Monthly Archives: September 2009

The Times London Underground Poster / Ad Campaign

The Times Underground Poster

今日、地下鉄の駅で見た、The Times(タイムズ)紙のポスター。Mが愛読しているイギリスの新聞で、写真を効果的に使った広告キャンペーンを行っている。2008年9月、ダウニング街10番地の黒いドアの前で笑顔で手を振っている当時民主党候補だったオバマや水着姿の少年等、写真のみで広告主の名前が入っていないミステリアスなポスターが、70のロンドンの地下鉄の駅に出現。色々な憶測を生んだ。その翌週、同じ写真だが今度は「The Times」の名前入りのポスターが張り出され、その謎が明かされた。という鳴り物入りで始まったこの広告、その後も次々と写真を変えながら続いており、新しい広告を見つけるのが楽しみになっている。最近、読者に現在の社会問題を考えるきっかけを作る、新しい広告キャンペーン”Be part of the times‘の第2段階が始まった。

The photo above is a British newspaper ‘The Times‘ poster I saw at the London Tube station. The Times, M’s favorite paper, has been doing this striking ad campaigns since last year. In September 2008, several variety of mysterious posters with no brand name but only images, such as then Democratic presidential candidate Obama standing in front of number 10 Downing Street and boy in bathing suits, appeared at 70 London underground stations. These posters without any message or explanation stirred speculations among Londoners. Then on the following week, the same images with ‘The Times’ reappeared across the images and the mystery was solved. This ad campaigns are still going on with new images, and it gives me an additional joy to look for a new version of the ads. Recently the Times has launched the second phase of a poster initiative that invites consumers to think again about current issues as it invites them to “Be part of the times‘.

The Times Newspaper AdThe Times Newspaper Ad

イギリスの新聞(全国紙)は、階級社会を反映し、Quality Press(クオリティ・プレス)と呼ばれる、中・上流階級や知的階層向けの高級紙と、Tabloids(タブロイド)と呼ばれる中流階級・労働者階級向けの大衆紙に分かれている。階級人口を反映してか、大衆紙の売上げは高級紙を圧倒的に上回っている。例えば、イギリスの新聞最大発行部数300万部を超えるThe Sun(サン)に比べ、高級紙最高部数を誇るThe Daily Telegraph(デイリー・テレグラフ )でも90万部以下である。硬派の記事が主流の高級紙に比べ、大衆紙はゴシップ・スポーツ・お色気満載で、日本のスポーツ新聞のような感じ。でも、ルパート・マードックがタイムズを買収して以来、読者離れを防ぐため、高級紙も柔らかい記事を載せるようになった。

高級紙は伝統的に大判の新聞紙を使用していたのでBroadsheets(ブロードシート)とも呼ばれるが、近年は利便性を考慮し、タイムズとインディペンデントが小型化。ガーディアンはそれより少し大きなBerliner(ベルリナー)と呼ばれるサイズを採用している。高級紙と呼ばれるのは以下の5紙。政治的スタンスは、下記の順で保守派/右寄り→左寄りとなる。発行部数はテレグラフ>タイムズ>ガーディアン>インディペンデント>ファイナンシャル・タイムズの順。

大衆紙は以下の通り。政治的スタンスは、下記の順で保守派/右寄り→左寄り。発行部数はサン>デイリー・メール>デイリー・ミラー>デイリー・エクスプレスの順。

<中級紙>

  • デイリー・エクスプレス (Daily Express / Sunday Express)
  • デイリー・メール (Daily Mail / Mail on Sunday)

<タブロイド>

少し古いけれど、無料の日本語のイギリス生活情報週刊誌「ニュースダイジェスト」の2006年3月30日付の記事で、イギリスの新聞について詳しく解説されているので、ご興味のある方はこちらのリンクをご参照ください。

Reflecting British class system, UK national newspapers could be split into serious-minded newspapers, usually referred to as quality press or broadsheets, and less serious newspapers, known for their small size as tabloids or the popular press. The readers of quality press are typically middle/upper class and intellectuals, and normally working class readers choose tabloids. The circulation of popular press are much higher than quality press – The Sun, the biggest newspaper in UK, boasts around 3 million circulation in compare to the top quality press The Daily Telegraph with less than 0.9 million readers. In compare to quality press with serious topics, tabloids are full of gossips, sports and half-naked women. However, recently quality press start to catch up with popular press and talk more casual articles, trying to keep their readers.

The quality press are known as broadsheets due to their traditionally large size, but considerations of convenience of reading, The Independent and The Times switched to a compact format, and The Guardian adapted a Berliner format, slightly larger than a compact. These are five quality press in UK. Their political stances are conservative/right → left from the top. The circulations: The Daily Telegraph > The Times > The Guardian > The Independent > Financial Times.

Major popular press are listed below. Their political stances are conservative/right → left from the top. The circulations: The Sun > Daily mail > Daily Mirror > Daily Express.

Middle-Market Newspapers

Tabloid Newspapers

Reblog this post [with Zemanta]

Napket | Snob food @ Regent Street

NapketNapket

Napket(ナプケット)は、キャッチフレーズ「Snob Food(スノッブ・フード)」の通り、高級感を売り物にしたサンドイッチ/カフェ・チェーン。チェルシーキングス・ロードにある第一号店に、オープンしたての頃行ったことがあるんだけれど、うちから遠いのでその存在をすっかり忘れていた。最近、リージェント・ストリートからVigo Streetを少し入ったところにもできたのを、偶然発見。黒を基調とした家具類、アンティーク調の椅子、シャンデリアと少し暗めの店内、書斎風に古い本を並べた本棚(本は単なる飾りで、まっすぐに並ぶように裏側が裁断されている)と、優雅なインテリアが高級エリアのメイフェアにマッチしている。オーダーメードの高級紳士服店が並ぶサヴィル・ロウや、ショッピングエリアのリージェント・ストリートに近いという場所柄、スーツ姿の紳士やショッピングバッグをさげた買い物客が多い。値段は少々高めだけれど、見た目より良心的。イート・インの場合、厳選された材料を使って作られた、美味しくてボリュームあるサンドイッチ、パスタ、サラダ等が6ポンド以下でいただける。入口近くにあるベーカリー・カウンターでは、パンやクロワッサン、マフィン、クッキー等も売られている。ピカデリー・サーカスやリージェント・ストリートあたりには、ちょっと気が利いた手軽なカフェが意外とないので、重宝しそう。

Napket, as its catchphrase “Snob Food”, is a posh cafe/sandwich chain in London. We went to their first cafe on King’s Road in Chelsea just after it was opened, but it is kind of far from us and we haven’t come back since then. We found its Regent branch the other day by chance, on Vigo Street, just off Regent Street. The chic black interior with black wooden tables, antique (style?) chairs and sofas, chandeliers and bookshelves filled with old books (cut on the back to make them all fit & straight – therefore not for reading), matches the upscale Mayfair area where the cafe is located. With its location, the customers at Napket are mainly ‘gentlemen’ in well-tailored suits from nearby Saville Row – famous for its traditional men’s bespoke tailoring – and people with shopping bags from a shoppers’ mecca Regent Street. The price is a bit higher than other cafes, but it’s not as bad as it looks. For eat-in, you can have fairly large sandwiches, pasta and salads made of high quality ingredients for less than £6.00. The bakery counter near the entrance sells bread, croissants, muffins and cookies etc. Surprisingly there are not many cool & casual cafes around Piccadilly Circus and Regent Street – Napket will be great when you want to have a break while shopping.

Napket Sandwiches

Reblog this post [with Zemanta]

Handel Remixed / David Daniels @ Barbican Hall

Handel Remixed / David Daniels @ Barbican

9月19日、バービカン・ホールで催されたコンサート、「Handel Remixed / David Daniels」に行ってきた。クラシック音楽に関しては中学・高校の音楽のクラスの知識並みだけれど、クラシックの中ではバロック音楽が好きなこと、このコンサートの主役のデービッド・ダニエルズがMの好きなオペラ「Theodra」に出ていたこと、現代音楽を交えたちょっと趣向の変わったコンサートだということ、またバービカンは近所だし、ということでチケットを購入した。

このコンサートはヘンデルの没後250周年を記念し、マイケル・ナイマンニコ・マーリージョン・タヴナージョスリン・プーククレイグ・アームストロングの5人の現代音楽作曲家に、ヘンデルの音楽を元に作曲を依頼。ヘンデルのアリアオラトリオの間にこれらの曲を挟む形のコンサートなので、「ヘンデル・リミックス」。Academy of St Martin in the Fields(アカデミー室内管弦楽団)が演奏、デービッド・ダニエルズがソロイストとして舞台に立った。ヘンデルの音楽はもとより、カウンターテナーのダニエルズの声は繊細で透き通っていて、聞いていてとても気持ちがいい。5人の作曲家の曲はヘンデルというよりも映画音楽のようだったりして、正統派の音楽ファンやお偉い批評家の方はあまりお気に召さなかったようだけれど、クラシック初心者の私は充分楽しませていただいた。特に、アンコールのオンブラ・マイ・フは、心に沁み入る素敵な演奏だった。

We went to a concert “Handel Remixed / David Daniels” at Barbican Hall on September 19. My knowledge in classical music is at high school music class level, but we decided to go to this concert because 1) we like baroque among other classical music, 2) it was the concert of the singer David Daniels who performed in the opera ‘Theodra‘ that M likes, 3) this was a unique concert that classical music met contemporary music, and 4) Barbican is only 10 minutes away by bicycle.

The concert was planned to celebrate the 250th anniversary of Handel‘s death by commissioning five composers, Michael Nyman, Nico Muhly, John Tavener, Craig Armstrong and Jocelyn Pook, to write works based upon Handel’s music. These new songs were played in between Handel’s original arias and oratorios, therefore, it was called ‘Handel Remixed’. Countertenor David Daniels and Academy of St Martin in the Fields performed in the concert.Daniels’ sensitive and pure voice was beautiful, and was very relaxing as well. Some songs by the five composers sounded more like movie soundtracks than Handel, and some hardcore Handel fans and the Telegraph and the Guardian critique didn’t seem to be impressed by the concert, but the concert was fantastic for us as a classic music novice and we like the concept of classic music with modern touch. Especially “ombra mai fu” (original version) for the encore was so beautiful and moving.

Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]

Long Goodbye to thelondonpaper

The London Paper: final version

ロンドンのフリーペーパーの1つ、「thelondonpaper」が本日9月18日付配布をもって、廃刊となった。2006年9月4日の創刊から3年。トレードマークの紫色のジャケットと帽子を着用したアルバイトによって、地下鉄駅の周りで月曜から金曜まで無料で配布。7月には、ライバル紙・London Liteをしのぐ、50万部以上の発行部数を誇っていたが、この不況で広告収入が減少。£1290万ポンドの赤字(税引き前)を計上したのを受け、先月、オーナーのNews International社が廃刊を発表していた。ガーディアン紙によると、上海で無料紙を発行するBros magazineより、買収提案があったらしいが、News International社が拒否したそうだ。Brosは、thelondonpaperのスタッフの1部を引き継ぎ、英語メインで、中国語と日本語のセクションを設けた週刊無料紙を企画していたという。

セレブのゴシップ記事が多すぎるのは玉にキズだったけれど、カラーや写真を多用した紙面で、ロンドンの出来事やイベント、ニュース、トレンド等が手軽に読め、またブログのネタ集めにも重宝していたので、廃刊は本当に残念だ。

One of free papers in London, thelondonpaper, will be discontinued after today’s last distribution. Credit crunch hit the paper’ advertising revenue, and its closure was announced last month by News International after it recorded pre-tax losses of £12.9m – 3 years after its launch on 4 September 2006. Thelondonpaper was handed out outside Tube stations from monday to friday by vendors wearing their trademark purple uniform and hat. The paper had a distribution of 500,348 copies in July, about 100,000 more than its rival London Lite. According to the Guardian article, News International refused the offer by Shanghai company Bros magazine, who wanted to run thelondonpaper as weekly with sections in Chinese and Japanese, retaining some staff.

Despite of too much celebrity’s gossips, thelondonpaper offered easy-to-read local news, events, trends and information with lots of images and colour. I find the paper very useful to find the topics for my blog as well, and I will miss it…

The London Paper: final edition

Reblog this post [with Zemanta]

Creation: The True Story of Charles Darwin

チャールズ・ダーウィン生誕200年と「種の起源」出版150年を記念し、今年2009年は英国では記念行事やイベントが盛りだくさんだ。先日、9月25日よりイギリスで公開予定のダーウィンの伝記映画「Creation(クリエイション)」を観る機会があった。監督は「エントラップメント」や「ザ・コア」のジョン・アミエル。実生活でも夫婦である、ポール・ベタニーがダーウィンを、ジェニファー・コネリーが妻エマを演じている。「Creation」は、ダーウィンの曾曾孫にあたるランドル・ケインズの伝記「ダーウィンと家族の絆 長女アニーとその早すぎる死が進化論を生んだ」が原作。イギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィンが、最愛の娘の死、信仰心の厚い妻への愛と自身の科学的信念との間での葛藤を乗り越え、「種の起原」を発表するまでの過程を描いた作品で、今年のトロント映画祭にも出品された。

上映後、何人かの人と話したが賛否両論。Mは何が言いたいか分からなくて嫌いだそうだが、私は、イギリスの美しい田舎を背景に、ダーウィンの家族への愛情や、キリスト教信仰と自分の持論との間で揺れる姿等、家族人としての人間味のあるダーウィンの姿にスポットライトをあて、、子供に語り聞かせるという形でのダーウィンが自然選択説を信じるに至った経験の描写、幻想的な映像等、なかなか悪くはないと思った。娘の幻想に常に悩まされたりといった、少しオカルトがかった演出は少し鼻についたけれども。

This year is the bicentenary of Darwin’s birth and the 150th anniversary of the publication of On the Origin of Species are being celebrated by events and publications. We had a chance to see a film ‘Creation‘ which will be shown on UK cinemas from September 25.  ‘Creation‘ is based on a true story and an adaptation of “Annie’s Box: Charles Darwin, His Daughter and Human Evolution”Randal Keynes‘ best-selling biography of Charles Darwin. It is directed by Jon Amiel and stars married couple Paul Bettany and Jennifer Connelly as Charles Darwin and his wife Emma Darwin. The film had its world premiere on September 10, 2009 at the Toronto International Film Festival. The synopsis of the film is that “a world-renowned scientist, and a dedicated family man struggling to accept his daughter’s death, Darwin is torn between his love for his deeply religious wife and his own growing belief in a world where God has no place. He finds himself caught in a battle between faith and reason, love and truth. This is the extraordinary story of Charles Darwin and how his master-work “On the Origin of Species” came to light.” (quoted from official site)

We talked to some people after the screening and the opinions were mixed. M didn’t like the film at all, but I thought it was not too bad – ‘creation’ spotlights the scientist’ human side and portrays his family life in the beautiful British countryside. The cinematography is mysterious and atmospheric. The episodes of Darwins’ experiences, which lead him to his revolutionary theory, were smartly inserted in the film the means of him telling a story to his children. But the ghost-story like direction, like Darwin was often haunted by his dead daughter, was too much and a bit annoying.

Reblog this post [with Zemanta]