Monthly Archives: August 2010

The Sky Arts Street Galleries: Rankin

芸術・アート専門チャンネルSky Artsが、イギリス人の人気写真家・Rankinと組み、イギリスの6都市(ロンドン、マンチェスター、バーミンガム、エジンバラ、ニューキャッスル、リバプール)の街角を屋外アートギャラリーに変えるというプロジェクト「Sky Arts Street Galleries」が8月16日から始まった。

Rankinは、ファッションやポートレートを手がける写真家で、ケイト・モスやマドンナなどのセレブから、エリザベス女王やブレア元首相など著名人を撮影したポートレート写真で有名。また彼の写真は、ナイキやコカ・コーラ、ロレアルなど大手企業の広告にも使われている。慈善活動も行っており、女性の地位向上を目指す「Women’s Aid」の広報キャンペーンに参加したり、昨年開催した「Rankin Liveランキン・ライブ)」では、22年間の活動をまとめた回顧展とともに、1000人の一般人を撮影したポートレート写真を展示、その被写体は£50でそのポートレートを受け取り、その収益は全てOxfamオックスファム)に寄贈された。

Sky ArtsはRankinにStreet Galleriesプロジェクトの作品づくりを委託。モダン・アート(写真最上)クラシック音楽(写真上から2枚目)、デザイン(写真3枚目左)、文学など様々なアートの形を表現した、Rankinの16枚の作品は、ロンドンでは、Tottenham Court Road(トッテナムコートロード)沿いのビルボード、ポスター、バス停、電話ボックスなど様々な場所で、目にする事ができる。

Art-oriented television channels, Sky Arts has launched the “Sky Arts Street Galleries” on August 16th, a new project that will transform the streets of the six UK cities (London, Manchester, Birmingham, Edinburgh, Newcastle and Liverpool) to an outdoor art gallery, in association with popular British portrait and fashion photographer, Rankin.

Rankin is world famous for his iconic images from A-list celebrities such as Kate Moss and Madonna to Queen Elizabeth and former prime minister Tony Blair. He also has shot some world-renowned campaigns including Nike, Coca Cola and L’Oreal. He also involves in some charity activities. He has donated his services to publicity campaigns for the charitable organization “Women’s Aid“. Last year, he produced “Rankin Live“, where he brought the retrospective of the last 22 years of his photographic work, together with the portraits of 1,000 British public. Each person who took part received a print of their portrait for £50, and all the profits were donated to Oxfam.

Sky Arts commissioned Rankin to produce sixteen images, each representing a different form of art such as modern art (the top photo), classical music (the second photo), design (left on the third photo), literature and so on. You can see his works at billboard, poster, bus stop, phone box and advertising space, all on Tottenham Court Road.

Enhanced by Zemanta

Giant Robot Bar-Café-Deli-Diner @ Clerkenwell Road

Clerkenwell Road(クラーケンウェル・ロード)にあるGiant Robotは、ブランチ、ランチ、ディナー、ドリンクと、時間帯にあわせて一日中いつでも行けるお店。元弁護士で、Milk & HoneyMatchThe Player等のバーやレストラン・Redhookを経営するJonathan Downey(ジョナサン・ダウニー)が今年5月10日オープンさせた。

イタリア系アメリカ人のお店にインスピレーションを得たというGiant Robotのレトロなミッド・センチュリー風のインテリアは、ニューヨークはブルックリン辺りのお店にいるような気分にさせる。フード・メニューも、イタリア系アメリカ人が考案したミートボール入りスパゲッティやSliders(ミートボールとチーズ入りハンバーガー)、ピアディーナ(Piada/Piadina。イタリア・ロマーニャ地方のファーストフード)等のランチメニュー、ソーセージ、ステーキ、シーフードなどのディナーメニュー、クロスティーニ(具をトーストしたパンの上にのせたイタリアの前菜)、cicchetti(チケッティ。ベニス風タパス)、サラミ、チーズなどの軽食と、イタリアンとアメリカンが融合した品揃えだ。

私たちは、3時までのランチタイムと5時からのディナータイムの間に行ってしまったので、あいにく食べ物はピアディーナしかなかったけれど、これがなかなかのヒット。レトロなお皿に乗って出てきた、プロシュット(生ハム)とサンドライトマトを挟んだ熱々のピアディーナは、フレッシュで美味しかった。

Giant Robot on the Clerkenwell Road is a Bar/Café/Deli/Diner that you can use any time of the day, from brunch and lunch to dinner, or for a drink. It was opened on May 10th this year by Jonathan Downey, an ex-city lawyer and an owner of trendy bars such as Milk & HoneyMatch and the Player and Redhook restaurant.

The Italian-American-inspired Giant Robot’s interior is retro mid-century style Americana, that make you feel like you are in a café-bar somewhere in Brooklyn, New York. Their food list is also pretty much Italian American as well: spaghetti with meatballs (it’s an Italo-American creation), Sliders (meatball, sauce & cheese on a bun), and Piadina (sandwich with Italian flatbread from Romagna region) for lunch; sausage, steak, and seafood for dinner; crostini and cicchetti (Italian tapas common in Venice), salumi and cheese for snack with drinks.

Unfortunately we went there in between lunch time and dinner time, so piadina is the only food available at that time. But freshly made hot piadina with prosciutto and sun dried tomato, served on a retro plate, was actually quite good.

Enhanced by Zemanta

Peyton and Byrne Bakery & Café

今日、MがPeyton and Byrneでケーキを買ってきてくれた。チョコレートのスポンジに生クリームとチョコレートが巻かれたロールケーキ(写真一番下)。スポンジはちょっとぱさっとしていたけれど、クリームはイギリスにしては甘さ抑えめで、なかなか悪くない。ケーキを入れるペパーミントグリーンの箱も洒落ている。

Peyton and Byrneは、以前書いたICA Café and Barと同じく、ロンドンでレストランやカフェを展開するアイルランド出身の実業家で、BBCのテレビ番組「Great British Menu」の審査員を務めるOliver Peyton(オリバー・ペイトン)が手がける、人気のベーカリー&カフェ。「A VERY BRITISH BAKERY」を謳い、パステルカラーで彩られた店内は、天然の材料を使って毎日焼き上げた、新鮮なケーキ類やパン、パイ、キッシュなどがいっぱい。セント・パンクラス駅(写真上下)や、トッテナムコートロードにあるインテリアショップHeals大英図書館The Wellcome Collectionに店舗がある。

M bought a cake from Peyton and Byrne for me today. It was  a chocolate Swiss roll (photo on the bottom), chocolate sponge cake rolled up with whipped cream and chocolate. Though the sponge was a bit dry, but the cream inside is nice and overall taste was not bad. Its peppermint green paper box is cute as well.

London’s popular bakery & café Peyton and Byrne is created by Oliver Peyton, an Irish restaurateur and judge on the BBC TV series “Great British Menu“,  like the ICA Café and Bar I wrote in the past. They consider themselves a “VERY BRITISH BAKERY”, and their pastel-colored shops are filled with goodies such as sweets & cakes, bread, pies and quiches, made fresh everyday using only natural ingredients. You can find Peyton and Byrne at  St. Pancras International station (both photos above and below), interior shop Heals on Tottenham Court Road, the British Library, and the Wellcome Collection.

Enhanced by Zemanta

‘Street Museum’ Mobile app by The Museum of London

今日のBBCニュースで取り上げられていた、Museum of London(ロンドン博物館)のiphone用無料アプリ「Street Museum」をダウンロードした。Museum of Londonは、60年代から70年代にかけて、シティ・オブ・ロンドンの爆撃で破壊されたエリアを再開発したバービカン・センターの一部で、先史時代から現代に至るまでのロンドンの歴史を展示している。

Street Museumは、ロンドンの歴史を物語る写真や絵画のオンライン・カタログ。1666年のロンドン大火からカーナビー・ストリートに代表される1960年代のスウィンギング・ロンドンまで、博物館所蔵の何百枚もの写真や絵画にアクセス、ロンドンの日常の街角や歴史的出来事を垣間みることができる。

使い方は簡単。アプリを開くと出てくる地図でお目当ての場所を見つけるか、携帯端末に内蔵されているGPSで近場にあるイメージを探し、地図上にあるピンをタップするか、「3D View」ボタンをタップし、カメラを見たい場所に掲げると、その場所の古いイメージが出てくる。そして、そのイメージをタップすれば、その場所の歴史的トリビアを読むことができる。

既に、10万人がこのアプリをダウンロードしたそうだが、今日のBBCニュースで取り上げられたので、さらにダウンロード数は増えるだろうな。

I downloaded a free iphone app ‘Street Museum‘, created by the Museum of London, after I saw the BBC News picked it up today. The Museum of London documents the history of London from the Prehistoric to the present day. It is located close to the Barbican Centre, as part of the Barbican complex of buildings created in the 1960s and 70s as an innovative approach to re-development within a WWII bomb damaged area of the City.

‘Street Museum’ is an online catalogue of photos and paintings from London’s history. From the Great Fire of 1666 to the swinging sixties, you can have an access to hundreds of images from the museum collections that showcase both everyday and momentous occasions in London’s history.

It is easy to use – select a destination from the map or use your GPS to locate an image near you. Or press ‘3D View’ and hold up your camera to the present-day location, and the old image of the same place appear on your screen. Then tap the old image for historical facts.

Already 100,000 people have downloaded this app, and after today’s BBC news coverage, many more will probably download it.

Vodpod videos no longer available.

Enhanced by Zemanta

Rise of Posh Pop and Rock Musicians

今日のタイムズ紙で面白い記事を読んだ。歴史的に上流社会への反抗とされ、1960年代から90年代には労働者階級出身者に独占されていたポップやロック界に、良家の子女たちが増えてきているのだそうだ。ポップやロック・スターになることは、かつて貧しい少年少女たちの夢と希望であり、すでに人生の選択肢がたくさんある良家の子息たちにとっては、ミュージシャンになる事は、恥だとされていた。だからかつて、裕福な家庭に育ったミュージシャンたちは、自分の経歴を隠そうとしていた。でも時代は変わった。

この記事は、良家の子女が現在、ポップやロック界に幅を利かせつつある理由をいくつか挙げている。一つは、育ちの良い彼らはマナーがよく丁寧で好ましく、世界最大の音楽市場で、才能や態度と同時にマナーの良さが重要であるアメリカ進出に役立つから。だから、「バッド・ボーイ」的イメージの労働者階級出身の人気バンド、Oasis(オアシス)やArctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)はアメリカで成功できなかった、と結論づけている。また良家の子女が通うパブリック・スクール(私立学校)は、勤勉をモットーとし、これもまた、勤勉さが尊重されるアメリカでの成功に役立つと言う。エリート教育によって培われる自信も、ステージに立つ上で重要だ。

その他の理由としては、パブリック・スクールの設備の良さ、また新入生が合唱テストを受けさせるなど音楽的伝統を挙げる。そして昔のパブリック・スクールの先生は、ロック音楽なぞ子供のお遊びだとバカにしていたけれど、自身がポップや音楽を聴いて育った若手の先生は、キャリアの選択肢の一つとして、生徒に音楽の道を目指す事もむしろ奨励する。

中・上流階級が支持する保守党が先の選挙で勝ち、イートン校・オックスフォード大学出身の「ええとこのぼんぼん」、デーヴィッド・キャメロンが首相となり、いまだ階級社会の影響で、割合にしてたった7%程度のパブリック・スクール卒業生が弁護士、医者、ジャーナリスト、CEOなど、エリートと言われる職業の過半数を占める中(参考サイト)、音楽まで良家の子女に独占されるとなると、貧しい家庭出身の子供たちは、どこに将来の希望を見いだしたらいいんだろう?

I read an interesting article on today’s the Times – there are more musicians and singers from posh families emerging in Pop and Rock music industry. Rock has been historically resistant to the upper classes, and during 1960s and the 1990s when working-class pop stars dominated hit charts, rock and pop stars were the dream and hope of the poor boys and girls, while it was disdain and derision for the privileged kids who already has many options in their futures. Therefore, pop stars from good families once tried to hide their background. But now the time has changed.

The article mentions several reasons for a rise of posh pop stars. One of the reasons is that posh kids are brought up with good manners to make through the stardom: they are polite, friendly, likeable, and this help them become popular also in the world-biggest music market America, where good manners are judges as well as talent and attitude. That’s the reason why Oasis and Arctic Monkeys, top working-class stars with a bad-boy attitude, couldn’t succeed big in the USA, according to the article. Public schools‘ value in strong work ethic is another key to success in America, where hard working is very important. Confidence that public schools students internalize through the elitist education is crucial factor for success on stage.

Another reason is that public schools have great facilities, and there is a tradition that new boys have choral tests. Old public school teachers once considered rock music as silly and childish folly, but younger teachers who grew up with rock and pop music now see it as one of the valid career option and encourage students to go for music.

Now Tory, traditionally supported by middle/upper class, won the last election and Etonian and Oxford grad elite David Cameron became a prime minister. Public School graduates, about only 7% of the population, occupy over 50% of prestigious jobs such as lawyers, medics, journalists and CEOs (reference site) , and the result still shows UK is still strong class society. If the posh kids even monopoly music industry, where poor kids can find their goals and dreams?

写真は全てパブリック・スクール出身のシンガー。上からFlorence And The MachineFlorence WelchLily Allenリリー・アレン)、Alan Pownall

Photos are all of public school singers. From top to bottom: Florence Welch of Florence And The Machine, Lily Allen, and Alan Pownall.

Enhanced by Zemanta

Beckii: Schoolgirl Superstar at 14 @ BBC3

今日、BBC3ドキュメンタリー「Beckii: Schoolgirl Superstar at 14」を見た。この番組は、「可愛いにもほどがある」とのキャッチフレーズで、日本で人気のベッキー・クルーエルとその家族、そしてベッキーのように日本で人気を得たい女の子たちの姿を追ったもの。ベッキーことRebecca Flint(レベッカ・フリント)は、人口8万人程のイギリス王室属領 (Crown dependency)・マン島に住む15歳の少女。2009年3月頃から、アニメソングやJポップにあわせて踊る自身の姿を、自室で撮影した動画をYouTubeに投稿し、インターネットでその人気に火がついた。

イギリスメディアではお決まりとなった、またもや「日本はヘンな国」の思い込みを増長しそうな番組。ドキュメンタリー自身は面白おかしく日本を描いているものではなく、至って真面目だが、アニメの主人公のような出で立ちの、ベッキーのようなロリータ萌え系アイドルは、イギリスには存在しない。ベッキーの日本人マネジャー「Fuji」氏は、「ロリコンは日本では普通。」とテレビで言っていたが、非常に恥ずかしい。こちらでは、いい歳したおっさんが、ベッキーのようなローティーンの女の子のダンスの動画を見たり、写真集なんか持ってたりしていたら、小児性愛者か変態だと思われる(まあ日本でもそうかも知れないが)。しかも、彼女の熱狂的なファンたちは、何故か大きな段ボールに一杯のインスタント麺や、高価なベース・ギターを天文学的な額の送料を払って日本から送ってくるなど、なんか変。

ベッキーの両親は、自分の娘が、こんなおっさんたちの欲望の目にさらされる危険を知った上で、「娘のやりたい事を見守る」というスタンスのようだが、娘の人気の恩恵を受けたいという下心が、言葉の端々に見え隠れする。娘をイギリスでも人気者にしようと、カイリー・ミノーグやスパイス・ガールなどを手がけたプロデューサーに売り込む父親、また彼女を金儲けの対象になるかもしれないと目論むプロデューサーなど、欲に目がくらんだ大人たちの思惑が飛び交う中、ベッキー自身は、自分でも歳を取れば用済みになるだろうということを知っているから、勉強にも励んでいる。本人はいたってまともなのが、唯一の救いだ。

I saw BBC3 documentary “Beckii: Schoolgirl Superstar at 14” today. This program tells the story of 14-year-old Rebecca Flint aka Beckii Cruel, now fifteen, an internet sensation in Japan. Beckii is a schoolgirl from the Isle of Man with only 80,000 habitant. Beckii became famous in Japan after uploading films of herself dancing with Anime song and J-pop on YouTube since 2009. This documentary follows Beckii and her family, and the other British teenage girls who hope to become famous in Japan.

This is another usual program portraying Japan as an eccentric country, though the documentary itself is serious and not makes fun of Japan. There is no cute and innocent low-teen idols such as Beckii, whose fan base is much older adult men. Her Japanese manager said “Lolita in Japan is normal,” but the comment was quite embarrassing. If a middle aged man enjoy watching a very young girl dancing on You Tube or have a collection of his favorite girl’s photography books, like many Japanese Otaku, people think that he is either pervert or paedophile (maybe the same in Japan as well). Also Beckii’s enthusiastic fans give peculiar presents to her such as a big box full of instant Japanese noodles and a base guitar with astronomical postage from Japan.

Beckii’s parents let their daughter do “what she wants”, though they know what kind of people who might like to watch a 14-year-old girl dancing in her bedroom. However, you can sense that they expect some share from their daughter’s success, through their comments and attitudes. Now her father tries to sell her daughter to one of the top producer in UK who took charge of Kylie and Spice girls, to achieve her success in the UK after Japan. Among all these greedy adults, Beckii seems to be the only one who understand the harsh reality – her success may not be long-lived, especially popularity in Japan where a Lolita icon is easily forgotten as she grows old, and studies hard for her GCSE.

The Times Style Magazineに掲載された、日本から「輸入された」ファッション。日本では皆、こんな格好をしてると思われないといいけれど。。。左より、ビジュアル系、芸者ゴス、スィート・ロリータ。

Japanese-inspired fashion (from the Times Style Magazine). Hope no one believes that everyone dresses like these in Japan…From left, Visual Kei, Geisha Goth, and Sweet Lolita.

Enhanced by Zemanta

Melito Pizza Bar @ Oxford Circus

以前Mallettiのことを紹介した時に、ロンドンではPizza Al Taglio(ピッツァ・アル・タリオ。長方形にカットされたローマ風ピザ)があまりないとブログに書いたけれど、最近少しずつ見かけるようになってきた。Datte Focoもそうだし、オックスフォード・サーカスの1本北、Great Castle StreetにできたMelitoもその一つ。

イタリアのトラットリアを思わせる木のテーブルや椅子、天井から釣り下がるミラーボールのような照明を通り抜けた、細長い店内の一番奥に、ピザが並ぶカウンターがある。Pizza Barといっても、パスタやサラダ、デザートもある(メニュー)。ピザは、他のPizza Al Taglio同様、2スライスのセットとなっているが、2種類のピザを組み合わせる事もできる。私たちが行った時は出来たてがなかったので、どれもちょっとクタっとして見えたけれど、オーブンで温め直してもらったら、これがなかなか美味。ブラウンの厚手のペーパー・トレーも、気が利いている。ちょっと小腹が空いた時に、気軽に立ち寄れるお店。ただ、Mいわく、エスプレッソがペーパー・カップ入りで、今イチなのが唯一の欠点だそう。

I wrote that I didn’t see many Pizza Al Taglio (Roman style pizza by the slice) shops in London, when I talked about Malletti last year. But recently we’ve started to see more Pizza Al Taglio shops, such as Datte Foco and Melito, a “pizza bar” newly opened on Great Castle Street, just one street north from Oxford Circus.

When you go through the narrow and long store with Italian trattoria-looking wooden tables & chairs and funky mirror ball pendant lights, you see an order counter with pizza on display all the way back. Melito offers pasta and salads, as well as sweets, though they call themselves a pizza bar (menu). Like other Pizza al Taglio places, their pizza is also a set of two slices, but you can combine two different pizza if you want. There was no hot and sizzled pizza just came out from oven when we went, and the pizza all looked sort of dead. But after they warmed them up, and voilà – these were surprisingly good. I also like their brown paper tray. Perfect place for a little snack, after hours of shopping and desperate to regain some energy back. One drawback, though, is their espresso in a paper cup and according to M, it was not great.

左から、レッド・オニオンとローズマリー、Quattro Formaggi(4種類のチーズ)、マルガリータ(モッツァレラチーズとトマトソース)、そしてパルマハムとフェンネルのピザ。私のお気に入りは、シンプルなマルガリータ。

(From left) Red Onion & Rosemary, Quattro Formaggi (4 kinds of cheese), Margherita,  and Fennel & Parma ham. My favorite is simple Margherita with tomato sauce and mozzarella cheese.

Enhanced by Zemanta