Tag Archives: 音楽

“The Great White Silence” @ BFI Southbank

5月20日より公開される、ロバート・スコット率いる南極探検(1910〜1913年)の記録映画「The Great White Silence(1924年)」を見た。隊に同行したHerbert Ponting(ハーバート・ポンティング)が、探検隊と南極の大自然やそこに生息する動物たちを記録。「The Great White Silence」は、1924年に彼が、実写映像に字幕、写真、地図、肖像画などを組み合わせ、着色・再編集した映像を、BFI National Archive英国映画協会ナショナル・アーカイヴ)が最新デジタル技術を駆使し、色鮮やかに蘇らせた、ドキュメンタリー・サイレント映画だ。

南極探検なんて興味がなかったし、アムンセンやスコットなど、大昔に勉強した初期探検隊のわずかばかりの知識しかなく、途中で寝てしまうかもという不安を抱えて行ったのだが、これがなかなかの当たりだった。100年も前に生きた探検隊たちの日常生活や探検の準備の記録に加え、愛嬌のある顔つきのアデリー・ペンギンやあざらしの親子、赤ちゃんアザラシを狙うシャチの群れ、カモメの孵化の様子など、厳しい自然の中に生きる動物たちの生き生きとした生態や、巨大な氷山や氷の形成といった南極の幽玄で壮大な景観を写し出した映像は、素晴らしかった。サイモン・フィッシャー・ターナー(Simon Fisher Turner)が、当時の蓄音機で探検隊が聴いていたレコードや、南極大陸に向けて乗船したTerra Nova(テラ・ノヴァ)号の鐘の音などを取り入れて作り上げた、モダンで叙情的な音楽と相まって、映画の最後の瞬間まで楽しんだ。

前半の南極基地や動物たちの楽しげな映像の後に続く、南極点への厳しい道のり、そしてスコット隊がノルウェーのアムンセン隊に南極点到達の先を超され、失意の帰還の途上、食料が置かれたデポまであと20kmのところで猛吹雪に見舞われ、テントの中で息絶えたというエンディングは、既知の事実だとは言え、やはり涙を誘われる。

We saw a silent documentary “The Great White Silence (1924)” , the official film record of Captain Robert Falcon Scott‘s Terra Nova Expedition to the South Pole from 1910 to 1913, which opens in cinemas on May 20. The expedition’s official photographer and cinematographer Herbert Ponting filmed almost every aspect of the expedition: the scientific work, life in camp and the local wildlife. In 1924, he re-edited the footage as a narrative, introducing intertitles as well as incorporating his own stills, maps, portraits, paintings and animated models, complete with vivid tinting and toning. BFI National Archive has restored the film using the latest photochemical and digital techniques and reintroduced the film’s sophisticated use of colour.

I was no interest in expedition of any kind and was not so keen to see the movie, with very little knowledge of early South pole expeditions that I studied long time ago. I was even worried to fall a sleep during the screening, but the film was far more exciting than I expected. In addition to the lives of the expedition members  who had lived 100 years ago and preparations for the journey, the film also shows us living the harsh ice lands’ creatures including funny Adélie penguins, warm interaction of mother and cub seals, killer whales chasing the cub, and newly hatched seagull chicks, as well as great landscape of the South pole such as huge iceberg and ice formation – it was vivid, dramatic and truly awesome. And the film is beautiful matched with lyrical and modern new score by Simon Fisher Turner, including pre-recorded elements and relevant ‘found sounds’ such as Terra Nova ship’s bell and scores from some of the records played by members of the expeditions using the expedition’s original gramophone. I enjoyed from the beginning til the end, on contrary to my prediction.

After the cheerful footage of the base and cute animals, Scott’s long and tough journey to the South Pole started but ended with tragedy, with huge disappoint ment after finding out that Norwegian Amundsen expedition team reached the goal first. The ending was very sad – Scott and his men ended their lives, when a fierce blizzard prevented them from making any progress, just 11 miles /18 km away from the depot. It was a well-known fact but still made me almost cry…

Rise of Posh Pop and Rock Musicians

今日のタイムズ紙で面白い記事を読んだ。歴史的に上流社会への反抗とされ、1960年代から90年代には労働者階級出身者に独占されていたポップやロック界に、良家の子女たちが増えてきているのだそうだ。ポップやロック・スターになることは、かつて貧しい少年少女たちの夢と希望であり、すでに人生の選択肢がたくさんある良家の子息たちにとっては、ミュージシャンになる事は、恥だとされていた。だからかつて、裕福な家庭に育ったミュージシャンたちは、自分の経歴を隠そうとしていた。でも時代は変わった。

この記事は、良家の子女が現在、ポップやロック界に幅を利かせつつある理由をいくつか挙げている。一つは、育ちの良い彼らはマナーがよく丁寧で好ましく、世界最大の音楽市場で、才能や態度と同時にマナーの良さが重要であるアメリカ進出に役立つから。だから、「バッド・ボーイ」的イメージの労働者階級出身の人気バンド、Oasis(オアシス)やArctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)はアメリカで成功できなかった、と結論づけている。また良家の子女が通うパブリック・スクール(私立学校)は、勤勉をモットーとし、これもまた、勤勉さが尊重されるアメリカでの成功に役立つと言う。エリート教育によって培われる自信も、ステージに立つ上で重要だ。

その他の理由としては、パブリック・スクールの設備の良さ、また新入生が合唱テストを受けさせるなど音楽的伝統を挙げる。そして昔のパブリック・スクールの先生は、ロック音楽なぞ子供のお遊びだとバカにしていたけれど、自身がポップや音楽を聴いて育った若手の先生は、キャリアの選択肢の一つとして、生徒に音楽の道を目指す事もむしろ奨励する。

中・上流階級が支持する保守党が先の選挙で勝ち、イートン校・オックスフォード大学出身の「ええとこのぼんぼん」、デーヴィッド・キャメロンが首相となり、いまだ階級社会の影響で、割合にしてたった7%程度のパブリック・スクール卒業生が弁護士、医者、ジャーナリスト、CEOなど、エリートと言われる職業の過半数を占める中(参考サイト)、音楽まで良家の子女に独占されるとなると、貧しい家庭出身の子供たちは、どこに将来の希望を見いだしたらいいんだろう?

I read an interesting article on today’s the Times – there are more musicians and singers from posh families emerging in Pop and Rock music industry. Rock has been historically resistant to the upper classes, and during 1960s and the 1990s when working-class pop stars dominated hit charts, rock and pop stars were the dream and hope of the poor boys and girls, while it was disdain and derision for the privileged kids who already has many options in their futures. Therefore, pop stars from good families once tried to hide their background. But now the time has changed.

The article mentions several reasons for a rise of posh pop stars. One of the reasons is that posh kids are brought up with good manners to make through the stardom: they are polite, friendly, likeable, and this help them become popular also in the world-biggest music market America, where good manners are judges as well as talent and attitude. That’s the reason why Oasis and Arctic Monkeys, top working-class stars with a bad-boy attitude, couldn’t succeed big in the USA, according to the article. Public schools‘ value in strong work ethic is another key to success in America, where hard working is very important. Confidence that public schools students internalize through the elitist education is crucial factor for success on stage.

Another reason is that public schools have great facilities, and there is a tradition that new boys have choral tests. Old public school teachers once considered rock music as silly and childish folly, but younger teachers who grew up with rock and pop music now see it as one of the valid career option and encourage students to go for music.

Now Tory, traditionally supported by middle/upper class, won the last election and Etonian and Oxford grad elite David Cameron became a prime minister. Public School graduates, about only 7% of the population, occupy over 50% of prestigious jobs such as lawyers, medics, journalists and CEOs (reference site) , and the result still shows UK is still strong class society. If the posh kids even monopoly music industry, where poor kids can find their goals and dreams?

写真は全てパブリック・スクール出身のシンガー。上からFlorence And The MachineFlorence WelchLily Allenリリー・アレン)、Alan Pownall

Photos are all of public school singers. From top to bottom: Florence Welch of Florence And The Machine, Lily Allen, and Alan Pownall.

Enhanced by Zemanta

Rapha Cycle Club Gallery, Shop and Café @ Clerkenwell Road

最近ロンドンで流行りの(ロンドン東部だけ?)、サイクル・カフェ。先日書いたLook Mum No Hands!から西に歩いて5分ほど行ったところにある、Rapha Cycle Clubもその一つだ。5月8日にオープンし、3ヶ月間だけ営業、7月31日には閉店してしまう。

黒と白でシックにまとめられた広い店内は、カフェ、オリジナルやヴィンテージのサイクル・ウェアやグッズを売るショップ、そしてギャラリーになっている。壁にかかった薄型テレビ2台には、ジロ・デ・イタリアから始まり、ツアー・オブ・カリフォルニアツール・ド・スイスツール・ド・フランスと、その時々開催中の自転車レースを放映、ギャラリーでは、イタリア自転車競技界の英雄、ファウスト・コッピ展、ツールマレー峠展、そしてヴィンテージのレース用自転車の展示と、月代わりで3つの企画展が開かれる。その他、映画や音楽のイベントやレース観戦、自転車イベントなども催される(イベント・スケジュールはこちら)。

フードやドリンク類は、コーヒーの味に定評がある、スピタルフィールズにあるNude Espressoが担当。ケーキ類やサンドイッチ等のほか、Raphaのオリジナルブレンドのコーヒーがいただける。テーブルの上のグラスの下に自転車レースのコースの地図を置くなど、至る所に自転車のテイストが感じられるインテリアは、なかなか素敵。

このRapha Cycle ClubのオーナーであるRaphaは、2004年にロンドンに設立、自転車レースがコンセプトの高品質なスポーツウェアとライフスタイル・ブランド「Rapha Performance Roadwear」を展開する。また、歩いて数分程のところにあるGrays Inn Roadにある自転車ショップCondor Cyclesと共同で、サイクル・チームのRapha Condor Sharpを所有、またRouleur Magazineという自転車雑誌も発行している。道理で自転車づくしな訳だ。

自転車や自転車レースに興味のある方、閉店する7月31日までに足を運んでみては?

The concept of ‘cycle café’ is a recent trend in London (or East London only?), and Rapha Cycle Club is one of them. It is just 5 minutes away by walk from Look Mum No Hands!, another popular cycle café. The Rapha Cycle Club is open only three month, from May 8 until July 31, and will be gone afterwards.

The club with black & white chic decor is a combination of gallery, shop that sells original and vintage cycle wears, and café. Two flat screen TVs hanging on the walls show the important road races live, starting with Giro d’Italia, Tour of California, Tour de Suisse and Tour de France. Three exhibitions are planned during the period – the Fausto Coppi exhibition first, the Tourmalet exhibition next, and exhibition of vintage racing bikes at last. The premise also hosts a variety of events including film and music evenings, book and product launches, evening screenings of races, regular group rides (check details on calender of events).

Reputable Nude Espresso in Spitalfields is in charge of food and drinks at the Rapha Cycle Club, such as cakes and sandwiches, along with original Rapha blend coffee.

The owner of the cycle club, Rapha, started in 2004 in London, sells a premium sportswear and lifestyle brand focused on bicycle road cycling clothing and accessories, “Rapha Performance Roadwear”. Rapha also co-owns the UK-based cycling team Rapha Condor Sharp with bike shop Condor Cycles on Grays Inn Road just few minutes away from the club, and publishes a cycle magazine Rouleur Magazine – no wonder why the Rapha Cycle Club is all about bike.

If you are fanatic about bicycle, check it out before it’s gone.

Reblog this post [with Zemanta]

Carnaby Street 50th Anniversary

2010年は、カーナビー・ストリートCarnaby Street)の50周年記念の年。60年代に、モッズヒッピー・ファッションの中心地であったカーナビー・ストリートに、独立系のブティックやデザイナーたちが店を構え、また周辺の通りには、様々なアングラのミュージック・バーがあった。Wardour Streetの角にあった伝説的なクラブ・Marquee Clubでは、ビートルズザ・フーローリング・ストーンズなどが演奏し、彼らがたむろしたカーナビー・ストリートは、スウィンギング・ロンドンで、もっともクールな場所になった。

今もカーナビー・ストリートは、ロンドンの代表的なショッピング・ストリートの一つで、いつも観光客や若者で賑わっている。メイン・ストリートであるカーナービー・ストリートや周辺の小さな通り、Kingly court(キングリー・コート)、Newburgh Quarter(ニューバーグ・クォーター)など一帯には、ファッションや靴などのショップなどのほか、カフェやバー、パブ、レストランが並ぶ。

50周年を記念し、2010年は1年を通して、ファッションやデザイン、音楽に関連したイベントやフェスティバルが行われる予定。写真は、2月から開催されている展覧会で、カーナビー・ストリートの16世紀から現在までの歴史、特に60年代を中心に解説している。空き店舗を利用したと思われるこの展覧会は、ちょっと薄暗〜い感じで展示品のサイズも小さく、スペースを有効利用できてない感じ。写真もファッションも、もっとたくさん展示してほしかった。でも奥の左にあるブースでやっている、カーナビー・ストリートの歴史のビデオはなかなか面白い。

Year 2010 is Carnaby Street‘s 50th Anniversary. By the 1960s, Carnaby Street became an iconic fashion destination for he Mod and hippie styles. Many independent fashion boutiques and designers were located as well as various underground music bars in the surrounding streets. With bands such as The BeatlesThe Who, and Rolling Stones appeared in the area to work with the legendary Marquee Club located round the corner in Wardour Street, and shopped and socialized, it became one of Swinging London‘s coolest destination.

Today Carnaby Street is still one of the main shopping street in London and attracts many young people and tourists. The area including main Carnaby Street and surrounding streets as well as Kingly court and the Newburgh Quarter, offers fashion stores and boutiques as well as cafés, bars, pubs and restaurants.

Throughout 2010, Carnaby streets will host various events and festivals featuring fashion, design and music. Kicking off in February with an exhibition which includes a detailed history of the area, from the 16th Century to the present day, especially focusing on the sixties. This exhibition, using an empty store space, is a bit dark and the materials exhibited are rather too small. There is a big unused space in the middle and I wish they can show us more its iconic fashions and photos. However, I quite enjoyed the video being played on the back, showing the history of the street, especially during the hype in 60′s.

カーナビー・ストリートの歴史や一体のお店を網羅したガイド「Carnaby Essential Guide」。全36ページの50周年特別版。

Anniversary edition of 36-page “Carnaby Essential Guide,” listing shops in the area as well as history of the street.

Reblog this post [with Zemanta]

Ennio Morricone @ Royal Albert Hall

4月10日、ロイヤル・アルバート・ホールで開催された、イタリア人作曲家・エンニオ・モリコーネのコンサートに行ってきた。最も偉大な映画音楽作曲家の一人とされるモリコーネは、これまでに何と500曲以上もの映画やテレビ音楽を作曲。代表作は「続・夕陽のガンマン」や「荒野の用心棒」、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」等、長年コンビを組んだマカロニ・ウェスタンの名監督・セルジオ・レオーネの作品だが、「エクソシスト2」、「アンタッチャブル」、そして「ニュー・シネマ・パラダイス」など、有名映画の音楽も担当している。映画界における長年の功労を認められ、2007年にはアカデミー賞名誉賞を受賞(5回のノミネートにも関わらず、音楽賞自体は受賞していない)。1928年に名誉賞が創設されて以来、この賞を受賞する2人目の作曲家となった。

モリコーネはイギリスでも名が知られているらしく、このコンサートも最上階の立ち見席(立ち見席でも£40もする)を除いて、チケットは売り切れ。私たちは数日前にチケットを買ったものだから、後ろのコーラス席しか席が取れなかったけれど、このコーラス席がなかなか掘り出し物。オーケストラ(The Roma Sinfonietta Orchestra)の裏側で、ステージに近く、演奏が間近に見える。指揮をしていたモリコーネの顔も見れたし、すぐ斜め前ではコーラスを務めたThe Crouch End Festival Chorusが歌っていて、迫力満点。この日は、セルジオ・レオーネの作品をはじめ、モリコーネの代表作を披露、アンコールも数曲ついて、拍手、口笛、地団駄と満員の観客も大喜びで、かなり盛り上がった。

私たちがロンドンでモリコーネのコンサートに行ったのは2度目。前回も同じくロイヤル・アルバート・ホールで、2007年11月のモリコーネの75歳の誕生日の記念コンサートだった。モリコーネも今年で82歳。矍鑠としていて、歳を感じさせない指揮ぶりだったけれど、もうロンドンではコンサートは見れない気がする。ちなみに私たちがロイヤル・アルバート・ホールに行ったのも、この2回のみ。家から遠いから、スケジュールを気にかけていなかった。椅子は座り心地が悪いし、前の席とのスペースも小さいけれど、やっぱりロンドンを代表するホールは、格式があっていい。今年は、ロンドンの夏の風物詩・プロムス(The Proms)にでも行ってみようかな。

We went to Italian composer Ennio Morricone‘s concert at Royal Albert Hall on April 10th. Considered as one of the most influential film composers, Morricone has composed and arranged scores for more than 500 film and television productions. Morricone is known for his characteristic film scores of Sergio Leone‘s Spaghetti Westerns such as A Fistful of DollarsThe Good, the Bad and the Ugly and Once Upon a Time in the West, but also wrote film scores for other popular movies like Exorcist II: The HereticBrian De Palma‘s The Untouchables, Giuseppe Tornatore‘s tear jerking Cinema ParadisoHe received the Honorary Academy Award in 2007 for his magnificent and multifaceted contributions to the art of film music, but he has never won any Academy Awards for Best Music, though he has been nominated for five times. He was the second composer to receive this award after its introduction in 1928.

It seems that Morricone is pretty much loved in UK as well, and the tickets were sold out as of the day before the concert, except standing seats on the top floor (and it cost £40!). We bought our tickets few days before the concert and there were only few Chorus seats left. However, these seats we got were not bad at all. It was on the back of the orchestra (The Roma Sinfonietta Orchestra) and we could see the performance quite well. Morricone was facing to us and the Crouch End Festival Chorus, the Choir of the night, was singing just in front of us. In the concert, Morricone performed his classic film soundtracks, including some of Sergio Leone’s spaghetti westerns, as well as several encore scores such as tear-jerking New Cinema Paradise. The concert was quite successful and audiences were excited – clapping hands, whistling, and stamping at the end.

This was the second time that we went to Morricone’s concert. The last time was at the Royal Albert Hall as well, in November 2003, for his 75th birthday memorial concert. He is going to be 82 years old this year, and though he was in a quite good shape but I am afraid that we may not be able to see him here in London again. This was also the second time to come to the Royal Albert Hall, as the hall is a bit far from home and we didn’t check the schedule much. But the hall is magnificent and love to come back more often, though their seats are not comfortable and the legroom is small for modern men’s body size. Maybe try to come for annual summer concert series the Proms this year.

休憩の合間は、お決まりの飲み物(アルコールが主)。会場は満員なのに、カウンターには1人ずつしか担当がいなくて、長蛇の列。列に慣れているイギリス人らしく、皆、忍耐強く待っている。Mは、ソビエト時代の食料品店の列のようだと、いつも文句を言う。

A long queue for a drink during an intermission. Though the hall was full, there was only one person working behind each counter. People were patiently waiting for their turn, as British are quite used to queuing. M always complains that it is like a bakery during Soviet Union era.

Reblog this post [with Zemanta]