L’Eto Caffe’ @ Wardour Street

PrinciByronをはじめ、カフェやレストランが並ぶソーホーのWardour Streetに、新しいカフェ・デリ「L’Eto Caffe’」が最近オープンした。ウィンドーを通して、ロンドンのデリ・カフェの有名店、Ottolenghi(オットレンギ)を思わせる、洗練された美味しそうなお惣菜やパンが見え、食欲をそそられる。インテリアは、ご近所のPrinciと似た感じの、ゴールドとダークウッドを使った、シンプルでモダンな作りになっている。

ケーキ類を除く、デリフードは量り売り。自分で食べたいものを食べたいだけ取るビュッフェ式ではなく、店員が注文を聞きながらお皿に取っていくのだが、微妙に多すぎたり少なすぎたりするのがちょっと不満。またメニューごとに値段が違うので、フードを取る度に重さを量りにいくため、時間がかかる。こんなんで、忙しいランチタイムに対応できるのか疑問だ。そしてカウンターでお会計を聞いて唖然。タコのマリネとモッツァレラチーズのジェノベーゼソース和えを小盛りずつ(計£10.22)、味噌味のローストビーフ2切れ(£7.40)、ポーク1切れ(£4.80)、小さなラザーニャ(£6)、そして小さなパン2つと水の小ボトル1本で、なんと合計£29.67(テークアウトならもう少し安いかも)!お皿いっぱいにもなってないのに。普通のレストランでランチしてもそんなにかかるかというくらい、強気の値段設定。ポッシュなチェルシーなら納得できるけれど、ソーホーであの値段!清算するまで値段が分からないのも不安だ。

確かに新鮮な材料を使って丁寧に作られていると思うけれど、味付けはちょっと平凡でがっかり。それに2人がけのテーブル間のスペースが狭すぎて、荷物もコートも置く場所がないし、ゆったり寛げない。値段を考えると毎日通えないし、通いたくなるほどでもないというのが正直な感想。

A new deli/café “L’Eto Caffe'” just opened on Wardour Street, one of the major spot in SOHO where many food & drink venues are located including popular Princi and Byron. You can see their gorgeous looking food through store windows, in the same way as London’s famous deli chain Ottolenghi. Its interior is simple and modern, based on gold yellow and dark wood, which is similar to its neighbor Princi.

The food is priced by weight except cakes. But it is not usual Buffet that you take what and how much you want, but you have to ask a staff to take the food for you, so it might be a bit too big or too small. It was not the only irritation for me but also the time to complete the order – the price of each food was different and the staff had to go back and forth to weigh the plate every time I ordered something. I just wonder if they can handle chaotic lunch hour in SOHO this way. And a big surprise came at the cashier. Small portion of octopus salad and mozzarella with pesto sauce (total £10.22), two slices of Miso beef (£7.40), a slice of pork (£4.80), small lasagna (£6), and two small bread and a small bottle of water cost staggering £29.67!! (probably cheaper to take away) The plates were not even full. Lunch for two at a normal restaurant probably wouldn’t cost that much. I was in SOHO, not in posh Chelsea! Also the problem is that you have no clue how much your food would cost until you get a verdict at the counter.

The ingredients seemed fresh and the food was quite sophisticated, but the taste overall was rather blunt and ordinary. The space between the tables was narrow and no space for a bag or a coat, and I couldn’t sit comfortably with my coat on my back. I can’t come everyday with the system and price and don’t want to come everyday – may sound a bit harsh, but this is my honest opinion…

中のカウンターには、美味しいそうなケーキ類が並ぶ。お値段は少し高め。

Wide range of mouthwatering-looking (but a bit pricey) cakes on the counter.

Enhanced by Zemanta

2 responses to “L’Eto Caffe’ @ Wardour Street

  1. everydaylifestyle

    コメント、ありがとうございます。ブログではちょっと厳しく書き過ぎてしまいましたが、お料理も決して不味くはないですよ。ただちょっと内容と量の割に値段が張るなあと思ったものですから。パンは、焼きたてでなかったし、あまり気に留めなかったのですが、手間ひまかけて作られていたんですね。今度パンだけ買いに行くかもしれません。良い情報をありがとうございました:)

  2. 初めまして!
    そうですか、実はここのオープン初日に、店の前でパンを配っていて、それがとてもおいしかったので期待していたのですが残念。サワードウなのに、酸味がないのは30時間以上もかけてゆくり発酵させているからだと、パン焼き職人さん自らが説明していました。パンだけを買いに行くのには良いかもしれませんね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s