Gauguin: Maker of Myth @ Tate Modern

Vodpod videos no longer available.

フランス・ポスト印象派の巨匠、ポール・ゴーギャンの作品を世界中から集めた大規模な「Gauguin」展が、9月30日から来年1月16日まで、テート・モダンで開催されている。

株式仲買人の職を辞し、家族を妻の故郷のコペンハーゲンに残し、パリで、独学で始めた絵画に専念。その後西洋文明に失望しタヒチに移り住んだ。その時に、現地の女性を独特のタッチで色彩豊かに画いた、エキゾチックな画風の絵が有名だが、この展覧会ではその他、ゴーギャンがちょくちょく訪れた、アーティストのコロニーがあるブルターニュ地方・ポン=タヴェンの風景画や宗教画、自画像、木彫りなど、多くの作品が展示されている。

ゴーギャンは、タヒチでまだ年若いと思われる思春期の女の子の絵を多く描いたため、幼児性愛者と言われたり、植民地主義者、性差別主義者と呼ばれることもしばしば。またパリにいる時にうつされた梅毒の感染事実を知りながらタヒチの若い女性たちと性交渉を持ったことに対する批判もある。梅毒のことはヒドい話だが、その他の批判は、当時は幼児性愛は悪だとか、植民地時代には現地人の人権とか言う観念はなかっただろうから、彼が極悪人であったと決めつけるのは気の毒な部分もある。

鳴り物入りで始まった展覧会だけれど、単なるラフスケッチや小粒の作品も多く、少し期待外れ。木彫りなどは、彼独特の色使いが見られないし、むしろ平凡、現地の工芸品の方がまだ出来がいいんじゃないかと思う。またデイリー・テレグラフ紙のアート批評家が指摘しているように(記事)、このゴーギャン展では、年代別ではなくテーマ別に作品が展示されているため、彼の作品を良く知らない人たちは、彼のスタイルの変遷を追いづらいという難点がある。私も、ゴーギャンの人生での出来事との繋がりやその作品の背景が見えなくて、少し分かりづらかった。

A French Post-Impressionist Paul Gauguin’s large scale exhibition “Gauguin“, exhibiting his works from around the world, runs at the Tate Modern from September 30 until January 16, 2011.

Gauguin left his job as a stockbroker and his family in his wife’s native Copenhagen, and became a full-time painter in Paris, after he began painting in his free time.  He is famous for his colorful and exotic images of women in Tahiti, to where he escaped from European civilization, but the exhibition also shows a variety of works such as paintings of Brittany where he frequently visited the artist colony of Pont-Aven, religious paintings, self-portraits, and wood carvings.

Gauguin is sometimes called as a colonialist, a sexist, or even a pedophilia because he painted naked or half-naked young Tahitian girls as his favorite motif. He was also condemned that he had sexual relationship with Tahitian girls knowing that he got infected syphilis while he was in paris. It is terrible that he took a risk to infect these innocent girls, but other criticisms are a bit too harsh on him, as there was no concept that “pedophilia is bad” nor human right of a colonial among colonizers at that time he lived through.

The exhibition opens with a fanfare as a blockbuster of this year, but I was a bit disappointed because the exhibition includes many unimpressive works such as mere quick drawings and wood carvings which are rather boring without his signature colors and Polynesian would probably do better that kind of wood carvings than him. As the Daily Telegraph’s art critique mentions the risk of hanging Gauguin’s works thematically instead of chronologically, that makes it difficult for anyone who are not particularly familiar with his works to follow his stylistic development (article), the exhibition was a bit confusing for me to connect his life stage and artistic history to his actual works in front of me.

Enhanced by Zemanta

2 responses to “Gauguin: Maker of Myth @ Tate Modern

  1. everydaylifestyle

    コメントをありがとうございます。テートによると、イギリスでのゴーギャン展は50年以上ぶりだそうです。

    dezireさまのブログも拝見させて頂きました。東京でも、面白そうな展覧会・文化イベントが多く開催されているみたいですね。
    小林ひかるさんは、12月にまたロイヤルオペラハウスでの公演に立たれるそうです(http://www.roh.org.uk/discover/artistdetail.aspx?id=378)。同じ日本人として、彼女の活躍を嬉しく思っています。
    旅行記も多く書かれているdezireさまのブログは、写真も綺麗で、とても素敵なブログだと思います。特に美しい日本の山や沖縄の海の写真は、郷愁を感じます。
    またちょくちょく拝見させて頂きますね!

  2. 初めて訪問させていただきます。
    イギリスでの「ゴーギャン展」は久しぶりと聴きますが、ブログを読ませて頂き、充実した美術展の内容を感じることができました。
    日本でも「ゴーギャン展」が開かれたり、オルセー美術館展でゴーギャンの名作が結構来ており、私のブログでも美術展・アートのカテゴリで紹介しています。
     ロイヤルバレエで日本の小林ひかるさんが注目されていると聞き、新国立劇場で小林ひかるさんが出演する「バヤデール」のチケットを買いました。
    最近の新国立劇場では、「ペンギン・カフェ」「シンフォニー・イン・C」「火の鳥」のバレエを見てきました。私の感想などを書きましたので、よろしかったらぜひ読んでみてください。
    http://desireart.exblog.jp/11545028/
    よろしかったらブログにコメントを書き込んでくださると感謝です。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s