Tag Archives: Oxford Street

East Street Restaurant @ Rathbone Place, Tottenham Court Road

私はコンピュータの「アイデア」フォルダーに、いつか気が向いたら書こうと思っているトピックを随時入れている。このEast Streetレストランには半年以上前に行ったのだが、書く機会を逸していた。今日は特に書きたいことがなかったので、このフォルダーをチェック、長らく放っておいたEast Streetについて書くことにした。なので写真やこれから書くことは、必ずしもレストランの現在の状況を反映している訳ではないので、ご了承を。

East Streetは2012年1月、マンチェスターを拠点とするアジア料理レストランチェーン・Tampopo(ご察しかもしれないが、伊丹十三監督の映画タンポポ」からきている)のオーナー、Nick JeffriesとDavid Foxがオープン。彼らがアジア各国を旅した経験からヒントを得た、アジア各国のストリート・フードを提供している。レストラン名やロゴ、グラフィック、インテリアデザインなど、ブランド・アイデンティティ全般は、‘i-am’ Associatesが担当(参照:Dezeen)。ネオンサインやポスター等、アジア諸国から集められたキッチュなものたちで、東南アジアの屋台街を思わせる、カラフルかつスタイリッシュな店に仕上がった。

前にも書いたかもしれないが、私は基本的に、イギリスの所謂「フュージョン」「無国籍料理」レストランは信用しない。どんな材料からでも素晴らしい1皿を生み出せる腕利きのシェフは別として、いつ辞めるか分からないお雇いシェフを多数抱え、一つの料理を極めないレストランに、美味しいものが作れる訳がない。残念ながら、何故かイギリス人に大人気のなんちゃってアジアンのWagamama同様、East Streetに本格的で美味しいアジア料理は求めてはダメ。でもアクセスもいいし、飲みながら(飲むと味が分からなくなるので)、外国人の友達と楽しくワイワイやるには最適な場所かも。

I went to this East Street restaurant over half a year ago, and haven’t written about it. I’ve been collecting some topics in my ‘idea’ folder, thinking to write when it ‘clicks’ me. East Street is one of them. I didn’t get any specific issue I want to write today, so I decided to write about it. So my photos and what I write here may not be up-t0-date of how the restaurant is now.

East Street is a Pan-Asian street food restaurant, created sometime in January 2012 (?) by Nick Jeffries and David Fox, founders of Asian fusion restaurant chain Tampopo from Manchester. East Street offers a wide variety of Asian dishes, inspired by the founders’ own culinary experiences during their travels across Asia. ‘i-am’ Associates was in charge of its brand identity including the creation of a name and logo, graphics and interior design (reference: Dezeen). Thank to them, the restaurant is stylishly and colourfully decorated with full of kitsch neon signs, ephemera from across Asian countries, creating the essence of South-East Asian street food markets.

In general, I don’t trust restaurants cooking all kinds of borderless ‘fusion’ dishes, especially Asian as I am Asian myself. To my eyes, the food never be good if you don’t focus on whatever you can do well, except some master chefs who can create an excellent dish from anything. Unfortunately East Street doesn’t offer authentic food or something mouthwatering, like Wagamama. However, the location is convenient, and it’s upbeat and fun place to drink (you wouldn’t care the taste of food when you drink!) with your friends.

Yayoi Kusama x Luis Vuitton @ Selfridges

春にテート・モダンで大規模回顧展が行われた(参照エントリー)、日本の誇るアーティスト・草間彌生と、「LOUIS VUITTON」のアーティスティック・ディレクターMarc Jacobs(マーク・ジェイコブス)がコラボした、ルイ・ヴィトン ヤヨイ・クサマ コレクションを記念して、オックスフォード・ストリートの百貨店・Selfridgesのショーウィンドーが、赤や黄色のカラフルな水玉に覆われた。Selfridgesによると、ここがイギリス唯一で、これまでで最大規模のストアコラボレーションだという。メインエントランスの上部には、高さ約4m巨大ファイバーグラス製フィギュアが圧倒的な存在感を誇り(Selfridges ウェブサイト)、ショーウィンドーの中には、彼女の自作ポエム「Love Forever」をバックに、大小の草間彌生フィギュアとルイ・ヴィトン ヤヨイ・クサマ コレクションの製品が。見ているだけで目がチカチカする。そして草間さんのフィギュア、かなり怖い。。。(Selfridges ウェブサイト

Word-renown Japanese female artist whose large scale retrospective had been hosted by Tate Modern this spring, Yayoi Kusama, and Louis Vuitton have a collaboration to create funky  Luis Vuitton and Yayoi Kusama Collection. Celebrating the collection, the windows of Selfridges on Oxford street are covered with the artist’s iconic polka dots together with her poem “Love Foerver”, as well as large & small figures of Kusama, and of course, Luis Vuitton bags and clothing. This is an UK exclusive and the largest store collaboration to date (Selfridges website). Above the main entrance of the department store, a 13-feet tall giant fibreglass statue of the artist overwhelms pedestrians (Selfridges website). Her figures look a bit scary…

Yalla Yalla Lebanese Restaurant @ Oxford Circus

Oxford Streetのすぐ北、Winsley Streetにある、人気のレバノン料理店、Yalla Yalla(ヤラヤラ)。SOHOの本店(→過去のエントリー)に続き、2010年末にこの第2号店がオープンした。黄色と黒がベースの外観は同じだけれど、狭い本店に比べ、スペースは倍増。一方の壁が全面窓の超縦長の店内は、広々と明るく、洒落た作りになっている。

本店のことを取り上げた時、「味は普通」と書いたけれど、今回頼んだHommos(フムス)、Tabboulé(タッブーレ)、Baba Ghannouj(ババ・ガヌーシュ)、Falafel(ファラフェル)、Batata Harra(ソテーしたスパイシー・ポテト)と計5品のMezze(メゼ)類はどれもフレッシュで、予想を覆す美味しさ。値段もお手頃、オックスフォード・サーカスで買い物の折りに、気軽にランチできそう。見直した。本店のことを悪く言ってごめんなさい!

SOHO’s popular Lebanese restaurant, Yalla Yalla opened its second venue in late 2010 on Winsley Street, just off Oxford Street in the north (see past entry for SOHO branch). Black & yellow appearance is the same, but the space is doubled the claustrophobic original venue. Long side of the restaurant is covered with windows, and it makes the place look bright and spacious. The interior is more sleek to match the fashionable Oxford Circus than sleazy SOHO.

When I talked about Yalla Yalla SOHO, I said that the food was “just normal”, but new Yalla Yalla pleasingly betrayed my anticipation. We ordered 5 mezze,  HommosTabboulé, Falafel, Batata Harra and Baba Ghannouj, and these dishes were all fresh and authentic. The price is reasonable, and perfect place for lunch or snack when shopping around Oxford Circus. I am sorry for talking negative about Yalla Yalla in the past!

Benetton Oxford Circus Store Reopens

オックスフォード・ストリート辺りでショッピングする時に、立ち寄るお店の一つ、ベネトンのオックスフォード・サーカス店。高品質の生地を使った、エレガントでスタイリッシュなイタリアン・デザインの服がお手頃な価格で買える、ベネトン・グループのお姉さんブランド・シスレー(Sisley)が、お気に入りだ。店は改装工事のためにしばらく閉店していたが、先週19日に再オープンした(詳細)。

新しい装いのオックスフォード・サーカス店は、イタリア人建築家でデザイナーのピエロ・リッソーニがデザインを担当。19世紀の建物を、都会的で洗練された、ミニマリズム的空間に仕上げた。ベネトンの計画では、2009年のイスタンブール店を皮切りに、世界主要都市にあるベネトン旗艦店を、リッソーニとのコラボレーションで徐々に改装するそうで、オックスフォード・サーカス店もその一環。この計画によると各店のデザインは、その都市の文化を反映したものになるという。リッソーニによると、ロンドン店は「白黒を基調に、自然光、すっきりした線や形、シンプルな材料を使った、クリーンで上品なデザインを目指した」という。店内のレイアウトもゆったりしており、ロンドンのど真ん中だというのに、ゆっくり買い物できる。

ベネトンは、決して高級ブランドではないけれど、インテリアが素敵になると、置いてある商品まで洗練されて見えるから不思議だ。

The Benetton Oxford Circus store is one of our favorite stores and we often stop by the store when we go to Oxford Street. The store closed temporarily for renovation, but reopens on August 19th last week (details).  We like Sisley, the Benetton group’s high-fashion brand, as we can find elegant and stylish Italian-design clothes using good quality materials at affordable price.

The newly revamped Oxford Circus store is designed by Italian architect and designer Piero Lissoni, and he transformed this 19th-century building to a minimalist and sleek urban-chic space. The renovation of its Oxford Circus store is a part of an overhaul plan of Benetton’s flagship stores in world’s major cities, launched in Istanbul in 2009. With this plan, each store expresses the local culture. Piero Lissoni said,“For the London store, we wanted a clean and refined design using simple mediums: natural light, plain materials, clean lines and shapes, black, white”. The store layout is quite spacious, and you can shop at ease in the middle of chaotic Oxford Circus.

Benetton is not upscale brand, but their clothing range looks more sophisticated as its interior has been upgraded. I guess the store make-over really works.

Enhanced by Zemanta

Melito Pizza Bar @ Oxford Circus

以前Mallettiのことを紹介した時に、ロンドンではPizza Al Taglio(ピッツァ・アル・タリオ。長方形にカットされたローマ風ピザ)があまりないとブログに書いたけれど、最近少しずつ見かけるようになってきた。Datte Focoもそうだし、オックスフォード・サーカスの1本北、Great Castle StreetにできたMelitoもその一つ。

イタリアのトラットリアを思わせる木のテーブルや椅子、天井から釣り下がるミラーボールのような照明を通り抜けた、細長い店内の一番奥に、ピザが並ぶカウンターがある。Pizza Barといっても、パスタやサラダ、デザートもある(メニュー)。ピザは、他のPizza Al Taglio同様、2スライスのセットとなっているが、2種類のピザを組み合わせる事もできる。私たちが行った時は出来たてがなかったので、どれもちょっとクタっとして見えたけれど、オーブンで温め直してもらったら、これがなかなか美味。ブラウンの厚手のペーパー・トレーも、気が利いている。ちょっと小腹が空いた時に、気軽に立ち寄れるお店。ただ、Mいわく、エスプレッソがペーパー・カップ入りで、今イチなのが唯一の欠点だそう。

I wrote that I didn’t see many Pizza Al Taglio (Roman style pizza by the slice) shops in London, when I talked about Malletti last year. But recently we’ve started to see more Pizza Al Taglio shops, such as Datte Foco and Melito, a “pizza bar” newly opened on Great Castle Street, just one street north from Oxford Circus.

When you go through the narrow and long store with Italian trattoria-looking wooden tables & chairs and funky mirror ball pendant lights, you see an order counter with pizza on display all the way back. Melito offers pasta and salads, as well as sweets, though they call themselves a pizza bar (menu). Like other Pizza al Taglio places, their pizza is also a set of two slices, but you can combine two different pizza if you want. There was no hot and sizzled pizza just came out from oven when we went, and the pizza all looked sort of dead. But after they warmed them up, and voilà – these were surprisingly good. I also like their brown paper tray. Perfect place for a little snack, after hours of shopping and desperate to regain some energy back. One drawback, though, is their espresso in a paper cup and according to M, it was not great.

左から、レッド・オニオンとローズマリー、Quattro Formaggi(4種類のチーズ)、マルガリータ(モッツァレラチーズとトマトソース)、そしてパルマハムとフェンネルのピザ。私のお気に入りは、シンプルなマルガリータ。

(From left) Red Onion & Rosemary, Quattro Formaggi (4 kinds of cheese), Margherita,  and Fennel & Parma ham. My favorite is simple Margherita with tomato sauce and mozzarella cheese.

Enhanced by Zemanta

Costa Metropolitan Store @ Great Portland Street

Costa Coffee(コスタ)は、国内で1000店以上、海外で400店以上展開している、イギリス最大のコーヒー・チェーン。イタリア人のSergioとBrunoのCosta兄弟が、1971年にコーヒー焙煎業者として創業、1978年に最初のコーヒー・ショップをオープンした。1995年には、イギリスでホテルやレストランなどのホスピタリティー・ビジネスを手がけるWhitbreadに買収され、現在その傘下にある。

そのコスタが先月7月9日、都市型店第一号となるお店を、オックスフォード・サーカス近くのGreat Portland Streetにオープンさせた(詳細記事)。店内は、レンガ壁、トルコから取り寄せたコーヒーテーブルや使われなくなったタンクから作ったメタル製テーブル等モダン・デザインとアンティークを融合させたインテリア、洗練された照明、壁にかかった現代アート等々、オックスフォード・ストリートにたむろする、ファッションや流行に敏感な若者を惹き付ける要素が満載。ファーストフード店特有のスピーディなサービスも、待ち時間が少なくていい。

ブラウンを基調とした、標準化されて退屈な通常店に比べて、格段の進歩だ。

Costa Coffee is the largest coffee chain in the UK, operating over 1,000 outlets throughout the country and over 400 stores worldwide. Costa was founded in 1971 by Italian brothers Sergio and Bruno Costa, as a coffee roastery, and opened their first coffee shop in 1978. In 1995, the company was acquired by, and is now a subsidiary of, the Whitbread company, a hospitality company managing several popular brands in hotels, restaurants and coffee houses in the UK.

Costa recently opened its first more designy and sleek Metropolitan store on July 9th this year, on Great Portland Street near Oxford Circus (detailed article). The store has all the elements that attract fashion-conscious young crowd who hang around Oxford Street – including  exposed brick walls, combination of modern and antique pieces such as Turkish coffee table and metal tables made from a disused tank, funky lighting, and cool artworks – as well as their usual speedy customer service.

Big improvement in compare to their usual boring brown standardised chain-look!

It was Saturday, and lots of people came to the store to avoid sudden rain.
土曜日だということに加え、突然の雨に、雨宿りをする人で一杯の店内。

A tourist who seemed to be suffered a lot with jet lag and exhaustion of walking around a big city. I took a picture because it was so cute of her, sleeping from the beginning to the end, while I was staying there about at least 30 minutes!
歩き疲れと時差ボケで、疲れきった様子の観光客。私が店内にいる間、最低30分以上寝っぱなし。でも可愛いかったので写真を撮りました。
Enhanced by Zemanta

Kaffeine Café for Caffeine Addicts

Kaffeine caféKaffeine Café

オックスフォード・ストリートの北、FitzroviaのGreat Titchfield Streetにあるカフェ、「Kaffeine(カフェイン)」。Nude EspressoSacred CaféDose Espressoと、私のブログではお馴染みになったダウン・アンダー系カフェで、20年以上の経験を持つオーストラリア人/ニュージーランド人の経営だ。いかつい黒い外観と裏腹に、中は赤煉瓦の壁、白木造りの椅子やテーブルが、温もりを感じさせる。奥にある、白木製のシーティング・エリアも、レゴのようで可愛い。

お昼時もかなり過ぎていたので、サンドイッチはほぼ売り切れ。かろうじて、フォッカチア風のふかふかしたパンに、サーモンとチーズ、レッドオニオン、ルッコラ、ケッパーを挟んだサンドイッチをゲットできた。サーモンの風味を損なわないよう、熱すぎずほんのりと温められたサンドイッチは、カウンターから冷蔵庫に移されていた残り物(失礼!)にも関わらず、とてもフレッシュで美味しかった。コーヒーにこだわるカフェ御用達のSquare Mile Coffee Roastersから仕入れた高品質の豆を使った自慢のコーヒーも、コーヒー好きのMのお墨付き。 オックスフォード・ストリートやトッテナム・コート・ロードから少し歩くけれど、カフェマニアなら行く価値あり。

Kaffeine‘ is a café on Great Titchfield Street in Fitzrovia, north of busy Oxford Street. The café is owned by Australian/New Zealander with over 20-year experience in the industry – another Down Under cafe in my blog as  Nude EspressoSacred CaféDose Espresso. On the contrary to the strong black exterior, inside is rather warm and cosy with red brick wall and white wood chairs. The seating areas on the back, also made of white woods, are like Lego blocks and very cute.

It was late afternoon when we went to Kaffeine, and there were only three sandwiches left. We got Focaccia sandwiches with smoke salmon, cream cheese, red onions and cappers. The gently warmed up sandwich, in order not to harm the texture and flavor of smoke salmon, was very fresh and nice, though these were the last ones and were already moved from the counter to the fridge. Their signature coffee, supplied by coffee-lover’s favorite Square Mile Coffee Roasters, was promising. You have to walk a bit from Oxford Street and Tottenham Court Road, but if you are a cafe lover, Kaffeine really deserves to make a little trip.

Kaffeine Café

Reblog this post [with Zemanta]