Monthly Archives: November 2012

Meerkat Polka Band Play Corrie Theme Tune

このビデオ「Meerkat Polka Band Play Corrie Theme Tune(ミーアキャットポルカバンドによるCorrie(イギリスの人気ドラマ・Coronation Streetの愛称)主題歌の演奏)」は、イギリスの価格比較ウェブサイト・comparethemarket.comのテレビ広告シリーズ「Compare the meerkat」の新作。このコマーシャルは、http://www.comparethemeerkat.comの創始者・Aleksandr Orlov(アレクサンドル・オルロフ)という、ロシア貴族のミーアキャットが主人公で、彼の家族や召使い、友人なども登場する。

「Market」と「Meerkat」をかけたこのCMキャンペーンは、2009年1月のオンエア後、ミーアキャットたちのコミカルな演技?とロシア語訛りオルロフのキャッチフレーズ「Simples(注:文法的には間違い)」で大成功。comparethemarket.comは、イギリスで訪問者数4番目の保険会社のウェブサイトとなり、売上げは倍増、2010年にはマーケットシェアが76%にまでなった。現在アレクサンドルは、約80万人のFacebookファン、5万5000人のTwitterフォロワーを持つ人気者。フォトサイト・Flickrで、家族写真も見られる。かなり面白いCMなので、YouTubeの comparethemeerkat.comチャンネルでチェックしてみて。

This funny video of “Meerkat Polka Band Play Corrie Theme Tune” is the latest advert from TV advertising campaign “Compare the meerkat” for a British price comparison website comparethemarket.com. The adverts feature Aleksandr Orlov, a fictional Russian aristcratic meerkat and the founder of http://www.comparethemeerkat.com, together with his servant, family and friends.

The campaign was launched in January 2009, playing on the similarity between the words “Market” and “Meerkat” and with Orlov’s catchphrase ‘Simples’. It has achieved a great success since then and also has contributed to a commercial success for comparethemarket.com to become the UK’s 4th most visited insurance website, and the site’s overall sales doubled. By 2010 the site had increased its market share by 76%. As of today, Aleksandr has more than 800,000 Facebook fans and around 55,000 followers on Twitter, as well as his Flickr gallery for family portraits. The adverts are quite funny, so check out the videos on YouTube’s channel of comparethemeerkat.com.

A Bigger Splash: Painting after Performance @ Tate Modern

テートモダンで「William Klein + Daido Moriyama」を観た後は、1950年以降の絵画とパフォーマンスの関係を考察した、もう一つの特別展「A Bigger Splash: Painting after Performance」へ。展覧会の名前は、デイヴィッド・ホックニーの1967年の作品「A Bigger Splash」から取られており、最初の展示室には、この作品と共にジャクソン・ポロックの「Summertime」が展示されている。アクション・ペインティングの画法で知られるポロックがキャンバスはアクションの場と考えたのに対し、ホックニーは絵画は「架空世界への舞台入口」ととらえており、現代アートの2人の巨匠の違った絵画へのアプローチの対比が興味深い。

展覧会は2部に分かれており、前半では、アクション・ペインティングから始まり、ヘルマン・ニッチュをはじめとするウィーン行動派のパフォーマンスアート、1960年代後半〜70年代の四次元絵画、美とジェンダーに対するステレオタイプへの抗議が高まった70年代に活躍した、シンディ・シャーマンなど「transformer(変形・変化させる人)」たちの作品と、1950年代から80年代初期にかけてのパフォーマンスとアートの関係を探る。後半9室は、アクション・ペインティングやドラァグ、舞台芸術など、前半展示されたアーティスト達の実験的作品にインスピレーションを受けた若い世代のアーティストの作品が展示されている。アーティストは展示順に、Edward Krasinski(写真2枚目)、Marc Camille Chaimowicz(同3枚目)、Joan Jonasジョーン・ジョナス、同4枚目)、Guy de CointetKaren Kilimnikカレン・キリムニック)、IRWINJutta Koether荒川 医、(写真5枚目)Lucy McKenzie(写真最後)。

感想?つまらないの一言。最初のホックニーとポロックの2作品とシンディ・シャーマンの変装写真以外、何も感じないし何も伝わってこない。前半の先駆者達の作品は、私の目には悪趣味に映る物が多いけれど、既成概念をぶち壊そうという気迫が少なくとも感じられるが、後半の若手アーティスト達の作品には、妙に落ち着いていてパワーもエネルギーも感じられない。テートの展覧会では久しぶりのハズレ。

After “William Klein + Daido Moriyama,” we saw another special exhibition running now at Tate Modern, “A Bigger Splash: Painting after Performance,” which explores the relationship between performance and painting since 1950. The exhibition takes its name from David Hockney‘s “A Bigger Splash” (1967, top photo), which is displayed together with Jackson Pollock‘s “Summertime” in the first room, showing two different approaches to painting: a canvas as a field of action for Pollock; and as a theatrical entrance into its fictional world for Hockney.

The exhibition is divided into two parts: the first half studies the relationship between performance and painting from the 1950s to the early 80s. The first part includes action paintings, works by Viennese Actionists using bodily actions, four dimensional painting (late 1960s – 70s), and works by “transformer” artists such as Cindy Sherman during the 1970s when stereotypical ideas of beauty and gender were challenged. In the second part, each room is devoted to a single artist/group of younger generation, whose approach to painting is inspired by their predecessors’ experiments in art form, such as action painting, drag and the idea of the stage set. Total of nine rooms are used for international artists, in order of Edward Krasinski (2nd photo), Marc Camille Chaimowicz (3rd), Joan Jonas (4th), Guy de Cointet, Karen Kilimnik, IRWIN, Jutta Koether, Ei Arakawa (5th photo), and Lucy McKenzie (bottom).

My opinion about the show? Boring. I didn’t feel anything, except the two key works by Hockney and Pollock, and Cindy Sherman’s photos of herself transformed into different characters. Many experimental art or performance art are not to my taste, but the pioneers of these art forms had at least enthusiasm to destroy the convention and to create a new style of art, and I could feel it, but works by younger counterparts don’t carry any passion and spark. It was one of the worst exhibition I have seen at Tate in recent years.

by Edward Krasinski

by Marc Camille Chaimowicz

by Joan Jonas

by Ei Arakawa

by Lucy McKenzie

William Klein + Daido Moriyama @ Tate Modern

テートモダンの「William Klein + Daido Moriyama」(10月10日〜2013年1月20日)展は、アメリカ人フォトグラファーで映像作家のウィリアム・クラインと、1960年代の「プロヴォーク」ムーブメントで名を上げた森山大道という二人の写真家の、1950年代〜現代までの作品を展示。スナップショット、ブレやボケの意図的使用、粒子の粗いモノクロ写真といったヴィジュアル的に似た作風、そして、都市の貧困やグローバリゼーション、反戦デモやゲイ・パレードといった、人々の日常生活や政治的抗議行動を作品対象とするなど、共通点の多い二人の作品が同時に鑑賞できる。また、写真のみならず、グラフィックデザインを取り入れた、パイオニア的作品も展示されている。

最初の7部屋はクラインの作品室で、彼のホームタウン・ニューヨークや東京、ローマなどのストリート写真、ファッション写真、タイポグラフィーをモチーフとした初期の絵画、フォトグラム、「ポリー・マグーお前は誰だ?」や「ミスターフリーダム」等の風刺映画、コンタクトシート(ベタ焼き)にペイントを施した作品など、彼の抽象画家、映像作家、ドキュメンタリー作家、グラフィックデザイナーとしての多彩な作品群が見られる。対照的に、後半の森山大道の6室は、良く知られた東京の都市風景を撮影した作品や、様々な道路や高速の車窓からの光景、北海道の街角を捉えたスライドショー等、写真が主で、彼や他の写真家が自身の作品の発表の場とした雑誌「プロヴォーク」も展示されている。

確かに普通の人々や日常生活をテーマにした粒子の粗いモノクロの写真という作風は似ているが、作品から受ける印象は全く違う。対象に自身の存在を知らしめ、対象と交流して得た反応を撮る事を好んだクラインの作品は、エネルギーに満ち、対象が生き生きしている。逆に、森山の作品は、対象とは感情的に距離を保ち、時に挑戦的かつセンセーショナルに都会の暗部を見せつける。田舎の風景は、牧歌的で情緒があるというより、うら悲しくてどこか陰鬱だ。この展覧会を見る限りでは、私はクラインの写真の方が好きだな。

→写真上はクライン、下は森山作品。森山氏のインタビュー記事。参照写真:BBC / Telegraph

Tate Modern’s “William Klein + Daido Moriyama (Oct 10 – Jan 20, 2013)” is double retrospective of the influential American photographer and filmmaker William Klein and Japanese photographer Daido Moriyama who merged from Japanese Provoke movement of the 1960s. With work from the 1950s to the present day, the exhibition demonstrates the visual affinity between their urgent, blurred and grainy style of photography and also their desire to convey street life and political protest, from anti-war demonstrations and gay pride marches to the effects of globalisation and urban deprivation. The exhibition explores not only photography itself but also pioneering use of graphic design to their works.

First seven rooms showcase Klein’s street shots in his native New York as well as Tokyo and Rome, fashion shoots, early paintings incorporating typography, photograms, satirical films of Mister Freedom and Who Are You Polly Maggoo?, and painted contact sheets, to prove his diverse talent as abstract painter, filmmaker, documentarian and graphic designer. Unlike Klein’s wide-ranging works, Moriyama’s 6 rooms after Klein’s focus more on photography, especially his well-known cityscapes of Tokyo, as well as scenes from the various routes and highways throughout Japan, close-ups of everyday objects, slideshow of northern island of Hokkaido, and the issues of Provoke magazine in which Moriyama and his contemporaries showcased their works.

Both photographers captured the ordinary people and lives in grainy black & white photos. But impressions from their works are quite different. Klein wanted the viewer to be aware of his own presence at the scene and interacted with his subjects to provoke a response. His photos are vibrant and powerful. On the other hand, Moriyama emotionally detaches from his subjects, and his photos of urban life often provocative and sensational, disclosing darker side of the city that you don’t want to see. The scenes of the isolated countryside are sad and depressing, instead of peaceful or picturesque. Overall, I have to say that I prefer Klein to my fellow Japanese, Moriyama in this exhibition.

→above photos: Klein’s / below: Moriyama’s. More photos: BBC / Telegraph

Prufrock Coffee @ Leather Lane, Holborn

このPrufrock coffeeには、随分前に行ったのだが、ブログで紹介するのをすっかり忘れていた。なので写真は7月のもので写ってる人たちは夏の装い。その後、何か変わってる点があるかもしれないので、ご了承を。Prufrock coffeeは、2009年のWorld Barista Championshipバリスタ世界選手権)で優勝したイギリス人バリスタ・Gwilym DaviesがLeather Laneにオープンさせたカフェで、バリスタ養成所「London BRAT」にもなっている。最初Whitecross Street(→過去ブログ)とColumbia Roadの屋台から出発、その後Shoreditch High Streetのショップ・Present内に出店し、この広くて洒落たカフェをオープンするに至った。

Prufrock coffeeは、近隣の住民、Chancery LaneやClerkenwellで働くビジネスマンやクリエーターたちでいつも賑わっている。最初はコーヒーなど飲み物だけだったけれど、現在はサンドイッチや日替わりランチなどフード類もある。入口にはコーヒー豆やコーヒーを淹れる道具が売られ、日本の製品も並んでいる。大分前だったのでどんなサンドイッチを注文したか定かでないが、具は新鮮だけれど、パンがフニャフニャで食べにくかったのを覚えている。スコッチエッグは味はまあまあだけれど、量が少なすぎ(写真下参照)。なのでフードは、向かいのカフェ・Department of Coffee and Social Affairsに軍配あり。残念ながらバリスタ・チャンピオンは不在。コーヒーの美味しいカフェが増殖してる昨今、ここのコーヒーへの期待値が高かっただけに、味の普通感は否めない。私はどちらかと言うとお茶派で、コーヒーに定評あるカフェか家でしかコーヒーを飲まないので、自分の舌にイマイチ自信はないが、いつ前を通っても大勢の客がいるところをみると、相当美味しいのだろう。

I went to Prufrock coffee on Leather Lane this summer, and completely forgot to write about it – so the photos are a bit outdated and people dressed in summer clothes. The Prufrock coffee is a café and a barista resource and training centre called the London BRAT, created in early 2011 by Gwilym Davies, a legendary British barista who won the World Barista Championship in 2009. He became known for his coffee carts on Whitecross Street (→past blog) and Columbia Road, then started the Prufrock coffee housed in the Present shop on Shoreditch High Street, and now he has this good-looking café on Leather Lane.

The Prufrock coffee is always busy with neighbours, business people and creators who work in Clerkenwell and Chancery Lane areas. At the beginning they served only coffee, but now they have sandwiches and daily lunch as well. They also sell coffee beans and selected coffee making tools including Japanese products. I can’t remember what kind of sandwich we ordered, but the ingredients were fresh yet the bread was too soft to hold the fillings. The scotch egg was not bad, but a bit too small to satisfied my stomach (photo below). Overall, we prefer Department of Coffee and Social Affairs across the street for food. Unfortunately, we couldn’t get a cup of coffee made by the barista champion, and it was fine but not fascinating. I am a tea-drinker and not a good judge for coffee as I drink coffee only at the reputable cafés and at home, but I guess the coffee there is good as it is quite full every time we pass by.

Dogs Trust Float @ Lord Mayor’s Show 2012

先週土曜日の11月8日、この巨大な黄色い犬がオールドストリートからエンジェルを走っていくのを見かけた。調べてみると、これは慈善団体・Dogs Trustの山車で、その日行われたLord Mayor’s Showに参加した帰りだったようだ。

1215年に始まったとされるLord Mayor’s Showは、主催者曰く「the oldest, longest, grandest and most popular civic procession in the world(世界で最も古く、最も豪華で、最も人気のある市と市民の行進)」だそうだ。このLord Mayorとは、シティ・オブ・ロンドン(シティ)の長で名誉職であるロンドン市長のこと。現在ボリス・ジョンソンがその任を務める、シティを含む大ロンドンの行政の長である大ロンドン市長とは違う。新しいLord Mayorは毎年選ばれ、11月第二土曜日に、その就任を祝うLord Mayor Showが開催される。宣誓を終えた後、Lord Mayorはシティから約3.5マイル(約5.63km)のパレードに参加、王立裁判所で「国王」への忠誠を誓う。今年は、22のマーチングバンド、125頭の馬、18台のヴィンテージ車、21台の車両、6500人以上がパレードに参加したそうだ。

この幅5m・高さ3.2m・重さ150kgの世界最大の「首振り犬(→参照)」「Dogcilla」は、Dogs Trustの里親探しセンターに関心を持ってもらうために昨年作られ、現在は、ロンドン西部・EalingのHanger Laneの近くの、A40道上にあるVanguardビルのてっぺんに置かれているそう。

We saw this gigantic yellow dog near Old Street and we chased it with M’s moped on City Road to take some photos. After a little bit of research, I found out that this was a Dogs Trust’s float, participated in the procession of Lord Mayor’s Show 2012 on November 8th, and I happened to see it on their way back, though I didn’t see it parading.

The Lord Mayor’s Show is “the oldest, longest, grandest and most popular civic procession in the world,” started in 1215. The “Lord Mayor” is the mayor of City of London, and is not the “Mayor of London” which has existed only since 2000 now and Boris Johnson is currently on the position that takes care of Greater London, including the City. A new Lord Mayor is appointed every year, and the this Lord Mayor Show celebrates his inauguration and is held on the second Saturday in November. On the day after being sworn in, the Lord Mayor participate in a procession from the City of London to the Royal Courts of Justice where the Lord Mayor swears his allegiance to the Crown. Over 6500 people, 22 marching bands, 125 horses, 18 vintage cars, and 21 carriages paraded over three and a half miles long on this year’s procession.

This 5m long / 3.2m high / 15okg weight world’s largest nodding dog called “Dogcilla” was made to draw attention to their  rehoming centres last year, and you can see it on the Vanguard building on A40 near Hanger Lane, Ealing in West London.