Monthly Archives: September 2011

Ombra Venetian Restaurant @ Vyner Street, Hackney

ベニス風イタリアン・レストラン、Ombra(オンブラ)は、ハックニーのMare street(メア・ストリート)沿いにあるちょっとくたびれたビルの中にある。その古びた外観とは裏腹に、中はカラフルでファンキーなテーブル&チェアが並べられ、明るくポップに仕上がっている。テーブルに置かれた、水入りのカットグラスのデカンターや、イタリアのトラットリアでよく使われている黄土色の紙を切っただけのテーブルマットが、イタリアっぽい。

壁に掲げられた黒板に手書きされたメニューは至ってシンプル(午後遅めの時間に行ったからかもしれないが)。手作りスパゲッティのチェリートマトソースまたはミックスマッシュルーム(£6)、ポークフィレのバター、セージ、レモンソースがけ、マッシュポテトとロケットサラダ添え(£8)、ロケット、洋梨、くるみ、パルメザンチーズのサラダ(£7)、そしてデザートのパンナコッタ(£4)のみ。私たちはスパゲッティ・トマトソースとポークフィレを注文。何故かマッシュルームのスパゲッティとポークフィレが出てきたが、それも美味しそうだったので頂いた。パスタは少しドライだったけれど、2品ともは見た目も良くて、味も本格的。新鮮な素材を使って、ちゃんと料理されている。食事と共に出されるフォカッチャも、もちもちふわふわで美味しい(手作りかどうかは不明)。食後のエスプレッソも文句のつけどころがない。気取りない雰囲気に、同じく気取りのないフード類が気に入った。店の見た目からは想像できなかったけれど、久しぶりの大当たりかも。イブニング・スタンダード紙の批評によると、混雑する昼時やディナータイムはカオスみたいなので、遅いランチにまた是非訪れたいお店。

Ombra Italian Restaurant sits inside an beaten up ugly building on Mare street in Hackney. But on contrary to its scary appearance, inside is cheerfully decorated with colourful funky tables and chairs, with a touch of Italy, such as cut glass water decanters on tables and placemats cut out of coarse buff papers, which are often used in trattorias & bars in Italy.

Menu on a black board is short & simple (possibly because we popped in late afternoon?): homemade spaghetti with cherry tomato sauce or mixed mushrooms (£6), pork filet in butter sage & lemon sauce served with mash & salad (£8), rocket salad with pear, walnuts, parmesan cheese (£7), and panna cotta (£4). That’s it. E basta. We ordered spaghetti with tomato sauce and pork filet, and got spaghetti with mushrooms instead and pork filet. That’s OK because spaghetti with mushrooms looked delicious as well. Looking good, and tasted great though spaghetti was a bit dry – freshly cooked with fresh ingredients. We love them! Focaccia bread served with meals was also excellent (I am not sure if it is handmade). And espresso after the meal is flawless. Nothing to complain, other than a small mistake in my order. Casual + laid-back atmosphere and no-nonsense food. It seems to be a bit chaotic during lunch and dinner time (see the ES review), but we will definitely come back for late lunch!

Takeaway/Delivery Food Revolution

先週末のThe Sunday Times(サンデー・タイムズ)付録の雑誌「STYLE」の記事によると、イギリスでは今、テークアウト&デリバリー革命が起きているという(タイムズのオンライン記事は有料なのでリンク不可)。少し大げさな表現だけれど、かつてデリバリーやテークアウトと言えば、ピザやチャイニーズ、ケバブと言ったチープで不健康な食べ物というイメージがあったが、不況の影響か、最近ハイクオリティ・フードも市場に参入してきた。The Ivy、Le Caprice、Scott’sなどを展開する高級レストラングループのCaprice Holdingsは最近テークアウトをも始め、その値段はレストラン価格の3分の1ほどだという。また、日本食の有名店・Nobuも、持ち帰り用手作り寿司ボックス(12人分£528.75!)を今月から始める。コンテンポラリー・アジアン・レストランXOは、近くにあるデリXO to GOで、温めるだけの持ち帰りメニューを扱う。

また、9月12日にスタートしたばかりのHousebites.comは、近くに住むシェフが自分のキッチンで調理した食べ物を配達してくれるというユニークなサービス。郵便番号を入力すると、配達可能エリアのシェフが調理中のメニューが写真付きで出るので、オーダーしたい料理と希望配達時間を選び、オンラインで決済。後は注文が届けられるのを待つだけ。シェフと言っても、プロの料理人から、料理が得意な素人まで様々。顔写真をクリックすると、プロフィールと利用者のレビューが見られる(今は始まったばかりでレビューはほとんどない)。試しに自分の郵便番号を入れてみる。始まったばかりのサービスだからか、出てきたのはシェフ3人だけ。でもその中の1人のパエリアが美味しそう。

でも、プロの味まで家にいながら味わえるようになると、特に冬なんか、ますます出不精になりそうだなあ。

I read the article about recent changes in take-out/delivery food market in UK on the last weekend’s Sunday Times ‘STYLE’ magazine (I can’t link the article as the Times charges you to read online article). Before, takeaway food meant cheap and often unhealthy food such as pizza, Chinese and Kebab, but now high quality food is also available on the market, as byproduct of the recent recession. Caprice Holdings fine-dining chain that owns The Ivy, Rivington Grill, Le Caprice and Scott’s, now offers their food for takeaway, with the the price of a third of the restaurants’. Posh Japanese Nobu launches takeaway Tedukuri (=make your own) Sushi Box (£528.75!! For up to 12 people) this month. Contemporary pan-Asian restaurant XO sells “Ready to Heat” food at a nearby deli XO to GO.

On the other hand, Housebites.com, just started few days ago, offers a unique system to connect customers and chefs in the local area. The system is simple; enter your postcode, browse and choose from the menus by chef in your area as well as delivery slot, and pay online. That’s it. Just wait your food to arrive at your doorstep. These ‘chef’ can be experienced professional chef or just a great cook providing delicious meals to friends and family. Click a photo, and you will get the chef’s profile and customers’ review, though there in almost no reviews now because the service is just started. I put my postcode as a test. I got 3 chefs around my area – paellas cooked by one of them looked delicious.

I am already a stay-at-home type, and if I can have even meals prepared by professional at home, I would never go out!!

Grand Opening of Westfield Stratford City: the Biggest Shopping Centre in Europe

2012年オリンピック・パークの横に建設されていた、ヨーロッパ最大となるショッピングセンター、Westfield Stratford City(ウェストフィールド・ストラットフォード・シティ)が、今日オープンした。その初日には、開店特別割引を求めて1万人以上の人々が来店、何人かは一番乗りを目指して20時間も行列を作って待っていたそうだ。ロンドン市長ボリス・ジョンソンやオーストラリア資本のWestfield group関係者によるお決まりのテープカットで開店。オープニングイベントとして、元プッシーキャット・ドールズのリードシンガーでF1ドライバーのルイス・ハミルトンの彼女、ニコール・シャージンガーのパフォーマンスが行われた。→ 写真や詳細はこちら: Telegraph | Daily Mail | the Sun

Shepherd’s Bush(シェファーズ・ブッシュ)のWestfield London(オープン3年経ってもまだ行ったことがないけど)に続いて出来たこのショッピングセンター、総工費は約14.5億ポンド。サッカー場約25つ分の190万平方フィート(約17万6516平方メートル)の広さを誇り、John Lewis(ジョン・ルイス)やMarks and Spencer(マークス&スペンサー)の2大デパートを含む300以上のショップ、飲食店約70軒、ホテル3軒、14スクリーンある映画館、ボーリング場、そしてイギリス最大のカジノ(カジノがイギリスで合法だと知らなかった)がテナントとして入っている。まだオープンしていない店舗もちらほら見えるけれど、クリスマスまでには全て開店する予定。来年のオリンピックの大きな目玉の一つになると期待されている。このショッピングセンターの開店に伴い、店員1万人を含む約1万8000の仕事が創り出され、そのうち約20%の仕事は地元の失業者に割り当てられたそうだ。

この華々しい巨大ショッピングセンターのオープンは、IOCがどれだけ美辞麗句を並べ立てようが、オリンピックが大ビジネスであることを思い出させる。オリンピックを主催するには、何と言っても投資とお金が必要で、貧乏国には無理。その証拠に、2004年のホスト国ギリシャが巨額のローンを抱えて、破綻寸前のはご存知の通り。別に商業主義を批判している訳じゃないし、お金を出すならリターンを求めるのは仕方ないことだと思うけれど、オリンピズムなど白々しい理想論を掲げて、誤摩化さなくてもいいんじゃないかと思う。どうせ皆知ってるんだし。

The Europe’s biggest shopping centre, Westfield Stratford City located next to the 2012 Olympic park in east London, opened its door to the public today. Over 10,000 shoppers, some queued for up to 20 hours, flowed in the shopping centre to grab a bargain with Day One special discounts, and enjoyed a performance by Nicole Scherzinger, the former singer of the Pussycat Dolls and girlfriend of F-1 driver Lewis Hamilton, as well as less excited ceremony of cutting ribbon by London mayor Boris Johnson, together with gangs of the Australian Westfield group. It will be one of the big attraction for visitors to next summer’s Olympics. → See photos & details: TelegraphDaily Mail | the Sun

A sister mall of Westfield London in Shepherd’s Bush (I still haven’t never been after 3 years of opening!)this £1.45 billion & 1.9 million ft² (=about 25 football pitches!) shopping centre houses more than 300 stores, including John Lewis and Marks and Spencer occupying large areas of the mall,  70 restaurants, a 14-screen cinema, three hotels, a bowling alley and the UK’s largest casino (I didn’t know that casino is legal in UK). However, some retail spaces are still unopened but are expected to open before Christmas. It is estimated that the centre has created around 18,000 permanent jobs including 10,000 in shops, about 20% of which went to the local long-term unemployed.

This event is another reminder for me that the Olympic is all (at least big part of it, if not all) about business, no matter what idealistic and pompous words IOC uses. You need investment and money to host the Games and poor countries cannot afford to. And whoever pay for it wants share. Greece couldn’t afford it but hosted it with huge loans, and has gone bust. I am not complaining or rather understand the system, but I just don’t like hypocrisy to disguise the commercialism – everyone knows it already!

Stormy Day in UK

traffic

昨日の夜から風が強くなり、今日は一日中ビュービュー風が吹いている。8月29日にカーボベルデ南部の熱帯波から発生したHurricane Katiaハリケーン・カティア)は、当初アメリカ東海岸に向かうと予測されていたが、カリブ海辺りでその行き先を変え、大西洋を越えて昨夜イギリスにやってきたのだ。ピーク時にシンプソン・スケールでカテゴリー4を記録したこのハリケーンの影響により、スコットランド、北アイルランド、イングランド北部、ウェールズ北部は強風・高波や強い雨に見舞われた。高波警報が出され、列車やフェリーなど交通網は大混乱、倒れた木々が事故を引き起こし、大規模停電や建物の損壊も報告されている。またツアー・オブ・ブリテンの第2ステージもキャンセルされた。→被害の様子はこちら:デイリーメール紙テレグラフ紙サン紙

幸いロンドンは、自転車に乗っても前になかなか進めない、という程度の風の強さで、特に被害も報告されていない。明日はその威力は弱まり、明日以降は平常に戻るそう。様々な被害を巻き起こしているこのハリケーン、楽しんでいるのはサーファーだけ?

The strong wind has started to blow since yesterday night, and has been making this annoying noise all day today. This gale is because of Hurricane Katia, developed from a tropical wave south of the Cape Verde Islands on August 29; it had been expected to hit US coastal regions but changed course from the Caribbean and arrived Britain last night. Katia, rated as a category four hurricane on the Saffir–Simpson Hurricane Scale at its peak, have been bringing high tides, strong winds and rains to Scotland, Northern Ireland, northern England and north Wales. Flood alerts have been issued, with road, rail and ferry travel widely disrupted. Uprooted trees caused accidents and large scale power cuts and damages to buildings have been reported. The second stage of the Tour of Britain was cancelled as well. → See the damages here: Daily Mail | Telegraph | the Sun

Fortunately, London hasn’t been hit hard, and no specific damage has been reported. Just some winds, which was strong enough to push me back when I was on my bike. The storm will be ease tomorrow, and it will get back to normal after tomorrow. Katia has been causing major disruption, but only surfers seem to enjoy the big waves!

Lifetime Ban on Gay/Bisexual Men Donating Blood will be Lifted

北アイルランド(近く審議開始予定)を除くイギリスで、ゲイ/バイセクシュアルの男性の献血を禁じた規制が、11月7日に撤廃されることが決まった。この規制を裏付ける根拠がないとの報告を政府が承認、これにより、12ヶ月以上他の男性と性交渉を持たなかった同性愛・両性愛の男性の献血が可能になる(参考:テレグラフ紙/BBCニュース)。この規制は80年代に、血液を介してHIV/AIDSが蔓延することを防ぐために導入されたが、その後HIV検査はより正確になり、研究や科学的知識も進化。その結果、規制の根拠なしと認定された。それに、同性愛者に対する偏見を反映し、差別的だという批判も大きかった。確かに、お酒を飲み過ぎて誰彼構わず寝たりする異性愛の若者が献血できて、同性愛者だからというだけで献血できないのはおかしな話だ。

オーストラリア、日本、スウェーデンなどの国は同じく12ヶ月間性交渉なしという条件で献血可(南アフリカは6ヶ月)だが、カナダやアメリカでは未だ不可だという。イギリスでは、売春婦や元売春婦、または一度でも麻薬注射の経験のある人は献血できない。また、アフリカなどHIV/AIDS感染率の高い国で性的にアクティブだった人たちなど、ハイリスク・グループに属する人たちも、12ヶ月は献血できないとされている(献血基準はこちら)。

このニュースを見るまで、この規制のことは全く知らなかった。でも実は私も、日本では献血できない。というのも、過去イギリスで狂牛病が発生したため、1980〜1996年の間にイギリスに合計30日以上または1997〜2004年までの間に合計6ヶ月以上滞在した経験があると、献血資格がないのだ(詳細はこちら)。献血を受ける人たちの健康を守るために、厳しい規制も時に必要だと思う。同時に、献血をする側も、他の人にリスクを与えないよう、献血の際に、自分が献血資格ありかどうか知っておくのも大事だと思った。

Lifetime ban on gay/bisexual men donating blood will be lifted from November 7th in UK (except Northern Ireland which will discuss later) after a new review found no evidence to support the ban, and gay or bisexual men can be blood donors if they haven’t had sex with another man in the past 12 months (Telegraph/BBC News). This policy was first adopted in the 1980s to prevent the risk of HIV/AIDS to spread in the blood supply. However the time has changed, and HIV test has become more accurate and scientific research and knowledge have been advanced since 80’s. The policy has also been criticised as discriminatory, reflecting prejudice and stigma against homosexuals. It’s true that the regulation cannot be justified when young people who binge-drink and sleep with anyone without protection can donate blood, and gay/bisexual men can’t just because of their sexuality.

Other countries including Australia, Japan, and Sweden have the same 12-month condition and South Africa has introduced a six-month gap, though this kind of ban still remains in Canada and the US. Prostitutes or former prostitutes and anyone who has ever injected drugs are still permanently banned to give blood in UK, and other at-risk groups, such as people who have been sexually active in high-risk countries such as Africa, are banned from donating for a year (click here for details of blood donation criteria).

I didn’t know this policy existed at all until I saw the news. I myself can’t also donate blood in my home country Japan, where anybody who has spent a total of 30+ days in the UK between 1980 and 1996 or a total of 6+months between 1997 and 2004 (see details here), due to the epidemic of Creutzfeldt-Jakob disease in the past. Strict regulations may be necessary for some cases to protect recipients’ health, and also we ourselves should be responsible to be aware of if you are entitled or not before you give blood.