Monthly Archives: February 2009

Cha Cha Moon: Chinese Noodle Bar

Cha Cha Moon entranceCha Cha Moon
Cha Cha Moon(チャチャムーン)は、カーナビー・ストリートに隣接したGanton Stに、昨年5月にオープンしたチャイニーズ・ヌードルバー。以前ブログで取り上げた、Princiをプロデュースしたアラン・ヤウの、カジュアル版チャイニーズレストランだ。レストラン批評家(The Times/The Guardian/The Independent)の評価は、あまり芳しくないけれど、場所柄、若者を中心に大にぎわいだ。お値段はリーズナブル、味もなかなか。暖かい日には、中庭のテーブルで食事も出来る。玄関はナイトクラブを連想させるが、他のアラン・ヤウのレストランと同じく、席をシェアする形式の長い木のテーブルに暖色のライトが特徴のインテリアは、モダンだがアットホームな感じだ。ただ予約を受け付けず、また夕食時に行くと長時間並んで待たなければいけない。席に着いても何となく急かされる感じでゆっくり食事できないので、週末・混んでいる時間帯は避けたほうがいい。私たちは映画の後など、遅目の時間に手早く食事した時に行く。近年、新しいモダンなスタイルのチャイニーズ・レストランが増えてきて、従来のステレオタイプの中華料理店のイメージを覆しつつあるのは、嬉しい傾向だ。

Cha Cha Moon is a Chinese noodle bar, opened last May on Ganton street adjucent to Carnaby Street. This casual Chinese is another creation by Alan Yau (a co-producer of Princi). Although the scores by the restaurant critiques (The Times/The Guardian/The Independent) are not very good, but it is always busy with mainly young crowds. The price is reasonable, and the food is not bad. As other restaurans of Alan Yau, the interior is modern but easy, with long wooden communal tables and bamboo ceilings, although from the outside it looks like a night club. On warmer days, you can eat at the outside tables on the courtyard. I like its see-through kitchen because it gives us a sense of what is going on behind the door. The bad thing is that they don’t accept reservation, and you will be on the line for quite a long time during the busy time. Even you get the seats, you always feel rushed and feel claustrophobic by sitting close with each other. Therefore we go there at later time (after 9pm) for quick fix. If you want to enjoy the eating experience, avoid weekend+busy time. In the last few years, new modern style Chinese restaurants are opening, and the trend gives a fresh perspective from the old ugly stereotypical Chinese restaurants.

Reblog this post [with Zemanta]

Deutsche Börse Photography Prize 2009 @ The Photographers’ Gallery

The Photographers' GalleryThe Photograpyers' Gallery

The Photographers’ Gallery(フォトグラファーズ・ギャラリー)が主催する、Deutsche Börse Photography Prize 2009展が、2月20日から4月12日まで開催される。フォトグラファーズ・ギャラリーは、初の写真専門のギャラリーとして1971年に設立された。以前は、レスター・スクエア駅のすぐ近くにあったが、2008年12月に、オックスフォード・サーカス駅の近くのRamillies Streetに移転した。中華街近くのごちゃごちゃしたロケーションで、1軒おいて2ヶ所に分かれた、以前のギャラリーに比べ、オックスフォード・ストリートの喧噪の裏の静かな通りにある新ギャラリーは、ゆったりしていて気持ちいい。

Deutsche Börse Photography Prizeは、昨年ヨーロッパ写真界に貢献した写真家に贈られる国際写真賞で、今年で13年目となる。今年の候補は、Paul Graham(ポール・グレアム)、Emily Jacir(エミリー・ジャシール)、Tod Papageorge(トッド・パパジョージ)、Taryn Simon(タリン・サイモン)の4人。パレスチナ人で、1972年ローマで暗殺されたパレスチナ人知識人・Wael ZuaiterをドキュメントしたEmily Jacirの他は、アメリカを主題とした作品だ。イギリス人Paul Grahamは、現代アメリカの日常生活をポートレートし、Tod Papageorgeは1969〜91年の間に、マンハッタンのセントラルパークでの情景を白黒で撮影。Taryn Simonは、原子力廃棄物処理場や処女膜再生手術等、普段は目にしない「隠れた」ものをドキュメントしている。Taryn Simonの作品は、見た事がないものを主題としているため、インパクトが強かったし、また写真中の人々の息づかいを感じられる、Tod Papageorgeの作品も良かった。結果は3月25日に発表される。

Deutsche Börse Photography Prize 2009, organized by The Photographers’ Gallery, will start from February 20 to April 12. The Photographers’ Gallery, founded in 1971,was the first independent gallery in Britain that was devoted to photography. The gallery moved to Ramillies Street, near Oxford Circus, from original Great Newport Street near Leicester Square, in December 2008. In compared to the old one on  a busy street and divided in 2 locations (a restaurant or bar in between), the new gallery situated on the quiet street on the back of chaotic Oxford street, is cozy and pleasant.

Deutsche Börse Photography Prize, now in its 13th year, is an international phogography award, which rewards a living photographer who has made the significant contribution to photography in Europe over the past year. This year’s candidates are Paul Graham, Emily Jacir, Tod Papageorge, and Taryn Simon. Other than Emily Jacir’s work which documents the assassination of the Palestinian intellectual, Wael Zuaiter, subjects of other three photographers are about America. British Paul Graham’s works are photographic short stories of life in contemporary America. Tod Papagoerge’s black & white photographs of Central Park in Manhattan, are amusing made me feel the breath and the movements of the people in the photos. Taryn Simon shows us the ‘hidden and inaccessible’ subjects in the United States, such as nuclear waste encapsulation and storage facility and hymenoplasty cosmetic surgery – some were chilling and some were beautiful.  We’ll see who wins, on March 25.

Reblog this post [with Zemanta]

Mark Wallinger curates The Russian Linesman @ The Hayward Gallery

The Russian Linesman 1The Russian Linesman

ここのところアートネタ続きだが、2007年のターナー賞受賞者で、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBA)の一人である、Mark Wallingerマーク・ウォリンジャー)が手配・監督をした展覧会、「The Russian Linesman」を、サウスバンクヘイワード・ギャラリーに見に行った。ヘイワード・ギャラリーの属するサウスバンク・センターは、ロイヤル・フェスティバル・ホール、クイーン・エリザベス・ホール、ヘイワード・ギャラリーの3施設で構成。先日ブログで書いたバービカンと同じくブルータリズム様式で建てられた、ヨーロッパ最大規模の芸術施設だ。ヘイワード・ギャラリーは1968年創設。常設の展示はなく、年3〜4回、ビジュアル・アート、近年は特にコンテンポラリー・アートに焦点を当てた企画展が開催される。

タイトルの「The Russian Linesman」は、サッカーファンなら誰でも知っている1966年サッカーワールドカップの決勝(イングランド対西ドイツ戦)のエピソードからきている。この試合で、ソ連の線審が、イングランドのストライカー・Geoff Hurstの放ったゴールを有効にし、それがイングランドの勝利にもつながった。このゴールはクロスバーに当たって跳ね返り、その際ボールがゴールラインを超えたかが議論の的になったのだが、このロシア人の線審は、試合後、なぜゴールを有効にしたかを問われた際、「スターリングラード」と答えた。これは、第二次世界大戦有数の激戦となった、スターリングラード攻防戦(独ソ線)を指す。ソ連人(正確にはアゼルバイジャン人。多数のアゼルバイジャン人がソビエト軍に従軍し死亡した)線審は、ドイツ人の恨みから、イングランドに有利な判断を下したようだ。

主旨は、 「exploring notions of the liminal: thresholds between physical, political or metaphysical realms」(物理的、政治的、形而上学的の領域の境界、「閾値」の概念を探求)という難解なものだが、写真、ビデオ、彫刻、絵画等、いろんなジャンルの作品を集めたこのエキシビジョンは、通常と違った見方を提供してくれる面白い試みだ。上の写真は、Thomas Demandの「Poll」という作品で、2000年のアメリカ大統領選(ブッシュvsゴア)で、ゴアが僅差で破れたフロリダの事務所を、紙で再現したもの。精巧に作られているがうつろさが漂う。フランス人のPhilippe Petitが、1974年に、ニューヨークのツインタワー2棟にワイヤーを渡して綱渡りする映像。イタリア未来派の作家・Renato Giuseppe Bertelliの、どの角度から見ても同じ、だまし絵のようなムッソリーニの頭像。東ドイツ時代のベルリンの映像をリメイクし、過去と現在の映像を並列した、Amie Siegelの「Berlin Remake」等々が印象的だった。

マーク・ウォリンジャーは最近、ケント州のエブスフリート(Ebbsfleet)駅に建築予定のランドマークのコンペティションに勝ち、高さ50mという、自由の女神より大きい、巨大な白馬の彫刻を作る事になった。出来上がりがとても楽しみだ。

We went to see a ‘The Russian Linesman‘, curated by 2007 Turner Prize winner and one of the YBAs (Young British Artist), Mark Wallinger, at the Hayward Gallery at Southbank. The Southbank Centre, the Hayward Gallery, Royal Festival Hall, and Queen Elizabeth Hall, is one of the biggest arts complex in Europe, and recognizable for its brutalism architecture, like the Barbican Centre which I wrote the other day. The Hayward Gallery was founded in 1968; it does not house any permanent collections and hosts three or four major temporary exhibitions each year, focusing visual art from all periods, but mainly contemporary art in recent year.

The title ‘The Russian Linesman’ comes from the Soviet linesman who ruled that England striker Geoff Hurst had scored a goal in the final of the 1966 World Cup, in which England beat West Germany 4-2. After this controversial decision, the ball hit the cross bar and bounced down over the line, the linesman was asked why he made the decision and replied ‘Stalingrad’, refer to the Battle of Stalingrad. He was from Azerbaijan, but a thousands of Azerbaijani recruited into the Red Army, died in the war.

The concept of the exhibition, ‘exploring notions of the liminal: thresholds between physical, political or metaphysical realms’ is a bit too complicated for me, but the exhibition itself, collecting works from  all kind of genres such as photography, video installation, sculpture, painting, gave us a different perspectives in art and subjects. The top photo is the work of Thomas Demand ‘poll,’ recreates the office in Florida out of paper and cardboard, a battle ground for the controversial US presidential election 2007 (Bush vs Gore), gives an impression of emptiness. The video footage of French high wire artist, Philippe Petit crossing between the twin towers in New York, in 1974. Italian Futurism artist, Renato Giuseppe Bertelli’s Testa di Mussolini (head of Mussolini), a profile of Mussolini from every angle with its circular shape. Amie Siegel’s ‘Berlin remake’, juxtaposes footage from East German state films and her own remakes….It was pretty enjoyable exhibition after all.

Last week, Mark Wallinger won the competition for the new Ebbsfleet Landmark in Kent, with his idea of 50m high giant white house, which is bigger than the statue of Liberty! Can’t wait to go and see it.

Reblog this post [with Zemanta]

Van Dyck and Britain @ Tate Britain

Van Dyck exhibition poster

テート・ブリテンTate Britain)の新しいエキシビション、「Van Dyck and Britain」展を見に行った。昨年のベルギー旅行の際、ブリュッセルやアントワープの美術館で観たフランドル派の肖像画に感銘を受けて、期待して観にいったのだが、この展覧会は、ヴァン・ダイクがイギリス絵画に及ぼした影響に焦点を当てたもので、ヴァン・ダイク以外のイギリス人画家の作品も多く、少し物足りなさを感じた。興味深い事に、フランドル絵画特有のダークな色調が、イギリスではもう少し明るいトーンになっていること。さらにイタリアに行くと、もっと太陽の光を感じさせる、暖かみのある色調になる。所変われば品変わるとは言い得たものだ。

テート・ギャラリーは国立の美術館で、ロンドンにある2館以外に、リバプールとセント・アイヴスにもある。テート・ブリテンは、1897年にミルバンク監獄の跡地に建設された。20世紀末までは「テート・ギャラリー」という名のイギリス美術及び世界の近代・現代美術の美術館だったが、近現代美術専用の分館テート・モダンが2000年に開館した後、イギリス美術専門の美術館として、大改修の上2001年に「テート・ブリテン」として再オープンした。

We went to see a new exhibition of Tate Britain, ‘Van Dyck and Britain‘. We had a certain expectation to the exhibition – we were pretty impressed by the Flemish painting in the museums in Brussels and Antwerp during the last year’s trip to Belgium. However, this exhibition highlights the influence of Van Dyck on English paintings, and includes other painter’s works as well. Interestingly, the tone of color changes from darker in Flanders, to lighter in England. If you go to Italy, the tone changes even brighter in which you can feel more warmth of the sun.

Tate is a national museum of British and Modern Art, and has 4 gallery – 2 in London (Tate Britain and Tate Modern), 1 in Liverpool and St. Ives. Tate Britain, built on the site of former Millbank prison, originally opened in 1897 as the National Gallery of British Art, but became commonly known as the ‘Tate Gallery’. The gallery housed and displayed both British and Modern collections, but since Tate Modern opened in 2000 as modern art museum, Tate Britain was renovated and reopened in 2001 to display of historical and contemporary British art.

Reblog this post [with Zemanta]

Vicky Christina Barcelona @ Barbican Centre

Barbican brochure February 2009

バービカン・センター(バービカン)で、ウディ・アレン監督の新作「それでも恋するバルセロナ(Vicky Christina Barcelona)」を見た(なんて恥ずかしいタイトル。。。)。今週末は、ロンドンのフリーペーパー・The Londonpaperとのタイアップで、映画代が£5.00(通常£7.50)に。今日はバレンタインデーだったので、映画館は結構混んでいた。バービカンは、コンサートホール、3つの映画館、2つの劇場、2つのアートギャラリー、図書館、バー・レストランが入る、ヨーロッパ最大の文化施設。家から歩いて20分ほどなので、よくお世話になっている(特に映画)。金融街シティの北側にあるバービカン(ラテン語で砦の意味)は、1950~70年代にかけて流行した「ブルータリズム」という、コンクリートを多用した近代建築群としても知られる。

「Vicky Christina Barcelona」(日本語題名が気に食わないので英語名で呼びます)は、ニューヨークからヨーロッパに映画撮影の場を移したウディ・アレンが、久々に本領を発揮したロマンティック・コメディで、第66回ゴールデングローブ賞作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞した作品。夏のバルセロナを舞台に、ハビエル・バルデム演ずる、ラテン系女たらしの画家と、違った個性を持つ3人の魅力的な女性(自由奔放でキュートなスカーレット・ヨハンソン、現実的なレベッカ・ホール、情熱的なペネロペ・クルス)との関係を、持ち前のユーモアを交えてうまく描いている。ロンドンで製作した3作は、今イチ評判が良くなかったけれど、ウディ・アレンは、人間関係を描かせたら、本当に一流だ。私はニューヨークに6年住んでいたので、ニューヨークが舞台のアレンの映画にはとても親近感を感じる。ニューヨークが舞台の次作にも期待したい。

We saw a Woody Allen’s new movie ‘Vicky Christina Barcelona’ at the Barbican Centre (Barbican). We could get the tickets for £5.00@ (normally £7.50) , with The Londonpaper promotional offer. Today is a Valentine’s day and cinema was pretty busy. Barbican Centre is the largest performing arts centre in Europe, containing 1 concert hall, 3 cinemas, 2 theaters, 2 art galleries, library, and bars and restaurants. We go there often, especially to see a movie, as it is only 20 min walks to get there. Barbican, located on the north of the  financial district the City, is also know for its Brutalist architecture using a lot of concrete, which was popular in 50’s to 70’s.

Vicky Cristina Barcelona, a fourth movie of Woody Allen shot in Europe, is 2008 Golden Globe Award-winning/Academy Award-nominated film. The movie wittily portrays the complicated relationship among one man and three different type of women – a Latin-lover artist (Javier Bardem), his passionate yet unstable ex-wife (Penélope Cruz), and two young American women spending a summer in Barcelona, free spirited Christina (Scarlett Johansson) and down-to-earth Vicky (Rebecca Hall). Previous three movies filmed in London were not well reputed, but this movie was really the result of Allen’s excellent observation in relationships. We used to live in New York, so I feel a lot of sympathy to his movies shot in New York. I can’t wait to see Allen’s upcoming movie this year, ‘Whatever Works‘ with ‘Curb Your Enthusiasm‘ star Larry David, which was shot again in New York.

Reblog this post [with Zemanta]