Tag Archives: 音楽

Rapha Cycle Club Gallery, Shop and Café @ Clerkenwell Road

最近ロンドンで流行りの(ロンドン東部だけ?)、サイクル・カフェ。先日書いたLook Mum No Hands!から西に歩いて5分ほど行ったところにある、Rapha Cycle Clubもその一つだ。5月8日にオープンし、3ヶ月間だけ営業、7月31日には閉店してしまう。

黒と白でシックにまとめられた広い店内は、カフェ、オリジナルやヴィンテージのサイクル・ウェアやグッズを売るショップ、そしてギャラリーになっている。壁にかかった薄型テレビ2台には、ジロ・デ・イタリアから始まり、ツアー・オブ・カリフォルニアツール・ド・スイスツール・ド・フランスと、その時々開催中の自転車レースを放映、ギャラリーでは、イタリア自転車競技界の英雄、ファウスト・コッピ展、ツールマレー峠展、そしてヴィンテージのレース用自転車の展示と、月代わりで3つの企画展が開かれる。その他、映画や音楽のイベントやレース観戦、自転車イベントなども催される(イベント・スケジュールはこちら)。

フードやドリンク類は、コーヒーの味に定評がある、スピタルフィールズにあるNude Espressoが担当。ケーキ類やサンドイッチ等のほか、Raphaのオリジナルブレンドのコーヒーがいただける。テーブルの上のグラスの下に自転車レースのコースの地図を置くなど、至る所に自転車のテイストが感じられるインテリアは、なかなか素敵。

このRapha Cycle ClubのオーナーであるRaphaは、2004年にロンドンに設立、自転車レースがコンセプトの高品質なスポーツウェアとライフスタイル・ブランド「Rapha Performance Roadwear」を展開する。また、歩いて数分程のところにあるGrays Inn Roadにある自転車ショップCondor Cyclesと共同で、サイクル・チームのRapha Condor Sharpを所有、またRouleur Magazineという自転車雑誌も発行している。道理で自転車づくしな訳だ。

自転車や自転車レースに興味のある方、閉店する7月31日までに足を運んでみては?

The concept of ‘cycle café’ is a recent trend in London (or East London only?), and Rapha Cycle Club is one of them. It is just 5 minutes away by walk from Look Mum No Hands!, another popular cycle café. The Rapha Cycle Club is open only three month, from May 8 until July 31, and will be gone afterwards.

The club with black & white chic decor is a combination of gallery, shop that sells original and vintage cycle wears, and café. Two flat screen TVs hanging on the walls show the important road races live, starting with Giro d’Italia, Tour of California, Tour de Suisse and Tour de France. Three exhibitions are planned during the period – the Fausto Coppi exhibition first, the Tourmalet exhibition next, and exhibition of vintage racing bikes at last. The premise also hosts a variety of events including film and music evenings, book and product launches, evening screenings of races, regular group rides (check details on calender of events).

Reputable Nude Espresso in Spitalfields is in charge of food and drinks at the Rapha Cycle Club, such as cakes and sandwiches, along with original Rapha blend coffee.

The owner of the cycle club, Rapha, started in 2004 in London, sells a premium sportswear and lifestyle brand focused on bicycle road cycling clothing and accessories, “Rapha Performance Roadwear”. Rapha also co-owns the UK-based cycling team Rapha Condor Sharp with bike shop Condor Cycles on Grays Inn Road just few minutes away from the club, and publishes a cycle magazine Rouleur Magazine – no wonder why the Rapha Cycle Club is all about bike.

If you are fanatic about bicycle, check it out before it’s gone.

Reblog this post [with Zemanta]

Carnaby Street 50th Anniversary

2010年は、カーナビー・ストリートCarnaby Street)の50周年記念の年。60年代に、モッズヒッピー・ファッションの中心地であったカーナビー・ストリートに、独立系のブティックやデザイナーたちが店を構え、また周辺の通りには、様々なアングラのミュージック・バーがあった。Wardour Streetの角にあった伝説的なクラブ・Marquee Clubでは、ビートルズザ・フーローリング・ストーンズなどが演奏し、彼らがたむろしたカーナビー・ストリートは、スウィンギング・ロンドンで、もっともクールな場所になった。

今もカーナビー・ストリートは、ロンドンの代表的なショッピング・ストリートの一つで、いつも観光客や若者で賑わっている。メイン・ストリートであるカーナービー・ストリートや周辺の小さな通り、Kingly court(キングリー・コート)、Newburgh Quarter(ニューバーグ・クォーター)など一帯には、ファッションや靴などのショップなどのほか、カフェやバー、パブ、レストランが並ぶ。

50周年を記念し、2010年は1年を通して、ファッションやデザイン、音楽に関連したイベントやフェスティバルが行われる予定。写真は、2月から開催されている展覧会で、カーナビー・ストリートの16世紀から現在までの歴史、特に60年代を中心に解説している。空き店舗を利用したと思われるこの展覧会は、ちょっと薄暗〜い感じで展示品のサイズも小さく、スペースを有効利用できてない感じ。写真もファッションも、もっとたくさん展示してほしかった。でも奥の左にあるブースでやっている、カーナビー・ストリートの歴史のビデオはなかなか面白い。

Year 2010 is Carnaby Street‘s 50th Anniversary. By the 1960s, Carnaby Street became an iconic fashion destination for he Mod and hippie styles. Many independent fashion boutiques and designers were located as well as various underground music bars in the surrounding streets. With bands such as The BeatlesThe Who, and Rolling Stones appeared in the area to work with the legendary Marquee Club located round the corner in Wardour Street, and shopped and socialized, it became one of Swinging London‘s coolest destination.

Today Carnaby Street is still one of the main shopping street in London and attracts many young people and tourists. The area including main Carnaby Street and surrounding streets as well as Kingly court and the Newburgh Quarter, offers fashion stores and boutiques as well as cafés, bars, pubs and restaurants.

Throughout 2010, Carnaby streets will host various events and festivals featuring fashion, design and music. Kicking off in February with an exhibition which includes a detailed history of the area, from the 16th Century to the present day, especially focusing on the sixties. This exhibition, using an empty store space, is a bit dark and the materials exhibited are rather too small. There is a big unused space in the middle and I wish they can show us more its iconic fashions and photos. However, I quite enjoyed the video being played on the back, showing the history of the street, especially during the hype in 60′s.

カーナビー・ストリートの歴史や一体のお店を網羅したガイド「Carnaby Essential Guide」。全36ページの50周年特別版。

Anniversary edition of 36-page “Carnaby Essential Guide,” listing shops in the area as well as history of the street.

Reblog this post [with Zemanta]

Ennio Morricone @ Royal Albert Hall

4月10日、ロイヤル・アルバート・ホールで開催された、イタリア人作曲家・エンニオ・モリコーネのコンサートに行ってきた。最も偉大な映画音楽作曲家の一人とされるモリコーネは、これまでに何と500曲以上もの映画やテレビ音楽を作曲。代表作は「続・夕陽のガンマン」や「荒野の用心棒」、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」等、長年コンビを組んだマカロニ・ウェスタンの名監督・セルジオ・レオーネの作品だが、「エクソシスト2」、「アンタッチャブル」、そして「ニュー・シネマ・パラダイス」など、有名映画の音楽も担当している。映画界における長年の功労を認められ、2007年にはアカデミー賞名誉賞を受賞(5回のノミネートにも関わらず、音楽賞自体は受賞していない)。1928年に名誉賞が創設されて以来、この賞を受賞する2人目の作曲家となった。

モリコーネはイギリスでも名が知られているらしく、このコンサートも最上階の立ち見席(立ち見席でも£40もする)を除いて、チケットは売り切れ。私たちは数日前にチケットを買ったものだから、後ろのコーラス席しか席が取れなかったけれど、このコーラス席がなかなか掘り出し物。オーケストラ(The Roma Sinfonietta Orchestra)の裏側で、ステージに近く、演奏が間近に見える。指揮をしていたモリコーネの顔も見れたし、すぐ斜め前ではコーラスを務めたThe Crouch End Festival Chorusが歌っていて、迫力満点。この日は、セルジオ・レオーネの作品をはじめ、モリコーネの代表作を披露、アンコールも数曲ついて、拍手、口笛、地団駄と満員の観客も大喜びで、かなり盛り上がった。

私たちがロンドンでモリコーネのコンサートに行ったのは2度目。前回も同じくロイヤル・アルバート・ホールで、2007年11月のモリコーネの75歳の誕生日の記念コンサートだった。モリコーネも今年で82歳。矍鑠としていて、歳を感じさせない指揮ぶりだったけれど、もうロンドンではコンサートは見れない気がする。ちなみに私たちがロイヤル・アルバート・ホールに行ったのも、この2回のみ。家から遠いから、スケジュールを気にかけていなかった。椅子は座り心地が悪いし、前の席とのスペースも小さいけれど、やっぱりロンドンを代表するホールは、格式があっていい。今年は、ロンドンの夏の風物詩・プロムス(The Proms)にでも行ってみようかな。

We went to Italian composer Ennio Morricone‘s concert at Royal Albert Hall on April 10th. Considered as one of the most influential film composers, Morricone has composed and arranged scores for more than 500 film and television productions. Morricone is known for his characteristic film scores of Sergio Leone‘s Spaghetti Westerns such as A Fistful of DollarsThe Good, the Bad and the Ugly and Once Upon a Time in the West, but also wrote film scores for other popular movies like Exorcist II: The HereticBrian De Palma‘s The Untouchables, Giuseppe Tornatore‘s tear jerking Cinema ParadisoHe received the Honorary Academy Award in 2007 for his magnificent and multifaceted contributions to the art of film music, but he has never won any Academy Awards for Best Music, though he has been nominated for five times. He was the second composer to receive this award after its introduction in 1928.

It seems that Morricone is pretty much loved in UK as well, and the tickets were sold out as of the day before the concert, except standing seats on the top floor (and it cost £40!). We bought our tickets few days before the concert and there were only few Chorus seats left. However, these seats we got were not bad at all. It was on the back of the orchestra (The Roma Sinfonietta Orchestra) and we could see the performance quite well. Morricone was facing to us and the Crouch End Festival Chorus, the Choir of the night, was singing just in front of us. In the concert, Morricone performed his classic film soundtracks, including some of Sergio Leone’s spaghetti westerns, as well as several encore scores such as tear-jerking New Cinema Paradise. The concert was quite successful and audiences were excited – clapping hands, whistling, and stamping at the end.

This was the second time that we went to Morricone’s concert. The last time was at the Royal Albert Hall as well, in November 2003, for his 75th birthday memorial concert. He is going to be 82 years old this year, and though he was in a quite good shape but I am afraid that we may not be able to see him here in London again. This was also the second time to come to the Royal Albert Hall, as the hall is a bit far from home and we didn’t check the schedule much. But the hall is magnificent and love to come back more often, though their seats are not comfortable and the legroom is small for modern men’s body size. Maybe try to come for annual summer concert series the Proms this year.

休憩の合間は、お決まりの飲み物(アルコールが主)。会場は満員なのに、カウンターには1人ずつしか担当がいなくて、長蛇の列。列に慣れているイギリス人らしく、皆、忍耐強く待っている。Mは、ソビエト時代の食料品店の列のようだと、いつも文句を言う。

A long queue for a drink during an intermission. Though the hall was full, there was only one person working behind each counter. People were patiently waiting for their turn, as British are quite used to queuing. M always complains that it is like a bakery during Soviet Union era.

Reblog this post [with Zemanta]

Billy Childish: Unknowable but Certain @ ICA

アーティスト、ミュージシャン、作家、そして詩人とマルチタレントな、Billy Childish(ビリー・チャイルディッシュ)の個展が、4月18日までICAで開催されている。メインギャラリーであるlower galleryでは彼の近年の絵画作品を、そしてupper galleries(通路と2階にあるギャラリー)では、彼の音楽活動と作家としての作品が展示されている。1つの部屋は音楽作品、そしてもう1つの部屋では、自伝的でパーソナルな詩や散文詩、議論や思想関係などの本やパンフレットの著作物(多くは彼自身がデザインし、自身の木版画を添えて出版したもの)が見られる。

彼の強烈なパーソナリティとエゴに溢れた作品は、パワフルでインパクトがある(あのトレイシー・エミンの元彼と聞いて妙に納得)。Stuckism(スタッキズム。コンセプチュアル・アートに反対し、フィギュラティヴ・アートを押し進める芸術運動。彼自身は2001年に運動を離れた)の共同発起人である彼の絵画は、印象派的で、ゴッホを彷彿させる鮮やかな色使いと力強い筆遣いが、心に残る。通路に並んだ、シンプルな茶色を背景に、絞首刑を彷彿させるシンボルと言葉をのせたポスター・シリーズ(写真下)も、なかなか強烈で圧倒される。彼の音楽は聞いたことないが、Thee Headcoatsヘッドコーツ)等、様々なバンド活動でカルト的人気を誇るらしい(写真下:アルバムのジャケット)。彼の作品は、全体的に怒りに満ちあふれているんだけれど、内にこもった暗いものじゃなく、俺は怒ってるんだー!という、正直でまっすぐな怒り。その怒りを芸術に昇華させているという感じで、むしろ清々しい。

ICA presents a major solo exhibition of an artist, musician, writer and poet, multitalented Billy Childish until April 18. The lower gallery features Childish’s recent paintings, and upper galleries show his output as a musician and writer: one room concentrates on his music, and the second room features books and pamphlets containing his writings, often designed and published by him and illustrated by his own woodcuts, including polemical and campaigning literature, and his more personal poetry and prose.

Childish’s works are full of his strong personality and ego, and quite powerful (he is an ex-boyfriend of Tracey Emin – understandable). He is a co-founder of Stuckism (he left in 2001), promoting figurative painting in opposition to conceptual art, and his Van Gogh-like expressionistic paintings are vivid and colorful with strong brush strokes. The poster series hung on the corridor, with words and symbol of hanging on brown background, is strong and shocking.  I’ve never heard his music, but his music in various Garage punk bands has a cult popularity (photo on the bottom: album covers). I can feel his anger all over his works, but it is not gloomy or depressing, but honest and full of life, like screaming “I AM ANGRY!” with a speaker. In some way, he sublimate his inner rage into his creative works.

ICAと言えば、不況のせいもあって、財政状況が思わしくなく、最近Arts Council(政府の直属機関である芸術奨励評議会)から120万ポンドの緊急援助を得たそうだ。また、ディレクターの不信任騒動などスタッフ間の不協和も報道され、このまま財政状況が好転しなければ、5月末には閉鎖になるという最悪事態も予想されている。

The ICA is reported to have deep financial trouble in this recession, and recently received a special £1.2m grant from the Arts Council. There are also staff turmoil observed by the Guardian, and if the overall situation wouldn’t improve, the ICA could close by May, in the worst case scenario…

Reblog this post [with Zemanta]

Zumba Fitness Class @ Virgin Active

最近イギリスで流行中のZumba(ズンバ)。ズンバは、サルサメレンゲマンボクンビアレゲトンカリプソソカサンバチャチャ等のラテンアメリカ系音楽に、ラテンダンスをベースにヒップホップ等の要素も取り入れ、音楽とダンス、エクササイズを融合させた、エアロビック・フィットネスプログラム。コロンビア出身で、マイアミをベースに活躍するダンサー/フィットネス・インストラクターであるBeto Perez(ベト・ペレス)が考案、アメリカでブームを巻き起こし、世界に広がった。

私が行っているジム、Virgin Activeヴァージン・アトランティック航空を擁するイギリスのヴァージン・グループがオーナーのスポーツクラブ。過去のエントリー「ヴァージン・メディア」参照)にも、今年1月からクラスが始まったので、何回か行ってみた。人気があるだけあって、クラスは人で溢れていて、派手に動いたり、ステップを間違えたりすると前後左右の人にぶつかりそうになる。20代とおぼしき若い女性が多いけれど、男性や30〜40代女性もちらほら。クラスは45分または1時間(クラスによって違う)で、ラテンの明るく情熱的な音楽にのって、ほとんど休みなく踊りまくる。正統派のラテンダンスと違ってパートナーも要らないし、やさしいステップが多く、間違ってもいいからとにかく体を動かして、楽しくエクササイズするというのが売り物。クラスの最後の方は、もうヘトヘトで、足ももつれそうになるが、気分は爽快。DVDとかも売ってるみたいだけれど、クラスで皆と一緒に踊って汗を流すのが楽しい。これにはまる人も多く、ズンバのクラスやイベントを渡り歩く人たちもいるそう。インストラクターによってクラスの質も違うので、色々なクラスやスポーツクラブを渡り歩いて、自分のお気に入りのクラスを探すのがいいかも。ちなみに、他のスポーツクラブより月会費は少し高いけれど、ヴァージン・アクティブのメンバーになると、全国約70あるクラブをどこでも利用できる。

Zumba is a recent fitness sensation in UK. Created by Miami-based Columbian dancer and fitness trainer Beto Perez, Zumba is an aerobic fitness program, which combines steps from a variety of Latin dance and uses corresponding Latin music such as salsamerenguecumbiareggaeton, calypso, soca, samba, mambo, and cha cha, as well as hip hop and other music. Zumba is the fastest growing fitness based dance craze in the USA, and now its popularity has been spreading the to the other parts of the world.

I have a membership of Virgin Active health club, a part of Richard Branson‘s Virgin Group (see also my past entry about Virgin Media), and I went to Zumba class few times, as the club now has a Zumba class since January this year. It was a quite popular class with lots of people excitedly waiting in the studio – there was no space for an overzealous movement and an wrong step, without hitting someone around you. Participants were mainly young women in 20s, but some older people and few men as well. The class lasts usually 45 minutes to 1 hour, depending on the class, and you just dance fanatically all the way through with a passionate Latin soundtrack, with very little break. The concept of Zumba is just to have fun with easy-to-learn steps – don’t worry about a mistake. Also you don’t need to look for a partner, like traditional Latin dance, nor to dance with a same sex partner. At the end of the class, I was so exhausted and unable to make a light step, but I felt so good afterwards. DVD is also available, but it is more fun to dance and sweat together with a bubbly instructor and others in the class. Some are addicted to Zumba, and turn up any classes and events across the city. The quality of a class depends on a instructor, so it is better to try out some classes to look for your favorite instructor. If you become a member of Virgin Active, you can use over 70 Virgin Active clubs across the country – so it is worth its little pricier monthly membership fee.

Reblog this post [with Zemanta]

Vita Audio R1 DAB/FM Radio

Mがベッドの横に置いて愛聴していたLexon Tykho Radio(赤)が、3ヶ月で壊れてしまったので、Vita Audio R1 DAB/FM Radio(定価£179.99)を新しく購入した。色はこれまた赤で、ラッカー塗りでつるっとした感じに仕上がっている。Mのモノ選びの基準はまずデザイン。どんなに便利だったり実用的でも、デザインが気に入らなければ絶対買わない。電化製品だけじゃなく食べ物から家庭用品、文房具など、買うもの全てにおいてこの調子だから、ちょっと困る。中国製だけれどイギリスでデザインされたこのラジオも、レビューサイトや雑誌等で高い評価を受けているというのもプラス要因だけれど、最終的にはデザインが気に入って購入を決めた。でも、すでに廃番になってしまったモデルなので、あんまりお店のチョイスはなく、ネットで探して、最終的にアイルランドのギフト用品を扱うウェブショップPressieportで注文。

音質も良く、ipod等に接続すればスピーカーとしても使えるし、サイズも17cm x 13cm x 13cmとコンパクトなので、ベッド脇に置いても邪魔にならない。コンパクトラジオとしてはちょっと値段がはるけれど、デザインがスタイリッシュなので、使ってない時でも、インテリア・オブジェとしてもいい感じ。寝る前のひと時、心地よい音楽を楽しんでいる。

M’s bedside radio Lexon Tykho Radio (red) was broken only 3 months after purchase, so he bought a new radio Vita Audio R1 DAB/FM Radio (SRP £179.99). The color is red again, with glossy lacquer finish. M’s first priority when he buy something is definitely design. Even if the product is very useful and practical, he never buys if the design is not up to his standard. Not only to home electronics but he applies this principle to everything, from food packaging to home products and stationaries – so I cannot buy anything without his design approval. This radio is made in China but is designed in UK, and he decided to buy it mainly because of its design, though good reviews that the radio earned from tech magazines and websites a big plus. Since the model is discontinued and there are not much choice in retailers, and after checking internet for a while, we bought it from Pressieport, an Irish online Irish gift store.

The sound quality is quite good, and it can be used as a speaker by connecting to ipod or something. The size is compact, 17cm (6.75″) x 13cm (5″) x 13cm (5″),  and it doesn’t obstruct when M put next to the bed. The price is a bit high as a compact radio, but its stylish design can be seen as a piece of interior object, as well as we enjoy nice music before we fall a sleep.

Reblog this post [with Zemanta]

Van Doesburg and the International Avant-Garde @ Tate Modern

テート・モダンの「Van Doesburg and the International Avant-Garde」は、ヨーロッパにおけるアバンギャルドの重要人物であるオランダ人アーティスト、テオ・ファン・ドースブルフをテーマとした、イギリス初の大規模な展覧会。デ・ステイルの発起人でもあるファン・ドースブルフは、アート、デザイン、著作活動、詩、建築等多方面で活躍した。アーティスト、建築家、デザイナーたちが参加したこのアート・ムーブメントは、第一次大戦後のヨーロッパに、精神的ハーモニーと秩序を打ち立てると言う新しいユートピア的な理想を追求、垂直と水平という厳密な幾何学をベースにしたインターナショナル・スタイルを押し進めた。この展覧会は、ファン・ドースブルフのオランダ新造形主義の推進者的役割、彼のダダイスト的パーソナリティ、バウハウスへの影響、国際構成主義とのつながり、そして「コンクリート・アート」グループの創設にスポットを当てている。ジャン・アルプコンスタンティン・ブランクーシモホリ=ナジ・ラースローピエト・モンドリアンフランシス・ピカビアヘリット・リートフェルトクルト・シュヴィッタースゾフィー・トイバー等の350点以上の作品の他、ファン・ドースブルフの、ストラスブールにあるCafé Aubetteの絵画とデザイン、家具、タイポグラフィー、雑誌、ステンドグラス、映画、音楽、彫刻等を展示している。

ドースブルフのアート自体は、少し暗い感じで線も弱く、特段印象に残っていないのだが、計11室に渡る、デ・ステイルに影響を受けた、偉大なアーティストたちの多彩な作品群には圧倒される。当時のライフスタイルと考え方にに大きな影響を与えたアートムーブメントに連なる、シンプルだけれどカラフルで、インパクトのある作品たちは、80年以上近くも前のものと思えないほどモダンで、古さを感じない。第一次世界大戦と第二次世界大戦の合間という激動の時代の最中にあって、新たな理想を打ち立てたアーティストやデザイナー、建築家たちの強いエネルギーと情熱が、今でも強く感じられる。ファン・ドースブルフは、モンドリアンをはじめとする仲間と比べて、アーティストとしてはさほど高い評価を受けていないけれど、リーダーシップを発揮し、彼の理想をヨーロッパ中に広め、ムーブメントの成功につなげたことが、彼の偉大な功績だと言えるだろう。

Van Doesburg and the International Avant-Garde” at Tate Modern is the first major UK exhibition, devoted to the Dutch artist Theo van Doesburg, pivotal figure of the European avant-garde. Van Doesburg, who practiced in art, design and writing, poetry and architecture, founded the movement and magazine De Stijl. This artistic movement of painters, architects and designers sought to build a new utopian ideal of spiritual harmony and order in the aftermath of World War I, advocating an international style of art and design, based on a strict geometry of horizontals and verticals. This exhibition explores van Doesburg’s role as promoter of Dutch Neoplasticism, his Dada personality, his efforts to influence the Bauhaus, his links with international Constructivists, and his creation of the group Art Concret. Including over 350 works by key artists as Jean Arp, Constantin Brancusi, László Moholy-Nagy, Piet Mondrian, Francis Picabia, Gerrit Rietveld, Kurt Schwitters and Sophie Taeuber, the exhibition features van Doesburg’s Counter-Composition paintings and designs for the Café Aubette in Stasbourg, as well as furniture, typography, magazines, stained glass, film, music, sculpture etc.

Van Doesburg’s works are kind of gloomy and weak, and I was not so impressed. But the exhibition includes a variety of works by great artists and designers who were influenced by the movement, is quite spectacular. Simple, colorful, and powerful works are still modern and strong, after more than 80 years – I can still feel the energy, and passion of the artists and designers of the art movement that affected the lifestyle and values during the period in turmoil between WWI and WWII. Although van Doesburg had never gained high recognition as an artist in compare to his fellowmen such as Mondrian, but his leadership and efforts to spread his ideal to whole Europe, which led the movement to great success, are the significant achievement that deserves great recognition.

*今日は、カメラのレンズが汚れていて、綺麗な写真が撮れませんでした。すみません!

*I didn’t notice that the lens of my camera was dirty, and I couldn’t take a good picture today…sorry!

Reblog this post [with Zemanta]