Monthly Archives: July 2012

Curious Yellow Kafé re-located to Pitfield Street

以前書いた、Holloway Road(ホロウェイ・ロード)にあるスウェーデン風カフェ・Curious Yellow Kaféが、最近ホクストンのPitfield Street(ピットフィールド・ストリート)に引っ越してきた(Pitfieldカフェよりさらに北)。カウンター席が数席あるだけの小さな店からスペースは倍(以上)増。オーナーの趣味?の凧があちこちに飾られた店内には、4人がけテーブルが5つあるけれど、暖かい日は外の席が人気。交通量の多いホロウェイ・ロードとは違い、静かなピットフィールド・ストリートに面しているので、車の排気ガスを気にする必要もない。ホロウェイ・ロードの時と同じく、メニューにはオーナー手作りのスウェーデン料理が並ぶ。ラム肉のムサカは残念ながらハズレだったけれど、スウェーデン風ミートボールのスパゲティはなかなか美味(写真下)。

Cute Swedish café Curious Yellow Kafé on Holloway Road recently moved to Pitfield Street in Hoxton (further up north from the Pitfield café). The space became more than double from just several counter seatings and now there are five 4-seat tables inside, decorated with funky kites (owner’s hobby?)> But alfresco tables outside are more popular on a warm day – the new location faces to the quieter Pitfield street and you don’t have to worry about car emissions like busy Holloway Road. As before, you can enjoy owner’s homemade Swedish cooking at the new ‘Kafé’ as well. We were not impressed by their lamb moussaka but Swedish meatball spaghetti was yummy :-)

スウェーデン風ミートボールのスパゲティ(左)とラム肉のムサカ(右)/ Spaghetti with Swedish meatballs (left) and Lamb Moussaka (right)

Cabana Brazilian Barbecue @ Central St Giles, Covent Garden

Central St Gilesに入っているブラジリアン・レストラン・Cabana(カバナ)に行った。オリンピック・サイトにあるWestfield Stratford Cityに第一号店があり、ここは第二号店。側面ガラスに覆われた、陽当たりのいい明るい店内に入ると、大きなオープンキッチンが見える。ここのメニューは、Skewers(ブラジル風串焼きバーベキュー・シュラスコ)とブラジルのストリートフード(小皿料理)、サラダ、サイドディッシュ、そして1950年代にサンパオロで二人のシリア人兄弟が始めたというシリアの平パンを使った「Beirut」というサンドイッチ等々。

注文したのは、Chimichurri Black Gold Steak(チミチュリ・ソース味のステーキ113.4g:£5.95)、Chilli Cumin Lamb Fillet(チリとクミンで味付けしたラム肉フィレ113.4g:£5.95)のSkewer串焼き2品と、Black bean soup shot(黒豆のスープ£2.95)、Biro-Biro rice (ガーリック、ハーブ、ネギ、エシャロット入り炒めご飯£2.85)、そしてCassava chips(キャッサバのフライ£3.45)の計5品(写真上・写真)。Skewerは2皿とも、お肉も柔らかくて味つけもいい。ライス、スープ、キャッサバも美味しい、んだけれども、全体的に量が少ない。メニューはオンス表記だったので、実際に肉を見るまでどのくらいの量が分からなかった。黒豆のスープなんて、お子様用?と思うような小さなカップ入り。ウェイトレスのお姉さんから、お肉のお代わりが必要ならこれを裏返して、ってコースターのようなものを渡されたが、Rodizio Ricoという食べ放題で人気のブラジリアン・チェーンと違い、追加オーダーになるという(まあ値段的に仕方ないけれど)。ということは、レストラン側も、これじゃ全然足らないことを知っていて量設定をした、確信犯なのか。Mはもう1皿欲しいとごねたけど、私は何となく嵌められたような気がして悔しいので、意地で追加は頼まず。結局Mが全然物足りないというので、カフェに移動してケーキでお腹を誤摩化したのだった。

Cabana is a Brazilian barbecue restaurant at Central St Giles. This is their second venue after Westfield Stratford City in Olympic site. The restaurant is spacious and lots of light coming through all-glass walls, and there is a big open kitchen on one side. Their menu consists of skewers, Brazilian street food (small dishes), salad, side dishes, and ‘Beirut’, Syrian flatbread sandwich invented in Sao Paulo in the 1950’s by two Syrian brothers.

We ordered total of 5 dishes (photo above & photo); Chimichurri Black Gold Steak (4oz/113.4g £5.95), Chilli Cumin Lamb Fillet (4oz/113.4g £5.95), Black bean soup shot (£2.95), Biro-Biro rice (£2.85) and Cassava chips (£3.45). The skewers meat were both succulent, and all the dishes passed our criteria. However, the portion was too small and failed to fill up M’s empty stomach. The menu is written in ounce which I still don’t know how to convert, and we had no clue how much until we actually saw the dishes. Black bean soup was literally  ‘shot’, served in kid’s portion. A friendly waitress gave us a coaster to flip if we need more meat, but this would be a new order, not like popular Rodizio Rico with all-you-can-eat barbecue. It is understandable considering the price, but I believe the restaurant know that the amount is not enough and and is sure people have to order more! I was too upset about their ‘conspiracy’ and didn’t want to order more, fighting with M who wanted to, and we ended up going another café to satisfy M’s stomach…

ナプキンには可愛いサッカー選手のイラスト / cute illustration of a footballer on a paper napkin

In Astratto: Abstraction in Italy 1930-1980 @ Estorick Collection

エンジェルにあるEstorick Collection(エストリック・コレクション)で開催中の「In Astratto: Abstraction in Italy 1930-1980」展(6月27日〜9月9日)は、リグーリア州にある3つの現代美術館のコレクションを元に、1930年代から80年代までの50年に渡るイタリア抽象美術の発展を紹介している。この展覧会では、歴史における抽象アート、 Movimento Arte Concreta(具体芸術運動)、Concreteコンクリート・アート)、アンフォルメルコンセプチュアル・アートオプ・アート、Analytical Painting(分析的画法?)という、6つのテーマ毎に作品が展示されている。

イタリアにおける抽象美術は、ジャコモ・バッラといった未来派アーティストたちの試みから始まった。第一次から第二次世界大戦にかけて、Mario Radice(マリオ・ラディーチェ)、Manlio Rho(マンリオ・ロー)、Osvaldo Licini(オズヴァルド・リチーニ)、Enrico Prampolini(エンリコ・プランポリーニ)といった多くのアーティストたちが抽象美術を発展させ、Forma(フォルマ)などのアート・グループに属したGiulio Turcato(ジュリオ・トゥルカート)、Piero Dorazio(ピエロ・ドラーツィオ)、Achille Perilli(アキーレ・ペリッリ)等、戦後アーティストたちに影響を与えた。1948年には、ブルーノ・ムナーリAtanasio Soldati(アタナシオ・ソルダーティ)が、厳密な幾何学的アプローチが特徴のMovimento Arte Concreta(具体芸術運動)を設立。これに対し、Renato Birolli(レナート・ビロッリ)、Giuseppe Capogrossi(ジュゼッペ・カポグロッシ)、Emilio Vedova(エミリオ・ヴェドバ)は、より表現的なアンフォルメル的アプローチを取った。

1960年代を通じ、イタリア抽象美術の立役者たちは、コンセプチュアル・アートへの道を開き、ルーチョ・フォンタナの切り裂いたキャンバス、ピエロ・マンゾーニの「Achromes(アクローム:無色)のような新しい絵画的アプローチを生み出した。エンリコ・カステラーニAgostino Bonalumi(アゴスティーノ・ボナルミ)、Paolo Scheggi(パオロ・シェッギ)の作品は、絵画の制約を超え、キャンバスを成形、伸張、階層化させ2次元と3次元の境界を曖昧にし、Franco Grignaniフランコ・グリニャーニ)やDadamaino(ダダマイーノ)は、オプ・アートに傾倒。コンセプチュアル・アートアルテ・ポーヴェラといった実験的アートの隆盛の後は、古臭いと思われていた純粋な形や色彩の審美的クォリティが再評価され、「Analytical Painting(分析的画法?)」が取り入れられた。

世界的に有名なイタリア・ルネッサンスアートなどと違い、イタリア抽象美術は地味であまり知られていないけれど、ロシアやフランス、アメリカと言った抽象アートの有名どころと違う場所で、抽象絵画がどのように発展・表現されてきたかを観るのはなかなか興味深い。私的には、イブニング・スタンダード紙の批評はちょっと厳しすぎる気がする。そんなに悪くないと思うんだけれど。

Latest exhibition at Estorick Collection in Angel,  In Astratto: Abstraction in Italy 1930-1980 (June 27 – September 9) explores 50 years of innovation in Italian abstraction. This exhibition draws on the collections of the Liguria‘s three modern and contemporary art museums. The installation is arranged in six thematic and chronological sections: Historical Abstraction; MAC (Movimento Arte Concreta) and ‘Concrete’ Research; Art Informel; Towards the Conceptual; Optical-perceptual Research and Analytical Painting-New Painting.

Abstraction developed in Italy out of the experiments of Futurist artists such as Giacomo Balla. It evolved during the inter-war years by many artists such as Mario RadiceManlio Rho, Osvaldo Licini and Enrico Prampolini, and influenced post-war artists belonging to groups such as Forma, including Giulio Turcato, Piero Dorazio and Achille Perilli. A rigorously geometric approach characterised the work of the Movimento Arte Concreta, founded in 1948 by Bruno Munari and Atanasio Soldati. Reacting against this, artists such as Renato Birolli, Giuseppe Capogrossi and Emilio Vedova adopted a more painterly approach during the 1950s in accordance with the more expressive Art Informel.

Certain key figures of Italian abstraction paved the way for the innovations of conceptualism and pioneered novel approaches that developed throughout the 1960s. Like Lucio Fontana’s slashed canvases and Piero Manzoni’s Achromes, the work of artists such as Enrico Castellani, Agostino Bonalumi and Paolo Scheggi transcended the restrictions of painting, blurring the boundaries between two and three dimensions by shaping, stretching and layering of their canvases. On the other hand, Franco Grignani and Dadamaino attempted the perceptual experiments of Op Art. During the following decade, the ‘Analytical Painting’ was brought to Italian abstraction, rediscovering the aesthetic qualities of pure form and colour, following the conceptual art and Arte Povera.

In compare to famous Italian Renaissance art, Italian abstraction is rather modest and may not be considered a masterpiece, but it is interesting enough for me to see how abstract art is developed and manifested in different culture other than more known French, Russian and American counterparts. I think Evening Standard review is a bit too harsh on them… I don’t think it is bad.

Elliot’s Café @ Borough Market / London Bridge

Borough Market(バラ・マーケット)横に昨年8月にオープンしたElliot’s Café(エリオッツ・カフェ)。イースト・ロンドンのVictoria Park(ヴィクトリア・パーク)にあるPavilion Café(パヴィリオン・カフェ)の姉妹店になる。店内は、むき出しのレンガ壁や木の家具、かしこまっていないけれど垢抜けたインテリアという今時の流行のスタイル。隣にあるロンドン随一の品質・品揃えを誇るバラ・マーケットから仕入れた食材を使った日替わり料理が売りで、レストラン情報サイトurbanspoonでの評価も高い。

今までもブログで、同じようなインテリア、食へのこだわりを持つお店のことを多く書いてきたので、いまさら目新しさはない。けれどマーケットの側という好立地にも関わらず、意外と良いレストランがないこの界隈では、気の利いたお店だと言える。Metro紙Evening Standard紙の批評家たちは、「美味しくてリーズナブル」だと褒めているけれど、ランチで食べた小振りのチーズバーガーは、スライスしたポテトがついて£12.50(写真下:今年3月)。庶民が毎日気軽に食べられる値段ではないし、値段の割に量が物足りない気がする。味の方も、少し焼き過ぎなのかパテが固く味が薄い。夜も行ってみたが、料理は美味しかったものの、サイドディッシュを注文しても、微妙に量が少なく満腹感が得られなかった(写真:今年2月。手前はウサギ£15。奥はポークベリー£14.5)。費用対効果を考えると、私たちにとってはそれほどお得感はなく、リーズナブルなのは単に量が少ないからなのでは?と思う。それとも、私たちが大食い過ぎるのかな??

Elliot’s Café, opened last August just next to Borough Market, is the sister restaurant of Pavilion Café in Victoria Park in east London. Its relaxed and informal atmosphere with brick walls and wooden fittings & communal tables is typical of fashionable style at London’s restaurant scene. Their daily changing menu is sourced from next door Borough Market known for selling quality food, and receives favorable reviews at urbanspoon (restaurant information and recommendation service).

I have seen & written about many similar trendy casual-chic restaurants with passion in quality of food, and eating there was not really a brand-new experience. However, there is not many decent restaurant in the area in spite of its advantage in proximity to the high-standard food market, and Elliot’s is one of the best place to eat in London Bridge area, I believe. But I have a little problem (as always). Food critiques of Metro and Evening Standard praise Elliot’s as serving good food with reasonable price, but I am not sure about it. Their cheeseburger & mustard pickles served with fried maris pipers cost £12.50 (photo below: March 2012). The burger was a bit small and the meat was a bit overcooked and hard and didn’t have much taste. We also tried at night as well. The food was good (photo February 2012: rabbit £15, pork belly £14.5) to be honest, but even with one side dish each, we didn’t become full enough. Overall, I think Elliot’s is good, but I don’t think it is reasonable and good value for money – the price is ‘reasonable’ just because the amount is small. Or do we eat normally too much???

チーズバーガーのマスタードピクルス添えとサイドのポテト / Cheeseburger & mustard pickles and fried maris pipers

The Tallest Building in Europe, The Shard Opens

イタリア人建築家レンゾ・ピアノがデザイン、カタールからの投資金£15億をかけて建設されたヨーロッパ一高いビル(309.6m)、The Shardシャード:破片の意)の落成式が昨日行われた。夜10時15分から始まったレーザーショーがロンドンの夜空を彩ったが、何かの問題で予定通りいかなかったらしく、その評判は芳しくない(independent紙)。ちょっと遠いけれど、うちのバルコニーからシャードのてっぺんが見えるのだけれど、確かに、ここから見てもテレビ映像を見ても、パッとしなかったかも(上のビデオ参照 / 写真)。

シャードは、上から居住フロア、シャングリラ・ホテル、レストラン、最下部はオフィスが入居している。地上約244mの68〜72階にある展望台「View from The Shard」からは最大64kmまでの景色が楽しめ、いつも大口をたたくボリス・ジョンソン市長によると、天気のいい日はフランスも見えると言う(本当か?!)。

展望台は来年2月1日から一般公開される予定で、今日から前売り券の販売が始まった。チケットの予約はシャードのウェブサイトまたは電話(0844 499 7111)で受け付ける。お値段は大人£24.95・子供£18.95と、London Eyeロンドン・アイ、スタンダードチケット£15、エッフェル塔(€14=約£11)、また世界一高いタワーで地上450mの東京スカイツリー展望回廊(3000円=約£24.15)より高い。それでも今日だけで1万7500人もの人が前売り券を購入したという。これはぼったくりだ!と思う方、ロンドン観光の予算が少ない方は、このウェブサイトで、もっとお安くロンドンの景色を楽しめる場所をチェックしてみて。

£1.5 billion funded by Qatari investors and designed by Italian architect Renzo Piano, the tallest building in Europe (309.6m / 1016ft), the Shard was inaugurated yesterday. A light and laser show to celebrate the opening started at 10:15pm yesterday night, but they failed to illuminate the skyline as planned and it didn’t seem to impress spectators (independent). We can see a tip of the Shard from our balcony, and I saw some laser light and also the footage on TV, but it was just ordinary and boring, not spectacular as they claimed… →more photo

The Shard houses residences, Shangri-la hotel, restaurants and offices (from the top to the bottom). From the View from The Shard observation platform in the 68th-72nd floors which some 244m (800ft) high, guests are able to see up to 64km (40 miles) away, and even France when is a clear day, according to the Mayor Boris Johnson.

The View from The Shard will be open to the public from February 1 next year, and from today pre-booking tickets are available through the Shard website or via the box office hotline (0844 499 7111). The tickets cost £24.95 for adults and £18.95 for children, which is much more expensive than London Eye (Standard Ticket £15), the Eiffel Tower (€14 = about £11), and even the tallest tower in the world, new TOKYO SKY TREE Tembo Galleria at 400m higher from the ground (¥3000 = about £24.15)! Over 17,500 people had already registered to secure tickets in advance of their release today. Wow. If you are a budget traveller or think this is a rip-off, check here for alternative ideas to enjoy London’s skyline.