Monthly Archives: January 2012

Northern Lights in UK

Vodpod videos no longer available.

Northern lights(オーロラ)が今夜、ロンドンでも見れるかもしれない!?

通常、極域近くにしか現れないオーロラだが、約11年のサイクルで太陽の活動が高まり、「太陽風」と呼ばれるプラズマ粒子が地球上により強力に降下することによって、より緯度の低いエリアでもオーロラが発生するのだそうだ。ここ数日がその時に当たり、日曜夜からスコットランド、北イングランド、北アイルランドでオーロラが観察されており(→写真:テレグラフ記事)、水曜日まで、一定の条件が揃い、かつ運が良ければ、ロンドンを含む南イングランドでも見られる可能性があるそうだ。地球磁場の活動状態によるが、澄んだ空と暗闇が必要。田舎の方が都会より可能性が高く、明るい月夜は難しい。概して午後10時頃から午前2時頃、北の方角に発生するので、その時間帯に北の方を観察するのが(場所によりけりだそうだが)、オーロラに遭遇するチャンスが高くなる。

オーロラは、北スコットランドでは珍しくないそうだが、南イングランドではなかなか見られず、最後にロンドンで観察されたのは1939年とのこと。可能性はあまり高くないみたいだ。

Beautiful northern lights, Aurora or the Aurora Borealis, can be seen in London tonight?!

Normally taking place close to the Arctic, but every 11 years or so, an increase in solar activity causes unusually powerful explosions of particles, to make aurora able to be seen further south. Now is the time. Since late Sunday, aurora has been observed in Scotland, northern England and northern Ireland (→photos: Telegraph), and can be seen until Wednesday, possibly as south as London, with luck and under certain conditions: right magnetic activity which is highly variable; clear skies; and darkness without bright moonlight. Higher probability in the countryside than the city. For the best chance, look to the north which is the direction aurora is usually seen, though it depends where you are, around midnight from 10 pm to 2 am.

Aurora is not uncommon in northern Scotland, but fairly rare in south England and last appearance of this size was in 2003, and the last recording sightings of aurora in London was in 1939.

 

Londonist: Think London, Londoner, Londonist

ブログに書くネタの情報収集をする時、よく行き当たるのがこの「Londonist」ウェブサイト。既にご存知の方も多いかもしれないけれど、私自身もう少しこのサイトのことを知りたいと思って、ちょっと調べてみた。

Londonistは、「website about London and everything that happens in it」(自身のfacebook infoより)、ロンドンとロンドンで起きる様々な出来事をカバーするウェブサイトで、ニュース、イベント、レビュー、アート、カルチャー、ファッション、レストラン&バー、交通、スポーツ、そしてロンドンの歴史や将来まで、何でも来い。そのトピックも、メジャーなものだけでなく、エキセントリックだったり、ちょっと変わった出来事、面白いエピソード、誰も知らない裏話など、ロンドンの違った側面も紹介している。

このサイトは2004年に、一都市に特化した、ニューヨーク発祥のブログネットワーク(Gothamist・ニューヨークの愛称、ゴッサム・シティから取られたと思われる)の一員として立ち上げられた。2006年には、イギリスで最も影響のあるトップブログ50位の一つにランクされ(Hospital Clubより)、2010年にはガーディアン紙の「Top London Blogger」にも選ばれた。同じ2010年には、Gothamistの手からLDN Creativeに移り、Gothamistから独立した提携先となった(Wikipedia / Londonistより)。

ウェブサイトは、良くいえばシンプル、悪くいえば特徴のないデザインだけれど、情報量は豊富。その素晴らしい情報収集力、そしてその情報アップのスピードは、多くの印刷メディア、ロンドンローカルの情報サイトを凌駕している。1万5,605人(本日付)もの人たちが、Londonistのfacebookページで「like」する、ロンドンの住人に支持されているLondonist。私にとっては、雲の上の存在だけれど、ブロガーとして少しでも近づければ、嬉しい。

When I surf over the internet, looking for information for my blog, I sometimes find it within Londonist website. Probably many of you already know about it, but I myself want to know more about it so I researched a bit, and write about it to salute their effort to brighten up us Londoners’ rather boring life otherwise.

Londonist is a comprehensive “website about London and everything that happens in it”, according to its facebook info. It covers news, events, reviews, arts, culture, fashion, restaurants and bars, transports, and sports, as well as history and future of London – literally anything. The website not only deals with mainstream topics but also talks about the other side of the city – eccentricities, quirks, secrets, and surprises.

Londonist was founded in 2004, as a part of US-based Gothamist‘s city-centric blog network. By 2006 it was “ranked in the UK’s 50 most influential blogs” (the Hospital Club), and was awarded the Guardian’s “Top London Blogger” in 2010. In the same year in 2010, Londonist was transferred to the London-based startup LDN Creative and became an independently-operated affiliate of Gothamist (Wikipedia / Londonist).

A look of the website is simple and rather generic, but all what you want to know is likely there. They seem to have loads of excellent informants – their up-to-date information comes out very fast and covers all around the city, beating many print media and London local news sources. Massive 15,606 people  (as of today) “like” the Londonist on its facebook page. It is an achievement!

GREAT Campagin to Promote Britain

イギリスも持つ魅力を世界に売り込むため、キャメロン首相が昨年9月に立ち上げた「GREAT Campaign」。エリザベス女王の即位60周年の記念式典・ダイヤモンド・ジュビリー(6月2〜5日)とロンドン・オリンピックが開催される特別な年にあたる2012年、そしてそれ以降も、UK Trade and Investment(英国貿易投資総省)、Culture Department(文化省)、Foreign Office(外務省)、Visit Britain英国政府観光庁ホームページ)など政府をあげて取り組み、貿易・投資促進、観光客誘致など、観光・ビジネスなどの分野で計10億ポンドの増収を期待する。

これらのイメージは、Countryside(田舎:スコットランドのグレンフィナン陸橋)、Creativity(創造力:ウォレスとグルミット)、 Entrepreneurs(起業家:ヴァージン・グループ創設者サー・リチャード・ブランソン)、Green(再生可能エネルギー技術:イーストロンドンのオリンピック競輪場)、Heritage(歴史:ヘンリー8世)、Innovation(イノベーション:スコットランドの健康関連会社Touch Bionics)、Knowledge(知識:ケンブリッジ大学 コーパス・クリスティ・カレッジ)、Music(音楽:レディング・フェスティバル)、Shopping(ショッピング:セルフリッジズ靴ギャラリーにあるNicholas Kirkwoodのパンプス)、Sport(スポーツ:マンチェスター・シティFCフラムFCの試合)の計10個のテーマで作られた、キャンペーン用イメージで、ポスターやポストカード、広告などに使われている。スタイリッシュでセンスのいいインパクトのあるデザインで、クール・ブリタニアを謳うだけある。でも、Great Britainとかけているのは分かるけれど、赤字で「GREAT」のオンパレードはちょっと偉そうに聞こえるかも??

Vist Britainサイトデジタルポストカードポスター広告

The GREAT Campaign has been launched in September 2011 by Prime Minister David Cameron to promote Britain abroad for investment and tourism, focusing on everything the UK has to offer as one of the very best places to visit, study, work, invest and do business. The “GREAT” campaign hopes to create a £1 billion boost for businesses and bring in four million extra foreign tourists, especially in this special  year of 2012, when UK hosts the Queen’s Diamond Jubilee celebration (June 2-5) and the London Olympic and Paralympics. The UK Trade and Investment, the Culture Department, the Foreign Office, Visit Britain and other government departments will work together on the campaign to bring in the business and tourists from now and beyond 2012.

These images are made under a common banner for posters, postcards and ads, to publicise the project, using 10 key campaign themes: Countryside (Glenfinnan Viaduct, Scotland), Creativity (animation character of Wallace & Gromit), Entrepreneurs (Founder of Virgin Group, Sir Richard Branson), Green (Olympic Velodrome, East London), Heritage (Henry VIII), Innovation (Touch Bionics, Livingston, Scotland), Knowledge (Corpus Christi College, Cambridge), Music (Reading Festival), Shopping (Nicholas Kirkwood, The Shoe Galleries, Selfridges), Sport (Manchester City vs Fulham, Craven Cottage, London). Very stylish & cool design. I understand that “GREAT” is from “Great Britain”, but repeating of “GREAT” in red may be a bit too pompous??

Vist Britaindigital postcardspostersads

New Look for BBC 2012

ロンドン・オリンピック開催まで200日を切った(正確に言うと192日)。Tube(ロンドン地下鉄)各駅やBlackfriarsブラックフライアーズ)駅、 Farrindonファリンドン)駅などの鉄道駅の改装といったインフラの整備や、様々な建設工事がロンドン市内のあちこちで急ピッチで進められており、オリンピックが近づいていることを感じさせる。もっともロンドンの住人は、犬も歩けば棒に当たるじゃないけれど、行く先々で遭遇する工事現場の騒音や通行止め、道幅減少などに閉口しているけれど。

そして、イギリスの国営放送BBCが去年7月に立ち上げたオリンピック特集ウェブサイト・BBC 2012もこの度お化粧直しされた。このサイトは、ニュース、スポーツ、ドラマ、アート、カルチャー、コメディ、交通情報や役立つ情報など、BBCのオンライン、テレビ、ラジオのオリンピック関連コンテンツ(ライブ、ビデオ、オーディオ、写真、インタビュー、裏話など)が一堂に集められているので、ロンドン・オリンピック委員会のLondon 2012とともに、オリンピックや関連イベントの情報収集に便利かも。→詳細はBBCブログ

It is less than 200 days (precisely saying, 192 days) to go til London Olympic 2012, and all kinds of constructions and building works, including maintenance works of some tube stations and revamping rail stations such as Blackfriars station and Farrindon station, now seem to be speeding up and this make us feel the Olympic is coming. Exciting, though many Londoners complain the noise, reduced road width and diversion caused by never-ending works that we encounter every corner of the city.

BBC, British national broadcaster that most of you already know, has changed the look of BBC 2012, a website launched last July, dedicated to London Olympic. The site showcases a variety of contents arising from the London Olympic and Paralympic Games, ie. news, sport, drama, arts, culture, comedy, traffics as well as other useful info, gathered from BBC’s online, television and radio, in the form of live coverage, video and audio clips, background stories, pictures and cast interviews. Together with London Olympic’s official website London 2012, it will be a good media for information of olympic games and related events. → BBC blog for more details

Alps Ethio Modern European Restaurant & Bar @ Theobald’s Road

住人の過半数が国外生まれというインターナショナルなロンドン。ナイジェリアをはじめとするアフリカ大陸の旧植民地の国々出身の人たちも多く住むにも関わらず、それらの国のレストランは、そのお国の人たちが住むエリア外やセントラル・ロンドンではほとんど見かけない、というのがMの大いなる疑問だ。エチオピア料理店は、キングスクロス駅北部などエチオピア人地区を中心に何軒かあるのみだった。それが最近、ホルボーンの近くのTheobald’s Roadで、偶然1軒見つけたので行ってみた。

店名は何故か、エチオピアと言うよりスイスを思わせる、「Alps(アルプス)」。「Ethio Modern European Restaurant & Bar」を謳い、外の看板にはハンバーガー、メニューには、エチオピア料理とともに、グリル・ラムやステーキなど西洋料理が並び、店に入る前は??だった。お店のスタッフによると、先々週土曜にオープンしたばかりとのこと。イギリス・レトロ風店内に、赤を基調としたモダンなテーブルと椅子、そしてエチオピア民芸品のデコレーションと、普通考えられない取り合わせが妙にキッチュだ。

西洋料理をここで食べる意味が全くないので、適当にメニューから、Zilzil Tibs(味付けしてマリネした細切れの牛肉をオニオン、ガーリック、ハラペーニョと一緒にソテーしたもの)、Yebeg Alecha Fitfit(骨付きラム肉を緑ピーマン・ソースで調理し、インジェラを加えたもの)、そして名前は忘れたけれど煮込んだスパイシーなsplit peas(さやをむいて乾燥させたエンドウ豆)の、エチオピア料理3皿を注文(エチオピア料理は一律£7。西洋料理は値段は様々)。店はガラガラなのに待たされること約20分。ようやく、フレンドリーでイケメンのエチオピア人シェフの手によって、大きなお盆に載せられたエチオピアの主食・インジェラと、3皿の料理が運ばれ、汁気の多いZilzil Tibsを除く(汁が多いとインジェラがベチョベチョになってしまうため)2皿を、インジェラの上に空ける。食べ方はトレーの上のインジェラをちぎりながら料理と一緒に右手で食べる。また、余分のインジェラがかごに入れて出されるので、それを食べてもいい。(エチオピア料理参考サイト

そして、エチオピアと言えばコーヒー。現地では、コーヒーを頂く時に、コーヒー・セレモニー(カリオモン/Kariomon)があるらしく、セレモニーを執り行う女性とその様子が描かれたタペストリーが店の奥に飾られている。まずテーブルにはエキゾチックなお香が焚かれ、そして小さなフライパンを持ったシェフが登場。目の前でコーヒー豆を煎り、その良い香りを堪能する。シェフ曰く、現地では客は待っている間、ポップコーン(ファンディシャ)を食べながら待つらしいが、この日はさすがにポップコーンまでは出てこなかった。そして、大きな素焼きコーヒーポット(ジャバナ)から、持ち手のない小さなカップに、出来たてのコーヒーがサーブされる。煎りたて、淹れたてのコーヒーの味はエスプレッソ程強くなく、まろやかで美味しい。3杯飲むのが正式な飲み方らしいが、この日は2杯飲んで失礼した。

ゆったりと時間が流れ、エチオピア文化や習慣も楽しめるこのAlps。面白い経験が出来たけれど、お客が多くなったら、シェフの彼は、このように時間のかかるサービスはできるかしら???

London is the cosmopolitan city, where half of its residents were born abroad. There are also lots of Londoners originated from former colonies in African continents such as Nigeria or Ghana, but normally restaurants of their cuisines are only located within their community and are rarely seen in Central London – this is one of (many) questions M has of London. Ethiopian restaurants are one of the examples and you can see only some, mainly on the north of Kings Cross station. However, we happened to find one on Theobald’s Road near Holborn.

Its name “Alps“, sounds more Swiss than Ethiopian. As “Ethio Modern European Restaurant & Bar” written on the window, it serves also western dishes such as grilled lamb and hamburger, as well as Ethiopian food. This confused us a bit, but we tried the place anyways. According to an Italian staff (it is more confusing!), Alps just opened on January 7. Another unimaginable combination of British retro look, modern red tables & chairs and black lamp shades, and traditional Ethiopian decoration with handicrafts and painting, is quite quirky and kitsch.

There was no point to eat European food for us there, so we randomly picked three Ethiopian dishes – Zilzil Tibs (seasoned & marinated strips of beef sauteed with onions, garlic & jalapeno), Yebeg Alecha Fitfit (piece of lamb with bones cooked in mild green pepper sauce mixed with injera before being served), and cooked spicy split peas (I forgot its name). After waiting for 20 minutes (though the place was totally empty), charming & friendly chef came out from the kitchen and served us the dishes and a tray with huge Ethiopian bread injeraHe emptied two dishes except Zilzil Tibs (it has much fluid and makes injera hard to grab). He told us to rip injera and eat together with the food, or with extra injera served on a basket if you prefer (Wikipedia).

After the meal, then the most famous export from Ethiopia – coffee. In Ethiopia, the ritual of coffee ceremony (Kariomon) is commonly practiced when making and drinking coffee. You can see the scene of the ceremony with a woman who serves coffe, on a tapestry hanged on the back of the restaurant. The interesting thing in the tapestry is that a bowl of popcorn next to the coffee set – the chef explained that the guests eat popcorns while waiting for coffee (though we didn’t get it that day). First burning traditional incense was brought to our table. Then the chef came back with a small pan, roasting coffee beans, to let us enjoy the smell. Then poured freshly brewed coffee was poured from ceramic pot (jebena) into small handleless cups. It was very tasty and not as strong as I thought.

Here at Alps, time passed slowly, quite unlikely in London, and we enjoyed experiencing and learnning Ethiopian culture and tradition. But my question is – can he (the chef) handle these meticulous acts when he encounters loads of customers in his place??

Zilzil Tibs (left) and Yebeg Alecha Fitfit (middle) on injera

Ethiopian coffee on cute cups