Monthly Archives: November 2011

St. John Hotel & Restaurant @ Leicester Street

今年春に、チャイナタウンのど真ん中、ヒップなW Londonホテルの隣にオープンしたSt.John Hotelスミスフィールド肉市場近くにある、ロンドン一美味しいイギリス料理店との誉れの高い、St. Johnの姉妹店だ。2009年にミシュラン一つ星に輝き、Restaurant magazineによる世界のTop 50レストラン・ランキング常連のSt. Johnは、「nose to tail eating」、内臓や豚の耳、足、しっぽ、骨髄、鴨の心臓など、あまり使われない部位を使用した伝統的イギリス料理で知られる、食通やセレブに人気のあるレストラン。家から近いので、様子見に本店に1度、スピタルフィールズにあるSt. John Bread & Wineに1度行ったことがある。本店では、レバーは苦手なのに、チャレンジ精神からトーストの上にレバーがのった一品をつい頼んでしまい、その臭みに少し閉口。St. John Bread & Wineでは、チキンのローストを頼んだら、丸ごとチキンを目の前にどん!と置かれ、肉を切り分けるのに苦労した。これらの経験に加え、モツや肉の珍部位にはあまり食指が動かないので、しばらく敬遠していたのだが、新しい支店は試しておかねばと、少し前に行ってみた。

内装は、3店に共通する、白黒をベースにダークウッドを使用した、シンプルで明るいインテリア。ただ、他2店に比べて狭い。夜10時という予約時間にも関わらず満席、隣のテーブルと距離が近すぎて、なんだか窮屈に感じる。来る前にアペタイザーをつまみながら飲んでいたので、この日は二人で、羊の舌とチコリの前菜(£8:写真下)とクレソンのサラダ(£5.50)、チキンパイ(2人分£32:写真下)と、軽めに注文。新鮮な材料に洗練された味付け、味も悪くないのだけれど、羊の舌の食感と独特の匂いはやっぱりちょっと苦手(牛タンは好きだけど)。そしてパイは二人分にしてもデカく途中飽きがくるので、一人分の大きさで、他にもう一品頼んでシェアしたいところ。メニューのバリエーションも少なく、シンプルなイギリス料理としては値が張る。私的にはCanteenに軍配を上げたい。

A sister restaurant of St. John, reputed as London’s No.1 British restaurant, St.John Hotel opened in spring 2011 in the midst of Chinatown, next to hip design hotel, W London Leicester Square. Regularly placed in Restaurant magazine‘s annual list of the Top 50 restaurants in the world and awarded a Michelin star in 2009,  St. John, located near Smithfield meat market, specialises in “nose to tail eating”, using offal and rare cuts such as pigs’ ears and tails, trotters, ducks’ heart, and bone marrow, cooked with traditional British recipes. It is a favourite eating out place for celebs and foodies. We live nearby, so we tried St. John and St. John Bread & Wine near Spitalfields one time each. I ordered lever on toast at St. John, though I don’t fancy lever, and I didn’t like it as I anticipated – don’t say I shouldn’t have ordered from the begining… We ordered chicken roast for two at St. John Bread & Wine, and got a whole chicken without someone slicing for us and we ended up messing our plate… With these experiences and the fact that I don’t fancy internal organs and pig’s outer parts, I had been avoiding St. John since then, but I gave one more chance to their new branch in Chinatown.

Its black & white-based interior with dark wood furniture is simple and bright, like other two restaurants, but the space is tighter than others and almost claustrophobic with very little space between tables. It was nearly full, even at 1opm reservation slot, and this didn’t help us breath either. As we had some drinks and nibbles before we went there, we just order lamb tongue with chicory (£8: photo below), watercress salad (£5.50) and chicken pie (£32 for two: photo below). Yes, the ingredients were fresh and dishes tasted good, but I didn’t like the texture and strange smell of the tongue (though I love sliced & sauteed beef tongue). The pie was too big, even for two, and got bored with it at the end – it would be better if it was a portion for one so we could order another dish to share. The menu is short and pricey as non-complicated dishes with cheaper cuts. I would rather go for more casual Canteen than St. John’s gangs.

The Unilever Series: Tacita Dean @ Tate Modern

一昨年の「Miroslaw Balka: HOW IT IS」、昨年の「Ai Wweiwei: SUNFLOWER SEEDS」に続き、テート・モダンの第12回Unilever Series(ユニリーバ・シリーズ)作品は、イギリス人ヴィジュアル・アーティストTacita Deanの映像インスタレーション(10月11日〜翌年3月11日)。ユニリーバ・シリーズ初の動画作品だそうだ。

めまぐるしく移り変わる、白黒、カラー、そしてその上に手で彩色が施された様々な映像を紡いだ、音声・音響なしの35mm作品(11分)が、タービン・ホールに設置された13mもの高さの一枚岩に写し出される。近年のデジタル化に対し、アナログ映像技術の高さと美しさを誇示した、スケールの大きい作品。一枚岩は、スタンリー・キューブリックの名作「2001年宇宙の旅」に登場するミステリアスな黒い一枚岩を喚起させる。ビジュアル的には面白い部分もあるけれど、次々と現れるイメージの関係性が私には残念ながら全く分からない。

After “Miroslaw Balka: HOW IT IS“, “Ai Wweiwei: SUNFLOWER SEEDS“, Tate Modern‘s twelfth commission in the Unilever Series is British visual artist Tacita Dean’s visual installation (October 11  –  March 11, 2012). It is the first work in the Unilever Series devoted to the moving image.

This 11-minute silent 35mm film with a sequence of every changing black & white, colour, and hand-tinted images is projected onto a 13m tall white monolith at the end of a darkened Turbine Hall. The large scale work shows us a beauty of analogue film as well as its skilful techniques as opposed to recent overpowering digital images. It also evokes the gigantic mysterious black monolith from the Kubrick‘s science fiction masterpiece “2001: A Space Odyssey (1968).” Visually interesting at the beginning, but I got a bit bored soon as I couldn’t see a connection between each image, unfortunately…

Sunbury Antiques Market @ Kempton Park Racecourse

Waterloo(ウォータールー)駅から電車で約45分。Kempton Park Racecourse(ケンプトン・パーク競馬場)で、毎月第2・最終火曜日に開催される、イギリス最大アンティーク・マーケット、Sunbury Antiques Market(サンバリー・アンティーク・マーケット)に初めて行った。

1979年に始まった、愛称「Kempton(ケンプトン)」「Kempton Park(ケンプトン・パーク)」で親しまれるこのマーケット、屋内に350、屋外に350以上出店する大規模なもので、早朝6時半から始まり、昼頃には多くが店仕舞する。西洋・東洋、アフリカと国を問わず、家具や銀製品、ジュエリー、洋服、おもちゃ、食器類といった正統派アンティークから、訳の分からないガラクタやオブジェまで、古ければ何でもあり。入場料・駐車場は無料で値段も安く、プロのディーラーも掘り出し物目当てに仕入れにくるそうだ。日本人の駐妻御用達という噂どおり、日本人とおぼしきグループも多い。インターネットで調べると、日本人ブロガーの記事が延々と出てきてびっくり。どれくらい知識があるかは別として(別に知識がなくても好きならいいと思うけど)、日本人はアンティークが好きなんだなとつくづく思う。

かくいう私はアンティーク知識はほぼゼロ。まあ1時間ほど見ればいいかと、気軽に足を踏み入れたのだが、そのスケールに圧倒される。アンティークにさほど興味はなったけれど、ぶらぶら見て回るだけでとにかく楽しくて、もっと早い時間に行けば良かったと後悔した。うちから遠いし、朝早いのは苦手なので、今度はいつ行けることやら。

For the first time, I went to Sunbury Antiques Market, held bi-monthly (second and last Tuesday) at Kempton Park Racecourse, 45-minute train journey from Waterloo station.

Started in 1979, Sunbury Antiques Market is the largest antique market in UK. From 6:30 AM till sellers decide to wrap up their stools (normally around noon), over 700 stallholders (350 stalls inside & over 350 outside) sell anything old – from mainstream antiques such as furniture, silverware, jewellery, ceramics, kitchenallia, vintage fashion, and toys, to ethnic crafts and bric-a-brac which I have no clue what it is for. Entrance fee & parking are free, and the prices are cheaper than more touristy Portobello Market, and it attracts professional dealers as well. It is popular among chū-tsuma (駐妻: wives of Japanese expats), and you can see plenty of them there, as well as Koreans and Chinese who may look the same. When I searched about the market on the internet, the result showed loads of Japanese female bloggers talking about it – Japanese women really love antiques, no matter if they have any knowledge or not.

I went there casually with almost zero knowledge in antiques but just for fun, thinking that one-hour stay was well enough, but I was wrong. I was utterly overwhelmed by its scale. I am not a big antique fan, but it was so exciting that I stayed there until most of the dealers finished packing their stuffs. I should have gone there much earlier (I arrived at around 10:30 AM)! I am a night owl and the market is far from home, so I don’t know when I can go there next time…

後ろには競馬のコースが見える / You can see the racecourse on the back

外は屋根もなく、商品がむき出しで置かれている / Outside stalls are hard-standing without roof

ごちゃごちゃとした屋内ストール / Indoor stalls – a bit claustrophobic

Julian Opie Installation @ Barbican Centre

Vodpod videos no longer available.

バービカン・センターの屋外テラス・Lakesideに置かれている、イギリス人ビジュアル・アーティストJulian Opieジュリアン・オピー)のLEDインスタレーション作品。イギリスを代表する現代美術家のジュリアン・オピーは、フラットでポップな色使いに、太線と点で描かれた、ディテールを省いたシンプルな人物ポートレートが作風の、Michael Craig-Martin(マイケル・クレイグ・マーティン)と並んで、私のお気に入りのアーティストの1人。

この作品は、今年夏にバービカン・センターで開催されていた、「Watch Me Move: The Animation Show」の一環らしい。オレンジ色のLEDディスプレイ2台に、女性(左/写真)と男性(右/写真)が歩く姿が写し出されている。催眠術のように、ずーっと見ていても飽きない。

This is a LED installation by British visual artist Julian Opie, placed on the Lakeside outdoor terrace at the Barbican Centre. His signature portraits are characterised by minimal details composed of black outlines and circle and flat colours. He is one of my favorite artists, together with Michael Craig-Martin.

I believe that this work is a part of this year’s summer show “Watch Me Move: The Animation Show” at Barbican. Two orange LED displays, woman on the left (photo) and man on the right (photo), are showing them walking. It is hypnotic and I can watch them all day!

“Joan of Arc: Voices of Light” by London Symphony Orchestra @ Barbican Centre

先日日曜日、バービカン・センターで行われた、London Symphony Orchestra(LSO:ロンドン交響楽団)のコンサート「Joan of Arc: Voices of Light」を観に行った。このコンサートでは、カール・ドライヤー監督のサイレント映画「裁かるゝジャンヌ(1928年)」の映像を背景に、アメリカ人作曲家のRichard Einhorn(リチャード・エインホーン)がこの映画に影響を受けて1994年に作曲したオラトリオ・「Voices of Light」を、女性指揮者Marin Alsopマリン・オールソップ)率いるLSOが演奏した。

裁かるゝジャンヌ」では、大天使ミカエルの「声」を聞き、百年戦争の際、イングランドによる支配からフランスを救った英雄ジャンヌ・ダルクが、敵対するブルゴーニュ軍に捕らえられてイングランド軍に引き渡された末、異端審問裁判で「悪魔の子」の烙印を押され、火刑に処せられるまでが描かれている。ラテン語と古フランス語で書かれた、聖書やジャンヌ・ダルクを含む中世の女性による著作からの引用で構成された詞は、ソロイストとコーラスによって美しく歌い上げられ、そのミニマルで荘厳な音楽からは、白黒の映像と相まって、若干19歳で悲劇の最後を迎えたジャンヌの恐怖と苦しみが切なく伝わってくる。YouYubeでもこの映画と音楽のコラボが見れるので(リンク)、ご興味ある方は是非!

We went to London Symphony Orchestra (LSO)’s “Joan of Arc: Voices of Light” at the Barbican Centre last Sunday. In this concert, live performance by a leading female conductor Marin Alsop and LSO of Richard Einhorn‘s oratorio “Voices of Light” (1994),  inspired by this classic film, was accompanied screening of the  Carl Theodor Dreyer‘s silent film “The Passion of Joan of Arc ” (1928).

The Passion of Joan of Arc ” is a story of Joan of Arc,  a national heroine of France and a Catholic saint, who heard the voice of  Saint Michael and liberated France from English occupation during the Hundred Years’ War. It summarises the time from the Rehabilitation trial after being captivated by English and Burgundian to imprisonment, torture, and the execution by burning.

A libretto in Latin and antique French from the writings of Joan of Arc, medieval mystics and the Bible, was sang beautifully by soloists and chorus. This minimalistic and solemn score, together with the black and white classic silent masterpiece, was deeply moving and vividly conveyed the fear and emotional suffering of young Joan, who once was a savior of France but whose life was tragically terminated with only an age of 19 by one of the most agonising way.

You can also see this film together with the music on YouTube (link), so check it out if you are interested.