Tag Archives: 風景画

Looking at the View @ Tate Britain

テート・ブリテンで「Schwitters in Britain」展と「Simon Starling: Phantom Ride」を見た折り、同時開催中の「Looking at the View」展(2月12日〜6月2日)にも立ち寄った。この展覧会のことは見たことも聞いた事もなかったが、これが中々良く、むしろ先の2つより楽しめた。テート・ブリテンの説明によると、これは過去300年の間に50人以上のアーティストによって描かれたテート・コレクション所蔵の風景画約70点を集めたテーマ展で、BP British Art Displaysの一環。ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーTracey Emin(トレイシー・エミン)等の有名どころから、あまり知られていないアーティストまで、これら作品を通じて、時代もバックグラウンドも違うアーティストたち、そして私たち自身の見る光景が、驚くほど似通っているかを見せてくれる。まあ同じ目の構造を持つ人間同志、全く違って見える訳はないとは思うのだが、同じ風景画と言えど、色使いや筆遣いなど作風が異なるアーティスト達の作品を比べるのも面白い。

以下は私の好きな展示作品。

Together with “Schwitters in Britain” and “Simon Starling: Phantom Ride“, we also saw “Looking at the View” (February 12 – June 2) at Tate Britain. I’ve never heard or read about this exhibition, but I enjoyed more than other two. According to the museum, this is the thematic exhibition displaying over 70 works by more than 50 artists over the last 300 years, revealing how artists and ourselves look at the landscape in greatly similar ways – whether near or afar, high or low, from inside or out. The show consists entirely of works from the Tate collection, from famous artists such as J.M.W. Turner and Tracey Emin to lesser-known figures, and is part of the BP British Art Displays. We all human being with the same kind of eyes won’t see completely different, but it is interesting to see how different each artist executes in a different way with diverse colours and brush strokes.

Here are my favorite paintings in the show.

Patrick CaulfieldAfter Lunch(1975)」私の好きなアーティスト、Michael Craig-Martinや Julian Opie(下作品)と似たスタイルの作品。シンプルなラインドローイングに鮮やかな青が印象的。

Patrick CaulfieldAfter Lunch” (1975). Similar style to one of my favorite artist Michael Craig-Martin and Julian Opie (below). I like their simple black line drawings with primary colours.

ジュリアン・オピーの「There are hills in the distance (c)(1996)」。イギリスのバンド・Blur(ブラー)の「The Best Of」のアルバムカバーに代表される、コンピュータで描かれた人物画が有名だけれど、彼の描く超シンプルな風景画もいい。→バービカンのオピーのデジタルインスタレーション:過去ブログ

Julian OpieThere are hills in the distance (c)” (1996). He is known for his graphic portraits such as in the album cover for British pop band Blur‘s “The Best Of, but I also like his ultra-minimalistic landscape paintings. →See Opie’s installation at Barbican on my past post.

LS Lowryの「Hillside in Wales (1962)」。6月26日よりテート・ブリテンで、彼の大規模展「Lowry and the Painting of Modern Life」が始まる予定。

LS LowryHillside in Wales” (1962). His major exhibition “Lowry and the Painting of Modern Life” will start on June 26 at Tate Britain.

ヴォルフガング・ティルマンスの「Concorde Grid (1997)」。今はなきコンコルドを違ったアングルで捉えたシリーズは興味深いが、背景色は黄色より白の方がいいと思う。

Wolfgang TillmansConcorde Grid” (1997). It’s impressing to show us Concorde in different angles, but I prefer the background color in white.

ギルバート&ジョージの「The Nature of Our Looking (1970)」。彼らの特徴である、写真を元にした鮮やかな色彩の作品と異なる、言わば地味目の作品。

Gilbert & GeorgeThe Nature of Our Looking” (1970). Very different from their famous brightly coloured graphic-style photo-based artworks.

Giorgio Morandi: Lines of Poetry @ Estorick Collection

アーティストでジョルジョ・モランディの大ファンである友人と、エンジェルにあるEstorick Collection of Modern Italian Artに「Giorgio Morandi: Lines of Poetry」展(1月16日〜4月7日)を見に行った。

モランディの出身地ボローニャの美術館・Galleria d’Arte Maggioreと共に企画されたこの展覧会は、1920〜60年代にかけて制作された約80のエッチング版画と、数点の水彩画、ドローイングを展示している。彼の作品のテーマは主に静物画と風景画。いくつかの花を描いた作品やポートレートを除き、テーブルの上に置かれた複数の瓶、水差し、碗などを描いた静物画(多少配置を変えながらも、同じオブジェが繰り返し登場)か、スタジオと住居があったボローニャと毎年避暑に訪れていたGrizzana(グリッツァーナ)の風景画がほとんど。

Lines of Poetry」は、モノクロのエッチングやドローイング、淡い色調の水彩画など、小さいサイズの作品が1階の2部屋にこじんまり収まった(上の階にも数点展示)、かなり地味な展覧会だけれど、彼の作品の持つ静謐さと長閑けさが、妙に心地がいい。しかし、モランディ展で感じた穏やかさは、同時開催中のけばけばしい色調の「Alberto Di Fabio: Intervention」展(1月16日〜4月7日)によって完全に邪魔された。タイトルの「Intervention(干渉)」も、皮肉に聞こえる。まったく相容れない展覧会を一緒にしないでほしいものだ。

I went to see this “Giorgio Morandi: Lines of Poetry” exhibition (Jan 16 – Apr 7) at Estorick Collection of Modern Italian Art in Angel, with my artist friend who is a big fun of Giorgio Morandi.

Organised in collaboration with Galleria d’Arte Maggiore in Bologna, Morandi’s hometown, Lines of Poetry focuses on works on paper and includes Morandi’s some 80 etchings, as well as few watercolours and sketches, from 1920′s to 60s. The subjects of his works are pretty much restricted in still lifes, mainly same familiar bottles and vases on a table, and landscapes of Bologna and Grizzana where he visited every year during summer, but the exhibition also has a small number of works on flowers and portraits.

Lines of Poetry is rather understated exhibition with mainly monochrome etchings and pencil sketches and very few watercolours in undertones, in small sizes, in only two rooms on the ground floor (+ few works upstairs). But the tranquility and repose of his works are somehow comfortable and pleasant. However, peaceful moment I had been enjoying was disrupted by a concurrent exhibition, flashy and intense “Alberto Di Fabio: Intervention” (Feb 13 – Apr 7)… What an ironic title. They shouldn’t have mixed those incompatible exhibitions together!

Migrations: Journeys into British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンで1月31日から開催中の展覧会「Migrations: Journeys into British Art」(8月12日まで)に行った。イギリスにおける交通、政治、経済の発展は、多くの外国人アーティストたちを惹き付けてきた。この展覧会は、1500年代から現在まで、これらの「migrant(移住)」アーティストたちがイギリスのアート界に及ぼした影響を探求している。

16世紀に宗教改革八十年戦争等の混乱を避けてイギリスに移り住んだ、フランドルやオランダの風景・静物画家は、新しいスタイルの肖像画法をもたらし、北ヨーロッパからやってきた17世紀アーティストたちは、海や風景画といった新しい絵画のジャンルを導入した。18世紀には、イタリアで学び新古典主義を確立した様々な国のアーティストたちがロンドンに定住、1768年のRoyal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)設立にも貢献した。19世紀には、多くのイギリス人や、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーといったアメリカ人アーティストが、パリでアートを学んだが、その後彼らはパトロンを求めてロンドンに移り住んだ。また同時に、普仏戦争から逃がれてきたフランス人アーティストたちも多かった。20世紀初期には、ユダヤ人アーティストやユダヤのアートが話題を呼び、1930〜40年代には、モンドリアンモホリ=ナジ・ラースローナウム・ガボなど、ナチスドイツを逃れてヨーロッパ中からやってきた人々がモダニズム主義を持ち込んだ。50〜60年代には旧植民地の国々からアートを学びにやってきたアーティストたちがモダニズムに傾倒、概念的アプローチを取り、カウンターカルチャーの一翼を担った。80年代はBlack Audio Film Collectiveなど、移民のバックグラウンドを持つアーティストたちが、アートを通して、人種的マイノリティとしての自分と、イギリス人としてのアイデンティティの模索を行った。Zineb SediraSteve McQueen(俳優のスティーブ・マックィーンと同姓同名のイギリス人アーティスト/映画監督)といった現代アーティストたちは、映像を使って現実をドキュメントし、またそのリアリティに疑問を投げかけている。

500年間に渡って、違う文化を持つアーティストたちとの交流によって形作られてきたイギリスのアートの変遷と、その背景にあるイギリス・世界の歴史を知ることができる面白い展覧会だと思うが、テートにしては、ちょっと小粒というかインパクトがないというか、あまり心に残らないのが残念。

写真:ガーディアン紙フォトギャラリー

We saw a Tate Britain‘s exhibition, Migrations: Journeys into British Art (January 31 –  August 12). Developments in transport, artistic institutions, politics and economics have attracted artists to come to Britain, and the exhibition exploring how British art has been shaped by migrant artists from abroad from 1500 to the present day.

In the 16th century, Flemish and Dutch landscape and still-life painters  including Anthony van Dyck, came to Britain through moments of political and religious unrest and  introduced a new style of portraiture. 17th century European migrants brought new genre, such as marine and landscape painting, to UK. During the 18th century, artists from different countries who studied in Italy and developed a neoclassical style, settled in London and contributed in founding of the Royal Academy of Arts in 1768. Many 19th-century British and American artists, such as Whistler, studied in Paris and established themselves in London for patronage, as well as French artists who also escaped the Franco-Prussian war and its political aftermath. In the early 20th century, Jewish artists and Jewish art were explored in Britain. In the 1930-40s, European artists such asMondrian, Naum Gabo and Laszlo Maholy-Nagy, escaped from Nazi Germany and brought modernist principles. In the 50-60s, artists from the Commonwealth countries came to study and engaged with modernism. They took a conceptual approach and became a part of a counterculture. In the 80s, British artists of immigrant backgrounds, such as the Black Audio Film Collective, explored race and national identity. Present time contemporary artists, including Zineb Sedira and Steve McQueen, use moving image for both documenting and questioning reality,

Migrations is an interesting exhibition, showing us the development of British art over 500 years, interacting with people from different cultures from time to time, as well as a bit of British and world history. But it lacks of punch in some way, and didn’t give me something that remains in my heart.

→more photos: Guardian photo gallery

Gerhard Richter: Panorama @ Tate Modern

テート・モダンの展覧会「Gerhard Richter: Panorama」(10月6日〜翌年1月8日)を観に行った。ドイツ人画家のゲルハルト・リヒターのこの大規模回顧展では、60年代に始まった50年近いキャリアの中から、写真を元に描いた具象画、スクイージーを用いて描いた抽象画、ポートレート、風景画、歴史的事件がモチーフの絵画、そしてガラスや鏡を使った作品、ドローイング、写真など、多様な技術とアイデアを用いたバラエティに溢れる作品を集めている。

リヒターは、多くの相反する作品を創り続けている。モノクロやグレーの抽象画に対し、色を多用した作品。丁寧かつ秩序だった落ち着いた作品に対し、自由でのびのびした筆遣いのもの。感情を抑制した静物画や印象派を思わせる美しい風景画、家族を描いた繊細な肖像画に対し、ナチスドイツ時代の家族のポートレートや、ドイツ赤軍(バーダー・マインホフ)メンバーの刑務所でのミステリアスな最後の死に顔、そしてアメリカ同時多発テロ事件など衝撃的な歴史的事件。カラーストライプを描いたシャープな作品(参考写真)は別として、カラフルな抽象画は好みではないけれど、感情や意見を声高に押し付けてこない、繊細な筆致で描かれた美しい写真のような具象画には、とても心動かされる。今年秋イチオシの展覧会です。

→参考記事:テレグラフインディペンデントファイナンシャルタイムズ

We went to see the Tate Modern’s new exhibition “Gerhard Richter: Panorama” (October 6 – January 8, 2012). This major retrospective of the German artist gathers a diverse range of Richter’s works with various techniques and ideas throughout his nearly 50-year of career since 1960s, including realistic paintings based on photographs, colourful and monochrome abstractions such as the squeegee paintings, portraits, landscapes and paintings of historical events, as well as glass constructions, mirrors, drawings and photographs.

Richter has produced many different kinds of works, which are often contradicted each other: monochrome grey works vs. multicoloured abstracts; well exercised and ordered realistic paintings vs. abstracts with unpredictable and free flow of blush strokes; impersonal still-life, impressionistic landscapes and delicate portraits vs. emotion provoking historical subjects such as family portraits under Nazi Germany, ‘mysterious’ deaths of the Baader Meinhof group at the jail, and 9/11 terrorist attacks. I am not a big fan of his colourful abstract paintings, except monochrome ones and color stripes such as this), but I was very moved with his photorealistic paintings with subtlety and tranquil beauty with delicate brush strokes, without screaming out his opinions and emotions. Very impressive, and must-see exhibition of this fall – highly recommended.

→ Related articles: Telegraph, IndependentFinancial Times

Barn [Scheune], 1984  (scanned image from Tate postcard)

Demo, 1977  (scanned image from Tate postcard)

Candle [Kerze], 1982 (scanned image from Tate postcard)

Seascape (Sea-Sea) [Seestück (See-See)] , 1970  (scanned image from Tate postcard)

Gauguin: Maker of Myth @ Tate Modern

フランス・ポスト印象派の巨匠、ポール・ゴーギャンの作品を世界中から集めた大規模な「Gauguin」展が、9月30日から来年1月16日まで、テート・モダンで開催されている。

株式仲買人の職を辞し、家族を妻の故郷のコペンハーゲンに残し、パリで、独学で始めた絵画に専念。その後西洋文明に失望しタヒチに移り住んだ。その時に、現地の女性を独特のタッチで色彩豊かに画いた、エキゾチックな画風の絵が有名だが、この展覧会ではその他、ゴーギャンがちょくちょく訪れた、アーティストのコロニーがあるブルターニュ地方・ポン=タヴェンの風景画や宗教画、自画像、木彫りなど、多くの作品が展示されている。

ゴーギャンは、タヒチでまだ年若いと思われる思春期の女の子の絵を多く描いたため、幼児性愛者と言われたり、植民地主義者、性差別主義者と呼ばれることもしばしば。またパリにいる時にうつされた梅毒の感染事実を知りながらタヒチの若い女性たちと性交渉を持ったことに対する批判もある。梅毒のことはヒドい話だが、その他の批判は、当時は幼児性愛は悪だとか、植民地時代には現地人の人権とか言う観念はなかっただろうから、彼が極悪人であったと決めつけるのは気の毒な部分もある。

鳴り物入りで始まった展覧会だけれど、単なるラフスケッチや小粒の作品も多く、少し期待外れ。木彫りなどは、彼独特の色使いが見られないし、むしろ平凡、現地の工芸品の方がまだ出来がいいんじゃないかと思う。またデイリー・テレグラフ紙のアート批評家が指摘しているように(記事)、このゴーギャン展では、年代別ではなくテーマ別に作品が展示されているため、彼の作品を良く知らない人たちは、彼のスタイルの変遷を追いづらいという難点がある。私も、ゴーギャンの人生での出来事との繋がりやその作品の背景が見えなくて、少し分かりづらかった。

A French Post-Impressionist Paul Gauguin’s large scale exhibition “Gauguin“, exhibiting his works from around the world, runs at the Tate Modern from September 30 until January 16, 2011.

Gauguin left his job as a stockbroker and his family in his wife’s native Copenhagen, and became a full-time painter in Paris, after he began painting in his free time.  He is famous for his colorful and exotic images of women in Tahiti, to where he escaped from European civilization, but the exhibition also shows a variety of works such as paintings of Brittany where he frequently visited the artist colony of Pont-Aven, religious paintings, self-portraits, and wood carvings.

Gauguin is sometimes called as a colonialist, a sexist, or even a pedophilia because he painted naked or half-naked young Tahitian girls as his favorite motif. He was also condemned that he had sexual relationship with Tahitian girls knowing that he got infected syphilis while he was in paris. It is terrible that he took a risk to infect these innocent girls, but other criticisms are a bit too harsh on him, as there was no concept that “pedophilia is bad” nor human right of a colonial among colonizers at that time he lived through.

The exhibition opens with a fanfare as a blockbuster of this year, but I was a bit disappointed because the exhibition includes many unimpressive works such as mere quick drawings and wood carvings which are rather boring without his signature colors and Polynesian would probably do better that kind of wood carvings than him. As the Daily Telegraph’s art critique mentions the risk of hanging Gauguin’s works thematically instead of chronologically, that makes it difficult for anyone who are not particularly familiar with his works to follow his stylistic development (article), the exhibition was a bit confusing for me to connect his life stage and artistic history to his actual works in front of me.

Enhanced by Zemanta