskies. You can also enjoy a “pub walk” from the car park, through wild meadows and woodlands, before or after you dine/drink at the pub.

Not surprisingly with its long history, The Royal Standard of England is reputedly haunted by two ghosts: a drummer boy and a ghost in the bar. Sounds of a beating drum have said to have been heard in the car park, and this is thought to be the ghost of young drummer boy serving with the Royalists, killed by the roundheads in 1643 during the English Civil WarThere are two interpretations on the second ghost, which is seen to walk through walls in the bar: the first theory is that it is reputed to be one of the executed cavaliers; and the second version is that of a traveller accidentally killed by the notorious Earl of Barrymore in 1788 (see details). Unfortunately or fortunately, I didn’t witness both of them.

National Trust: Hughenden @ High Wycombe, Buckinghamshire

1500エーカーもの緑地に囲まれた赤煉瓦造りのHughenden Manor(ヒューエンデン)は、バッキンガムシャーHigh Wycombeにある、ヴィクトリア朝時代の邸宅。1848〜1881年まで、ベンジャミン・ディズレーリ元首相が別荘として使用していたことで知られる。この間ディズレーリ夫妻は、ヒューエンデンとロンドンにあるいくつかの家を行き来していた。

現在の建物は、18世紀後半に建てられたが、1862年にディズレーリが大幅に改装した。部屋のインテリアや装飾は、ディズレーリ夫妻が住んでいた当時のもので、家族の肖像画や家具、小説家でもあったディズレーリの著作本など、多くの所有物が残されている。

第二次世界大戦中、ヒューエンデンは、コードネーム「Hillside」と呼ばれた秘密基地として、イギリス空軍のスタッフたちがドイツ国土の航空写真を分析し、有名なチャスタイズ作戦を含む数々の爆撃作戦のための地図を作成していた。このため、ヒューエンデンは、ヒトラーの攻撃目標リストの最優先ターゲットの1つだったという。屋敷地下の「Second World War room」では、当時の資料や人々の証言などが展示されている。

Hughenden Manor is a red brick Victorian mansion surrounded by 1500-acre park and woodlands, located in High WycombeBuckinghamshire. It was the country house of the Prime Minister Benjamin Disraeli from 1848 to 1881. He and his wife Mary Anne Disraeli, alternated between Hughenden and several homes in London.

The present house was built towards the end of the 18th century, but the Disraelis had the house remodelled in 1862. The house is decorated as it might have been at the time it was occupied by Disraeli, and contains a collection of memorabilia including family portraits, their own furnishings, a library containing about 4000 books, including a collection of Disraeli’s novels.

During the Second World War, Hughenden was used as a secret intelligence base code-named “Hillside”, and the UK Air Ministry staff analysed aerial photography of Germany and created maps for bombing missions, including the famous “Dambusters” raid. This is the reason why Hughenden was at the top of Hitler’s hit list. You can see their Second World War room in the cellars, with interactive exhibits and eye-witness accounts.

ベルリン会議の資料や地図などが展示された書斎

Disraeli’s office, filled with documentations of Congress of Berlin

メリー・アン夫人は、明るい色、特に青やゴールドを好み、応接間や寝室にこれらの色が使われている。

Mary Anne Disraeli adored bright colours, especially blue and gold. These colours can be seen in the drawing room and bedroom.

防空壕のレプリカ / Replica air-raid shelter

第二次世界大戦中の地図作製の様子を展示した「Ice House(=氷室)Bunker(掩蔽壕)」

“Ice House Bunker” with WWII map makers exhibition

National Trust: Cliveden @ Taplow, Buckinghamshire

Exif_JPEG_PICTURE

Cliveden(クリーヴデン)は、バッキンガムシャーTaplowにある、375エーカーの敷地を有するイタリア式大邸宅。1666年に2代目バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズによって建てられ、その後伯爵や公爵、プリンス・オブ・ウェールズなどの住まいとなった。

1893年にアメリカの大富豪・William Waldorf Astor子爵が購入し、その後、息子のWaldorfとその妻でイギリス最初の女性議員となったNancy Astorに邸宅が譲られてから、クリーヴデンの名が飛躍的に高まった。ナンシーは、チャーリー・チャップリン、ウィンストン・チャーチル首相、セオドア・ルーズベルト米大統領、ジョージ・バーナード・ショーなど、著名な俳優やセレブリティ、政治家、アーティストたちをもてなした。クリーヴデンはまた、「Cliveden set」と呼ばれる、1920〜30年代に政治に多大な影響力を持った上流階級の知識人のミーティング場所でもあった。しかし、クリーヴデンの名を世に知らしめたのは、1960年代に起きた「20世紀最大の英政界スキャンダル」、プロヒューモ事件だった。当時陸軍大臣であったジョン・プロヒューモが、モデルで売春婦だった21歳のクリスティーン・キーラーと出会ったのが、クリーヴデンで催されたプールパーティだったのだ。

1970年代はカリフォルニアにあるスタンフォード大学の海外キャンパスとして使われたが、現在はNational Trustの所有になっており、屋敷は5つ星ホテル「Cliveden House」にリースされている。

私たちがクリーヴデンを訪れたのは偶然にも、プロヒューモが下院で真相を追求された1963年3月21日から50周年に当たり、特別に邸宅が一般解放された日。幸運にも、普段は宿泊客しかアクセスが許されていないホテル内を見学する事ができた。宿泊料が1泊£252〜、最も高額なスイートルームになると1泊£1500以上する(部屋詳細)この高級ホテル内は、宿泊客のプライバシー保護のため、内部の写真は厳禁。以下の写真はホテルのウェブサイトから借用した。

Cliveden is an Italianate mansion and 375-acre estate in TaplowBuckinghamshire. Built in 1666 for George Villiers, 2nd Duke of Buckingham, the site has been home to an Earl, three Countesses, two Dukes, a Prince of Wales and the Viscounts Astor (history / Cliveden House Hotel website).

The fame of Cliveden went up since it was purchased by the America’s richest man William Waldorf Astor in 1893 and was given to his son Waldorf Astor, 2nd Viscount Astor and his wife Nancy Astor, who was the first female MP. Here, Nancy hosted actors and celebrities, politicians and artists, including Charlie Chaplin, Winston Churchill, Teddy Roosevelt and George Bernard Shaw. The house was also used as the meeting place of a group of upper class political intellectuals, the Cliveden set of the 1920s and 1930s. However, what made Cliveden famous was the notorious Profumo Affair in 1960s, one of the biggest British political scandal named after John ProfumoSecretary of State for War: in 1961, Profumo met an English former model and showgirl Christine Keeler, at a house party at Cliveden.

During the 1970s, it was occupied by Stanford University of California, who used it as an overseas campus. Today owned by the National Trust, the house is leased as a five-star hotel Cliveden House.

The day we went to Cliveden was coincidentally the 50th anniversary when Profumo made the statement to the House of Commons (Wikipedia), and the visitors were specially allowed to tour around this gorgeous mansion, where normally only guests have an access. The price of the room starts £252 and the most expensive suite room is over £1,5oo per night (rooms) – what a lucky day for us! Unfortunately taking a photo was not permitted to protect guets’ privacy, so I took those photos below from the hotel website.

1989年の英映画「スキャンダル(Scandal)」の「プールパーティ」のシーンが撮影されたプール。

The swimming pool was featured in the scene of “pool party” in the British film Scandal (1989).

屋敷の南側にある、4エーカー(16,000m2)もの広大なパルテールは、ヨーロッパ最大規模。

The parterre to the south of the house is one of the largest in Europe at 4 acres (16,000 m2)

Long Garden (two photos above)

給水塔 / Water tower

National Trust: Basildon Park @ Lower Basildon, Reading

Basildon Parkは、Sir Francis Sykesのために、1776〜1783年にかけてパラディオ様式で建てられたジョージ王朝時代の建物で、インテリアはパラディオ様式の後に流行した新古典主義様式を取り入れている。しかし、400エーカーの広大な緑地に囲まれたこの屋敷は、常にこのような優美な姿だった訳ではなかった。1910年に廃屋となり、1914年には政府に徴用され、軍の病後療養所として使われた。1929年には、屋敷を分解してアメリカで移設するため内部の家具什器が外されたが、結局アメリカには運ばれず放置。第二次世界大戦中は再度徴用され、兵舎、戦車の訓練場、捕虜収容所となった。その後廃墟になっていた屋敷は、1950年半ばに購入したIliffe卿夫妻の手によって、現在のように美しく生まれ変わった。1978年に夫妻より譲渡され、現在National Trustが管理している。

Basildonではまた、レトロなオブジェやパッケージで飾られた、1950年代のリビングルーム(入口入ってすぐ)や広々としたキッチン(屋敷最後の部屋)もあり、当時のイギリス人の日常生活を垣間みる事ができる。

Basildon Park is an 18-century Georgian mansion surrounded by 400-acre parkland, built between 1776 and 1783 for Sir Francis Sykes in the Palladian style with neoclassical “Adamesque” style interiors. But the house has not been in such elegant shape all the time through its history. In 1910 it was standing empty and it was requisitioned by the Government in 1914 as an army convalescent hospital. In 1929, it was stripped of many of its fixtures and fittings and abandoned, following a failed attempt to dismantle and rebuild the house in the USA. During WW II, the house was again requisitioned and served as a barracks, a training ground for tanks, and a prisoner of war camp. But in the mid 1950s, the house was rescued from ruin by Lord and Lady Iliffe and restored beautifully as you see now. The Basildon was given to the National Trust in 1978.

At Basildon, you can also experience 1950s British living room (just after the entrance) and spacious kitchen (the last room in the house), filled with retro everyday objects.

ユニークな8角形の部屋「Octagon Room」

Unusually shaped Octagon Room

National Trust: The Vyne @ Basingstoke, Hampshire

今回のNational Trust第一弾は、ハンプシャー州 BasingstokeにあるThe Vyne。このお屋敷は、ヘンリー八世の宮内長官であったWilliam Sandys、後のサンズ卿(Lord Sandys)によって、16世紀初頭に建てられた。ヘンリー八世も何度か訪れ、エリザベス1世も賓客の一人であったという由緒あるお屋敷(歴史)。

The National Trust No.1 of this trip: The Vyne in Basingstoke, Hampshire. The Vyne was built in the early 16th century by William Sandys, later Lord Sandys of the Vyne, who was Henry VIII’s Lord Chamberlain. Henry VIII visited the house several times and Elizabeth I was also a visitor (history).

ルネッサンス時代のステンドグラスが美しいテューダー朝のチャペルは、イングランドで最も完璧な私有チャペルの一つだそう。

The Tudor Chapel, with its Renaissance glass, is one of the most perfect private chapels in England.

チャペル内のマヨリカ焼きのタイルは、フランドル地方産(National Trust

Early 16th century Flemish Majolica tiles in The Chapel (National Trust)

1770年頃、館主のJohn Chuteが、裕福な弁護士で後に庶民院議長を務めた彼の先祖で、1653年に屋敷を購入した、Chaloner Chuteを記念して作った墓所。

In around 1770, John Chute built the tomb chamber as a memorial to his ancestor Chaloner Chute, a wealthy barrister who later became a Member of Parliament and Speaker of the House, who purchased the house in 1653

Oak Galleryに飾られた、イギリスの大法官で科学者、哲学者でもあった、フランシス・ベーコンの肖像画(左。National Trust

Portrait of a Lord Chancellor, scientist, and philosopher Francis Bacon (left) in the Oak Gallery (National Trust).

Tapestry Room内の、リッチモンド&レノックス公爵夫人・Lady Frances Howardの肖像画。ハンカチにあるイニシャル「F.R.L」で、公爵夫人の肖像画だと分かったという

Portrait of Lady Frances Howard, Duchess of Richmond and Lennox in the Tapestry Room (National Trust). You can see initials of F.R.L on her handkerchief

ヘンリー八世の使ったバスルーム

Henry VIII’s bathroom

18世紀に流行した「Print room」と呼ばれる部屋。Vyneのものは、当時のprint room中でも最大級。印刷した絵画を切り抜いて、壁に糊付けしてある。

Print room, an 18th century fashion, at the Vyne. One of the largest, though atypically the prints are cut out around shapes, that are pasted well spaced apart (Wikipedia)

The Olde Bell Inn @ Hurley, Berkshire

3月も後半だというのに、イギリスは毎日凍えるような寒さで嫌になる。この寒さの中、きれいな空気を吸いに、ロンドン郊外の田舎へ足を伸ばしてみた。

宿泊地はMr & Mrs Smith過去ブログ参照)で見つけた、ロンドンとオックスフォードの中間に位置する小さな村・HurleyにあるThe Olde Bell。近くのベネディクト会修道院を訪れる人たちの宿泊所として1135年にオープンしたという、現在も営業中のイギリス最古の宿だそう。第二次世界大戦中は、ルマンディー上陸作戦前に、アメリカ諜報部の秘密基地として使われていた近くのLadye Place Mansionを訪れたチャーチル首相やアイゼンハワー米大統領なども宿泊したという由緒ある宿で、エリザベス・テーラーやケーリー・グラントといった錚々たるスターも宿泊者名簿に並ぶ。また、ダスティン・ホフマンの初監督作品「カルテット!人生のオペラハウス」の撮影場所としても使用されたらしい。ちなみに、Mr & Mrs Smithのメンバーになると(無料)、シャンパンのボトル一本が特典でつくのも魅力。

このホテル、敷地は意外に広くて、本館と隣接のMalt House、コテージ風客室を備えたCottage、そして道を挟んで、農業用の納屋を改装したBrick BarnとTithe Barn、Bell Lodgeに、合計48室有する。また、広々とした庭や野菜畑、テニスコートもある。私たちの部屋は、ヴィクトリア時代の建物で、図書館や音楽ルームなどが備わっているMalt Houseで、イギリス版Elle Decorationの初代編集者でインテリア・デザイナーのlse Crawfordがデザインした部屋の小さい方(1泊£135)。ロケーション、値段の割に部屋は狭いけれど、落ち着いた色調でセンスよくまとめられている。バスルームはシャワーのみだけれど、広くて使いやすい。難点は各部屋が水を使う度に聞こえるボイラー音が結構煩い事。眠りの浅い時など、起こされてしまう時もあった。

ディナー、朝食は本館1階にあるレストランで。数部屋に分かれたレストランは広々としていてテーブル数も多く、カントリースタイルをモダンにアレンジしたインテリアは洗練されている。地元産の食材を使った料理は新鮮で美味しく、値段はロンドン並みだけれど、その価値はあり。朝食は、田舎では珍しくフル・ブレックファストではなく、ビュッフェスタイルのコンチネンタル・ブレックファストのみ(温かい食事は別料金)なのが、ちょっと手抜きな印象。Booking.comのレビューでも朝食への不満がちらほら見られる。

Hurleyは小さいけれど、ロンドンやオックスフォードへのアクセスもいいので、住宅価格は国の平均の約5倍もするという裕福な村。特別な見所はないけれど、テムズ川縁をのんびり散歩するのもいいし、近隣の、レガッタで有名なHenley-on-Thamesや、National Trustが管理するお屋敷や庭園を訪れるのもいい。私達もこの旅行で4つNational Trust巡りをした(詳細は明日以降ブログに書く予定)。寒波で春の訪れまだ遠く、庭園には水仙程度しか花が咲いていなかったのが残念。

It’s been freezing cold in UK though it is almost April. Despite of the depressing weather, we traveled to countryside to breath fresh air.

The destination is a tiny village of Hurley in Berkshire, between London and Oxford, and we stayed at The Olde Bell that we found on Mr & Mrs Smith website. Free gift of a bottle of champagne for a member of Mr & Mrs Smith (and it’s free!) was a good incentive too (see details). The Olde Bell is the oldest still-working inn in Britain, first opened its doors in 1135 as a guest house for visitors to the nearby Benedictine Priory. During World War II, Sir Winston Churchill and Dwight D Eisenhower stayed this inn when they visited Ladye Place Mansion, next to the church, which was being used as a secret US intelligence base prior to the Normandy Landings. Other famous guests include Elizabeth Taylor and Cary Grant, and the inn was also used as the filming location for Dustin Hoffman’s first directorial film “Quartet“.

The inn has surprisingly large estate and has total of 48 rooms at the main building “The Inn” and the adjacent Malt House and The Cottage, and two converted barns of Brick Barn and Tithe Barn as well as Bell Lodge across the street. Also there are spacious gardens, vegetable garden and a tennis court as well. Our room “Malt House smaller” (£135/night) is in the victorian building of Malt House which has some gathering spaces such as library and music room, and the room is designed by lse Crawford, an interior designer and founding editor of British Elle Decoration. The room is relatively small with its location and the price, but chic and intimate – design costs. Bathroom has shower only but spacious and bright. The only problem is the noise caused every time someone use water in the bathroom – it woke me up sometimes during the sleep. 

We had dinner and breakfast at the Inn restaurant. This rustic-chic restaurant has few separate rooms and is more spacious than we expected. The food is a little bit pricey, which is almost the same level as London, but their delicious meal using local produce was worth its price. But breakfast was disappointing – it was continental breakfast instead of full breakfast, which is a rarity in British countryside (warm food costs extra) – this seems to me rather a lack of an effort. In fact, some people complains about the breakfast on Booking.com reviews.

Hurley is very small but an affluent village and house prices are approx five times higher than the national average (Wikipedia), due to its easy access to Oxford and London. It is nice to have a lovely walk on the Thames, or visiting Henley-on-Thames, famous for regatta race, and National Trust estates nearby. We visited four National Trust sites this time and I will write about them tomorrow. It was a shame that we couldn’t see those gardens with flowers due to this cold weather!

 

Dinner at the Inn restaurant

 

Continental Breakfast

Music Room at The Malt House