Tag Archives: SOHO

‘The Da Vinci Code mural’ at ‘Cocteau Chapel’ @ China Town

ジャン・コクトーが描いた壁画のあるNotre Dame de France(ノートルダム・ド・フランス)教会のことを知ったのは最近のこと。ロンドンの住人の間でもほとんど知られていないフランス系の小さな教会のことが、日本のガイドブックに載っていたと、ロンドンに旅行に来ていた旧友が教えてくれたのだ。思うと、偶然が重なって、この教会に行き着いた。春にコート・ダジュールを旅行した際、マントンコクトー・ミュージアムと、コクトーが1957年に壁画を描いた、ヴィルフランシュ=シュル=メールにあるサン=ピエール礼拝堂を訪れたのが最初。その後、何年も前に友人に譲ってもらったのに開かずにいた、ダン・ブラウンダ・ヴィンチ・コードを何故か読み始めたのだが、ダ・ヴィンチ・コードで、コクトーがシオン修道会歴代総長の一人として取り上げられ、このロンドンのノートルダム・ド・フランス教会が一時舞台となっていたことは、全然知らなかった。そして、20年以上ぶりに会う友人からの情報。特段、コクトーファンでもないのだが、この数ヶ月の間にコクトー関連の出来事を幾つも経験したことに、少し驚いている。

この「コクトー・チャペル」は、チャイナタウンとレスタースクエアの間の小さな通り、知る人ぞ知るPrince Charles Cinemaのすぐ側にある。中に入ると、多くの男性が頭を垂れて座っている。最初、なんて信心深い人たちだろうと思ったのだが、よく見ると場所柄か、ホームレスか酔っ払いが、入場無料の教会で居眠りしていただけだった。

ロンドン駐在のフランス文化アドバイザーに請われて、コクトーが教会内に壁画を描きにロンドンにやってきたのは、1959年11月。戦時中の爆撃による教会の修復工事中に、たったの9日で壁画を完成させたそうだ。聖母マリアに捧げたという壁画は、受胎告知キリスト磔刑被昇天の3枚のパネルで構成され、入口正面のメインの祭壇ではなく、左側の防護用ガラスに覆われた小さなスペースにある。中程にあるキリスト降誕を描いたモザイクはコクトーの作品ではなく、ロシア人アーティストのBoris Anrepのもの。コクトーがアルファベットの「M」を配したパネルでモザイクを覆ってしまったため、2003年のクリーニングの最中に再発見されるまで、教会自身もその存在を何故か知らなかったという。残念なことに、現在「M」パネルは祭壇から外され、物置のような近くのスペースに飾られている。

防護ガラス越しではかなり見にくいのだけれど、近年いたずら書きされ修復せざるをえなかったことを考えると、仕方がないのかもしれない。黒い太陽の周りに光の輪が加えられ、コクトーの署名の下に、自身の署名かどうか分からないが「T_A*」と書かれていたそうだ。幸い表面に埃がたまっていたため、最悪の事態は逃れ、昨年修復が終わった。

コクトーの壁画には、通常カルトのシンボルである黒い太陽や青いバラなど、通常の教会では使われないシンボルやサインが描かれている。また、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐の中で、キリストの腕とキリストの横にいる人物(ヨハネというのが通説だが、マグダラのマリアとの説も)が「M」を形作っているように見えること、そしてMがマグダラのマリアの暗示しているようにもとれることなど、ダ・ビンチコードを読んだ後では、全てが謎めいているように思える。そのため、コクトーの壁画への落書きが、シオン修道会または、敵対するオプス・デイのメンバーだとする陰謀説も根強い。

何を言っているかさっぱり分からないと言う方、ダ・ヴィンチ・コードを読んで、その後West End Extraの記事が取り上げている陰謀説を読むと、色々想像が膨らんで面白いですよ。

→コクトーの壁画の詳細と落書きされた様子はInternational Timesサイト
I happened to know about this mural with coloured line drawing by Jean Cocteau in a small church of Notre Dame de France, from my friend from Japan visiting London. Several things related to Cocteau that I’ve experienced in few months are pure coincidences to me. First, I went to Côte d’Azur in Spring and visited Cocteau Museum in Menton as well as Chapelle Saint-Pierre (Saint Peter’s Chapel) in Villefranche-sur-mer, restored and decorated by Cocteau in 1957. After the trip, I started to read Dan Brown‘s famous The Da Vinci Code, many years after a friend of mine gave it to me, without knowing Cocteau is mentioned in the novel as one of the Grand Masters of Priory of Sion and his mural at “Cocteau Chapel” in London. Then my friend whom I haven’t met over 20 years told me about the chapel.

“Cocteau Chapel” is located on a quiet side street between China Town and Leicester Square, next to the Prince Charles Cinema. When I entered the chapel, I saw quite a lot of people sitting with their heads down on church chairs. I thought how religious they were, but I was wrong. They were probably homeless or drunk, just getting a sleep in a church with free entrance.

Cocteau came to London to paint the murals in Our Lady’s chapel with a request by France’s cultural adviser in London, during a restoration of the church due to wartime bomb damage. He finished this work just 9 days in November 1959. Cocteau’s mural is not behind the mail altar, but in a small corner on the left, protected by glass windows. The murals, dedicated to the Virgin Mary, are consist of 3 panels: the Annunciation, the Crucifixion and the Assumption. Mosaic of the Nativity on the altar is not by Cocteau, but by the Russian artist Boris Anrep. Cocteau covered the mosaic with his ‘M’ panel, and the Church didn’t know about the mosaic for some reason, and rediscovered it in a 2003 cleaning operation. Now Cocteau’s panel was removed for the respect to Anrep, and is hung nearby space, sadly surrounded by some junks.

I couldn’t see the mural well through the protecting glasses, but probably it is necessary as the mural had to go through restoration due to the recent vandalism: someone painted a light circle around the black sun, and added “T_A*” under Cocteau’s signature. Luckily the dust accumulated on the surface protected the mural from total destruction.

This Cocteau’s mural include some unusual symbols and signs, and stir  speculation of its meaning, such as the blue rose at the bottom of the crosswhich is a well-known occult symbol as is the black sun. ‘M’ altar panel may refers to Leonardo da Vinci’s Last Supper with M-shape made by the arms of Jesus and the figure on his right, or initial of Mary Magdalene. The vandalism over the mural also caused conspiracy theories suspecting that it was done by a member of Priory of Sion or Opus Dei.

You don’t know what I am talking about? It is too complicated to explain here, so if you are interested, please read The Da Vinci Code and then the West End Extra’s article about conspiracy theories.

→Also see International Times website for detailed descriptions of the mural and photos before the restoration.

コクトーの自画像(右下)/ Cocteau’s Self-Portrait (bottom right)

It’s not Princi, it’s VIVO!

Vivoは、エンジェルのUpper Streetに新しく出来た(8月頃だと思う)、イタリアン・ベーカリー&カフェ&バー。イタリア語で「活気のある」という意味のVivoの長さ14mもある花崗岩製フードカウンターには、四角くスライスしたピッツァ・アル・タッリョ、ラザーニャ、パスタサラダなど各種サラダといった、イタリアから輸入した材料で作ったイタリアのお惣菜をはじめ、イタリアのスウィーツやペイストリーなど、美味しそうなものがずらりと並んでいる。ランチやディナーなどちゃんとした食事も出来るし、カフェとしてナポリ風コーヒーとドルチェを楽しんだり、おつまみと一緒にイタリアン・ワインを傾けるのもいい。

ここまで読んで、そして写真を見て、どこかで見たことがあるような?と思った方。もしかしてそれは、ソーホーにあるPrinciでは?カウンターで出来合いの料理を注文するというコンセプトも同じ、インテリアもそっくり、そして料理の種類もほぼ一緒。Princiのパクリとしか思えない(店員は後ろめたそうに違うと言い訳していたけど)。でも、Princiはロンドンに1軒しかないし、わざわざソーホーに行くより、近場のエンジェルの方が便利。それに食べ物もフレッシュで美味しいし、何より、いつも混雑していて騒がしく、席を探すのも難しいPrinciに比べ、時間を気にせずゆっくり食事できる。だから私的には偽物でも全然OK!

Vivo Bakery-Café-Bar is a new casual Italian eatery on Upper Street, Islington. It opened in August, I believe. Vivo (“lively, vivacious, soulful, vibrant” in Italian) offers all day a selection of Italian prepared dishes using the regional Italian ingredients, such as pizza ‘al taglio’ (rectangular slices), lasagne, a variety of fresh salads, as well as a range of Italian desserts, pastries and sweets. You can see them all showcased on 14-m long granite food counter. You can eat lunch or dinner, have a cup of Neapolitan coffee & dolce, or drink Italian wines with nibbles.

Now I want to ask you a question – does Vivo remind you of something? May be Princi in SOHO? Indeed, their concept of cafeteria style is the same, their interior looks alike, and their range of food is almost identical. Maybe they copied Princi or maybe not. But I don’t care, and probably other customers. There is only one Princi in London so far, and it is much easier for us to come to nearby Angel. Their food is authentic and great as Princi, and it is more relaxed, not like as Princi where is always packed of people and noisy.

Melanzane alla Parmigiana(なすのチーズ焼き:右)とパスタサラダ

Melanzane alla Parmigiana (right) and pasta salad.

Tonic Coffee Bar @ Sherwood Street, Piccadilly Circus

Tonic Coffee Barは、ピカデリー・サーカスの裏道に最近出来た、ちっちゃなカフェ。でも規模は小さくても、SpeakeasyDepartment of Coffee and Social Affairs等と同じく、コーヒーにこだわりを持つロンドンのコーヒー店のネットワークであるCoffee Collectiveの一員だ。

そのこだわりのコーヒーの他に、種類は多くないけれどケーキやペイストリー等もある。カウンター席が3つしかないので、友人とのおしゃべりには不向きだけれど、イタリア人が行きつけのバール(=イタリアでいうカフェ)でするように、カフェインを補充のため、さっと来てさっと飲んで帰るのがベスト。

Tonic Coffee Bar is a tiny, tiny café, appeared recently on a back street of Piccadilly Circus. It is really small, but it is a proud member of Coffee Collective, a network of quality coffee shops in London, together with Speakeasy and Department of Coffee and Social Affairs.

They serve artisan coffee as well as small tableful of cakes and pastries. Tonic has only 3 counter stools for eat-in, so it is not the perfect place for chit-chat with your friends. Just pop in and have a quick shot, as Italians do at their favourite ‘bar‘ (=equivalent to a café in Italy).

Yoobi Temakeria Sushi @ Lexington Street, SOHO

Yoobiは、ブラジル風手巻き寿司を出す、ロンドン初の「temakeria」。「ブラジル風」寿司というと驚くかもしれないけれど、実はブラジルは世界最大の日系人人口を擁する国。コーヒー園で働くために1908年に移民が始まって以降、約100年間で13万人の日本人がブラジルに移住、現在約150万人の日系人が住むといわれる(Wikipedia)。去年リバプールストリート駅近くにオープンした、アメリカ発のレストラン・Sushisambaも同様のコンセプト(日本、ブラジル、これまた日系人の多いペルーのフュージョン料理)だが、カジュアルなyoobiと比べて値段も張る。

「yoobi」という店名は、日本語の「指」からきているそう。ここの手巻き寿司は、独自の米のブレンド、持続可能な魚、新鮮なワサビ、地元産の野菜など、クオリティーの高い食材を使用しているという。梨、ワカモレケッパーハラペーニョ、トマト、フィラデルフィアチーズ、クルトンなど、びっくりするような材料を使った寿司もあるが(メニュー)、さすがにいきなりクリエイティブ過ぎる寿司を頼む勇気はなく、無難にwasabi tuna(£3.20)、scottish salmon(£3.20)、yellowtail(ハマチ。£6.50)を注文。なんちゃって寿司の多いロンドン、最初yoobiに対しても半信半疑だったけれど、これらの手巻き寿司は丁度いいサイズで、値段も許容範囲、すし飯も具材も期待したより美味しかった。次はもう少し変わったメニューにも挑戦してみよう、かな??

Rio meets Tokyo in London. Yoobi is London’s first temakeria, serving freshly made temaki (‘hand roll’ sushi in Japanese), with Brazilian influence. It may sound crazy, but Brazil has more experience in sushi than British. Brazil has the largest Japanese population in the world outside of Japan. The first Japanese immigrants arrived in Brazil in 1908 to work in the coffee plantations, as a result of the decrease in the Italian immigration to Brazil. As of 2000, there were between 1.4 and 1.5 million people of Japanese descent in Brazil (Wikipedia). US-born Sushisamba has the similar concept, that mixes the cuisines of Japan, Brazil, and Peru (another country where a large number of Japanese descendants live), but it is more upscale than yoobi which is more like fast food.

The name ‘yoobi’ is derived from the word ‘yubi’, Japanese for fingers, which reflects the ‘hands on’ nature of their food, according to them. Their temaki rolls are made with high quality natural ingredients; from their own rice blend to sustainably-sourced fish and from fresh wasabi to locally sourced vegetables. Some of their ingredients are never used in Japan, such as asian pear, guacamole, capers, jalapeño, tomatoes, philadelphia, and croutons (menu), and I didn’t have enough courage to try those creative recipe. Instead, we chose safe option of fresh wasabi tuna  (£3.20), scottish salmon (£3.20) and yellowtail (£6.50). At the beginning, I was a bit suspicious about yoobi, as many sushi in London are phony, but those temaki rolls were in reasonable size and pricing was justifiable, and the taste was enjoyably good. Next time, I promise to try a little bit more challenging kinds.

Clockjack Oven Rotisserie Restaurant @ Denman Street, Soho

ロンドンに住む人に、お気に入りのチキン料理レストランを聞いたら、恐らく多くの人が、ケンタッキー・フライド・チキンではなく、ポルトガル/モザンビーク風ピリピリ・チキンで有名な南アフリカのチェーン・Nando’sと答えるだろう。でもチェーンではなく、もう少し気の利いた場所でチキンを味わいたいなら、ピカデリー・サーカス近くにあるClockjack Ovenへ。

Clock jackと呼ばれる肉焼き串まわし器(2枚目の写真のカウンターの後ろにちらっと見える)が由来のClockjack Ovenは、ほぼ鶏づくし(メニュー)。フランス・ブルターニュ地方の小規模養鶏組合から仕入れた放し飼いの鶏を、自家製レシピのマリネで味付け。名物のロティサリー(rotisserie / 回転焼き)・ローストチキンは、小・中・大のサイズがあり、4種類から選べる自家製ソース(ranch、barbecue、chilli、Caesar)でいただく(詳細はメニュー参照)。

明るくモダンな内装に、外は香ばしく中はジューシーなチキンもソースも美味しい(お気に入りはクリーミーなranchCaesar)。でも欲張って10ピースの丸ごとチキンを注文したのは失敗。美味しくてもさすがに飽きる。よっぽど好きでなければ、大皿1種ではなく、様々なバラエティの鶏料理やサイドディッシュを組み合わせてオーダーするのが正解かも。

When you ask people in London what is their favorite chicken restaurant, many would say Nando’s, South African chain known for its Portuguese-Mozambican flame-grilled PERi-PERi chicken, more than Kentucky Fried Chicken. But if you prefer an independent restaurant but not chain, you may want to try Clockjack Oven in SOHO near Piccadilly Circus.

Named after their clock jack spit roasting machine (behind the counter in the 2nd photo), Clockjack Oven is all about chicken (menu). Their free range chickens are sourced from a small farming co-operative in Brittany, France, and are flavoured with a simple marinade made from their own recipe. Available in different sizes, their rotisserie roasted chicken is served with one (or more if you like) of four house sauces: ranch, barbecue, chilli, and Caesar (see menu for details).

Nice place, friendly staffs, and delicious chicken and sauces (I like two creamy ones, ranch and Caesar), but we ordered whole chicken with 10 pieces, which was a bit too much for the same taste. It would have been smarter to order smaller portion of those, combining with other varieties of chicken and side dishes…

Whole Rotisserie Roasted Chicken (10 pieces) £18.95 / Caesar salad £3.95 / Double cooked chips £2.95