Monthly Archives: January 2009

Albion cafe @ The Boundary Hotel

albion11albion2

Shoreditch(ショーディッチ)地区に、あのテレンス・コンラン卿がてがけたブティック・ホテル、The Boundaryがオープンした。ビクトリア朝時代の倉庫を改造したホテルには、バウハウス、イームズ、コルビジェ等1室ごとにインテリアが違う17の客室の他、伝統的なイギリス料理とフレンチを提供するレストランレストラン、カフェ・デリが入っている。客室と屋上のバー/レストランは4月にオープン予定。
写真は、1階にあるカフェ、Albion。白を基調とした、カントリースタイルをモダンにアレンジした店内では、伝統的なイギリスの軽食やデザート類が楽しめる。朝8時から12時まで、毎日やっているのも嬉しい。ホクストンやBrick Lane(ブリックレーン)、Spitalfields (スピタルフィールド)Marketからも歩ける距離なので、近くに来た際は覗いてみて下さい。

Sir Terence Conran’s new boutique hotel, The Boundary, just opened in Shoreditch, in January 2009. The Boundery, is in a converted Victorian warehouse, and contains a restaurants, serves classic English/French, and an all-day cafe with mini food store. The hotel’s bedrooms, decorated with different design theme inspired by legendary designers or design movements, and a rooftop bar and grill will open in April.

The pictures are of the Albion, a cafe on the 1st floor. The decor of the cafe is a country style based on white, arranged with modern twist. You can enjoy Brits’ favorite food all day from 8am to midnight, 7 days a week! Hoxton, Brick Lane, and Spitalfields Market is within a walking distance.

Reblog this post [with Zemanta]

Borough of Hackney

hackney

私たちのフラット(イギリスではアパートをFlatと呼ぶ)は、ハックニー区(Borough of Hackney)にある。ナイキが、ハックニーのロゴを無断で使用して、区に30万ポンドを支払うことになっニュースは、ご存知の方も多いかもしれない。

ロンドン (Greater London)は、 シティ・オブ・ロンドンcity of London、一般にシティと呼ばれる)と32の特別区で構成される。12特別区とシティはインナー・ロンドン(inner London、中心部)、残り20特別区はアウター・ロンドン(outer London、郊外)と呼ばれる。ハックニーは、インナー・ロンドンの北東にあたる。

ハックニーは、イギリスの最貧困地区の1つであり、犯罪率も高く、これまで評判はあまり良くなかった。しかし、南部が金融地区シティに接しているため、昨今の好景気でシティ勤務者向けの高級アパートやショップ・レストラン等がオープン、ロンドンでも最もトレンディなエリアに変身。若者やクリエーターに人気のホクストン(Hoxton)やショーディッチ(Shoreditch)は、ロンドンのアートシーンの中心で、ギャラリー、ヒップなバーやクラブ、レストランが集まる。 また東部は2012年オリンピック開催地区として再開発が進んでいる。

私の住むフラットは、ハックニーの南西部、ブレア首相が住んだこともあることで有名な、イズリントン(Islington)区境にある。Tubeやバスの駅から遠いので少々不便だが、ラフなエリアとトレンディなエリアが隣り合わせにあるこの地を気に入っている。ただ場所柄、アパートの建設ラッシュで、スペースの割に家賃が高いのが辛いところ。

Out flat (apartment is called ‘flat’ in UK) is located in Borough of Hackney in London. You might hear the news that Nike used Hackney Logo for their clothing range without a permission and paid £300,000 to the borough as a compensation.

The administrative area of Greater London consists of 32 London boroughs. Inner London contains 11 boroughs and the City of London and the City of Westminster, and outer London comprises 20 remaining boroughs. Hackney is located north east of inner London.

Hackney is one of the most deprived area, and is infamous with its high crime rate until recently. With the recent economic boom, the southern part of Hackney, which is adjacent to the City, is transformed to one of the most trendy area in London with upscale flats and shops/restaurants for the City workers. Hoxton and Shoreditch in the south-west, is a center of London art scene, and hip bars and clubs in the area attract a lot of young crowds and creators on the weekend. In the east part of Hackney is in the area of the 2012 London Olympic, and large scale re-development projects are ongoing.

We live in the area next to borough of Islington, where former prime minister Blair used to live. It is a bit far from tube stations, but we enjoy the atomosphere of the area where rough areas and trendy areas sit next with each other. The problem is that this area is booming with new apartment complexes, and the rent is expensive with its space…

Reblog this post [with Zemanta]

The Great British Food Fight @ Channel 4

greatbritishfoodfight

今日、Channel 4The Great Brisith Food Fightという番組が始まった。2週間にわたって、イギリスのセレブリティ・シェフ4人が、イギリスの食を改善するために戦う。初回の「Big Chef Takes On Little Chef」は今日から水曜日まで3日連続で放送。最も若くしてミシュランの三つ星を獲得したシェフの一人で、The Fat Duck(ファットダック)のオーナーシェフ、Heston Blumenthal(ヘストン・ブルーメンタール)が登場(写真の一番右端)、経営困難に陥ったイギリスのチェーンレストラン、Little Chefのメニューを改善するというもの。世界に名だたるシェフが、イギリス庶民のファミレスの新メニュー作りに奮闘する姿は見甲斐がある。あいにく今日は、彼の創造性は空回りで終わってしまったが。。。21日、22日の続編に期待。

26日は、ライター/TVキャスター/食の活動家である、Hugh Fearnley-Whittingstall(青服真ん中の眼鏡の人)が、イギリス最大のスーパー・Tesco(テスコ)に、「鶏の権利」の尊重を求める「Chicken, Hugh and Tesco Too」。29日は、日本でも人気ジェイミー・オリヴァー(Jamie Oliver)が、イギリスにおいて、豚がどう生き、どうやって死んで豚肉、ハム、ベーコンとなって食卓に並ぶか、そしてどうイギリスの養豚業者をサポートするかを問う「Jamie Saves Our Bacon」。スコットランド出身で、テレビでも大活躍のミシュラン星シェフ、ゴードン・ラムゼイ(Gordon Ramsay)が、イギリスのレストランオーナーに、信用収縮(Credit Crunch)を乗り切るアドバイスを与える「Ramsay’s Great British Nightmare」が放送予定。

正直に言うと、ヘストン・ブルーメンタールを除いた3人は、テレビにしょっちゅう登場するので、かなり食傷気味。

Today Channel 4‘s program — The Great Brisith Food Fight — started. In this program, 4 British celebrity chefs tackle the real issues related to food in Britain. From today, til the 21st, Michelin-starred chef and owner of ‘The Fat Duck‘, Heston Blumenthal tries to restore the fortunes of troubled Britain’s chain restaurants Little Chef. In this episode, his culinary creativity didn’t bear fruit to break the barrier, but it was fun to see a great chef struggling with the limitation of fast food restaurant — such as cost and time. Will see what will happen in the next 2 episodes.

On 26th January, Hugh Fearnley-Whittingstall tries to persuade the biggest supermarket chain Tesco to join his chicken revolution, in the ‘Chicken, Hugh and Tesco Too’. On 29th, ‘The Naked Chef Jamie Oliver discovers the truth about how pigs live and die to put pork, ham, and bacon, and what we can do to support British pig farmers, on ‘Jamie Saves Our Bacon‘. On 30th, in ‘Ramsay’s Great British Nightmare‘, footballer-turned-Michelin star chef Gordon Ramsay gives an advice to British restauranteurs on how to beat credit crunch and grow their business, with his infamous ‘f’ word.

To be honest, except Heston Blumenthal, I saw so many programs with other 3 chefs, and am a bit fed up with them…

Reblog this post [with Zemanta]

Lock 7 Cafe @ Broadway Market

lock7-2lock7-3

またまたランチネタが続きますが、今日のランチは、Hackney(ハックニー)区のBroadway Market近くにある、Lock 7で。Broadway Marketがオープンする土曜日だったので、店内は混んでいた。2008年4月にオープンしたLock 7は、自転車修理・中古自転車販売もする「サイクル・カフェ(cycle cafe)」。修理を待つ自転車や中古自転車、またオランダ等から輸入した素敵な自転車用品が並ぶ入口を通り過ぎると、温もりのある、使い古された感じの木製の椅子とテーブルがある、ゆったりとしたカフェスペース。天気のいい日は、大きな窓に面した通りやRegent Canal(運河)の眺めが気持ちいい。観光客があまり来ないエリアなので、センスのいい地元住民の憩いの場になっている。
ロンドンの下町のEast End (イーストエンド)、HackneyにあるBroadway Marketは、アーティストやデザイナー、クリエーターや若者に最近人気のエリア。毎週土曜日に開催されるオーガニック食品やビンテージの洋服、手作りの小物等を売るマーケットには、たくさんの人が集まる。歩いて5分もかからない短い通りに、洒落たカフェやレストラン、セレクトショップと、下町らしい食品雑貨店やコインランドリー、East End名物・Pie & Mashの店やフィッシュ&チップス店が混在する。マーケットを抜けて、London Field(ロンドン・フィールド)公園を散歩するのが、私たちのお決まりのルート。土曜日のマーケットや他のカフェ等については、また次の機会に。

Another of our usual lunch places – Lock 7 near Broadway market in Hackney. The cafe was almost full since the Broadway Market opened today on Saturday. Lock 7, opened in April 2008, is a ‘cycle cafe’ where you can repair your bike or buy a second hand bike and accessories imported from Netherlands etc. The back of the bike area is an airy cafe with old school diner style wooden tables and chairs. You can enjoy man-watching on the Regent Canal and the street with large windows. This area is not touristy so the cafe is the meeting and relaxing place for a local people. M got same old Ciabatta sandwich with mozzarella, pesto, and artichokes.

The Broadway Market is located on London’s East End, Hackney, and becoming hip and popular among young creators. On this very short street less than 5 minutes walk, there are rusty-chic cafes, organic delis, restaurants, shops mixing with grocery stores, Pie & Mash and fish & chips shops for Eastenders. The market opens every Saturday, and it is a bit chaotic with lots of visitors and stools selling organic foods, vintage clothes, and handmade accessories etc, on a tiny street. Talking a stroll in the London Field after lunch, through Broadway Market, is our usual route. Will talk about the Saturday market and other cafes later.

Reblog this post [with Zemanta]

Princi Italian Bakery in SOHO

princi1princi21

今日、SOHOのWardour Streetにあるイタリアン・ベーカリーPrinciでランチをした。ミラノに本店があるPrinciは、中華で1、2を争う有名店Hakkasanやミシュランの星を有するYauatcha、カジュアル・アジアンチェーンwagamamaを展開する香港出身アラン・ヤウ(Alan Yau)とのジョイントベンチャー。ヤウの他の店と同じく、Princiもベージュ系でモダンにまとめられている。入り口から奥まで続くカウンターに並べられた高品質のケーキ、ピザ、イタリアン・デリ等は圧巻!ロンドンの中心、SOHOにあるからか、いつも一杯で、お昼時等は席を探すのも大変。故郷の味を求めて来るイタリア人も多い。ただ、レジがもたついて待たされたのが残念。ランチ時など忙しい時間は避けた方がいいかも。

Today we had lunch at an Italian bakery, Princi, on Wardour Street, in SOHO. Princi HQ is in Milan, and the London shop is a joint venture with the restaurateur Alan Yau from Hong Kong , who opened the London’s top Chinese restaurant Hakkasan, the popular Japanese chain wagamama, and Yauatcha with a Michelin star. Princi, decorated with beige smooth limestone, is modern as Yau’s other restaurants. The long glass counter, starting from entrance to all the way at the end of the store, is stuning with full of pastries, cakes, quishes, breads, pizzas, and Italian deli foods. Located in the center of London, Princi is always crowded and sometimes it is hard to find a table on busy times. You als see lots of Italians who miss their food. The only disappointment was that we had to wait a while at the cashier. It may be better to avoid the busy time.

Reblog this post [with Zemanta]

Mask II by Ron Mueck @ British Museum

britishmuseum1mask1

今日、近くまで行く用事があったので、大英博物館にお茶をしに行った。ノーマン・フォスターという建築家が設計し、2000年12月に完成した、屋根付きの中庭「グレート・コート」にあるカフェは、広々としていて気持ちがいい。木、金曜日は、午後8時半まで開館しているので、お茶の後、少々館内を見学。あまりに広いので数部屋だけ見ただけだが、大英帝国時代に世界中から集めたコレクションに圧倒される。エジプトコレクション等は有名だが、タダ同然か戦利品として持ってきたものも多いだろう。パルテノン神殿の彫刻を巡って、ギリシャとの確執は有名だが、博物館側はギリシャに返還すれば、他の国からの返還要求も殺到すると恐れて、首を縦に振らないらしい。私自身は、その国の遺跡や美術品はその国にあるべきだと思う。でも、世界中の偉大なコレクションが一同に見れる大英博物館の存在意義もわかなくはないので、難しいところですね。

大英博物館は古いものだけでなく、現代美術も展示されている。現在、5人の現代彫刻家の作品を紹介するStatuephiliaを開催中。写真は、オーストラリア人彫刻家ロン・ミュエクによる、毛穴まで再現した超リアルな作品「MaskII」。

Today, we went to a cafe in the British Museum. The cafe in the Great Court, designed by architect Norman Foster and completed in December 2000, is very airy and relaxing. The museum opens till 8:30pm on Thursday and Friday, so we strolled around the museum after having an apple cake and cappuccino. We just saw few rooms, since it’s huge, and were overwhelmed by the vast collection from all over the world. Many of the artifacts might be brought back to UK as a trophy from their former colonies (?). The dispute with Greece about sculptures from the Pantheon is widely known, but one of the reason why the British Museum don’t agree to return is probably they are scared of the similar request from other countries. I believe that the artifacts should belong to where it came from, but at the same time I understand the meaning of the museum where we can see the great artifacts from all over the world in one place – it is a very difficult issue and need to be debated.

The British Museum exhibits not only old things but also modern arts as well. Currently  they host the exhibition Statuephilia, introducing the work of 5 contemporary sculptors. The picture above is ‘Mask II’ by Australian artist Ron Mueck – ultra realistic work that you can even see pores and tiny wrinkles.

Reblog this post [with Zemanta]

Newspaper Ad for Mortgage Payment Advice by Directgov

directgov1

最近の信用収縮(英語はCredit Crunch)の影響で、イギリスでも住宅ローン(mortgage)の返済に苦しんでいる人が増えている。近年の好景気で不動産ブームが起こり、1995年から年間10%から11%と、過去にないペースで不動産価格が上昇した。イギリスでは地震が滅多になく、古い家や建物が人気があり、改装も当たり前。日本のように新築物件のほうが良いという感覚はない。小さい物件から始まって、値上がりしたら売り、その売却益を元により大きな住宅を買うというプロセスを繰り返す人(Property Ladder:不動産市場のはしごを上がって行くというイメージ)も多い。たくさんの人がブームに便乗し、ローンを組んで住宅を購入したが、何らかの事情によりローン支払いが出来ない人が増え、また2007年から不動産市場が悪化したため、家を売ってローン支払いに充てることも出来ず、差し押さえ物件も急増している。そのため、イギリス政府が国民への情報とサービスを提供するために解説したウェブサイトDirectgovでは、住宅ローン支払いに困った人に対するアドバイスを行っている。上記イメージは、1月14日付の新聞広告。シリアスな内容なのに、愛嬌のある犬のデザインが可愛い広告です。

Due to the credit crunch, in the UK more people are struggling to pay back their housing mortgages. The recent economic boom in UK created the ‘housing boom’, and therefore the housing price went up, at the fastest rate, of around 10% annually , since 1995. Earthquakes are rare in the UK, and historic buildings and houses are in high demand and renovation is a common practice, unlike the unpopularity of second-hand houses in Japan. Many people tried to get on the property ladder, and got houses/flats with mortgages during the boom. However, due to the credit crunch and the fall of real estate market, more and more homeowners have difficulty to pay the mortgage, and the repossession of the property is soaring up. The image above is a newspaper ad from the government website Directgov, offering an advice on mortgage payments. The contrast with the serious message and the cute dog design is interesting.

Reblog this post [with Zemanta]