Tag Archives: 静物画

Giorgio Morandi: Lines of Poetry @ Estorick Collection

アーティストでジョルジョ・モランディの大ファンである友人と、エンジェルにあるEstorick Collection of Modern Italian Artに「Giorgio Morandi: Lines of Poetry」展(1月16日〜4月7日)を見に行った。

モランディの出身地ボローニャの美術館・Galleria d’Arte Maggioreと共に企画されたこの展覧会は、1920〜60年代にかけて制作された約80のエッチング版画と、数点の水彩画、ドローイングを展示している。彼の作品のテーマは主に静物画と風景画。いくつかの花を描いた作品やポートレートを除き、テーブルの上に置かれた複数の瓶、水差し、碗などを描いた静物画(多少配置を変えながらも、同じオブジェが繰り返し登場)か、スタジオと住居があったボローニャと毎年避暑に訪れていたGrizzana(グリッツァーナ)の風景画がほとんど。

Lines of Poetry」は、モノクロのエッチングやドローイング、淡い色調の水彩画など、小さいサイズの作品が1階の2部屋にこじんまり収まった(上の階にも数点展示)、かなり地味な展覧会だけれど、彼の作品の持つ静謐さと長閑けさが、妙に心地がいい。しかし、モランディ展で感じた穏やかさは、同時開催中のけばけばしい色調の「Alberto Di Fabio: Intervention」展(1月16日〜4月7日)によって完全に邪魔された。タイトルの「Intervention(干渉)」も、皮肉に聞こえる。まったく相容れない展覧会を一緒にしないでほしいものだ。

I went to see this “Giorgio Morandi: Lines of Poetry” exhibition (Jan 16 – Apr 7) at Estorick Collection of Modern Italian Art in Angel, with my artist friend who is a big fun of Giorgio Morandi.

Organised in collaboration with Galleria d’Arte Maggiore in Bologna, Morandi’s hometown, Lines of Poetry focuses on works on paper and includes Morandi’s some 80 etchings, as well as few watercolours and sketches, from 1920′s to 60s. The subjects of his works are pretty much restricted in still lifes, mainly same familiar bottles and vases on a table, and landscapes of Bologna and Grizzana where he visited every year during summer, but the exhibition also has a small number of works on flowers and portraits.

Lines of Poetry is rather understated exhibition with mainly monochrome etchings and pencil sketches and very few watercolours in undertones, in small sizes, in only two rooms on the ground floor (+ few works upstairs). But the tranquility and repose of his works are somehow comfortable and pleasant. However, peaceful moment I had been enjoying was disrupted by a concurrent exhibition, flashy and intense “Alberto Di Fabio: Intervention” (Feb 13 – Apr 7)… What an ironic title. They shouldn’t have mixed those incompatible exhibitions together!

Migrations: Journeys into British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンで1月31日から開催中の展覧会「Migrations: Journeys into British Art」(8月12日まで)に行った。イギリスにおける交通、政治、経済の発展は、多くの外国人アーティストたちを惹き付けてきた。この展覧会は、1500年代から現在まで、これらの「migrant(移住)」アーティストたちがイギリスのアート界に及ぼした影響を探求している。

16世紀に宗教改革八十年戦争等の混乱を避けてイギリスに移り住んだ、フランドルやオランダの風景・静物画家は、新しいスタイルの肖像画法をもたらし、北ヨーロッパからやってきた17世紀アーティストたちは、海や風景画といった新しい絵画のジャンルを導入した。18世紀には、イタリアで学び新古典主義を確立した様々な国のアーティストたちがロンドンに定住、1768年のRoyal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)設立にも貢献した。19世紀には、多くのイギリス人や、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーといったアメリカ人アーティストが、パリでアートを学んだが、その後彼らはパトロンを求めてロンドンに移り住んだ。また同時に、普仏戦争から逃がれてきたフランス人アーティストたちも多かった。20世紀初期には、ユダヤ人アーティストやユダヤのアートが話題を呼び、1930〜40年代には、モンドリアンモホリ=ナジ・ラースローナウム・ガボなど、ナチスドイツを逃れてヨーロッパ中からやってきた人々がモダニズム主義を持ち込んだ。50〜60年代には旧植民地の国々からアートを学びにやってきたアーティストたちがモダニズムに傾倒、概念的アプローチを取り、カウンターカルチャーの一翼を担った。80年代はBlack Audio Film Collectiveなど、移民のバックグラウンドを持つアーティストたちが、アートを通して、人種的マイノリティとしての自分と、イギリス人としてのアイデンティティの模索を行った。Zineb SediraSteve McQueen(俳優のスティーブ・マックィーンと同姓同名のイギリス人アーティスト/映画監督)といった現代アーティストたちは、映像を使って現実をドキュメントし、またそのリアリティに疑問を投げかけている。

500年間に渡って、違う文化を持つアーティストたちとの交流によって形作られてきたイギリスのアートの変遷と、その背景にあるイギリス・世界の歴史を知ることができる面白い展覧会だと思うが、テートにしては、ちょっと小粒というかインパクトがないというか、あまり心に残らないのが残念。

写真:ガーディアン紙フォトギャラリー

We saw a Tate Britain‘s exhibition, Migrations: Journeys into British Art (January 31 –  August 12). Developments in transport, artistic institutions, politics and economics have attracted artists to come to Britain, and the exhibition exploring how British art has been shaped by migrant artists from abroad from 1500 to the present day.

In the 16th century, Flemish and Dutch landscape and still-life painters  including Anthony van Dyck, came to Britain through moments of political and religious unrest and  introduced a new style of portraiture. 17th century European migrants brought new genre, such as marine and landscape painting, to UK. During the 18th century, artists from different countries who studied in Italy and developed a neoclassical style, settled in London and contributed in founding of the Royal Academy of Arts in 1768. Many 19th-century British and American artists, such as Whistler, studied in Paris and established themselves in London for patronage, as well as French artists who also escaped the Franco-Prussian war and its political aftermath. In the early 20th century, Jewish artists and Jewish art were explored in Britain. In the 1930-40s, European artists such asMondrian, Naum Gabo and Laszlo Maholy-Nagy, escaped from Nazi Germany and brought modernist principles. In the 50-60s, artists from the Commonwealth countries came to study and engaged with modernism. They took a conceptual approach and became a part of a counterculture. In the 80s, British artists of immigrant backgrounds, such as the Black Audio Film Collective, explored race and national identity. Present time contemporary artists, including Zineb Sedira and Steve McQueen, use moving image for both documenting and questioning reality,

Migrations is an interesting exhibition, showing us the development of British art over 500 years, interacting with people from different cultures from time to time, as well as a bit of British and world history. But it lacks of punch in some way, and didn’t give me something that remains in my heart.

→more photos: Guardian photo gallery