St. George’s Day, a celebration of the patron saint of England

St. George's Day

今日4月23日は、イングランド(イギリスの、ではない。念のため)の守護聖人、聖ジョージの日(St. George’s Day)。1222年に聖ジョージの命日の4月23日を記念日として制定、15世紀初期頃から18世紀末にイングランドとスコットランドが統合されるまで、クリスマスと並ぶ主要な記念日で祝日だった。昨今は国民の祝日でもないし、その重要性も廃れつつあるらしいが、それでもこの日は、家々やパブなどに、イングランド・サッカーチームやラグビー、クリケットでお馴染みの、白地に赤の十字の聖ジョージの旗(St. George’s Cross Flag)が掲げられる。イングランドの理想である、名誉、勇気、勇敢さ(honour, bravery and gallantry )を象徴する、イングランドの守護聖人とされているが、実は聖ジョージはイギリス人ではないどころか、イングランドに縁もゆかりもないらしい。紀元3世紀を生きた聖ジョージは、トルコのカッパドキアで生まれ、ローマ兵士として活躍したが、敬虔なキリスト教徒でもあり、ローマ帝国皇帝ディオクレティアヌスによるキリスト教迫害に対抗し、拷問の上処刑されたという。このため殉教者としてあがめられ、聖人の一人となった。その死の約1000年後、十字軍の遠征で大陸へ渡ったイングランドの君主リチャード1世が、勇敢な聖者の伝説を収めた本『黄金伝説』の中で、聖ジョージがお姫様をドラゴンから救ったという逸話を気に入り、自らの守護聖人としたのが発端だ。また、聖ジョージは、イングランドだけでなく、アラゴン、カタルーニャ(共にスペイン)、ジョージア(アメリカの州ではなく、ロシアの隣の国)、リトアニア、パレスチナ、ポルトガル、ドイツ、ギリシャ、モスクワ、イスタンブール、ジェノバ、ベニス(聖マークに次ぐ)の守護聖人でもある。イングランドと関係のない聖ジョージの代わりに他の聖人をイングランドの守護聖人にするという話もあるらしいが、English Heritage(歴史的文化財・建築物、景観,考古学的に価値のある遺跡などを保全する,政府内の組織)やボリス・ジョンソンロンドン市長等は、もっと聖ジョージの日を祝おうと奨励している。ちなみに偶然にも、4月23日はシェークスピアの誕生日でもある。聖ジョージの日は歴史的に重要な日なのかもしれないが、先日のイースターと比べ、赤白の旗を時々見かける以外はあまり特別な日とは感じないな。

Today on April 23th is St. George’s Day, a celebration of the patron saint of England (not UK as a whole). April 23rd, the day of St. George’s death, was named as Saint George’s day in 1222. St George’s Day was a major feast and national holiday in England from the early 15th century to the end of the 18th century after the union of England and Scotland. Nowadays it is not a holiday and its importance is fading away, but still some houses and pubs put upSt George’s Cross flag, that you may be familiar with England Football, rugby, and cricket. Saint George is a symbol of  English ideals of honour, bravery and gallantry, but the truth is that he was not English and it was even said that he had never visited England. Saint George was born in Cappadocia, Turkey and lived in 3rd century AD. He became a Roman soldier, but he was a Christian and protested against Roman Empire’s persecution of Christians, and he was tortured and beheaded. Later he became one of a saint.  Around 1000 years after his death, Richard I  visited the Europe with Crusades and happened to like the story of ‘Saint George and the Dragon’ in a book ‘Golden Legend‘, and adoptedaint George as his patron saint. Saint George is also patron saint of Aragon, Catalonia (both Spain), Georgia, Lithuania, Palestine, Portugal, Germany Greece, Moscow, Istanbul, Genoa and Venice (second to Saint Mark). Some say to replace Saint George with other saint for England, but others such as English Heritage and London Mayor Boris Johnson encourage the celebration of St George’s Day. Other than seeing a white with red cross flags here and there, St. George’s Day doesn’t make me feel it is a special day, in compare to Easter the other day.

Reblog this post [with Zemanta]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s