Monthly Archives: March 2009

‘Open London’ – toilets for everyone!

 

source: thelondonpaper.com

source: thelondonpaper.com

public toilte

昨日3月18日、ボリス・ジョンソン ロンドン市長が、「The Open London Scheme」を発表した。これは、ロンドンにおいて、1999年より公衆トイレが40%減少したことを受けて、市長の公約である「ロンドンの生活の質の向上」計画の一環。大手チェーンのテスコセインズベリーマークス&スペンサー(以上スーパー)、ジョン・ルイス(デパート)、アメリカ資本のボーダース(書店)がさっそく賛同した。参加各社は、自店の開店時間中、何も買わなくても、トイレを誰にでも開放する。

ロンドンには、日本のように、行きたい!と思った時に、なかなかトイレがない。全ての地下鉄の駅にあるわけではないし(トイレのある駅のリストはここをクリック)。ファーストフード店でも、あるところとないところがあるし(スタバにはあるけれど、サンドイッチチェーンのEat.Pret a Mangerにはないと思う)、あっても基本的にそのお店の客用だし、たいてい一番奥の方にあるので、使うのに後ろめたさを感じる。公衆トイレ(上の写真はコイン式の公衆トイレで、20ペンス入れると20分まで使える)もどこにあるわけではないので、この計画は大歓迎だ。市長も、他の会社もこの計画に参加することを奨励しているので、ロンドンのトイレ事情が改善するかもしれない。詳しいロンドンの公衆トイレ情報はこのサイトをご参照ください。

ちなみに私のロンドン中心のお薦めのトイレは、ソーホーにあるPrinciとリージェント・ストリートのアップル・ストア。特にPrinciのトイレはスタイリッシュで、ハンドソープも高品質のものを使っているし、中の香りも良い。2店とも、トイレがある事を知らない人が多いので混んでないし、店内はいつも込み合っているので、トイレに行く時も目立たない。

Yesterday on March 18th, the London mayor Boris Johnson announcedThe Open London Scheme‘. There has been a 40 per cent decline in public toilets in London since 1999. The mayor made a manifesto commitment to increase the quality of life in London, and The Open London scheme is a part of it.  Giant chains Tesco, Sainsbury’sMarks and Spencer (supermarkets), John Lewis (department store), Borders (American book store)  have become the first companies to sign up, and allow the public to use their facilities during opening hours without the need to make a purchase.

In London, I can’t find a toilet easily. Not all tube station have a toilet (click here to see the map of stations with toilet), and also not all fast food chains have a toilet available — Starbucks has one, but sandwich chain Eat. and Pret a Manger don’t. Even though the store has a customer toilet, it is for their customers only and I feel always bad to use it without purchase. There are not many public toilets (like in the photo below — put 20 pence and you can use up to 20 minutes), so I really supports the scheme! I hope the situation of the toilets in London will improve with this scheme, as the mayor has encouraged more companies to join the scheme. 

One of my favorite toilets in central London are at Princi in SOHO and at the Apple Store in Regent street. Especially Princi has a beautiful bathroom with good quality hand soap and smell of incense.  In both stores, usually there is no waiting because not many people know that there is a toilet, and you don’t feel embarrassed to go as the stores are always crowded.

Reblog this post [with Zemanta]

Fernandez & Wells Cafe @ SOHO

Fernandez & WellsFernandez & Wells

ここ数日で、ロンドンはずいぶん春めいてきた。気温は15度程度まで上がり、どんよりした日の多いロンドンにしては、珍しくお天気もよい。SOHOにある、Fernandez & Wells(フェルナンデス&ウェルズ)は、そんな日にぴったりの気持ちのいいカフェ。Fernandez & Wellsには、Food & Wine BarとCoffee Barの2店あり、角を曲がってすぐの近所同士(写真はCoffee Bar)。どちらも小さく、いつも賑わっていて、席を確保するのが一苦労だ。座ってゆっくりするなら、Coffee Barの方へ。スペイン産のチョリソイベリコ豚のハム、イタリア産生ハム(Prosciutto/プロシュット)等、ヨーロッパ各地から厳選して集められたハムやチーズ等を使ったサンドイッチは、病み付きになる味。使用しているパンも、外はぱりっと、中はしっとりしていて、美味しい。ロンドンの有名店、Monmouth Coffee Companyから仕入れているコーヒーも絶品で、2007年にはロンドンの情報誌Time OutのEating & Drinking Awards(飲食店賞)、「ベスト・コーヒー・バー」に選ばれている。リージェント・ストリートやオックスフォード・ストリート、カーナビー・ストリートから近いので、ウェスト・エンドでのショッピングの合間のランチや休憩にぴったりの場所です。

This week it is getting warmer (today it was up to 15ºc and it seems that the spring finally has come! It’s been sort of sunny (not like clear blue sky as in Spain, though), which is rare in London. Fernandez & Wells cafe in SOHO is a pleasant and perfect place for the nice day. Fernandez & Wells has 2 cafes nearby, Food & Wine Bar and Coffee Bar, just few steps around the corner (photo above is the Coffee Bar). Both places are very small and hard to get a seat, but if you want to sit and relax, the Coffee Bar is better. You will get addicted to their sandwich with selected cured ham and cheese from Europe, such as Iberico ham and chorizo from Spain or Italian Parma ham (prosciutto). The bread is crusty outside and chewy inside, and very good as well. Their coffee, supplied by the famous Monmouth Coffee Company, is superb. Fernandez & Wells won the ‘Best Coffee Bar‘ category at the Time Out Eating & Drinking Awards in 2007. It’s a perfect place for lunch or coffee during your shopping, as it’s very close to Regent street, Oxford street, and Carnaby Street.

Reblog this post [with Zemanta]

TomTom GO 730: portable GPS car navigation system

TomTom GO 730Halfords

今日、来週のコッツウォルズ旅行のために買った、ポータブル・カーナビTomTom GO 730が届いた。地図を読むのは得意な方だが、時に迷ってMと大げんかしたことが多々あるので、それを教訓に、今回の旅行前に買う事にした。オランダに本社を置くTom Tomは、ヨーロッパにおけるカーナビ市場のトップ企業である。イギリスのテクノロジー雑誌T3(オンライン)の評価を元に、評価が高く、コンパクトで音声操作のできるTomTomに決めた。そしてネットで値段・特典を比較、イギリスの車部品・アクセサリー、自転車販売会社の大手、Halfordsのオンラインストアで注文。Halfordsは、TomTomのカーナビに割引コードを使うと£30.00オフ、また2年間無料の地図の更新ができるクーポン+無料のケース付き(手違いでケースは今日届かなかったけれど)とお買い得だった。時間はかかるけれど、ネットで根気よく調べると、色々割引や特典が見つかるものですね。

We got a brand-new TomTom GO 730 Sat Nav for our trip to Cottswalds next week. Tom Tom is a Dutch manufacturer of automotive navigation systems and is the leading manufacturer of navigation systems in Europe. Although I believe that I am good at reading a map, but I got a lesson from previous trips, since we sometimes got  lost with the directions and thereforewe made lots of fights, so we decided to buy a sat nav. We also checked T3 (UK-based technology magazine which specialises in gadgets, gizmos, and other technology) online review, and chose Tom Tom, because of its ‘voice address input’ features and its compact size, and overall high reviews. Then we checked the price comparison sites, and bought it from Halfords online shop, a British leading retailer of car parts, car enhancements and bicycles. Halfords had a promotional code for TomTom sat nav for £30.00 off, and came with 2 years free map update service + free case (though it didn’t come today with the same delivery by their mistake). Although it is back-breaking and time consuming, the internet is great to look for information and discounts!

Reblog this post [with Zemanta]

Le Péché Mignon @ Holloway Road, Islington

Le Péché MignonLe Péché Mignon

Tube(ロンドン地下鉄の愛称)の、Highbury & Islington駅とHolloway Road駅の中間ぐらい、Holloway Roadから少し入ったところにある、小さなフレンチ・カフェ/デリ、Le Péché Mignon(ル・ペシェ・ミニヨン:日本語で「良い罪」)。上品な家々に囲まれた閑静なHighbury Fields公園が近くにあるが、Arsenal Stadium(サッカーチーム・アーセナルの本拠地)も程近く、メインストリートのHolloway Roadは、スターバックスもない、ちょっと粗野な感じの大通り。そんななか、おいしい軽食とコーヒーを提供するLe Péché Mignonは、地域住民の憩いの場となっている。近くに建築系の学校や大学(London Metropolitan University)があり、日本人の若者もよく見かける。冷蔵庫や棚に並べられた食品は厳選されており、木製の可愛いバスケット(写真上)に入れて出される、クロック・ムッシューやバゲット・サンドイッチ、トーストされたサンドイッチ等の軽食の他、さくさくのクロワッサンやデニッシュ、ケーキ等、何を食べてもだいたい美味しい。コーヒーも、エスプレッソに一家言あるMの基準をパスしている。カフェは1つのテーブルを他の人とシェアする形式で、ゆったりしているとは言いがたいが、ル・ペシェ・ミニヨンはそれにも耐える価値がある。もう少し暖かくなって、中庭も解放され、この「渋滞」が少し緩和されるのが待ち遠しい。

Small French cafe/deli, Le Péché Mignon (‘the nice sin’ in English) is situated in between Highbury & Islington and Holloway Road tube (nickname for London Underground) station, just a block away from Holloway Road. The area is close to the Arsenal Stadium and there is a nice park Highbury Fields surrounded by beautiful houses, but the main street, Holloway Road, is chaotic and a bit rough (you don’t even see any Starbacks around). Le Péché Mignon is a kind of oasis for the residents who are desperate for decent food and good coffee. There is also a architecture school and London Metropolitan University near by、 and you see many students as well. They have Croque Monsieur, baguette sandwich, toasted sandwiches, croissant, and cakes etc., served in a cute petite basket (photo above), and normally you don’t get disappointed with any of them, as well as selected foods in the fridge and on the shelves. Their coffee also passed the espresso junkie M’s test and is very good. The cafe area has only one communal table and you share with other people, which is not spacious and sometimes is crowded. I can’t wait this congestion will be eased, when it gets warmer and their courtyard will be available for customers!

Enhanced by Zemanta

Red Nose Day 2009: Do Something Funny for Money

Vodpod videos no longer available.

more about “BBC – Red Nose Day 2009 – Videos“, posted with vodpodRND Stella McCartney

今日3月13日はComic Relief(コミック・リリーフ)主催のRed Nose Day(レッド・ノーズ・デー/赤鼻の日)。BBCでは、夜7時から深夜3時まで、特別番組が放映されている。コミック・リリーフは、エチオピアの飢饉をきっかけに、コメディ・ライターのRichard Curtis(リチャード・カーティス)1985年に設立。世界の貧困撲滅を目指すレッド・ノーズ・デーは、コミック・リリーフの主な寄付金集めのイベントで、隔年春に開催される。今年は「Do Something Funny for Money(募金のために、何か面白い事をしよう)」のスローガンのもとに、BBCの特別番組で寄付を募るほか、協賛会社Sainsbury’sTK Maxx等)によるグッズ販売、学校やオフィスでの募金集め、チャリティ・イベント開催等、イギリスではお祭り騒ぎの大イベントだ。デービッド・ベッカムを含むイングランド・サッカーチーム、ロビー・ウィリアムズオアシスシエナ・ミラー等、イギリスを代表する歌手や俳優等、多くのセレブが、番組出演やグッズの宣伝などいろんな形で協力している。レッド・ノーズ・デーという名の通り、プラスチックやスポンジ状の赤鼻をつけるのが習わしだ(さすがに赤鼻をつけて歩いてる人は見かけませんが)。

今年のグッズの目玉は、ファッションデザイナーで、ビートルズのポール・マッカートニーの娘、ステラ・マッカートニーがデザインしたチャリティ・Tシャツキーラ・ナイトレイのCMをあちこちで見かける。Tシャツのデザインは4種類。ビートルズ(ポールの前妻、故リンダ・マッカートニー撮影)、マドンナハーブ・リッツ撮影)、イギリスのコメディアン・Morecambe & WiseDavid Bailey撮影)、そして可愛いうさぎ(ポールの娘、ステラの姉で写真家の、メアリー・マッカートニー撮影)で、鼻のところに赤い丸が施されている。あのステラが手がけた、ビートルズ等の大スターのデザインTシャツだけあって、 ウェブストアでは、ほとんど売り切れの人気商品だ。子供用のうさぎのTシャツは、ヤフーオークションに現在出品してます。ご興味があれば、→クリックして、見てみて下さい。

Today, March 13th Friday (not the best day for charity), is the Red Nose Day organized by Comic Relief.  Comic Relief, with a vision of ‘a just world free from poverty’, is a British charity organisation that was founded in 1985 by the comedy scriptwriter Richard Curtis, in response to famine in Ethiopia. Red Nose Day is the main source of raising money for the charity, and is held  in the spring every two year. With this year’s slogan ‘Do something Funny for Money’, the Red Nose Day hosts special TV program on BBC 1 (from 7pm to 3am) for donation, sale of goods with the help of partner companies (Sainsbury’s, TK Maxx etc), fund-raising at schools and offices across the country, and various charity events, and it is big event in UK. As in the name the ‘Red Nose Day’, traditionally people wear the plastic/foam, though I haven’t seen anyone going around with the ‘red nose’.  Many British celebs like Oasis, Robbie Williams, Sienna Miller, England soccer team including David Beckham help the charity with their appearance in the TV, events and commercials.

The top the list of the Red Nose Day goods this year, is charity T-shirts designed by Stella McCartney, a fashion designer and a daughter of former Beatle Sir Paul McCartney. I saw many ad with Keira Knightely on the poster and ad in the media. Produced by TK Maxx, the T-shirts are available in four design — The Beatles (photographed by the wife of Paul, Linda McCartney), Madonna (by a fashion photographer, Herb Ritts), Morecambe & Wise (by British photographer David Bailey), and cute bunny (by Stella’s sister, Mary McCartney), with a red circle on their noses. On the web shop, as you can imagine, most of the T-shirts are already sold out by now.

Reblog this post [with Zemanta]