Category Archives: media

Shortlist / Stylist Free Weekly Magazines

ShortListは、ホワイトカラーや専門職の高収入の若い男性をターゲットにした無料週刊誌。イギリスの男性雑誌・FHMの元編集長で、同じくイギリスにベースを置く男性誌・Maximのアメリカ版のCEOだったMike Soutarによって、2007年9月に創刊された。イギリスの主な都市の、電車や地下鉄の駅、バスターミナル、NCPの駐車場、空港、スポーツクラブ、French Connection(FCUK)のショップなど、男性がよく行きそうな場所で、毎週木曜に配布されている。発行部数は50万部を超え、男性のライフスタイル・マガジンとしてはイギリス最高の発行部数を誇る。

60ページ(今週号)の薄い雑誌だけれど、通勤途中にさっと読めるように、スポーツやテレビ、車、映画、ガジェット(gadget:目新しい道具、面白い小物、携帯用の電子機器などを指す)、ファッションや男性用コスメなど、若い男性が好きそうな話題を簡潔に扱っている。他のイギリスの男性誌で必須の、裸や下着・ビキニ姿の若い女性がないので、公共の場でも読みやすい。無料雑誌だから、ページの半分ぐらいは広告で、記事を探すのが大変だけれど、センスの良いレイアウトでうまく記事をまとめていて、バスやチューブの中でさらっと読める。

女性用には、ファッションや旅行、インタビュー記事、美容やコスメ、レストラン、クッキングなどを扱った、Stylist(ウェブ版はStylist.co.ukという姉妹誌を発行している。

ShortList is a free weekly magazine launched in September 2007, targeting young professional males. The magazine is founded by Mike Soutar, former editor-in-chief of FHM in UK and Maxim in the US as its CEO. It is handed out every Thursday at around train and Underground stations and bus terminals in main UK cities, and can be also be picked up at NCP car parks, airports and French Connection stores and sports/health clubs. Shortlist boasts over half a million circulation, and is the biggest-circulation men’s lifestyle magazine in UK.

Shortlist is a lightweight magazine with only 60 pages (this issue’s case), but concisely deals with topics that young men like, such as sport, TV, cars, movies, gadgets, fashion and men’s beauty products. The good point is no nudity and no young women in underwear or bikini, so that you can read in public space without feeling embarrassed. The bad point is advertisements that occupy half of the magazine and it is kind of hard to find an article buried in a flood of advertisements, as the magazine is free and obviously relies on income from advertisers. But with its sophisticated layout and tasteful articles make it easy and fun to read in a train or bus.

For women, there is a sister magazine called Stylist (web version is at Stylist.co.uk), talking about anything women love – fashion, travel, interviews, beauty and cosmetics, restaurants, cooking etc as well.

Advertisements

The Independent Newspaper Now is on a Hand of a Former KGB Officer

本日、発行から間がない歴史の浅い新聞の一つで、全国紙の中で最も発行部数が少ない高級日刊紙「インディペンデント」が、旧ソ連国家保安委員会(KGB)の元エージェントで、ロシアのオリガルヒの一人であるアレクサンドル・レベジェフ(Alexander Lebedev)氏に、1ポンドで買収されることになった。現オーナーであるアイルランドのIndependent News & Media(INM)社によると、2009年は3100万ユーロ(277万ポンド)の損失(税引き前)を計上しており、1989年には40万部以上を誇った発行部数も、 2010年2月には18万3547部に減少、昨年に比べて10.88%減となっていた。契約によると、レベジェフ氏が将来発生する可能性のあるリスクを負う代わりに、INM社は、今後10カ月間にわたり、同氏に925万ポンドを支払うとしている。レベジェフ氏は、2009年1月にも、経営不振に陥っていたロンドンの夕刊紙「イブニング・スタンダード」を1ポンドで買収しているが、その後イブニング・スタンダード紙は無料化され、発行部数も3倍になった。インディペンデント紙も無料化されるのではと言う憶測もあるが、レベジェフ氏のスポークスマンによると、現時点では何も決まっていないそうだ。

1986年に、デイリー・テレグラフ紙の元記者3人によって設立されたインディペンデント紙は、政治的にはリベラル左派で、環境保護を支持し、移民制限には反対、またイラク戦争やテロとの戦いにおいて、イギリスやアメリカの外交方針に批判的という立場を取っている。2003年から徐々に、紙面サイズを縮小したコンパクト判にフォーマット変更したり、2005年には洗練されたレイアウトに刷新したけれど、不況の影響もあり、経営難を脱出できなかった。

Mは、インディペンデント紙は理想主義的で非現実すぎると、嫌っているが、私は一時期、土曜日版にある、懸賞付きのSuper Sudoku(縦横16マスの大きな数独)に凝ったことがあって、この為だけに土曜日版を買っていたのだけれど、経営不振のせいからなのか、だんだん賞品がみすぼらしくなってきて、そのうちに熱が冷めて買うのを止めてしまった。1年ぐらいはやっていたかな?その間、加盟シアターで使えるシアター券£50、本2冊(興味ない本だったけれど)と計三回当選し、数独の腕前もかなり上がった。でもMは、私の数独中毒のせいで、面白くもないインディペンデント紙を買うはめになる上、私があんまり熱中して口もきかなくなるので、文句ばかり言ってたけれど。

The one of the youngest and smallest-selling national newspaper, the Independent has been sold to former KGB agent and on of the Russian oligarchs, Alexander Lebedev for £1, from Irish publisher Independent News & Media (INM). INM has reported a pre-tax loss of €31m (£27.7m) in 2009. The paper had a daily circulation of 183,547 copies in February 2010, down from a circulation of over 400,000 in 1989, and 10.88% from the previous year. INM agreed to pay Lebedev £9.25m over the next 10 months to take on the future liabilities of the loss-making newspapers. Lebedev also bought the London Evening Standard last year for £1, and made its distribution tripled by making the paper free of charge. There is a speculation that the Independent will be free as well, but there is no decision as to whether it’s free or not, according to Lebedev spokesman.

Founded in 1986 by three former Daily Telegraph journalists, the Independent takes center-left / liberal political stance. The paper has also taken strong positions on environmental issues and against the restriction of mass immigration. It has been critical of 2003 Invasion of Iraq, and US and UK foreign policy related to the War on Terrorism. The Independent changed its format from broadsheet to ‘compact’ version from September 2003, and redesigned its layout in 2005. However, this couldn’t help the paper to get out of its financial trouble, due to the recession and reduced income from advertising.

M criticizes the Independent’s political position as too idealistic and too unrealistic. I am not a big fan of the Independent either, but I was addicted to the “Prize Super Sudoku” with 16×16 boxes on the Saturday Independent, and I bought the Independent only for the Super Sudoku for a while. I don’t know if it is due to its financial problem or some other reason, but the prize had been downgraded by time, and I lost my passion and stopped buying the paper. I had been doing it for about a year maybe, and I improved my Sudoku skills and won three prizes,  £50 theater token and two books that I was not interested in and gave to my friends. During my addiction, M complained every Saturday as he had to read the Independent and I was so into it and stopped talking to him every time I started to play it.

Reblog this post [with Zemanta]

Goodbye, Lite: the end of another free paper in London

9月18日に廃刊となったthelondonpaperと同時期(2006年)に発刊されたロンドンのフリーペーパー、London Liteも、先週13日金曜日に廃刊となった。月曜から金曜まで、黄色とえんじ色のユニフォーム姿のスタッフがチューブの駅の周りで夕方頃に配布、9月には発行部数40万部を記録していたLondon Liteだが、この廃刊は、The Evening Standardが有料から無料になった時に予想されていたから、さして驚かなかった。The Evening Standardが10月12日に無料になってから、両紙を読んでいたが、元有料紙だけあってなかなか充実した内容を誇るThe Evening Standardに比べ、内容が薄く、読み応えがない感は否めなかった。

しかし13日の金曜日を終わりの日としたのは、偶然か、それともイギリス人らしいブラック・ジョークなのか。

Another free paper in London, London Lite, is gone on last Friday, after its rival the londonpaper stopped its circulation on September 18. Launched in 2006 around the same time with the londonpaper, London Lite had a daily circulation of 400,000 in September, and was distributed around the tube stations across the city in the evening by the staffs in yellow and dark purple uniforms. I didn’t get surprised its discontinuance, because it was expected when the Evening Standard turned free on October 12th. I read both papers since then, but in compare to the Evening Standard with its substantial and wide variety of topics, London Lite was poor in quality and didn’t have much to read.

By the way, is it coincidence or a joke to choose Friday the 13th for its final day?

Reblog this post [with Zemanta]

The London Evening Standard goes Free from Today

New London Evening Standard

180年以上の歴史を持つロンドンの有料夕刊紙「The Evening Standard(イブニング・スタンダード)」が、今日12日から無料で配布されるようになった。チューブの駅の出入り口に陣取り、センセーショナルな新聞のトップニュースを独特の筆致で書いた看板を前にイブニングスタンダードを売る、オレンジ色のストライプのスタンドは、ロンドンの名物だった。しかし最盛期には65万部を誇った発行部数も、MetroやLondon Lite、thelondonpaper等無料紙の台頭で、近年は22万5千部にまで下落。今年の1月には、オーナーで、デイリー・メール紙などを発行するAssociated Newspapers社より、旧ソ連の国家保安委員会(KGB)の元スパイだった、ロシア人富豪/実業家・アレクサンドル・レベジェフ(Alexander Lebedev)氏に、なんと£1で75.1%の株を売却され、世間を驚かせた。今回無料紙となることで、発行部数を60万部に増やし、この数を武器に広告主を誘引し、生き残りを計る戦略だ。

ロンドンの地方紙であるイブニング・スタンダードは、ロンドン中心のニュースが多いが、国内外のニュースも取り上げている。内容は、私的には、Quality Press(クオリティ・プレス/高級紙)とTabloidsタブロイド/大衆紙)の間ぐらいの位置づけで、大衆紙よりもう少し真面目な記事が多いが、高級紙ほど小難しく、平坦な英語で書かれていて読みやすい。

ロンドンの他の無料紙「thelondonpaper」が先月廃刊となっただけに、イブニング・スタンダードの無料化はうれしい。現在、ロンドンの無料紙は、MetroLondo Lite、そしてThe London Evening Standardの3紙(+経済紙・City A.M.)。ただ、メディアの専門家によると、無料紙のパイは小さく、いずれLondon LiteはThe London Evening Standardと合併するか、姿を消すだろうとのこと。無料紙のみならず、インターネットでニュースを読む人が増え、既存の有料新聞も、軒並み発行部数を減らしている。インデペンデント(The Independent)やガーディアンの日曜紙・オブザーヴァー(The Observer)などは存亡の危機だと言う。イギリスの新聞業界はこれから淘汰が進むんだろうか。

The London’s regional evening newspaper with over 180-year history, “The Evening Standard” became a free newspaper from today, changed their name to “The London Evening Standard.” The Evening Standard vendors with eye-catching orange stripes, placed on the Tube exits, together with the signboards with a sensational headline of the day’s paper, was one of the London’s everyday life scenes. Once the Evening Standard boasted its circulation of 650,000 on its hay day, but now the number dropped to 255,000, due to the competition with emerging free papers such as Metro, London Lite, and thelondonpaper. This January, the owner of the Evening Standard Associated Newspapers, the publisher of Dairy Mail and London Lite, sold 75.1% of the Evening Standard stocks to an ex-KGB spy and Russian businessman, Alexander Lebedev for the astonishing price of £1. This move to make the Evening Standard free came in a bid to increase its circulation from 250,000 to 600,000, to attract potential sponsors for its survival.

The Evening Standard is a regional newspaper of London, but also covers national and international news, as well as London-centred news. For my point of view, the Evening Standard places in between Quality Press and Tabloids – more serious than tabloids, but less tortuous and easier to read than quality press.

This addition to London’s free papers is welcomed, after thelondonpaper discontinued as of the last month. Currently there are three free papers in London – Metro, Londo Lite, and the London Evening Standard (+ financial paper City A.M.). However, a media expert suggested that London has a space for only one free evening paper, and the Lite would eventually close or merge with the Standard. Not only free papers but also existed newspapers have been loosing their circulation, as many people read news online now. It is said that the Independent and The Observer (the Guardian‘s sunday paper) are not doing well adn could fail anytime. Probably UK’s newspaper industries will go into the process of selection soon.

Evening Standard PosterEvening Standard Poster

Evening Standard PosterEvening Standard Poster

イブニング・スタンダードは、今年5月11日に「The London Evening Standard(ロンドン・イブニング・スタンダード)」と名前を変えて、ロゴと題字を刷新した。以上は、このリニューアルに際して作られたポスター・キャンペーン(2009年5月撮影)。

On 11 May 2009, the Evening Standard relaunched as “The London Evening Standard“, with a new layout and masthead. These are the campaign posters made after the renewal (photos taken in May 2009).

Reblog this post [with Zemanta]

The Times London Underground Poster / Ad Campaign

The Times Underground Poster

今日、地下鉄の駅で見た、The Times(タイムズ)紙のポスター。Mが愛読しているイギリスの新聞で、写真を効果的に使った広告キャンペーンを行っている。2008年9月、ダウニング街10番地の黒いドアの前で笑顔で手を振っている当時民主党候補だったオバマや水着姿の少年等、写真のみで広告主の名前が入っていないミステリアスなポスターが、70のロンドンの地下鉄の駅に出現。色々な憶測を生んだ。その翌週、同じ写真だが今度は「The Times」の名前入りのポスターが張り出され、その謎が明かされた。という鳴り物入りで始まったこの広告、その後も次々と写真を変えながら続いており、新しい広告を見つけるのが楽しみになっている。最近、読者に現在の社会問題を考えるきっかけを作る、新しい広告キャンペーン”Be part of the times‘の第2段階が始まった。

The photo above is a British newspaper ‘The Times‘ poster I saw at the London Tube station. The Times, M’s favorite paper, has been doing this striking ad campaigns since last year. In September 2008, several variety of mysterious posters with no brand name but only images, such as then Democratic presidential candidate Obama standing in front of number 10 Downing Street and boy in bathing suits, appeared at 70 London underground stations. These posters without any message or explanation stirred speculations among Londoners. Then on the following week, the same images with ‘The Times’ reappeared across the images and the mystery was solved. This ad campaigns are still going on with new images, and it gives me an additional joy to look for a new version of the ads. Recently the Times has launched the second phase of a poster initiative that invites consumers to think again about current issues as it invites them to “Be part of the times‘.

The Times Newspaper AdThe Times Newspaper Ad

イギリスの新聞(全国紙)は、階級社会を反映し、Quality Press(クオリティ・プレス)と呼ばれる、中・上流階級や知的階層向けの高級紙と、Tabloids(タブロイド)と呼ばれる中流階級・労働者階級向けの大衆紙に分かれている。階級人口を反映してか、大衆紙の売上げは高級紙を圧倒的に上回っている。例えば、イギリスの新聞最大発行部数300万部を超えるThe Sun(サン)に比べ、高級紙最高部数を誇るThe Daily Telegraph(デイリー・テレグラフ )でも90万部以下である。硬派の記事が主流の高級紙に比べ、大衆紙はゴシップ・スポーツ・お色気満載で、日本のスポーツ新聞のような感じ。でも、ルパート・マードックがタイムズを買収して以来、読者離れを防ぐため、高級紙も柔らかい記事を載せるようになった。

高級紙は伝統的に大判の新聞紙を使用していたのでBroadsheets(ブロードシート)とも呼ばれるが、近年は利便性を考慮し、タイムズとインディペンデントが小型化。ガーディアンはそれより少し大きなBerliner(ベルリナー)と呼ばれるサイズを採用している。高級紙と呼ばれるのは以下の5紙。政治的スタンスは、下記の順で保守派/右寄り→左寄りとなる。発行部数はテレグラフ>タイムズ>ガーディアン>インディペンデント>ファイナンシャル・タイムズの順。

大衆紙は以下の通り。政治的スタンスは、下記の順で保守派/右寄り→左寄り。発行部数はサン>デイリー・メール>デイリー・ミラー>デイリー・エクスプレスの順。

<中級紙>

  • デイリー・エクスプレス (Daily Express / Sunday Express)
  • デイリー・メール (Daily Mail / Mail on Sunday)

<タブロイド>

少し古いけれど、無料の日本語のイギリス生活情報週刊誌「ニュースダイジェスト」の2006年3月30日付の記事で、イギリスの新聞について詳しく解説されているので、ご興味のある方はこちらのリンクをご参照ください。

Reflecting British class system, UK national newspapers could be split into serious-minded newspapers, usually referred to as quality press or broadsheets, and less serious newspapers, known for their small size as tabloids or the popular press. The readers of quality press are typically middle/upper class and intellectuals, and normally working class readers choose tabloids. The circulation of popular press are much higher than quality press – The Sun, the biggest newspaper in UK, boasts around 3 million circulation in compare to the top quality press The Daily Telegraph with less than 0.9 million readers. In compare to quality press with serious topics, tabloids are full of gossips, sports and half-naked women. However, recently quality press start to catch up with popular press and talk more casual articles, trying to keep their readers.

The quality press are known as broadsheets due to their traditionally large size, but considerations of convenience of reading, The Independent and The Times switched to a compact format, and The Guardian adapted a Berliner format, slightly larger than a compact. These are five quality press in UK. Their political stances are conservative/right → left from the top. The circulations: The Daily Telegraph > The Times > The Guardian > The Independent > Financial Times.

Major popular press are listed below. Their political stances are conservative/right → left from the top. The circulations: The Sun > Daily mail > Daily Mirror > Daily Express.

Middle-Market Newspapers

Tabloid Newspapers

Reblog this post [with Zemanta]

Long Goodbye to thelondonpaper

The London Paper: final version

ロンドンのフリーペーパーの1つ、「thelondonpaper」が本日9月18日付配布をもって、廃刊となった。2006年9月4日の創刊から3年。トレードマークの紫色のジャケットと帽子を着用したアルバイトによって、地下鉄駅の周りで月曜から金曜まで無料で配布。7月には、ライバル紙・London Liteをしのぐ、50万部以上の発行部数を誇っていたが、この不況で広告収入が減少。£1290万ポンドの赤字(税引き前)を計上したのを受け、先月、オーナーのNews International社が廃刊を発表していた。ガーディアン紙によると、上海で無料紙を発行するBros magazineより、買収提案があったらしいが、News International社が拒否したそうだ。Brosは、thelondonpaperのスタッフの1部を引き継ぎ、英語メインで、中国語と日本語のセクションを設けた週刊無料紙を企画していたという。

セレブのゴシップ記事が多すぎるのは玉にキズだったけれど、カラーや写真を多用した紙面で、ロンドンの出来事やイベント、ニュース、トレンド等が手軽に読め、またブログのネタ集めにも重宝していたので、廃刊は本当に残念だ。

One of free papers in London, thelondonpaper, will be discontinued after today’s last distribution. Credit crunch hit the paper’ advertising revenue, and its closure was announced last month by News International after it recorded pre-tax losses of £12.9m – 3 years after its launch on 4 September 2006. Thelondonpaper was handed out outside Tube stations from monday to friday by vendors wearing their trademark purple uniform and hat. The paper had a distribution of 500,348 copies in July, about 100,000 more than its rival London Lite. According to the Guardian article, News International refused the offer by Shanghai company Bros magazine, who wanted to run thelondonpaper as weekly with sections in Chinese and Japanese, retaining some staff.

Despite of too much celebrity’s gossips, thelondonpaper offered easy-to-read local news, events, trends and information with lots of images and colour. I find the paper very useful to find the topics for my blog as well, and I will miss it…

The London Paper: final edition

Reblog this post [with Zemanta]

Monocle Magazine March 09

Monocle March 2009

Mが、Monocleモノクル)3月号を買った。モノクルは、カナダ人編集長Tyler Brûlé(タイラー・ブリュレ)が、2007年2月にロンドンで創刊した雑誌(年10冊発行)で、この号が2周年記念号とある。洗練された国際派ビジネスマンや起業家、知識人を主なターゲットとし、国際情勢・カルチャー、デザイン、ファッション等幅広いトピックを扱う。タイラー・ブリュレは、もともとBBCのジャーナリストだったが、1996年に「90年代で最も影響力のあるライフスタイル・マガジン」と呼ばれたイギリスの雑誌・Wallpaper*を創刊。一躍時の人となった。また、英ファイナンシャル・タイムズやニューヨーク・タイムズ等、メジャーなメディアのコラムニストとしても活躍する。

モノクルは、タイラー・ブリュレが編集長だけあって、スタイリッシュにデザインされている。紙も手触りがよいし、グラフィック、写真も充実している。主なメディアがあまり記事にしない国の話題も多く取り上げるが、イギリスやロンドンに対しては時に批判的で、あまり話題に上らないのがちょっと悲しい。それに、世界中のトピックを取り上げるのはいいが、ちょっとマイナーすぎて退屈だったり、表面的になってしまうのが難しいところ。取り上げるファッションや商品はちょっと保守的、質はいいが高くて庶民にはちょっと高嶺の花のものが多い。ウェブサイトも充実していて、ビデオやオーディオ、スライドショー等、インタラクティブなものとなっている。行ったことはないが、最近、The Monocle Shopも、洗練された店が並ぶMarylebone High street近くにオープンした。すごく小さなストアらしいが、編集者が世界から選りすぐった、文房具やかばん、ニット製品、CD等を扱っている。日本のBeamsとタイアップして、吉田かばんのPorterブランドのカバンもここで買える。

The Monocle Shop
2A George Street,
Marylebone,
London W1U 3QS

M bought Monocle March 2009 issue. Monocle is a London-based magazine, founded in February 2007, by Canadian born Tyler Brûlé. Monocle comes out 10 issues a year, and this one is a second anniversary issue. The magazine, targeting ’sophisticated’ jet setters and cosmopolitan urban settlers, talks about global affairs, business, culture and design. Tyler Brûlé, originally a BBC journalist, is a founder of  ‘most influential life style magazine in 90’s’ Wallpaper*, and a columnist for major medias such as Financial Times and International Herald Tribune etc.

Monocle is stylishly designed, with nice paper and plenty of graphics and photos. The magazine deals with all kind of issues from the countries that other media rarely talks, but Brûlé is often critical about UK and London and hardly mentions (which I think it is not fair for London). The intention to cover all over the world is good, but articles are sometimes too minor, boring, and superficial. The fashion and products in the magazine is often conservative, good quality and expensive, and not for everyone – you can tell who is the target reader. The website, focusing on broadcasting with films, slide shows and audio reports, is also cool as well. Recently Monocle open its first store near Marylebone High street. The store stocks a selection of curated, crafted products, such as stationery, bags, knitwear, and CDs etc, that their editors have found in the world.

The Monocle Shop
2A George Street,
Marylebone,
London W1U 3QS

Reblog this post [with Zemanta]