Monthly Archives: September 2010

Foxcroft & Ginger @ Berwick Street, SOHO

今年初めにオープンした、ソーホーのBerwick Streetにあるカフェ、Foxcroft & Ginger(フォックスクロフト&ジンジャー)。ソーホーのど真ん中で野菜やフルーツなどを売る屋台の並ぶ一角にある。

コンクリートの天井や壁、むき出しのパイプや電線など、薄暗い倉庫のような建物を、木のテーブルや椅子、茶色や白のレンガ壁で中和し、温かみを出している。外から見ると狭く感じるけれど、地下にもスペースがあり、モダンな家具と使い古されたソファが混在、壁にはどーんとユニオン・ジャックが飾られている。でも地下はちょっと暗い感じなので、私は1階の方が好きだな。木の丸椅子は座り心地があんまり良くないけれど。

カウンターには毎日手作りされるサンドイッチやケーキが並び、朝はイングリッシュ・マフィンエッグ・ベネディクト、クロワッサンなどのブランチメニュー、そしてランチタイムはサンドイッチやサラダなどがいただける。この日は、サラダがたっぷり挟まったチョリソのサンドイッチ。いい具合にトーストされたFlour Station Breadsのパンに新鮮な材料が相まって美味しい。そして温めて出してくれるバナナケーキも、懐かしい味で和む。お皿代わりの木のトレーや、をいれたアンティークのカップも、レトロなインテリアと良くあっている。評判の高いMonmouth Coffee Companyの豆を使って、シアトルのメーカーSynessoの手作りのコーヒー・マシンでいれた、フラット・ホワイト(Flat White過去エントリー参照)もいける。

Foxcroft & Ginger is a café on Berwick Street, opened early this year. It is located in the area where vendors selling fruits & veg etc in the middle of SOHO.

The industrial harsh looking building with concrete walls and ceilings and exposed pipes and cables, is compensated by warm wood tables and chairs as well as brown brick and white tile walls. The space looks small from outside, but there is also underground seating area, decorated with both modern furniture and well-used sofas, and the wall is covered with a large Union Jack flag. It is a bit dark downstairs and I prefer sunnier upstairs, though small white wooden stool is not quite comfortable, and hurt my butt after a while.

Daily hand-prepared fresh food and cakes are showcased at the counter, and there are Brunch menu such as English muffins and Eggs Benedict in the morning and sandwiches and salads for lunch time. We got a sandwich filled with chorizo and generous salad leaves – it was a great combination with nicely toasted ciabatta bread from Flour Station Breads and fresh ingredients. I also love their banana cake served warm. A wooden board for food and an antique cup for coffee are perfect choice for this retro style café. Finishing Flat White, made with hand built Synesso Coffeee Machine from Seattle, using famous Monmouth Coffee beans, was very good as well.

Enhanced by Zemanta

Great British Railways: Royal Mail World’s First “Intelligent” Stamps

今年8月19日に発行された、ロイヤル・メールの記念切手シリーズの「Great British Railways」。British Rail(イギリス国鉄)が製造した最後の標準クラス9F蒸気機関車Evening Star」の製造終了50周年を記念して発行された。イギリスの蒸気機関車を取り上げた、初めての記念切手となる。

These are Royal Mail’s special stamps “Great British Railways” issued in August 19, celebrating the 50th anniversary of British Rail’s last steam locomotive, the 9F ClassEvening Star’. This is the first in a series of special stamp issues commemorating classic British locomotives.

一見したら普通の切手だけれど、これはロイヤル・メールいわく、世界初の「インテリジェント」切手なのだそうだ(Royal Mail プレスリリース)。iPhoneまたはAndroidを搭載したスマートフォンを通して切手を見ることで、画像認識技術が作動し、ロイヤル・メールが制作したオンライン専用コンテンツが立ち上がるという、切手において世界初のシステムで、9月3日よりスタートした。JunaioというアプリをインストールしたスマートフォンでGreat British Railways切手を見ると、1936年に郵便局によって作られたドキュメンタリーで有名になったW・H・オーデンの詩「The Night Mail」を、ドクター・フー出演俳優のBernard Cribbins(バーナード・クリビンス)が読み上げる短編映画が再生される。この技術は、ロイヤル・メールが将来発行する記念切手のいくつかにも採用される予定だそうだ。

These stamps look just ordinary stamps, but Royal Mail claims these are the world’s first “intelligent” stamps (Royal Mail release). Launched on September 3, it is the first in the world to work with image recognition technology, which, when activated by a smartphone on the iPhone or Android platforms, will launch exclusive online content created by Royal Mail. Viewing the Great British Railways stamp,via the Junaio app installed smartphone, will direct you to a short film showing Doctor Who actor Bernard Cribbins reading Auden‘s famous poem “The Night Mail“, first made famous in The Post Office’s own film from 1936. Royal Mail will use the technology available on selected future special stamps.

Enhanced by Zemanta

Financial Times Saturday: FT WEEKEND

Mは最近、フィナンシャル・タイムズ(以下FT)の土曜版(FT WEEKEND)を買い始めた。ちなみにイギリスの新聞は、土曜、日曜版は分厚く、ニュース、アート&エンターテインメント、スポーツ、不動産、旅行など、いくつかのカテゴリーに分かれており、付録の雑誌やテレビガイドなどもついてくる。よって、お値段も高くなる。FT WEEKENDは、他紙の土曜版より高い2.80ポンド。やはり購読層がお金持ちなせいか、紙面は高級感が漂い、広告や掲載されるファッションや商品は高級ブランドもので、私には少し取っつき難い感じ。

以前は、経済紙のイメージの強いFTはシティに勤める銀行員か金融関係者向けだとして、見向きもしなかったのだけれど、土曜版のアート&エンターテインメント系の記事が充実してると聞いたので買ってみたら、面白かったとのこと。Mが何故か目の敵にする、雑誌・Monocleの編集長、Tyler Brûlé(タイラー・ブリュレ)がコラムを持っていて、このこともMが土曜版を買う理由の一つじゃないかと思っている。Mは否定するけれど、なんだかんだ言いながらMonocleも毎号チェックするし、彼のポッドキャストも毎週聞いているし。

土曜日版はFTにしたけれど、平日、日曜版はタイムズ一筋。イギリスに来てから、読む新聞が、ガーディアンオブザーバーインデペンデントの左派紙から、タイムズやFTと中道右派に移行している。左派紙の読者は若者が多いので、読む新聞が変わったのは、Mがおじさんになったという証拠だろうか(若いタイムズ&FT読者には失礼ですが)?それでも、都会派を気取るMは、郊外・田舎に住む保守派&年配の方々御用達(これまたロンドンの若い読者には憤慨されるかも)のデイリー・テレグラフだけは読まないと決めているそうだ。→イギリスの新聞については過去のエントリー参照

でも「ピンクペーパー」と言われる所以の、あの薄汚いピンクというかベージュというか、ビシッとしないぼんやりした色は今イチ。カラー写真もあの背景色だときれいに見えない。差別化したいという意図は分かるけれど、あの色はちょっと。。。

Recently, M switched his Saturday paper to Financial Times (FT)’s Saturday version, FT WEEKEND. British newspapers’ Saturday and Sunday versions are thicker than weekdays, divided in several categories such as news, arts & entertainments, sports, real estate, travel etc, and usually comes with magazines and TV guides. Therefore, the price is also higher than weekdays. FT WEEKEND cost £2.80, which is more expensive than other Saturday papers. Since FT has more affluent readers, I can smell money and poshness here and there in the paper, and ads and featured fashions & products are of expensive brands – I feel a bit fish out of water when I read it.

In the past, we thought that FT is a financial paper, as its name suggests, and is for the City bankers and financial workers, and never thought about buying it. But M started to buy FT WEEKEND because he heard that Arts section on FT Saturday version is quite good. I also believe that one of the reason he buys FT WEEKEND because his archenemy Tyler Brûlé, an editor-in-chief of the Monocle magazine, has a column. M denies it, but he checks Monocle magazine every month while complaining, and listens Tyler’s podcast every week!

Though he buys FT on Saturday, he still sticks to the Timesthe Sunday Times on other days. Since we moved to London, the newspapers he reads has shifted from leftish the Guardian / the Observer and the Independent to the more central right the Times and FT. Since many readers of the left papers are young, it means that M got older and became a middle aged man (sorry for the young readers of the Times and FT) ??  But still self-endorsed ‘cosmopolitan city boy’ M insists not to buy the Daily Telegraph, which he believes that it’s for suburban and countryside conservatives and elders (sorry again for the young Telegraph readers!). →See past entry for details about British papers.

But its dirty pink / beige color is not cool – blunt and boring. Color photos don’t look well with the background color. I understand that they want to use the color to stand out, but the choice seems to be wrong, to me…

Enhanced by Zemanta

Curious Yellow Kafé @ Holloway Road

アーセナル・スタジアムの近く、カフェ不毛の地のHolloway Road(ホロウェイ・ロード)に、新しいカフェ「Curious Yellow Kafé」がオープンした。ストックホルム出身のオーナーが開いたこのカフェは、カウンター席が数席(8席ぐらい?)と外にベンチが一つあるだけの、私の知っているロンドンのカフェで一、二を争う小ささ。でも、白壁と木の家具でまとめられた、シンプルですっきりとした北欧スタイルの明るい店内は、意外に狭さを感じさせない。カウンターに置かれた、IKEAのGODIS MIXシリーズのカラフルなグラス(私たちも実は持っている)も、いいアクセントになっている。

シーズンによって変わる、スウェーデン風メニューは、基本手作り。パンは、ゴードン・ラムゼイのレストランにも卸しているBoulangerie de Franceから仕入れている。コーヒーや紅茶にもこだわりがあり、カウンターの横にあるクラシックな木の棚には、ガラス瓶に入った様々な紅茶、ハーブティーやフルーツティーの茶葉が並ぶ。

場所は、以前に書いた、Le Péché Mignonと目の鼻の先。どちらも小さなカフェ、どちらかが満席であれば、すぐにもう一軒に行けるのが嬉しい。もし席が空いていれば、の話だけれど。

Recently a new café “Curious Yellow Kafé” opened in an odd and rough area on Holloway Road, near the Arsenal Stadium (you know how it is around soccer stadium). This Swedish-owned place is one of the smallest cafés I know in London, with few counter seats (around 8 seats?) and one bench outside. But I didn’t feel claustrophobic in its Scandinavian simple & clean interior with white walls and wooden furniture. IKEA’s colorful GODIS MIX series glasses (we also have them) add an Swedish touch to this cosy café.

Its seasonal Swedish influenced menu is basically all hand-made. Their breads come from Boulangerie de France, whose clientele list includes Gordon Ramsay. Their passion also extends to coffee and tea as well. A selection of loose teas, herb and fruits teas in glass containers are nicely placed on the classic wooden shelf, next to the counter.

The café is located only a stone’s throw from Le Péché Mignon, a French café I wrote before. Both are tiny, so if one is full, you can go to the other very easily – only if it has an empty seat, though!

Enhanced by Zemanta

Lupita Mexican Restaurant @ Strand / Charing Cross

ロンドンにおけるメキシコ料理人気はまだ続いているみたい。StrandのCharing Cross駅とEmbankment駅を結ぶVilliers Streetに最近開店した、メキシカン・レストランLupitaに行った。ロンドンにあるメキシコ料理店は、メキシコ人のオーナーによるものが少ないんだけれど、このお店は、メキシコシティで45年以上の歴史を持つ人気レストラン、El Farolito taqueríaが手がけた、本物のメキシカン。インテリアは、ダークウッドの座席と白い壁、ダークレッドのメタル・テーブルでまとめられ、シックな感じ。店内ではスペイン語が行き交い、入口近くのカウンター内では、スタッフが横長の鉄板の上で調理している。

出てきたブリートは、アルミ箔に包まれて出てくる、ファーストフード・メキシカンのでっかいやつではなく(以前のエントリー参照)、お上品に陶器のお皿でサーブされ、ナイフとフォークで食べる。ファーストフード店並みのリーズナブルな値段で、このサービスはお得。説明がなかったのでやっていいのか分からなかったけれど、テーブルの上に置いてあるスパイシーなソースやサルサ、ワカモレ(こちらではグァカモレと発音)を少しずつ上にのせて食べた。ぱりっと焼かれた皮に、中はジューシーで熱々の具が詰まっていて、なかなか美味:)

残念だったのは、エスプレッソが全然なっていなかったこと。鼻ピアスしたフレンドリーなウェートレスのお姉ちゃんいわく、「エスプレッソを飲んだこともないし、作り方もあれで良かったのか分からないわ」。「作り方を知らなければ、ちゃんと誰かに聞いてから作ってね。」と言いたかったけれど、言えなかった情けない私たちでした。。。

Mexican food fever is still here in London! We went to a recently opened Mexican restaurant Lupita on Villiers Street, connecting Charing Cross and Embankment tube stations in Strand. Many of Mexican restaurants in London are not of Mexican ownership, but Lupita is an authentic ‘Mexican’, opened by Mexicans from a popular restaurant with over 45 years’ history, El Farolito taquería in Mexico City. Its interior is chic with dark wood benches, white walls, and dark red metal tables. The restaurant was filled with Spanish words and phrases, and staffs were cooking on a long hot plate inside the counter, near the entrance.

Burrito at Lupita is not like the huge one wrapped with aluminum foil at fast food Mexican in London (see my past entry), but is served sophisticatedly on a  ceramic plate with knife and folk. The price is quite reasonable, around the same price with fast food counterparts, and is a great deal with its restaurant quality service. I ate it with a little bit of spicy sauce, salsa, and guacamole placed at the table, though there was no explanation and I was not sure if it was appropriate or not. It was delicious with crispy wrap and juicy filling.

But their espresso was awful. A friendly waitress with a nose pierce remorsefully explained that she had never had espresso and didn’t even know if she did it right. We wished we could say, “look, if you don’t know how to make it, ASK someone before you make it!!,” but we were chickens and couldn’t say anything…

シックにまとめられたトイレ。壁に張り付いているおじさんが可笑しい。

Chic toilet with funny guy clinging onto the wall.

Enhanced by Zemanta