Tag Archives: アイデンティティ

Figures & Fictions: Contemporary South African Photography @ V&A

V&Aで4月12日から7月17日まで開催中の「Figures & Fictions: Contemporary South African Photography」を観た。この展覧会では、南アフリカに住み、活動を続ける17人の写真家によって、写真文化が花開いたアパルトヘイト終了後の2000年から2010年に撮影された作品を展示されている。

悪名高いアパルトヘイトが導入された国民党の支配下の1948年から1994年の間、写真は国家によって人種分類を管理するために利用されたが、同時に人種差別法と人種隔離政策下の人々の生活や抵抗の記録としても使われた。現代の南アフリカ人写真家は、新しく生まれ変わった南アフリカ、高い犯罪率と大きな貧富の差を内在しつつも、経済発展と強まる政治的パワーを享受する、民主的で多様な文化を持つこの国に生きる人々を写し出している。Figures & Fiction展に展示されている作品は、階級、政治、人種やジェンダー・アイデンティティ、日常生活、家族、ファッション、宗教、旧植民地としての歴史、そして弱まったとは言え未だに存在する過去の権力(=金持ちエリート白人)など、様々な観点から現代南アフリカの姿を描きだす。

カリスマ的なネルソン・マンデラを筆頭に、自由と平等を求め、少数派の白人による抑圧と戦う多数派の黒人たちといった、ステレオタイプのイメージとは全く違った、変化の途上にある現代南アフリカの息吹を感じられる、カラフルで興味深い展覧会。

I saw an exhibition “Figures & Fictions: Contemporary South African Photography” (April 12 – July 17) at V&A. The exhibition presents the work of 17 South African photographers who live and work in the country and the photographs on display were taken between 2000 and 2010 in post- apartheid period, when vibrant and sophisticated photographic culture has emerged.

Under National Party rule from 1948 to 94 and the implementation of notorious racial segregation, photography was used by the State to manage racial classification, but also served to document resistance and record the lives of people under racial laws and social segregation. The post-Apartheid photographers depict people in ‘new’ South Africa; culturally diverse, and vibrant democratic country with emerging economic and political power, yet facing high crime rate and big gap between rich and poor. The photographs on display addresses the variety of issues that post-Apartheid South Africa facing; class, politics, racial and gender identities, everyday life of people, family, fashion, religion, colonial history, and less dominant yet still existing ‘old power’ in the society.

Colourful and interesting exhibition that you can feel vibe of modern South African in transition. Forget about stereotypical image of the country where majority black South African led by charismatic Nelson Mandela, fighting with unreasonable oppression for freedom and equality!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

The Truth about Bloody Sunday Revealed

Vodpod videos no longer available.

1972年に北アイルランドのDerry(デリー)起こった「血の日曜日事件」の報告書「Saville Report(サヴィル白書)」が今日発表されたのを受け、デービッド・キャメロン首相は、下院において、英政府として正式に謝罪を行った。U2の1982年のヒット曲、ブラディ・サンデー(Sunday Bloody Sunday)でも歌われたこの事件は、1972年1月12日に、少数派のカトリック教徒が行った北アイルランド公民権運動のデモ行進中に、英軍が市民27人に発砲、14人が死亡したもの(そのうち7人はティーンエイジャーだった)。事件後すぐ行われたWidgery Tribunal(ウィッジェリー裁判)では、政府は発砲の正当性を主張、関与した兵士たちは無罪判決を受けたが、この裁判は事実を隠蔽するものだとの批判を浴びていた。その後、1998年にLord Saville of Newdigate(サヴィル卿)を委員長とする調査委員会が設置され、12年の歳月と1億9200万ポンドをかけて、5,000ページに及ぶ報告書が作成された。報告書は、挑発や何らかの脅威に対して発砲行為が行われたわけではなく、犠牲者のうち何人かは逃げるか負傷者を助けようとしていた、そして発砲は事前の警告なしになされたと断定。被害者の潔白を証明した。またこの件では、多くの兵士が嘘をついていたと非難した。キャメロン首相は、「軍の行為は正当化されず、また正当化も出来ない(unjustified and unjustifiable)」として、38年後の今日、軍の過ちを認めた。

真相を明らかにするのに何故こんなに時間がかかったのか。多額の税金がこの報告書に費やされた事も批判されている(イギリスのメディアは税金の無駄遣いには超敏感)。

イギリスはグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国と呼ばれるように、イングランドスコットランドウェールズ北アイルランドと4つの「国」で構成される。民族学的にも、イングランドはアングロ・サクソン、その他3国はケルト系で、独自の言語と強いアイデンティティを持つ。いろいろ複雑な事情があるのだろうが、EU内もボーダーレスになって結束も固まったことだし、いっそそれぞれ「国」として文字通り独立したら、争いも悪口もなくなって、すっきりすると思うんだけれど。

After 38 years of Bloody Sunday happened in 1972 in Derry, Northern Ireland, today the Saville Report was published and the Prime Minister David Cameron officially apologized in the House of Commons for the British army’s actions. As sung in U2’s 1982 hit “Sunday Bloody Sunday, this incident took place on January 30, 1972, and  twenty-six unarmed civil rights protesters or bystanders were shot by the British Army during a Northern Ireland Civil Rights Association march; 14 of them, 7 of them were teenagers, lost their lives as a result. Widgery Tribunal held just after the event, but it largely cleared the soldiers and British government and was criticized as a whitewash. In 1998, the Saville Inquiry chaired by Lord Saville of Newdigate established to review the events, and after spending 12 years and £192 million, the 5000-page report was finally made public today on June 15. The report determines that the unarmed protesters who died were innocent: there was no warning before the shooting and none of the casualties was posing a threat or doing anything that would justify the firing; some of those killed or injured were clearly fleeing or going to help those injured or dying; and many of the soldiers lied about their actions. The prime minister called that the actions of the Army were “unjustifiable and unjustified”, and said he was “deeply sorry” on behalf of the Government and the country.

Why it took so long to reveal the truth? It is also criticized that huge sum of public money has been spent for the investigation (British media tend to be very sensitive about public spending).

As the name of the country “The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland” suggests, UK consists of four ‘countries’; EnglandNorthern IrelandScotland and Wales. It is considered that England is the Anglo-Saxons, while other three countries are Celtic with their own languages and strong cultural identities. Things may not be so straightforward and is more complicated, but as EU becomes border-less and more united, why don’t these ‘countries’ become literally independent – so that they won’t fight nor talk bad about each other anymore!

Enhanced by Zemanta

Deutsche Börse Photography Prize 2010 @ The Photographers’ Gallery

今年で14年目を迎える、Deutsche Börse Photography Prize 2010展が、The Photographers’ Gallery(フォトグラファーズ・ギャラリー)で、2月12日から4月18日まで開催中だ。この賞は、2008年10月1日から2009年9月30日の間に、ヨーロッパ写真界に貢献した写真家に贈られる国際写真賞で、受賞者は3月17日に発表される(昨年の展覧会は過去のエントリー参照)。

今年の候補者は、イギリス人のDonovan Wylieドノヴァン・ワイリー)とAnna Fox(アナ・フォックス)、フランス人のSophie Ristelhueber(ソフィ・リステルユベール)、そしてアメリカ人のZoe Leonard(ゾーイ・レオナード)で、候補4人のうち3人が女性だ。フォックスの作品は「simultaneously mundane and bizarre aspects of British life(平凡だけれどちょっと変なイギリス生活)」を捉える。レオナードは過去30年間、個人商店や潰れかけた店のショーウィンドーやグラフィックスなど、都市の光景を撮り続けてきた。リステルユベールは、25年以上にわたり、ボスニアやイラク、レバノンなど紛争地帯の建物や光景を撮影することで、人間の争いがもたらした傷跡を表現している。ベルファストで生まれ育ったワイリーは、和平合意後の北アイルランドをテーマに、民族としてのアイデンティティ、歴史、そして領土問題を提起してきた。

候補作品の中で特に目を引いたのは、2000年に閉鎖された、IRAのメンバーを収監してきた北アイルランド・ベルファスト郊外にあるメイズ刑務所を撮影したワイリーの作品。少し前に、1981年に発生したこの政治犯刑務所での一連の抗議運動を描いた映画「ハンガー」を見たせいか、実際にここで起こった出来事を想像し、今は使われていない刑務所の写真が漂わせる身の毛のよだつ、不気味さをいっそう強く感じられた。

候補作品はBBCガーディアン紙のウェブサイトで見れます。

Now in its 14th year, the annual Deutsche Börse Photography Prize 2010 started on February 12 (until April 18) at the Photographers’ Gallery. The prize rewards a photographer who has made a significant contribution to European photography between 1 October 2008 to 30 September 2009, and the winner will be announced on March 17  (see past entry for the last year’s exhibition).

The nominees are two British photographers Donovan Wylie and Anna Fox, French Sophie Ristelhueber, and US born Zoe Leonard, and three are women among four nominees. Fox’s works examine the “simultaneously mundane and bizarre aspects of British life,” while Leonard has recorded normally unregarded urban landscapes such as small-time shopfront graphics and run-down shop windows for the last 30 years. Over 25 years, Ristelhueber has been examining the impact of human conflict on architecture and landscape in conflict zones such as Bosnia, Iraq, Lebanon and kuwait. Born and raised in Belfast, Wylie focuses on post-conflict Northern Ireland and its identity, history and territory.

What was most striking for me is Wylie’s works about the Maze Prison outside Belfast, where used to house IRA prisoners and closed in 2000. I felt intensified creepiness and eeriness from these rather sterilized images, because I saw the movie “Hunger” on TV recently about the 1981 Irish hunger strike, and imagined what happened in side the wall.

You can see nominees’ works at BBC and the Guardian websites.

Reblog this post [with Zemanta]