Tag Archives: 観光

Rufus the Corgi, the face of ‘London, Now See It for Yourself’

このビデオのキュートなコーギーの名前は「Rufus(ルーファス)」。ロンドン観光局のビジターキャンペーン「London, Now See It for Yourself‘」の「顔」だ。ロンドン観光局のウェブサイト(visitlondon.com)のキャンペーン特別ページではまた、アーティスト・Jenni Sparksが手描きデザインしたインタラクティブ・マップで、主な観光地、新名所やイベント、そして知る人ぞ知る街情報などが紹介されている(詳細:プレスリリース)。

現在6週間に渡り、週変わりで違うテーマのロンドン旅行が当たるキャンペーンを実施中(今は3週目で賞品はグルメ旅行)。サイトの地図上で、ヒントを頼りにルーファスを探し出しクリックして応募する。「ウォーリーを探せ」じゃないけど、これが意外に難しく、今週も見つけられず撃沈。。。

Here is Rufus the Corgi, the face of ‘London, Now See It for Yourself‘ visitor campaign on the visitlondon.com site. Designed and hand drawn by artist Jenni Sparks, the interactive map for London on the microsite of ‘London, Now See It for Yourself‘ shows key attractions and a gives a guide to what’s new for 2013, as well as highlighting some of the city’s hidden gems (see details).

Currently visitlondon.com has been hosting 6 themed weekly competitions for 6 weeks (now in 3rd week). Each week, a participant could win a trips to London with different theme, by finding Rufus down on the map with the clues to track him down. It is quite difficult like “Where is Wally?”, and I couldn’t spot him on this week competition unfortunately…

Interactive map of London

 

The Tallest Building in Europe, The Shard Opens

イタリア人建築家レンゾ・ピアノがデザイン、カタールからの投資金£15億をかけて建設されたヨーロッパ一高いビル(309.6m)、The Shardシャード:破片の意)の落成式が昨日行われた。夜10時15分から始まったレーザーショーがロンドンの夜空を彩ったが、何かの問題で予定通りいかなかったらしく、その評判は芳しくない(independent紙)。ちょっと遠いけれど、うちのバルコニーからシャードのてっぺんが見えるのだけれど、確かに、ここから見てもテレビ映像を見ても、パッとしなかったかも(上のビデオ参照 / 写真)。

シャードは、上から居住フロア、シャングリラ・ホテル、レストラン、最下部はオフィスが入居している。地上約244mの68〜72階にある展望台「View from The Shard」からは最大64kmまでの景色が楽しめ、いつも大口をたたくボリス・ジョンソン市長によると、天気のいい日はフランスも見えると言う(本当か?!)。

展望台は来年2月1日から一般公開される予定で、今日から前売り券の販売が始まった。チケットの予約はシャードのウェブサイトまたは電話(0844 499 7111)で受け付ける。お値段は大人£24.95・子供£18.95と、London Eyeロンドン・アイ、スタンダードチケット£15、エッフェル塔(€14=約£11)、また世界一高いタワーで地上450mの東京スカイツリー展望回廊(3000円=約£24.15)より高い。それでも今日だけで1万7500人もの人が前売り券を購入したという。これはぼったくりだ!と思う方、ロンドン観光の予算が少ない方は、このウェブサイトで、もっとお安くロンドンの景色を楽しめる場所をチェックしてみて。

£1.5 billion funded by Qatari investors and designed by Italian architect Renzo Piano, the tallest building in Europe (309.6m / 1016ft), the Shard was inaugurated yesterday. A light and laser show to celebrate the opening started at 10:15pm yesterday night, but they failed to illuminate the skyline as planned and it didn’t seem to impress spectators (independent). We can see a tip of the Shard from our balcony, and I saw some laser light and also the footage on TV, but it was just ordinary and boring, not spectacular as they claimed… →more photo

The Shard houses residences, Shangri-la hotel, restaurants and offices (from the top to the bottom). From the View from The Shard observation platform in the 68th-72nd floors which some 244m (800ft) high, guests are able to see up to 64km (40 miles) away, and even France when is a clear day, according to the Mayor Boris Johnson.

The View from The Shard will be open to the public from February 1 next year, and from today pre-booking tickets are available through the Shard website or via the box office hotline (0844 499 7111). The tickets cost £24.95 for adults and £18.95 for children, which is much more expensive than London Eye (Standard Ticket £15), the Eiffel Tower (€14 = about £11), and even the tallest tower in the world, new TOKYO SKY TREE Tembo Galleria at 400m higher from the ground (¥3000 = about £24.15)! Over 17,500 people had already registered to secure tickets in advance of their release today. Wow. If you are a budget traveller or think this is a rip-off, check here for alternative ideas to enjoy London’s skyline.

GREAT Campagin to Promote Britain

イギリスも持つ魅力を世界に売り込むため、キャメロン首相が昨年9月に立ち上げた「GREAT Campaign」。エリザベス女王の即位60周年の記念式典・ダイヤモンド・ジュビリー(6月2〜5日)とロンドン・オリンピックが開催される特別な年にあたる2012年、そしてそれ以降も、UK Trade and Investment(英国貿易投資総省)、Culture Department(文化省)、Foreign Office(外務省)、Visit Britain英国政府観光庁ホームページ)など政府をあげて取り組み、貿易・投資促進、観光客誘致など、観光・ビジネスなどの分野で計10億ポンドの増収を期待する。

これらのイメージは、Countryside(田舎:スコットランドのグレンフィナン陸橋)、Creativity(創造力:ウォレスとグルミット)、 Entrepreneurs(起業家:ヴァージン・グループ創設者サー・リチャード・ブランソン)、Green(再生可能エネルギー技術:イーストロンドンのオリンピック競輪場)、Heritage(歴史:ヘンリー8世)、Innovation(イノベーション:スコットランドの健康関連会社Touch Bionics)、Knowledge(知識:ケンブリッジ大学 コーパス・クリスティ・カレッジ)、Music(音楽:レディング・フェスティバル)、Shopping(ショッピング:セルフリッジズ靴ギャラリーにあるNicholas Kirkwoodのパンプス)、Sport(スポーツ:マンチェスター・シティFCフラムFCの試合)の計10個のテーマで作られた、キャンペーン用イメージで、ポスターやポストカード、広告などに使われている。スタイリッシュでセンスのいいインパクトのあるデザインで、クール・ブリタニアを謳うだけある。でも、Great Britainとかけているのは分かるけれど、赤字で「GREAT」のオンパレードはちょっと偉そうに聞こえるかも??

Vist Britainサイトデジタルポストカードポスター広告

The GREAT Campaign has been launched in September 2011 by Prime Minister David Cameron to promote Britain abroad for investment and tourism, focusing on everything the UK has to offer as one of the very best places to visit, study, work, invest and do business. The “GREAT” campaign hopes to create a £1 billion boost for businesses and bring in four million extra foreign tourists, especially in this special  year of 2012, when UK hosts the Queen’s Diamond Jubilee celebration (June 2-5) and the London Olympic and Paralympics. The UK Trade and Investment, the Culture Department, the Foreign Office, Visit Britain and other government departments will work together on the campaign to bring in the business and tourists from now and beyond 2012.

These images are made under a common banner for posters, postcards and ads, to publicise the project, using 10 key campaign themes: Countryside (Glenfinnan Viaduct, Scotland), Creativity (animation character of Wallace & Gromit), Entrepreneurs (Founder of Virgin Group, Sir Richard Branson), Green (Olympic Velodrome, East London), Heritage (Henry VIII), Innovation (Touch Bionics, Livingston, Scotland), Knowledge (Corpus Christi College, Cambridge), Music (Reading Festival), Shopping (Nicholas Kirkwood, The Shoe Galleries, Selfridges), Sport (Manchester City vs Fulham, Craven Cottage, London). Very stylish & cool design. I understand that “GREAT” is from “Great Britain”, but repeating of “GREAT” in red may be a bit too pompous??

Vist Britaindigital postcardspostersads

Pedalbus: an annoying ‘trend’ in London

photo by Graham Jepson

テートモダンの近くでこの乗り物を何回か見たことがある。その時はヘンな乗り物だなと何気に思っただけだったけど、今日のEvening Standard(イブニング・スタンダード)紙を読んでこれが何なのか、初めて知った。記事によると、これは「pedalbus(ペダルバス)」と言って、会社のチームビルディングの一環として、また新しい社交の場として、ロンドンで人気なのだそうだが。。。

ペダルバスには、ペダル付きの8つの自転車用サドルがついており、乗っている人たちがペダルをこいで動かし、ドライバーが先頭に立って舵取りとブレーキを操作する。座席の前はバーカウンターになっており、乗客はワインやビールを飲みながら、ペダルをこぐことができる。しかし、彼らは楽しいひと時を過ごすかもしれないけれど、他の人たちにとってはた迷惑。前にもブログで書いたけれど(参考記事)、ロンドンはヨーロッパで三番目に交通渋滞がヒドい都市で、自転車やRickshaw(自転車タクシー)等もそれに拍車をかけている。加えて、酔っぱらいを乗せたこのペダルバスが流行でもしたら、ますます渋滞が悪化しそう。

理解不能なことに、このペダルバスや自転車タクシーがロンドンの中心を走り回ることは、合法なのだそうだ。道幅が広くて渋滞の少ない、例えば北欧の都市等であれば分かるけれど、ロンドンじゃ迷惑以外の何者でもない。しかも、天候不安定なイギリスだと、いつ雨が降ってパーティ気分が台無しになるかも分からない。ペダルバスのレンタルは、一人£23.50〜。この値段なら、乗り降り自由な(hop-on hop-off)二階建て観光バスの方が楽だし、もっとたくさんの場所に行けるのでお得な気がする。それに大の大人が一緒に自転車こぎというのも、あんまり格好いいもんじゃない。ともあれチームビルディングなら、キャンプとかハイキングとか、人に迷惑がかからない場所でやって下さい。

I have seen this strange vehicle several time near Tate Modern. I had no clue what it was but today finally got to know it on the Evening Standard. It is called ‘pedalbus‘ and it is supposed to be “the latest and most sociable way to travel” and it has become “a trend among corporate clients as a way of team building”… Is it a bad joke??

This vehicle holds eight bike seats with pedals, and passengers make it move by pushing the pedals while a driver stands at the front to steer and use the brakes. Passengers can enjoy wine and beer, sitting around a bar, while pedalling. People on the pedalbus may enjoy a ride, however, not others. The road in London is quite congested, the third worst in Europe (see my past entry), and other mess such as bicycles and rickshaws have been causing the traffic even slower. And if this pedalbus with drunken people on board become a fashion, it will surely make things much worse.

I don’t understand why London allow this pedalbus (and rickshaws, to be fair) to be legal to go around central London. Cities with wider roads and less traffics, Scandinavian cities for example, may be OK with it, but not in London. Also UK’s unstable weather would ruin a party atmosphere anytime. To hire this costs from £23.50 per person – hop-on hop-off open top bus would be better value for money as you can relax and travel further. So please boycott the pedalbus for Londoners’ sake (and you would look stupid as well). Please do your team-building exercise privately, somewhere you wouldn’t bother others.

Lonely Planet New Great Britain Travel Guide

今月発売された、旅行ガイドのLonely Planetロンリープラネット)が発行するGreat Britain Guide(イギリスガイド)の最新版が、イギリスでちょっとした波紋を呼んでいる。ロンリープラネットは、広告も取らず、どこの観光協会ともタイアップしない方針を貫く独立系のガイドブック。英語の旅行ガイドで世界一のシェアを誇る。自費で旅して情報を集めるため、見聞きしたことを率直に書けるのが強み。それで今回のイギリスガイドがかなり辛口だったため、メディアが飛びついたのだ。

一言で言うと、イギリスの観光地としての評価は「Over-crowded, over-rated and over-priced(混雑し過ぎ、評価過剰、物価高過ぎ)」 。ポンド安で海外から観光客はたくさん来るけれど、イギリス旅行は決して安くない。交通、入場料、レストラン、ホテルは、他の多くのヨーロッパ諸国に比べて割高。多くの観光アトラクションはつまらなくて、観光地としての質が低いと批判的。

でも何となく同感。イギリスの田舎のなだらかな丘陵地帯が広がる光景なんかはとても美しいしと思うんだけれども、休暇となると国内じゃなく他のヨーロッパの国々に出かけてしまうのも、このことも理由の一つだ。それにイギリスの小さな街って、南欧とかに比べると、日が暮れとともにお店が閉まると人気もなくなって、何とも侘しさを感じる。またロンドン以外の都市は、チェーン系の店やレストランが幅を利かせ、どこに行っても同じに見えてしまう。

ロンドンに関しては、素晴らしいレストランや無料のアトラクションも多く、世界で最もクールで素晴らしい都市の一つと高評価だけれど(他の都市に関してはテレグラフ記事参照)、一方で、レストランは質の割に値段が高過ぎ。最悪の場合、缶入り食品の味がする「モダン・ヨーロピアン料理」に£30も払うはめになるとも。イギリスは、食べ物に定評がある国じゃないけれど、著者の一人は「スライス済みの白パンとくたくたになるまで茹でられた野菜を、砂糖4杯を入れた紅茶で流し込む」食文化はまだ各地に健在だと、手厳しい。言いたい放題だが、それでもイギリス人の自尊心を完全には傷つけないよう、「イギリスは今もGreatで、世界でも最も魅力的な国の一つ」だと賞賛も忘れないところが、商売上手。来年のオリンピックを前に、汚名挽回なるか?

The Lonely Planet‘s latest Great Britain Guide has been released recently. Lonely Planet is the the largest travel guide book, and totally independent without taking advertising or linking any local tourisms. They pay their own trip so the guide can be quite honest and candid for what they write about the destination. The latest guide about UK is quite critical and therefore has caught media attention.

“Over-crowded, over-rated and over-priced” – this is the guide’s verdict in short. The recent trend of weak pound attracts foreign tourists, but traveling Britain isn’t cheap – public transport, admission fees, restaurants and hotel rooms all tend to be expensive compared with their equivalents in many other European countries. The country’s many tourist attractions are said as “boring and lacking in quality”…

But I have to agree some points. I love beautiful countryside of Britain with rolling hills, but we tend to travel other European countries because the same reasons that Lonely Planet pointed out. Besides the high cost of traveling in UK, British small villages look ghost town and very sad after the sunset when all the stores close and people go home, in compare to Southern European countries. On the other hand, cities all look alike with the high streets lined with national chain stores and restaurants, and are not very distinctive.

London got good review as one of the world’s great cities, if not the greatest, with endless reserves of cool (see telegraph article for other cities and towns). The guide said the city had excellent restaurants with many free attractions for children, but also found that despite its good restaurants, London also offered overpriced food. Tourists may end up “forking out £30 in a restaurant for a ‘modern European’ concoction that tastes like it came from a can”. Yes, UK is not known as a foodies’ paradise, but co-ordinating author of the Lonely Planet Guide to England concluds that “a culinary heritage of ready-sliced white bread, fatty meats and boiled-to-death vegetables, all washed down by tea with four sugars, remains firmly in place in many parts of the country.’ Sounds quite bad, but Lonely Planet also doesn’t forget to praise that many parts of Great Britain are still ‘great’, and that it is still one of the most fascinating places in the world to explore – without completely knocking down British pride. Happy ending. Can UKreverse Lonely Planet’s verdict before the London Olympic next year??

A Day Trip to Canterbury

ロンドンのセント・パンクラス駅から、サウスイースタン鉄道の高速列車で1時間弱、ケント州にあるカンタベリー。城壁に囲まれた、中世の面影が色濃く残るこの街は、601年に修道士アウグスティヌスが初代カンタベリー大司教に就任して以来、イングランドキリスト教の中心地として、1400年に渡って多くの巡礼者を迎え入れてきた。イングランド国教会の総本山であるカンタベリー大聖堂は、世界遺産に登録されており、毎年世界中から観光客が訪れる。私が行った日は週末で、ユーロスターで来やすいからか、フランス人、特に学生がたくさんいて、街で聞こえる声は、半数以上がフランス語だった。

Canterbury in Kent is just about an hour away from St. Pancras station in Lonon by Southeastern‘s HS1 (High Speed 1, High-speed rail service). Surrounded by medieval walls, Canterbury is an important historic town and has been the center of Christianity in England for about 1,400 years, after St Augustine became the first Archbishop of Canterbury, a position that now heads the Church of England and the worldwide Anglican CommunionCanterbury Cathedral where the home of the Archbishop of Canterbury, is registered as one of the World Heritage Site and attracts many tourists from all over the world. It was on weekend when I went to Canterbury, and there are so many French visited there (easy access from France with Eurostar), especially students, and I heard speaking French all over the town.

カンタベリーにはCanterbury East駅とWest駅があるが、セント・パンクラス駅からの高速列車は、Canterbury West駅に到着する。駅から歩いて約6分、旧市街の入口となるWestgateウェストゲート・タワーズ)が見えてくる。現在は博物館であるウェストゲート・タワーズは、全8つ建てられたゲートの中で、唯一原形をとどめており、またイングランドで現存する最大のゲートだそうだ。

There are two stations in Canterbury, Canterbury East and West, and the HS1 trains arrive at Canterbury West station. About 6 minutes walk, you will see the Westgate, the entrance to the old town. Westgate Towers, now houses a museum, is the only gate preserved among all eight gates constructed, and is the largest surviving city gate in England.

パント(平底船)と呼ばれるボート・ツアー(Canterbury Historic River Toursなら、川の上からゆったりと街の風景が楽しめる。

You can enjoy town views on a punt from the river Stour, with Canterbury Historic River Tours.

ストゥール川沿いにたたずむ中世のチューダー様式の建物、「Huguenot weavers’ houses(ユグノーの手織りシルクの店)」。16世紀の半ばに迫害を逃れてきた、フランス語を話すプロテスタント・ユグノーHuguenot改革派教会カルヴァン主義)たちは、17世紀までにカンタベリーの人口5000人のうち2000人を占め、絹織物産業をカンタベリーにもたらした。

The medieval tudor building, Huguenot weavers’ houses on the river Stour. French-speaking Protestant Huguenots had begun fleeing persecution in the mid-16th century, and by the 17th century, the number of Huguenots was 2,000, while Canterbury’s population was 5,000. The Huguenots introduced silk weaving into the city.

大聖堂の入口、Christchurch Gate(キリスト教会門)。16世紀初期に建てられたもので、coat of arms(紋章)で飾られている。

Christchurch Gate, the entrance to the Cathedral. Built in the early 16c and decorated with coat of arms.

カンタベリー大聖堂の歴史は、597年に教皇グレゴリウス1世の命を受けた修道士、聖アウグスティヌスが伝道師として派遣され、司教としてカンタベリーにその座を据えたことに始まる。幾度にも渡る再建、増築を経た大聖堂は、ロマネスク様式ゴシック様式が混合された建築となっている。

この大聖堂は、当時の王ヘンリー2世と争った、大司教トーマス・ベケットが1170年に暗殺された場所で、それ以来、ベケット殉教の地として、大勢の巡礼者が訪れるようになった。ジェフリー・チョーサーの「カンタベリー物語」では、当時のカンタベリー巡礼の様子を垣間みることが出来る。

The Cathedral‘s history goes back to 597AD when St. Augustine, sent by Pope Gregory the Great as a missionary, established his seat (or ‘Cathedra’) in Canterbury. The Cathedral’s art and architecture reflect a mixture of Romanesque and Gothic style, by rebuilding and extension over time.

In 1170, Archbishop Thomas Becket was murdered by knights of King Henry II in the Cathedral, and ever since, the Cathedral has attracted thousands of pilgrims. Geoffrey Chaucer‘s “The Canterbury Tales” is a collection of stories about pilgrims who came to Canterbury.

1174年の火事の後、1184年に再建・完成したquire(choir:聖歌隊席)

12th Century quire (choir), completed in 1184, following the fire in 1174.

大聖堂内の数多くの窓を覆う、美しく精巧なステンドグラス。

One of the numerous medieval stained glass windows in the Cathedral.

16世紀までベネディクト会修道院があった、聖オーガスティン(アウグスティヌス)修道院。ヘンリー8世が1538年に発令した修道院解散法(Dissolution of the Monasteries)によって取り壊された。その後、宮殿や庭として利用されたりしていたが現在は廃墟となり、イングリッシュ・ヘリテッジEnglish Heritage)に管理されている。大聖堂、聖マーティン教会(写真下)とともに、ユネスコの世界遺産に登録されている。見学料大人£4.30(2010年3月現在)。

St Augustine’s Abbey was a Benedictine abbey and a World Heritage Site, along with the Cathedral and St. Martin’s Church (photo below). The abbey was dismantled under 1538′s dissolution of Henry VIII. Later the site was converted to a palace and a garden, and now the ruins of this monastic foundation are in the care of English Heritage. Admission for adult is £4.30 (as of March, 2010).

現在使用されている教区教会(parish church)としてはイングランド最古の聖マーティン教会

St. Martin’s Church, England’s oldest parish church in continuous use.

Greyfriars Chapelは、13世紀に建てられたチャペルで、1224年に最初のフランシスコ会修道士がイギリスに到着してから最初の住居として使われた、イギリスで最古のフランシスコ会の建造物。ストゥール川をまたいで建てられ、周りを庭で囲まれた、この小さくて可愛い教会は、観光客の少ない穴場。観光で歩き疲れた時に休憩するのにぴったりの場所。

Greyfriars Chapel is a 13th century chapel and house of the first Franciscan settlement in Britain in the years following the arrival of the first Friars in 1224, and the oldest Franciscan building in UK. Surrounded by peaceful gardens, this small and attractive chapel is a hidden gem in Canterbury, where not many tourists visit.

Reblog this post [with Zemanta]

Enjoy England Tube ad poster

enjoyEngland.com Tube poster

昨日、ロンドン地下鉄を利用した際いちばん目についた、「Enjoy England」のポスター。航空写真を使用した、インパクトのある広告だ。

Enjoy Englandは、イングランド観光局(イギリス観光局の一部)の公式ウェブサイトで、イングランド地方のツーリズム振興を目的としている(ちなみにイギリス観光局公式ウェブサイトは、Visit Britain)。ウェブサイトでは、登録された27000ものホテルやB&Bなどの中から宿泊先が検索できる他、イングランド地方の観光アトラクションやイベント情報とチケット販売、都市別観光情報、また旅行のアイデアや割引情報等、イングランド地方を旅行するのに必要な情報が得られる。

I saw a poster of ‘Enjoy England‘ yesterday at London Oxford Circus tube station. It is a cool ad using aerial photo.

Enjoy England is the official tourist board for England and part of British Tourist Authority, ‘Visit Britain’, and enjoyengland.com is its official website. On the site, you can find all information necessary for traveling in England.  You can find a place to stay among 27,000 registered accommodation, and get an information about destinations and attractions and events in England region. You can also buy a ticket for events and attractions. The website also offers holiday ideas, and you can find some wonderful offers as well.

Reblog this post [with Zemanta]