Category Archives: website

New Look for BBC 2012

ロンドン・オリンピック開催まで200日を切った(正確に言うと192日)。Tube(ロンドン地下鉄)各駅やBlackfriarsブラックフライアーズ)駅、 Farrindonファリンドン)駅などの鉄道駅の改装といったインフラの整備や、様々な建設工事がロンドン市内のあちこちで急ピッチで進められており、オリンピックが近づいていることを感じさせる。もっともロンドンの住人は、犬も歩けば棒に当たるじゃないけれど、行く先々で遭遇する工事現場の騒音や通行止め、道幅減少などに閉口しているけれど。

そして、イギリスの国営放送BBCが去年7月に立ち上げたオリンピック特集ウェブサイト・BBC 2012もこの度お化粧直しされた。このサイトは、ニュース、スポーツ、ドラマ、アート、カルチャー、コメディ、交通情報や役立つ情報など、BBCのオンライン、テレビ、ラジオのオリンピック関連コンテンツ(ライブ、ビデオ、オーディオ、写真、インタビュー、裏話など)が一堂に集められているので、ロンドン・オリンピック委員会のLondon 2012とともに、オリンピックや関連イベントの情報収集に便利かも。→詳細はBBCブログ

It is less than 200 days (precisely saying, 192 days) to go til London Olympic 2012, and all kinds of constructions and building works, including maintenance works of some tube stations and revamping rail stations such as Blackfriars station and Farrindon station, now seem to be speeding up and this make us feel the Olympic is coming. Exciting, though many Londoners complain the noise, reduced road width and diversion caused by never-ending works that we encounter every corner of the city.

BBC, British national broadcaster that most of you already know, has changed the look of BBC 2012, a website launched last July, dedicated to London Olympic. The site showcases a variety of contents arising from the London Olympic and Paralympic Games, ie. news, sport, drama, arts, culture, comedy, traffics as well as other useful info, gathered from BBC’s online, television and radio, in the form of live coverage, video and audio clips, background stories, pictures and cast interviews. Together with London Olympic’s official website London 2012, it will be a good media for information of olympic games and related events. → BBC blog for more details

Visit London Christmas Competitions

ロンドン公式ウェブサイト・Visit London日本語ページあり)が、Advent Calendar(アドベント・カレンダー)方式に、12月1日から25日まで日替わりで、ホテル宿泊やシアターチケット、ショッピング・バウチャー等が当たる懸賞を実施中。懸賞・プレゼント応募を見逃せない私は、毎日チェックしては、めぼしいプレゼントにクリック応募している。サイトのキュートなイラストを描いたのは、St Martin’s College出身のTina Mansuwanさん。バンコクやブルネイ、ストックホルム、ロンドンと様々な街で育ち、現在はバンコク在住とのこと。ロシアのフォークアートや日本のグラフィックスに影響を受けたそうで、そのポップで可愛いイラストは、確かに日本人が好きそう。

残念ながら懸賞への応募資格はイギリス在住者に限られているけれど、このウェブサイトで、ロンドンのクリスマス気分をちょっと味わってみては?

London’s official guide website Visit London is running a virtual advent calendar from 1 – 25 December, with a daily prize such as theatre tickets, overnight hotel stays and shopping experiences. I am the person who can’t miss prizes and competitions, and everyday I check the site and click & apply a prize I fancy. The illustration for the advent calendar is designed by Tina Mansuwan, a graduate of St Martin’s College who grew up in Bangkok, Brunei, Stockholm and London. Now back in Bangkok, she is inspired by Central Asian and Russian folk art and Japanese graphics – I thought this cute & pop illustration is typical of what Japanese girls like.

Unfortunately the competitions is open to UK residents only, but why not to enjoy a little bit of London’s Christmas atmosphere by visiting the site?

Takeaway/Delivery Food Revolution

先週末のThe Sunday Times(サンデー・タイムズ)付録の雑誌「STYLE」の記事によると、イギリスでは今、テークアウト&デリバリー革命が起きているという(タイムズのオンライン記事は有料なのでリンク不可)。少し大げさな表現だけれど、かつてデリバリーやテークアウトと言えば、ピザやチャイニーズ、ケバブと言ったチープで不健康な食べ物というイメージがあったが、不況の影響か、最近ハイクオリティ・フードも市場に参入してきた。The Ivy、Le Caprice、Scott’sなどを展開する高級レストラングループのCaprice Holdingsは最近テークアウトをも始め、その値段はレストラン価格の3分の1ほどだという。また、日本食の有名店・Nobuも、持ち帰り用手作り寿司ボックス(12人分£528.75!)を今月から始める。コンテンポラリー・アジアン・レストランXOは、近くにあるデリXO to GOで、温めるだけの持ち帰りメニューを扱う。

また、9月12日にスタートしたばかりのHousebites.comは、近くに住むシェフが自分のキッチンで調理した食べ物を配達してくれるというユニークなサービス。郵便番号を入力すると、配達可能エリアのシェフが調理中のメニューが写真付きで出るので、オーダーしたい料理と希望配達時間を選び、オンラインで決済。後は注文が届けられるのを待つだけ。シェフと言っても、プロの料理人から、料理が得意な素人まで様々。顔写真をクリックすると、プロフィールと利用者のレビューが見られる(今は始まったばかりでレビューはほとんどない)。試しに自分の郵便番号を入れてみる。始まったばかりのサービスだからか、出てきたのはシェフ3人だけ。でもその中の1人のパエリアが美味しそう。

でも、プロの味まで家にいながら味わえるようになると、特に冬なんか、ますます出不精になりそうだなあ。

I read the article about recent changes in take-out/delivery food market in UK on the last weekend’s Sunday Times ‘STYLE’ magazine (I can’t link the article as the Times charges you to read online article). Before, takeaway food meant cheap and often unhealthy food such as pizza, Chinese and Kebab, but now high quality food is also available on the market, as byproduct of the recent recession. Caprice Holdings fine-dining chain that owns The Ivy, Rivington Grill, Le Caprice and Scott’s, now offers their food for takeaway, with the the price of a third of the restaurants’. Posh Japanese Nobu launches takeaway Tedukuri (=make your own) Sushi Box (£528.75!! For up to 12 people) this month. Contemporary pan-Asian restaurant XO sells “Ready to Heat” food at a nearby deli XO to GO.

On the other hand, Housebites.com, just started few days ago, offers a unique system to connect customers and chefs in the local area. The system is simple; enter your postcode, browse and choose from the menus by chef in your area as well as delivery slot, and pay online. That’s it. Just wait your food to arrive at your doorstep. These ‘chef’ can be experienced professional chef or just a great cook providing delicious meals to friends and family. Click a photo, and you will get the chef’s profile and customers’ review, though there in almost no reviews now because the service is just started. I put my postcode as a test. I got 3 chefs around my area – paellas cooked by one of them looked delicious.

I am already a stay-at-home type, and if I can have even meals prepared by professional at home, I would never go out!!

e-petitions, e-democracy

8月4日に政府が立ち上げた、誰でもオンラインでpetition(嘆願書)を作成できる新しいサイト、e-petitions ウェブサイト。政府の職務に関することなら何でも、嘆願書を作って賛同する人々から署名をもらえる。自宅にいながら、政府に自分の主張を届けることができる可能性があるなんて、インターネットのお陰で、民主主義も便利で簡単になったものだ。

政府の情報ポータルサイト・Directgovによると、開設以来、350万人がサイトを訪問、1万4500もの嘆願書が作成され、125万の署名が寄せられた。嘆願書は1年間有効。その間10万以上の署名が集まった嘆願は、House of Commons庶民院)で審議される権利が与えられる。これまで審議対象となったのは、「Convicted London rioters should loose all benefits(有罪となった暴動参加者は生活保護や失業保険などの福祉給付を失うべき)」(本日付署名数22万1606人。過去のブログ参照)と「Full disclosure of all government documents relating to 1989 Hillsborough disaster(1989年のヒルズバラの悲劇に関する公文書の全公開)」(本日付で署名数13万7374人。過去ブログ参照)の2件。

いったん嘆願が提出されると、政府の関連部署によって審査され、1)名誉毀損または侮辱的な内容、2)政府が関しない案件、3)勲章や任命、地位に関するもの、4)既に同内容の嘆願が提出されている場合は、却下される。面白いのは、「rejected(却下)」の今日のトップページには、死刑復活に関する嘆願ががずらり。これらは、理由4)により却下されている。人権に関してはウルサいイギリス人にも、死刑復活を願う人たちが多いのだと少し驚き。でも、死刑廃止の存続の嘆願書にも多くの署名が集まっている(テレグラフ紙関連記事)。世論は思った以上に割れているようだ。

On August 4th, the government launched a new public e-petitions website, enabling general public to create a public petition on anything the government is responsible for. Now you have a power to make for your voice heard, just sitting in front of the computer and create your own petition – democracy is easier and more convenient than ever, thanks to internet!

According to the government information portal site Directgov, the e-petition site has been visited by 3.5 million people since its launch, with 14,500 e-petitions created and more than 1.25 million signatures added. Petitions will be open for up to one year, and a petition that collects more than 100,000 signatures wiil be eligible for debate in the House of Commons. So far two petitions, “Convicted London rioters should loose all benefits” (221,606 as of today. See also my past blog for more) and  “Full disclosure of all government documents relating to 1989 Hillsborough disaster” (137,374 as of today. See also my past blog for details), have reached to the point.

Once an e-petition is submitted, it will be checked by the relevant government department. Petitions will be ruled out if they are: 1) libellous or offensive; 2) not directly a matter for government; 3) about honours and appointments; and 4) the same as an existing open petition. It is interesting that majority of the latest e-petitions the today’s “rejected” top page (see the last image) are related to bringing back death penalty, though those were rejected due to the reason 4). It is surprising many people want the capital punishment back, though people who want to retain the ban are also in big number as well (see the related issue on Telegraph article). I thought that British people are obsessed with ‘human rights’ but public’s ‘honest’ opinions are more divided than I thought.

London Fire Brigade Incident Mapping

ロンドン消防庁が作成した、イギリス初のオンライン火災発生マップ「London Fire Brigade Incident Mapping」が、今日から利用開始になった。2008年に作られたロンドン首都警察の犯罪マップをベースにしたこのシステムでは、郵便番号を入力すると、昨年に消防隊が出動した件数がエリアごとに表示される。また、Fires(火災):Primary/Secondary(一次/二次)、Deliberate Fires(放火):Primary/Secondary(一次/二次)、False Alarms(誤報):All Automatic Fire Alarms/Good Intent/Malicious(自動火災報知器の誤作動/間違い通報/いたずら通報)、Special Services(特別出動):Road Traffic Collisions/Shut in lift releases(交通衝突/エレベーター内閉じ込め)といったカテゴリー別に、フィルターをかけることも出来る。

火事の多いエリアの住民や会社、区役所などに対し、被害を減らす努力を促すことが目的だそうだが、スコットランド・ヤードのオンライン犯罪発生マップのように、そのエリアに住む住民やそこに転居予定の人たちに恐怖感を与えることになるかも。ちなみに、昨年深刻な火災や放火が最も多かったのは、ロンドン南東部のクロイドンだそう。

私も郵便番号から自分の住むエリアを調べてみたら、どのタイプも平均と出た。でも30秒も歩けば、火災件数が高い「High」のエリアに入る。喜ぶべきか、悲しむべきか。

The London Fire Brigade Incident Mapping showing the number of the fire related incidents across London, the first of its kind in UK, has been made available online today. Based on the Metropolitan Police’s crime map launched in 2008, typing in your postcode shows you the data on how many incidents firefighters have been called to in the past year. You can also filter the numbers by types; Fires (Primary/Secondary), Deliberate Fires (Primary/Secondary), False Alarms (All Automatic Fire Alarms/Good Intent/Malicious) and Special Services (Road Traffic Collisions/Shut in lift releases).

An intention of the London Fire Brigade (LFB) is to encourage residents, businesses and councils in places with a higher number of incidents to take action to make their area safer, but like Scotland Yard’s local crime and policing website for England and Wales, it may cause fear among people who live or plan to move to London’s fire hotspots, including Croydon in Southeast London, which had the most serious fires and arson attacks last year.

I checked my postcode and the numbers come ‘average’ in all incident types. But just few steps away is marked as ‘High’ – am I suppose to be pleased or not?