Monthly Archives: April 2011

Double Portrait: Ida Barbarigo and Zoran Music @ Estorick Collection

The Estorick Collection of Modern Italian Art(エストリック・コレクション)は、イズンリントンの閑静な住宅街にあるCanonbury Squareに面した、イタリアのモダンアートを扱う小さな美術館。Estorick Collectionは、アメリカ人社会学者で作家のEric Estorickによって設立、彼が死の直前に設立したEric and Salome Estorick Foundationに自分のイタリア・アートのコレクションを寄付した。1998年に現在地に美術館がオープン。コレクションの柱は、ジャコモ・バッラウンベルト・ボッチョーニカルロ・カッラジーノ・セヴェリーニルイージ・ルッソロといった未来派の作品だが、ジョルジョ・デ・キリコアメデオ・モディリアーニジョルジョ・モランディマリオ・シローニマリノ・マリーニなどイタリア人アーティストのフィギュラティヴ・アートや彫刻作品も保有する。

現在は、「Double Portrait: Ida Barbarigo and Zoran Music」展(写真上から2、3番目)を開催中。コレクションの創始者であるエストリック夫妻とも交友のあった、オーストリア=ハンガリー帝国スロヴェニア生まれでベニスを拠点にした画家・Zoran Mušičゾラン・ムジチ)とその妻でベニス生まれの画家・
Ida Barbarigo(イダ・バルバリゴ)の回顧展で、絵画、写真、手紙などが展示されている(参照:artdaily)。

また、1階にあるイタリアン・カフェで、日替わりランチやイタリアン・コーヒー、ケーキを注文し、建物の外の庭にあるテーブルで頂くのもお薦め。カフェだけなら入場料不要です。

The Estorick Collection of Modern Italian Art is a small museum devoted to modern Italian art, facing Canonbury Square in Islington‘s quiet residential area. The Estorick Collection was founded by American sociologist and writer Eric Estorick. He set up the Eric and Salome Estorick Foundation
 prior to his death, to which he donated all his Italian works. The museum opened in 1998 in the current location, and the core of the collection is its Futurist works by Futurism’s main protagonists such as Giacomo BallaUmberto BoccioniCarlo CarràGino SeveriniLuigi Russolo and Ardengo Soffici, as well as figurative art and sculpture by Giorgio de ChiricoAmedeo ModiglianiGiorgio MorandiMario Sironi and Marino Marini, dating from 1890 to the 1950s.

Current exhibition at the museum is “Double Portrait: Ida Barbarigo and Zoran Music” (2nd and 3rd photos), a retrospective of husband and wife artists based in Venice and close friends of Eric and Salome Estorick, Slovenian-born survivor of a Nazi concentration camp Zoran Mušič and Venetian Ida Barbarigo, including paintings, photographs and ephemera (reference: artdaily).

Having lunch and Italian coffee with cake from an Italian café on the ground floor
at outdoor tables in their cozy garden  is another way to enjoy the museum – and it is free entrance for the café only!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

“Miró” Exhibition @ Tate Modern

スペイン人シュルレアリスム・アーティスト、ジョアン・ミロの大規模回顧展「Miró」展(4月14日〜9月11日)が、1964年テート・ブリテンでの開催以来、約50年ぶりにテート・モダンで開かれている。

出身地のカタルーニャ地方をモチーフにした初期の作品から、アンドレ・ブルトンとの交友とシュルレアリスム運動への傾倒、勃発したスペイン内戦への不安や怒りと絶望感を反映した感情的な作品、そして原色を多用した三連祭壇画を代表とする、後期のバランスの取れた幅広い作品など、約60年に渡って、バルセロナとパリで作製された、150以上の絵画、ドローイング、彫刻、プリントが一堂に会している。

極めてラテン的で、明るく自由奔放、躍動感溢れるミロの作品は、肩の力が抜け、何だか楽しい気分にさせてくれる。人生に疲れた人にお勧め。美術館を後にする時、きっと心が少し軽くなっているはずです:)

Tate Modern‘s “Miró” exhibition, which is the first major retrospective of Spanish Surrealism artist Joan Miró in London in nearly 50 years since 1964 at Tate Britain,  just started today (April 14 – September 11).

More than 150 paintings, drawings, sculptures and prints, created in Barcelona and Paris, across the six decades of his career are gathered under one roof; from early paintings of his native Catalonia, his experimental style inspired by Surrealism and a friendship with André Masson, anxiety, anger and despair-driven works during Spanish civil war, to a rich variety of mature and balanced works at the later period including triptychs with intense colors.

Miró’s exuberant, dynamic and quite ‘Latin’ works let our hair down and gives us energy – highly recommended for people who are tired and stressed out, or who lost hope in life. I guarantee that you’ll leave the museum, feeling a bit better :)

Vodpod videos no longer available.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Hydrogen Bus @ Southbank Mix

Bankside Mix(バンクサイド・ミックス)に最近オープンしたVapianoに行った時に見かけた、Hydrogen Bus(水素バス)。調べてみたら、EUのCUTE(Cleaner Urban Transport for Europe)プロジェクトの一環として、2003〜2007年に試用期間を経て、昨年12月から本格的に運用開始されたという(tfl informationガーディアン紙記事)。同時に、イギリス最大の水素供給ステーションが東ロンドンのLeytonにオープンした。

ロンドンでは毎年、4300人が大気汚染によって命を落としているという。水素バスは、水蒸気を排出するだけで、大気汚染はゼロ。タンク一杯の水素で、18時間以上運転可能だそうだ。現在、水素バスが走っているRV1ルートは、ロンドン塔テート・モダンサウス・バンク・センターロンドン・アイコヴェント・ガーデンなど、主な観光地を結ぶので、環境に優しい都市・ロンドンをアピールするのにぴったり。環境保護に執念を燃やすボリス・ジョンソン市長は、オリンピックの開催される2012年には、15台の水素タクシーを含む最低150台の水素自動車の導入を目標としている。しかし、水素燃料のタクシーがたったの15台って、少なくない?助成金が出てもコストがかかり過ぎて、この不況の中、個人経営のタクシーには敬遠されるのか。

ちなみにバンクサイド・ミックスのVapianoは、壁一杯の窓から入る太陽光で明るく広々としていて、しかもオープンから間もないせいか客も少なく、ゆったりできる。テート・モダンやバラ・マーケット(周りのレストランはいつも混んでいる)に行くなら、穴場です。

We saw a hydrogen Bus stopping at a bus stop in front of the Bankside Mix, when we went to newly opened Vapiano at the Bankside Mix. After a trial of three hydrogen buses in London between 2003 and 2007 as part of the EU-sponsored CUTE (Cleaner Urban Transport for Europe), the UK’s first permanent hydrogen bus was launched in December 2011 (tfl information / the Guardian article). At the same time, the UK’s largest hydrogen refuelling station opened in Leyton, east London.

It is said that more than 4,300 people lost their lives in London due to poor air quality every year. All that comes out of these hydrogen buses is water vapour and the vehicle can operate for more than 18 hours without refueling. RV1 route, where currently hydrogen buses are operated, connects popular tourist attractions such as the Tower of London, the Tate Modern, the South Bank arts complex, the London Eye and Covent Garden – perfect to appeal ‘clean’ London to visitors. Green-obsessed London mayor Boris Johnson aims to encourage a minimum of 150 hydrogen-powered vehicles on the road by 2012 including 15 hydrogen-powered taxis. Great, but isn’t the number of hydrogen taxis too small? Probably cost conscious self-employed taxi owners don’t want to spend too much money to upgrade to low emission vehicles under this recession, even with some financial incentive from the city government.

By the way, I recommend Vapiano at the Bankside Mix when you go to the Tate Modern or nearby Borough Market where restaurants around are always packed – it is spacious and bright with plenty of sunshine coming through floor-to-ceiling windows, and not many people know it at this moment as opened recently.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

London Landscape Greeting Cards by The Art Rooms

先日、サーチ・ギャラリーに行った時に買った、グリーティング・カード(各£2.99)。ロンドンの風景のシルエットと、鮮やかな原色カラーを組み合わせた、シンプルだけど洗練されたデザインがとても素敵。このLandscapesシリーズには、ロンドンの他、ヨークシャー、スコットランド、湖水地方のものがある。作っているのは、2007年創業のThe Art Rooms社。「Inspired by the UK. Designed in the UK. Made in the UK.(イギリスにインスピレーションを受け、イギリスでデザイン。イギリス製)」を謳い、グリーティング・カード、プリント、台所用品やギフトを扱っている。同じくロンドン各地の風景を扱ったポストカードマグカップテーブルマット、コースターもあり、ロンドン土産として喜ばれそう。ミュージアムショップやデザイン系雑貨を扱う店の他、オンラインストアでも買える。

These are the greeting cards (£2.99@) we purchased at the Saatchi Gallery. The design of combining a silhouette of London landscape with block of bright color is simple yet sleek. This landscapes series of greeting cards also includes Yorkshire, Scotland, and Lake district, as well as London. The The Art Rooms, which produced the greeting cards, was founded in 2007 and designs and creates greeting cards, prints kitchenware and gifts, with a concept of “Inspired by the UK. Designed in the UK. Made in the UK.” There are also postcardsbone china mugstable mats and coasters with London’s landscapes, and those are perfect souvenirs from London. You can buy them at selected stores or at their online shop.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information *今日はポスター特集です / all about charity posters today

Newspeak: British Art Now @ The Saatchi Gallery

Duke of York Squareに行った時に、隣接するDuke of York’s HQにあるSaatchi Galleryサーチ・ギャラリー)で、「Newspeak: British Art Now Part II」展(〜4月30日)を観た。このギャラリーは、広告代理店「サーチ・アンド・サーチ」(Saatchi & Saatchi)の共同創業者で、アート・コレクターのチャールズ・サーチ氏が、自らのコンテンポラリー・アート・コレクションを公開するために、1985年に北ロンドンのSt John’s Wood(セント・ジョンズ・ウッド)に設立したもの。その後、2003年にサウスバンクの旧ロンドン市庁舎(カウンティ・ホール)に移転、そして2008年にはDuke of York’s HQに再移転。そのオープニングには、「The Revolution Continues: New Chinese Art(革命は続く:新しい中国アート)」と題した中国の現代アーティスト展を開催し、話題を呼んだ。サーチ・ギャラリーはその25年間の歴史の中で、ダミアン・ハーストやトレイシー・エミンを代表とするYBA(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)をはじめ、無名の新進アーティストを発掘・作品の発表の場を提供、数々の論議を巻き起こしながらも、イギリスのアート界に大きな影響を与え続けてきた。昨年7月、サーチ氏は200以上のコレクションとギャラリーを政府に寄贈することを発表、「Museum of Contemporary Art for Londonとなるのだそう(BBCニュース)。なんて太っ腹な。

オープンから約1年半経つのというのに、この新しいギャラリーに来たのは、実は今回が初めて。今回観た、イギリスの現代アートを紹介する「Newspeak: British Art Now Part II」は、強烈な印象を持つ作品や心に残る作品が見当たらない、少し小粒な展覧会だったけれど、4フロア計13室の新しいギャラリーは以前の少し薄暗い建物に比べ、明るく広々としていて、気持ちがいい。入場料も無料なので、気軽に足を運べるのも嬉しい。ただ、ギャラリー前の公園は立ち入り禁止なのが残念。アート鑑賞後、リラックスするのに最適の場所なのに。

When we went to Duke of York Square, we also saw  “Newspeak: British Art Now Part II” exhibition (– April 30) at the Saatchi Gallery at nearby Duke of York’s HQ. Charles Saatchi, an art collector and the co-founder of global advertising agency Saatchi & Saatchi, opened the gallery in 1985 in order to exhibit his contemporary art collection to the public in St John’s Wood, North London. The gallery moved to County Hall on the Southbank in 2003, then to Duke of York’s HQ in 2008 with inaugural exhibition of “the Revolution Continues: New Chinese Art,” showcasing emerging contemporary Chinese art. The gallery has discovered many unknown artists including Damien Hirst and Tracey Emin as well as other YBAs and brought them to stardom, but also often caused media controversy, but it has been giving a big impact on British art throughout 25 years of its history. Last year, it was announced that more than 200 works and the gallery would be given to the British public, becoming the Museum of Contemporary Art for London (BBC news) – how generous of Mr. Saatchi!

It was the first time for us to visit the gallery in this new location, though it reopened a year and half ago. “The Newspeak: British Art Now Part II“, exhibiting emergent British contemporary art, didn’t offer us much without any strong impression nor eye-opening experience, but new gallery space with total of 13 rooms on four floors is bright and airy, and pleasant place to enjoy art, with a big incentive of free admission. It is a shame that we couldn’t relax in the park in front, which was off limit, after stroll around this large gallery.

Ximena Garrido-Leccaの作品「The Followers」。花や写真、さまざまなオブジェで飾られた、母国のペルーの「nichos(ニチョス)」と呼ばれる壁墓(イタリアもそうだけれど、近年は場所の節約のため、壁にお墓が埋め込まれている)を再現した、キッチュな作品。

The Followers” by Ximena Garrido-Lecca is a reproduction of a burial wall “nichos” from her native Peru, where it is customary to adorn graves with flowers, photographs and objects. Very kitsch.

私のお気に入りの作品、イギリス人アーティスト・Richard Wilsonの「20:50」。サーチ・ギャラリーで唯一のパーマネント・インスタレーションで、1991年からずっと展示されている。展示室13の床は、タイトルである「20:50」と呼ばれる、厚くて真っ黒なリサイクルされたエンジンオイルで覆われ、部屋の構造を映し出す。最初は床が黒い鏡でできているのかと思った。

My favorite work in the gallery, “20:50“, created by British artist Richard Wilson. This is the only permanent installation at the Saatchi Gallery and has been continuously shown in each of the gallery’s venues since 1991. The room 13 is entirely flooded in thick and pitch black oil, which the title “20:50” takes its name from the type of recycled engine oil used – it reflects the architecture of the room. Thought the floor was made of black mirror – great idea.

地下にあるショップ。

The museum shop on the lower ground floor.

どうやら、オーナーであるサーチ氏を偶然撮影してしまったらしい。カメラを構えている時は気づかなかったけれど、後からMに「あれは絶対彼だよ」と言われた。サーチ氏に似ているけれど、本当かな?

It seems that I happened to take a photo of Mr. Saatchi. I didn’t notice when I held my camera up, but M told me he believed it was him. Isn’t it him for real?!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information