Tag Archives: Tottenham Court Road

Italian Restaruant Week: Obikà Mozzarella Bar @ Charlotte Street, Tottenham Court Road

先週からの続きで、イタリアンレストランがテーマです。

Obikà Mozzarella Barは、DOP(イタリアにおける原産地名称保護制度)を受けているMozzarella di Bufala Campanaカンパニア地方で水牛の乳から作られるモッツアレッラチーズ)と伝統的イタリア料理を楽しめるレストラン・チェーン。「Obikà(オービカと発音)」は、イタリア語で「Ecco Qua”(さあ、どうぞ)」を意味するナポリの方言「obiccà」が語源だそうだ。六本木ヒルズや東京ミッドタウンにも店舗があるので知っている人もいるかもしれない。

Obikàの第一号店は、2004年にローマにオープンした。モッツアレッラ・バーというユニークなコンセプトが受けて、現在アメリカ、イギリス(ロンドンに4店舗)、日本等、イタリア国外にも展開している。

最初にObikàに行ったのは、セルフリッジズにロンドン第一号店が開店したばかりの頃(ウェブサイトには現在この店舗は載っていないので、まだあるかどうかは不明)。お洒落な店でモッツアレッラをつまむという新しい経験が印象に残ったが、最近できたCharlotte street店に行ってから、その好印象がしぼんでしまった。売りのモッツアレッラは美味しかったけれど、イタリアン・デリで高品質のモッツアレッラを買って、オリーブオイル、塩、こしょうで味付けすれば、同じものを家でも食べられる。そのスタイリッシュなインテリアと対照的に、注文したパスタは、近くにあるチェーン店のZizziStradaと変わらない、可もなく不可もないファミレス的な味。パスタソースは手作りではなく、大量生産品ではないかと疑っている。日本でも人気みたいだが、この程度で、どうやって競争の激しいイタリア内で生き残り、世界進出できたのか不思議。

Continuing from last week’s Italian restaurants series.

Obikà Mozzarella Bar is an Italian restaurant chain, based on Mozzarella di Bufala Campana together with traditional Italian recipes. Obikà (pronounced Oh-bee-KA) comes from obiccà, the Neapolitan dialect meaning “Here it is.”

The Obikà Mozzarella Bar was first opened in Rome in 2004. With its unique concept of ‘mozzarella’ bar, the chain has expanded to outside Italy such as US, Japan and UK (four in London). 

We first went to Obikà at Selfridges just after its opening (I am not sure if it is still there, as it is not listed on their website). It was new experience and exciting to eat fresh mozzarella in a nice ambience. But our good impression about Obikà turned sour after we second time experience at newly opened venue on Charlotte street. Their mozzarella was good, but you can have good ones at London’s any Italian deli and you can make your own cheaper at home. On the contrary to its sleek interior, their pastas were mediocre, not different from other Italian chains such as nearby Zizzi or Strada, and the taste of the sauces were not fresh but mass produced. I don’t know how they could manage to survive in Italy with harsh competition and make themselves world-wide??

Loaf @ Tottenham Court Road

トッテナムコートロードにあるカフェ・Loaf。あの辺りで昼食を取らないといけなかったので2回行った。レトロなインテリアはなかなか素敵なのだけれど、ジェイミー・オリバーのレストラン(Jamie’s ItalianUnion Jacks等)みたいで、ちょっと個性に欠ける。

メニューは、Grilled Cheese toasties(具とチーズ入りホットサンド)、wrap(巻いたサンドイッチ)、mac ‘n’ cheese(マカロニチーズ)hot box(コンボ)、サラダなど、アメリカン/ブリティッシュの軽食。シェフは前の晩よく寝てなかったのか疲れてたのか、頼んだTuna Melt(缶入りツナとチーズ入りサンドイッチ)はツナが、そしてChicken Pestoはペストソースが入っていないという失態。幸い店内で食べていたので、すぐに作り直してもらうことが出来たが。ようやく出来上がったサンドイッチは不味くはないけど、近くのチェーン店・Eat.と変わらないレベル。シーザーサラダはドレッシングが多過ぎて後味悪すぎ。そして「自慢」のコーヒーも、Allpressのコーヒー豆、最高級のLa Marzoccoエスプレッソマシンを使っていて、どうしてこの味?と首を傾げてしまう。一つ救いは、フレンドリーなスタッフのサービス。間違いに迅速に対応、お詫びとしてコーヒー、ケーキを無料にしてくれた。でも全体的には、全てが中途半端。リピはしないかな。

We tried Loaf twice, as we had to eat lunch around there. This small café with the retro-style décor is good looking, but also looks a bit chain-ish like Jame Oliver’s restaurants, such as Jamie’s Italian and Union Jacks.

They serve American/British favorites; “Grilled Cheese” toasties as well as salads, hot box (combo meal), their version of “mac ‘n’ cheese” and wraps (menu). But chef didn’t sleep well or for other reason, and we got Tuna Melt sandwich without tuna and Chicken Pesto without basil pesto. Thank god we were eating-in and not in hurry, so we could tell them right away and ask them to redo. Result? Those toasties were OK, but not better than nearby Eat. Their caesar salad had too much dressing and the taste was too strong. Their proud coffee from Allpress, made with La Marzocco was not impressive either – why can’t they make a good coffee with the combination of good coffee beans and best espresso machine? However, one thing good about them was a good & friendly service – the staff promptly responded to their mistake and offered a nice gesture. Overall score, average.

East Street Restaurant @ Rathbone Place, Tottenham Court Road

私はコンピュータの「アイデア」フォルダーに、いつか気が向いたら書こうと思っているトピックを随時入れている。このEast Streetレストランには半年以上前に行ったのだが、書く機会を逸していた。今日は特に書きたいことがなかったので、このフォルダーをチェック、長らく放っておいたEast Streetについて書くことにした。なので写真やこれから書くことは、必ずしもレストランの現在の状況を反映している訳ではないので、ご了承を。

East Streetは2012年1月、マンチェスターを拠点とするアジア料理レストランチェーン・Tampopo(ご察しかもしれないが、伊丹十三監督の映画タンポポ」からきている)のオーナー、Nick JeffriesとDavid Foxがオープン。彼らがアジア各国を旅した経験からヒントを得た、アジア各国のストリート・フードを提供している。レストラン名やロゴ、グラフィック、インテリアデザインなど、ブランド・アイデンティティ全般は、‘i-am’ Associatesが担当(参照:Dezeen)。ネオンサインやポスター等、アジア諸国から集められたキッチュなものたちで、東南アジアの屋台街を思わせる、カラフルかつスタイリッシュな店に仕上がった。

前にも書いたかもしれないが、私は基本的に、イギリスの所謂「フュージョン」「無国籍料理」レストランは信用しない。どんな材料からでも素晴らしい1皿を生み出せる腕利きのシェフは別として、いつ辞めるか分からないお雇いシェフを多数抱え、一つの料理を極めないレストランに、美味しいものが作れる訳がない。残念ながら、何故かイギリス人に大人気のなんちゃってアジアンのWagamama同様、East Streetに本格的で美味しいアジア料理は求めてはダメ。でもアクセスもいいし、飲みながら(飲むと味が分からなくなるので)、外国人の友達と楽しくワイワイやるには最適な場所かも。

I went to this East Street restaurant over half a year ago, and haven’t written about it. I’ve been collecting some topics in my ‘idea’ folder, thinking to write when it ‘clicks’ me. East Street is one of them. I didn’t get any specific issue I want to write today, so I decided to write about it. So my photos and what I write here may not be up-t0-date of how the restaurant is now.

East Street is a Pan-Asian street food restaurant, created sometime in January 2012 (?) by Nick Jeffries and David Fox, founders of Asian fusion restaurant chain Tampopo from Manchester. East Street offers a wide variety of Asian dishes, inspired by the founders’ own culinary experiences during their travels across Asia. ‘i-am’ Associates was in charge of its brand identity including the creation of a name and logo, graphics and interior design (reference: Dezeen). Thank to them, the restaurant is stylishly and colourfully decorated with full of kitsch neon signs, ephemera from across Asian countries, creating the essence of South-East Asian street food markets.

In general, I don’t trust restaurants cooking all kinds of borderless ‘fusion’ dishes, especially Asian as I am Asian myself. To my eyes, the food never be good if you don’t focus on whatever you can do well, except some master chefs who can create an excellent dish from anything. Unfortunately East Street doesn’t offer authentic food or something mouthwatering, like Wagamama. However, the location is convenient, and it’s upbeat and fun place to drink (you wouldn’t care the taste of food when you drink!) with your friends.

Gail’s Kitchen @ Myhotel Bloomsbury

昨年11月21日、人気の高級ベーカリーチェーン・Gail’sが、初めてのレストラン「Gail’s Kitchen」を、Tottenham Court Roadから少し入ったところにあるホテル・ Myhotel Bloomusbury内にオープンさせた。Gail’sの新店舗、Bloomsbury bakeryも同じ場所にある。朝食、ランチ、アフタヌーン・ティー、ディナーと一日中、パンとパン焼きオーブンを使って調理した「small plates(小皿料理)」を提供している。

レストランエリアは、ホテルのレセプションのすぐ隣にあり、ホテルのラウンジとしても機能しているよう。でも5つ星ホテルのお堅いラウンジと違い、センスのいい現代風家具と使い古された木のテーブルやカウンターを上手くミックスし、カジュアルかつセンスよく仕上がっていて、完全に私たちの好み。この日は、タマネギ、クレソン、ホースラディッシュ(西洋ワサビ)ののったステーキサンドイッチ(£9.50/写真一番下)を注文。とても美味しかったけれど、小皿料理と謳っているだけあって、値段の割にサイズが小さすぎる気が。フレンドリーなスタッフが、美味しいパンの盛り合わせをサービスで出してくれたので、幸い空腹は収まったけれど。

でも料理は美味しいし、内装も素敵。辛口で知られるObserver紙のレストラン批評家・Jay Raynerでさえ、Gail’s Kitchenはお気に召したようだ(参照記事)。欠点は、ランチ&ディナーは「小皿料理」しかなく、しかも品数も少ない事か(朝食メニューの方が充実)。

*質の悪い写真でごめんなさい!まだ新しいカメラの使い方を習得していないのです。。。

On November 21st last year, popular high-end artisan bakery chain Gail’s opened their first restaurant, Gail’s Kitchen, inside Myhotel Bloomusbury just off Tottenham Court Road, side by side to their Bloomsbury bakery. Focusing on dishes inspired by their speciality, bread & the bread oven, Gail’s Kitchen offers menu of “small plates” all day for breakfast, lunch, afternoon tea and dinner. 

The restaurant is just next to the hotel reception, so I guess it also serves as a hotel lounge, but not as stiff as 5-star hotel lounge that make us nervous. The interior is casual modern, mixing contemporary furniture and old wood tables and counters – perfectly our taste. We had steak sandwich with onion, watercress & fresh horseradish (£9.50/photo at the bottom) for lunch. It was delicious, but a bit too small – well, that’s why they call it “small plate”, but a little pricey relative to its size. Friendly staff offered us complimentary bread basket, which were very good as well, and it complimented our stomach.

Nice place and good food. Even the Observer’s harsh food critique who rarely compliment, Jay Rayner, seems to like Gail’s Kitchen (article). A setback is they have only “small plates” and small menu for lunch & dinner (more variety for breakfast).

* sorry for bad quality photos – I still haven’t study how to use my new camera!

Steak sandwich with onion, watercress & fresh horseradish (£9.50)

In Parma by Food Roots Italian Café @ Charlotte Place

先日、Yumchaaでランチを食べそこねたので(→昨日のエントリー参照)、どうしたものかと辺りをぶらぶらしてたら、Charlotte Place(Lantanaと同じ通り)で、このイタリアン・カフェ・In Parma by Food Rootsを見つけた。入口には大きな塊のパルメザン・チーズがどんと置かれ、壁には吊るされた生ハムと錆びた鉄で出来たオブジェ(*最初は「木のオブジェ」と書いていたけれど、これを造ったアーティスト・Stefano Devoti氏から間違いを指摘されました)。茶色いレンガ壁に木製家具が並ぶ小さな店内は、ナチュラルカラーでカントリー・シックにまとめられている。奥の壁には、パルマハム(イギリスではプロシュット・ディ・パルマをこう呼ぶ)の作り方や歴史を紹介する映像が投影されている。カウンターには手作りケーキ、奥の棚にはワインやイタリアの様々な地方のドライミートやチーズを挟んだサンドイッチ(£4前後)が並ぶ。オープンしたばかりなのか、サービスはぎこちないけれど、スタッフはフレンドリー。

この日のランチは、トスカーナ名物野菜の煮込みスープ・リボッリータ、パルマハムとパルメザンチーズのサンドイッチ、そしてアルト・アディジェ州特産のSpeck(スペック)とタレッジョ・チーズのサンドイッチ。スープは思ったより具沢山ではないけれど、なかなか美味。軽くトーストした新鮮な食材を使ったサンドイッチもなかなかいける。ただ、お皿は陶器製なのに、何故かチープなプラスチックのカトラリーとともにプラスチックのトレーにのって出てきたのが、紙製スープ皿も含め(プラスティックよりマシだけど)、センスのいいインテリアにそぐわず、ちょっと貧乏臭くて残念。イートインの場合、プラスチック類は使わないほうが環境にもいいし、洗う手間はかかっても、高級感を維持できていいと思うのだけれど。できればこの点の改善を望みたい。

新しいお店だからか、店のウェブサイトもレビューも見当たらず。名刺にはオープン時間さえ記されていないけれど、ランチの他、夕方(夜?)は、ワインとシャルキトリー(charcuterie:フランス語で、 ハム、ソーセージ、テリーヌなどの、豚肉加工食品)が楽しめるそう。

In Parma by Food Roots
10 Charlotte Place, W1T 1SH
tel 020 8127 4277

We found this new Italian café, In Parma by Food Roots, on Charlotte Place (same street with Lantana), while we were looking for a place to eat as we missed to eat lunch at Yumchaa the other day (→see yesterday’s entry). A big block of Parmigiano-Reggiano at the entrance, lumps of Parma ham hanging from the ceiling, and rusted iron objects on the walls (*Originally I wrote “wooden” objects, but it was corrected by Mr. Stefano Devoti, the artist who made those. Many thanks to him to let me know the mistake!). This cozy space with brown brick walls and wooden furnitures is pleasantly finished in natural country-chic style. You can learn how Parma ham is made and its history on  a video, projected on the back wall.

Handmade cakes at the counter, and Italian wines and a variety of sandwiches with regional charcuteries and cheese (around  £4) displayed on the wooden shelves. The service was a bit clumsy, I assume that it just opened very recently, but the staffs were fairly friendly to compensate it. Our order of the day was: Toscan vegetable soup Ribollita, a sandwich with Parma ham and Parmesan cheese, and a sandwich with Speck from South Tyrol and Taleggio cheese. The first dish, Ribollita was quite nice, though there was not much vegetables in it. Then slightly toasted sandwiches came. Sandwiches with fine and fresh ingredients were not bad as well, however, they were served on ceramic plates but on top of cheap plastic trays with plastic cutleries. The plastics, as well as paper cup for soup (though better than plastic) are neither ecological nor sophisticated, and don’t go well with the atmosphere of the café! When eating-in (except fast food), I prefer not to use plastics (that makes me feel a bit depressing), but at least reusable well-designed plastics. I know it is pain in the neck to clean dirty dishes, but hope they change this bad habit in near future.

I couldn’t find their website or any reviews, I guess it is too new, and I don’t have much information other than the address and phone number, even opening hours. According to their small information card, they also serve wines and charcuterie platters in the evening (night?), as well as lunch.

In Parma by Food Roots
10 Charlotte Place, W1T 1SH
tel 020 8127 4277


Central Saint Giles Designed by Renzo Piano

イタリア人建築家・Renzo Piano(レンゾ・ピアノ)がデザインし、2010年5月に完成したCentral Saint Giles。レンゾ・ピアノのイギリス初の作品となったこのビル群は、オフィス、住居、ショップ&レストランの商業スペースを兼ね揃えた複合施設で、外側は13万4千もの光沢のあるテラコッタ・タイルで覆われている。日本の三菱地所も出資しているというこのビル、Tottenham Court Road(トッテナム・コート・ロード)駅東側という好立地ということもあり、住居部分は、ロンドンでの拠点にするため、またロンドンで勉強する子女の住居として、主に香港、シンガポール、マレーシア人に買われたらしい。建物には、屋上緑化をはじめ、環境に優しい様々な仕掛けが施されており、バイオマス・ボイラーは80%の暖房と温水をまかない、冷却タワーから排出される水は灌漑用、そして水洗トイレに再利用されるそうだ。

商業エリアは、最初はテナントも少なく閑散としていたが、またかのジェイミー・オリバーのブリティッシュ・Union Jackをはじめ、ハンバーガー店・Byron、ブラジルのストリートフード・Cabana、イタリアンのZizzi(味はファミレス並みでお勧めしないけど)、スイーツの美味しいカフェ・Peyton & Byrne、そしてヘルシー・ファーストフードを謳うPod(近日オープン)と、チェーン系レストランが徐々にオープン、なかなかの賑わいになった。チェーンばかりであまり特別感はないけれど、ロンドンのど真ん中という立地に加え、レストランは広くて席数が多いので、食事難民になりかけた時に便利かも。

Central Saint Giles is a mixed-use development (residence, office and commercial spaces) on the east of Tottenham Court Road station. Designed by renowned Italian architect Renzo Piano as his first work in UK, the façades of this building complex is covered by 134,000 green, orange, lime and yellow glazed terracotta tiles. Due to its excellent location, many housing units are reported to have been sold to buyers from Hong Kong, Singapore and Malaysia seeking accommodation for visits to London and for their children who study here. The development has been designed with a number of features intended to reduce its environmental impact: biomass boilers which provide 80% of the heating and hot water; re-use of the water discharged from the cooling tower for irrigation systems and the flushing toilets; planted roof terraces to absorb rainfall.

The commercial spaces were hardly occupied at the beginning, but little by little the spaces have been filled up by restaurants and cafés – Jamie Oliver (again!) ‘s British Union Jack, our favorite hamburger Byron, Brasilian street food CabanaZizzi Italian, café with yummy sweets Peyton & Byrne, and ‘healthy’ fast food Pod (opening soon). Mostly chains and nothing special, but the complex is located in the heart of London and the restaurants are large and have lots of seating, so it may be useful when you can’t find any place to eat – or if you are a big fan of Jamie and wants to contribute to his business!

Zizzi Italian

Jamie Oliver’s Union Jack

Brasilian Street Food, Cabana

Polka Gelato @ Warren Street

Tapped & Packed(昨日のブログ参照)でランチの後は、辺りをぶらぶら。Warren Street(ウォーレン・ストリート)とFitzroy Street(フィッツロイ・ストリート)の角に、「Polka Gelato(ポルカ・ジェラート)」を見つけた。ロゴは名前の通り、3つの「Polka(=ポルカドット:水玉)」のデザイン。店内は、白黒を基調に、コンクリートの壁、丸くて黒いソファ、そして座り心地の悪そうなプラスチックのスツール(参考サイト)と、アイスクリーム・ショップと言うよりバーみたい。ショーケースの中は、16種類の自家製ジェラートやソルベが並ぶ。値段はワッフルコーン、カップとも小£2.95(2スクープ)、中£3.70(3スクープ)、大£4.5(4スクープ)。テークアウトは2種£10〜。値段はイタリアの倍はする。

取りあえず試食をと、小カップでココナッツ&洋梨を注文。洋梨は少し甘過ぎ、ココナッツはココナッツファインが入っておらず、ちょっと残念。味はご近所のSardo Cucinaの方が上だな。もうすぐ、アイスクリームだけじゃなく、ドイツ風ホットドッグもお目見えするらしい。でも本場イタリアではあり得ないアイスクリームとホットドッグの組み合わせって、お腹痛くなりそう。。。

After having lunch at Tapped & Packed (see yesterday’s blog), we found Polka Gelato at the corner of Warren Street and Fitzroy Street, while strolling around the area. As the name suggests, its logo has three ‘polka’ dots. The black & white color scheme of the exterior and interia, furnished with black round couch and uncomfortable-looking white plastic stools (reference site) together with gray concrete walls, makes Polka Gelato look more like a bar than ice cream shop. There are 16 kinds of good-looking artisan gelati and sorbet in a showcase, and it cost £2.95 for small waffle cone or cup (2 scoops), £3.70 for medium (3 scoops), and £4.50 for large (4 scoops) . Almost double of Italian prices. Take away price starts at £10 (2 scoops) 〜.

We tried a small cup with coconut & pear, but the tastes were a bit disappointing. Coconut didn’t have any bits of coconuts and untraditional taste of pear was bland and a bit sugary. I have to say that we prefer a gelato at Sardo Cucina nearby.  Its a shame because the place is so nice! They are going to have German style hot dog soon as well as ice creams, but the combination sounds a bit strange and would never happen in Italy…