Monthly Archives: February 2012

Dyson DC34 Animal Exclusive Handheld Vacuum Cleaner

手持ちのハンディクリーナーが壊れたので、Dysonダイソン)のDC34 Animal Exclusive(£179.99)を買った。ダイソンは、インダストリアル・デザイナーであるジェームズ・ダイソンが1992年に立ち上げたイギリスの家電会社で、掃除機、ハンドドライヤー、ファンやヒーター等を製造・販売している。紙パックが不要なデュアルサイクロン式掃除機で名を挙げたダイソン社は、家電らしからぬユニークなデザインでも有名で、羽根のない扇風機&ヒーターは、近年のヒット商品となった。ちなみに、「ガイアの夜明け」というテレビ番組でも放送されたので、ご存知の方も多いと思う。

ダイソン社の製品は、ロボットっぽくいかついので、個人的には好みじゃないのだけれど、Mに吸引力が強いからと押されて、仕方なくこの製品に決めた。このモデルは人気なのか、Dysonのオンラインストアで品切れ状態だったので、「notify me」(商品が入荷したらメールで知らせてくれるサービス)に登録して待つこと数週間。やっと手に入れた代物だ(今日現在、また品切れ状態)。届いた商品を使おうと思ったら、Motorhead Assemblyモーターヘッド)が入っておらず、苦情を言って新たにパーツが届くまでさらに数日。ようやく使用可能状態になった。

プロモーションで、延長ホース、ソフトブラシツール、壁掛け用パーツ、ダイソンバッグ(計£60相当)がおまけでついてきた。重量1.53kgと思ったより軽いし、ハンドルも持ちやすいようデザインされている。コードレスなので、さっと使えるし、バッグ交換もしなくて良いので便利。吸入音はちょっと甲高いけれど、掃除機にしたら静かな方だ。掃除機というより、SF映画に出て来る銃みたいなこのハンディクリーナー、欲しかったおもちゃを手にした子供みたいに、Mは嬉々としてあちこち綺麗にして回ってくれるから嬉しい。

Our handheld cleaner was broken, so we bought Dyson‘s DC34 Animal Exclusive (£179.99). Dyson is a British technology company, founded in 1992 by industrial designer Sir James Dyson. The company designs and manufactures vacuum cleaners, hand driers, fans and heaters. Dyson became famous for its first dual cyclone vacuum cleaner DC001 which doesn’t need a bag, but also is known for its futuristic design, unlike other home electronics. You may know already, but recently bladeless fans & heaters got attention with its unique design.

I am not really fancy Dyson’s robot-like design which look too masculine. But M was succeeded to persuade me with DC34’s strong suction power. I guess this model is very popular, and it was not on stock at Dyson oneline store, so M registered with “notify me” to let him know when it is back on stock. Waiting for few weeks and finally we got it (as of today, it is not on stock again), but Motorhead Assembly was missing from the box! Few more days of patience, and now it is ready to use.

We got free extendable hose, soft dusting brush, wall mounting bracket and Dyson bag (worth £60) with promotion – great incentive. The cleaner is lighter than it looks (1.53kg), and the handle is easy to hold. It is cordless and doesn’t need a bag, so very convenient as well. The suction noise is high in tone, but not annoyingly too noisy. This handheld cleaner looks more like a gun in Sci-Fi movie, and M is so happy cleaning everywhere, like a kid with a toy gun!

ダイソンから届いた品々。右4品がおまけ / What we received from Dyson, including four freebies (right in the photo)

箱に入っていなかったモーターヘッド。でも迅速に対応・発送してくれた / Motorhead assembly was missing from the box, but was despatched swiftly

Migrations: Journeys into British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンで1月31日から開催中の展覧会「Migrations: Journeys into British Art」(8月12日まで)に行った。イギリスにおける交通、政治、経済の発展は、多くの外国人アーティストたちを惹き付けてきた。この展覧会は、1500年代から現在まで、これらの「migrant(移住)」アーティストたちがイギリスのアート界に及ぼした影響を探求している。

16世紀に宗教改革八十年戦争等の混乱を避けてイギリスに移り住んだ、フランドルやオランダの風景・静物画家は、新しいスタイルの肖像画法をもたらし、北ヨーロッパからやってきた17世紀アーティストたちは、海や風景画といった新しい絵画のジャンルを導入した。18世紀には、イタリアで学び新古典主義を確立した様々な国のアーティストたちがロンドンに定住、1768年のRoyal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)設立にも貢献した。19世紀には、多くのイギリス人や、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーといったアメリカ人アーティストが、パリでアートを学んだが、その後彼らはパトロンを求めてロンドンに移り住んだ。また同時に、普仏戦争から逃がれてきたフランス人アーティストたちも多かった。20世紀初期には、ユダヤ人アーティストやユダヤのアートが話題を呼び、1930〜40年代には、モンドリアンモホリ=ナジ・ラースローナウム・ガボなど、ナチスドイツを逃れてヨーロッパ中からやってきた人々がモダニズム主義を持ち込んだ。50〜60年代には旧植民地の国々からアートを学びにやってきたアーティストたちがモダニズムに傾倒、概念的アプローチを取り、カウンターカルチャーの一翼を担った。80年代はBlack Audio Film Collectiveなど、移民のバックグラウンドを持つアーティストたちが、アートを通して、人種的マイノリティとしての自分と、イギリス人としてのアイデンティティの模索を行った。Zineb SediraSteve McQueen(俳優のスティーブ・マックィーンと同姓同名のイギリス人アーティスト/映画監督)といった現代アーティストたちは、映像を使って現実をドキュメントし、またそのリアリティに疑問を投げかけている。

500年間に渡って、違う文化を持つアーティストたちとの交流によって形作られてきたイギリスのアートの変遷と、その背景にあるイギリス・世界の歴史を知ることができる面白い展覧会だと思うが、テートにしては、ちょっと小粒というかインパクトがないというか、あまり心に残らないのが残念。

写真:ガーディアン紙フォトギャラリー

We saw a Tate Britain‘s exhibition, Migrations: Journeys into British Art (January 31 –  August 12). Developments in transport, artistic institutions, politics and economics have attracted artists to come to Britain, and the exhibition exploring how British art has been shaped by migrant artists from abroad from 1500 to the present day.

In the 16th century, Flemish and Dutch landscape and still-life painters  including Anthony van Dyck, came to Britain through moments of political and religious unrest and  introduced a new style of portraiture. 17th century European migrants brought new genre, such as marine and landscape painting, to UK. During the 18th century, artists from different countries who studied in Italy and developed a neoclassical style, settled in London and contributed in founding of the Royal Academy of Arts in 1768. Many 19th-century British and American artists, such as Whistler, studied in Paris and established themselves in London for patronage, as well as French artists who also escaped the Franco-Prussian war and its political aftermath. In the early 20th century, Jewish artists and Jewish art were explored in Britain. In the 1930-40s, European artists such asMondrian, Naum Gabo and Laszlo Maholy-Nagy, escaped from Nazi Germany and brought modernist principles. In the 50-60s, artists from the Commonwealth countries came to study and engaged with modernism. They took a conceptual approach and became a part of a counterculture. In the 80s, British artists of immigrant backgrounds, such as the Black Audio Film Collective, explored race and national identity. Present time contemporary artists, including Zineb Sedira and Steve McQueen, use moving image for both documenting and questioning reality,

Migrations is an interesting exhibition, showing us the development of British art over 500 years, interacting with people from different cultures from time to time, as well as a bit of British and world history. But it lacks of punch in some way, and didn’t give me something that remains in my heart.

→more photos: Guardian photo gallery

Amici Miei Italian Home Cooking @ Kingsland Road, Shoreditch

Pizza Eastに行く通り道にあるイタリアン・レストラン、Amici Miei(アミーチ・ミエイ)。お店ができた時から気になっていたが、頭はいつもPizza Eastのピッツァで占められているので、いつも素通りしていた。でも先週の寒波の際に、近場でランチをと考えていたところ、ふとここを思い出し試してみた。

Amici Mieiは、隣にあるサルデーニャ料理のレストラン&テークアウト店、Due Sardi(ドゥエ・サルディ:二人のサルデーニャ人の意)のオーナーの2軒目のお店。「Amici Miei(私の友人たち)」と言う名前の通り、スタッフはフレンドリー。隣の、いかにもアングラ・ショーディッチ風のDue Sardiと違い、そのインテリアはシンプル&ナチュラル、洒落た田舎のトラットリアという感じで、なかなか可愛い。

奥にピッツァ用の石窯があるからには、やはりピッツァにトライしなければと、定番のMargherita(マルゲリータ:写真奥)とMarinara(マリナーラ:同手前)を注文。期待満々で熱々のピッツァを口にしてすぐ、期待が失望に変わった。ピッツァ・クラストが美味しくない。粉っぽくて、ナポリピザのようにモチモチしていないが、ローマ風にパリパリでもない。トマトソースは味がなく、明らかにフレッシュでないモッツァレッラや、少ししなびたオリーブなどのトッピングもかなり残念。でも、インターネットで調べると、客の評価は上々。考えられる可能性:1)私たちが間違ってる、2)その日のシェフが新入りだった、3)お店の「Amici(友人)」たちが上乗せ評価。要再確認。

We have passed in front of this Italian restaurant, Amici Miei, dozens of times when we went to Pizza East. Since its opening, we wanted to try this place, but our minds were preoccupied with pizza at Pizza East every time we passed by, and we just like, “well, we would try another time”. But last week with big freeze, we didn’t want to go far and finally dined at Amici Miei.

Amici Miei is the second restaurant of the owner of Due Sardi (= two Sardinians in English) , a casual Sardinian eatery next door. As its name “Amici Miei (=my friends)” suggests, staffs were pleasantly friendly. In compare to typical Shoreditch-y offbeat Due Sardi, its interior is smart & simple, and more like cute trattoria in Italy.

We saw a stone oven on the back of the restaurant, and immediately made up our mind to order pizza. We had Italians’ favorites, Margherita (back in the photo below) and Marinara (front in the photo). Our expectation reached the top when the waiter brought us our pipping hot dishes, but it turned sour as we had a bite. Pizza crust was neither chewy as Neapolitan pizza or crunchy as Roman style, but just the taste of flour. Tomato sauce was too little and mozzarella (not the fresh kind) was too much, and the olives were just bad. However, people seem to like their pizza as I checked online reviews. Some possibilities: 1) we are wrong, 2) chef of the day was an intern, 3) the reviews were done by their ‘amici’. Need to try Amici Miei again to tell our verdict.

Heart in Nature for Valentine’s Day: Telegraph

一日早いけれど(日本はもう当日か)、バレンタインデーにちなんだ、テレグラフ紙のフォトギャラリー「Heart in Nature」。島や氷山、岩、湖、植物、動物、昆虫、果ては宇宙の星雲など、自然界に偶然にできた「♡(ハート形)」を写した、これら30枚の写真を見ていると、少し幸せな気分になる。

One day before Valentine’s Day, here is Telegraph’s photo gallery “Heart in Nature“, a collection of 30 images of accidentally formed ♡ (heart-shape), found in great nature. Islands, lake, iceberg, rocks, plants, animals, insect, and even a nebula in space. Amazing.