Tag Archives: 音楽

Notes Coffee, Food & Wine or Music & Coffee?

今日も「アイデア」フォルダーからのちょっと古めのネタ(昨日ブログ参照)。コヴェントガーデンにあるカフェ・Notesに行ったのは、昨年9月なので多少今と異なる部分があるかもしれない。

ロンドンの中心部は、家賃が高いせいか資本力のある大規模コーヒーチェーンだらけで、美味しいコーヒーが飲める独立系カフェを見つけるのは至難の業。Notesは、このエリアで「大量生産でない」高品質のコーヒーが飲める、貴重なお店の一つ。Borough Market(バラ・マーケット)を含むロンドン5カ所で、Flat Capというコーヒー屋台を営むRob RobinsonとFabio Ferreiraが経営するNotesは、現在コヴェントガーデン、トラファルガースクウェア、北ロンドンのTileyardに3店舗有するミニ・カフェチェーン(店舗の場所)。お店の外やウェブサイトに書かれているように、コーヒー、食事、そしてワインがいただける。店名のNotesは音譜という意味もあるし、少し前のインターネット情報では「Notes Music & Coffee」と呼んでいるものもあるので、以前は音楽も売りにしていたのだろう(今も?)。Notesではまた折々、コーヒーや食、ワイン、音楽などのイベントも催されている。

ここのエスプレッソは、Square Mile Coffee Roastersの軽めに焙煎したコーヒー豆を使っているので、より繊細なフレーバーが楽しめると言う。また店内には、さまざまなフィルターコーヒーが楽しめるbrew barもある。紅茶の茶葉は、ハイクオリティなお茶を扱うLalani & Coのもの。食べ物は、旬の食材を使った手作りで、朝食からディナーまで間断なく注文できる。ハムやサラミなどのコールドミートは、イタリアやフランスの肉屋や農家から直に仕入れるThe Ham & Cheese Companyから。チーズは、毎週フランスのロワール地方に買い付けに行くというMons Cheesemongersから仕入れるなど、美味しさへのこだわりが感じられる。ワインは飲まなかったのだが、ウェブサイトによると、店内で消費するワインは、小売価格に一律£8の「corkage」(通常、飲み物を持ち込めるBYOまたはBring Your Ownの飲食店でかかる持ち込み料)がかかるだけなので、リーズナブルにワインが楽しめるそう。

リラックスした雰囲気の中でいただいた、サンドイッチとサラダ、そして軽くトーストしたバナナブレッドは、フレッシュで美味。ただ場所柄、週末は混むので、テーブルが空くのを待つことを計算に入れておくべし。

Today’s topic is also from the “idea” folder (yesterday’s blog). I went this Notes cafe in Covent Garden last September, so there may be some changes since then.

Central London is the difficult place to find a good independent coffee shop, and is occupied by big coffee chains who can pay an expensive rent in the premium location. Notes is one of the few places that offer “non mass-produced” coffee in the area. Opened by Rob Robinson and Fabio Ferreira, who run five Flat Cap coffee carts throughout London including Borough Market, Notes is a mini-coffee chain that owns three cafes in Covent Garden, Trafalgar Square and Tileyard in north London (see the locations). As written on its exterior and their website, Notes offers something I can’t live without: coffee (though I am a tea-drinker as well), food and wine. When I check the internet, some websites call “Notes Music & Coffee”, so I guess they offer good music as well, as its name suggests, though I didn’t notice when I was there. They also hosts variety of events related to their specialty; coffee, food, wine and music.

Their espresso is roasted by Square Mile Coffee Roasters, and Notes’ roasts are lighter to create more delicate flavours. They also have a dedicated brew bar for their rotating menu of filter coffees. Their seasonal loose leaf teas are from a boutique tea trading company of Lalani & CoFoods at Notes are seasonal and home-made, and are served throughout the day; breakfast, lunch and dinner. Their charcuteries are supplied by The Ham & Cheese Company who source direct from butchers and farmers in Italy and France, and their cheeses are from Mons Cheesemongers who bring their produce from St Haon le Chatel in France every week. I haven’t tried their wine, but they have a unique system of a flat ‘corkage’ charge of £8 over the retail price of all wines, to allow their customers to reasonably enjoy their selection of wines.

The cafe was very relaxing, and M’s sandwich and salad were fresh and tasty, and my lightly toasted banana bread was irresistibly good. However, due to its prime location, the weekend may be a nightmare and probably you have to wait a while to be seated.

 

Festival of the World @ Southbank Centre

今年の夏のロンドンオリンピック・パラリンピックにあわせ、サウスバンク・センターでは、Festival of the World(6月1日〜9月9日)が開催されている。スポーツや芸術が若者の夢や向上心を刺激すると考えた、近代オリンピックの創立者であるピエール・ド・クーベルタン男爵にインスピレーションを得たというこのフェスティバル、芸術は人々の人生を変えられることを証明するのを目的に、アート、音楽、ダンス、詩、文学、コメディなど世界の文化イベントの他、マーケットや「urban beach(人工ビーチ)」など、様々な催しが行われている。明日29日から始まるパラリンピックと同時に、障碍を持つアーティストたちの作品を紹介するイベント「Unlimited(8月30日〜9月9日)」もスタートする予定。

Southbank Centre has been hosting Festival of the World this summer from June 1 to September 9, coinciding with the London 2012 Olympics/Paralympics. The festival is inspired by the founder of the Olympic movement, Baron Pierre de Coubertin who believed that the arts and sport could raise the aspirations of young people. During the period, Southbank offers a variety of international cultural events such as art, music, dance, poetry, literature, and comedy, as well as markets, urban beach and more to demonstrate how art can transform lives. Corresponding with the start of Paralympic Games tomorrow on August 29, ‘Unlimited‘ (Aug 30–Sep 9) will showcase art and culture commissions by disabled and deaf artists.

中でリラックスしたり遊んだりできる、かまくら型のユニークな「London Earth Creature」は、エコ建築のスペシャリスト・Small Earthの作品。

London Earth Creature” is the unique playscape for play & relax, designed and built by eco-build specialists Small Earth.

廃材を使用して大規模作品を創っているロンドンベースのアート集団・Robots>>>>の「Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down(下を見なければ全てが美しく見える)」。2011年のFestival of Britainで使用した木材や鉄を再利用している。

“Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down” by the London-based arts collective Robots>>>>, who build large sculptures from recycled and reclaimed materials, have made these figures predominantly from wood and steel used at Southbank Centre’s 2011 Festival of Britain.

世界から集められた布地で作られた、15mの高さの「Under the Baobab(バオバブの木の下で) 」は、Pirate Technicsが制作。

15 metres tall “Under the Baobab” is made from stacks of fabric rings using material from around the globe, created by Pirate Technics.

Trey WatkinsとCameron Brownの二人のアーティストの作品「Perspectives(視点)」。一見、無造作に置かれたアルファベットだけれど、一定のアングルから見るとメッセージが浮かび上がる。

Perspectives‘ designed by artists Trey Watkins and Cameron Brown. At first they appear to be random letters, but when you see them from certain vantage points they line up to reveal hidden messages.

たくさんの緑色のバスケットを使った、韓国人アーティスト&デザイナー・Choi Jeong Hwaチェ・ジョン・ファ)の「Time after Time(何度も何度も)」。

Korean artist and designer Choi Jeong Hwa‘s “Time after Time“, using thousands of green carrying baskets.

British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age @ V&A

「Austerity Games(緊縮オリンピック)」と呼ばれた第二次世界大戦後直後の1948年ロンドンオリンピックから再びロンドンでオリンピックが開催される2012年まで、約60年間のイギリスのデザイン300点以上を集めた、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の目玉展「British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age」が、3月31日から始まった(オリンピック最終日と同じ、8月12日に終了予定)。

展覧会は、「tension between tradition and modernity(伝統と近代性の葛藤)」「subversion in British culture(イギリス文化における破壊)」 「design innovation and creativity(デザインの革新と創造)」の、3つのテーマに分かれている。戦後のイギリス・デザインは、戦争の痛手からの再生に始まる。急進的な未来のビジョンを提示した1951年のFestival of Britainや、イギリスの伝統的価値を世界に見せた1953年のエリザベス女王の戴冠式が同じ時期に行われという、伝統と現代性が共存した時代を経て、1960〜70年代にデザインにおける「革命」が始まる。スウィンギング・ロンドンパンクが興り、ファッション、音楽、インテリア、映画など様々な分野で新しく台頭したデザイナーたちが、イギリス文化を根底から変え、その流れが1990年のCool Britannia(クール・ブリタニア)で結実した。また、産業デザインやテクノロジーのパイオニアであったイギリスのデザインが、過去半世紀の間に、伝統的製造業から、金融、小売、クリエーティブ産業など革新的な分野に舵を切ったことも見て取れる。

シンプルだけれど印象に残る交通標識、キッチュな家具や壁紙、パンクミュージックのレコードカバー、奇天烈なファッション、ミニクーパー、コンコルド、モダン建築の模型、果ては90年代以降のイギリス・アート界の寵児、ダミアン・ハーストの作品まで、有名なイギリスのモダンデザインがここに勢揃いしている。何でもありでまとまりがなく、各デザインの説明が簡単すぎるのが短所だけれど、デザインを通じて過去約60年間のイギリス社会の急激な変化と変遷が一目で分かる。イギリス人のみならず外国人でも楽しめる展覧会だと思う。

写真参照サイト:Financial Times / Mirror

British Design 1948–2012: Innovation in the Modern Age” is a new exhibition of Victoria & Albert Museum, showing over 300 British post-war designs over 60 years, from 1948 ‘Austerity Games’ to 2012 London Olympics (Mar 31 – Aug 12: the same day of the last day the Olympics).

The show explores three themes: the tension between tradition and modernity; the subversion in British culture; and design innovation and creativity. Post-war British designs started as reconstruction from the devastated war, embracing both progressive view of the future, presented at the Festival of Britain in 1951, and the traditional values shown at the Coronation of Queen Elizabeth II in 1953. Then revolution in design occurred in 1960s–70s; new talents in fashion, music, interiors and film, manifested in such as ‘Swinging London’ and Punk, transformed the cultural landscape in UK, which has led to ‘Cool Britannia’ in the 90s. The show also explains the change in British design culture which was a pioneer of industrial design and technology, from traditional manufacturing to innovative financial, retail and creative services over the last half century.

Simple but well-designed traffic signs, kitsch furniture and wallpapers, Punk record jackets, eccentric clothing, Mini, Concorde, architectural models, and even works by Damien Hirst of YBA – popular post-war British designs are all there. Although the exhibition looks a bit chaotic and doesn’t show us each design in depth, it is still exciting, not only for British but also for foreigners as well. Through designs in different areas, “British Design 1948–2012″ gives us a glimpse of rapid transition and transformation of British society since the WWII.

See more photos:Financial Times / Mirror

“Joan of Arc: Voices of Light” by London Symphony Orchestra @ Barbican Centre

先日日曜日、バービカン・センターで行われた、London Symphony Orchestra(LSO:ロンドン交響楽団)のコンサート「Joan of Arc: Voices of Light」を観に行った。このコンサートでは、カール・ドライヤー監督のサイレント映画「裁かるゝジャンヌ(1928年)」の映像を背景に、アメリカ人作曲家のRichard Einhorn(リチャード・エインホーン)がこの映画に影響を受けて1994年に作曲したオラトリオ・「Voices of Light」を、女性指揮者Marin Alsopマリン・オールソップ)率いるLSOが演奏した。

裁かるゝジャンヌ」では、大天使ミカエルの「声」を聞き、百年戦争の際、イングランドによる支配からフランスを救った英雄ジャンヌ・ダルクが、敵対するブルゴーニュ軍に捕らえられてイングランド軍に引き渡された末、異端審問裁判で「悪魔の子」の烙印を押され、火刑に処せられるまでが描かれている。ラテン語と古フランス語で書かれた、聖書やジャンヌ・ダルクを含む中世の女性による著作からの引用で構成された詞は、ソロイストとコーラスによって美しく歌い上げられ、そのミニマルで荘厳な音楽からは、白黒の映像と相まって、若干19歳で悲劇の最後を迎えたジャンヌの恐怖と苦しみが切なく伝わってくる。YouYubeでもこの映画と音楽のコラボが見れるので(リンク)、ご興味ある方は是非!

We went to London Symphony Orchestra (LSO)’s “Joan of Arc: Voices of Light” at the Barbican Centre last Sunday. In this concert, live performance by a leading female conductor Marin Alsop and LSO of Richard Einhorn‘s oratorio “Voices of Light” (1994),  inspired by this classic film, was accompanied screening of the  Carl Theodor Dreyer‘s silent film “The Passion of Joan of Arc ” (1928).

The Passion of Joan of Arc ” is a story of Joan of Arc,  a national heroine of France and a Catholic saint, who heard the voice of  Saint Michael and liberated France from English occupation during the Hundred Years’ War. It summarises the time from the Rehabilitation trial after being captivated by English and Burgundian to imprisonment, torture, and the execution by burning.

A libretto in Latin and antique French from the writings of Joan of Arc, medieval mystics and the Bible, was sang beautifully by soloists and chorus. This minimalistic and solemn score, together with the black and white classic silent masterpiece, was deeply moving and vividly conveyed the fear and emotional suffering of young Joan, who once was a savior of France but whose life was tragically terminated with only an age of 19 by one of the most agonising way.

You can also see this film together with the music on YouTube (link), so check it out if you are interested.

Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990 @ V&A

9月24日から始まったヴィクトリア&アルバート博物館の「Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990ポストモダニズム:スタイルと破壊)」(9月24日〜翌年1月15日)を観た。ポストモダニズムとは何か、それはどのように発生したかを探求するこの大規模展覧会では、「Less is more(より少ないことは、より豊かなこと)」をモットーに、機能第一で装飾や無駄を一切排したモダニズム建築への反発から始まり、建築のみならずアート、グラフィックス、音楽、ファッションの分野で70〜90年代のポップカルチャーを席巻したポストモダニズムの代表作品250点以上が、一堂に会している。

ポストモダニズム絶頂期に青春を過ごした身、展示物一つ一つに懐かしさを感じる反面、なんて悪趣味な時代だったんだろうと思う。最悪だったのはポストモダニズム絶頂期の80年代半ばか。装飾過多かつ原色多用、奇抜。バブル経済と相まって、いい意味でも悪い意味でも自由闊達、何でもありのイケイケの時代だった。でも経済停滞で元気のない今を思うと、希望と欲望に溢れた、いい時代だったんだなあ。

We went to see the V&A‘s new exhibition “Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990” (September 24 – January 15, 2012), exploring what postmodernism means and where it came from. Started as a counter reaction against “less is more” stoic modernism architecture, postmodernism idea soon spread to the realm of pop culture such as art, graphics, music and fashions. The exhibition showcases more than 250 objects in a variety of genres to show us what is postmodernism all about.

I lived through the postmodernism era, and the show made me feel a bit nostalgic and sentimental, but at the same time made me realize how terrible the style of the period was! May be the worst time was the mid 1980s, when was the hype of postmodernism. Exaggerated, gaudy, and eccentric. So much freedom and no-holds-barred, in a good way and a bad way, together with an economic boom. But when I look back, in compare to now in deep recession, it was a very good time – full of desires, enthusiasm and hopes.

Andy Warhol, Dollar Sign (1981)

“The Great White Silence” @ BFI Southbank

5月20日より公開される、ロバート・スコット率いる南極探検(1910〜1913年)の記録映画「The Great White Silence(1924年)」を見た。隊に同行したHerbert Ponting(ハーバート・ポンティング)が、探検隊と南極の大自然やそこに生息する動物たちを記録。「The Great White Silence」は、1924年に彼が、実写映像に字幕、写真、地図、肖像画などを組み合わせ、着色・再編集した映像を、BFI National Archive英国映画協会ナショナル・アーカイヴ)が最新デジタル技術を駆使し、色鮮やかに蘇らせた、ドキュメンタリー・サイレント映画だ。

南極探検なんて興味がなかったし、アムンセンやスコットなど、大昔に勉強した初期探検隊のわずかばかりの知識しかなく、途中で寝てしまうかもという不安を抱えて行ったのだが、これがなかなかの当たりだった。100年も前に生きた探検隊たちの日常生活や探検の準備の記録に加え、愛嬌のある顔つきのアデリー・ペンギンやあざらしの親子、赤ちゃんアザラシを狙うシャチの群れ、カモメの孵化の様子など、厳しい自然の中に生きる動物たちの生き生きとした生態や、巨大な氷山や氷の形成といった南極の幽玄で壮大な景観を写し出した映像は、素晴らしかった。サイモン・フィッシャー・ターナー(Simon Fisher Turner)が、当時の蓄音機で探検隊が聴いていたレコードや、南極大陸に向けて乗船したTerra Nova(テラ・ノヴァ)号の鐘の音などを取り入れて作り上げた、モダンで叙情的な音楽と相まって、映画の最後の瞬間まで楽しんだ。

前半の南極基地や動物たちの楽しげな映像の後に続く、南極点への厳しい道のり、そしてスコット隊がノルウェーのアムンセン隊に南極点到達の先を超され、失意の帰還の途上、食料が置かれたデポまであと20kmのところで猛吹雪に見舞われ、テントの中で息絶えたというエンディングは、既知の事実だとは言え、やはり涙を誘われる。

We saw a silent documentary “The Great White Silence (1924)” , the official film record of Captain Robert Falcon Scott‘s Terra Nova Expedition to the South Pole from 1910 to 1913, which opens in cinemas on May 20. The expedition’s official photographer and cinematographer Herbert Ponting filmed almost every aspect of the expedition: the scientific work, life in camp and the local wildlife. In 1924, he re-edited the footage as a narrative, introducing intertitles as well as incorporating his own stills, maps, portraits, paintings and animated models, complete with vivid tinting and toning. BFI National Archive has restored the film using the latest photochemical and digital techniques and reintroduced the film’s sophisticated use of colour.

I was no interest in expedition of any kind and was not so keen to see the movie, with very little knowledge of early South pole expeditions that I studied long time ago. I was even worried to fall a sleep during the screening, but the film was far more exciting than I expected. In addition to the lives of the expedition members  who had lived 100 years ago and preparations for the journey, the film also shows us living the harsh ice lands’ creatures including funny Adélie penguins, warm interaction of mother and cub seals, killer whales chasing the cub, and newly hatched seagull chicks, as well as great landscape of the South pole such as huge iceberg and ice formation – it was vivid, dramatic and truly awesome. And the film is beautiful matched with lyrical and modern new score by Simon Fisher Turner, including pre-recorded elements and relevant ‘found sounds’ such as Terra Nova ship’s bell and scores from some of the records played by members of the expeditions using the expedition’s original gramophone. I enjoyed from the beginning til the end, on contrary to my prediction.

After the cheerful footage of the base and cute animals, Scott’s long and tough journey to the South Pole started but ended with tragedy, with huge disappoint ment after finding out that Norwegian Amundsen expedition team reached the goal first. The ending was very sad – Scott and his men ended their lives, when a fierce blizzard prevented them from making any progress, just 11 miles /18 km away from the depot. It was a well-known fact but still made me almost cry…

Rise of Posh Pop and Rock Musicians

今日のタイムズ紙で面白い記事を読んだ。歴史的に上流社会への反抗とされ、1960年代から90年代には労働者階級出身者に独占されていたポップやロック界に、良家の子女たちが増えてきているのだそうだ。ポップやロック・スターになることは、かつて貧しい少年少女たちの夢と希望であり、すでに人生の選択肢がたくさんある良家の子息たちにとっては、ミュージシャンになる事は、恥だとされていた。だからかつて、裕福な家庭に育ったミュージシャンたちは、自分の経歴を隠そうとしていた。でも時代は変わった。

この記事は、良家の子女が現在、ポップやロック界に幅を利かせつつある理由をいくつか挙げている。一つは、育ちの良い彼らはマナーがよく丁寧で好ましく、世界最大の音楽市場で、才能や態度と同時にマナーの良さが重要であるアメリカ進出に役立つから。だから、「バッド・ボーイ」的イメージの労働者階級出身の人気バンド、Oasis(オアシス)やArctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)はアメリカで成功できなかった、と結論づけている。また良家の子女が通うパブリック・スクール(私立学校)は、勤勉をモットーとし、これもまた、勤勉さが尊重されるアメリカでの成功に役立つと言う。エリート教育によって培われる自信も、ステージに立つ上で重要だ。

その他の理由としては、パブリック・スクールの設備の良さ、また新入生が合唱テストを受けさせるなど音楽的伝統を挙げる。そして昔のパブリック・スクールの先生は、ロック音楽なぞ子供のお遊びだとバカにしていたけれど、自身がポップや音楽を聴いて育った若手の先生は、キャリアの選択肢の一つとして、生徒に音楽の道を目指す事もむしろ奨励する。

中・上流階級が支持する保守党が先の選挙で勝ち、イートン校・オックスフォード大学出身の「ええとこのぼんぼん」、デーヴィッド・キャメロンが首相となり、いまだ階級社会の影響で、割合にしてたった7%程度のパブリック・スクール卒業生が弁護士、医者、ジャーナリスト、CEOなど、エリートと言われる職業の過半数を占める中(参考サイト)、音楽まで良家の子女に独占されるとなると、貧しい家庭出身の子供たちは、どこに将来の希望を見いだしたらいいんだろう?

I read an interesting article on today’s the Times – there are more musicians and singers from posh families emerging in Pop and Rock music industry. Rock has been historically resistant to the upper classes, and during 1960s and the 1990s when working-class pop stars dominated hit charts, rock and pop stars were the dream and hope of the poor boys and girls, while it was disdain and derision for the privileged kids who already has many options in their futures. Therefore, pop stars from good families once tried to hide their background. But now the time has changed.

The article mentions several reasons for a rise of posh pop stars. One of the reasons is that posh kids are brought up with good manners to make through the stardom: they are polite, friendly, likeable, and this help them become popular also in the world-biggest music market America, where good manners are judges as well as talent and attitude. That’s the reason why Oasis and Arctic Monkeys, top working-class stars with a bad-boy attitude, couldn’t succeed big in the USA, according to the article. Public schools‘ value in strong work ethic is another key to success in America, where hard working is very important. Confidence that public schools students internalize through the elitist education is crucial factor for success on stage.

Another reason is that public schools have great facilities, and there is a tradition that new boys have choral tests. Old public school teachers once considered rock music as silly and childish folly, but younger teachers who grew up with rock and pop music now see it as one of the valid career option and encourage students to go for music.

Now Tory, traditionally supported by middle/upper class, won the last election and Etonian and Oxford grad elite David Cameron became a prime minister. Public School graduates, about only 7% of the population, occupy over 50% of prestigious jobs such as lawyers, medics, journalists and CEOs (reference site) , and the result still shows UK is still strong class society. If the posh kids even monopoly music industry, where poor kids can find their goals and dreams?

写真は全てパブリック・スクール出身のシンガー。上からFlorence And The MachineFlorence WelchLily Allenリリー・アレン)、Alan Pownall

Photos are all of public school singers. From top to bottom: Florence Welch of Florence And The Machine, Lily Allen, and Alan Pownall.

Enhanced by Zemanta