Category Archives: media

The Independent launches ‘mini Indy’ on October 26

今日の新聞に、こんな一面広告が出ていた。これは10月26日にインデペンデント紙が発行する新しい高級全国紙「i」の広告。イギリスで新しい高級紙の発行は、1986年のインデペンデント紙発行以来、25年ぶりなのだそうだ。

→リンク先の日本版ウィキペディアの情報は更新されていないみたいなので、最新情報は英語版を参照。またイギリスの新聞については過去のエントリーを参照。

Independent Print社が発行元となるiは、インデペンデント紙の簡潔版で、情報過多と時間に追われる現代人が、上質なニュースを安価かつ短時間で読めるというのが売り。月〜金曜日発行予定で、お値段はタブロイド紙・サン並みの20ペンス。ロンドンの夕刊紙「イブニング・スタンダード」を1ポンドで買収・無料化して発行部数を3倍にし、今年3月には赤字に悩むインデペンデント紙を同じく1ポンド買収した(過去エントリー参照)、元KGBでロシア人富豪のオーナー、アレクサンドル・レベジェフ(Alexander Lebedev)氏のこと、何か新しい事をやらかすであろうと噂されていた。インデペンデント紙のニュースを使えるので、コストも抑えられるし、発行元もリスクが少ない。この「mini Indy」(インディはインデペンデント紙の愛称)、高級紙の中でいちばん発行部数の少ないインデペンデント紙の起死回生となるか?

I found this newspaper ad today, of “i, which will go on sale on October 26. Created by the Independent, i will be the first quality daily paper to have launched in UK in almost 25 years, since the Independent itself in 1986.

→ See the past entry for more about British newspaper

i, published by Independent Print Limited, is a concise version of the Independent, and is designed for busy readers who are suffering from information overload and want a comprehensive digest of the news. This “mini Indy” is available on Mondays to Fridays, for just 20p, which is the same as The tabloid paper, The Sun. The owner Alexander Lebedev, a the Russian Billionare and former KGB agent, purchased the Independent this March for £1 (see past entry), after acquired the London Evening Standard for also £1 and made its distribution tripled by making the paper free of charge. He was expected to do something for the Independent as well, and now came up with this brilliant idea. It is also relatively risk-free for the publisher, making it with low additional cost by using news from the Independent. Let’s see if this “mini Indy” can help revive the underdog Independent, which has currently the lowest daily circulation among the UK quality national newspapers.

Enhanced by Zemanta

Financial Times Saturday: FT WEEKEND

Mは最近、フィナンシャル・タイムズ(以下FT)の土曜版(FT WEEKEND)を買い始めた。ちなみにイギリスの新聞は、土曜、日曜版は分厚く、ニュース、アート&エンターテインメント、スポーツ、不動産、旅行など、いくつかのカテゴリーに分かれており、付録の雑誌やテレビガイドなどもついてくる。よって、お値段も高くなる。FT WEEKENDは、他紙の土曜版より高い2.80ポンド。やはり購読層がお金持ちなせいか、紙面は高級感が漂い、広告や掲載されるファッションや商品は高級ブランドもので、私には少し取っつき難い感じ。

以前は、経済紙のイメージの強いFTはシティに勤める銀行員か金融関係者向けだとして、見向きもしなかったのだけれど、土曜版のアート&エンターテインメント系の記事が充実してると聞いたので買ってみたら、面白かったとのこと。Mが何故か目の敵にする、雑誌・Monocleの編集長、Tyler Brûlé(タイラー・ブリュレ)がコラムを持っていて、このこともMが土曜版を買う理由の一つじゃないかと思っている。Mは否定するけれど、なんだかんだ言いながらMonocleも毎号チェックするし、彼のポッドキャストも毎週聞いているし。

土曜日版はFTにしたけれど、平日、日曜版はタイムズ一筋。イギリスに来てから、読む新聞が、ガーディアンオブザーバーインデペンデントの左派紙から、タイムズやFTと中道右派に移行している。左派紙の読者は若者が多いので、読む新聞が変わったのは、Mがおじさんになったという証拠だろうか(若いタイムズ&FT読者には失礼ですが)?それでも、都会派を気取るMは、郊外・田舎に住む保守派&年配の方々御用達(これまたロンドンの若い読者には憤慨されるかも)のデイリー・テレグラフだけは読まないと決めているそうだ。→イギリスの新聞については過去のエントリー参照

でも「ピンクペーパー」と言われる所以の、あの薄汚いピンクというかベージュというか、ビシッとしないぼんやりした色は今イチ。カラー写真もあの背景色だときれいに見えない。差別化したいという意図は分かるけれど、あの色はちょっと。。。

Recently, M switched his Saturday paper to Financial Times (FT)’s Saturday version, FT WEEKEND. British newspapers’ Saturday and Sunday versions are thicker than weekdays, divided in several categories such as news, arts & entertainments, sports, real estate, travel etc, and usually comes with magazines and TV guides. Therefore, the price is also higher than weekdays. FT WEEKEND cost £2.80, which is more expensive than other Saturday papers. Since FT has more affluent readers, I can smell money and poshness here and there in the paper, and ads and featured fashions & products are of expensive brands – I feel a bit fish out of water when I read it.

In the past, we thought that FT is a financial paper, as its name suggests, and is for the City bankers and financial workers, and never thought about buying it. But M started to buy FT WEEKEND because he heard that Arts section on FT Saturday version is quite good. I also believe that one of the reason he buys FT WEEKEND because his archenemy Tyler Brûlé, an editor-in-chief of the Monocle magazine, has a column. M denies it, but he checks Monocle magazine every month while complaining, and listens Tyler’s podcast every week!

Though he buys FT on Saturday, he still sticks to the Timesthe Sunday Times on other days. Since we moved to London, the newspapers he reads has shifted from leftish the Guardian / the Observer and the Independent to the more central right the Times and FT. Since many readers of the left papers are young, it means that M got older and became a middle aged man (sorry for the young readers of the Times and FT) ??  But still self-endorsed ‘cosmopolitan city boy’ M insists not to buy the Daily Telegraph, which he believes that it’s for suburban and countryside conservatives and elders (sorry again for the young Telegraph readers!). →See past entry for details about British papers.

But its dirty pink / beige color is not cool – blunt and boring. Color photos don’t look well with the background color. I understand that they want to use the color to stand out, but the choice seems to be wrong, to me…

Enhanced by Zemanta

Shortlist / Stylist Free Weekly Magazines

ShortListは、ホワイトカラーや専門職の高収入の若い男性をターゲットにした無料週刊誌。イギリスの男性雑誌・FHMの元編集長で、同じくイギリスにベースを置く男性誌・Maximのアメリカ版のCEOだったMike Soutarによって、2007年9月に創刊された。イギリスの主な都市の、電車や地下鉄の駅、バスターミナル、NCPの駐車場、空港、スポーツクラブ、French Connection(FCUK)のショップなど、男性がよく行きそうな場所で、毎週木曜に配布されている。発行部数は50万部を超え、男性のライフスタイル・マガジンとしてはイギリス最高の発行部数を誇る。

60ページ(今週号)の薄い雑誌だけれど、通勤途中にさっと読めるように、スポーツやテレビ、車、映画、ガジェット(gadget:目新しい道具、面白い小物、携帯用の電子機器などを指す)、ファッションや男性用コスメなど、若い男性が好きそうな話題を簡潔に扱っている。他のイギリスの男性誌で必須の、裸や下着・ビキニ姿の若い女性がないので、公共の場でも読みやすい。無料雑誌だから、ページの半分ぐらいは広告で、記事を探すのが大変だけれど、センスの良いレイアウトでうまく記事をまとめていて、バスやチューブの中でさらっと読める。

女性用には、ファッションや旅行、インタビュー記事、美容やコスメ、レストラン、クッキングなどを扱った、Stylist(ウェブ版はStylist.co.ukという姉妹誌を発行している。

ShortList is a free weekly magazine launched in September 2007, targeting young professional males. The magazine is founded by Mike Soutar, former editor-in-chief of FHM in UK and Maxim in the US as its CEO. It is handed out every Thursday at around train and Underground stations and bus terminals in main UK cities, and can be also be picked up at NCP car parks, airports and French Connection stores and sports/health clubs. Shortlist boasts over half a million circulation, and is the biggest-circulation men’s lifestyle magazine in UK.

Shortlist is a lightweight magazine with only 60 pages (this issue’s case), but concisely deals with topics that young men like, such as sport, TV, cars, movies, gadgets, fashion and men’s beauty products. The good point is no nudity and no young women in underwear or bikini, so that you can read in public space without feeling embarrassed. The bad point is advertisements that occupy half of the magazine and it is kind of hard to find an article buried in a flood of advertisements, as the magazine is free and obviously relies on income from advertisers. But with its sophisticated layout and tasteful articles make it easy and fun to read in a train or bus.

For women, there is a sister magazine called Stylist (web version is at Stylist.co.uk), talking about anything women love – fashion, travel, interviews, beauty and cosmetics, restaurants, cooking etc as well.

The Independent Newspaper Now is on a Hand of a Former KGB Officer

本日、発行から間がない歴史の浅い新聞の一つで、全国紙の中で最も発行部数が少ない高級日刊紙「インディペンデント」が、旧ソ連国家保安委員会(KGB)の元エージェントで、ロシアのオリガルヒの一人であるアレクサンドル・レベジェフ(Alexander Lebedev)氏に、1ポンドで買収されることになった。現オーナーであるアイルランドのIndependent News & Media(INM)社によると、2009年は3100万ユーロ(277万ポンド)の損失(税引き前)を計上しており、1989年には40万部以上を誇った発行部数も、 2010年2月には18万3547部に減少、昨年に比べて10.88%減となっていた。契約によると、レベジェフ氏が将来発生する可能性のあるリスクを負う代わりに、INM社は、今後10カ月間にわたり、同氏に925万ポンドを支払うとしている。レベジェフ氏は、2009年1月にも、経営不振に陥っていたロンドンの夕刊紙「イブニング・スタンダード」を1ポンドで買収しているが、その後イブニング・スタンダード紙は無料化され、発行部数も3倍になった。インディペンデント紙も無料化されるのではと言う憶測もあるが、レベジェフ氏のスポークスマンによると、現時点では何も決まっていないそうだ。

1986年に、デイリー・テレグラフ紙の元記者3人によって設立されたインディペンデント紙は、政治的にはリベラル左派で、環境保護を支持し、移民制限には反対、またイラク戦争やテロとの戦いにおいて、イギリスやアメリカの外交方針に批判的という立場を取っている。2003年から徐々に、紙面サイズを縮小したコンパクト判にフォーマット変更したり、2005年には洗練されたレイアウトに刷新したけれど、不況の影響もあり、経営難を脱出できなかった。

Mは、インディペンデント紙は理想主義的で非現実すぎると、嫌っているが、私は一時期、土曜日版にある、懸賞付きのSuper Sudoku(縦横16マスの大きな数独)に凝ったことがあって、この為だけに土曜日版を買っていたのだけれど、経営不振のせいからなのか、だんだん賞品がみすぼらしくなってきて、そのうちに熱が冷めて買うのを止めてしまった。1年ぐらいはやっていたかな?その間、加盟シアターで使えるシアター券£50、本2冊(興味ない本だったけれど)と計三回当選し、数独の腕前もかなり上がった。でもMは、私の数独中毒のせいで、面白くもないインディペンデント紙を買うはめになる上、私があんまり熱中して口もきかなくなるので、文句ばかり言ってたけれど。

The one of the youngest and smallest-selling national newspaper, the Independent has been sold to former KGB agent and on of the Russian oligarchs, Alexander Lebedev for £1, from Irish publisher Independent News & Media (INM). INM has reported a pre-tax loss of €31m (£27.7m) in 2009. The paper had a daily circulation of 183,547 copies in February 2010, down from a circulation of over 400,000 in 1989, and 10.88% from the previous year. INM agreed to pay Lebedev £9.25m over the next 10 months to take on the future liabilities of the loss-making newspapers. Lebedev also bought the London Evening Standard last year for £1, and made its distribution tripled by making the paper free of charge. There is a speculation that the Independent will be free as well, but there is no decision as to whether it’s free or not, according to Lebedev spokesman.

Founded in 1986 by three former Daily Telegraph journalists, the Independent takes center-left / liberal political stance. The paper has also taken strong positions on environmental issues and against the restriction of mass immigration. It has been critical of 2003 Invasion of Iraq, and US and UK foreign policy related to the War on Terrorism. The Independent changed its format from broadsheet to ‘compact’ version from September 2003, and redesigned its layout in 2005. However, this couldn’t help the paper to get out of its financial trouble, due to the recession and reduced income from advertising.

M criticizes the Independent’s political position as too idealistic and too unrealistic. I am not a big fan of the Independent either, but I was addicted to the “Prize Super Sudoku” with 16×16 boxes on the Saturday Independent, and I bought the Independent only for the Super Sudoku for a while. I don’t know if it is due to its financial problem or some other reason, but the prize had been downgraded by time, and I lost my passion and stopped buying the paper. I had been doing it for about a year maybe, and I improved my Sudoku skills and won three prizes,  £50 theater token and two books that I was not interested in and gave to my friends. During my addiction, M complained every Saturday as he had to read the Independent and I was so into it and stopped talking to him every time I started to play it.

Reblog this post [with Zemanta]

Goodbye, Lite: the end of another free paper in London

9月18日に廃刊となったthelondonpaperと同時期(2006年)に発刊されたロンドンのフリーペーパー、London Liteも、先週13日金曜日に廃刊となった。月曜から金曜まで、黄色とえんじ色のユニフォーム姿のスタッフがチューブの駅の周りで夕方頃に配布、9月には発行部数40万部を記録していたLondon Liteだが、この廃刊は、The Evening Standardが有料から無料になった時に予想されていたから、さして驚かなかった。The Evening Standardが10月12日に無料になってから、両紙を読んでいたが、元有料紙だけあってなかなか充実した内容を誇るThe Evening Standardに比べ、内容が薄く、読み応えがない感は否めなかった。

しかし13日の金曜日を終わりの日としたのは、偶然か、それともイギリス人らしいブラック・ジョークなのか。

Another free paper in London, London Lite, is gone on last Friday, after its rival the londonpaper stopped its circulation on September 18. Launched in 2006 around the same time with the londonpaper, London Lite had a daily circulation of 400,000 in September, and was distributed around the tube stations across the city in the evening by the staffs in yellow and dark purple uniforms. I didn’t get surprised its discontinuance, because it was expected when the Evening Standard turned free on October 12th. I read both papers since then, but in compare to the Evening Standard with its substantial and wide variety of topics, London Lite was poor in quality and didn’t have much to read.

By the way, is it coincidence or a joke to choose Friday the 13th for its final day?

Reblog this post [with Zemanta]