Monthly Archives: November 2009

Agon / Sphinx / Limen @ Royal Opera House

先日、生まれて初めて、ロイヤル・オペラ・ハウスにバレエを観に行った。私は、ダンス自体はは好きで、モダンダンス、フラメンコ、ベリーダンス、インド舞踏等は見に行ったことがあるのだが、これまでバレエにはあんまり食指が動かなかった。どちらかというと、ああいう優雅な踊りよりも、情熱的で躍動的なものの方が好きなのだ。それに男性のあのピチピチのタイツは、贅肉のない美しい肉体のダンサーが身にまとっていたとしても、どうしても好きになれない、ていうか目障りでさえある。それなのにどうしてバレエを見に行ったか?それは、私たちが好きな、デジタルカウンターを使ったインスタレーションで世界的に知られる現代美術家・宮島達男氏が、3演目のうちの1つの舞台美術を担当したからだ。

今回観に行った、ロイヤル・バレエによる「Agon / Sphinx / Limen」は、いずれも30分弱のモダンバレエ演目の3本立て。何しろバレエに関してはド素人。おこがましいのでバレエの批評は控え、簡単な解説を。Agonアゴン)は、イーゴリ・ストラヴィンスキーが、名振付師ジョージ・バランシン率いるニューヨーク・シティ・バレエ団のために作曲、1957年に初演された。Sphinx(スフィンクス)は、オイディプース神話を元にジャン・コクトーによって書かれた「地獄の機械(The Infernal Machine)」にインスピレーションを得た作品。アメリカ人振付師Glen Tetley(グレン・テトリー)が、1977年にアメリカン・バレエ・シアターのために振り付けを担当した。スピンクス(Sphinx)とオイディプース(Oedipus)、そしてエジプトの黄泉の国に死者を導くというジャッカルの頭の持つ神・アヌビス(Anubis)の3者によって繰り広げられる。

そしてお待ちかねの、宮島氏がステージデザインを担当したLimen(ライメン)。Limenは心理学用語で「閾(いき)」、「ある刺激の出現・消失、または二つの同種刺激間の違いが感じられるか感じられないかの境目。また、その境目の刺激の強さ」を意味する。フィンランド人作曲家Kaija Saariaho(カイヤ・サーリアホ)氏が作曲、振り付けは、映画「Harry Potter and the Goblet of Fire(ハリー・ポッターと炎のゴブレット)」も担当したロイヤル・バレエ団の振付師Wayne McGregor(ウェイン・マクレガー)が手がけた。幕開けは、LEDデジタルカウンターを投影した半透明のスクリーンの後ろでダンサーたちが踊るシーン。刻々と変わる数字が動きを変えながらスクリーンに浮き上がる中、ダンサーたちの姿がぼんやりと浮かぶ様は、とても幻想的。そしてスクリーンが上がり、明るくなった舞台の上で、カラフルな衣装に身を包んだダンサーたちが舞い踊る。再び明かりが落とされると、次に違った色の光の帯が暗い舞台に投影される。踊りよりも、ダンサー達の影が光の帯の上に落ちる様に、つい目がいってしまう。最後は、暗闇の中、バックの壁に、青いLEDライトが、違う間隔でついたり消えたりする。だんだん点灯するLEDライトが増えていき、壁が徐々に舞台前に迫って来たところで、フィナーレを迎える。

バレエ自体は、引き締まった体でしなやかに踊る様は優雅だと思ったけれど、はっきり言って印象に残っていない。バレエではなくLimenのステージデザインを目当てに行ったので、最上階の一部が見えない安い席を買ってしまったからかもしれない。そしてやっぱり、遠くからでもピチピチタイツの苦手意識は克服できなかった。宮島氏は舞台デザインは初めてだと言うが、アーティストだけあって、彼の色をうまく生かしたミニマリスト的なアプローチは夢幻的で、光と闇を上手く表現していて、バレエというよりアート・インスタレーションのよう。観に行って良かった!

I went to see a ballet at l Opera House for the first time in my life. I like dance, and have been to modern dance, Flamenco, Belly Dance, Indian dance etc, but I’ve never been really keen to see a ballet – one reason was that I prefer more energetic and exciting movement than elegant ballet, and another reason was that I just can’t stand the tights of male ballet dancers, even on their beautiful toned bodies. The reason why I went to see the ballet is because Japanese visual artist Tatsuo Miyajima designed the stage of one of the program.

What I saw is the Royal Ballet triple bill “Agon / Sphinx / Limen” – all short contemporary ballet programs less than 30 minutes each. I am completely novice in ballet, so I won’t make any comment on the ballet dance itself, but a little explanation of the programs.

One of the 20th century’s leading choreographers, George Balanchine’s Agon is his final collaboration with Igor Stravinsky and the first stage performance was given by the New York City Ballet in 1957. Sphinx was inspired by the French playwright Jean Cocteau‘s 1934 play ‘The Infernal Machine’, a variation of the Oedipus legend, and it was originally choreographed for American Ballet Theatre in 1977 by the American choreographer Glen Tetley. It is a trio for the Sphinx, Oedipus and Anubis, the jackal-headed god who shepherds the dead into the Egyptian underworld.

Then Limen, which was designed by Miyajima and what I was looking for. Limen, a word that relates to ideas of limits and thresholds, is the work by Wayne McGregor , the Company’s Resident Choreographer who also choreographed the film Harry Potter and the Goblet of Fire, with music by Finnish composer Kaija Saariaho. The first scene is the dancers moving behind a half-transparent screen on which tumbling and spinning digital numbers are projected – it was very mysterious and dreamlike. Then the screen rises dancers in electric color costumes come on the stage with slowing changing colors. In the third scene, the light is turned down, and five different color stripes appear on the dark stage. My eyes were caught more by the shadows of the dancers casted on the stripes, rather than dancers themselves. Final act is performed in front of a giant wall of blue LED lights flashing on and off at different intervals, and the wall slowly approaches to the front of the stage as the number of LED increases little by little – and over.

To be honest I don’t have a strong impression about the ballet performance the night, though I admit that the dance was graceful and elegant. Maybe because I bought cheap seats on the upper balcony with restricted views – as my intention was to see the stage design of Limen by Miyajima. I also failed to change my negative view against male tight costumes! It is said that this is the first experience for Miyajima to design a theater stage, but his minimalist approach with superb use of different colors and light and darkness was pretty effective and it was like a beautiful art installation. I am glad that I went!


Reblog this post [with Zemanta]

State Opening of Parliament 2009

Vodpod videos no longer available.
イギリス議会の2009−10年度会期が始まった。初日である昨日11月18日には、「State Opening of Parliament(議会開会式)」と呼ばれる伝統に則った華麗なセレモニーが、議事堂であるウェストミンスター宮殿で行われた。

議会開会式は、通常11月が12月、または総選挙の年の新しい議会の初日に行われる。議会開会式ではまず、ヨーマン・オブ・ザ・ガードにより、現代版火薬陰謀事件を防ぐという名目で、ウェストミンスター宮殿の地下室をくまなく調べる。君主である女王が住居を出る前には、House of Commons(庶民院)の議員が、女王の安全を守るという名目のために、儀式上の人質としてバッキンガム宮殿に連れて行かれるが、女王が無事帰ってこられた折りには解放されることになっている。女王は、公式馬車で議会に到着。女王が儀式に出席しておられる間は、イギリスの国旗・ユニオンジャックに代わり、「Royal Standard」と呼ばれる王旗が掲げられる。そして、

ローブと王冠を身につけた女王が、エジンバラ公に付き添われ、House of Lords(貴族院)に入場されると、庶民院議員を召喚するために黒杖官(こくじょうかん、Gentleman Usher of the Black Rod)が議場に遣わされる。黒杖官が扉の前まで来ると、目の前でドアがばたんと閉められるが、これは庶民院の独立性の象徴だとのことだ。その後、黒杖官は持っている杖で3度ドアを叩いたあと、中に招き入れられる。


そして、守衛官Serjeant-at-Arms)が英国下院議長の職杖(ceremonial mace)を手に、議長、黒杖官とともに、二人一組になった庶民院議員を率いて、貴族院に向かう。首相と野党党首が通常並んで歩き(今年はゴードン・ブラウンデービッド・キャメロン)、その後2列になった議員たちが続く。庶民院議員はスピーチの間、女王の反対側に当たる横木の後ろに立って聞いている。女王は中立性を示す平坦な語りによって、「Speech from the Throne」または「Queen’s Speech(女王演説)」と呼ばれる、内閣によって用意された政府の来年度の施政方針を読みあげる。その後は、両議員とも議場に戻り、スピーチの議題を議論する、と言う段取りだ。

伝統を重んじるイギリスらしい、時代錯誤とも思える儀式だが、君主である女王、庶民院、貴族院による国の統治と、それぞれの独立性を国民に示すという意味で、重要なのだそうだ。恥ずかしながら、7年間イギリスに住んでいながら、この儀式をちゃんと見たことはおろか、その存在すらも意識していなかったのだが、少し前に議会見学ツアーに参加したので、今年の「State Opening of Parliament」は興味を持って見た。儀式の所作ひとつひとつに歴史的意味があり、その意味を知れば知る程面白いなあと思う。

ちなみに約75分のこの議会見学ツアー、見所満載の歴史あるウェストミンスター宮殿の中をゆっくり見て回ることができ、経験豊富なツアーガイドがユーモアたっぷりに歴史や蘊蓄を語ってくれる。出口には小さいお土産物のショップもあって、「Parliament」ロゴのお土産も買えるので、ご興味がある方はぜひ(Parliament Website)。しロンドンに来るのが無理なら、オンラインツアーもありますよ。Yesterday on November 18 was the day of the annual State Opening of Parliament to marks the commencement of a 2009-10 session of the Parliament. It is held in the House of Lords Chamber, usually in November or December, or in a General Election year when the new Parliament first assembles.

 

In this lavish ceremony, firstly the cellars of the Palace of Westminster are searched by the Yeomen of the Guard in order to prevent a modern-day Gunpowder Plot. Before the monarch departs her residence, the Crown takes a member of the House of Commons to Buckingham Palace as a ceremonial hostage, to guarantee the safety of the Queen. But don’t worry, the hostage is released upon the safe return of the Queen.

The Queen arrives at the Parliament in a horse-drawn coach. The Royal Standard is hoisted to replace the Union Jack on the Queen’s entrance and remains while she is in attendance. After she takes on the Robes of State and the Imperial State Crown, the Queen proceeds to the House of Lords, accompanied by the Duke of Edinburgh.

Then Gentleman Usher of the Black Rod is called to summon the member of the Commons to hear her speach. When he approaches the doors to the chamber of the Commons, the doors are slammed in his face on his approach – symbolising the independence of the Commons. He strikes the door three times with his Black Rod, and is then admitted.

The Serjeant-at-Arms picks up the ceremonial mace and, with the Speaker and Black Rod, leads the Members of the House of Commons to walk in pairs towards the House of Lords. The Prime Minister and the Leader of the Opposition (Gordon Brown and David Cameron this year) usually walk side by side, followed by the two lines of MPs. Inside the chamber, the Commons stand behind the Bar of the House of Lords, and remain there during the speech.

The Queen reads a prepared speech written by the Cabinet, known as the Speech from the Throne or the Queen’s Speech, outlining the Government’s agenda for the coming year, in the presence of members of both Houses. The Queen reads the entire speech in the same tone, so as to indicate her neutrality. Following the State Opening, the Government’s programme presented in the Queen’s Speech is debated by both Houses.

This anachronistic State Opening of Parliament is not a mere historical ritual but also has symbolic significance to demonstrate the governance of UK; the Crown-in-Parliament (Her Majesty, together with the House of Commons and the House of Lords) and the separation of powers. Embarrassed say but I had never paid attention nor was I aware of the ceremony at all during my 7 years life in UK, but I happened to have a chance to join a tour of the Parliament the other day, and I enjoyed watching this year’s State Opening – each ceremonial process and action has its historical meaning and the more I know, the more intriguing.

The 75 minutes tour of Parliament offers you to see inside of the historical Westminster Palace with an experienced tour guide explaining its history and episodes with full of British (old man’s) humor.  If you are interested, check our their website for details. If you cannot come to London, online tour is available as well :-)

Reblog this post [with Zemanta]

Jamie’s Italian @ Canary Wharf

昨日のCarluccio’sに続き、またもやイタリアン。セレブ・シェフのジェイミー・オリヴァーが手がけるお手頃イタリアン・チェーン、「Jamie’s Italian」Canary Wharf(カナリー・ウォーフ)店に、話の種に行ってみた。ロンドン中心部の古くからの金融街「シティー」と双頭をなすイギリスの金融街、カナリー・ウォーフ(イギリス英語ではワーフよりウォーフと発音)の高層ビルに囲まれたショッピングモール内にあるため、客層は近くで働くビジネス・ピープルが多い。ジェイミーのFifteen(フィフティーン。うちから歩いて8分のところにもある)に比べるとクオリティは少し劣るものの値段は安く、ホームメイドのパスタで£10前後、メインでも£10〜17だ。イタリアンと謳っているものの、カジュアルかつカラフルな店内は、ロサンゼルスにありそうな、アメリカン・ダイナーかメキシカンといった感じ。ハンバーガーがあったりするメニューは、イタリアンのテイストを加えたジェイミー流だ。

注文したBucatini Carbonaraブカティーニカルボナーラ)は、ヘルシーバージョンで、ズッキーニ、生のタイム、タマネギ入り。でも、これらの野菜の味とカルボナーラ・ソースの味が衝突する感じで、私は正統派のカルボナーラの方が好きだな。デザートのTuscan Chocolate and Hazelnut cake(トスカーナ風チョコレートとヘーゼルナッツのケーキ)は、しっとりして美味しかったけれど、Mの母の住むトスカーナでは見たことがないので、これも彼のオリジナルレシピではないかとちょっと疑っている。

ジェイミー・オリヴァーは、イギリスでは相変わらず人気者だ。現在放映中のChannel 4の「Jamie’s American Road Trip」という番組では、アメリカの各地を回りながら地元の人たちと食を通じて交流、アメリカ人とも気さくに打ち解ける姿を見せている。「Jamie’s School Dinners」では、ヘルシーな学校給食づくりに貢献(ジャンクフードに慣れた一部の生徒からはボイコットされると言うハプニングもあったけれど)。アメリカにも進出、全米で最も肥満率が高い都市に行って、地元の人たちの食生活改善にチャレンジするという番組も、来年アメリカでオンエア予定だそうだ。しかし「The Naked Chef」以来、ずいぶんふっくらしたジェイミー、自分の食生活も少々改めた方がいいかもね。

After yesterday’s Carluccio’s, today’s topic is also about an Italian restaurant as well. We went to Jamie’s Italian, celebrity chef Jamie Oliver‘s casual Italian restaurant chain, in Canary Wharf, London’s another financial centre equal to rivaling the City. The restaurant is in a shopping mall surrounded by skyscrapers, and the restaurant was busy with business people working nearby. In compare to Jamie’s another restaurant chain Fifteen (one is in 8 minutes walk from us), Jamie’s Italian is not as good as Fifteen but more reasonable – homemade pasta cost around £10 and mains are in £10〜17 range. Although it is called Jamie’s ‘Italian’, this colorful restaurant looks more like American Diner or Mexican in Los Angeles, and its menus including hamburger are Jamie’s originals with Italian taste.

Bucatini Carbonara I ordered is a healthier version with courgettes, thyme, and onions. But these vegetables conflict with Carbonara sauce and I prefer the Italian traditional recipe. Tuscan Chocolate and Hazelnut cake for desert was nice and moist, but I have never seen it anywhere in Tuscany where M’s mother lives, and I believe it is Jamie’s recipe as well.

Jamie Oliver is still very popular in UK. In currently airing Channel 4‘s Jamie’s American Road Trip, he travels around the USA and communicates with local people through cooking. He contributed to improve school lunch in UK in Jamie’s School Dinners in 2005, though some kids who are used to junk foods boycotted his new healthier lunch menus. Next year, a special TV series, starring Jamie visiting some of the most unhealthy cities in the USA and try to improve its residents’ eating habits, is expected to be aired in the USA. Jamie seems to have become a bit chubby since his first TV series The Naked Chef, and he may also want to consider changing his eating habit as well.

Reblog this post [with Zemanta]

Christmas decoration @ Carluccio’s Cafe

11月に入ってから、街はにわかにクリスマスのデコレーションで埋め尽くされ、もう年の暮れも迫って来ているのかと、ちょっと憂鬱になる。今日ランチに行った「Carluccio’s(カルルッチョズ)」でも、クリスマスらしい商品が店頭に並んでいた。Carluccio’sの今年のクリスマス用パッケージは、伝統的なモチーフを使いつつ、モダンに仕上げていて、なかなか洗練されている。店内のカフェ・レストランエリアにも、イタリアのクリスマスには必須のPanettone(パネットーネ)やPandoro(パンドーロ)、またイタリア菓子のAmaretti(アマレッティ)などが山積みされているが、パッケージが素敵なので、良いデコレーションになっている。

1999年にオープンしたCarluccio’sは、イタリア出身のシェフで食のエキスパートでもある、Antonio Carluccio(アントニオ・カルルッチョ)とその妻でサー・テレンス・コンランの妹、Priscilla(プリシラ)が手がけた、フードショップ併設のイタリアンレストランのチェーンで、全国に40店以上展開している。カラフルな店内は明るくていいんだけれど、インテリアが少し時代遅れで、ちょっとファミレスっぽいかも。チェーンだからというわけではないけれど、味はまあ普通。自分的には、すごく美味しいという程ではないけれど、イタリアンが食べたい時に、近くに目ぼしいレストランがなければ行くところ、という位置づけかな。今日は、シチリア風アランチーニイタリア風ライスコロッケ)を食べたけれど、味があまりなく、添えられいていたpepolataソース(赤ピーマンのソース)も不味かった。でも、パスタはまあまあいける。Penne alla Luganica (ペンネのスパイシー・イタリアン・ソーセージのソース和え)はなかなか美味しかったそうだ。食後のドリンクは、Cioccolata Fiorentina(チョッコラータ・フィオレンティーナ)。これはエスプレッソ用のデミタスに入ったドロドロのホットチョコレートで、かなり濃い。でも。ちょっと甘い物が食べたいけれど、ケーキまではちょっと、という時には、ちょうどいいかも。Mは、Carluccio’sはイタリアンらしからず、エスプレッソが今イチなのが不満だそうだ。

カルルッチョ氏は鬱を患っておられるらしく、2008年9月にはキッチンナイフで自分の胸を刺し、その後精神病クリニックに入院したそうだ。72歳と言うお年だし、どんよりした天気のイギリスにいても落ち込むだけのような気がするので、いっそ故郷のイタリアに帰った方が状況が良くなるかもしれないね。

Since the month turned to November, you see the Christmas decoration all over the city – it makes me realize how fast time passes and makes me feeling a bit blue. Carluccio’s, where we had lunch today, also stacked up Christmas products such as Panettone and Pandoro on the store windows. This years’ Carluccio’s Christmas packages are sophisticatedly designed with traditional motif with modern touch. These products are also used as a decoration in the restaurant area and it looks fine, as the package design is pretty nice.

Carluccio’s is a British chain of Italian restaurants with integrated food shops, and operates in over 40 locations nationwide. The chain was founded in 1999 by Italian chef and food expert Antonio Carluccio and his wife Priscilla, who is a younger sister of Sir Terence Conran. The interior of the restaurant is colorful but a bit out of date and not the hippest place in town, and smells like a chain, like Starbucks. It is not a Michelin star restaurant and their food is OK, but we go once in a while when there is no decent restaurant around and we feel like Italian. Today I ordered Arancini di riso Siciliani (Sicilian style rice balls), but it had no taste and its red pepper sauce tasted bad. But their pastas are better, according to M. M’s Penne alla Luganica with spicy Italian sausage sauce was not bad at all. Cioccolata Fiorentina (thick hot chocolate served in an espresso cup) after the meal was good. It is perfect when you want something sweet but don’t want to have a big cake. M complained that their espresso is up to scratch for Italian standard.

It was said that Mr. Carluccio was suffering from depression. It was reported that he stabbed himself in the chest with a kitchen knife in September 2008, and has since admitted himself in to the psychiatric hospital in London. He is now 72 years old and it may be a good idea for him to retire and come back to his home country Italy for his sake – it may not help to stay in London with this depressive weather…

Reblog this post [with Zemanta]

Goodbye, Lite: the end of another free paper in London

9月18日に廃刊となったthelondonpaperと同時期(2006年)に発刊されたロンドンのフリーペーパー、London Liteも、先週13日金曜日に廃刊となった。月曜から金曜まで、黄色とえんじ色のユニフォーム姿のスタッフがチューブの駅の周りで夕方頃に配布、9月には発行部数40万部を記録していたLondon Liteだが、この廃刊は、The Evening Standardが有料から無料になった時に予想されていたから、さして驚かなかった。The Evening Standardが10月12日に無料になってから、両紙を読んでいたが、元有料紙だけあってなかなか充実した内容を誇るThe Evening Standardに比べ、内容が薄く、読み応えがない感は否めなかった。

しかし13日の金曜日を終わりの日としたのは、偶然か、それともイギリス人らしいブラック・ジョークなのか。

Another free paper in London, London Lite, is gone on last Friday, after its rival the londonpaper stopped its circulation on September 18. Launched in 2006 around the same time with the londonpaper, London Lite had a daily circulation of 400,000 in September, and was distributed around the tube stations across the city in the evening by the staffs in yellow and dark purple uniforms. I didn’t get surprised its discontinuance, because it was expected when the Evening Standard turned free on October 12th. I read both papers since then, but in compare to the Evening Standard with its substantial and wide variety of topics, London Lite was poor in quality and didn’t have much to read.

By the way, is it coincidence or a joke to choose Friday the 13th for its final day?

Reblog this post [with Zemanta]