Monthly Archives: September 2013

American Burger Chains Come to London: Five Guys

お次は、同じくコヴェントガーデンのロングエイカーにあるFive Guys。1986年にバージニア州で創業したFive Guysは、アメリカ国内に1000店舗、さらに1500店舗が計画中とアメリカで急成長を遂げているチェーンで、Shake Shackに比べて規模は格段に大きい。多くの都市やメディアで「ベストバーガー」の呼び声も高く、あのオバマ大統領もここのハンバーガーが好物だそうだ。

NY生まれの洗練されたShake Shackに比べ、Five Guysはいかにもアメリカのハンバーガー店や国道沿いにあるダイナーと言った趣で、赤白チェックが基調のインテリアはお世辞にもお洒落とは言えない。見た目は超アメリカンなFive Guysだが、時節柄ヘルシー志向は取り入れている。店内には冷蔵庫のみで冷凍庫は置かず、冷凍食材は使っていない。品質の高い生の牛肉を使い、油もピーナッツオイルのみ使用しているという。カロリーや脂質、糖分、塩分等、商品の栄養表示も、ウェブサイトで見ることが出来る。でも、無骨なアルミホイルに包まれて出てきたハンバーガーは脂っこく、食べるうちに手が油や肉汁でベチャベチャに。Shake Shackの小さめのバーガーに比べると(ダブルと指定しないとシングルが出てくる)、こちらの普通サイズのバーガーは巨大。女性なら「little burger」で充分お腹が膨れそう。カウンターの前においてある大きな箱に入った殻入りピーナッツは無料だそうだが、ハンバーガーにピーナッツは合わないと思うのは私だけ?

Next is Five Guys on Long Acre. Founded in Virginia in 1986, Five Guys is the fastest-growing fast food chain in the United States with 1,000 locations nationwide and over 1500 units in development, and is much bigger chain than Shake Shack. Five Guys has received many awards as “best burger” in US, and even Barack Obama is known to be the fan of their burger.

In compare to more sleek Shake Shack shop, Five Guys is more rough and represents stereotypical American burger shops or roadside diners. Inside is decorated with red-and-white checkered design and can’t be called fashionable, even compared to recently rebuilt McDonald’s.

Five Guys claims that they use only fresh roll stamped prime beef, and there are no freezers but just coolers and nothing is ever frozen. Only Peanut oil is used, and you can even check nutrition information (calories, fat, sugars, salt etc.) online! However, their burger, wrapped with bare aluminium foil, was messy and greasy, and made my hand full of oil and meat juice. In compare to petit-size Shake Shack‘s burger (served single unless you order double), their ‘normal’ burger is double the size, and women would be full with just “little burger”. Their complimentary peanuts in shells can be a good service for some (you can find in a big box in front of the counter), but I don’t think peanuts and burger would create a good harmony – at least to me.

Advertisements

American Burger Chains Come to London: Shake Shack

今年7月、偶然か否か、2つのアメリカのハンバーガーチェーンが同時期に、しかも共にコヴェントガーデンのそう離れていない場所に、共に初のロンドン支店をオープンさせた。私たちはイギリスに来る前にアメリカに住んでいたので、時々向こうのハンバーガーの味が恋しくなる。何がどう違うと言えないのだが、イギリスのハンバーガーとは微妙に違うのだ。これ幸いと早速、この2店を食べ比べてみた。

最初は、2004年にマンハッタンのマディソン・スクエア・パークにホットドッグの屋台として誕生したのが始まりのShake Shack。2005年には、New York magazineの「ベストハンバーガー」に選ばれた。現在、ニューヨークを中心にアメリカに20店舗、アメリカ国外にロンドン店を含む9店舗を展開する。

ロンドン店は、コヴェントガーデンのど真ん中、旅行者の集まるコヴェント・ガーデン・マーケット内にある。注文には列が出来ていたがスムーズに進み、待ち時間はそんなにかからなかった。注文の後は、カウンターで待つ必要はなく、注文の品が準備できると、手渡された手の平サイズの機器が知らせてくれるので、外のピックアップカウンターで食べ物を受け取る。マーケット内の建物内に大きな座席エリア、そして反対側の建物の外にもいくらか席が用意されているので、席探しに困ることもない。

さすが、デザイン・コンシャスなニューヨークのチェーンだけあって、ロゴもパッケージも洒落ており、防水加工した白いシンプルな紙のラッピングやシルバーのトレイも可愛い。そして、健康志向のニューヨーカーに支持されるよう、食材にも気を遣っている。パテは、ホルモン剤や抗生物質を使っていない100%ナチュラルなアンガスビーフを使用。お好みで、レタス、トマト、ピクルス、オニオンをトッピングできる。サイズはシングルとダブルがあるが、シングルはかなり小さいので、空腹の場合はダブルを。フレンチフライの揚げ油も、体に悪いトランス脂肪酸を含まない大豆油のみを使っている。フワフワの柔らかいバンズに挟まれたバーガーはフレッシュでジューシー、これぞアメリカ風ハンバーガー。結構好きかも。

Two popular American burger chains, Shake Shack and Five Guys, opened their first UK venues, both in July this year and both in Covent Garden, only few minutes away with each other, coincidentally or not. We lived in US before we came to UK and miss American burgers (I can’t explain, but something is different from British counterpart), so we tried them both.

First, Shake Shack from New York, started in 2004 as a hot dog cart in Madison Square Park in Manhattan. It was named “Best Burger 2005” by New York magazine. As of 2013, the chain has 20 restaurants in USA and 9 international locations including London.

London brunch is located at the heart of Covent Garden in the Market Building. There was a cue to order, but it moved quite fast. You don’t have to wait at the counter to pick up your food – you are given a small device that beep when your food is ready at pick-up counter outside. Very practical system. They have huge seating area inside the Market where you can feel al-fresco but protected by the roof, as well as smaller space on the other side, outside the building. Plenty of seats so that you don’t have to dash when you spot an empty table.

As you can imagine that the chain is from design-conscious New York, their logo and food packaging are cute, as well as the presentation of the food such as simple white grease-proof paper wrapping and silver tray. Healthy food is important for health-conscious New Yorkers, like Londoners. Their burger is made of freshly grounded 100% all-natural Angus beef cooked medium, and you can add lettuce, tomato, pickle or onion on your choice. Single size is rather small, so choose double if you are hungry. Their fries are 100% free of artificial trans fats and cooked in 100% soybean oil. Their burger with traditional soft bun is fresh and juicy, and real American. I like it.

Bageriet Swedish Café & Bakery @ Covent Garden

コヴェントガーデンの小径・Rose streetでたまたま見つけた、カフェ&ベーカリーのBageriet。スウェーデン語でベーカリーを意味するBagerietは、Melrose & Morganで働いた経験を持つスウェーデン人シェフが5月初旬にオープンさせたお店で、美味しいコーヒーや紅茶、そしてお母さんやおばあさんの作るお菓子にインスピレーションを得たという、素朴で優しい味のスウェーデンのケーキやビスケット、ペイストリーがいただける。客席が数席しかない、小さな隠れ家的な可愛いカフェ。

I happened to find this tiny café & bakery Bageriet on a equally tiny Rose street in Covent Garden. Bageriet (=The Bakery in Swedish) is opened at the beginning of this May by a Swedish pastry chef who has working experience at Melrose & Morgan. The café offers great coffee & carefully selected teas, and most of all, delightful Swedish treats. Very cute!

Cool Packaging Design for Medicines by Teva

後発医薬品分野で世界トップシェアを誇る、イスラエルのテヴァ製薬産業の薬のパッケージ。薬とは思えないデザインが可愛い。

今日はかなりの手抜き。に加え、2週間程ブログをお休みします。ごめんなさい!

These are packages of Teva Pharmaceutical Industries, the largest generic drug manufacturer in the world from Israel. Unlikely design for medicines. Cool.

I am sorry, I cut corner today + will stop writing blog for 2 weeks…

Fischli/Weiss: Rock on Top of Another Rock @ Serpentine Gallery

サーペンタイン・ギャラリー夏季限定パビリオンを見に行った時、ギャラリーの入口前に、2つの大きな石が積み重なって置かれているのに気づいた。花崗岩を使った5.5mの高さのこのインスタレーション「Rock on Top of Another Rock 」(来年3月6日まで)は、スイス人アーティストのデュオ・Peter FischliとDavid Weiss、通称Fischli/Weissの初の公共スカルプチュア作品。驚きの見事なバランスを保っている。

でもこの作品、地震多発国の日本では無理だろうな。ちょっとの揺れでもバランスが崩れて上の石が落ちて、大変なことになるかもしれないし。

When we went to see the Serpentine Gallery Pavillion 2013, we noticed these two rocks in front of the gallery entrance, incredibly balanced one on top of the other. This impressive 5.5m tall installation, Rock on Top of Another Rock (until March 6, 2014), comprising two large granite boulders, is the first public sculpture by Swiss artist duo, Peter Fischli and David Weiss or simply Fischli/Weiss. It is amazing. Well done.

Coming from the earthquake-prone country, first thing came into my mind when seeing the work is, this can’t be done in Japan – the rock on the top would fall and could kill someone in case of an earthquake, even a mild one.

2013 Serpentine Gallery Pavillion by Sou Fujimoto

2013年度のサーペンタイン・ギャラリー夏季限定パビリオン(10月20日まで)をデザインしたのは、トータルで13人目、日本人3人目となる、建築家の藤本壮介氏。過去世界に名だたる建築家が手がけてきたこの栄誉ある建築プロジェクトに、41歳の最年少で抜擢された(過去ブログ参照:2009年 & 2010年)。

ジャングルジムを連想させる、直径20mmの鉄製の白い棒を格子状に組み合わせた軽量の建物は、期間中多目的スペースとして使用されている。訪れた人たちは、色々な高さに取付けられた透明なアクリル板の上に座って、読書したりお喋りしたり考えにふけったり、中にあるフォートナム&メイソンのカフェでお茶したり、思い思いに時を過ごしている。建築家のせいではないのだけれど、日が経ちアクリル板が少し汚れていて、近くで見るより外から、しかも全体が見渡せる少し離れた場所から見る方がベター。違う角度から見ると、違った印象になるので、訪れた際は是非、ぐるりと一回りしてみて。

The annual Serpentine Gallery Pavillion 2013 (until October 20) is designed by Japanese architect Sou Fujimoto. He is the 13th in total and the 3rd Japanese architect to design this prestigious temporary architecture, and is the youngest of all at the age of 41 (reference: 2009 & 2010 articles).

This lightweight and semi-transparent latticed structure of 20mm steel poles is utilized as a multi-purpose social space. Visitors can sit down on acrylic discs of any level and enjoy reading, chatting or meditating. Or you can relax with a cup of tea or coffee at Fortnum & Mason café inside the pavillion. It’s not architect’s fault, but acrylic discs got dirty a little bit over time, and to me it looks better from outside, further enough to see the whole view. Also looking at the pavillion from different angles give you a different impression – not only see inside or from one point, but also go around (and around) when you visit.

ネクタイとベストをプリンとした、カフェスタッフのTシャツはイマイチ。

I don’t like café staff’s T-shirt designed with fake tie & vest!