Category Archives: event

The Fabergé Big Egg Hunt: The Biggest Ever Easter Egg Hunt

Vodpod videos no longer available.

ある日、リージェント・ストリート近くでショーケースに入った大きな卵を見かけた。これは、「 Action for Children 」と「Elephant Family」という二つのチャリティ団体のための募金キャンペーン「The Big Egg Hunt / Faberge Big Egg Hunt」(スポンサーは宝石店のFaberge / ファベルジェ)の一環で、ロンドン各地に隠された200以上の巨大卵の一つ。ファイバーグラスで出来た高さ1mのこれらの卵は、アーティストやデザイナー、建築家、宝石細工人によって彩られた(卵のリスト)。

2010年のElephant Paradeに続き、カミラ夫人 (コーンウォール公爵夫人)の息子でフード・ライターの Tom Parker Bowles(トム・パーカー・ボウルズ)が、2011年11月にセレブリティが出席する「Eggs Faberge」スペシャル朝食会を開催したことをきっかけに、Big Egg Huntのコンセプトが誕生した。

この最大級のEaster egg huntイースター・エッグ探し)は、2月21日から開始。このイベントに参加すると、60もの宝石が埋め込まれた10万ポンド相当の18金の卵「Diamond Jubilee Egg」が当たるチャンスあり。参加方法は、各卵のケースに記されているキーワードをテキスト(80001)で送るだけ。1つの卵につきエントリーは1回のみなので、たくさん探せば探すほど、当たる確立は高くなる。12に分かれたzone maps(イベントマップ)はオンラインで入手可能。

展示されている卵は、「eggsclusive auctions」(exclusiveとeggをかけている)で手に入れることができる。約30の卵が3月21日のライブ・オークションにかけられ、残りはオンライン・オークションで販売される予定(4月9日まで入札受付)。オークションには手が出ないという人は、Selfridges(セルフリッジズ)デパートにあるThe Big Egg Shopで、手描きのミニチュアエッグやオイスターカード・ケース、トートバッグ、Paint-Your-Own-Egg packs(手描きキット)を買うことも出来る。売上げは全てElephant FamilyAction for Childrenに寄付される予定。

One night, I spot a big egg in a show case on a street near Regent street. This is  is one of over 200 giant eggs hidden across London, placed by a charity fundraising campaign “The Big Egg Hunt” or the “Faberge Big Egg Hunt“, in aid of Action for Children and Elephant Family, and sponsored by the jeweller FabergeThese meter high fibreglass eggs have been created by artists, designers, architects and jewellers (list of eggs).

Following the 2010 Elephant Parade, the Big Egg Hunt was first launched in November 2011 by a son of  Camilla, Duchess of Cornwall and food writer Tom Parker Bowles, who created a special “Eggs Faberge” breakfast for the celebrities in attendance.

This largest ever Easter egg hunt launched on 21 February 2012. By participating the egg hunt, you can win an exclusive Diamond Jubilee Egg with 60 fine gems encrusted on this 18 carat gold egg, worth over £100,000! Each egg has a unique keyword at its location, and text this word to 80001 to enter (entries are open until April 3rd). 12 zone maps are available online. You can entry once for each egg, so the more eggs you find, the greater chance you will get to win the prize.

You can be the owner of one of these eggs through their eggsclusive auctions“; around 30 of the eggs are to be auctioned on March 20, and the others are being auctioned online, with bids closing at 5pm on April 9. If you cannot afford to buy on auction, you can also get the egg goodies including hand-painted miniatures of the Big Egg Hunt eggs, Oyster wallets, tote bags, and Paint-Your-Own-Egg packs at The Big Egg Shop at Selfridges. All profit go to the charities Elephant Family and Action for Children.

これが私の見た卵。彫刻家で「Society of Wildlife Artists」会長であるHarriet Mead(ハリエット・ミード)の作品。ウェブサイトで見てみたけれど、実際の卵には、くっついてるトカゲとバッタが見えないのだけれど??

This is what I saw. It is made by a sculptor and President of the Society of Wildlife ArtistsHarriet Mead. I checked her egg on the website, but I didn’t see the lizard and glass hopper on the actual egg??

Christmas 2011

このブログを書くのは、今日が今年で最後。戻りは1月半ば頃になりそうです。

だからちょっと早いですが、皆さま、良いクリスマス&年末年始をお過ごしください!2012年も、何卒よろしくお願いいたします:)

This is the last day I write in this blog in 2011 – I will be back around mid-January.

So it’s a bit early to say, but…

Wishing you all a wonderful Christmas and happy holidays!!!
 

Free Outdoor Screenings of Wimbledon & Film @ Bankside Mix

6月20日から7月7日まで開催の2011年のGreat British Summerイベントは、ロンドン市内3カ所(Bankside Mix / Cardinal Place / New Street Square)でのウィンブルドン選手権と映画の屋外無料上映。先週土曜日にBankside Mixを通りかかった時は、フェデラーの試合を中継していたので、黄色・オレンジ・白のユニオンジャックが描かれたバンの前に置かれたデッキチェアは、満席ではなかったけど、なかなかの盛況。7月3日にウィンブルドンが終わったら、グリース、ノッティングヒル、ソーシャル・ネットワーキングの3作品と、最終日7日は現在投票受付中の5作品の中から選ばれるコメディ映画が上映される。

This year’s Great British Summer offers you an opportunity to enjoy free outdoor screenings of the Wimbledon Tennis Championships and films at three locations in central London (Bankside Mix / Cardinal Place / New Street Square), from June 20 to July 7. When we passed by the Bankside Mix last Saturday, a van painted in orange, yellow and white Union Jack was screening Federer’s match, and sun deck chairs in front of the van were quite occupied though not completely full. After the Wimbledon Championships is over on July 3, three films (Grease, Notting Hill and Social Networking) will be screened and one of the comedy films, currently going through  online voting process, on the last day of the screenings.

Two Days to the Big Royal Wedding

ウィリアム王子とケイト・ミドルトンの結婚式が2日後にせまり、ロンドンはすっかりお祭り気分。ユニオン・ジャックがあちこちにひるがえり、便乗商品が店頭を飾り、新聞・雑誌の紙面を賑わせている。お土産物からハンドメイドまで、大体はお祝いムードあふれるものだけれど(テレグラフ紙記事:写真右端をクリックすると他の写真も表示される/ Visit London official shop / Etsy / John Lewis)、中には意地悪なものも(Royal Wedding Sick Bag: 乗り物酔い用の袋)。コベントガーデンでは、水を差すようにユニオン・ジャックをあしらった商品の販売が禁止され、テナントの怒りを買っている(イブニング・スタンダード記事)。

でも私たちは明日から旅行。幸か不幸か?ロイヤル・ウェディングも、庶民のストリート・パーティも体験出来ない(ま、世界中のテレビで中継されると思うけれど)。その間ブログもお休みします。多分5月9日に再開すると思いますので、またその後覗いてみてくださいね。

The Royal Wedding of Prince William and Kate Middleton is only two days to go. London is in a festival mood, Union Jack flying all over the town and the wedding memorabilia cover shops and media spreads. The Royal Wedding gifts are mostly favourable (Telegraph article: click the right edge of the photo to see more / Visit London official shop / Etsy / John Lewis), but some are a bit mean (Royal Wedding Sick Bag). Contrary to the trend, traders at Covent Garden are outraged at “ludicrous” new regulations banning them from selling items displaying the Union Jack (Evening Standard article).

We will be on a trip from tomorrow, so we won’t be able to experience the Royal Wedding and any of street parties expected to be held in London, fortunately or unfortunately – but we won’t miss a lot as the wedding will be aired all over the world for sure. I will be off from the blog for a while and will resume probably from May 9th – so please come back later!

ウィリアム王子の代わりにハリー王子をあしらった、ジョーク系マグカップ / A mug with Prince Harry, instead of Prince William

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

  • Charity Box for Japan Exhibition @ Milano Salone 2011 / ミラノ・サローネでのデザイナーによる義援金箱展
  • OLIVE: 震災被災地での生活を助けるデザインやアイデアを集めるデータベースwiki / Wikipedia-style website that provides useful information for quake survivors

Festival of Britain @ Southbank

ロンドンはこのところ晴れ続き、最高気温26度と、ロンドンとしては真夏並みの毎日。明日からのイースターホリデーもお天気だそうで、サウスバンクで明日から始まるFestival of Britainにはもってこいの良い陽気になりそう。

イギリスの文化と創造力を祝うFestival of Britainは、今年で60周年を迎える。フェスティバルが始まった1951年のロンドンは、第二次世界大戦の傷跡もまだ生々しく、再開発が必要だった。そんな中、フェスティバルはイギリス人に戦争からの復興と、破壊された都市の再構築における、より品質の高いデザインの発展と促進のために企画された。

主催するサウス・バンク・センターでは、9月4日の終了まで4ヶ月に渡り、ミュージシャンのレイ・デイヴィスの「Melt Down」やYBAアーティスト、トレイシー・エミンの「Tracey Emin: Love is What You Want」展など、
著名アーティストや思想家たちのパフォーマンスやトーク、イベントなどが開催される予定。

It’s been incredibly nice in London these days with a year-worth of sunshine and maximum temperature of 26° like a summer time. The weather is supposed to remain good and dry during upcoming Easter weekend, which is perfect for the opening of Festival of Britain from Good Friday tomorrow in Southbank.

The Festival of Britain, celebrating  British culture and creativity, marks its 60th anniversary this year. The first festival was held in 1951 just after Word War II, when much of London was still in ruins and redevelopment was badly needed. The Festival was an attempt to give Britons a feeling of recovery and progress and to promote better-quality design in rebuilding of British towns and cities following the war.

This year, Southbank Centre hosts a variety of performances, new outdoor environments, talks and events by some of Britain’s leading artists and thinkers, including rock musician Ray Davies‘s ‘Melt Down‘ and  “Tracey Emin: Love is What You Want“, for four months until September 4.

川の側のQueens Walkでは、ヴィンテージ水着の展示や貝で出来た洞窟など、アーティストたちによってカスタマイズされた、イギリスのビーチにつきもののカラフルなBeach Hut(ビーチ小屋)が並ぶ(写真はオープニング前)。海鳥の保存協会が啓蒙活動を行う、Mark Dion製作のMobile Gull Appreciation Unit(カモメへの理解のための移動式ユニット)も、ご愛嬌(写真)。

On the Queens Walk next to the Thames, colourful Beach Hut, typical on British beaches, customised by artists to contains something different, such as n exhibition of vintage beachwear and a shell grotto. Mark Dion’s Mobile Gull Appreciation Unit, which plays host to different seabird preservation societies, is a bit freaky but cute, and guaranteed to catch people’s attention (photo).

同じくQueen’s Walkに作られた、70mの長さのURBAN BEACH。水着姿で日焼けに勤しむ人々で一杯のパリ・プラージュと違い、子供の砂場と化している。

70-metre beach “URBAN BEACH” on the Queen’s Walk. The beach becomes a kids playground, in compare to French counterpart of Paris Plage, which is more like an outdoor tanning salon.

きつねはペット、それとも害獣?わらブロックで出来た作品「Urban Fox」は、そんな問題を提起。すごく悲しそうな表情にキュンとくる(写真)。この作品メイキングのビデオはここをクリック。

Is fox pet or pest? “Urban Fox” created out of straw bales brings up such a debate. The fox looks very, very sad (photo). Click here to see it being build.

レベル2の外のテラスに展示された、アート・インスタレーション(アーティスト、作品名は不明)。詩?が書かれたたくさんの紙が天井から吊るされ、その天井に貼られた何本のワイヤーには、紙飛行機が。

Art installation outside Level 2 on the Riverside Terrace (I can’t find who made this and what is the title). Strings of papers with poetry? are attached from the ceiling, and paper aeroplanes are on the wires coming out of the ceiling.

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

*情報がほとんどなくなってきたので、残念ですが、今回で最後とします。また情報がありましたら、不定期でお知らせします。

* Due to less and less number of charity information available recently, I stop this as of today. However, I will put up any information when I find.