Monthly Archives: January 2009

Burrito @ Tortilla, Southbank Mix

burrito1burrito2

最近、ロンドンでは、メキシコ料理のファーストフード、Burritoブリート)が人気だ。チキン、ビーフ、ライス・豆類、野菜類と、カウンターで好きな具をオーダーして、目の前トルティーヤに包んでくれる、ファーストフードスタイルがの店が多い。ピザ、ハンバーガー、寿司などと同様に、手軽にお腹を満たせるのが、新しい物好きで忙しいロンドンナーに人気の理由か。ブリート大好きMと、ロンドンで試したブリートは、Mucho MasBenito’s HatEl BurritoChilangoTortillaMexicaliWahaca等々。写真はテート・モダン近くの、Southbank MixにあるTortillaのもの。残念ながら、ブリートのメッカのアメリカはニューヨークで6年間を過ごした私たちがうなるほどのブリートはあまりない。トラファルガー広場に近いWahacaは、広々とした、キッチュでカラフルな店内で、お味もまあまあだが、席に座ってウェイターを待つスタイルなのが、私たちにとってはちょっと難点。私のお気に入りは、あまり知られていないが、Goswell Roadにある、Comida MexicanaのGround Beef Burrito。ぱりっとしたトルティーヤにジューシーな牛挽肉とほかほかの黒豆と共に、トマトサルサ、スパイシーソース、サワークリームの3種類のソースが出てくる。ブルガリア人が経営する、イタリアン、メキシカン、サンドイッチ等、なんでもありの不思議なお店で、家の近くなので偶然通りかかって発見した。正直、他のメニューはあまり美味しそうじゃないけれど、このブリートはお薦め。

Recently Mexican fast food Burrito is becoming popular in London.  The most common way here is that you choose what you like (chicken, beef, rice, beans, vegetables etc) at the counter, and they can wrap them in Tortilla in front of you. The reason of its popularity is probably because you can order and eat quickly, like pizza, hamburger and sushi – perfect for busy Londoners who like something new. I tried many burrito with big burrito-fan M at Mucho Mas, Benito’s Hat, El Burrito, Chilango, Tortilla, Mexicali, Wahaca etc. The photos are of the Tortilla at Southbank Mix, next Tate Modern. However, not many burrito woe us, who spent 6 year in New York (M spent almost half of his life in the US), where burrito is one of their national food. We like Wahaca, spacious and colorful restaurant near Trafalger Square, and their decent Mexican food, but you have to sit down and wait for the waiter at the table. My favorite one is a ground beef burrito at Comida Mexicana on Goswell Road- crispy tortilla with juicy ground beef and hot black beans, served with salsa, spicy sauce, and sour cream. We found the place when we were passing by, since it was nearby our flat. The Comida Mexicana is a sort of strange place, owned by Bulgarian, serves all kind of food like Italian, sandwiches, English breakfast etc – to be honest, I wouldn’t order other dishes there, but this burrito is the best for me in London (though M doesn’t agree with me).

Reblog this post [with Zemanta]

Pizza al Taglio @ Malletti Clerkenwell

malletti1malletti2

私たちのお気に入りのピザ屋、Malletti。イギリスでは珍しい、Pizza Al Taglio(大きな長方形型に焼いたピザを、一人分にスライスしたもの)スタイルのピザを提供する(先日書いたPrinciでもPizza Al Taglioが食べられる)。テイクアウトも出来るし、大きな窓に面した1階のカウンターと、地下にあるテーブルでも食べることが出来る。SOHOに続いてオープンしたClerkenwell Roadの第2号店が私たちの行きつけ。ちなみに、Clerkenwell Roadは、昔イタリア系移民が多く住んでいたところで、今もイタリアのカトリック教会がある。

注文してから、またオーブンで温め直してくれるピザは、生地がカリッとしていて絶品(悲しいことに、電子レンジで温めるピザ屋が多い)。私のお気に入りは、ポテトのピザ、Mはスパイシーサラミのピザ。ランチ客で混雑する1〜2時頃を避けて、4時半の閉店少し前に行く。閉店前は空いてるので、フレンドリーなスタッフとおしゃべりしたり、ラッキーな時はおまけが出ることも。写真はMのアーティチョークとほうれん草のピザ。

Malletti Clerkenwell, 174-176 Clerkenwell Rd, EC1R 5DD (020 7713 8665) / Chancery Lane tube or bus 19, 38, 55
Open 11am-4.30pm Mon-Fri.

Our favorite Pizza Al Taglio shop, Malletti. Pizza al Taglio is popular Italian style pizza by the slice, and is uncommon in UK (you can also eat it at Princi). You can take it away, or eat-in at the counter seats on the ground floor –next to large windows — or at the tables downstairs, with no windows. Malletti first opened in SOHO. The second shop on Clerkenwell Road is our regular place. The Clerkenwell used to be the area where a lot of Italian immingrants lived, and there is still an Italian church in the heart of Clerkenwell.

The pizza, warmed up again in the oven (not in the microwave with mushy results) after they get an order, is crunchy, delicious and addictive! My fav is the pizza with potato mash, and M’s favorite is the pizza with spicy salami. We always avoid lunch time (from 1 to 2 pm — it’s crazy) and go just before closing time. It is not busy before closing, so we often chat with friendly staff, and if you are lucky, you can get something extra. In the picture above is M’s Artichoke and spinach pizza.

Reblog this post [with Zemanta]

Albion cafe @ The Boundary Hotel

albion11albion2

Shoreditch(ショーディッチ)地区に、あのテレンス・コンラン卿がてがけたブティック・ホテル、The Boundaryがオープンした。ビクトリア朝時代の倉庫を改造したホテルには、バウハウス、イームズ、コルビジェ等1室ごとにインテリアが違う17の客室の他、伝統的なイギリス料理とフレンチを提供するレストランレストラン、カフェ・デリが入っている。客室と屋上のバー/レストランは4月にオープン予定。
写真は、1階にあるカフェ、Albion。白を基調とした、カントリースタイルをモダンにアレンジした店内では、伝統的なイギリスの軽食やデザート類が楽しめる。朝8時から12時まで、毎日やっているのも嬉しい。ホクストンやBrick Lane(ブリックレーン)、Spitalfields (スピタルフィールド)Marketからも歩ける距離なので、近くに来た際は覗いてみて下さい。

Sir Terence Conran’s new boutique hotel, The Boundary, just opened in Shoreditch, in January 2009. The Boundery, is in a converted Victorian warehouse, and contains a restaurants, serves classic English/French, and an all-day cafe with mini food store. The hotel’s bedrooms, decorated with different design theme inspired by legendary designers or design movements, and a rooftop bar and grill will open in April.

The pictures are of the Albion, a cafe on the 1st floor. The decor of the cafe is a country style based on white, arranged with modern twist. You can enjoy Brits’ favorite food all day from 8am to midnight, 7 days a week! Hoxton, Brick Lane, and Spitalfields Market is within a walking distance.

Reblog this post [with Zemanta]

Borough of Hackney

hackney

私たちのフラット(イギリスではアパートをFlatと呼ぶ)は、ハックニー区(Borough of Hackney)にある。ナイキが、ハックニーのロゴを無断で使用して、区に30万ポンドを支払うことになっニュースは、ご存知の方も多いかもしれない。

ロンドン (Greater London)は、 シティ・オブ・ロンドンcity of London、一般にシティと呼ばれる)と32の特別区で構成される。12特別区とシティはインナー・ロンドン(inner London、中心部)、残り20特別区はアウター・ロンドン(outer London、郊外)と呼ばれる。ハックニーは、インナー・ロンドンの北東にあたる。

ハックニーは、イギリスの最貧困地区の1つであり、犯罪率も高く、これまで評判はあまり良くなかった。しかし、南部が金融地区シティに接しているため、昨今の好景気でシティ勤務者向けの高級アパートやショップ・レストラン等がオープン、ロンドンでも最もトレンディなエリアに変身。若者やクリエーターに人気のホクストン(Hoxton)やショーディッチ(Shoreditch)は、ロンドンのアートシーンの中心で、ギャラリー、ヒップなバーやクラブ、レストランが集まる。 また東部は2012年オリンピック開催地区として再開発が進んでいる。

私の住むフラットは、ハックニーの南西部、ブレア首相が住んだこともあることで有名な、イズリントン(Islington)区境にある。Tubeやバスの駅から遠いので少々不便だが、ラフなエリアとトレンディなエリアが隣り合わせにあるこの地を気に入っている。ただ場所柄、アパートの建設ラッシュで、スペースの割に家賃が高いのが辛いところ。

Out flat (apartment is called ‘flat’ in UK) is located in Borough of Hackney in London. You might hear the news that Nike used Hackney Logo for their clothing range without a permission and paid £300,000 to the borough as a compensation.

The administrative area of Greater London consists of 32 London boroughs. Inner London contains 11 boroughs and the City of London and the City of Westminster, and outer London comprises 20 remaining boroughs. Hackney is located north east of inner London.

Hackney is one of the most deprived area, and is infamous with its high crime rate until recently. With the recent economic boom, the southern part of Hackney, which is adjacent to the City, is transformed to one of the most trendy area in London with upscale flats and shops/restaurants for the City workers. Hoxton and Shoreditch in the south-west, is a center of London art scene, and hip bars and clubs in the area attract a lot of young crowds and creators on the weekend. In the east part of Hackney is in the area of the 2012 London Olympic, and large scale re-development projects are ongoing.

We live in the area next to borough of Islington, where former prime minister Blair used to live. It is a bit far from tube stations, but we enjoy the atomosphere of the area where rough areas and trendy areas sit next with each other. The problem is that this area is booming with new apartment complexes, and the rent is expensive with its space…

Reblog this post [with Zemanta]

The Great British Food Fight @ Channel 4

greatbritishfoodfight

今日、Channel 4The Great Brisith Food Fightという番組が始まった。2週間にわたって、イギリスのセレブリティ・シェフ4人が、イギリスの食を改善するために戦う。初回の「Big Chef Takes On Little Chef」は今日から水曜日まで3日連続で放送。最も若くしてミシュランの三つ星を獲得したシェフの一人で、The Fat Duck(ファットダック)のオーナーシェフ、Heston Blumenthal(ヘストン・ブルーメンタール)が登場(写真の一番右端)、経営困難に陥ったイギリスのチェーンレストラン、Little Chefのメニューを改善するというもの。世界に名だたるシェフが、イギリス庶民のファミレスの新メニュー作りに奮闘する姿は見甲斐がある。あいにく今日は、彼の創造性は空回りで終わってしまったが。。。21日、22日の続編に期待。

26日は、ライター/TVキャスター/食の活動家である、Hugh Fearnley-Whittingstall(青服真ん中の眼鏡の人)が、イギリス最大のスーパー・Tesco(テスコ)に、「鶏の権利」の尊重を求める「Chicken, Hugh and Tesco Too」。29日は、日本でも人気ジェイミー・オリヴァー(Jamie Oliver)が、イギリスにおいて、豚がどう生き、どうやって死んで豚肉、ハム、ベーコンとなって食卓に並ぶか、そしてどうイギリスの養豚業者をサポートするかを問う「Jamie Saves Our Bacon」。スコットランド出身で、テレビでも大活躍のミシュラン星シェフ、ゴードン・ラムゼイ(Gordon Ramsay)が、イギリスのレストランオーナーに、信用収縮(Credit Crunch)を乗り切るアドバイスを与える「Ramsay’s Great British Nightmare」が放送予定。

正直に言うと、ヘストン・ブルーメンタールを除いた3人は、テレビにしょっちゅう登場するので、かなり食傷気味。

Today Channel 4‘s program — The Great Brisith Food Fight — started. In this program, 4 British celebrity chefs tackle the real issues related to food in Britain. From today, til the 21st, Michelin-starred chef and owner of ‘The Fat Duck‘, Heston Blumenthal tries to restore the fortunes of troubled Britain’s chain restaurants Little Chef. In this episode, his culinary creativity didn’t bear fruit to break the barrier, but it was fun to see a great chef struggling with the limitation of fast food restaurant — such as cost and time. Will see what will happen in the next 2 episodes.

On 26th January, Hugh Fearnley-Whittingstall tries to persuade the biggest supermarket chain Tesco to join his chicken revolution, in the ‘Chicken, Hugh and Tesco Too’. On 29th, ‘The Naked Chef Jamie Oliver discovers the truth about how pigs live and die to put pork, ham, and bacon, and what we can do to support British pig farmers, on ‘Jamie Saves Our Bacon‘. On 30th, in ‘Ramsay’s Great British Nightmare‘, footballer-turned-Michelin star chef Gordon Ramsay gives an advice to British restauranteurs on how to beat credit crunch and grow their business, with his infamous ‘f’ word.

To be honest, except Heston Blumenthal, I saw so many programs with other 3 chefs, and am a bit fed up with them…

Reblog this post [with Zemanta]